★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134 > 765.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
新党・生活が「国民連合」構想…反増税と脱原発===オリーブの木構想が、現実に!
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/765.html
投稿者 日本一新の夜明け 日時 2012 年 8 月 24 日 12:30:18: Rz0UsIHlblQyg
 

この「国民連合」は民自公の対抗連合になる!!!
「国民連合」に参加しない党は増税、原発推進党となり、国民の敵である証しだ!


新党・生活が「国民連合」構想…反増税と脱原発

読売新聞 8月24日(金)10時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000261-yom-pol


 新党「国民の生活が第一」が、「消費増税凍結法案」と「脱原発法案」の成立を目的に、野党各党と連携する「国民連合」の設立を進めていることが明らかになった。

 すでに、社民党や新党大地・真民主や新党きづな、地域政党・減税日本などに参加を呼びかけており、27日に国会内で設立準備会を開く。
.
最終更新:8月24日(金)10時56分
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年8月24日 12:33:31 : EeF8fVV93g
自民党も公明党も民主党も今更、消費増税反対と言えんし脱原発も言えんよな〜(大笑

小沢一郎は本当に政権奪還を目指している!!!


02. 2012年8月24日 12:39:53 : V1ktS70IDI
300選挙区のうち、半分は生活、残り半分を協力野党で分けて全部立ててください。

みんなは、向こうがその気なら、選挙協力も可だが、維新はさっさと無視してください。後々を考えると、その方が近道です。

いつまでも維新に未練がましいこと言ったら、小沢さんの方がバカにされますよ。


03. 2012年8月24日 12:41:33 : FUviF2HWlS
■河村名古屋市長「維新との連携優先」(2012.8.19)

 「減税日本」代表の河村たかし名古屋市長は19日、都内で開かれた新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表が主宰する政治塾で講演し、次期衆院選に向けて、橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」などとの連携を優先させる考えを示した。政治塾の出席者から「生活」と連携する可能性を問われ、「大阪や石原慎太郎都知事のほうをまず頑張る」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120819/stt12081921440001-n1.htm


04. 2012年8月24日 12:45:23 : atkc3AnbyM
小沢氏の選挙戦術は非常に解りやすい。
増税反対なら国民連合に、、、

05. 2012年8月24日 12:48:43 : HDySYr7wos

「反小沢教」というカルト宗教が出回っている。
こういう気持ち悪い連中だ。

悪魔(ユダヤ)からの最後通告  混迷日本にとどめを刺せ 
http://www.asyura2.com/12/senkyo134/msg/613.html
投稿者 福助 日時 2012 年 8 月 20 日 09:10:16: Bec2vmwBuKH7M


06. 2012年8月24日 12:48:58 : EeF8fVV93g
03番さん

河村氏は石原の素性を承知で発しているだけでしょう。今更、石原が新党など作れない。いわゆるステルス作戦でしょ。


07. 2012年8月24日 13:00:15 : EeF8fVV93g
02番さん仰る通り。

生活、社民、きづな、大地が発起人である「国民連合」に参加するかしないかの選択は其々が考えれば良い。

次からは声は掛けるが政権政策の条件は受け入れられない「国民連合」の政権政策に乗るかどうかです。「何とか八朔など分かりづらい」

増税賛成〜反対===原発賛成〜反対、、、これが次期総選挙および参議院選の争点だ!

増税賛成、原発賛成の選挙民は自信をもって民自公勢力に投票すれば由。

増税反対、原発反対の選挙民は「国民連合」の候補者へ投票すれば良い。


08. 2012年8月24日 13:01:56 : alnMof5uwA
記事を注意して見ると「国民連合」には

大阪維新の会もみんなの党も含まれていないことがわかる。妥当な判断だろう。

河村くんはどうするか。名古屋だギャーばかりでいつまでもコウモリをやっているんじゃない。


09. 2012年8月24日 13:17:51 : zo9hHuAMnU
TPP反対も明確に掲げて欲しい。
消費税凍結は良いが、代わりの税制を考えるべき。
累進課税を過去に戻す。不労所得(不動産、利子、配当、
キャピタルゲイン)に大増税など。

10. 2012年8月24日 13:25:23 : EszHBBNJY2

大阪維新の会は、マスコミが持ち上げても国民は冷静。
胡散臭い匂いに気づいている。

ただ、橋下の一点突破力はだけは魅力。公務員改革だけ
しておれ。
維新の会には、一定議席20程度は取れると思われるので
1-2名の大臣を出して、公務員改革を徹底的に
壊滅的にがんばってほしい。


11. okonomono 2012年8月24日 13:49:05 : ufgCmUGS6CG6M : 30F0lBBNsU
>>09 TPP反対も明確に掲げて欲しい。

京野公子議員は党内でがんばってるみたいだから応援しよう。
反TPPツイッターのオフ会のようなシンポジウム(必見)で、国民の生活が第一の事情についても少し語っている。

120823 「TPPを通して『日本』を語る」シンポジウム
http://www.ustream.tv/recorded/24903515
http://www.ustream.tv/recorded/24904513


12. 2012年8月24日 13:56:11 : FUviF2HWlS
>>09さま

法人税を大幅に増税する一方で、記名無利子非課税国債を大量購入した企業には、法人税を大幅に減免するのはどうでしょうか?

例えば法人税を今、1000億円払っている会社は、法人税を2000億円に上げますが、もし無利子国債を10兆円分購入したら、法人税は今まで通り1000億円の支払いで済むようにします。

景気が良くなれば、無利子国債購入による法人税の減免措置はやめます。


13. 2012年8月24日 15:13:54 : HkDjpRHO9k
>>12さんへ

法人は、負債をつくって日本経済に貨幣を創造させるのが役割だ。
国債を購入するということは、貯蓄するということと同じだから、本来の役割から逆行する。

国債の購入は個人でいいのだ。
個人から預かっている銀行や社会保険庁でよいのだ。

根本的には国が、法人が投資しやすい環境、すなわちモノが売れる環境、すなわち個人の所得が増える環境、すなわち所得税や社会保険料を減額するなどの政策をする必要がある。

投資が活発になれば、日本経済の貨幣量は増え法人税は自然と増収になる。


14. 2012年8月24日 15:14:41 : FUviF2HWlS
>>11

■「国民の生活が第一」がTPPハッキリしないときは「覚悟がある」と京野きみこ議員がシンポで発言!(日々坦々ブログ)

さて、TPPシンポだが、先日インタビューした京野きみこ衆院議員が参加していて、参加者から突っ込まれていたのでその部分を取り上げてみたい。
「国民の生活が第一」はTPPに対してちょっと優柔不断なところがあるように見える、と言われて京野きみこ議員が次のように応えている。

(以下、書き写し)

私もこの一ヶ月くらい最も悩ましい、悩みがとれないんですね。
それでぶっちゃけて話しますが、三本の柱というのを今、民主党・・・じゃない(笑)まだ、別れたばかりで恋しいのかなあ・・・笑
3本の柱ではなくて、実は5本の柱を出したんですよ。
それで緊急提言というかたちで「反TPP」ということを打ち出しまして、小沢代表のところに全部出して「いい」という話が出たんですが、出てきたのは三本柱ということだったんですね。

ですから、消えた理由というのはどうなんだろうと私も悶々としてるんですね。
それで、正直な話2.3人くらいの党の幹部にですね、TPPはいいものだと思っているような人がいるらしくて
・・・
ただですね、今「きづな」と統一会派を組んでますけれど、きづなの方とちょうど昨日やったばかりなんですが、

TPPはっきりしてくれないと自分は困ると、それで「私も困るからTPPはっきりしない時は、その時は覚悟があるからね」というみたいな話をしたんですよ。

私もねえ、もうコリゴリなんですよ。

民主党でね、党はあれだけど私は反対だなんてことをね、やりつづけるのはコリゴリなんで、「生活」もTPP問題は早期に決着をつけたいと思っています。(拍手)

質問者 今、TPP反対を明確に言っているのが、きづなと社民、共産ですね。

京野 次に「生活」が加わると思います。(拍手)

http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1644.html


15. 2012年8月24日 15:38:00 : FUviF2HWlS
>>13さん

大企業が海外の現地法人の株式ばかりを所有するようになって、一部しか国内に金が回らず日本経済が疲弊しています。

大企業が日本国内への投資を怠るので、大企業に強制的に国債を買わせて、代わりに政府が国内産業に投資するのです。

同様に個人国債を買わせることも可能なのですが、個人向け国債は相続税や贈与税の減免など、富裕層への優遇政策になりがちです。

かつて、小沢一郎氏が個人向け無利子国債の発行による財源確保を提唱していましたが、結果的には富裕層への相続税などの減税による税収の減収になってしまいます。基本的に小沢一郎氏は、富裕層への優遇措置ばかりを考えています。

http://www.gci-klug.jp/ogasawara/2010/09/07/010525.php


16. 2012年8月24日 15:45:53 : 1ioo7h1uY6
■小沢さんは 『消費税増税法案 廃棄』を

 明言しない 候補者の選挙区には

 100% 間違いなく

 対立候補を 擁立するだろう・・・


 


17. 2012年8月24日 15:56:34 : POscEtbz5M
>>12,>>14,>>15のFUviF2HWlS
あちらこちらで○○さんと呼びかけては、最後に必ず、小沢さんを中傷。
昆虫綱ゴキブリ目シロアリ科新種アルバイトらしい。
または、菅氏派遣隊かもしれませんね。

18. 2012年8月24日 16:03:45 : gvIUFzhxAs
TPPに関しては、日本国民にとっては、賛成することによるメリットとデメリット、反対することによるメリットとデメリットというものを総合的に判断した上で決めれば良いだけのことだと思うので、次の総選挙での争点としては、敢えて賛成でも反対でも無い慎重派ということで行くのが望ましいのでは無いでしょうか。

くれぐれも、賛成派も反対派も、アメリカの言いなりと言いながら、結局のところは、ただ自分達の利益のことしか考えていないところもありますし、国民生活のことには全く考えていないし、アメリカからすれば、幾ら日本が参加したところで、こう言う身勝手な連中が、好き勝手にアジア太平洋地域の市場を荒らし回る様なことでも仕出かされては、もうたまったものでは無いし、これは中国やロシア、韓国から見ても同じ認識では無いでしょうか。
だからと言って、反対したところで、こう言う連中が海外に出ていくことなく、国内で荒稼ぎばかり続けられては、まともな日本国民をはじめ、極めて良心的な中堅企業や中小企業からすれば、たまったものでは無いし、結局のところは、一億総懺悔の愚かな過ちでも繰り返すことにでもなれば、もう余りにも悲しいことでしかございませんよね。
だとすれば、TPPに参加することによって、こう言う身勝手な大企業をはじめ、ただこれに従うことしか出来ない間抜け会社や間抜け社員ばかりでなく、感情的に自分たちが惨めな思いをするのが嫌だからと言って反対することしか出来ない様な跳ね返りの連中に対しては、わざと騙されたふりをして幾らでも海外に追い出してしまうことで、全人類から幾らでも馬鹿にされ、袋叩きにされ、コテンパに痛みつけられて悲惨な目に遭うことになれば、どうぞ幾らでも勝手に総懺悔するなり、特攻隊でもやらされたら、幾らでも勝手にやって無駄死になって下さい、と言ってあげても良いのだし、集団自殺でもするのなら、何処か人目のつかないところで、そっと静かに集団自殺でもして、そのまま滅びて下さい、とでも言ってあげても良いのだし、二度と日本に帰って来られなくなっても構いませんから、全人類に邪魔されないように、どうか幾らでも、そっと静かに身を縮めて、幸せに暮らして下さい、とでも言ってあげて、送り出してあげる様にすると言うのは如何でしょうか。
そうすることで、国内社会は、変な騒ぎもなく、いじめや自殺をはじめ、物騒な犯罪も減り、幾らでもひっそりと静まり返った中で、収入が増えれば増える程、幾らでも税金や社会保険料を喜んで払ってあげることで社会に恩返しをすることだけを誇りとして、皆で幾らでも身を縮めながら、そっと静かに幸せに暮らして行くことが出来る様な社会に変えて行くことが出来れば、グローバル競争には喜んで敗北して日本経済は、もう幾らでも衰退させることになったとしても、誰もが損することも無く、誰もが得することが出来ることで、日本経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、地道ながらも安定したプラス成長と貿易黒字を維持することが出来て、極めて良心的な中堅企業や中小企業を中心に安定した収益を確保し、利益の向上に繋がることで、雇用拡大にも結びついて行くことで、それが日本の国益となると同時に、アメリカの国益にも叶うことが出来れば良いのだし、結果的にアメリカ国内における1%の富裕層に対する99%の非富裕層の皆様の利益に結びつくばかりでなく、中国やロシア、韓国にとっての国益にも叶うばかりか、アジア太平洋地域全体へと拡大し、行き着く先は全世界中に拡大することで、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合うことで、何処の国に対しても損することも無く、得することが出来る様になれば、先進国は自ら衰退し、途上国の発展を助けてあげることにより、貧富の格差は縮小し、国際社会全体の平和と安定に寄与することが出来るばかりでなく、もう二度と変な戦争も起きることもなく、全人類が平和で穏やかで幸せに暮らすことが出来て、資源や食糧を共に分け合い、廃棄物を幾らでも減らすことにより、地球環境全体に対して恩返しすることが出来る様になれば、もう何も言うことは無いし、此れ程喜ばしいし、素晴らしいことも無いし、全人類が無欲化し、経済競争は止まり、極端な富裕層と極端な貧困層の両極が没落することにより、中間層だけが増大することで、貧富の格差が縮小し固定化することにはなったとしても、それで何ら悪いことも無く、誰もが損することさえなければ、誰もが得することも無い社会となっても、返って望ましいのでは無いかと、つくづく感じます。


19. 2012年8月24日 16:05:26 : FUviF2HWlS
>>17さん

はじめまして。

小沢さんへの中傷とは、下の、この一文でしょうか?

>>15
>基本的に小沢一郎氏は、富裕層への優遇措置ばかりを考えています。

しかし、自由党時代に小沢一郎氏が提案した税制改革は、富裕層への優遇措置としか思えない内容でした。

●年収二千万円を超える高額所得者の所得税率を20%に低減
(現行は40%)

●法人税の負担の軽減

●小規模事業者に係る納税義務の免除の措置、中小事業者の仕入れに係る消費税額の控除の特例の措置は、廃止するものとする。

【ご参考】小沢一郎ウェブサイト 税制改革基本法案
http://www.ozawa-ichiro.jp/policy/11hoan06.htm


20. 2012年8月24日 17:59:26 : Be5cGC3Coc
多くの国民は、新党YMOになびくであろう。
新党YMOがこの国民連合構想に加われば、それは凄い勢力となろう。

21. 2012年8月24日 19:22:50 : bfiHqt1iFQ
国民連合は当然だろう。政策消費税増税反対、脱原発で勝てるだろう。

22. 2012年8月24日 19:30:03 : cmlXhqYY0s
>>19 FUviF2HWlS

自由党時代って・・・・・10年前?



23. 2012年8月24日 20:17:31 : Egw8mT4ckc
>●年収二千万円を超える高額所得者の所得税率を20%に低減
(現行は40%)

で、それ以下は?とみたら
●年収一千万円以下の所得者の所得税率は1%
●年収一千万円〜二千万円の所得者の所得税率は10%
要するに所得税の大幅減税案ですね。まあ、これと消費税増税がセットという事なのでしょうが(だから「小沢氏は消費税増税論者だ!」というのも、ウソではないが正確ではない、という事なのでしょうね)。


24. 2012年8月24日 22:32:33 : vEEwy3f5b2
小沢氏はTPPについては、米国が要求するままの丸呑みは駄目という考えなのではないでしょうか?

TPP自体は日米構造協議の延長と行っていましたし、私も野田総理だから丸呑みしてしまいそうで心配なだけです。

ようは交渉力がない物がテーブルに着くから心配なだけであり、米国の一方的な要求を断固拒否して自らの国益を主張できる能力があればいいと思うのです。

小沢氏はその点でさほど心配していないのではないのでしょうか。

それと、どんなに5本柱を掲げたところで占拠で過半数が取れなければただの絵に描いた餅であり、小沢氏はまず選挙で過半数を取ることを考えているのでしょう。

オリーブの木を育てるためには、間口が広いほうがいいのです。

小沢氏の戦略は口だけではなく、実際の実現を前提にした戦略だと思います。

反増税、反原発の2点でいいと思います。

何しろこの2点さえ掲げれば、民自公にガッチリと鎖を繋ぐことになるのですから。

実際に増税して原発も理由も明らかにしないまま勝手に再稼動してるのですから、どうにもなりません。

小沢一郎は凄いです。確か政権交代を成し遂げた時点で、いずれは政界再編になると予言していましたが、実際にその通りになっています。

自民党を飛び出し、紆余曲折して政権交代を果たし、想定外の方法で座敷牢に閉じ込められ十年以上もマスコミから叩かれ続けています。

それでも国民との約束が果たせないとなれば、自らが主導して政権交代を果たして勝ち取った与党という甘い環境を捨て電光石火の勢いであっという間に新党を立ち上げる。

冤罪裁判では冒頭陳述で検察に真っ向から対決姿勢を示し、結局検察の嘘がばれ、公約違反の増税採決では約束破りの議員を国民の前に炙り出し、内閣不信任案では
増税に反対したが増税内閣を信任した論理矛盾のフェイクな議員まで炙り出されてしまいました。

結果的には予言したとおりの政界再編に向けて、連続する踏み絵を仕掛けている構図になっているところが凄い。

そして、権力や欲に左右されて議員としての信を失った先の読めない日和見議員達は自分でも気づかないままに踏み絵を踏んだ。

そして、最後のブロマガを開設して国民が直接参加できる窓口をオープンに開き、どんな質問にも答えようという完全に開かれた間口。

これは小沢一郎という前代未聞の稀有な政治家が最後に仕掛けた壮大な踏み絵である。
結局、最後に踏み絵の前に立たされたのは、決断できない国会議員と私たち国民なのである。

小沢氏は完璧な仕事をやり遂げています。これで2者択一の簡単な選択を誤るようでは日本という国はそれまでなのでしょう。


「「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るもの也。この『仕末に困る人』ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬ也」

小沢一郎という政治家には正にこの言葉がぴったり当てはまる。

大業を成し得るためには、どうしても国民が成長するしか道はない。


25. 2012年8月24日 23:03:44 : cEmXgdlhMQ
谷餓鬼が問責を出すといきまいているようだが、国民の生活が第一が棄権したらどうなるのかね。通らないだろう。そして谷餓鬼の目算は外れる。調子のいい自民の浅墓な戦術は見事に砕け散る。谷餓鬼自民はお終い。しかしただひとつの交換条件がある。増税凍結案に賛成することだ。それしか谷餓鬼は生き残る道は無い。

26. 2012年8月24日 23:07:27 : fHC38dazRw
原発、増税=推進  ● 自公民より 闇 アメリカンドッグ(犬)眠り

原発、増税=反対  ○ 国民連合  光 脱アメリカ      目覚め


ん・・・・オセロではないか!! わかりやすい!


27. 2012年8月24日 23:15:16 : fBT4zDcthA
FUviF2HWlS はただの捏造屋であり、朝鮮管の子分のようだ。万死に値する朝鮮人の管直人、朝鮮人の枝野幸男は即刻議員辞職するべきだ  11. 2011年9 ... 平気でウソをつき、捏造を書くFUviF2HWlSは、捏造を忌み嫌う阿修羅の敵だ。

28. おいしい海苔や 2012年8月25日 00:05:48 : ErGTlyPz0gvIw : h9eVGv83xg
この国民連合構想は我々選挙民には非常にわかりやすくていいと思う。今のままバラバラだとおそらくよくも悪くも維新の会に持っていかれる危惧がある。それにしても橋下ってやつは誠に節操がないな。今は安倍と組み右翼志向を目指しながらいくのか?天下さえとれば何でもありか?我々も愛国者ではあるが今更くそ自民でもないだろう。60年間結局何もせず経済一辺倒でとうとう核爆発させたんだから。日本はこのままいけばあと30年で終わりだろう。原発維持なら再度核爆発が必ずあり、東日本はおそらく壊滅だろう。これは妄想でも空想でもない、世界の研究者たちがすでにそういい始めており、北海道の森林を買いあさるはずだった中国がここにきて手を引き始めているのもアメリカからの情報だそうだ。裏で世界は繋がっている。怖いことだ。我々にできるのは今!今を少しでもいい時を過ごしたいそれだけ。そのためには今度の選挙は国の寿命運命を決める重大な起点。脱原発とか菅や民主の一部がいってるがあれは全くのデマごキー選挙向け。ともかく原発NO!でいかないとこの国はもうあとがない。今度爆発し大地震があればやがて国土は海に
沈む。反韓も右翼も金持ちも何もない。そうならぬうように力を合わせよう。

29. 2012年8月25日 03:02:42 : FHDfgFr892
小沢さんは維新にもみんなの党にも秋波を送っていましたよw
振られてしょうがなくこれだけしか集まらなかっただけ。
決して、小沢さんに理念があってこれだけに絞ったわけじゃありません。

それに河村さんもあっちにいってしまいましたよ。
それなのに未練がましく小沢信者はなぜ河村さんにストーカーするの?
理念もなく数合わせがしたいだけなの?


30. 2012年8月25日 03:35:44 : 1byhWBi4PE
>「国民連合」に参加しない党は増税、原発推進党となり、国民の敵である証しだ!
>自民党も公明党も民主党も今更、消費増税反対と言えんし脱原発も言えんよな〜(01さん)

良いね。

原発になぜ国民の税金の使うのか?国民の金は出さないぞを明確にしよう。
原発やるなら廃炉には、国民の金は出さないぞ。電事連が自分で出せよ。

●廃炉に国民の金を使ってよいのかの国民投票をやったらどうか?
原発には国民の金は出さない。


これには、たぶん、みんなの党と橋下維新は乗ってこないだろうな。
その方が好都合だ。


31. 2012年8月25日 07:41:04 : vEEwy3f5b2
>29
>小沢さんは維新にもみんなの党にも秋波を送っていましたよw

これ以前から不思議に思っていました。

みんなの党は内閣不信任案で連帯したので分かりませんが、維新に秋波を送っていたというのはよくマスコミが報道していましたが本当なのでしょうか?

出来ればソースが知りたいですね。

私の知る限りでは、テレビ出演の際のインタビューで「維新との連携はあるんですか?」と聞かれていたが答えは一貫していたように思う。

小沢氏は一切、連携するとも言っていないし、秋波も特に送っていないんじゃないですかね??

もし、間違っていたら申し分けないが、ただマスコミの報道するままを鵜呑みにしているようではメディアリテラシーに問題があると思います。

小沢氏は実際に維新の橋下しに関してはこういっった内容しか話していないと思います。

・小泉さんと似ていますね。そういった大衆を引き付けるという意味では非常に才能があると思います。

・また、地域主権などの政策に関してはずっと我々が主張していたことでお株を奪われたという感じ。


維新に秋波を送っているというのはマスコミの偏向報道でしょうね。

逆に世間が橋下氏に期待をしていた頃から、小泉型の再来という本質的な部分を早い段階から見抜いていたのが事実なのではないのでしょうか?

結局その語に原発に対する意見を翻したり、3党合意を支持したりしてボロが出てきました。

小沢氏は世論に流されて自分の私利私欲の為に国民の人気に乗っかるような浅はかな石原都知事とは違い、ここが石原氏と小沢氏の大きな違いといえるでしょう。

市民レベルに落とし込んで考察すれば、安易に乗っかる石原氏はオレオレ詐欺に引っかかるような所が限界点であると思うし、世間の人気に安易に乗っからずにじっと本質を見つめている時点で器が違うということでしょう。

ちなみに、示されるソースはマスコミの一方的な記事では意味がありません。

他人が一方的に語る人物像は事実ではありません。本人が本当に秋波を送ったというソースを示していただけると助かりますね。


32. 2012年8月25日 08:14:12 : vEEwy3f5b2
31です
語× 後○


時間がない中書いたので誤字多くてすいません。

それと、維新に秋波を送っているというのはマスコミの偏向報道でしょうねと書きましたが、これは偏向報道ではなく捏造報道の方が的確かもしれません。

一応ポイントになる報道は一通り網羅していますが、確かに一時期一部大手新聞でこのような報道がなされたことがありましたね。そのソースを元にしているのだと思いますが、確か本人が語ったという注釈はついていなかったと思います。

小沢氏が維新に秋波を送ったという事実は、少なくとも私の知る限りでは、ありません。

みんなの党渡辺氏、それと石原都知事は秋波を送っています。

小沢氏は、新党立ち上げの際、理念と志が同じであればどなたでも協力していきたいという趣旨を述べたことはありますが、それが特定の維新に秋波を送ったということにはなりません。

この報道は、安易な大手メディアが人気のある維新に小沢氏が秋波を送ったが維新に振られたという、お得意のネガティブなイメージを植えつけるために流した捏造でしょう。

それを信じている限り、メディアリテラシーに問題があり、本人が気がつかないところでマスコミの意図通り、事実そう植えつけられているということです。

今後は分かりませんが、これまではそういった事実はないというのが本当のところでしょう。こんなこと阿修羅では長々書くようなことではないはずなのですが・・。


33. 2012年8月25日 10:38:07 : aaGDCu39zg
能力の高い人間は5分もその人と話をすれば相手の考え方や能力、その人の人となりを見抜くものである。
小沢氏は橋下氏とこれまでも合ったことがあり、すでに人物評価を終えているはずだ。しかし、彼はそれについて公式の場で述べることは決してない。
黙っていれば自ずから正体が露顕する。現に、安倍元首相を担ごうとする自民党補完勢力であることが日々明らかになってきている。
彼は政権を共有する場合に基本政策の刷り合わせは非常に重視する。
現に民主党との合併後に最優先で取り組んだのが、旧社会党の横路グループとの安全保障政策のすり併せであった。すなわち、国連決議を重視した安全保障政策で着地させたのだ。それが、例のインド洋給油問題での国連決議なき後方支援作戦参加反対なのだ。
政権を共にするグループ内で意見を異にする政策には踏み込まないというのが彼のスタンスであろう。従って、掲げなかったTPPについては議論に留めると私は予想する。

34. 2012年8月25日 10:50:39 : ExIhDH6io6

TPPは、もう手遅れ。
アメリカの大統領選挙に間にあわない。
所詮はオバマの再選のための道具。
誰も何も言わなくなって、自然消滅。


35. 2012年8月25日 11:44:11 : 4QVjOFoqSs
 読売24日既報「新党「国民の生活が第一」が、「消費増税凍結法案」と「脱原発法案」の成立を目的に、野党各党と連携する「国民連合」の設立を進めていることが明らかになった。すでに、社民党や新党大地・真民主や新党きづな、地域政党・減税日本などに参加を呼びかけており、27日に国会内で設立準備会を開く」


          
             「国民連合構想は憲法前文趣旨を具体化するものだ」                    

 噴飯、珍妙、信じ難い政治状況になっている。ここ10年来、我が国の政治は、曲がりなりにも二大政党制を目指したはずだった。ところが、政治権力を、高邁な理想や国家愛・国民愛とは全く無縁な、コソ泥空き巣狙いレベルのノブタという男が、タナボタ的にその権力を握る状況が生うまれてしまった。コソ泥ノブタは何をしたか。二大政党制を少しでも前進させ、完成させるべく努力した、わけでなかった。右を見て、左をみて、コソ泥空き巣狙い根性が忽ち頭をもたげ、「これはいい塩梅だ、千際一隅のチャンスだ」とばかり、なんと、コソコソヒソヒソと反対党と談合を、取引を始めた。これでは、二大政党制なんて吹っ飛んでしまう。ノブタは噴飯、珍妙な政治を行なうことによって、我が国には二大政党制が成り立つ風土が今はない事を、自らの愚行で実証した。
 二大政党制が挫折した今、我が国当面政党連合でいくしかない。政党連合とは、ウイキペデイアでは「政治において政策や主張に共通点のある政党同志が集まって、政策の実現に向けての活動として、意見の集約や統一された政策の形成を図ったり、選挙協力をしたり、議会の運営の基本単位を構築したりするなどの組織または団体のことである。国によっては、政党連合がそのまま、単一の政党に移行する場合もある」と説明される。政党連合であれ国民連合であれ、現局面では、小政党・小グループの力を結集して、危機的状況を乗り切っていくしかない。
 我が国の民主主義、民主政治、政党政治が崩壊した今、次善の策としての「国民連合」構想は正に国民の手に政治を取り戻す視点から、国民の期待と要望に合致するものであり、近来にない快挙といえる。現憲法前文の「その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」という箇所は、「人民の、人民による、人民のための政治」の表現を変えただけの、同意なフレーズであるが、この「国民連合」構想は憲法前文のそうした趣旨を具体化するものだ。我が国の国家と国民生活が、今野田政権と民主党によって破壊されようとしている。自民と公明が、その悪政を唆し、支援し、利用し、扇動している。しかも、その悪政が、騙し取った圧倒的多数の民主衆院議席数を背景に行なわれているから、国民は切歯扼腕するのみで、手の打ちようがなかった。国民の意思を実現する民主政治が、国民の意思と正反対な意思の実現に向いていた。今回の「国民連合構想」は、狂犬のように狂いたったそうした我が国の政治を、元に戻し、正常化させることに繋がる。その趣旨が国民に伝われば、圧倒的多数の国民が賛同し、結集するだろう。
 民主主義は、一口でいえば“ナメルな!”だと言われる。民主と自公による、これ程の悪政に、なめられきった思いの国民は、「国民連合構想」でようやく活路が見出せる思いだ。考えてみれば、ナメルな!という民主主義の思想は、近代我が国の底を、地下水脈のようにコンコンと流れていたと、云える。支配者・権力者によって、いつの時代も抑圧されてきたが、水脈は決して枯れることはなかった。その水脈が、時として地表に湧出したのが、自由民権・五日市憲法であり、大正デモクラシーであり、戦後現憲法だ。今回の国民連合は、我が国のそうした民主主義の水脈に連なるものだし、政治を国民の手に取り戻す、真の国民の運動となるだろう。 国民連合は、諸政党を結集するだけでなく、学界・労働界・諸団体など、我が国の考え得る最高の叡知をも結集すべきだろう。ここのところ、小泉から野田まで、アメリカのための、アメリカに尽くす政治が、露骨に行なわれてきた。それを理論的にサポートする学者が動員されてきた。いわば、そうした“曲学阿世”のまがい物が我が国を滅茶滅茶にしてきた。自殺大国の、住みにくい、暮らしにくい国に変えてきた。国民連合は、そうしたまがい物でなく、真の国家国民のためを考える各界・各層の力を活用すべきだ。イタリアのオリーブの木連合も、最初に言い出したのは、経済学者のプローデイだ。彼の提唱に革新的各野党が賛同し、結集し、1996年の総選挙で勝利し、政権を握った。国家国民を考える人材・理論は、多々ある、最大限に活用すべきだ。
 国民連合は、具体的な政策を、あるいは閣僚名簿等は無理かもしれないが、できるだけ詳しく提示する必要がある。TPPが脱落しているが、みんな維新へ対応した小沢さんの戦略戦術だろうが、TPP反対という圧倒的多数の国民の意思とどう調整するかだ。国民の意思が第一だ、これを捩じ曲げることは、できない。


36. 2012年8月25日 12:57:25 : c3MGH08xSU
15様!それは、あなたなのではないかな?(笑)

37. 2012年8月25日 14:25:19 : 2Vwna7ir3e
アメリカがTPPを強要しているというのは、事実と全く異なる。
TPPのアメリカ参入は、中国の太平洋進出に対する牽制行動なので、日本のように既に支配下に
収まっている国は動かしたくない・・・これが本音だ。

中野ら体制派が野田・佐藤ゆかりと組んで、『中身を全く知らずに積極参加しようとしている』
実態を曝け出すことによって『TPPというのは騙しだ』という先入観をマスコミが国民に植え付け、
そこで中野が『米韓FTAにおけるISD条項の危険度』を煽りに煽って『TPPは危ない』に集約した。

これが顛末であって、実際はアメリカ政府は日本のTPP参加を承認したことは一度も無い。

日米間の不平等条約は、現在既にアメリカ有利で推移していて、これを見直すことは、
アメリカ政府にとって、今より有利になる分けないので、決して強制して来ないわけだ。

ただ今のアメリカ有利な状況での貿易実態は、特別会計の本来国会報告義務とか、日本の憲法に
照らし合わせた場合、抵触する部分が多いため、条約・明文化することにより、不平等じゃないよ
日本政府も望んでこうなってるんだよ・・・そう合法化するために2国間なら締結しときたい。

それでFTAは締結を望んでいた・・・今はあまり言わなくなったのは、TPPにされたくない
(対米有利な現在の取り扱いまで他国にも適用となってしまう・そもそも実態を探られたくない)からだ。

また特別会計は、官僚が国会報告なく予算を決済しているため、アメリカよりも官僚の方が
着服部分が多いため、『TPPは悪いもの-FTAは良いもの』という落とし処を探ってるのが現状。

実際TPPになった場合、日本の規制という規制は憲法違反で構成されているため、日本の支配組織そのものの
瓦解を呼ぶため、TPP参加交渉に参入しても、官僚は『日本に不利でした』とかで締結することはない。

可能性としては、日本の経団連など、実態は日本の財界でありながら、途上国資本に成りすまし、
途上国に対してアメリカと同じような不平等貿易を条約化して締結し、途上国資本として
経団連構成企業が特別会計補助金を受け取る・・・この計画はあるかもしれない。

ただアメリカがゆるさんだろ・・・その国は核地震・核津波の餌食となるな。


38. 2012年8月25日 14:26:15 : 9IH1PB0tus
もちろんTPPなどとんでもない!

しかし、売国奴に周りを取り囲まれている中で

誰にでも、すべてが見えるような事をしたら

戦略にも何にもならないではないか!

そんなあからさまな事をすればいつもの様に

海の向こうから血相を変えてゴロツキバッタが

すぐに脅し、潰しにやって来ますよ。

いつも回りの国は戦時中、戦闘態勢

下手を打ったら命取り

日本のように平和が常態じゃない。

そこのところよ〜く、お含み置きを・・・・・

つまり政治家個ではない、私たち国民が

とことんTPPなど許さない!と

政府、世界に一丸となって訴えれば

海の向こうの連中も、政治家個人を攻撃できないし

真っ当な政治家は、国民がここまで反対しているのに

TPP参加などできないと、理由もたち

個人攻撃もされず、堂々と反対できるわけです。


39. 2012年8月25日 14:57:06 : ALt4LUQ0Ds
国民の生活が第一党は増税を廃案、脱原発したいので、小沢氏が潰れてしまえば
日本は米国に乗っ取られTPP強制参加、原発推進、増税地獄が待っています。
国民の生活を守るためには小沢新党しかないと思います、民自公みんな、維新の会、石原は湯田金党です、小沢氏が潰されないように国民の力で守るしかないです

40. 2012年8月25日 15:07:19 : hA3Lh9VR5w
国民連合は消費税、原発での連合で良い。少数党の連合だから後は各党是々非々で独自路線を歩めば良い。今後連合破壊の動きが出てくる。TPP,憲法改正だの一致できない政策についてマスメディアを初め矛盾だと突いてくるが連合内の拘束は最小限にすべき。3党合意が国民無視で決定されたことが最大の問題なのだ。

41. はっかい 2012年8月25日 21:31:29 : zkueTMPh.cWK2 : Gx4pCIKQeE
小沢は朝鮮人

朝鮮の現地でで、朝鮮ほめ、日本こき下ろした


42. 2012年8月25日 23:58:35 : aYhMwBTdFs
>小沢は朝鮮人

また、「朝鮮人(韓国人)」しか頭にない精神異常者(ネトウヨ)が暴れている('A`)
なんでもかんでも「朝鮮人(韓国人)」
韓国(朝鮮)ノイローゼは立派な精神病です

  / 韓韓韓悩 \
  / 韓韓韓在日怒 丶
 |韓韓韓在日支那 |
 | 韓韓在日支那怒|
 /  韓在日支那怒|
(_   在日支那  ノ
 `つ        /
  (        |
   ̄ ̄)____亅


ここは2ちゃんねるじゃないんだけどね。

巣に帰ってくれ!シッシッ


43. TT4 2012年8月26日 00:15:43 : mNmtoLf8rLGdE : kPu7gI7yEA
レベル低い人が現れたから、もう寝る。

44. 2012年8月26日 02:55:18 : RVI8sG8quM
・新党 生活の有志が考えてくれることは心に響く

今後、日本国民をリードしていくものは、有名無実∞建前だけの空虚な空念仏≠フ民主主義≠ナはない。本物の機能を有し、本物として起動してくれる民主主義≠ナある。さまざまな迫害の中で、本当によくやってくれている。党の中でもこれからいろんな困難があろうとは思うが、頑張って欲しい。
※迫害という言葉は、新党・生活に使用してまったく適切と思う。

今現在、日本の国の時代の先覚者達は、このことを実は、遙か以前により予見していた。今日の日本再生の拠点が形成されることを心から望み本物≠セけを追究していくための辛く厳しい孤独な戦いを生きてきたのである。

この日本再生の拠点の支持者達の信念が固く本物であるということは、明白である。過去の日本国の、裏がばれた役立たず・偽物・売国奴・政治屋・詐欺師、つまりは体裁を繕うだけの邪魔者の偽オピニオンリーダーとは、別の真実追究の戦いの道を歩み、登山ルートは個々に様々だが、今同じ日本再生の真実の山の、まったく同じ山頂の登頂の登攀を達成し、合流した強者達なのだ。
この真実の追究の過程で、現在の日本が世界的に置かれた酷い立場をも、歴史を遡り理解したということだ。その芯は価値ある本物、真実の追究者達である。

既存の亡国秩序の優勢の位置に、自己利益優先で、安易な保身に走れば幾らでも走れた有能な人々である。ところが、この有能な人々は偽物≠ナは決して満足しない本物の有能≠フ条件を満たしていて、かつ極めて頑固な正直者でもあったのだ。この人々は公益を優先する真実の条件を断固として譲らなかった。この人達の生き方がいつでも孤独な暮らしの中であっても、真実の崇高な理想を希求して止まなかったのだ。こうした古風な日本の魂を、荒んだ時代の中で、決して捨てることなく、かえって逆理由の困難の中で磨き上げてきたのである。悪しき時代に同調しなかっただけの実のある人々だ。

この良識と良心と責任をまっとうした生き方を身につけた人々は、今新しい時代と直面している。この人々だけが、時代の難問に直面できるのだ。責任は重たいが栄誉ある職務だ。それには、良識と良心と責任が不可欠である。偽物と本物がより分けられる分かれ道である。結果は既に出た。
これから偽物がどんなにわめこうが、本物達の達成した新しい研究、建設には、なにひとつ役立たず、新しい日本の国作りの要職には、一切加わることはできない。

呆れるほどの有名無実の、建前だけが通れば済んだという相場に成り果てた、過去の日本の無気力な時代が、大きく変わるときだ。しかし、荒波だろう。

日本国最良本物志向者集団の強者達は、再生の拠点を確保しただけでは満足などしない。既に、萌芽が至る所に見えているが、☆新しい時代の良識と良心と責任をまっとうした心のこもる本物の学問(空虚な空念仏とは違いこれだけが真実の力で社会をリードしていく)を、いま何もない真っ白なページの上に、新しい日本の将来の設計図として生み出していかねばならないのだ。
この仕事の部外者としては、たとえば、時代の閉塞感を嘆き、問題解決の本質の困難をうすうす知りながら、結局何もしてこなかった大学教授などがあげられる。旅客機のパイロットと同じ金額の給料をもらいながら、これからもろくな論文も書けずに、無駄飯を食い続けるだろう。

建前だけの偽物横行時代に、たとえ恵まれずとも、その時代の浮き草のような寵児達とは根本的に異なる地道な真実追究の道を選択した有志達には、次々に新しい仕事が生まれている。
新しく日本の礎となる最良の学問を作り出すという使命に苦しんでいるのだ。何もかも根本から変わるのだからその仕事は膨大だ。

こういう良き信頼に値する先導者達は、必ず日本の国のために最良の仕事の価値を抽出しようとしてくれる。良い仕事は歴史に残るだろう。価値ある真実の仕事に苦しめる人は幸いだ。

新しい本物志向の流れの日本論
本物の力により、いかにして、この国を破滅の底からリードしていくか。日本の先覚者先頭集団は、この素晴らしい新しい学問の誕生の時に、相互のお手並み拝見という次元に達したのである。この強靱な使命感の共有者達には、次の文明の礎の基礎建設という遠大な目標をも視野に入れていて欲しいものだ。建前だけの無用学者とは別の人々である。まだ始まったばかりで、今後何が生み出されてくるのか想像も付かない。新党生活を中心にした新勢力は、日本の生き残りのためのぶっつけ本番の実験である。

偽物過ぎて手に負えない売国奴と呼ばれる、巧妙な弁舌詐欺師マスコミの大衆誘導力により日本国の米国売り渡し目的の一団がいる。彼等のの主張は、現在まったく意味不明、理解不能である。人としてのまともな知性をかなぐり捨てての犯罪正当化推進の強弁で、醜悪な本性を明らかにしている。破綻論理は原発関連でおおきく露呈している。

白紙委任状
売国奴は、アメリカに・貿易の法的管理権全般・ネットの法的管理権全般を認めさせる白紙委任状を、日本国民に呑ませようという低次元詐欺・TPP・ACTAの正式契約にやっきである。
こんな白紙委任状に、判をついたらとんでもないことになる。
この法的無制限管理権の取得者は、究極の人種差別者、世界の人類の人口削減推進論者なのだ。

この法的詐欺、実はアメリカ本国議会で軒並み成功していて、とんでもない法的環境が成立している。アメリカには中世暗黒時代(もっと悪い)が正式な議会の決定により建設中なのだ。恐怖だ。
この不当契約の詐欺、TPPもACTAも最初はもっともらしい説明が付けられていた。売国奴重役前原営業担当の詐欺弁舌の中のTPPお化け≠ニいう言葉は有名になった。
まったく赤ずきんという童話の狼の弁舌そのままだ。
自公民、読売、産経、日経、毎日等、恐ろしい狼の下手くそな変装。

日本には、赤ずきんを守ってれる新党・生活がある。
我々真相理解者達も全力で、日本強奪の狼対抗≠フ日本救済ストーリーを白紙のページに描き出さねばならない。


45. 2012年8月26日 17:47:46 : l54fRsy0CA
「国民連合}構想に賛成です。

46. 2012年8月27日 10:03:26 : FUviF2HWlS
>>44

「国民の生活が第一」で、国民の生活を守ろうとしているのは、一部の議員です。

「国民の生活が第一」の幹部議員は、看板と行動が一致していません。


47. 2012年8月27日 10:23:06 : Nj4a5ChzDU
42>くだらないコメントやめろ

せっかくの阿修羅が底辺の低いもになり下がる


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK134掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧