★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK136 > 530.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
特捜検察が「普通の市民」に牙をむくとき (郷原信郎が斬る) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo136/msg/530.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 9 月 30 日 23:02:02: igsppGRN/E9PQ
 

特捜検察が「普通の市民」に牙をむくとき
http://nobuogohara.wordpress.com/2012/09/30/%e7%89%b9%e6%8d%9c%e6%a4%9c%e5%af%9f%e3%81%8c%e3%80%8c%e6%99%ae%e9%80%9a%e3%81%ae%e5%b8%82%e6%b0%91%e3%80%8d%e3%81%ab%e7%89%99%e3%82%92%e3%82%80%e3%81%8f%e3%81%a8%e3%81%8d/
2012年9月30日 郷原信郎が斬る


 本ブログ記事【「正義を失った検察」の脅威にさらされる「400万中小企業」】で紹介した、中小企業経営者の朝倉亨氏と経営コンサルタントの佐藤真言氏の二人とお会いし、じっくり話をした。
政治権力者でも、著名な企業経営者でもない、普通の市民の二人は、特捜捜査に情け容赦なく踏み潰され、粉飾決算書を提出して金融機関から融資を受けたという詐欺で実刑判決を受け、裁判は継続中だ。
 佐藤氏は、「刑務所に入ることになっても、出てきて10年たったら法曹資格がとれると聞いています。自分のような目に遭わされる人が出ないように、弁護士になりたい」と考え、法科大学院の入学試験を受け合格した。検察の不当な捜査、起訴によって、実刑判決を受けるという自らの厳しい境遇を感じさせないほど、本当に前向きだ。
 一方の朝倉氏、懸命に経営してきたアパレル会社は、社長が検察に逮捕されたことで、一瞬のうちに破産した。従業員は路頭に迷い、取引先の連鎖倒産まで生じさせた。それは検察の理不尽な捜査の結果なのだが、朝倉氏は、そのことで自分を責める。裁判が終わった後は、刑務所に入ることしか考えられないという。朝倉氏は、毎日運送会社の夜勤を務め、自分の体をも責めつづける。
どうして彼らが、このような境遇にさらされなければならないのか。「検察の正義」、「刑事司法の正義」は、どこにあるのか。

 30年前検事に任官した時、私にとって東京地検特捜部は憧れの的であった。
検事になった以上は、特捜部で活躍したい。経済事件、政界汚職事件の捜査の最前線で働き、自分の能力を活かしたい、ということを強く願っていた。しかし、私は特捜部への応援という形で捜査に関わる中で、特捜部という組織が、私が期待していたものとは、凡そかけ離れたものであることを思い知らされた。私は、特捜部という組織が持つ暴力性、それが普通の市民に向けられた時、いかに理不尽で、非道なことになるのかを、自分自身が特捜部での検察官の勤務の中で体験したのである。
 その一つが「検察の正義」(ちくま新書)の中でも紹介したある証券担保ローンをめぐる背任事件だった。その事件では、特捜部が経済社会の実態にあまりに無知であるために、誤った捜査を行い、そして、そこで歯止めが効かずに無理をした時に、普通の市民に対して大きな脅威を与える、ということを知った。そういった面で、今回の朝倉氏、佐藤氏の事件と共通性がある。

 その事件は、まさにバブル経済の真っ直中、株式売買への国民の関心が高まる中で、買い付けた株式を担保にしてノンバンクから融資を受けて、さらに株式売買を行う資金にするというやり方で、大規模な株式売買を行っていた男Aが、投資に失敗して巨額の損失を出した。その男に対するノンバンク側からの融資には、社内規定どおりの担保を十分にとっていないものが多数あり、ノンバンクの担当者が背任罪、融資を受けて株式売買を行っていた側が、背任罪の共犯に問われたものだった。
 背任事件だったが、主たるターゲットとされていたのは、融資した側ではなく、融資を受けた側の投資家のAだった。ノンバンクの内規に違反しているとわかった上で多額の融資を受けたことが、背任の共犯にあたるということで捜査を進めていたが、少しでも多くの資金がほしい投資家側としては、ノンバンク側が融資してくれるというのであれば、ノンバンク内部の手続きがどうであれ、有り難く融資を受けるのは当然であろう。担当者に金品や利益を提供して内規違反をさせた、ということでもない限り、刑事責任を問う必要のある事件とは思えない。
 また、ノンバンク側が証券担保ローンで融資を実行する場合に、どの程度の担保をとるか、ということも、大口の融資であれば、投資家の投資歴、投資成績や全体的な資金状況などを考慮して判断をすべきであろうし、形式的な内規通りにやっていれば良いという話ではないであろう。
 そう考えると、その事件には、そもそも犯罪が成立するのかどうか、という点に相当問題があるように思えた。しかし、Aを含む被疑者の逮捕という捜査方針は確定していた。下っ端の応援検事が口を出せるようなことではなかった。
 
 この証券担保ローンの背任事件に関しては、不正融資とされる証券担保ローンの実行の時点で、融資先の投資家の株式損益がどのような状況だったかが重要な事実だったはずだ。全体として利益が出ているのであれば、ある程度、担保評価を緩めて、融資額を増額することも、あながち不合理な判断とは言えない。しかし、特捜部の捜査では、その点についての客観的な証拠は殆どなかった。単に、供述だけで、「Aは株で大損をしていた」と決め付けられた。
私は、その頃、まだあまり普及していなかった「表計算ソフト」を活用して、頻繁に株式売買を繰り返している投資家の損益を逐次計算できるマクロプログラムを完成させ、背任事件の共犯とされている投資家の損益状況を調べてみた。すると、背任融資とされている融資の実行の時点の大半で、トータルでは十分に利益が出ており、大幅な損失は、投資の最後の時点で特定の銘柄が膨大な損失となったため、それでトータルの損益が大幅なマイナスになったものだということがわかった。
そうして判明した事実を、思い切って、主任検事、副部長に報告してみた。しかし、「関係者が全員、Aはずっと株で損をしていたと言っているじゃないか。お前のパソコンはおかしいんじゃないか。」と一笑に付されてしまった。
それから間もなく、Aは逃亡し、所在をくらましてしまった。それ以降、事実関係を詰める捜査は棚上げにされ、Aの所在を突き止めるための捜査一色になった。
株式売買に手を出し、証券担保金融で投資額が拡大、会社を辞めてプロの投資家のようになっていたが、もともとは一流大学卒の大企業のエリート社員だったAには、特捜部のに逮捕されるプレッシャーが耐え難かったのであろう。
 こうして捜査対象の被疑者が所在不明になってしまうと、検察独自捜査にとっては、非常に苦しい事態になる。全国の都道府県警に指名手配をして協力を求めることができる警察とは違い、検察は所在不明になった被疑者の行方を追うことには制約がある。
しかし、被疑者の逮捕、本格的捜査が予定され、応援検事まで確保している場合に、捜査をあまり先延ばしすることはできない。つのる焦燥感の中で、そのときの主任検事が命じたのは、所在不明となったAの家族・親類縁者を片っ端から呼び出して、「かくまっているのではないか」と疑って、徹底的にいじめるというやり方だった。それを徹底していけば、そのプレッシャーを受けた家族、親類縁者が、積極的に心当たりに連絡することで、どこかでAの所在が明らかになって、通報してくるのではないか、という作戦だった。
 確かに、それは、検察として取り得る手段の中では有効なものなのかも知れない。しかし、Aは、殺人犯のように、本当に草の根分けても探し出さなくてはならないような犯罪者ではない。要するに、その所在を明らかにしないといけないというのは、「検察の都合」に過ぎないのだ。私も、その「家族、親類縁者いじめ」の取調べに駆り出された。上司の指示・命令を受けてやらされる仕事の中で、これほど気の進まないことはなかった。

 ある日、主任検事から、所在不明のAの従弟のB氏を呼び出して取り調べるようにとの指示を受けた。「前日にX検事(私の同期)が呼び出しの電話をかけたが、どうしても都合が悪いと言って来なかった奴だ。何か隠しているから来たくないんだろう。徹底して締め上げろ」という指示だった。
私が電話をかけたところ、Aの従弟のB氏が出た。私は、東京地検特捜部の検事であることを告げ、「Aさんのことでお伺いしたいことがあるので、明日、東京地検まで来てもらえませんか」と言うと、「Aとはもう何年も会っていません。何も知りません。どうしても行かなければいけませんか。」と言ってきた。「それでも、どうしても直接お伺いしたいことがあるのです。」と言うと、「では、行きます。」と言ってくれた。
翌日の朝、霞ヶ関の東京地検に出向いてきたB氏は、私の「取調べ」が始まるなり、淡々と話し始めた。
「一昨日の夜も、X検事から電話があって、明日東京地検に来てくれと言われました。私が、仕事があって無理ですと言うと、『お前はAの行き先を知っているだろう。嘘をついてもわかる。隠しているから調べに応じたくないんだろう。隠したりしていると捕まえるぞ。』とさんざん脅されました。ちょうど、我が家では、子供にいろいろ大変なことがあって、とても深刻な家族会議をしていた最中でした。中学生の息子がイジメで登校拒否をしています。それに加えて、一昨日、小学生の息子が、重い心臓病だということがわかって、私たち家族はどうしたら良いんだろうと、目の前が真っ暗になって、そこに、夜の10時過ぎにX検事から電話があったのです。どうしても都合が悪いからと言って、東京地検に行くのは一日待ってもらいました。そこで、昨日、また電話がかかってきた。それが、検事さんからでした。私が検察庁に呼び出されたということで、今朝出てくるときに、女房が取り乱していて、私が逮捕されるんではないかと心配で頭がおかしくなりそうだと言っていました。」
私が、その話を聞いて驚き、黙っていると、B氏はさらに言葉を続けた。
「私は、市役所の職員として、20年余り仕事をしてきました。人から後ろ指を指されるようなことをしたことはありません。もし、私がAのことで何か知っていたら、すべてお話しします。でも、何も知りません。生意気なことを言うようですが、私も、少しばかりですが国にも市にも税金を納めている市民です。どうしてこういう目に遭わされなければならないんでしょうか。」
私は、このときほど、恥ずかしく惨めな思いをしたことはなかった。自分がやっていることは人間のやることではないと思った。
 私は、すぐに、B氏の自宅に電話をかけて、B氏の妻と話をした。「何も心配することはありません。ご主人に何か疑いがかかっているということではありません。こちらの都合で、どうしても今日、一日、こちらにいてもらわないといけないのですが、まったく心配は要りませんから安心してください。今日の夜にはお返しします。今日だけで、明日以降は来てもらうこともありません」
そして、B氏には「あなたから聞くことは何もありません。でも、どうしても、我々の組織の内部的な問題で、今日一日、この建物にいてもらわなければならないんです。待合室で待っていてください。時折、部屋に入ってもらいます。夜には帰ってもらいますから。」
 私は、昼と夕方に、主任検事に取調べの状況を報告した。
「しぶとい奴です。さっきからガンガンやってるんですが、何も話しません。本当に何も知らないのかも知れませんが、もう少し頑張ってみます」と真っ赤な嘘をついた。
主任検事に評価してもらおうなどという気持がまったくなかったことは言うまでもない。私が恐れたのは、私の「取調べ」が生ぬるいという理由で、B氏の「取調べ」がX検事に担当替えになることだった。とにかく、一日で終わらせなければならない。そのためには手段を選んでいる場合ではなかった。
 その日のことは、私にとって衝撃だった。この特捜部での応援勤務の経験によって、それまで、ある種の「憧れ」を持っていた特捜部という組織の権力が、使い方によっては市民に対する恐ろしい暴力になりかねないことを実感した。
 
 私は、この事件をきっかけに特捜部という組織に幻滅し、やがて訣別した。その後、地方の検察庁で独自の検察捜査の手法を切り開いていこうとしたが(前出「検察の正義」の最終章「長崎の奇跡」参照)、それも、検察の組織として受け入れるところとはならず、結局、検察組織から離れた。そして、その後、検察の外から、特捜捜査を中心に検察を厳しく批判し続けてきた。
 大阪地検不祥事以降、社会から厳しい批判を受けている検察が、検察改革の最中に手掛けた捜査が、今回の朝倉氏と佐藤氏の「詐欺事件」である。それは、私が検察にいて経験した、そして、これだけは絶対に許すことができないと考えた「検察の市民への暴力」そのものである。
 彼らを検察の暴力から救い出すために、私として精一杯のことをしたいと考えている。今回の事件に、関心を持つ方々、特捜捜査の理不尽さに憤りを覚える方々、今後の裁判の展開に注目して頂きたい。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月01日 00:01:10 : YxpFguEt7k
この事件ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=uLVBoAn21l0

冤罪にならないよう、裁判の展開に注目しましょう。


02. 2012年10月01日 08:10:20 : KJBXpNmGHC
本当に恐ろしい組織ですね。
私の有人も、弁護士試験に合格して、検察に入りましたが、今、どうしてるんだろうか、、、
連絡取りたくないですな

03. 2012年10月01日 10:13:47 : Z1e1KyRxJY
政治家をターゲットにすることができなくなったので、小さな経済事犯をでっち上げて存在意義をアピールしているように思える。
このまま特捜検察が存続すれば、存在意義アピールのため、このような事案は、ますます増えるのではなかろうか。

04. 2012年10月01日 15:27:25 : mp6fw9MOwA
検察は筋書き重視で、捜査の過程で新事実が出てきても修正できないからくりが有りそうだ。
検察上層部は自分で書いたシナリオで罪を確定するとそれが冤罪で有っても評価されるのだろう。
評価される為には不法行為も厭わない、何故なら検察に捜査の手が回らないとの安全地帯にいての犯罪だからだ。
検察の罪を暴く事が無かったことで検察が腐り始め、罪が不明な案件で次期装置候補を潰そうと画策するまで腐ってしまった。

05. 2012年10月01日 16:54:35 : EgF3NYVXrI
江戸時代でも、同心が誤認逮捕したら罰せられたそうだが、検事も不法取調べをしたり、誤認逮捕やそれを隠したり、そやつを上司がかばつたりしたら厳罰に処する法律を制定すべきだ。

06. 2012年10月01日 17:31:28 : FqFTMwaDLQ

特捜部廃止!これに尽きる。 捜査権と起訴権を集中させてはいけない。

捜査は警察に、公判は検察に完全分離するべきだ。


更に、判検交流禁止、取調べ前面可視化、代用監獄廃止、伏魔殿・最高裁事務総局廃止…今日はこれぐらいにしといてやろう。


07. 2012年10月01日 20:05:10 : mvBVmXBPgY
腐りきった組織の中にもなおかすかな自浄作用があることに感動しました。郷原さんに続く同志にどうぞちからを与えてください。

08. 2012年10月01日 20:31:14 : LjDUeYansg
失われた時間は戻すことが出来ない、
これは厳粛な事実である、
それがこともあろうに、冤罪庁や酷税庁の官僚によって、
庶民の幸福がつぶされることはあってはならないことである、
指摘があったように、江戸時代ならば切腹ものであるが、
冤罪庁や酷税庁の官僚は責任を取らない、
被害者は不幸を背負い、官僚は出世する、
これが彼らの本質である、

09. 2012年10月02日 04:03:36 : KUZBmOO1l6
「普通の市民」には申し訳ないが、大政治家に牙をむくことの方が、国家の行く末にとっては一大事では?
郷原さん、「小沢氏は牙をむかれても、今なお政治家として..」と悠長にお考えではありませんか?
検察は日本の政治(国の行く末)を歪めたのですよ? 大胆にも一行政機関が立法府を強姦したのです。
つまり我々国民が強姦されたのと同じです。その認識はお有りですか?>郷原さん

10. 2012年10月02日 06:16:42 : Q3qbpnbECo
>B氏には「あなたから聞くことは何もありません。でも、どうしても、我々の組織の内部的な問題で、今日一日、この建物にいてもらわなければならないんです。待合室で待っていてください。時折、部屋に入ってもらいます。夜には帰ってもらいますから。」

良心に従った最大限の配慮でもこの程度
特捜の民野検事による石川氏秘書監禁事件も
氷山の一角というより当たり前の光景
特捜としては極めて穏当な取調べだったってことか

日本の政治行政機構が公務員、特に司法関係公務員に対して性善説に依拠して構築されてるのが問題


11. 2012年10月02日 06:32:29 : M9cJrT3InE
最近話題にもならない
社民党・共産党がこの件について
まともなコメントをしないのは

検察と癒着しているからか?
(鈴木宗男氏の時には情報提供されていましたよね。
違いましたっけ。どうせ裏切られて明日は我が身)

敵の敵は味方ぐらいに考えているのか?
(「普通の市民」のことは眼中にない。そして、明日は我が身)


12. 2012年10月02日 06:53:44 : 42WLGuDM8Y
郷原さん あなたの少しの優しさに感謝。
 特捜検事よ恥を知れ。  人を奈落の底に突き落としている現実に悪魔の巣としか言いようがない。  371部隊。


13. 2012年10月02日 07:46:35 : lv1cfMifsD
特捜部廃止!これに尽きる。 
捜査権と起訴権を集中させてはいけない>06さんに賛同。

14. 2012年10月02日 07:51:55 : zZo5NduRFt

日歯連闇献金事件歯科医師会からの自民党への献金は一大疑獄事件になったはずだったが
裏金資料をもっていた政治家に反対に強請られ逮捕できなかった。
それから権力中枢の政治家には彼が指南役で裏にいる限り手が出せない。
もう一つ裏金資料に名のある検察幹部が無事引退するまで騒ぎを起こしたくない。
出来れば闇に葬りたい。

検察は政治家をあきらめて不得意の経済事件にシフトした。
経済素人不得意だから無理をする。そりゃ冤罪が起きるわ。


15. 2012年10月02日 09:17:52 : rfcCuFHQZE
11<さんへ。私も検察に対する、社、共、の姿勢には疑問を感じています。彼らにひとかけらの正義感や良心があれば、小沢さんに対する関する日本の司法の犯罪行為と言うべき11人の幽霊市民・?でのイカサマ[検察審査会」での起訴相当議決を糾弾すべきです。森ゆう子議員や多くの市民の方々の努力で悪辣で残忍な司法のリンチ的ブラツクボツクス内でのイカサマがバクロされています。社。共は検察不起訴だつた、小沢さんを「政治的迫害するためのリンチ行為」である、11人の幽霊市民?によるイカサマ「検察審査会」での起訴相当議決と言う司法を悪用した謀略行為をなぜ追及糾弾しないのか疑問です。

16. 2012年10月02日 09:34:41 : d40J9JEANA
代用監獄廃止>>06 FqFTMwaDLQ さん
>特捜部廃止!これに尽きる。 捜査権と起訴権を集中させてはいけない。

本当だ!
だめだわそりゃ。
だから小沢氏のような目に遭っちゃうわけだ。


>更に、判検交流禁止、取調べ前面可視化、代用監獄廃止、伏魔殿・最高裁事務総>局廃止…今日はこれぐらいにしといてやろう。

ホントに悪いわー!
判検交流なんて何でやる必要があるのっ!
自分達の権力を強める為にくっつこうとする悪賢い交流でしかない。
判事と検事が結託そこへ弁護士も結託・・あぁ・・・おそろしい

代用監獄?
この代用監獄って聞きなれない言葉なので調べてみました。
留置所の事でした。
外国では取調べの段階で容疑者を警察に留め置いて調べることは人権侵害に当たる為ほとんど無いんだってね。
ここへ閉じ込められて拷問されたら蜘蛛の巣にひっかっかった獲物のようなもの。
敵の手の中に閉じ込められて連日調べられ自白を強要されるわけだから。
早く留置所を出たいが為にそこで嘘の供述をして裁判できちんと調べてもらおうと嘘の自白をしたりするが、でも一度自白した鴨を警察がメッタな事では逃がさないだろう、折角手に入れた手柄だから。

もともとは昔拘置所が足りなくて代用した事からこの代用監獄(留置所)と言う名前になっただそうだけど、ヤッパリ廃止すべきじゃないかな。
この代用監獄(留置所)とは世界に類を見ない制度で、今では世界的に人権侵害だと非難されているものなんだってね、知らなかった。

でも何だって?今衆議院で審議中なの?
警察は継続をしたいって?
手中においた方が自白がとりやすいからって?

全面可視化をすれば良いでしょうに。




17. 2012年10月02日 10:28:01 : yy2z6sSNUI
小沢裁判の邪魔をしたり、いかがわしい本を出すやつがいるから
検察は弱い奴を見つけて報復攻撃に出るのだ。

18. 2012年10月02日 10:51:49 : ILiTPGkN7Y
共産党は「人権」を看板にしているが、実は経済的「被害者意識」政党なノダ。
主張の根源をたどれば、自ずとそこに行き着く。
「共感」を得られない理由は、そこだ。この際「我が身を三省する」ことが必要だ。
(言うまでもないが、三省堂の宣伝ではない)

19. 2012年10月02日 14:32:01 : kVv7uD58Q9
>10. 2012年10月02日 06:16:42 : Q3qbpnbECo
>良心に従った最大限の配慮でもこの程度
日本の政治行政機構が公務員、特に司法関係公務員に対して性善説に依拠して構築されてるのが問題

新任検察官の経験としても、この程度が限界、と感じられたことが、ことの重要性を教えてくれてますね。

公務員に責任を問わない制度、検察に限らず改める必要がありますね。


20. 2012年10月02日 14:54:18 : ZvcGS9qUik
公務員の責任を問う制度、損害賠償も含めて、を確立しなければ
今後もこの問題は起こり続ける。

21. 2012年10月02日 19:39:56 : 42WLGuDM8Y
12です。 訂正  誤371部隊 正731部隊


22. 2012年10月03日 15:09:15 : ILiTPGkN7Y
一体全体、何の為に大学を出て、難しい試験を突破して検察官になったのであろうか?親の苦労を知ってか知らでか。
親の気持ちになれば、「こんな不正義な人間に育てた覚えはない」と悲しむだろう。
「親の心、子知らず」
親不幸者。

23. 2012年10月03日 18:07:08 : d40J9JEANA
>>22 ILiTPGkN7Y さん
>一体全体、何の為に大学を出て、難しい試験を突破して検察官になった
>のであろうか?

高給もらって、人を調べる身分になり自分達は何をしても大威張り出来て、捕まることのない特権階級に酔いしれる為。

でもって、親は大喜び。
偉くなったね〜^^おまえは。
もう誰もお前に指一本触れられないよ、何をしたって、ボクちゃんもう大丈夫だね。
親孝行だわ〜、お前はおかぁさんの引いたレールの上をきちんと歩いたもんね〜。良くやった、良くやった。
ってなもんよ。


24. 2012年10月03日 21:34:32 : PjHfudQ4V2
江戸時代は、「目付」の別組織の系統があった。 組織運用は、幕府を
模倣すべきこともある。 大岡越前や金さんの名奉行の時代劇で、大岡
忠相や金四郎の「お上」神話が刷り込まれていく、そして司法・警察は

法の下で公平無私と錯覚する。 江戸は、南北2奉行所や「遠山景元」と
「鳥居耀蔵」の確執かもしれないが奉行に登用されるべく競争があった。
今の官僚組織は、内部競争はあるが、組織や旗本同士の競争が無い。

競合する2組織は、民主主義のコストとしても難しいかもしれないが。
しかし、米国のようなトップの選挙や政治任用、警官なら「ミランダ警告」
など、司法・警察について考える必要がある。


で、司法・警察の思想は江戸と変わらない、その江戸も法治主義である。
「一罰百戒」「自白証拠主義」「情状酌量」「秘匿主義」。 幕藩役人の
根底にあるのが、三民(農工商)の教化者とする目線での対応である。

一罰百戒の典型は、獄門や市中引き回しと現代人も知る刑罰、その
刑場は城下に入る街道に置いた。 江戸では、「鈴ケ森」「小塚原」が
有名であり、城下に入る旅人・運送業者・諸藩の参勤交代従者などに

心理的な抑止効果が生じたであろう。 市中では罪状を捨札に書き、
通行人に顔を晒す(「晒し」)も5ケ所あった。 刑務所が無いため、軽微な
犯罪は追放刑であり、一部の犯罪者には入墨で、重犯の目安にした。 

自白証拠主義は、科学捜査の無い時代で現代とは重みが違う。 証拠が
揃いそれでも自白を引き出せない時に拷問が行われたという。 与力同心が
奉行の許可得る、老中の許可も必要であったようである。 死刑も奉行の

一存で一件落着とはならなかった。 大岡は、吉宗に「何人殺したか」と
と問われ、「二人殺し候」と答えたとされる。 (拷問による虚偽の告白と
拷問に耐えられずの自殺で、法による処断は含んでいない。 白洲では

与力の裁判を罪人の顔を見ず(感情移入を避ける)に陰で聞いたと云われる)
刑の情状酌量も、大岡時代に編纂された「公事方御定書」を奉行のみが
見ることが出来たとされるからである。 江戸は武家地・寺社地・町人地と大別

され町人の居住制限があり、法(法度)も武家法・寺社法と違う。 町人は
公事方御定書を判例にして裁かれた。 判例が秘匿のため情状酌量も。
巷間に知られた罰則は、盗みの十両で首や、不倫の七両二分がある。

江戸の三奉行(寺社・町・勘定)もそれぞれの司法警察権があり、時代劇
では、「唐丸籠」(江戸送り)があるが、「女犯」(宗派によって法律が違う)
なんかが描かれることはない。 讒言などで浪人に身を落とした役人
武士は「普化宗」虚無僧になれたようである。 時代劇では隠密がある。


町奉行所は都庁であり、町奉行は都知事に司法警察権がついた役職、
金さんが町人地に頻繁に入り浸る? 時代劇でのフィクションである。
奉行所での捜査人員は、「町奉行」「与力」「同心」「三廻」「岡っ引」を

wikiで読めばわかるように、幕府の役人としては数十人である。 後は、
「銭形平次」のような岡っ引や目明しである。 「中村主水」は「定廻り」。
岡っ引のような集団も、登用されたりされなかったりと競争原理が働いた。


江戸も東京も広さの規模が違っても、人口の1割近くを占める大消費地
で、警視庁も交通事故の処理をやるように、牛馬・籠・大八車が往来し
それに伴う事故も処理した。 荷物を積んで坂道を上がりきれずに暴走

して、人を轢くなどもお白洲である。 勧善懲悪の時代劇に交通事故は
馴染まない。 そして、江戸の町は夜間に閉鎖されるとなると、跳梁跋扈
する盗賊なんかを登場させることができなくなる。 「自身番」「木戸番」

wikiにあるように、「牢人」による辻斬りが横行したことが「辻番」の始まりで
犯罪防止策として取り入れられたようである。 江戸ではないが、開港後の
横浜を描いた訪日記がある。 今は暗闇は存在しないので想像しにくいが。


・・・ 日本区はすべてがひっそりと暗闇に包まれている。 家々は鎖され
閂(かんぬき)がかけられ、通りで人に会うことはない。 ほんの時たま、
客に呼ばれた帰りであろう、善良な市民が女房に腕を支えられよろめき

ながら歩いている。 手には丸い提灯をさげ、それには、警察の目に
入りやすいよう、大きな黒い文字で男の名前が書いてある。 この静寂は
時折、警察の見回りがジャラジャラ鳴らす杖の音に断ち切られる。 この

騒音は何マイルも離れたところからさえ聞こえるので、警察の有能な活動
ぶりを知らない人間には、悪人をつかまえるのではなく、悪人に注意を
促す目的で歩き回っているのではないかと疑われかねないくらいだ。

見回りはふつうふたりで、鉄をかぶせた長い杖をもって一歩ごとに地面を
ついて歩く。 杖の先端につけられた二個の環がそのたびにぶつかり
あってものすごい音を立て、耳の悪い悪人どもでさえ、早々と逃げおお

せるというわけである。 この、犯罪者に対するかなり人間的な対処の
仕方を補う意味でか、日本人区域の通りのほとんどには門があって
閉鎖されている。 こうして、門に配置された警固人の目を逃れて

一区画から別の一区画へ移動することができないようになっているの
である。 ・・・ (江戸幕末滞在記 E・スエンソン)

講談や芝居から庶民受けした奉行をお上神話のテキストにしており、
一朝一夕でお上意識が変化し難たい。 小沢氏の件で、検察や検審に

ついて語ったヒゲを生やしたヤメ検が、庶民の味方である金さんと
やっていたから時代劇の効果は、元お上も思い込みを起こすようである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK136掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK136掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧