★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK137 > 895.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
週刊朝日の小沢一郎氏の記事。2012.10.29
http://www.asyura2.com/12/senkyo137/msg/895.html
投稿者 CERISES 日時 2012 年 10 月 30 日 06:49:21: TSAYrSdovqusM
 

週刊朝日の小沢一郎氏の記事。2012.10.29

今週号(11/9)の週刊朝日の小沢氏の記事は、「すべてを語った」とか「初めての登場」とか元気な惹句が書いてあるが、小沢一郎氏という、運よく同時代を共にすることが出来た「世紀の偉人」の一挙手一投足を注視している、私。

あるいは「阿修羅」の読者の方にとっては、今さら、何も目新しいものが、これといってなく、「退屈な記事」ということになってしまい、書き手には申し訳ないが、ただ、一般国民啓蒙という意味では、週刊誌は効果は大きい。

ここら辺の内容は、BS11で鈴木哲夫編集局長が、2週間ほど前にすべて、細かく聞き出してしまったので、二番煎じの感あり。

また、この質問者、結党パーティーをまったく覗いていなようだ。あのエネルギーを感じたらもう少し違った、紙面になっただろうに、残念である。また小沢研究が不十分なので、一般的な政局がらみの話にが多く、陳腐な質問に終始している。(その分、記者のしゃべりが少なくていいが)

やはり、小沢さんに、マトモニ対峙するには、其れなりの、年月と努力・研究が必要という事なんだろう。

機関銃のようなツイートで情報通の三宅雪子議員から「三宅雪子‏@miyake_yukiko35今週の週刊朝日に小沢代表のインタビューが掲載されます。ドイツ訪問を受けて脱原発への思いなど。10月28日」ありがたい難い限りです・・・でキオスクに行きました。
(以上)

ー10月25日に「国民の生活が第一(以下、「生活」)の結党パーティーがありました。総選挙に向けて地方組織の構築や候補者選定の進捗具合、手応えはどうですか?

 53人の公認のほかに、「立候補したい」という新人も多くてね。100人前後をめどに擁立するつもりです。我々だけで300選挙区すべてに擁立するというのは、現実的に難しいですから。

ー−気になる衆院解散・総選挙の時期ですが、小沢さんは16〜20日のドイツ視察中、「このままズルズルいくのではないか。来年度予算案の審議が勝負になってくる」と発言しました。それで来年1月以降になるとの見方を示した、と報じられていますが。

 来年1月以降という話ではなくて、「野田(佳彦首相・55)さんは(選挙を)やりたくないだろう」と言ったんです。だから、結果として、首相が野田さんのままなら選挙の時期は遅くなるかもしれない。いま必死になって、ごまかしながら、なんとか延ばそうとしているわけでしよ。

 それを自民、公明が「だまされた」と怒っているけど、私に言わせれば当たり前のこと。こんな単純なことでだまされるようじゃねえ。(首相は)消費税さえ上げてしまえば、もう怖いものないですから。自公が本気で解散を望むのなら、消費増税関連法案を否決すべきだった。僕は間接的に、ずっとそう言ってきましたが、彼らはまったく能天気だった。今になって慌てているんだから、おかしな話です。

ー民主党内には「離党予備軍」といわれる議員もいます。29日から始まる臨時国会で、内閣不信任決議案の可能性は、どうみていますか。

 内閣不信任も、やれば通るような状況だと思います。我々も、通常国会で不信任案を出したときと、何ら変わっていませんから。だけど、そうなったら野田さんはお手上げ状態ですよね。解散を選べば、民主党内で「ふざけんな」とつるし上げになってしまう。ほとんどの人は、こんな状況で選挙なんてとんでもないと思っている。

 (年内選挙を主張する)前原(誠司国家戦略相・50)さんみたいに、変わった人もいるけどね。だから不信任案が通ったからといって、選挙というわけにもいかない。いま選挙するとなれば、総辞職するのと同じですから。

 解散が難しいとなれば、野田さん自身の進退になるでしょう。不信任案の採決前に「違う人を」という話になるかもしれない。

■民主と協力する可能性はない

ー民主党内で「不信任案が出たときは同調する」と、小沢さんにアドバイスを求めてくる議員はいますか?

 個人的にそれが誰かも知らないし、接触もしていない。ただ、この状況だと「もう民主党、野田内閣じゃ、どうしようもない」と考える議員がいるだろう、という一般的な推測は成り立ちます。

ーもし野田さんが臨時国会で辞めて新首相が誕生した場合、もともと同じ党として、協力する可能性はあるんでしょうか。

 いや、ありえないですよ。消費増税もやめる、原発も10年でやめる、というのなら別でしょうが。

ー10月10日夜、民主党の輿石東幹事長(76)が、鳩山由紀夫元首相(65)と会談した際、「小沢さんに協力を求めたい」と言っていたといいます。

 なにを協力するんですか? 連絡も全然ないですよ。鳩さんもいつだったか。「近いうちに行きますから」なんて言っていたけど、その後うんともすんともない。輿石さんもないし。それで僕が知らないところで、何だかんだと言われるのだから、困るんですけどね。

 しかし、どうする気なんですかねえ。わかりませんね。自公もその時々で態度が違いますが、もし本気で強硬に出るならば、臨時国会自体が容易じゃない。我々は審議拒否するつもりはないですが、野党第1党、第3党が出てこないとなれば、民主党と一緒になって協力するというわけにはいかないですからね。

ー野田政権は、もはや末期状態です。10月1日の内閣改造で就任したばかりの田中慶秋法相(74)が、暴力団との関係を指摘されて辞任し、内閣支持率も発足以来、最低を記録しました。

 私は、指摘されているような慶秋さんの話は知りませんでしたが、聞いてみると、みんなが知っていたといいます。みんながわかった上で任命したわけだから、首相批判は相当なことになるんじゃないでしょうか。

ー小沢さんは、選挙は早いほうがいいという考えですか。

 早ければ早いで、協力関係を早めなきゃいけないということになるし、時間があれば徐々にやれるし。どちらにしても、臨機応変、その場でやる以外にないですね。

ーいざ選挙になっても、民主、自民の間で争点がありません。

 一緒になって消費増税法案を通したんだから、違うことは主張のしようがないでしょう。自民が何を言っても、「あんたたちも賛成したじゃないか」と言われたらおしまい。原発も「あんたたちも推進でしょ」。政策的な対立はやりようがない。

ー自民党は「民主党に比べて自分たちのほうが政権運営能力は上だ」という主張をしてくるのでは?

 そういう難しい話は、それこそ訴え方が難しいから、なかなか争点にはならない。政策的な幹がないとね。だから争点は、やっぱり「原発」と「消費税」ですよ。いちばん国民の関心が高く、わかりやすい。

−具体的に、重点的に候補者を擁立する地域は考えているのですか?

 所属議員の数が多くて、割合、候補者を立てやすいのは、首都圏ですね。大阪・近畿圏は「維新」の風がまだ吹いているだろうし、近畿以西は数が少ない。やはり現職議員が少ないと、声を掛ける範囲が限定される。1人候補者が見つかれば、また次の候補者と、広がっていくもんですがね。

 もう少し、体制変革を目指すグループが”国民の受け皿”となる、あるいは、国民が「これは政権が取れそうだ」と思うようなものになれば急速に膨張すると思う。

ーいわゆる第三極ですね。

 それぞれが小さいグループでごちゃごちゃやっているうちは、本当に政権を取れるかどうかわからないですからね。民主党だって、自由党と合併して初めて「いけそうかな」となって、支持が増えたわけです。「本当に政権が取れそうだ」と思わせることが大事なんですよ。道筋が見えてくると、グッと支持が増える。

ーその場合、主たるパートナーはどこでしょうか。

 基本的には、体制変革を目指している人たちじゃないといけない。旧体制でいいならば自民か民主でいいわけで、我々は、そうじゃない政治を訴えたんだから。

ー民主党を支持する連合内にも、「生活」のほうが自分たちの考える政策に近いと言う人がいます。

  一般の組合員の人たちの感覚でいったら、連合本部の決定は意思に反していると思います。議員たちも一般の組合員はまったく違う」と言っている。消費増税なんてとんでもないし、産別(産業別労働組合)で原発廃止を主張しているところもある。

ーー方で、「日本維新の会」の支持率が下がってきました。橋下徹大阪市長(43)の発信力は相変わらずですが、その原因をどうみていますか。

 一つは、橋下さん自身が選挙に出ないというのがあるでしょうね。 それと絡むことですが、彼らがいったい何を目指しているのか、そのためにどうしようとしているのかが、一般の人にはわからないんじゃないのかな。

  僕もよくわからない。たとえば、明治以来の統治機構を変えるんだというのなら、それは革命です。革命を民主主義的手段でやろうとすれば、一人でできるわけがない。民主主義なんだから、みんなの力を借りてやらなければならない。が、そう言いながら、自分は選挙に出ない。じゃあ、連携はどうするんだ、という類の道筋も見えてこない。

 そうしたことで、だんだんとみんなも冷めてきてしまっているんじゃないか。もったいないことです。せっかく盛り上がった熱を活用しないとダメです。

ー「生活」として、維新と連携していく動きはないのですか?

 連携するときに、個別にどうのこうのというスタイルは、国民にとってよくわからないでしょう。1990年代のイタリアで中道左派政党が結集した「オリーブの木」というやり方があるけれど、小政党や地域政党が全体としてうまくまとまって国民の期待の受け皿となり、「政権を取れる」という格好にもっていかないとダメだと思います。そうでないと、期待が集まらない。だんだん、わかってくると思います。

−国民の期待という意味では、石原慎太郎東京都知事が突然、辞職して新党を立ち上げると発表しました。「維新」との連携も取り沙汰されていますが、この動きをどうみていますか?

 石原新党は、自民党との連携を予定しているようですので、政策的にも政治的にも、私たちとは考え方がまったく違っているのではないでしょうか。

 また、維新と石原新党については、維新は統治機構の改革を唱えており、一方、石原新党は旧来の体制を維持し自民党との連携を図るということですから、この二つが協力関係になることはあり得ないと思います。

ーここで原発の話をしようと思いますが、小沢さんは今回、自然エネルギー先進国であり、2022年までの「脱原発」を決めたドイツに渡り、現状を視察しました。いちばん大きかったことは何ですか?

 我々が掲げる「10年後に原発ゼロ」という政策に自信を得ましたね。環境大臣と会談したり、太陽光発電施設を視察したりしてきましたが、ドイツの自然エネルギーの占有率は、今年で25%になるようです。

 わかりやすいのは、ドイツの国民の8〜9割が脱原発について賛成、国会でも全政党が賛成、さらに経済界も賛成だということです。それが日本では、与党・民主党も野党・自民党もみんな原発維持・推進だし、経済界も官庁も推進派。メディアも、どちらかというと推進なんだから。まるっきり逆です。

 日本でも、メディアの世論調査は「脱原発」が6割を超えています。国民全員に聞けば、ドイツ同様、7〜8割が賛成だと思いますよ。この国民の「脱原発」の声が大きくなればなるほど、既得権に群がっている人たちは排除される方向にいく。つまり、次の総選挙で国民がどういう選択をするかという問題です。確信をもって、国民に「脱原発」を訴えていきたいですね。

■国民の声聞けば「脱原発」になる

ー確かに、福島原発の事故を抱える日本とドイツとでは、状況がまったく逆ですね。

 ドイツでは、チェルノブイリ事故をきっかけに脱原発の議論が始まり、福島原発の事故で「もう原発はダメだ」と一致した。それで、いま原発に代わる再生可能エネルギーの開発に力を尽くしているんです。現地の議員さんたちに「(日本で)期限を区切り、原発ゼロを主張している政党は私どもだけです」と言ったら、不思議そうな、怪冴そうな顔をしていました。

 日本の場合、原発がらみの、政官業の癒着構造が強すぎるんです。ドイツでも、電力会社を中心にした経済界との癒着めいたものがあるらしいけど、福島の事故で全員一致して原発を止めることにしたという。

  対して日本は、既得権益を守ろうとする勢力が、あまりにも強すぎる。民主党政権そのものが原発推進ですしね。結局、大飯原発(福井)の再稼働もするし、大間原発(青森)の工事再開もOKでしょ。多くの国民が我々の主張に賛成してくれるだろうと思っています。

ー原発維持派は、日本とドイツとではエネルギーをめぐる環境が違うと主張しています。

 まったくもって″ため″にする議論ですね。日本の推進派は、「ドイツはフランスから電気を買えば済むからできるんだ」と主張しています。でも、ドイツは再生可能・代替エネルギーで、常に消費電力より多くの電力を発電しています。いわば電力を売ってる側です。

 日本は、そのドイツよりはるかに可能性が高いですよ。まず第一に、今夏は記録的猛暑でしたが、東京電力は一基の原発も稼働してないのに、何の問題もなかった。

 ドイツ連邦議会の環境委員会の議員が。

 「日本は海岸線が全部海だし、風力もいい。太陽光はドイツよりはるかに恵まれている。地震が多くて大変だけども、地熱発電ができるし、ずっとやりやすい」

 と言っていたけれど、そのとおりです。

 そもそも、日本で言われる「原発のコストは安い」というのは、単なる宣伝文句です。原子炉を造る初期投資しかコストに入っていない。高レベルの放射性廃棄物の処理はどうするのか。そして、40年後に廃炉になったとき、コストはどうするの? ましてや事故が起きたら、安いどころの騒ぎじゃない。50兆円、100兆円というカネをつぎ込む話になる。

ー小沢さんの地元岩手でも地熱発電をやってますね。

 ちょっとだけですけどね。日本は、新エネルギーの開発に全然力を入れてこなかったけれど、本気でやる気になればできる話です。

ー国民の意識も変わってきました。官邸前では金曜日の脱原発デモが続いています。

 日本人はおとなしい民族だけど、最近は自ら意思表示をするようになった。さらに広げていくため、国民の声を相当掘り下げていかないといけないですね。

ーどう戦略的に支持を集めていくのですか。

 日本は大手マスコミがどちらかというと推進派だから、非常にやりにくい。地道な活動と同時に、僕はやはり、インターネットだと思います。

 ネットを媒介に呼びかけていくというのは大きい。選挙も、次はネット中心になるかもしれない。デモだって、ネットで呼びかけているわけでしよ。それで集まるんですから。

 やはり自分たちの命や暮らしのことだから、みんな身につまされてくるんですよ。ネットで何万人もの人が集まるというのは、日本では珍しいこと。国民自身が、真剣に深刻に考え始めているということじゃないでしょうか。

−政府は「2030年代に原発稼働ゼロ」の目標を掲げる一方で、原発輸出はやめないという二枚舌。しかも、原発事故はまったく収束していません。

 国民は、よく見ていると思いますよ。政府は原発再稼働どころか、建設再開も容認する。まるっきりの嘘っぱちです。

 東京電力の発表では、福島第一原発からはいまも毎日、2億4千万Bq/hの放射性物質が放出されています。出てないと言い張っていましたが、あれだけ壊れたのだから、出るに決まっている。福島の人も、知らないうちに被曝しているかもしれない。目に見えないのだから、恐ろしい話です。我々のように年取った人間にはなんてことないけども、若い人は気をつけないといけません。

 よその国がすごく心配しているというのに、日本では政府をはじめ、事実をすべて隠蔽して「もう大丈夫」という雰囲気を醸し出している。これは非常に危ないと思います。これも、すべては次の選挙で国民が判断することです。

■「ニ大政党制」をもう一度やる

ー一方で、週刊文春で、小沢さんが原発事故直後。「放射能が怖くて逃げ出した」と報じられました。これは小沢さんの政治姿勢にも直結する話ですが、事実なんですか?

 そんな事実は、まったくありません。

−結局、日本では民主、自民とも脱原発への道筋が描けていません。

 2大政党だけじゃありません。通常国会の会期末(9月7日)に超党派で提出した「脱原発基本法案」に対して、共産党もぐちぐちと文句を言った。へんちくりんな話です。今後、政治活動を熱心にやればやるほど、国民の声を聞けば聞くほど、政治家は原発問題を深刻に考えると思います。

−それにしても、小沢さんが大きくしていった民主党ですが、結局、二大政党制には……。

 ならなかった。だから、もう一度やりなおさないといけない。民主が、もう全然だめだから。自民も、もう少しペシヤンとなって、新しい芽が吹き出てくればよかったんだけど、最近また元気になってしまって。中途半端なまま、また政権と言いだしているようだから、ちょっと困っちゃった。自民党にとっても、日本にとっても、よくないことですね。

ー日本に二大政党制は向かないんじゃないか、という議論も出ています。

 向かないというよりも、2大政党を中心とする議会制民主主義の理解が、まだ進んでないということです。日本は、まだ民主主義が成熟していない。いちばんの責任は国会議員にありますが、それを選ぶ国民にもまた責任がある。

 3年前の選挙では「ちゃんとやってくれるだろう」という期待感が大きかっただけに、その反動が怖い。自民も民主もダメ、政党政治もダメとなってしまうと、民主主義の否定につながってしまう。

−今後の政党政治はどうなるんですかね。

 極論が出てくる。世界的な激動の時代に、大変だ、大変だとなると、やはり極端な議論が強まりますよね。

ー極右、極左ですね。

 そう。日本の場合は右バネが強いでしょう。欧州もそうだけど、日本はもっと強く出るだろう。それは悲劇だね。

ーその意味で、尖閣問題を中心に、日中関係が非常にギクシャクしています。まさにその右バネが強くなる土壌ができています。

 このままだと余計そうなる。ただ、国民の意識がかなり進化してきているから、昔のように単純にブワーンとは振れないだろうけど、長引けば右の意見が強くなってくるでしょうね。

ー次期国家主席の習近平氏も対日強硬論を唱えています。しかし、3年前、習氏は天皇陛下に会いたいと言って、小沢さんが特例会見までセットした。それがいま対日強硬を言うのは、ちょつとどうなのかという気がしますが。

 あのときは、政府までが不満を漏らして、私を批判しました。天皇陛下に中国の次期トップが、なんとしても会いたいというんだから、これほど日本にとって満足な話はない。「天皇陛下に会いたい」と頭を下げてくるんですから。ああ、そうかと言って会わせてあげて、それでよかったわけですよ。それを小役人までが口出しして文句を言う。

ー小沢さんの中国人脈は有名ですが、今回のことで相談はないんですか?

 いまの立場では、相手に対して「日本はこうやる」と約束できませんからね。「まあ、まあ」という話はできても、日本政府を代表しているわけではないので。「あんた方の顔を立てるにはどうするか」「じゃあこうするか」とはできない。

 こういうのは、どうしてもエスカレートしますからね。放っておくと、当事者が当初、考えなかったようなところまでいってしまう。いまも尖閣諸島周辺に軍艦が来たりしているでしよ。もし接触事故でも起きてみなさい。もうどうしようもなくなってしまう。

ーしかし、その状況を解決に向かわせるための議員の対中パイプが、細くなってきたと言われます。小沢さんが紹介すればいいんじゃないですか?

 ただね、人間的信頼関係は「よろしく頼むよ」と紹介しても、その人が努力しなければ、どうしようもない。

 僕は別に習近平氏と、前から親しいわけでもなんでもないし、ほかの人たちとも別に特別、懇意にしているわけではありません。でも、いろんな形で日中関係のために努力をしてきたから、直接的にお互いを知らなくても、その事実はみんな知っています。

 実は、中国と同じように、米国に対してもやっているんだけども、米政府は政権ごとに官僚がガラリと代わってしまうせいか、そういうつながりがないんですね。僕が中国とばかりやっているようなことを言う人もいるけど、米国とも、もっと前からやっているんです。

ー最後に、陸山会事件の高裁判決が、11月12日にようやく出ますね。

 社会の最後のよりどころは、司法です。僕の場合、何の証拠もなく強制捜査の対象にされ、この3年半、いろいろな意味で制約を受けた。総選挙の半年前に、野党第1党の党首を何の根拠もなく強制捜査したわけですから、これは民主主義に対する冒涜であり、権力の乱用です。

  国会議員も、国民も、その点をもっと考えないといけない。しかも最終的には、検察の捜査報告書という「公文書」を捏造してまで起訴したわけだから、まさに官憲が権力を乱用してそういうことをやったのです。

 せめて最後のよりどころ、砦である司法で、公正な判断をしてもらいたいと思っています。一審で無罪の判断をいただきましたが、今回も高裁で正しい、公正な判決が出るように期待しています。(以上)   

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年10月30日 07:04:21 : W0oKLPHL9A
新聞のような詭弁を使わず内容もまともなので読みやすい。

事実を曲げずに説明することが説得力を持つ。


02. JohnMung 2012年10月30日 07:31:14 : SfgJT2I6DyMEc : O72uG0O2og
 阿修羅閲覧者のほとんどは、既知のことですが、週刊朝日というサブメディアに掲載されることは、大きいですね。

 週刊朝日は、結党記念パーティや各分野・各地で起こってきている地殻変動の動きについても触れたら、点数は80点は確実に超え90点に達したかも知れない。60点よりは大きいとしても70点どまりかな。

 今後、他のサブメディア、地方紙などの事実を踏まえた報道に期待したい。


03. 2012年10月30日 07:34:56 : MJCuURRj3o
これで、小沢一郎を支持しない国民はバカ。それだけです。

04. 2012年10月30日 08:15:12 : t2L6l8TM7x
03 そのとうりですね
ただ、まだ馬鹿がいるんですよ

税金で食っている奴らは、我々自分で働いて、税金を収めてるものが
安心して働ける環境を、作るべきだ。
納税者を、ほったらかして、自分たちのために税金を使い込んでやがる
税金泥棒ですよ


05. 2012年10月30日 09:40:39 : vQbBv9OPUk
> 小沢一郎氏という、運よく同時代を共にすることが出来た「世紀の偉人」の一挙手一投足を注視している、私。

小沢一郎への質問に、一番重要な問題が抜けている。
週刊朝日は小沢一郎に次のことを問うべきであった。

ー小沢一郎さんは、憲法違反の外国人参政権付与を主張していますが、それが何故「国民の生活が第一」になるのですか?

想定される答 A

「国民の生活が第一」の国民とは、韓国・北朝鮮国民のことです。
私は朝鮮半島出身なので、何時も頭にあるのは韓国・北朝鮮国民のことです。
在日韓国・朝鮮人は熱心に自分を支持してくれています。
彼らの熱意に答えるのが私の勤めです。

想定される答 B

「国民の生活が第一」と言えば、日本人は「日本国民の生活が第一」と信じて我々の党に投票してくれます。国民とは、韓国・北朝鮮国民のことだと誰も気付きません。
国民を騙して政権を取り、外国人参政権付与を実現すること、これこそ朝鮮半島出身である私の勤めです。
ソウルの大学で話したように、日本人は自分で考え、自分で決断して実行することが出来ません。朝鮮人だけが日本の政治を変えることができるのです。
そのためには、日本を朝鮮人の支配下に置くことが必要なのです。

> やはり、小沢さんに、マトモニ対峙するには、其れなりの、年月と努力・研究が必要という事なんだろう。

その通りです。
「世紀の偉人」の小沢さんに騙されないように、マトモニ対峙するには、其れなりの、年月と努力・研究が必要です。特にソウルの大学での講演の吟味が大切です。
週刊朝日の記者の無知と怠慢は困ったものです。


06. 2012年10月30日 09:42:24 : QmyrjoZuIs
NHKは昨日の臨時国会の開催に付いて各党の代表者にコメントを求めていたが「国民の生活が第一」の代表者小沢一郎のはとうとう出てこなかった。
「立ち上がれ日本」の平沼にまで出したのだ。
マスゴミが以下に小沢一郎を恐れているかの現れだ。
小沢一郎はタブーなのだろう。選挙になったら見物だ。
マスゴミは既得権にシガミツイてなんとか小沢一郎を無視したいんだろう。

今のうちだ。


07. 日高見連邦共和国 2012年10月30日 10:02:54 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A
>05 ID=vQbBv9OPUk=『ほい出たマンセーくん』!

ほんっと、ネタは毎度一緒!
ねえ、その書き込みで誰かが“影響”されてんの?
ご自分で検証してみたら?


08. 2012年10月30日 11:18:52 : Q1AShcAlNU
>>いろんな形で日中関係のために努力してきたから、直接お互いを知らないくても、その事実はみんな知っています。、、、僕が中国とばかりやっているようなことを言う人もいるけど、米国戸も、もっと前からやっているんです。

小沢さんは20年以上に渡って毎年アメリカの小学生20名を、自費で日本に招待して日本の文化を紹介している。中国からは青少年を招待している。このような友好県警のために貢献している日本の政治家は小沢さん一人だけでしょう。
アメリカ政府は小沢氏を反米だと言って首相になるのを阻止した。オバマ大統領自身はキャンペル氏やジャパンハンドラーズの意見を鵜呑みにしての行動だと思うけど、オバマ氏が真実を知ったら小沢さんへの態度も大きく変化すると思う。


09. 2012年10月30日 11:19:51 : WRcvzABPLo
週刊浅卑らしい記事ですね。

でも、まあ良しとしましょう。

小沢先生の考えを、多少でも伝えてくれるのですから。

本当に、我々バカ国民を少しでも考える国民にしてくれるのなら、
正しく言葉を伝えてくれるのなら、勉強不足のバカ記者でも
構いません。

小沢先生、定例会見のみならず、発信お願い致します。


10. 2012年10月30日 14:56:30 : KVv2hluz3o
政治評論家有馬は内閣不信任案がだされれば、小沢たちは欠席を選択するだろうと言っていた。それにまた大はずれは石原新党に亀井静香は合流するだろう。
とにかく政治評論家ははずれてもなんのお咎めもない、気象庁が天気予報をはずしても、クレームの電話ぐらいはあるだろうが、政治評論家と同じ。

11. 2012年10月30日 15:42:45 : PV4Lrsuijw
週間朝日も汚名挽回で焦ってるのだろう。

佐野ナニガシという盗作男の下品極まりない売文を載せちゃったからね。

橋下には特別に感想は無いが、佐野という男の卑しい文には吐き気をもよおした。

言葉を悪用せんとする卑しさはいやおうにわかるもの。

小汚い下心を読者に見透かされるとも知らない。

卑しく腐った内側は佐野という卑人の人相に現れている


12. 2012年10月30日 16:35:26 : rBZ9lXVZRQ
まず特別永住権を持つ外国人への地方参政権ですよ

>05さんへ 省略しすぎの外国人参政権付与はだれも主張していません。
私もこれについて小沢さんに話してほしいのですが
大手マスコミが全く突っ込まないところをみると反論のしようがないほどきっと正論なんだろうと思います。
あれだけ小沢さんに執拗なネガキャンペーンする大手マスコミが全く触れないんですから。


13. 2012年10月30日 19:55:55 : Yj6AVHgCco
こういう記事、および少し前の朝日のまともな記事、と比較すると
佐野のあの記事で、ちゃぶ台をひっくり返して、お下劣週刊誌となった。

編集部は、本気で汚名挽回の為には、この10バイほどの努力がいる。
とにかく逃げないで、整合性の在る説明を示せ。

今回の記事はひとまず評価。


14. 2012年10月30日 20:03:55 : kChKNEf2qI
03,04さんに同意。
足りない国民が多すぎる。
記事にはコメントなし、今更ゴミが・・・・・

15. 2012年10月30日 20:57:45 : 6TGv9eXtCI
 今週橋下の記事も載せて2人を比較できるようにすれば一気に決着がついたのに残念。

 まぁ橋下がそれを察知してあれだけヒステリックになったのかもしれないけど。


16. 2012年10月30日 21:04:44 : PxDfaa2sd9
週刊朝日は病気は治ったのか。罪滅ぼしか。
正しい方向に進んで欲しいね。

17. 2012年10月30日 22:40:26 : yPhOwnUqmE
>08さんへ

オバマさんは知っているのと違いますか?だって奥さんの出身地の小学校なんですよ。多分ご存知だと思うのですが・・・・・・


18. 2012年10月30日 23:17:07 : gbPCS3Ea1k
ホムホム、

週刊朝日、ポスティングしたい^^


19. 2012年10月31日 00:12:13 : IPkUzocVIE
素直に週刊朝日に取り上げられたことを喜びたいね。
それに、三宅雪子さんのTwitterのエネルギーには感服します。

20. 2012年10月31日 00:16:07 : dwM71xEvjA
鳩山と手を切ることを考えてるんだろうか?
あんな疫病神とはさっさと縁を切る方がいいと思うね

21. 2012年10月31日 00:34:52 : HkYvIbmi2o
>>8さんへ

オバマさんには全権限がないんですよ。ヒロシマに参加したかったのにさせてもらえなかったでしょ。

脅迫されているんです。カーター氏やゴア氏と同じケースでノーベル平和賞で「強制的に手打ち」を

させられているんだと思います。小沢さんのことはよくわかっていると思う。ワシントンでは、

というより、世界的に小沢さんの評価は非常に高い。気付いてないのは一部の日本人だけです。

今や、日本国民一丸となって、小沢さんと歩むべき時なのだと思います。



22. 2012年10月31日 01:35:53 : FfzzRIbxkp
そういえば、どこのネット放送か忘れたのですが、
原発事故後、ドイツからの街頭インタビューで、
・・・日本の問題は移民問題なのでしょう。・・・と答えていた女性の方がいました。
私は小沢さんの党を応援していますが、この移民の問題は、どうなるのか気がかりです。

***2009年韓国公職選挙法改正により、海外に居住する韓国国民(在外国民)にも国政選挙権(投票権)が認められるようになりました。日本の永住資格を持つ在日コリアンも、韓国国籍を持つ者は投票できます(有権者資格の詳細は後述)。***となっています。2012年12月の韓国大統領選挙にも、投票できるようです。時世はどんどん変化していますので、外国人参政権は、必要ないのではと思います。


23. 2012年10月31日 02:21:09 : dDM9bwrdck
皆さん、
小沢さんの凄さ、何年も人格破壊されても,。。。マスコミ、ウソ評論家.ねつ造検察、
それでも反論しない。
※小沢さんの人生哲学格言、
国民が自立し,自分で判断できるようになれば、
マスコミも好き放題に書けなくなる、
そういう国に変革して行くのが自分の使命だ。
マスコミと戦うのは、自分でなく国民なのだ、
凄い政治家ですね
こんな政治家今いませんよ、
改めて支持します、

24. 2012年10月31日 04:51:25 : VC7sFVADVl
>アメリカ政府は小沢氏を反米だと言って首相になるのを阻止した。オバマ大統領自身はキャンペル氏やジャパンハンドラーズの意見を鵜呑みにしての行動だと思うけど、オバマ氏が真実を知ったら小沢さんへの態度も大きく変化すると思う。

違う。野蛮宗教イスラム教徒のオバマが真犯人だ。


25. 2012年10月31日 04:53:18 : oIAESY2T4Y

国民の敵、マスコミと官僚、
そしてそのバックにいる米国、

自民党の石原派、渡辺派、野田前原派、別働隊の維新派、
これらすべて、マスコミと自分の生活が第一派、と言う
事は、米国にひれ伏して生きて行こうとする一派と、

米国をも利用するぐらいの、多方面外交を展開して、それ
なりに自立してやって行こうとする、国民の生活が第一派
との戦いであります、、。

これが本当の、
二大勢力(二大政党)の闘いであると考えます、、。



26. 2012年10月31日 05:47:30 : i37fD8kRRc
小沢一郎は、世界で最も優れた政治家の一人である。

小沢が立つとき、世界が変わる。

オバマの比ではない。


27. 2012年10月31日 06:33:36 : VjVrL8iBP2
お金のしくみ   (動画)


 (皆の知らない真実)         お札増刷ペテン

  

(必見)http://youtu.be/4x0YAsFlkkA(必見)

国債の発行をやめて日銀に円を増刷させれば国債費がいらなくなる!

  http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0&feature=related(必見)


お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム(1/5) Money As Debt


(重要)http://youtu.be/iqlxMp3dR7Q(重要)

  http://youtu.be/iqlxMp3d

日銀貴族が国を滅ぼす? 上念司×ひろゆき

(重要)http://www.youtube.com/watch?v=wZGJw_bslOE&feature=share&list=ULwZGJw_bslOE

生活党情報 生活衆議院議員選挙候補者公募 生活の広報用チラシ 生活政党ポスター

                 http://www.seikatsu1.jp/
          
      
           寄付について

            民主党離党時、政党助成金が貰えていません ご理解ください。

                 https://www.ozawa-ichiro.jp/support/rikuzankai.htm

           入党のご案内
  
 
                http://www.seikatsu1.jp/joining.html


小沢一郎         
                  小沢一郎すべてを語る
                   
           http://ch.nicovideo.jp/blog/ichiro-ozawa-ch
    
                  小沢一郎応援団
          
           https://www.ozawa-ichiro.jp/support/form_input.php?id=4

                  後援情報

           https://www.ozawa-ichiro.jp/support/rikuzankai.htm

生活市民情報

          生活の情報、選挙区情報、議員情報、集会情報、投稿等
               
                 http://senkyoku.skr.jp/
新宿、錦糸町、王子駅、赤羽、亀戸街宣活動 (基本的に土曜日活動しています。)
              http://ozawakakumei.blog.fc2.com/  
      
  関西での情報
          http://osakasengen.com/page18.php
                      
         くまもと女将ネット(熊本)
                 http://www.kumamoto-okami.net/


28. 2012年10月31日 08:29:02 : nNPddbW4SY

小沢は磨きぬかれた玉。

大事にしなければならない。


29. 2012年10月31日 08:30:58 : FpcudWesAg
週刊朝日の記事は遅い内容です。一流ジャーナリズムとしては失格。でも他のマスメディアはこのレベルにも達していない。阿修羅の皆さんならそう思うでしょう。
小沢さんの話は理路整然、明快です。
11月12日の高裁判決が理路整然、明快であることを期待する。そして、厳正、公正な司法への国民の信頼が少しでも回復することを。

30. 2012年10月31日 10:00:44 : OgjLtMXey6
特例公債法案が暗礁に乗り上げているのに、来年度の予算編成指示の
野田内閣、何処までも醜い。

原発も消費税も小さな問題と言い切る石原慎太郎、何処の国の人?

信じられない話を何の非難もなく大手マスコミが報じている。
そのくせ、マトモナ国民生活第一は完全に無視。
良くここまで解りやすく偏向出来るものだ。

違和感を抱いている国民も多いと思われるが、
大マスコミは国民等騙せると今でも信じて疑わない。

消費税・増税は必要と言いながら、自分と所は、経営にインパクトが
出るので、対象外にしてくれとほざく新聞業界・・

その意味で、朝日に喧嘩を売った橋下、此処だけは立派!!!


31. 2012年10月31日 10:18:38 : kVRjv6w4OQ
野田ブタは国賊、片棒担ぐのが安部壷三
特例公債法案=これが通らないと交付金の執行が出来ない
高給取りのコームインを抱えてる財政脆弱な地方自治体は金貸しから
借金して乗り切らざるを得ない、
返済金利は疲弊した納税者に肩代わりされる、金貸しは思わぬ儲け話だが
一般国民は二重苦に陥る、権力争いの犠牲になるのはいつの世も一般国民
マスゴミは見てみぬ振り・・・まさにシロアリ共同体、骨の髄までしゃぶられる。

32. 2012年10月31日 12:51:33 : JURBSud87w
「しねばもろとも」野田は最後の最後まで悪あがきを続ける。逝くところまで行くしかない。今更白アリの給与が止まっても「ザマーミロ」だ。

しかし「復興予算」を確保しているから、霞ヶ関白アリは安泰。

「離党予備軍」は最後の最後まで「政党助成金と歳費」を当てにする。
もらわないのは損である。もーいいよ〜。

五月雨的に野田自身がギブアップしないかぎり、絶対に解散はしないしできない。
「いざ選挙」のとき、まさに「源平の戦いか、壇の裏か鹿ケ谷か」

ネットが生み出す政権交代第二幕」「第二革命」の始まり。


33. 2012年10月31日 16:22:51 : 8cxqTooX6I
小澤さんは心やさしい人
小澤さんの格率は明確&不動
小澤さんは不滅普遍&不動
そういう 小澤さんが大好きです。

34. 2012年10月31日 19:35:48 : 2j9OyiNAxc
小沢はたしかにすごいよ、大政治家と素直に呼べる数少ない政治家だね。

けど、「国民の生活が第一」てめーらはだめだ。当選1回の選挙互助会じゃ
石原たちとまったく同じじゃねーか。民主はマニフェスト芸人と
埋蔵金詐欺師だから論外。自民は政治家だけど政策がダメ。

終わったね、日本。


35. 2012年10月31日 22:38:29 : GGAaenSrtS
週刊朝日・小沢一郎の記事
真実を素直に伝達しているのだから合格点ですよ
新聞も御用新聞ではなくて、権力監視型の方向に向かわないと、そのうち
ネット読者に愛想すかされるぞ、メディアも考えないと新聞もテレビも興味ない
人が増えているだろう。

あぁ、それと週刊朝日の発行部数はいくらなのかな。


36. 2012年11月01日 00:37:24 : UNzagoJ926
…そうだ良い週刊誌は大切だ。今、たったひとつの良い記事が人一人の人生を変えうる時代。

 それにしても機関銃のような三宅雪子のツィートとはうまい表現。
彼女の命中精度の高いツィート・マシンガンがどれだけゾンビ言論を破壊していることか。頑張れ。真の大和撫子。国益派女性軍の勇敢なポイントゲッター。もっと良い部署が彼女の将来には有りそうだ。

 ユダ金日本乗っ取り暗黒犯罪奴隷の売国奴側支援の腹黒狡猾女どもは、日本の歴史上最低の女どもと言える。女は弱さを理由に易々と時代の強者に付き従うものだ。そこには既に黒山の如くのインチキ日本男児の大群がつき従っているのだから。間抜け役者には間抜け舞台がまったく相応しい。早く自分の愚かさに気付いて欲しいんだが…
 それにひきかえ、よくよく日本の国の置かれた事情をくみ取り、適確に必要を考慮した上で判断できる聡明な女性は、日本という家を正しく思い正直に賢く守る女性である。最高の宝である。極めて高い得点。日本女性の鏡だ。この軽佻浮薄の時代にどんなにか難しい堅実な人生の歩みをしてきたか想像できる。今日本で一番輝いている立派な女性の一人であろう。真実の輝きを放つ女性こそ素晴らしい。嘘つき女は最低だ。


37. 2012年11月01日 12:35:36 : umQeOchVPo
http://www.youtube.com/watch?v=XT9WHqwCt8g&feature=youtu.be&a
sijituomirukotodesu

38. 2012年11月01日 16:59:20 : jgoFsFlhBo
>26さん
>小沢一郎は、世界で最も優れた政治家の一人である。

同意です。政治家としての力量はお世辞抜きで世界一だと思います。>>29さん
>週刊朝日の記事は遅い内容です。

私もそう思います。
マスコミはネット社会の変化に対応できず完全に取り残されましたね。
小沢氏は最も遅れているのは霞ヶ関と仰りましたが、それにマスコミも加えるべきでしょう。
何しろ、テレビはもちろん新聞、週刊誌に至るまですべての見出しが既に知っているという状況です。
昔は、こういったメディアから新しい情報を得ていましたが、現在では知りえた情報を確認するという意味しかありません。
しかも、報じられていないことのほうが正しいことが多いように思います。>>12さん
>>05さんへ 省略しすぎの外国人参政権付与はだれも主張していません。
私もこれについて小沢さんに話してほしいのですが


5さんの書き込みは微笑ましいお答えですが、いくらなんでもここは妄想を書くところではないでしょう。

私も小沢さんに話してほしいとは思いますが、本人は完全に話されていますので今更という感じではないのでしょうか?でも、明確なお考えを持っておられるので誰かが質問すれば普通に答えてくれるでしょうね。

いや、既に以前から答えていますね↓
もちろん正論ですが、更にこのように締めくくられているのが素晴らしい。

「私の意見のどこがどういう理由でだめなのか、明確な指摘のもと、ご意見を賜れば幸いです。」(小沢一郎ウェブサイトより抜粋)

「永住外国人の地方参政権について」
http://www.ozawa-ichiro.jp/policy/05.htm


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK137掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK137掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧