★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK135 > 543.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
首相“解散せず”なぜなら訪ロがあるから (まるこ姫の独り言)
http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/543.html
投稿者 メジナ 日時 2012 年 9 月 10 日 00:00:34: uZtzVkuUwtrYs
 

首相“解散せず”なぜなら訪露があるから
 2012.09.09 :(まるこ姫の独り言)


やっぱり野田首相はしたたかだった。
野田首相に取って、谷垣総裁などお坊ちゃまで甘ちゃんで、容易に騙せる相手だったことは確かだ。

3党談合して“近い将来”から“近いうちに”解散の言質を取ったとご満悦の谷垣総台だったが、もともと自民党命題の消費税増税を主犯格野田首相に転嫁できて、解散時期まで言質を取ったと大喜びをしたのもつかの間,結局は野田首相の方が一枚も二枚も上手だったと言う事だ。

“不退転の決意”“政治生命をかける”消費税増税を、自民党の協力で可決する事が出来、代表選出馬会見で解散時期を“近いうち”から“しかるべき時期”にと微妙に変化して、変だと思っていたら、“訪露”という隠し玉を持っていたから、こういう発言になるのだろうか。。。。

>首相“解散せず”波紋
   産経新聞 9月9日(日)7時55分配信

>野田佳彦首相が日露首脳会談で「12月訪露」を打診したことで、その時期まで衆院解散・総選挙を行わないと「国際公約」したとの受け止めが広がった。


>訪露するのは「野田首相」なのか−。首相は同行記者団に「政局と結びつけていない。日本の首相が行くべきだと判断した」と説明。

昨日のニュースでは、盛んにロシアで首脳同士が会談をするといっていたが、やはり野田首相は上手い。
本人は政局とは結びつけていないと言いながら、訪露という口実があれば、解散などしている場合ではないと言う事になる。
北方領土へ奪還に向けて、何の具体的な打開策も無いまま訪露をする約束を取り付ける。
大体が領土問題など、いくらトップ会談をしても一朝一夕に解決できる問題ではない。
今まで、ロシアが譲歩したように見せかけても、その口の裏では裏切るような発言や行動もしてみたりと、そういう関係が長いこと続いていたが、野田首相が訪露したとして、何が変わると言うのだろう。
パフォーマンスの一環か、政権の延命としか思えない。。

野田首相の事だから、いろんな手を使い任期満了まで政権に居座る腹積もりなんだろう。。。。
人を欺くことにかけては天下一品の首相らしいではないか。
この首相の手練手管にかなうものなど、誰もいない。。。


元記事リンク:http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2012/09/post-a6ef.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年9月10日 01:22:03 : qzfX2Tf6iw
「解散・総選挙の先延ばし」は第三極にとっても好都合ではないか。

まず、第三極側は、300の小選挙区に候補者を擁立し終えていない。
生活党に至っては、29人しか擁立していない。
私の選挙区には、生活党やみんなの党といった第三極勢力は影も形もない。

この記事は、生活党結党以前の記事なんだが、この記事の主張が正解。
■「話し合い解散」では争点なき総選挙。みんなの党、維新の会の対立候補を待つべき
■早期解散は、霞が関、民主党、自民党の“増税逃げ切りトライアングル”を利するだけ。
今のように煮え切らない政局が続くと、つい「早く総選挙を!」と声を上げたくなるが、
今回ばかりはグッとこらえて「話し合い解散、許すまじ」と声を上げるべきだ。
http://wpb.shueisha.co.jp/2012/03/23/10401/
http://news.livedoor.com/article/detail/6397292/
>今のように煮え切らない政局が続くと、つい「早く総選挙を!」と声を上げたくなるが、
>今回ばかりはグッとこらえて「話し合い解散、許すまじ」と声を上げるべきだ。

そう、解散は300の小選挙区に候補者を擁立するメドが立ってから。

第二に、「民主党壊滅=生活党の勝利」ではない。

そもそも、選挙は一対一で戦うものではない。
「民主党壊滅=生活党勝利」ではない。
今の状況では、支持率1位の自民党が200議席以上取って勝つだろう(小選挙区制マジック)。
民主党も生活党も惨敗だ。
ですから、総選挙は楽しみではない。
生活党など第三極勝つためには、条件がある。
勝つためには、その条件を満たす必要がある。
条件が満たされて初めて総選挙が楽しみになる。

(1)政党支持率や投票先動向で、生活党など第三極の政党が、自民党を上回ること。
生活党の支持率は低迷している。
2007年〜2009年時の小沢民主党の10分の1くらいしか支持率がない。
これでは惨敗だ。

この条件を満たすのは非常に困難だ。

そこで、
(2)オリーブの木だ。
このままでは、小選挙区制マジックで、2010年の参院選同様、
自民党が圧勝してしまう。(1人区は、自民党の21勝8敗で自民党圧勝)

それが小選挙区制というもの。
第三極は文字通りの「極」とならない限り票を奪い合い共倒れする。
民意は比例区に僅かに反映されるだけで後は死に票の山となる。

そうなることがわかっているから、小沢氏は「オリーブの木」「オリーブの木」といつもいっているのだろう。

■第三極の統一戦線「オリーブの木」構想を提唱している新党「国民の生活が第一」の小沢一郎代表はNHK番組で
「(第三極が)競合してぶつかり合うのではなく、
力を合わせて頑張ってくれというのが国民の声だ」と述べ、連携の必要性を強調した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120903-00000073-san-pol

とにかく、政権を取るためには、オリーブの木=国民連合を成功させなければならない。

生活党など少数野党連合は、
自民党に勝つために、舛添要一でも、渡辺善美でも、田中康夫でもいいから、
統一首班候補を擁立して戦うべきだろう。

イタリアのオリーブの木も、ベルルスコーニに勝つために、
経済学者のプロディを統一首班候補に擁立して選挙に勝った。


02. 2012年9月10日 01:49:16 : g63BYGWxeU
野田政権は、財務省とアメリカが支持しているから、強力な地盤をもっている。財務省は、消費税が争点になる総選挙は絶対に回避したいので、解散総選挙など今年中にあるはずがない。

来年の衆議院任期満了まで、野田政権は続く(その前の参議院選挙でレーム・ダック化したとしてもね)。それが財務省とアメリカの意向。


03. 2012年9月10日 08:32:42 : kTDFIJTzxc
こうなる事は見え見え!ダニガキがアホなだけ。

04. 2012年9月10日 15:38:11 : EszHBBNJY2
>>02

野田にTPPの目処をつけさすつもりだろう。
あと1年もある。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK135掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK135掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧