★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK139 > 267.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
121119 国民の生活が第一 小沢代表無罪確定会見 「主張が裏付けられた」 「自信と誇りを持って生き抜いていきたい」 
http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/267.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 11 月 19 日 19:51:01: igsppGRN/E9PQ
 

121119 国民の生活が第一 小沢一郎代表会見

Video streaming by Ustream

※小沢代表の会見は8:30からです。


121119 国民の生活が第一 小沢一郎代表会見 2/2

Video streaming by Ustream

※小沢代表の会見は9:40からです。

       ◇

小沢代表無罪確定 強制起訴では初
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121119/k10013606461000.html
11月19日 19時22分 NHK

国民の生活が第一の小沢一郎代表が強制的に起訴され、1審と2審で無罪が言い渡された裁判で、検察官役の指定弁護士は上告しない手続きを取り、小沢代表の無罪が確定しました。

検察審査会の議決を経て強制起訴された裁判で、判決が確定したのは初めてです。

国民の生活が第一の小沢一郎代表(70)は、平成16年と17年分の資金管理団体の収支報告書にうその記載をしたとして強制的に起訴されましたが、2審の東京高等裁判所は今月12日、「秘書から細かな説明を受けず、収支報告書の記載が正しいと考えていた可能性がある」と指摘し、1審に続いて無罪を言い渡していました。

今後の対応を検討していた検察官役の指定弁護士は、「上告の理由を見いだせない」として19日、上告しない手続きを取り、小沢代表の無罪が確定しました。

検察審査会の議決を経て強制起訴されたケースは、これまでに6件ありますが、判決が確定したのは初めてです。

強制起訴の制度に対しては、検察審査会の議決が市民感情によって左右されやすいという意見や、審査の対象となっている人の主張を聞く場が設けられていないことを課題だと指摘する声もあります。

また、指定弁護士にとっても検察が罪に問うことを見送ったケースで起訴し、裁判で立証することは負担が重いといった意見が出されていて、今後は制度の改善に向けた検証が求められます。

■小沢代表“主張が裏付けられた”

小沢代表は記者会見で、「3年7か月余りに及ぶ、検察の捜査と裁判の日々だったが、本当に忍耐の毎日であり、大変厳しい試練の月日だった。国民の皆さんの支援や励ましがなければ、到底この重圧に耐えることはできなかった。私を信じ、励ましてくれた多くの国民の皆さんに心から感謝したい」と述べました。

そのうえで、小沢氏は、「私は最初から『何らやましいことはない』と言い続けてきたが、きょうの無罪の確定で、私の主張が裏付けられたので、きょうを機会に研さんに励みながら、自分の政治家としての人生、そして人間としての人生を、自信と誇りを持って生き抜いていきたい」と述べました。

また、小沢氏は、強制起訴による裁判に関連して、「何らかの特定の思惑を持って行動した人たちや、不公正な言動をした人たちに対しては、国民が判断を下すものと思っているので、国民の裁き、天の裁きにお任せしたい。この強制起訴に至った経過も、国民の皆さんがよくよく目で見て、耳で聞いて分かっていることだ」と述べました。

さらに、小沢氏は、みずからの元秘書らの裁判について、「私の裁判そのものは無罪で確定したが、秘書たちの裁判も公正な裁きの下で、無実が明らかになることを願っている」と述べました。

■輿石幹事長“私は無罪と言ってきた”

民主党の輿石幹事長は、大阪市内で記者団に対し、「私は最初から『小沢氏は無罪で間違いない』と言ってきた。『推定無罪の原則』というものがあり、裁判所の最後の判決が出るまで、普通の人と全く変わりない人権が保障されているにもかかわらず、よってたかって『小沢氏はおかしい』『小沢氏はクロだ』と言わんばかりの捜査などをしてきたことの反省をする必要がある」と述べました。

■“外部の目で制度検証を”

検察官役の指定弁護士の大室俊三弁護士は、「慎重に検討したが、上告の理由が見つからなかった。方針を決めた以上、『被告』という立場を長引かせるべきでななく、直ちに上告をしない手続きを行った」と述べました。

また、「起訴することが決められているなかで、当初の予想よりもはるかに少ない証拠からスタートして、立証を続けていった。さまざまな批判もあると思うが、自分たちなりに努力はしてきたつもりだ。今後は外部の目で検証を行ってほしい。また、自分たちでも、裁判の活動が十分だったのかどうかを検証していきたい」と述べました。

■地元では

小沢代表の無罪が確定したことについて、盛岡市内で聞きました。

このうち、44歳の男性は、「結局、違反があったのかなかったのか、われわれにはよく分からなかったが、法律上では罪に問えないということだと思います。検察と市民の感覚のずれは解消しなければいけないが、強制起訴についてはよい点と悪い点があると思うので、ほかの事例も含め、議論していく必要があると思います」と話していました。

また、70歳の女性は、「今回の裁判では検察の調べにいろいろと強引なところがあり、もし自分だったら怖いなと感じていたので、無罪になってよかったと思います」と話していました。

また、地元である岩手県奥州市の45歳の男性は、「強制起訴自体がどうかと思っていたので、無罪が決まってよかった。小沢さんの岩手での業績は大きいので、今後も期待したい」と話していました。

一方、52歳の男性は、「残念な結果です。影に隠れている部分があるように思えて納得がいきません」と話していました。

また、74歳の女性は、「地元としてはよかったのかも知れませんが、どこか引っかかるところのある結果です」と話していました。


       ◇

小沢氏「試練の日々だった」=無罪確定で会見
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012111900740
2012/11/19-18:44 時事通信

 国民の生活が第一の小沢一郎代表は19日夕、党本部で記者会見し、資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で自らの無罪が確定したことについて「最初から何らやましいことはないと言い続けてきたが、まさに私の主張が裏付けられた」と強調した。東京地検特捜部との攻防や法廷闘争に関しては「本当に忍耐の毎日で大変厳しい試練の日々だった」と振り返った。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年11月19日 19:56:52 : 0huCCn4zOU
検察の犯罪行為の片棒を担いで小沢潰しをやってたマスコミと政治ゴロの連中を抹殺してもらいたいね。検察の戦犯どもは辞職していったが、マスコミや政治ゴロの連中はのうのうと暮らしてるからね。

02. 2012年11月19日 20:05:38 : 7B8LIUUkdo
01さん言われるとおり

特捜検察の捏造リークを垂れ流した、NHKをはじめテレビ各社&大手新聞社はなぜ間違った報道をしたか検証しなければならない。


03. 2012年11月19日 20:18:09 : DpIKDk2jSk
この問題に関してオレのマスコミに対する怒りは半端ではない。

・テレビ局からきた宣伝のおばはんはびっくりしてハイっ判りました、と言って逃げるように帰ってしまった。
・NHKの受信料催促コールセンターのにいちゃんは、それまでだらだらと話していたがこちらの口調が変わると、びっくりして電話を切ってしまった。
・社会部の新聞記者にはお前のところの論説委員は人間のカスだと言ってやった。必至に言い訳して説明を求めているだけだと言っていた。

NHKは今度は支局の人間がねこなで声で電話してきやがった。

なかなか面白い。皆さんもどうかね。


04. 2012年11月19日 20:31:16 : 1CPWZLi18Q
一方、52歳の男性は、「残念な結果です。影に隠れている部分があるように思えて納得がいきません」と話していました。

また、74歳の女性は、「地元としてはよかったのかも知れませんが、どこか引っかかるところのある結果です」と話していました。

 マスコミさん、こんなコメントが出る事自体いかに偏向報道をしていたかの証明なんだけどね。


05. 2012年11月19日 20:33:08 : 7xP6xZ4LyA
今日は時間があったので
テレビ各局に電話して
小沢氏無罪確定に関して時間を割いて検証すべきと言いました。
元々小沢氏に関しては何となく感じ悪い、程度の認識だった私でさえ
この報道は世論を誘導するためではないのか、
選挙で選ばれた議員の生殺与奪を検察とマスコミの無言の談合が握っているという
現実に改めて気づかされた事件でした。
好むと好まざるに関わらず、支持するかどうかに関係なく
今の選挙制度では小沢氏が総理になっていたでしょう。
それを踏みにじった検察とマスコミには説明責任、検証責任があります。
記者クラブというぬくぬくとした権利を与えられているマスコミには
今もって政治家としての説明などと社説に書いているところがありますが
そんな暇があるなら司法記者クラブで検察にこそカメラの前で
そもそも無理筋の捜査ではなかったかと説明を迫るべきではないか
それともマスコミとしてはこの裁判に正面から証拠を提示して異議を唱える覚悟があるのかと質問しておきました。
生ぬるい記事やテレビの御用コメンテーターに賛同する国民ばかりではないと
皆さんから軽い扱いを受けるおばさんの一人として申し述べておきました。

06. 2012年11月19日 20:37:33 : JwDwgGy09c
マスコミの自浄能力が問われますね。
ここできっちり自浄能力を発揮しないと、メディアはその存在価値が失われてしまう。

07. 2012年11月19日 20:43:30 : rIE6AKktSw
命日新聞は本当に糞だな。

早く潰れろ!

ゴミ売りは心底腐ってる。

地獄に堕ちろ!


08. 2012年11月19日 21:05:42 : tZDk4q8jZ6
残念な結果です。影に隠れている部分があるように思えて納得がいきません」と話していました。=========================================
こんなおっさん検察審査会報告書が虚偽であったことも、違法ソフトで検察審審員の構成が恣意的に偽装された疑いがあること、存在もしないこともあるかもしれないこする疑惑が指摘されていることも、麻生の頃に検察が政権交代阻止のために動き、民主党政権自体の暗躍も指摘され、滝法務大臣のでたらめなあり方も、そもそも、選挙の直前に結局素因が消滅した嫌疑で秘書大久保を突然逮捕した、ことも何も知らないのだろうな。
 本当に気の毒な小澤さん。
 私は小澤さんなど何の関心も無かったが、政権交代の直前に、総理が予想される方に対して、結果として正統性が疑われる者がたとえそれが検察でアレ、後で明らかになったが、さしたる根拠も無く暗躍し、何の責任もとることなく、いまだに其の勢力を温存して、涼しい顔をして皇居の傍にとぐろを巻いている。恥知らずめ。きっと天罰が当たる。


09. 2012年11月19日 21:11:00 : vQbBv9OPUk
> そのうえで、小沢氏は、「私は最初から『何らやましいことはない』と言い続けてきたが、きょうの無罪の確定で、私の主張が裏付けられたので・・・

判決では、「当時の秘書自身が、収支報告書の一部の記載に問題があると思っていなかったことも考えられる。このため小沢代表は秘書から細かな説明を受けず、
収支報告書の記載が正しいと考えていた可能性があり、無罪と判断した1審は正当なものだ」とある。

つまり、「虚偽記載はあったが小沢が収支報告書の記載が正しいと考えていた可能性がある」と言うことであり、虚偽記載は無かったから無罪になったわけではない。

それ故、「私は最初から『何らやましいことはない』「私の主張が裏付けられたので」は真っ赤な大嘘である。

小沢は何故公然と国民に向かって大嘘を吐くのか?
小沢の嘘は朝鮮系遺伝子の働きの結果なのだろうか?

何故、外国人参政権付与が「国民の生活が第一」なのか?
小沢の言う「国民の生活が第一」も同類の大嘘であることは明らか。
嘘吐き政治家は日本から追放せねばならない。

[註] 小沢代表2審も無罪判決
http://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/6043271161.html?t=1352709147805
国民の生活が第一の小沢一郎代表が政治資金をめぐって強制的に起訴された裁判で、2審の東京高等裁判所は「収支報告書の記載が正しいと考えていた可能性がある」と指摘し1審に続いて無罪を言い渡しました。
小沢一郎代表(70)は、平成16年と17年分の資金管理団体の収支報告書にうその記載をしたとして強制的に起訴されましたが、1審の東京地方裁判所はことし4月に無罪を言い渡し、検察官役の指定弁護士が控訴していました。12日の判決で東京高等裁判所の小川正持裁判長は「当時の秘書自身が、収支報告書の一部の記載に問題があると思っていなかったことも考えられる。
このため小沢代表は秘書から細かな説明を受けず、
収支報告書の記載が正しいと考えていた可能性があり、無罪と判断した1審は正当なものだ」と指摘し1審に続いて無罪を言い渡しました。
判決は代表本人だけでなく秘書も一部で「うその記載」を認識していなかった可能性を指摘したもので、1審よりも弁護側の主張に沿った判断となりました。


10. 2012年11月19日 21:19:55 : X3KuYBbemw

この5年余の間、国民はマスゴミの出鱈目で誘導された報道につきあわされた。

無実の人をあたかも犯罪人のようにフレームアップさせ、検察も最高裁もマスゴミも「小沢は悪」と国民に思いこまそうとしてきた。

あのヘラヘラでゲチャゲチャな番組しか作れないTV局が、特にそんな行動をしてきた。

まさに「国民は侮辱されている」のだ!


今度の選挙での「国民の生活が第一」の投票数のみが、目覚めている日本人の正確な数になるだろう。



11. 2012年11月19日 21:54:02 : NRRfKe6Oxw
恐ろしい発言が平然とニュースに!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121113-00000527-san-soci


「検審で審査補助員を務めた弁護士の吉田繁実(61)も「結局、会計処理を秘書任せにしておけば『故意がない』として罰せられないということ。もはや政治資金規正法で政治家を立件することはできない」と憤る。」

【これはまぎれもなく、検察審査会補助員が、中立ではなく、検察よりだったことの決定的証拠じゃないですか!!!】

森ゆうこ先生もおそらく読んでいると思いますが、森ゆうこ先生にも絶対に知ってほしい記事です。

国会で吉田氏を証人喚問すべき重大発言


12. 2012年11月19日 22:01:08 : BcfxTbbXEU

【陸山会裁判】121119 国民の生活が第一 小沢一郎代表会見「無罪確定を受けて」UST動画&文字起こし byIWJ

20121119国民の生活が第一・小沢一郎代表記者会見・指定弁護士上告断念を受けて

小沢一郎議員「3年7カ月余に及ぶ検察の捜査と裁判公判の日々でありましたが、本当に忍耐の毎日であり、たいへん厳しい試練の月日だったと思います。

本日、上告をせずということの、指定弁護人の結論で、無罪が確定したわけでありますけれども、このかん、たいへん辛い年月のなかで、非常に多くの国民の皆さんから激励していただき、励ましていただき、私にとりましては、本当にありがたい、感謝の気持ちを持って過ごすことができましたが、そういった国民皆さんの支援、励ましがなければ、到底この重圧に耐えることはできなかったのではないかと思っておりまして、このたび、公正な、正しい司法の判断が確定いたしました機会に、ほんとうに、どんな時でも私を信じ、励ましてくれた多くの国民のみなさんに心から感謝を申し上げるものであります。

わたくしは、最初から、なんら身にやましいことはないと言い続けてまいったものでありますが、今日の無罪の確定を受けまして、まさにわたくしの主張が裏付けられたわけでありますので、多くの、私を支援してくれた国民の皆さんに対する、言葉では言いきれないくらいの最高の、そして最大の感謝を申し上げたいと思っております。

今日を機会にして、自分自身、研鑽に励みながら、自分の政治家としての人生を、そしてまた、人間としての人生を、自信と誇りを持って生き抜いていきたいと、そのように思っております。以上です」

IWJ岩上安身氏「IWJの岩上安身です。今回、検察は捜査報告書の捏造を行なってまで、検察審査会に対し、強制起訴を行なうよう誘導したという経緯があります。こうした検察、および検察審査会について、どう思うかということと、それから、併せまして、この間、4年近くの歳月、検察だけではなく、それを報じるマスコミが足並みを揃えて、横並びでメディアスクラムを組んで、非常に批判的と言いますか、犯人扱いをする報道を行なってきた。この報道について、どのようにお考えなのか。

そして、大変欲張った質問の仕方で恐縮ですけれども、この間、民主党のなかにあって、批判をされる方々も多数おり、とうとう袂を分かつことにもなりましたが、こうした同志からの批判というものは、今日無罪が確定した時点であらためてどのように思われるのか。これから先、どのような見通しをお持ちなのか。すいません、3点お聞きしたいと思います。よろしくお願いします」

小沢「民主主義の社会においてはあり得ない事実が現に起こったわけでありますし、また、民主主義の政治、政界の場で、その本質を理解しない、あるいは、何らかの特定の思惑を以って行動した人たち等々、そういう不公正な、よこしまな言動をした人たちに対しては、国民がしっかり見ていたと思いますし、それに対する判断は国民皆様がかならず下すものと、そのように思っておりますので、それは国民の裁き、天の裁きにお任せしたいと思います」

ニコニコ動画・七尾記者「一方で、冒頭ございましたように、多くの国民が励ましてくれたと。いま思いつく具体的なエピソードをなにか、ありましたら教えていただきたいんですけども。ようするうに国民が小沢さんをどう励まされたのか、なにか記憶にございましたら、お願いします」

小沢「最大の国民皆さんの、私どもに対する支持と理解は、三年半前の国政選挙だったと思います。その半年前に、検察の強制捜査を受けて、ずっと続いておったわけでありますけれども、そして、私自身は、代表は退きましたが、選挙の責任者として陣頭に立って頑張りました。そのことについては、国民皆様が真実を理解していなければ、あのような支持票は与えられなかったろうと思っておりまして、今、最終の判断は国民の皆さんがするだろうと申しあげましたが、この間の最大の象徴的なことは、その総選挙だったと思います。

それから、またインターネット上や、あるいはまた、現実に支援の集会やデモンストレーションを日本全国各地でいろいろまったく私と個人的な関係はない方々が支援の輪を広げながら主張してくれました。わたくしもたいへん感激し、いまなお、本当に感謝しているところであります」

毎日新聞・鈴木記者「代表の裁判が強制制度を導入されてから、はじめて判決が確定された裁判なんですけれども、被告の身と置かれまして、制度に関してお気づきになった点があれば教えてください。あと、二審が公訴棄却となったことで、一審判決が確定判決になると思うんですけども、その一審判決で、代表が政治資金収支報告書を今まで一度も見ていないということに対して、およそ信用し難いと、厳しい批判もありました。いま、改めてそれに思うことがありましたら、お答えください」

小沢「公判廷で、しかも捜査は強制捜査で以ってすべてのことを捜査のうえで出た結論だろうと思います。そして、最終的には、検察審査会、この強制起訴に至った経過も国民皆さんがよくよく眼で見、耳で聞いて、分かっていることであります。従いまして、あなたの質問の結論も国民が必ず下してくれるものと思います」

読売新聞・松山記者「小沢さんの裁判はこれで終わるわけですが、もう一方で、秘書の石川さんたちの裁判がまだ続いています。石川さんたちの一審判決のなかで、色々問題となっている水谷建設の裏金以外の部分で、東北地方の公共事業について、小沢先生の事務所の点の声があったという認定もされています。そういうふうな一審判決が認定があったことについて、あらためて先生のお言葉を伺えれば、と思います」

小沢「最初のコメントに付け加えて申し上げれば、わたくしの公判そのものは、無罪で確定しましたが、まだ秘書たちの公判が、第二審の公判が残っております。わたくしは、その裁判も本当に公正な裁きのもとで無実が明らかになることを願っております。いま、あなたの色々申したことは、公判廷ですべてでてきたことでありますけれども、それもいろいろと検察側とわたくしどもの、あるいは秘書も含めて、主張の結論が今回の無実の判定だと思っておりますので、その点は、マスコミの皆さんも素直にご理解を頂けたらと思います」

http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-1808.html


13. 日高見連邦共和国 2012年11月19日 22:38:17 : ZtjAE5Qu8buIw : wN3GZJJ33Q

>国民の皆さんの支援や励ましがなければ、到底この重圧に耐えることはできなかった。

この下りを聞いた時、思わず大粒の涙が流れて来ました。

ほんとうに苦しかったもの。本当につらかったもの。

どんなに“虚勢を張って”ても、弱気になる瞬間は有りました・・・

>私を信じ、励ましてくれた多くの国民の皆さんに心から感謝したい

私も小沢一郎とまったく一緒の気持ちです。
皆さん、ほんとうに有難う。
これからの時間は、“皆さんへの恩返し”に費やしたいと思っています。

―岩手4区の、小沢一郎絶対的支持者より。


14. 2012年11月19日 22:46:38 : QmyrjoZuIs
マスゴミのしゃくの根源はナベツネ。
これを抹殺しなければまたこのような事がいつまでもつずく。

15. 2012年11月19日 23:25:03 : FhxHNIGldI
小沢一郎氏の無罪確定を受けて、あたかも有罪であるかのごとく、連日執拗な報道をしたTV(日テレ、テレ朝、フジテレビ、TBSテレビ)マスコミは反省をを示すべき、全く反省の姿勢が見えない、今後TV、マスコミは天の裁きというか、自業自得というべき状況になるであろう。

16. 2012年11月20日 02:22:30 : pYwAdxt89E

今年の4月に行なわれた、小沢無実、渋谷デモの動画です。


http://www.youtube.com/watch?v=HPqtau5r3DM

大勢の参加者が、渋谷から原宿まで行進。

「検察は、法律を守れ」

「国策捜査を許さないぞ」


17. 2012年11月20日 08:50:31 : v8rwKSkESE
国民の生活が第一党を強く支持します。
小沢さん頑張ってください

18. 2012年11月20日 09:28:44 : fFB3439wzU
>地元では
一方、52歳の男性は、「残念な結果です。影に隠れている部分があるように思えて納得がいきません」と話していました。

って無罪の人間をどう思うかなんて聞いて否定的なコメント載せるなんてサイテーのゴミウリ。
どこの世界にも悪意を持ってあるいは無知から色んなことを言う奴がいる。じゃあ足利事件の菅谷さんにも同じことを言う人間がいたら記事にするのか?

この52歳、どんな立場?原告でもないのにどこまでわかっている?
好き嫌いで物を言う人間だって大勢いるんだよ。記事にするなよ。ゴミウリw


19. 2012年11月20日 10:24:17 : rrhrFN6JLd
52歳の男性はゴミ売り新聞が用意したエキストラ

20. 日高見連邦共和国 2012年11月20日 15:56:08 : ZtjAE5Qu8buIw : C7Wqvb1wZA

>09 ID=vQbBv9OPUk=『ほい出たマンセーくん』

あのー、言ってる事“支離滅裂”でさっぱり分かりません!!

結局、悔しいけど反論できないので、『もごもごなんか言ってる』状態?

ヤバイッ!病状はかなり深刻に進行しているっ!!お早く専門医の診察を受けてくれ!!

診察券はこの前、作ってあるだろう?


21. 2012年11月20日 18:37:13 : Vj1aSgkWFI
言葉が少ない小沢さんが本当に心から感謝し感激しありがたいと心で手を合わせていたのでしょう。

記者会見で、デモをしてくれた人、支援してくれた人に対しての言葉は胸が詰まりました。

暑い中、寒い中デモを主催され、そして参加された方々に、小沢さんも言葉に表せられないほどの感謝をしていると言われたこと、支援されてきたカイがありましたね。

佐世保の私は参加できなかったのが残念です。 


22. 2012年11月20日 23:57:38 : 8odPpzTNNI
日高連邦共和国さま
私も大粒の涙が。
多分、そんな人が一杯。
岩手ってすごいです。
宮沢賢治......
小沢さんは私の中で宮沢賢治に並びました。

23. 夢追人 2013年4月14日 22:45:43 : cYxXFaQvdM6wE : uiQNM88Qvo
個人的な好き嫌いは抜きにして、小澤事件の裁判の結果は「無罪」だった。それが日本の裁判所での、結果である。にもかかわらず、今だに批判している人がいるのは残念である。というか、批判している人&マスコミの、その裁判結果に対する謝罪や、反省の言葉を聞いた記憶がない。もしもその人&マスコミ各社が、まともな人としての良心をもっているのなら、まず、一度は謝罪から入るべきではないのだろうか?そのあとに、言い訳をするも良し、そのときの自身の心境を語るもよし、だと思う。小澤一郎という人物を嫌いだという理由で、今だバッシングをしている人&マスコミは、自分が、その立場になればどう思うのだろうか?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK139掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK139掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧