★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK137 > 390.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2米兵暴行事件:出国 間一髪で逮捕(沖縄タイムス)
http://www.asyura2.com/12/senkyo137/msg/390.html
投稿者 CERISES 日時 2012 年 10 月 18 日 16:37:37: TSAYrSdovqusM
 

報道陣に囲まれ、那覇地検に入る容疑者を乗せた車両=17日午後2時52分、那覇市樋川

2米兵暴行事件:出国 間一髪で逮捕
沖縄タイムスhttp://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-10-18_40327
社会 2012年10月18日 09時35分
(6時間35分前に更新)

 集団強姦(ごうかん)致傷容疑で米兵2人が逮捕されたのは、宿泊先のホテルを出る数時間前だった。17日、2人を送検した県警には、身柄確保に安堵(あんど)感が漂った。基地前では抗議集会。台風の強い風雨の中、「基地撤去しかない」と声を上げた。

 逮捕・送検された米兵2人は、女性を暴行した数時間後にはホテルをチェックアウトし、16日のうちにグアムに向けて沖縄を離れる予定だった。被害者の知人の通報や県警の初動捜査が遅れれば、出国を許し捜査が難航する恐れもあった。

 ある県警幹部は「あと数時間遅ければ、飛行機に乗っていたか、基地に逃げ込んでいたか。いずれにしても地位協定に阻まれ、捜査は難航したはずだ」。事件から約3時間後に容疑者を特定できたことに胸をなで下ろした。

 沖縄署に女性の知人から被害を訴える通報が入ったのは、16日午前4時32分ごろ。県警は周辺市町にも緊急配備を敷き、大がかりな聞き込みを開始した。

 「外国人が多く利用するホテルがある」。聞き込みで情報を得た警察官がホテルに行くと、従業員が「よく似た感じの男2人がさっき戻ってきた」と証言、逮捕へ動くきっかけとなった。

 海軍兵2人は上官を含む計7人で宿泊していた。別々の部屋に泊まっていた2人に任意で事情を聴くと、「犯行時間帯はホテルにいた」などと話し、当初はいずれも否認。しかし、被害女性が上等水兵の顔をしっかりと覚えていたことが逮捕の決め手となった。

 3等兵曹の顔は判然としなかったが、署や犯行現場で事情を聴くと、犯行をほのめかす供述をし始めた。その後、3等兵曹は容疑を認める供述を始め、「2人で暴行したのは間違いない」と話すように。「女性に申し訳ない」と反省の弁も述べ始めた。

□   □

 事件発生から一夜明けた17日午前、県警は2米兵が滞在していたホテルを家宅捜索。ホテルは通常通り営業し、一般客が出入りする中、捜査員が証拠品の捜索などに当たった。

 両容疑者を乗せた警察車両2台は同日午後、相次いで那覇市樋川の那覇地検に到着。台風が近づき、強烈な風雨が吹き付け、多くの報道陣が待つ中、施設内に入った。両容疑者が乗っているとみられる後部座席の窓には黒いフィルムが張られ、2人の表情などは、うかがえなかった。

■「沖縄で怒りさらに」 国外メディア2012年10月18日
琉球新報http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-198211-storytopic-1.html

 【米ワシントン17日=松堂秀樹本紙特派員】米海軍兵による女性集団暴行致傷事件は米大手通信社AP通信が配信したのを皮切りに、米有力紙ニューヨークタイムズ紙や英国営放送局BBCなど各国のメディアでも取り上げられた。英有力紙ガーディアンは、17日付(電子版)で今回の事件について「人口密集地の市街地の真ん中の普天間飛行場にオスプレイが12機配備され、沖縄の怒りが増幅していた時期に発生した」と説明。「沖縄で米軍の駐留に対する抗議がさらに強まる可能性がある」と指摘するなど、県民の不満や怒りが、今回の女性集団暴行事件でさらに激しさを増すとの見方を示している。
 ニューヨークタイムズ紙は16日付の電子版で、1995年の米兵少女乱暴事件に触れ「米軍人の犯罪が長年の沖縄県民の不満のもとだ」と指摘。「小さな熱帯の島に在日米軍約5万人の半数以上が駐留している」と過重負担に触れた上で、「今回の逮捕が沖縄県民の(反基地への)新たな抗議の輪をつくり出すことになるか否かが、一つの焦点になっている」とした。
 BBCも電子版(16日付)で、今回の事件と、複数の米兵による犯行で共通している95年の少女乱暴事件が米軍基地の整理縮小につながったと説明し、県内の米軍施設を地図と写真で掲載。普天間飛行場が本島北部に移設する計画は住民の反対で行き詰まっていることに触れ「住民は米軍基地の過剰負担に異議を唱え、米軍絡みの犯罪に不満を募らせている」と紹介した。

◆1面などで報道在京紙
 16日の米海軍兵による集団女性暴行致傷事件を受け在京各紙も17日付朝刊で1面や社会面で報道した。
 朝日新聞は1面にトップ記事に次ぐ扱いで報じた。社会面にも関連記事を掲載し、識者らの反応や米兵事件の年表も載せた。読売、毎日、日本経済、東京の各紙も社会面で3〜4段の見出しで準トップの扱いで詳細を伝えた。産経新聞は1段見出しの記事で掲載した。

■沖縄県警は米兵集団強姦致傷容疑で米兵緊急逮捕 オスプレイと云う火種に油が注がれた (世相を斬る あいば達也)http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/c22c64b7a140e7893cfecb37a97db8d8
「・・・驚くことに、読売新聞と産経新聞は、23時30分の時点で、トピックス表示もしていない。なんと云う新聞社だ。あきらかに日本のマスコミではないようだ。・・・」

■米兵暴行事件、沖縄で緊急の抗議集会
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月18日 16:54:17 : Mbt3FZ14Wc
「琉球王国」は住民投票で、独立を目指すべき。アジアのハワイを目指して香港のように関税はなし。アメリカ軍は半分にして開いた土地にカジノをたてる。米軍からは独自に基地使用料を直接取り立てる。

02. 中川隆 2012年10月18日 17:00:25 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM
アメリカで黒人が暴行したら死刑だ。

こいつらも死刑にしろ。


03. 2012年10月18日 17:02:50 : HNPlrBDYLM
「エメット・ティルの死」


章のタイトル、「エメット・ティルの死」は、実はわたしが考えたものではありません。これはボブ・ディランの歌のタイトルから引用しました。

1955年の夏に起きた、エメット・ティルのいう名の黒人少年リンチ事件は、

(1)全米中に報道されたこと、

(2)殺人犯の裁判が当時の南部の人種差別制度、ジム・クロウ制度の残忍さをまざまざとみせたこと、

(3)それにもかかわらず黒人大衆が反抗の姿勢を明確にしめし、その後の公民権運動につながるスピリットの醸成を示す画期となった、で大事件になりました


((3)は歴史の後知恵です)。ディランの歌はこの実話に基づいているのですが、わたしはいわゆるドがつくほどのプロテストソングは大嫌いなので、これには深入りしません。が、この事件に関しては、年配のアメリカ人のひとに訊ねれば、たいていの方はしっていらっしゃいます。そして後の60年代に公民権運動の世界に飛び込んでいく青年たち、全世界的人気を博するリズム&ブルーズシンガーたちにとっては、「黒人」という同じ人種に属しているということで、ある種の共同体験になっています。


そのリンチ事件の顛末をお話するのがこの章です。


さて右の少年が、この事件の犠牲者、エメット・ティル少年です。

この少年はシカゴで生まれ、事件当時は14歳でした。つまり前の移動時期でいうと、大移動の時期に両親が南部からシカゴに移住していたのです。しかしシカゴへの移住は、南部との関係が切れるということを意味しませんでした。その実、ティル少年の親戚の多くはまだミシシッピ州にいて、彼は学校が夏休みになったのを機会に、親戚の家(祖父の家)にやってきていたのです。


しかし北部で育った彼は南部での「人種間のエチケット」を知っていませんでした。それはだいたいこのようなものです。


・白人と話すときには、Sirをつけろ、つまり日本語の構造でいうと、敬語を使えということですね。

・何をするにも白人が優先、前から白人がきていれば道をあけろ


とここまでは世の「差別」というものにある程度普遍的にみられることのので予想もつきます。ところがアメリカ南部の「人種間のエチケット」には、ひとつ独特のものがありました。1940年代初頭にカーネギー財団から膨大な予算を得て、スウェーデン人の社会学者、グンナー・ミュルダールが行った調査報告「アメリカのディレンマAn American Dilemma」は、白人がもっとも激しい抵抗を示すものの一番に、異人種間の性交渉・結婚をあげています。

つまり南部の「人種間のエチケット」でもっとも大切なのは


・黒人男性は白人女性をロマンスまたは性の対象とみなしてはならない


というのがあったのです。それですから、リンチで殺された黒人男性の多くが、レイプなどの冤罪に問われたものであり、殺害の儀式のなかにはペニスを切るというものがあったのでした。


これは異人種間の交流を促したロックンロールがなぜ弾圧されたのかの理由のひとつであります。

そこでティル少年は、南部のなかでもこの「エチケット」へのこだわりがいちばん厳しいミシシッピで、やってはならないことをやってしまいました。キャンディを買いに行った店で、その店のレジ係の女性に対し、口笛を吹いてしまったのです。

[一説には「バイ」と言ってしまったというのもあります。]


そうです、たったこれだけなのです、彼が犯した過ちは。

上のエチケットの具体例ミシシッピ版では、黒人男性は白人女性を直視してはならない、ことになります。女性に「ベイビー」と呼びかけることは、当時のシカゴではごく普通のことなのですが、これはミシシッピの環境におかれたとき「ねぇ、かのじょ、かのじょ」と呼びかけたことを意味したのです。


この決定的過ちがおきた1955年8月28日、そのレジ係の女性のいとこロイ・ブライアントはJ・W・ミラムという友人とともに、ティル少年の祖父の家に押しかけ、少年を拉致します。もう祖父には何が起きたのかわかっていました。ティルは殺されるとわかっていました。ミシシッピで白人に抵抗しても殺されるだけ、ともわかっていました。

ところがシカゴにいる彼の母は違っていました。彼女の発言あって、ミシシッピ州警察もそれなりの捜査を行い、9月1日にはミシシッピ川でティル少年の死体が発見されます。川に死体発見されたといっても、ティル少年が溺死したわけではないのは明らかでした。なぜか?。

それは、幼い少年とはいえ、性器が切断されており、顔は見るに耐えられないほどの暴行を受けた痕をとどめていたのです。


ティル少年を拉致した二名は、すぐさま逮捕されます。異常な事態がおきたのは裁判の過程でです。ミシシッピ州の刑事裁判は陪審員制で行われます。

この陪審員選定の過程で、黒人はすべて除外されました。

黒人が陪審員になるどころではなく、裁判所自体、劣悪で汚い「黒人席」ときれいな「白人席」がはっきりとわかれていたのです。


そして陪審員が討議に入る前、この事件を担当した判事は、何とこう言ったのでした。

「誇りあるアングロ・サクソンに属する陪審員の方々はティルが行ったことの重大さをよくご存じであろう」。

つまり越えてはならない一線を越えたからティルの殺害は自業自得だ、むしろ被告の行為は尊き血を守ったとして讃えられるべきだ、と言ったのです。そうして下された評決は被告無罪でした。

これに怒ったのはシカゴにいるティル少年の母親です。彼女は

「ミシシッピの残虐さを全米の人びとに知ってもらるため」に、棺を開け、叩きつぶされたティル少年の顔が見える形で葬儀を行います。さらには黒人向けの雑誌Jetにティル少年の顔の写真の掲載を許可しました。(年配の黒人の方々の多くはこれを見たときの衝撃をいまでもわすれていらっしゃいません)。汚い手口で殺された彼の墓はシカゴ近郊にあります。


こう述べてくると、南部という土地の「後進性」が際立ってくるように見えますし、同地で人種関係は奴隷制以来何の改善もされていなかったような印象を受けます。しかし、ここには重要な変化も見られたのです。それは以下の通りです。


(1)かつてのリンチは、リンチの場所と日時が新聞で発表されて行われる儀式であった。ティル少年の殺害者は、自分たちが行っていることを、(判事の見解とは異なり)「アングロ・サクソンの血」を守るという理由では説明できない「殺人行為」であると知っていた。なぜならば彼らは罪状認否で「無罪」を主張した−−

しかしその後写真週刊誌のインタビューに応え、リンチの模様を詳述した、それでもミシシッピの検察は再起訴しなかった−−し、ティル少年の死体が簡単にわからないように死体遺棄を行っていた。


(2)ミシシッピに北部からの世論の圧力が加わり、それが事件の展開に強く影響を与えた。


(3)裁判の過程では、ティル少年の祖父が犯人を指さし、「あいつがやった」と発言した。つまりもう白人優越主義者の支配はうんざりだ、という姿勢を誰もがわかる形でしめした。つまり公民権運動を支えるスピリットが醸成されつつあったのを示した。(実際に、老人のこの行為に、この裁判の傍聴に来ていたミシシッピの黒人たちは驚いたそうです)。


互いに異なる生活慣習をもっていると思われるところでも、実はコミュニケーションの回路が存在している場合があります。このときのシカゴとミシシッピの関係がまさにそうでした。ここでもう一度、前章での緑の部分をご覧ください。これらの場所は、離れていつつ、つながっていたのです。


さて、次回こそ、これを踏まえたうえで、経済環境の説明を致します。

2004年春、アメリカでこのリンチ殺害事件をテーマにしたドキュメンタリー が制作されました。驚いたことに、その制作チームは、リンチが2人「だけ」の仕業ではないことを突き止めました。それに併せ、連邦司法省が捜査を再開、約40年という時間を乗り越えて、「正義の裁き」が降りる可能性が高まっております。がんばれ司法省。
http://www.fujinaga.org/r_and_b_politics/chapter04/vol_4_07/vol_4_7.htm


04. 2012年10月18日 17:54:32 : HNPlrBDYLM


『米国死刑制度―歴史と現状、その問題点』

 死刑制度そのものについて議論を醸し出してるのはアメリカでも同じで、どこかの州で死刑が執行される度、制度の存続を願う側と廃止を訴える側との激しい議論がテレビ・新聞紙上を賑わします。現在死刑制度が違憲または廃止になった国は100ヶ国以上にのぼりますが、先進国で死刑制度のある国はむしろ少なく、さらに民主主義国家の中で死刑制度のある国となると、米国、日本、韓国だけとなっています。米国50州の内で現在死刑制度を採り入れている州は38あります。死刑制度のない州はアラスカ、ハワイ、アイオワ、メイン、マサチューセッツ、ミシガン、ミネソタ、ノースダコタ、ロードアイランド、バーモント、ウェストバージニア、ウィスコンシンの12州です。以下、その歴史と現状、その問題点を社会学的に列挙・分析し、キリスト教、仏教の立場について代表的なコメントに触れながら、日蓮宗の僧侶として犯罪に対し、死刑制度に対し、どのように対応していくべきかを考えて行きたいと思います。

【死刑の歴史】(1930〜1967年)

 歴史的に、記録として残っている北米大陸最初の死刑執行は1622年にあり、その罪状は窃盗罪でした。死刑について統計が取られ始めたのが1930年ですので、そこから見ていきますと、1967年までに処刑された人の数は3859人で、人種の内訳は黒人が54%、白人が45%。その他1%では、アメリカンインディアンが19人、フィリピン人13人、中国人が8人、そして日本人2人が処刑されています。

死刑の判決、そして執行された州の中で一番多かったのが南部の州で、全体の6割を占めています。その南部の中で死刑執行数が圧倒的に多いのがアトランタのあるジョージア州で366件、テキサス州が329件でこれに続き、以下ニューヨーク州、カリフォルニア州、ノースキャロライナ州と続きます。

処刑された3859人の内、殺人罪で死刑になったのは3334人、455件が強姦罪(これは9割が黒人)、70人がその他の罪で、となっています。(1968〜1976年)

 1930年から1967年までの死刑執行の年平均数は130件ほどでしたが、死刑反対の風潮と、最高裁で死刑制度そのものが禁止されたため、1968年から1976年までは死刑の執行は全く行われませんでした。(1977〜1999年)

 新法律の下、処刑が再開されたのは1977年1月17日、ユタ州での銃殺刑の施行が皮切りでした。この年から1983年までは全部で11件の処刑数でしたが、1984年にグンと増え、処刑数は21件にものぼりました。それ以降増加の一途をたどり、1984年から1999年の処刑者は557人になっています。1977年以後現在に至るまで死刑執行数の最も多いのがテキサス州です。死刑囚の内、女性の比率は1.5%で、1976年以後実際に処刑された女性死刑囚は僅か3人です。処刑方法は薬物投与が殆どですが、一部の州では電気椅子、ガス処刑、絞首刑、銃殺刑による処刑法を用いるところもあります。

【死刑にまつわる諸実情】

 死刑制度で常に問題となっているのが、人種偏見、未成年、知的障害者に対する扱い方です。人種に関して、白人と黒人の死刑囚の割合はほぼ同じなのですが、82%の処刑者が「白人を殺した罪」で処刑されているのです。

455件の「強姦罪」による処刑の内、405人が「白人を強姦した黒人」なのです。

「死刑制度の歴史」(白水社)という本の統計によると、「白人を殺害した黒人」は「黒人を殺害した白人」よりも死刑になる確率が4倍高くなるのです。

 未成年犯罪者(アメリカでは18歳以下の人を指します。)に対する刑罰では、24州で死刑を認めていますし、現在14の州で未成年の死刑囚がいます。1976年以来処刑された未成年死刑囚は3人で、全員17歳、サウスキャロライナ州で一人、テキサス州で2人が処刑されまた。尚、未成年者への死刑を認めている国は米国の他では、イラン、ナイジェリア、パキスタン、サウジアラビア、イエメンの4ヶ国しかありません。

 知能障害を持つ者への刑罰も容赦ありません。1989年に最高裁はこうした人々への死刑も違憲ではないと判定、以来30人の知能障害者が処刑されました。1998年にはネブラスカ州でこうした人への死刑を廃止する法案が通りましたが、こうした州はネブラスカ州を含めて12州しかないのが現状です。
http://www.genshu.gr.jp/Local/Tokyo_W/kikanshi/No09/kj09_3.htm

日本人を強姦したアメリカ人も全員死刑にするべきだな。


05. 2012年10月18日 19:42:24 : pphEUA8yso
日米地位協定は廃棄、日米安保見直し。
この位しないと沖縄県民は基より、沖縄をこよなく愛する同郷の日本人は納得しない!
衆参選挙の争点の一つに。

06. 2012年10月18日 19:47:51 : pphEUA8yso
鬼畜米国のヤンキー兵隊どもに付ける薬なし!
日米地位協定は廃棄、日米安保見直し。この位しないと沖縄県民は基より、沖縄をこよなく愛する同胞の日本人(沖縄県民差別の日本人以外)は納得しない!
衆参選挙の争点の一つに。

07. 日高見連邦共和国 2012年10月18日 20:09:19 : ZtjAE5Qu8buIw : wN3GZJJ33Q
>01

『日高見連邦共和国』は『琉球王国』の独立を“批准”します。

“山の国・奥羽”から“海の国・琉球”へ精一杯の応援と協力をお約束します!


08. 2012年10月19日 00:48:02 : HNPlrBDYLM
2012年10月18日木曜日

「日本は地上の天国」「日本に行けばヤリ放題」
沖縄で、27歳の女性が米兵に輪姦される事件がありましたが、女性は複数の米兵に追い掛け回された上、首を絞められて、40分以上にもわたって輪姦されたということです。

しかも、米兵は日本に来たばかり。まだ2週間ほどしかたっていない。

犯人の米兵(海軍。海兵隊ではない)は狂っていたわけではなく、最初は女性に声をかけています。日本語混じりでなにか話しかけ(ナンパしようとしたのかもしれませんが)、無視されたため、腹を立てて、追いかけて輪姦したようです。

これは、日本に来る前から、「沖縄に行けばその辺の女をやり放題だぞ」という話があり、そういう予備知識を持ってやってきたに違いないと思われます。

そんなイメージを作っているのは、沖縄にかぎらず、日本人の責任でしょう。

たとえば、タイを賛美する日本人には、「タイは天国」などという言い方をする者がいるようです、これは「タイはなんでも思い通りに行くところ」という意味でしょう。つまり、早い話が、「タイに行けば女をやり放題だぞ」くらいの意味です。

それと同じような感覚で、この米兵たちも「日本は天国」「沖縄は天国」と聞かされていて、そういうつもりで赴任してきたのだろうと思います。この米兵は、カタコトながら日本語で話しかけているのです。
http://kuantan-bin-ibrahim.blogspot.jp/


09. 2012年10月19日 03:51:31 : sUpHQ8Q75g
>>08

別に沖縄やタイじゃなくたって
カネさえ払えばいつでもヤラせる売春婦はいる

通りすがりの女性を無理やりそれも只でヤって
犯罪にならないと本気で思ってたとしたら
知能低杉

イメージを作った責任がどうこうつう次元の問題じゃない


10. 2012年10月19日 08:45:31 : 40Rwm6eQhU
日本人を同じ人間と思っていない。

そんな連中が、命を投げ打って人間と思っていない
日本人を守るかと言いたい。

遺憾、遺憾、遺憾は聞き飽きた。何とかせいよ。

それだけである。


11. 2012年10月19日 08:56:25 : es1HxMujKg
沖縄にも米兵用の慰安所が必要だろう。
本国からブロンド娘を連れてこい!!!

12. 2012年10月19日 12:33:18 : HNPlrBDYLM

2012年10月18日
沖縄で米軍兵による、日本人女性への強姦が繰り返される、本当の理由

 第二次世界大戦中、日本軍が中国大陸・朝鮮半島で略奪した貴金属、タングステン・マグネシウム等のレアメタル=軍需物資は戦後、日本国内に空輸され持ち帰られた。戦後、日本を支配下に置いた連合軍司令部・GHQ=事実上の米軍は、その貴金属・軍需物資を探し出し、接収という名目で「略奪」し、私物化した。

その指揮官が、GHQの指揮官ダグラス・マッカーサーであり、実働部隊として動いたのが部下のジョージ・バーディであった。

この略奪資産によって、日本国内、とりわけ東京都・港区の優良不動産を、「買収=乗っ取り」、日本国土の中枢を乗っ取り続けてきた、ジョージ・バーディ。

バーディを「日本人の資産略奪」の実働部隊としていたGHQは、日本から退去する際に、米軍基地だけは今後も継続して米軍に使用させるよう、日米安保条約を日本に強制し、日本国内に米軍基地を残して行った。


 2011年3月、福島の原子力発電所は事故を引き起こし、日本人を大量に被曝させ、今後、日本人を、ガン・白血病の疾病で苦しませる元凶を作り出した。第二次世界大戦後、この原子力発電を日本に「強引に導入させた」、原子力発電所・建設企業の「元締め企業」ドレッサー・インダストリーの経営者が、このジョージ・バーディである。

GHQが「置き土産」として置いて行った沖縄等の在日米軍基地の存在と、GHQが「置き土産」として置いて行った原子力発電所は、日本が米国の植民地である事の「同一の証拠」である。

植民地国家には自国民を裏切り、宗主国のメッセンジャーとして宗主国の「言いなり」になる事によって属国の頭首となろうとする売国奴が常に存在する。東京電力の経営陣、原子力発電を導入・継続してきた自民党・歴代政権、原子力発電所の再稼動を決定した民主党。そこには植民地支配されている属国の頭目として、宗主国に「シッポを振る」国賊の姿が良く現れている。

中世ヨーロッパの国王には「初夜権」という権利が存在していた。結婚した農民の夫婦の初夜には夫に代わって国王が新婦と性交渉を行う「権利」である。「領主様」は奴隷達に強制労働させる権利だけでなく、奴隷の女性にセックスを強要する権利=強姦する権利を持っていた。


第二次世界大戦に敗戦した日本人は貴金属・レアメタルを奪われた。

敗戦した日本人は米軍基地用の土地を奪われた。

敗戦した日本人は原子力発電所・事故によって命を奪われる。

敗戦した日本人の女性は米国人によって強姦され続けている。

財産・土地・生命・女性の身体=人権の全てを奪ってケッコウです、というのが1945年に締結された「無条件降伏」の意味である。

1945年から70年経過した現在も、今だに日本人は自分達が独立国に住んでいない事、自分達が奴隷である事実に気付いていない。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/297925567.html


13. 信陵君 2012年10月19日 15:29:31 : ni8b7lPstfka. : Xwlemfst1A
 現在は2012年、21世紀である。中世ではない。中世であっても初夜権など許されざるものと思うが、日本なら女性に乱暴しても処罰されないからやるのだろう。それならもっと厳しく処罰されるようにするしかない。米国政府は沖縄県民の感情を良く理解していない。もっと直接仲井間知事や日本政府もおばま政権に訴えなければ分からないだろう。米国戦争マフィアはたいしたことではないと言っているからだ。マスゴミはルース駐日大使が申し訳なさそうに遺憾の意を表明しているところを映すが、犯罪抑止には全く効果はない。もう日米安保条約と日米地位協定を破棄し完全に米国を追い出し、独立しなければならない時期がきている。米国の経済力が弱っている、いい時期だ。米国債を売る、あるいは早く借金を返せと米国に表明してもらいたい。政治家が言えなければ、米国大使館前で国民が英語のプラカードを掲げればよい。その時は私も参加しよう。数千人の蟻が群れればCIAでも手に負えないはずだ。

14. 2012年10月19日 20:04:53 : OTOSIyOeKE
 強姦目的で沖縄に出張する米兵がいると初めて知り、愕然としました。

>01. 2012年10月18日 16:54:17 : Mbt3FZ14Wc
「琉球王国」は住民投票で、独立を目指すべき。

>05. 2012年10月18日 19:42:24 : pphEUA8yso
日米地位協定は廃棄、日米安保見直し。

>11. 2012年10月19日 08:56:25 : es1HxMujKg
沖縄にも米兵用の慰安所が必要だろう。
本国からブロンド娘を連れてこい!!!

色々アイデアは、出るものですね。文化放送を聞いていたら、佐藤優さんは、国連で人権の観点から、仲井真県知事が日米両政府の人権無視の酷さを訴えるべき言われていました。あるいは、女性であるヒラリークリントン国務長官に直訴とか。


15. 2012年10月20日 01:03:33 : 4ZVHnBbFFw
とにかく、1人でも殺せ!!!!!!

日本に2発もの原発を落として喜んでいるアメリカなどは、鬼畜以下のゾンビどもだ

アメリカ兵は洗脳された殺人マシーンにすぎない。戦闘しか知らない単なるロボットだ、人間ではない。

また、気違いアメリカ兵どもは日本人など動物としか感じていない 何も犯罪の意識などない。インディアンを虐殺しベトナムでも、またイラクで娯楽のように民間人を虐殺したことはネット映像で正銘されている! 夜間にヘリから重機関砲で木っ端微塵に撃ち殺されたイラク人の姿は今でも見ることができる。

このようなアメリカ兵と米軍基地は日本から追い出すしかない!
TPPで数100兆円の金を強奪して来るべき中国との戦争費用ともくろんでいる!

あらゆる手を尽くして、TPPの企てを阻止し、またアメリカ兵は徹底的に迫害して追い出すように努力しなければならない!

道を徘徊する狂人殺人ロボットのアメリカ兵はできるだけ殺すなりして、日本にいることを嫌がるようにして、排除しなければならない!すべての日本人よ、立ち上がれ!!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK137掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK137掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧