★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK137 > 311.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「小沢検察審査会」メンバーは存在しない???ー「小沢裁判」と「最高裁スキャンダル」(5) (山崎行太郎) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo137/msg/311.html
投稿者 笑坊 日時 2012 年 10 月 16 日 13:11:42: EaaOcpw/cGfrA
 

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20121016/1350358076
2012-10-16 文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』

「検察審査会」は、11人の一般市民から「くじ引きソフト」で選ばれた審査員によって構成される。検察が起訴しなかった案件でも、市民団体などの申し立てがあれば、「検察審査会」に回され、「検察審査会」が始まる。そこで、11人の一般市民による「検察審査会」での議論を通じて、「不起訴相当」「不起訴不当」「起訴相当」などの議決が下される。そして、検察審査会によって「起訴相当」の判断が二回くだされると、検察による「不起訴決定」にもかかわらず、「強制起訴」となり、裁判が始まる。「小沢裁判」は、こういう経過を経て、裁判が開始されたものである。つまり、検察審査会によって一回目の起訴相当の判断がくだされると、再度、検察に回され、検察で、「起訴するべきかどうか」が論議される。そこで再び「不起訴」の決定が下されても、再度、検察審査会によって議論される。そして二回目の検察審査会におても「起訴相当」の判断が下された時、その時のみ「強制起訴」となる。繰返して言うが、「小沢裁判」は、一般市民からなる「検察審査会」が、二度にわたって「起訴相当」の判断を下したことになる。

 さて、「検察審査会」のメンバー(審査員)や彼らの議論内容に関しては、「秘密厳守」「非公開」が義務付けられている。それに違反した者は罰せられることになっている。したがって、「検察審査会」の内情は、国民からは遮断され、完全に秘密のベールに包まれている。検察審査会で、どういう人物らが、どういう議論をしたかは、原則的には、まったく分からないことになる。言い換えれば、「検察審査会」は、検察審査会を統括する「最高裁事務総局」によって「意のまま」になるという、いわゆる「最高裁スキャンダル」「最高裁の犯罪」が発生する余地が、限りなく存在することになる。

 検察審査会に関して、例外的に公開される情報の一つが、検察審査会メンバーの「平均年齢」である。「最高裁スキャンダル」は、この「平均年齢」公表から始まった。「小沢一郎陸山会事件」を審査した東京第五検察審査会での、一度目の「起訴相当」を議決した時の審査員の平均年齢は、34.3歳と発表された。一般市民、つまり有権者から「くじ」で選ばれた審査員の平均年齢が、34.3歳とは、少し「低すぎる」のではないか、つまり「若すぎる」のではないかという議論が起こるのは当然だろう。つまり、現在の日本国民の中の有権者の平均年齢を計算すると、約52歳である。70歳以上は審査員を断ることが出来るという制度があるらしいので、70才未満の有権者(都民)の平均年齢をから見てもおかしい。「34.3歳」という平均年齢の審査員が選ばれる確率は、統計専門家の計算によると「0.89%」だそうである。

 ここから、何が言えるか。推測の枠を出ないが、「小沢検察審査会」においては、「くじ」による検察審査会審査員の「選びだし」が行われていなかったのではないか、という疑惑が生じても不思議ではないだろう。あるいは、検察審査会メンバーを選び出す「くじ引きソフト」に何らかの仕掛けがあり、都合のいい人だけが選ばれるシステムになっているのではないか、という疑惑。そして、最後は、「小沢検察審査会」メンバー、つまり審査員そのものが存在しないのではないのか、という疑惑。さらには、「小沢検察審査会」そのものが、実際は開催されなかったのではないか、という「架空議決」疑惑。

 繰り返すが、これら「検察審査会疑惑」に関する問題の責任担当は、「最高裁事務総局」である。つまりこの「検察審査会疑惑」は、「最高裁疑惑」であり、これらが、「最高裁スキャンダル」の原点に他ならないのである。(続く)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月16日 14:41:04 : PIe50pEwjQ
10月16日 『「小沢検察審査会」メンバーは存在しない???ー「小沢裁判」と「最高裁スキャンダル」(5)』 (山崎行太郎ブログより)

一市民が斬る!!

文芸評論家山崎行太郎先生の『「小沢裁判」と「最高裁スキャンダル」再考』シリーズが続いている。

核心に迫る内容だ。
全国民に読んで頂きたい。


第4回および第5回を転載させて頂く。
http://civilopinions.main.jp/2012/10/10165.html


02. 2012年10月16日 16:16:42 : J85WcGfwxY
ここまで言われて、最高裁事務総局は何も反論しないのか?

会議録も交通費領収書も審査員を選んだ過程も会議実施日も年月日も全部公表すればいいだけだろう。なぜ何一つ公開しないのか。


03. 2012年10月16日 16:20:21 : 3HULYMKw9I
内部告発が出てきたら面白い事に



04. 2012年10月16日 16:51:55 : b1bBNRMUTU
02さま。

でたらめをやってきたんで、
公表できないのです。――最高裁判所事務総局


05. 2012年10月16日 18:01:12 : 71j1qM1ANM
最高裁判所は、裏金作りに常時、幽霊審査会を開いていた可能性は高い。
すると、弁護士の名義も欲しくなり、特定の弁護士会と組んで税金を盗んでいた事になる。
この仕組みを使い、仙谷らが謀略をしかけたのではないかと思う。

06. 2012年10月16日 20:35:49 : n9YxCr1oPs
昔闇コメを食わずに餓死した判事がいた
今は痴漢やセクハラはもとより
裏金作りで私服を肥やす裁判官
倫理観よりヒラメをよしとする
最高裁判事たちが腐っているということ
自滅長期政権の膿んだ部分でもある
テレビにでている犬痔の河上をみても
裁判官も検事も偉そうにして
私服を肥やすことしかしない
もっと金銭的メリットをなくすべき
名誉職でいいのではと思う
これは高給官僚にも思う
その実績を上げて民間でカネ儲けしろ!
優秀なんだろう
過保護にするな
叩いて育てるべし!

07. 2012年10月16日 21:08:06 : gwSHaadgFA
いるわけないだろ、小沢検察審査会の委員なんて。
そんなもん。
何処の誰だか、いつその審査会が開かれたのかもどう審議したのかも何もかもが黒いベールに包まれて、誰にも調べられないように情報を漏らしたら6ヶ月以下の懲役か50万円以下の罰金という足かせまでついてる始末。

これなら開かないで開いたように勝手に誰かが決議書を書いても誰にも分からないだろ。

だったら人を選ぶ必要性がそもそも無い。

人を選ばなければ秘密は漏れないし、金もかからない。

面倒くさいことが一切無い。

幽霊なら足も無いけど口も無い。

逆にそんな状況で選んだらばかでしょ。


08. 2012年10月16日 21:44:06 : mp6fw9MOwA
最高裁事務総局は西松事件で無罪が濃厚になると訴因変更を認め、罪か否か分からない期ずれで秘書3人の逮捕を許諾し、検審での起訴相当による裁判維持が難しい状況となると証拠のない水谷からの賄賂を推認で認めるとの判決を裁判官に出させている。
訴因変更と推認有罪はは登石が行っているので、最高裁事務総局の言いなりになる裁判官を恣意的に選ぶことも行っているのだろう。
非公開の扉に閉ざされていない表の舞台でも最高裁は不正を働いている。
これで国民を騙し不正を隠して合法的に見せかけた冤罪作りを確定したいとの思惑がばれてしまった。
色々な証拠が出てきているが、根拠のない訴因変更容認、期ずれでの逮捕、推認での有罪だけで裁判所が法と正義を無視し不正を働いていると証明されている。
この辺を指摘できないのが日本の法律の専門家で有り、専門家は裁判所は正しいとの立ち位置からしか意見が言えないと教育されているようだ。
ここで生じる法と正義との矛盾を解くと仕事が無くなるとの実情を知りすぎており、矛盾点を最小とし、裁判所を責めない落とし所だけを探す習性が出来ているのだろう。

09. 2012年10月16日 21:51:08 : ZrMDpsyito
公表しないということ自体が、不正を行ったということを示している。
公表すれば、自分たちが逮捕されるもんね。

10. 2012年10月16日 23:53:03 : EkAf4AJvH2
江藤淳が墓場で泣いておるぞ、山崎君。

11. JohnMung 2012年10月17日 03:20:51 : SfgJT2I6DyMEc : pgaov188FE
10. 2012年10月16日 23:53:03 : EkAf4AJvH2
     ↑
 ID= EkAf4AJvH2 は初出ID。
 故人を引き合いに出して、意味不明の書き込みをするとは卑劣極まりない輩である。失せろ!

12. 健次郎 2012年10月17日 09:33:53 : sV8kc.31dgHnM : h9iSoBInlc
日本では、検察審査会法で、例外的に審査委員の年齢だけ公表するのでしょうね?
アメリカの陪審員は有罪の認定までする審査を公務として行う為に、
法廷で顔を晒して公判に参加するのに、
日本の検察審査委員は隠れてこそこそ起訴議決をするだけなのに、
なんで姓名等の個人情報を公開しないのかね?
そもそも個人情報を公開してほしくないのなら、
最初から審査委員なんかになるべきではない。

公務を行うという覚悟があるのなら、生命を隠さず批判を甘んじて受けることを承知で行うべきでしょう。


13. 2012年10月17日 09:37:00 : DS9UDjQHeM
検察審査会が法に定める手続きに従ってきちんと開催され、議決が行われたことを証明するものはこれまでどこにも示されていません。
検察審査会事務局=最高裁事務総局がきちんと行ったというのであれば、いくらでもそれを証明する資料はあるはずです。
非公開とか守秘義務との口実でそれをしていないのが現実ですが、そうした場合には普通は法律どおりに行われなかったから、証明する資料がないのだと判断するのが当然です。

14. 2012年10月17日 10:22:07 : rfcCuFHQZE
秘密、秘密、秘密の組織で自由や人権を圧殺する組織と言う点で、検察不起訴の小沢さんを奥の手のリンチで[政治的殺処分」のために11人の幽霊市民?によるイカサマ[検察審査会」を開いたと賞し起訴相当議決したと称し、ていまだに迫害を続け手います。このやり方はナチズムとフアシズム体制の残滓の濃い日本の司法がナチスの司法やゲシュタポのやりかたに、倣つたものだと解析しています。ナチスは政敵追い落としのためにのために[国会議事堂放火事件」までデツチ上げました。「現憲法の廃棄」や[日本の核武装][国防軍創設」[もんじゅ軍事プルトニューム大量確保」[原発、衛星、ロケツトの軍事転用促進」などを目指す自公民タカ派ら[対外」中ロ?戦争」準備に暴走しつつある[石原都知事の戦争挑発言動を見よ」日本のナチズムとフアシズム勢力にとり、民衆政治家で真の自由と民主主義者の小沢さんは邪魔なのでしょう。

15. 2012年10月17日 11:12:46 : FpcudWesAg
オカシイ、どうしてもおかしい。検察審査会委員はいないのではないか。全くの密室で情報を公開しないという仕組みを逆に利用する悪質な人間が権限を持っているというのがそもそもおかしい。まさに犯罪の巣窟になっている。最高裁判所のなかには良識ある人間が一人もいないのか。事務局だけで勝手に出来ないはずだからこれは組織的な陰謀がある。国民の皆さん、最後まで真相を追究しましょう。

16. 2012年10月17日 13:12:28 : mp6fw9MOwA
検審の非公開には理由が有り、それは国民も納得する物で有る筈だ。
しかも、事務局が不正を働かないとの前提条件の基に、非公開とされている筈だが、この件は当たり前のことで有り法律に記載は無いかもしれない。
事務局が疑われた時点で非公開の原則はその効力を失うと考えるのが妥当だ。
この考えが無いと不正を疑われても、その真偽を判断する道が閉ざされ、被害を被る国民が出てくることを意味しているからだ。
犯罪を指摘され、非公開を理由に犯罪をもみ消す事は法と正義を守る裁判所では通用しない。
裁判所は常に正しくなくてはならず、疑われた場合は自身でその疑いを晴らさなければならないとの制約が有るから人を裁く事が出来る筈だ。
小沢さん関連の検審の情報非公開は、事務局の犯罪を隠す為にしか効果を上げず、公開して審査員が被害を受けるとの可能性は無いと考えられる。
非公開の目的は審査員が言われもなく被害にあう事を防止する以外にないと思うが。


17. 2012年10月17日 16:11:35 : 2Vwna7ir3e
>>12
公務を行う者もそのとおりだが、公費を受給する者もその公開が為されるべきだ。

税金の使い道に官房機密費以外の非公開使途があっていいはずはない。

反対に公開されているからこそ守られるようにならないと、その用途が途絶えるはずは無く、無限に非公開使用枠は拡大されていくことになる。

ブレーキをかけるには、如何なる理由があろうと公費は公開・公職者も公開が行政自浄の大原則である。


18. 2012年10月17日 17:44:32 : K2B7G1bGAs
>これら「検察審査会疑惑」に関する問題の責任担当は、「最高裁事務総局」である。つまりこの「検察審査会疑惑」は、「最高裁疑惑」であり、これらが、「最高裁スキャンダル」の原点に他ならないのである。

02さんの言うとおり
>ここまで言われて、最高裁事務総局は何も反論しないのか?
>会議録も交通費領収書も審査員を選んだ過程も会議実施日も年月日も全部公表すればいいだけだろう。なぜ何一つ公開しないのか。

何も公表しないということは、最高裁事務総局は犯罪を犯したことになるよね。
根拠もなく、人を犯罪に陥れたのだからね。

マスゴミも、何も公表しないということは、マスゴミは、最高裁事務総局の片棒を担いで犯罪を犯したことになるよね。
根拠もなく、人を犯罪に陥れたのだからね。


19. 2012年10月17日 20:52:36 : jvn0q4GtRw
最高裁事務総局は日の当たる部署で無い為、配属希望が少ないので創価学会が長年独占状態らしい(定かではない)
つまり、裁判長の選択は創価学会に握られている訳だ。
例の推定判事も創価学会員だそうで、納得しました

裁判所は創価学会に握られていますが、これをどう考えますか?
 


20. 2012年10月17日 21:03:05 : Y28uZ2IjEw
読売も朝日も具体的に審査員が庁舎に入って行くところを報道して様な気がする。まず新聞社に問い合わせの電話をしよう。できれば記事を書いた記者も調べよう。

21. 暗 奔坦 2012年10月17日 22:00:21 : DgMX0TCPHy2/A : K1xi3eSSpG
検察審査会は存在しなければ最高裁事務総局は結論(決議)を自由に作れる。そのために事前の用意で検察審査会が憲法上のどこにも存在しないとした。追求不可能としたのだ。まさかここまで国民から追及されようとは予想だにしなかったであろう。

22. 2012年10月18日 07:08:51 : 42WLGuDM8Y
検察審査委員が秘密、最高裁事務総局は全て秘密、そして小沢さんを起訴と秘密秘密、なぞだらけ、国会議員よこれだけ暗黒採決をなぜ追及しないのか、森ゆう子さん一人 不思議でならない。一人の優れた政治家を抹殺しようとしているにもかかわらず!! 
  全て明らかにするべきではないのか。

23. 2012年10月18日 09:22:26 : NeCdbAxeL5
昨日10/17、最高裁が一票の不平等違憲状態だか、無効請求は棄却、確定と
野田よ、輿石よ、別に今国会で定数是正行わなくても、最高裁は選挙無効の判決は絶対出す事はありえないから、此の総選挙儘突入O/Kだよ
そんな度胸のある裁判官など一人たりとも残っていない

しかし最高裁事務局「ヒラメの養殖事業大成功だ」人事権と言う高給な餌は効くね


24. 2012年10月18日 18:39:01 : fEEqIKbMF5
インチキテレビの捏造報道に出たヤツ以外に、誰も名乗りでない。
インチキテレビの捏造報道に出たヤツ以外に、誰も名乗りでない。
インチキテレビの捏造報道に出たヤツ以外に、誰も名乗りでない。

つまり、これだけ大問題になっていて、当然知っているはずなのにただの一人も何の意見も表明しないということ。
…こんな人選、おかしいだろ。人選の基準が問われる所だな。

この人達は、検察審査会の制度の再考の際に、このおかしな態度の理由も含めて参考人として出て貰おう。
良識ある国民としての責任を放棄している人達だ。

この大事件を無かったことにして、消滅させたい意図が国家権力の中に明確になってきた。正しいことであれば、こんな態度はあり得ない。
追求者側のポイントはみな核心を突いているのだ。

・この勝負売国奴の完全敗北。そして修復不可能が明らかに
日本の国内法ではない法で動いている権力者達がいる。
まったく区別は簡単だ。彼等は対米従属売国奴だから。
売国奴堕落亡者達の間の法律では、ユダ金支配者がカラスは白いといえば白。1+1=3と言えば3である。正しさの追究とは無縁の法体系である。無制限金銭崇拝権威奴隷法なのだ。そこでの天秤は重力の法則にも反し、最初からユダ金側に傾いている。
理論武装以外に、相手の一片も存在しない良識良心に訴える人間らしい法の行使は時間の無駄であり、徹底した正論構築の武装と防御が必要な危険な相手だ。
ここでは私は・対米従属売国奴法と・日本の国内法とを、厳格に区別したい。そこで、偽日本人達である対米従属勢力議員達の・対米従属売国奴法の優先とごり押しに、日本国内法の完結した体系擁護の立場から、日本国民の一人として抵抗するのだ。
まったく世の中には、危険地帯が存在する。福島第一原発と最高裁事務総局だ。危険物として認定しての対処が両者に共通している条件だ。また両者共に、廃炉、廃止が相応しい。十年かけて。
アメリカでは民主主義放棄国民弾圧ぼろくそ大統領独裁法体系がさらにNDAAなる法律により、市民の裁判権まで破壊した。
日本の糞売国奴議員官僚財界人マスコミ達が日本の司法をどう変えようとしているか、よく分かるということだ。
前原や石破や野田のような売国奴等それに読売や朝日、産経、日経とテレビ民放NHKが、勝手に誰かユダ金の利益に妨げになる相手を、危険人物としたら、有罪にできる仕組みにしたいわけだ。中世暗黒時代の魔女裁判の復活は、恐怖の人口削減の実施の前触れに相応しい。

☆ユダ金奴隷法にサインしたら、日本国家主権は終わりだ。この小沢冤罪裁判の戦いは負けられない。負けたら際限なくユダ金につけ込まれる。それにここには大きな国益派の反撃の拠点も可能な勝ち目がある。

☆未だに旧式時代の常識と習慣に暮らす遅れた思考の鈍感で、逆に敵側マスコミ誘導に乗せられている足手まといの膨大な数の不勉強亡国化加担の日本国民達。
大多数の殆どの国民は、日本現状の政治力学配分の☆ユダ金支配と少数国益派有志達の図式を知らず、全く残念な無知にある。既に確信的な売国奴達の冷血ぶりを素朴な人間性から信じることができないでいる。彼等人間というより劇薬に等しい存在なのだ。旧式の足場は、何等権利保障はされない奴隷の境遇が正体だったのだ。日本国未来が奴隷身分ではなくて、日本国益の本物の足場に立つことには、正しさを追究していく戦いがあるのだ。負けたら終わり。

☆アメリカは何の契約の上にふんぞり返り要求ができるのか?
ユダ金マスコミが従来のアメリカ友好国同盟国価値観の範囲内でのみ描く状況理解の外に、敗戦直後に売国奴吉田茂がサインした永久奴隷契約によるアメリカの不当拘束のカラクリが、日本支配の本質の軸として働いていて、そこから、今国が本当の奴隷身分としてFTAの支配下に繰り込まれた韓国のように乗っ取られる所まできているということだ。吉田茂、吉田茂だ。

悪魔に魂を奴隷として無期限、無制限で売ります。

こんな契約が信じられないが、有効なのだ。
ここから要求されると、日本は永久にハイと言うしかないのだ。吉田がし向けた。
そこから支配体系システムを編んできたのだ。人間世界の正しい法では当然無効だ。こんなもの。だから暗闇の奥に隠し続けてきたんだ。やっと今になって日本は自分の国の法体系について真相を知ることになった。おこぼれ売国奴が日本国益を放棄して群がっていた。インチキと詐欺で作られていた!真面目にやっても報われないわけだ。戦後日本が生産した富の半分といわれる膨大な利益を不当に奪われた原因がこれだ。
正しい手続きで国民が廃止できるのだ。ここから根本から日本は変われる。この拘束は日本の健全な自由に、不当に掛けた歪な姿勢しか保てない拘束なのだ。長い時間の刷り込みがあるが、白紙に戻すことだ。なんとしても。
本当の愛国者は本物の思い故に正しい原因をさぐりだす。石原や野田やふりかざす愛国心の偽善よ、欺瞞よ。その醜悪な弁舌よ。
☆また、日米同盟という深度から、一向に深みの核心の所在には触れようとはしない愛国者達がいる。洗脳価値誘導の犠牲者で、愛国者のはしくれかもしれないが、日本の独立の大きな根本的障害については全く何も見えない人々だ。
日米同盟のナンマンダブ念仏愛好家達だ。日米同盟マントラで満足できてそこから腹一杯の牛の如くに動かない。芝居の舞台の書き割りの裏側には関心がない。日米同盟がインチキだったと説明しても緊急の国益派重心移動の理解には、キャパシティが不足している。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK137掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK137掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧