★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK138 > 341.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
恐るべき秘密組織「最高裁事務総局」の正体を暴くー「小沢裁判」と「最高裁スキャンダル」再考(16) (山崎行太郎) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo138/msg/341.html
投稿者 笑坊 日時 2012 年 11 月 06 日 08:36:08: EaaOcpw/cGfrA
 

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20121106/1352156020
2012-11-06 文藝評論家・山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』

何回も繰り返して言うが、日本の司法、裁判に君臨している「司令塔」のような秘密組織がある。「守秘義務」「非公開」の原則のもとに、その実態は、闇に包まれている。実は、今、話題の「検察審査会」を管轄しているのも、この組織「最高裁事務総局」である。「検察審査会」は、検察の管理下ではなく、「最高裁事務総局」の管理下にある。したがって、「検察審査会スキャンダル」は、正確には「最高裁スキャンダル」と呼ぶべきなのである。では、「最高裁事務総局」とは何か。

早くから「最高裁事務総局の正体」を厳しく追求してきた西島博之は、こう書いている。

《最高裁には二つの゛顔゛がある。最高裁長官および14人の最高裁判事によって、上告それた事件などの裁判を行う「裁判部門」の顔と、全国の裁判官や裁判所職員の人事や給与、予算の切り盛り、施設管理などを行なう、いわゆる「司法行政」としての顔である。》(西島博之「日本の司法をダメにする最高裁事務総局の正体」「週刊プレイボーイ」2009.10.19)

我々が問題にするのは、最高裁の二つの顔のうち、後者、つまり「司法行政」としての顔の方である。これが、いわゆる「最高裁事務総局」である。

 そして、「最高裁事務総局」の役割については、こう書いている。

《最高裁の司法行政は本来、最高裁長官が総括する「櫻裁判官会議」が石決定機関であり、ここの議決によって進められることになっている。だが、その実務は庶務担当の「事務総局」が取り仕切っており、原案を事務総局が作成、裁判官会議はただそれを承認するだけといわれている。》(同上)

では、この「最高裁事務総局」の何が問題なのか。実は、この「最高裁事務総局」が、全国の地裁や高裁に配置されている裁判官を支配し、コントロールしているからである。したがって、裁判官たちは「裁判官の独立」を建前としながらも、実質的には、最高裁事務総局の顔色をうかがいながら判決を下すという、いわゆる「ヒラメ裁判官」となる。

では、最高裁事務総局は、何故、支配、コントロールが可能なのか。

それは、最高裁事務総局が、裁判官の人事、予算、給与、転勤・・・などの実権を握っているからだ。

最高裁事務総局の意向に逆らった判決を下すような裁判官は、最高裁事務総局に睨まれ、人事や給与で、仕返しされることになる。

多くの裁判官は、最高裁事務総局の顔色を伺い、最高裁事務総局の意向を先取りするかのような判決を下し続けることになる。

さらに、この最高裁事務総局には、エリート裁判官が勤務し、彼らが最高裁長官などに「出世」していくことになっている。地裁から地裁へ、転々と転勤を繰り返すような裁判官が、最高裁判事や最高裁長官に出世することはない。最高裁判事や最高裁長官のポストに上り詰めるのは、東京地裁など大都市の地裁勤務を経て、「最高裁事務総局」に「司法官僚」として勤務し、つまり裁判を行わない裁判官たちである。「最高裁事務総局」に勤務する司法官僚たちは、裁判を行うことよりも、全国に散らばる地裁、高裁勤務の裁判官たちを管理、監督し、支配、コントロールするのが仕事である。

我妻栄も、新藤宗幸の『司法官僚』によると、こう言っていたそうである。

《最高裁事務総局につとめる人が出世する。これは厳然たる事実だ。私は、いろいろなところでいったが、それは司法省が裁判官の選任や任地の決定権を持っていた戦前の時代にも、陸上勤務と海上勤務というものがあった。司法省につとめているものが陸上勤務。そして裁判所から裁判所へと流れ歩いているものは、海上勤務。そして陸上勤務は出世して、海上勤務は出世しない。》

海上勤務と陸上勤務。なるほど、わかりやすい。(続く)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年11月06日 17:08:21 : WRcvzABPLo
如何すると、この様な組織を壊せるのでしょう??

戦前から続いていると言う事は、修復が出来ないと一緒では??

恐ろしい。


02. 2012年11月06日 18:23:22 : i2eP5GOIsg
  組織としてみれば 確かに裁判所で裁判官をやっているのは 現場廻りと
  いうこと。銀行なら支店勤務みたいなもの。支店長でも本社にくれば  
  課長レベルの扱いだ。
  やはり 組織はトップの場(本社機能)にいてこそ出世も出来る。
  本社で人事権 予算権を握る奴がエリートなのだ。
  裁判官としての力量より 以下に目下をうまく操るかに長けた奴がトップに
  なるのだろう。
  組織人の弊害なのか??

03. 2012年11月06日 23:29:33 : 9uivspJhO6

 国会の議事録と同様に“最高裁事務総局”と“検察審査会”が白日の下に曝されてこそ真の民主化である。
 

04. 2012年11月06日 23:52:06 : 3i6OxRhmcU
03さんに同意。すべての官僚組織に適正に情報公開させることしか、改革解決の道はない。小沢事件の検察審査会、最高裁事務総局の対応がいい例ですね。森議員や
「一市民が斬る」さんの活躍こそが一番確実な方法であると思います。
これで終わるのではなく次々と続けていくこと。そしてまずは「国民の生活が第一
」党が政権に近づくこと、もちろん政権を取ることだ。そのためにそれぞれが何か行動する。楽しみながらできると最高だ。

05. 2012年11月07日 03:53:38 : yegcMeUGns
裁判所はナベツネに逆らえないのか、読売に屈してトンデモ判決をくりかえす、
シンポジウム、11月13日、主催、七つ森書店

06. 2012年11月07日 08:17:37 : aQsAP6hWBU
守秘義務は国民に関係のない特権支配階級に対してのみの義務です。即ち本当は日本植民地支配者アメリカに対しての忠義と義務です。日本の特権階級とは、日本国所属と考えたら大間違い。そこは完全に昔からアメリカ合衆国の一部なんです。特権階級には国境線が別になっています。彼等は日本人のようですが、実は昔からアメリカの国益のために働くことを約束した日本奴隷管理者としての特権階級なのです。彼等自身の管理法はアメリカの法なのです。だから実質アメリカの国益に働くアメリカ人です。そしてアメリカの法の管理に常に調整を図るのです。独立国日本なんて、幻だったのですよ。ま・ぼ・ろ・し 言い換えたら お・お・う・そ

07. モンロー 2012年11月07日 08:27:17 : ChtbDLxjY18cE : Gl9SYZell2
テレビ朝日の、スクープスペシャルで鳥越俊太郎氏の番組で姫路の郵便局強盗で犯人とされた名前失念、Aさんの証拠とされた目だし帽子。
これについていたDNAとAさんの遺伝子が違っているのが判明したそうです。

証拠とされるものは、すべて公開する法律をつくる必要がある。
裁判所も検察も正義感のもちあわせがない以上いくらでも冤罪がうまれる。
三文やくざの因縁をつけたようなことを平気やる、それに国家権力をもっているのでたちがわるい。


08. 2012年11月07日 13:57:55 : rfcCuFHQZE
日本は敗戦後も、ナチズムとフアシズム体制を実質的に残こすために残こそうとした。司法もその一環だ。それは、旧体制{天皇制。軍国主義と国家主義」をいつの日か再興し、再び報復戦争を目指す大日本帝国再建のためと分析する。敗戦後、ドイツはナチスときつぱり、決別したが、日本は報復戦争を目指すタカ派が地下へ潜り、軍国主義と国家主義の再建の時節到来を待つた。「尖閣戦争を辞せず」の石原や産経新聞の「正論」に拠る右翼フアシストたちが、今・対中戦争めざし挑発に猛り狂つた言動をしているのは、日本軍国主義の芽吹きと見るべきだろう。

09. 2012年11月07日 15:02:34 : Yn6OT276xw
>>07さん

この番組で検察側が証拠品(目だし帽)を返した正義の職員を処分しようとしている事に怒り&恐怖を感じました。
本来は証拠品を隠した検察官、間違いを認めない検察官を処分するべきの組織が真逆の組織に成り下がった原因は??もしかして戦後からず〜〜っとこんな組織だったのか??


10. 2012年11月07日 18:04:43 : ILiTPGkN7Y
>>07さん

たまたまチャンネルを切り替えたら、この番組に行きあたりました。検察とは、何と出鱈目な、恐ろしいところでしょうか。もはや絶望的な組織です。
冤罪を着せられ、人生を潰された人々の悔しさ、悲しみを思うと、云いようのない怒りを覚えます。
このような災難は、誰にでも降りかかる可能性があると思います。
検察官や裁判官の猛省を求めます。しかしそれは期待できないとするなら、市民団体を組織し、監視する以外にありません。


11. 2012年11月08日 09:10:22 : i37fD8kRRc
検事総長や最高裁判事、そして最高裁事務局長の任命を、国会による承認案件としない限り、国民主権は絶対的に実現しないということである。

国会こそ、国権の最高機関であるという憲法の規定に、著しく反逆する逆臣の砦こそ、司法行政官僚である。

財務官僚など取るに足らぬような、とてつもない国民主権蹂躙官僚組織である。

憲法の最大の擁護者であるべき存在が、最悪の違憲装置であるという点で、まるでキリスト教徒におけるユダの如き、背徳の匪賊である。


12. 小さな想い医療を考えるsetukoto kouta 2012年11月17日 15:40:46 : 9bomtXZOC0lL6 : PjGmCnlDSU
最高検察へ平成21年から5度ほど上告いたしました。しかし送付された判決書はシャチハタの公印だったので、最高裁へ直訴、事実関係の謄本開示しました。最高裁書記官2名は開示に応じました。謄本は金築裁判長の署名捺印だけで他5名の判事の署名捺印が無いので、問いただしたところ、「裁判をしていません」と答えました。不正な請求がされている証です。この行為は日常茶判に行為され、費用弁償は想像するとおり行為が行われています。他方検察審査会においても平成24年10月に検察審査会の旅費と日当の行政開示の請求をしましたところ平成22年3月24日付に審査通知された16名と、細木医師1名の審査議事録が不明であり、同日裁判官他16名の刑事告訴審査に対する議事録が無い、ことに、裁判所総務が気付き現在も会議中で開示されないままです。また私と原告の会で知り合った女性の方も審査会審査通知は送付されていたが議事録が送付されていないため事件番号が全く不明であるとのこと12月になって二人で岡山地方裁判所総務太田課長にアポなしで行く約束をしています。なお検察庁の検事は22年岡田幸二郎、23年浅沼有加子、24年中山大輔に浅沼検事刑事告訴をして不起訴にされ、審査会で不起訴相当にされている。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK138掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK138掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧