★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK135 > 225.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢一郎氏 「国民の生活が第一」結党後、初の単独インタビュー  ABC「キャスト」8/31 放送動画 
http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/225.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 9 月 01 日 20:02:34: igsppGRN/E9PQ
 

2012-8-31 初の単独インタビュー


http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/60a01eabc94d0b626488ad328949478a?fm=rss
2012-09-01  来栖宥子★午後のアダージォ

〈来栖の独白〉

 弊ブログへ戴いたコメントでのご案内によって、「初の単独インタビュー」を視聴できた。心より感謝♪
 視聴後感想としては、小沢氏の発言を強引に橋下氏にむすび付けている、特定しているように感じた。小沢氏は「こだわらない」「執着しない」人だ。人間(橋下氏)にもポスト(総理)にも。政治家にとって(与党の幹事長まで経験した政治家にとって)、総理に拘らない、というのは、これは大変なことなのだ。


小沢一郎 まずは大阪のテレビにインタビュー出演/橋下新党にスリ寄るつもりは一切ないが
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/c1a675e853e83fa8293bdd942b224ee3

小沢一郎 メディアジャック開始
http://gendai.net/articles/view/syakai/138471
日刊ゲンダイ2012年8月31日 掲載

まずは大阪のテレビにインタビュー出演

<“醜態” 民 自 シリ目に「選挙準備」着々>
 「国民の生活が第一」の小沢一郎代表が、31日夕方、大阪の朝日放送(テレビ朝日系)のニュース番組「キャスト」にVTR録画の形で出演する。30日、永田町の議員会館の事務室でインタビューを受けた。7月の新党結党後、小沢が大手メディアに登場するのはこれが初めて。あえて大阪のテレビを選んだ。当然、橋下大阪市長や維新の会を意識してのことだ。
 「永田町はいまや維新の橋下市長や松井知事の一挙手一投足に振り回されている状況です。新しいニュースは東京ではなく、大阪から発信されている。小沢さんは橋下新党にスリ寄るつもりは一切ないが、もともとローカルメディアを大事にする人ですし、世論の動向に敏感だから、大阪を選んだのでしょう」(小沢周辺)
「国民の生活が第一」は、こんどの総選挙で消費増税の廃案や原発ゼロを訴える。既成政党に嫌気がさした無党派が一番のターゲットだ。インターネットでは、すでに先週、ニコニコ動画で「小沢一郎チャンネル」を開設。有料のブロマガ(記事と動画の同時配信)も始めている。国会議員で有料は珍しい。朝日放送のインタビューを振り出しに、今後、メディアへの露出を高める戦略だという。
 民主と自民が橋下新党に翻弄されているのをシリ目に、着々と選挙準備も進めている。28日は日本歯科医師連盟と日本医師連盟、29日は連合へ結党挨拶に出向いた。当然、選挙での支援についても話してきたはずだ。実際、民主党で支援組織とのパイプをつないできたのは、ほかでもない小沢だ。民主党も小沢が連合と接近していることにビクビクしている。
「小沢さんは全国の100選挙区をメドに候補者を擁立しようと考えています。いま党所属議員から個別にヒアリングをして各地域の選挙区状況を分析、どこにどんな候補者を擁立するか、緻密に検討しているところです」(生活の関係者)
 小沢は30日、新党大地・真民主の鈴木宗男代表と会談した際、「まずは東日本から地盤固めしたい」と発言したという。来週月曜にはまた岩手入りする予定。これまでメディアと支援組織を巧みに使って選挙で勝ち続けてきた小沢一郎。一気に動きを早めるつもりだ。 *強調(太字・着色)、リンクは来栖
. . . . . . . . .

■ABC「キャスト」8/31 放送予定 5時台 独占対談!小沢一郎×伊藤史隆
http://webnews.asahi.co.jp/cast/


       ◇

ABCキャスト 小沢一郎氏単独インタビュー (市民社会フォーラム) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/207.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年9月01日 21:05:01 : HDySYr7wos

橋下にラブ・コールを送った?だとさ。

「どなたであれ〜」


02. 2012年9月01日 21:27:22 : hYZoapMOfA
橋下の唐突な小沢批評の背景にはこういう流れがあったのか、なるほどね。

しかしまあ、よく二木のインタビューを受けたな。
月曜のインサイドアウトも出ないくらいなのに


03. 2012年9月01日 21:30:39 : n9YxCr1oPs
番組が好意的なのはよいことだ
番組で そのまんまが
小沢さんはチン太郎でも構わない
といった 
それがカメさんの震源地か
なんでも欲しがりのチン太郎は
東京一極主義の自分だけが
よければいいという強欲爺だ
維新が大阪の自立を求めるなら
珍太郎と橋下は水と油だ

04. 2012年9月01日 23:26:14 : rjk2TL45S2
この司会してる奴少し前に偽ジャーナリスト松田の小沢一郎の妻が支援者に書いた手紙のことを大谷昭宏と一緒になって本物とか人格批判してたくせに本人が目の前に居るときのこの態度のちがいは一体なんなのか?所詮テレビに出てている司会者、ジャーナリストなんてこの様なカメレオンみたいなプライドも何もない集団だろう。この小沢一郎インタビューだって小沢をダシに橋下を持ち上げようとしてるのがミエミエ。テレビ新聞程いい加減な事は無いと。

05. 2012年9月01日 23:30:13 : f5qgBkTkrY

この動画を観て、つくづく想う。

メディアが間違った報道を恣意的に流して世論を作り上げていくことを・・・。

小沢さんはラブコールなど送っていない。

ハシゲの云っている地方分権の事を一応尊重して、一般論で答えているに過ぎない。

「・・・誰であれ、応援する。」と言っているのであって、ハシゲとは言っていない。

この動画が、関西人に小沢さんが受け入れやすくなるのであれば、出演した価値があるのかもしれないが・・・。


06. 2012年9月01日 23:36:14 : QmyrjoZuIs
この司会者ははっきり言って小沢一の言葉をねじ曲げていって居る。
01さんの言う様に橋下にラブコール?

二木も党にあちら側の人。
それが証拠にキンキンの「パックイン・ニュース」二でなくなったのか出してもらえなくなったのか。
04さんの言う様に橋下を持ち上げるために小沢一郎を呼んだと考えてもおかしくない。


07. 2012年9月02日 00:04:03 : Pk9ygxOto2
二木という奴は、小沢氏のいないところではジャーナリストとしてどや顔して、生意気なことを言っているが、今回の画像を見ていると小沢氏との対面前の緊張は普段どおりじゃなかった。コチコチだったのじゃないのか? 碌なインタビューもしなかった、ただのABCの盆暗の付添い人ってところか・・それよりABCのアナウンサーのほうが一生懸命聞いていた気がする。それにしても編集が偏っていて、何が何でも橋下と結びつけたがって、国政などはどうでもよかったようだ。だから関西のジャーナリズムは遅れている。橋下のような男によいしょしたがる気弱なマスコミから逸脱できない。全国で放送されない現実を知っているから、何でもあり。それにしても小沢氏に貴重な時間をとってもらって何を聞いているんだとつくづく思う。橋下絡みしか聞けないアホさが垣間見れた。あまり価値の無い番組だ。生活の第二の地盤、関西の実態も知らないようだ。ABCも潰れる放送局だろう。ホテル経営破綻以来赤字に苦しんでいるのが実態である。

08. 2012年9月02日 03:53:14 : FXxRDXOV1A
このインタビューで重要なのは、橋下云々ではなく自分が総理になることを明確に否定したことですね。遮二無二やるリーダーと影の調整役とか言っていたが、ここに至っても、No.2で実権を握るのが理想ということでしょうか。この方にとってはリーダーは、「どなたでも」いいのでしょう。何しろ、海江田や輿石を総理候補に推す方ですから。過去の失敗から学んでいないようで残念です。

09. S.T 2012年9月02日 04:43:24 : TNEHs1z1b5edM : cg0n7sawpY
小沢氏の言葉の意味を理解すれば・・・
誰が総理だろうがその政治家や政党を支持し投票するのは国民側にあるという事。
だからこそ、橋下氏や石原氏が何を言おうが国民に支持されていれば当然与党側となり総理にもなれる。
自分の政策理念があればしっかりと打ち出して選挙という国民から選ばれたら良い。
それが自分に取って敵味方関係なく、むしろ日本をなんとか変えたいという目的を持った人物が出て来るのは歓迎しているようだ。

これこそが、2大政党政治の考えとなる原点なのかも知れない。
明確な政策を掲げ、その政策に対しての反論や賛成、そして国民は政治家を選ぶ際に「政治家の政策」をキチンと理解し投票する事で政策の切磋琢磨によって、目先の利点だけでなく将来の欠点になり得る部分も知る事が出来る。

そして肝心な事は、自ら総理という職を望んでいないという発言。
何故なのか?
多分ですが、今の状況を見れば何でもかんでも小沢氏に政策を伺いにかかり、小沢氏一人だけでは絶対に回らない。
かと言って誰に任せるかは小沢氏が決めると思っている人が居るのもこれまた問題。
小沢氏のコメントを聞く限り、自分の政治的手腕は裏方に徹する事でのまとめ役を行いたいという事です。
表にたつ総理は、そりゃ政府与党政党から国会の投票で選出されるでしょうけど、その選出される総理も国民が選んで投票し当選している政治家と言う事を忘れてはならない。
小沢氏と同じ政策の連立政党から総理が誕生すれば、その総理が動きやすいように陰で政治を行うのが小沢一郎の政治屋としての本領発揮できる分野でしょう。

個人的に物足りないと感じた事は、この先日本の未来を考えた時、小沢氏の政治理論を受け継ぐような政治家を育てる目的があるのかないのかよく解らない。

日本はこの先、何が必要なのか、そして日本経済が安定した強さを維持するには政治は何をすれば良いのか、法律をどうすれば国民の為に運用出来るのか、官僚任せの中央政権から地方の事は地方で予算を組んで行えるのか、など、若いうちから論議し対策を練り、実証して答えを見つける努力をしなければ、50歳を過ぎて政治家になっても自分で調べられる時間は限られてくる。
するとどうしても経済力の強い人物が自分に有利になるよう働きかけてくるし、官僚も自分たちの生活だけがゆとりあるようにしたい政策を掲げてくる。

政治対策などをあげてくる官僚組織は何百人もいるが、総理や政治家の秘書や対応するスタッフの数や専門知識は太刀打ち出来るレベルには難しく、それこそ官僚組織内部のリークや反対意見組織からの情報を採用する事にもなり得る。

新政党を掲げて国民の政治を行おうとする姿勢は多いに期待したいし、国民の生活党に対抗して国民の為の政治を打ち出そうと自民も民主も良い方向へと動けばまだ救われるが、どちらも自分たちの権力第一でしかない動きしか見えてこない。
しかも選挙が近いとなると、突然態度を豹変させて原発廃止などと言ってくる奴らこそ信用出来ない。
ましてや再稼働を認めながら原発廃止論を言い始める政策の矛盾をなんとも思っていない奴は政治家として失格です。

聞きたい事、知りたい事は山ほどありますが、こういった記事やニュースでしかなかなか知る事は出来ないです。
しかしマスコミは放送時間や紙面の制限がある為に、何をどう伝えたいのか政治家の意見を編集デスク側が決めるので、政治家の意見よりもマスコミ側の何を伝えるのか、その意見で決まってしまう。
今までの小沢氏の意見の伝わり方ってあまりにもひどかったのでしょう。
だから生放送を希望していたんじゃないですかね?
朝日放送の取材に応じて放送したという事は、ある程度信用しているのかも知れないし、もしかしたら自分の真意をどの程度放送したのか試した可能性もあります。
放送後の小沢氏の感想が知りたい所ですね。
内容に関して自分の意見を大まかに伝えていたのか、それとも多いに不満があるのか。


10. 2012年9月02日 20:10:53 : AVtPGJomX2
でもやっぱり、維新とは組まないでほしい!!地域主権においての、政策が同じでも、その他の政策は、全く違う。この様な政党と一緒になれば、又今の民主党と同じになってしまう。考え直してほしい!!

11. 2012年9月02日 22:20:25 : XWI9fAWNOM
醜聞まきちらし同士、気が合うかもよ。

12. 2012年9月03日 12:49:47 : WRcvzABPLo
このインタビューは、見たかったので有り難い。

流石小沢先生の発言です。

日本を良くする為に、理念と信念を持つ人であれば
一緒に遣ろうと言う事でしょう。

やはり小沢先生は、信念の人です。

応援しよう!!「生活が第一」を!!!


13. 2012年9月03日 18:01:14 : AuQD1x82cE
どうしても橋下とくっつけたいのかね。
アフォらしい企画。
橋下が小沢氏の言うような大望を持っているわけがない。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK135掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK135掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧