★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK140 > 751.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
集団的自衛権の行使 論争は?(東京新聞:こちら特報部)
http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/751.html
投稿者 みょん 日時 2012 年 12 月 11 日 08:52:16: 7lOHRJeYvJalE
 

集団的自衛権の行使 論争は? 自民・維新「容認」明記
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2012121102000118.html
2012年12月11日 東京新聞[こちら特報部]


10日、北朝鮮が「人工衛星」と主張する長距離弾道ミサイルの発射予告期間に入った。尖閣諸島問題など緊張感が高まる中、自民党などは集団的自衛権の行使を禁じた憲法解釈の見直しを主張している。行使容認は、日本の安全保障政策の転換を意味する大きな問題にもかかわらず、議論が盛り上がっているとは言いがたい。衆院選の結果によっては、なし崩し的に行使容認の方向に進みかねない。 (上田千秋、荒井六貴)


「集団的自衛権行使の容認なんてとんでもないこと。それが具体化すれば参戦への道が開かれてしまう」

北朝鮮がミサイルを発射すれば、上空を通過する可能性もある沖縄県石垣市の市民団体「9条の会やえやま」の新垣重雄事務局長は訴えた。市内には迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が配備されたが、「すべての市民を守れるわけではなく、無用の長物だとみな分かっている。2回目ということもあって、ほとんどの市民は平常心ですよ」と話す。

同市で福祉施設を経営する津嘉山航さん(39)は「集団的自衛権行使の容認には反対」という。だが、「尖閣諸島の問題もあるし、いずれは集団的自衛権の行使を容認する声も出てくるかもしれない」と語った。

自民党は、衆院選で集団的自衛権行使を禁じる憲法解釈の見直しを強く打ち出している。公約では、「集団的自衛権の行使を可能とするため、国家安全保障基本法を制定する」とした。

集団的自衛権の行使は、安倍晋三総裁の持論だ。「米艦船が攻撃されても日本の自衛隊が助けなくてもよいのか」と語る。首相在任中、中国や北朝鮮に対するけん制などの意味を踏まえ、憲法解釈の見直しに着手。有識者会議で「行使は可能」とする報告書が出たが、そのままになっていた。

自民党が7月にまとめた同基本法案の概要では、「わが国、あるいはわが国と密接な関係にある他国に対する、外部からの武力攻撃が発生した事態であること」を集団的自衛権を行使する場合として挙げている。

日本維新の会も自民党と同じく集団的自衛権の行使を容認する立場。「集団的自衛権の行使や領海統治などを定める国家安全保障基本法の整備」や、「自衛隊の武器使用基準の見直し」などを公約に盛り込んでいる。与党の国民新党も容認する。

◆緊張が続く東アジア情勢

一方、民主党はマニフェストでは集団的自衛権について触れていない。ただ、野田佳彦首相自身は憲法9条改正に反対ではなく、かつて自著で「自衛隊をきっちりと憲法の中で位置付けなければいけない」と主張していた。党内にも容認派を抱える。

容認する空気が広がっているのは、尖閣諸島をめぐる中国とのあつれきなど、緊張が続く東アジア情勢と無関係ではないだろう。

これらに対し、反対を明確にしているのは、共産党や社民党だ。「憲法違反の集団的自衛権行使は許さない」(共産)、「集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈の変更に強く反対」(社民)などを公約とする。

公明党は自民党のタカ派路線に警戒感をあらわにする。山口那津男代表は「(行使が)許されないという政府解釈は妥当で、変える必要はない」と明言している。

◆重い政府答弁 歴代内閣踏襲

集団的自衛権とは何か。

自国と密接な関係にある同盟国が

武力攻撃を受けた場合、自国が直接、攻撃されていなくても実力で阻止する権利のことだ。国連憲章51条で加盟国に認められている。

だが、憲法9条は「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇または武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と明記している。

このため、政府は「集団的自衛権を有していることは国際法上、当然だ」としながらも、「憲法9条で許容されている自衛権の行使は、わが国を防衛するため必要最小限度の範囲」として、集団的自衛権の行使は、これを超えるため、行使できないとの解釈をとってきた。

この解釈は、1981年の鈴木善幸内閣の政府答弁で示され、以後の歴代内閣が踏襲してきた。

こうした経緯から、集団的自衛権行使の容認は、「戦争放棄」を明記した憲法9条の形骸化を招くとの批判は強い。専守防衛を原則としてきた自衛隊の海外での武力行使に道を開くとの見方もある。米軍の戦争に巻き込まれてしまうのでは、との懸念も消えない。

◆他国を傷つけ 自衛隊に死者

元内閣法制局長官の阪田雅裕弁護士は「憲法解釈が今日と明日で変わり、恣意的に見直されるのはおかしい。それを認めれば、法治国家でなくなる。これまで積み上げきた政府答弁は重く、法律や解釈の見直しではなく、憲法改正が必要なはずだ。本来は、憲法改正の争点として議論してもらいたい」と話す。

「米国がベトナム戦争に介入したのも、集団的自衛権が根拠で、第三国と戦争する理屈になる。行使を認めれば、自衛隊に死人が出たり、他国の人を傷つけたりすることもある。行使の容認は憲法の平和主義にも関わり、国民にも覚悟を求めるものだ」と、議論の重さを説明する。

上智大法科大学院の高見勝利教授(憲法)も「憲法を改正しないで、行使を容認するのは無理だ」と同様の意見だ。

元外務官僚の浅井基文・前広島平和研究所長は「集団的自衛権の行使が必要となるのは、米国が先制攻撃された場合だが、現在の軍事力や経済の関係からは、想定としてあり得ない」と断言。「中国や北朝鮮の脅威論は、米国と一緒になって軍事力を増強する口実に使っているだけだ」と話す。

政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏は「かつての自民党には、戦争体験者の長老がいて、『集団的自衛権は必要だ』という意見があっても、それを行使しないで済むようにするためには、どんな外交を展開すべきかという議論があった」と話す。高見氏は「総選挙後、自民党と公明党が連立を組もうとしても政策は一致しないだろう」とみる。

集団的自衛権行使についての議論が盛り上がらないのは、民主党の腰が定まらないことにも原因がある。鈴木氏は「民主党は安全保障を議論すると、党内がバラバラになるからと避けている」と指摘。「幹部にも行使を認める人が多く、総選挙の後、自民党と協議を開始する可能性がある」と、なし崩し的に容認に向かうことに懸念を示した。


[デスクメモ]
弊社近くのコーヒー店で一人、競馬新聞を手に休んでいるのを何度か拝見した。小沢昭一さん。軍国少年で海軍兵学校予科に入り終戦。平和の大切さを心から語れる人でもあった。戦争体験者が亡くなっていく。改憲論が強まるのも、戦後生まれの国会議員が大半となったことと無縁ではないだろう。(国)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年12月11日 09:10:22 : s3vzXhnNp2
> 「集団的自衛権行使の容認なんてとんでもないこと。

集団的自衛権は、国連憲章でも承認されている、国家としては当然の権利。

詳しくは下記。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E5%9B%A3%E7%9A%84%E8%87%AA%E8%A1%9B%E6%A8%A9
     
    
平和ボケをした鳩山元首相でさえ、集団的自衛権は国連も認めた権利であり、制限はするもの、憲法を改正して記載すべきと主張している。
http://www.hatoyama.gr.jp/tentative_plan/1-5.html
  
   
こういう国連でさえ承認している国家としての当然の権利を否定する人たちは、よほどの知識不足か、おかしな左翼でしかない。
   


02. 2012年12月11日 09:14:30 : M9nCqIX5xg
今 日本は本当に危ない。

http://www.funaiyukio.com/ikedaseiji/


03. 2012年12月11日 09:29:31 : Y28uZ2IjEw
朝鮮真相の道さんもうアメリカのポチはやめにしましょう。イギリスを見てください。韓国を見てください。
近いうちにイランを爆撃するでしょうがその時は自衛隊を戦争をする兵隊としてイランに派遣することになりますよ。集団的自衛権の名の基にアメリカの弾よけにされる事はまっぴらごめんです。真相の道さんが傭兵としてイランに行くのは勝手です。日本人は行きたくないです。いや行きません。

04. 2012年12月11日 09:30:17 : keq01DgxRw
>>01

> こういう国連でさえ承認している国家としての当然の権利を否定する人たちは、よほどの知識不足か、おかしな左翼でしかない。

おいおい、話をねじ曲げるなよ。

元投稿では

> 政府は「集団的自衛権を有していることは国際法上、当然だ」としながらも、「憲法9条で許容されている自衛権の行使は、わが国を防衛するため必要最小限度の範囲」として、集団的自衛権の行使は、これを超えるため、行使できないとの解釈をとってきた。


という「権利はあるが行使しない」という政府の立場の説明をしているし、共産党、社会党ですら、権利がないとまでは主張せず、

> 「憲法違反の集団的自衛権行使は許さない」(共産)、「集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈の変更に強く反対」(社民)などを公約とする。

として、行使を許されないものといっているじゃないか。

全くネトウヨというのは日本語に不自由な連中が多いな。フザケタまねしてるんじゃねえよ、真相の道さんよ。


05. 日高見連邦共和国 2012年12月11日 09:45:23 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>>01 ID=s3vzXhnNp2=『真相の道』

オマエは、

@二国間の軍事同盟における“集団的自衛権”を憲法改正をしてまで強化する。
 (世界世論の同意を得ずに、アメリカの世界戦略の一端を日本が積極的に担ぐって事だ。イラク戦争のようにね)

A現憲法の解釈の枠内で、国連決議における国連の名の元の“PKO、PKF”に自衛隊を参加させる。

この二つの事象において、Aよりも@の方が、世界全体の平和への貢献と、
世界における日本の地位向上に役立つって事を、具体的に証明しなければならない。


06. 2012年12月11日 09:47:29 : xJWkUZl4WA
戦争体制は召集令状で有無を言わせず戦場に行かせる、一度他国人に銃を向ければ深みに向かう70年前の悲惨をムダにしない自民党は人間の命を虫けらとしか思っていない安部さんなど自分や子孫は戦場には絶対出さない国民は賢くなろう、私の父は南方に国土防衛の為派兵されマラニヤ、食べ物支援が無く餓死遺骨も帰らない母子どんな苦しみを体験したか想像を300万人が犠牲になった

07. 2012年12月11日 10:42:30 : 7bCU9RTjUA
>>01 ID=s3vzXhnNp2=『真相の道』=『晋三の道』

自民党は憲法改正を公約にあげている、今の状況だと自民党と維新だけで過半数は固いらしい。

憲法改正すると言う政党と、尖閣の日本支配を鮮明にすべきと言う政党が連立政権を組む可能性が高い。

安倍総理、石原大臣などと言う事になれば、中国の反発は凄まじいだろう。

尖閣などは、戦争を仕掛ける口実となる。
尖閣をいじれば反日暴動再びである。
今回の暴動には犠牲者も必要となる。

日中戦争が開戦すれば、アメリカは莫大な利益をあげる。
日本への武器輸出、支援であっという間に借金は消え去る、寧ろ日本がアメリカに借金する事態も。



08. 2012年12月11日 11:02:37 : Y28uZ2IjEw
>07
そうなんです。それで最後のひと仕事を考えている野心家の石原が甘いささやきに乗って尖閣に火を付けたのです。それでも総理大臣がしっかりしていれば問題はなかったのですが総理大臣があまりにも無知でした。そういう意味でも今度の選挙は天王山になる。日本国民一人一人がどこまで冷静に判断することができるかにかかっている。自民党や維新に投票したら自分の首を自分で閉める事になると気が付いて欲しい。もちろん民主党も駄目だしTPP推進派のみんなも駄目だ。

09. 2012年12月11日 11:51:01 : 7HzeTJFiGw
1 改憲と集団的自衛権を容認しない
公明党
社民党
共産党

2 半分の議員が改憲賛成
民主党
未来の党

3 改憲賛成
維新
みんな
自民

4 イラク戦争で自衛隊派遣に賛成した党
  自衛隊派遣は独裁者 小泉の判断であった
自民
公明
  多数の意見で成り立っていた自民党を、独裁の小泉(湯田の使い走り)が乗っ取ったのが諸悪の原因。本当の自民党は小泉により潰されたのです。郵政民営化に反対し離党した議員は自民党は受け入れるべきでしょう(平沼 亀井 など有能です)

日米安保条約は片務的で日本が攻撃されたら米国は守るが、米国が攻撃されても日本は米国を守る義務はないというものである。

改憲すれば日本がイラン戦争に利用されるというのはおかしな推論です。改憲しても拒否できると思います、多少米国は経済的嫌がらせをするでしょうが。


10. 2012年12月11日 13:49:39 : Y28uZ2IjEw
>09
憲法があっても日本は勝手にイラクに自衛隊を派遣したのです。憲法が無くなれば勝手ではなく正々堂々イランに自衛隊を(軍)を派遣するでしょう。拒否するどころか逆に進んで派遣するのです。同盟国としてアメリカが困っているときに助けるのは当然のことだ。聞こえませんかその時の総理大臣の声が。アメリカは勿論派遣要請をしておきながらそれもアメリカに付くかそれともテロ国家イランに付くかと脅しながら、派遣はアメリカの要請では無く日本の自主的な意思によって派遣したと言います。日本の責任で出兵したのだから国民に犠牲があろうがお金がかかろうがアメリカの知ったことではないし日本はただ泣き寝入りするだけです。隷属国家としてアメリカの弾よけになる事だけは避けたいものです。

11. 2012年12月11日 13:53:53 : cWIBtbognM
米国の傭兵にされるということです

12. 2012年12月11日 15:38:47 : 7HzeTJFiGw
改憲派と護憲派がこの先、議論で時間を何年も浪費すると中国優位となり日本は共産国の自治区にされるという結果が待っています。

憲法改正で自主防衛力の強化を今始めないと中国に飲み込まれるという現実を無視出来ないはずです。

中国は毎年軍事費を増やしています。軍国主義反対と叫ぶ改憲反対派は米国の軍事力に頼っている事になります。徐々に米軍の機能を国防軍が持つ必要があるのです。

現在の自衛隊は防護に重点を置いたシステムであり、改憲で最新攻撃型兵器武装が可能となります、逆にこれが日中戦争抑止力となるでしょう。

イスラエル・イラン戦争に日本は付き合う理由はないのであって、安倍が米国の言いなりになるという前提での議論は飛躍し過ぎで、おかしいのです。


13. 2012年12月11日 16:49:37 : Y28uZ2IjEw
>12
完全に洗脳されていますね。読売をお読みですか、産経をお読みですか。

14. 低脳の真相 2012年12月11日 19:40:40 : DhxNZ1zBRJJxI : O7dSDlPdg2

相変わらず低脳をさらして恥じることのない >>01. s3vzXhnNp2 こと 真相の道

すでに皆さんが書いているが、バカなお前にも分かるように、思い切り簡単に書いてあげよう。

「集団的自衛権が国連憲章で認められている」──その具体的な意味は
国連加盟国が集団的自衛権を行使した場合に、国連として非難はしないということ。

そのことと、国連に加盟する各国が実際にそれを行使するかどうかは全く別の問題。
各国が個別に判断することだ。

そして日本は、現行憲法では、集団的自衛権の行使は許されていないと解釈してきた。
だから行使しない。

そういうことだ。

すべて日本語で書かれている、こんな簡単なことも理解できないとは
自分の粗末な日本語解釈力を恥じるがいい。

そんな粗末な日本語力しかないとは
お前らの愛用する言葉で言えば、それこそまさに「反日」ではないのか。

そんなお前らに日本を語る資格はない。

実は根本的に反日である自分を、恥じるがいい。


15. 2012年12月11日 23:59:41 : 7oSKGju5kA
ハーモニカ程度の物を切実に欲しがらなくても済む世の中で在り続けたい物です。
(ならば「欲しがりません勝つ迄は!」で一億火の玉強要するってのは本末転倒なんですけどね。
 ネタが大時代なせいで盛大に勘違いしそうな若者も大分居るでしょうもので、念の為)

こころだ〜〜〜!


16. 2012年12月12日 10:57:01 : Y28uZ2IjEw
安倍は日米同盟を強固にし憲法改正をして集団的自衛権を確保したいと言っています。だが考えてみてください。アメリカは占領時代にもうけた米軍基地を北海道から沖縄まで全国にそのまま維持しています。首都東京も例外では無く日本は首都の制空権さえ奪われているのです。アメリカは日本を敵国として敵国条項をまだ外していません。そして外国の米軍基地の維持に維持費を払い続けているのです。これは日本が自主的に米軍に提供したものではありません。つまり戦後ずっと占領が続いているのです。それで何が日米同盟でしょうか。日本人の勝手な幻想にしか過ぎません。それが証拠に目を世界中に向けてみてください。反米国家の多いこと。アメリカが友好国の発展のために物心両面で親切に協力してくれる良い国なら反米国家が生まれるはずはありません。アメリカが協力するどころか略奪を繰り返しているからです。
最近では世界中に紙切れを売ってギリシャ、スペインを筆頭にヨーロッパ諸国の国家破綻を誘因するほどの被害を与えました。損をした人がいると言う事は得をした人がいると言う事です。そのお金はどこに消えたのですか。責任は誰が取り処理は誰がしていますか。事を起こしたアメリカは知らぬ顔です。
では軍事的にはどうか。イラクのフセインをそそのかしイランイラク戦争をさせ結果イランをけん制しただけでなく中東を手中に収めました。クウェート、バーレンだけでなくサウジアラビアにも基地を築き武器を売りつけました。同盟国イラクはイチャモンを付け破壊しイラク人を殺し略奪をしました。ビンラディンも利用された犠牲者です。アメリカはビンラディンを利用してアフガニスタンを手に入れました。アメリカの同盟国は人的物的協力をさせられました。そして破壊されたイラクやアフガニスタンの復興にはほとんど何もしていません。
何を言いたいか、日米同盟など幻想に過ぎず強固にして付いて行くということは人もお金も消耗するだけで何の得る物もなく最後は破壊され捨てられるということです。日本が台湾や朝鮮にした植民地政策とは全く違います。つまり日米同盟を強固にし集団的自衛権を確立するということは破滅への道を踏み出すことと同じではないでしょうか。戦後日本の再現への道へ踏み出すことだと思うのは私だけでしょうか。世界の現実を見ればそれしか想像できません。世界が見えない人たちが目先の自己利益のために政治をしているのはあまりにも悲しい事だしこの流れを止めるのは国民自身なのだが彼らの言葉に世界を見る目をふさがれて選択を誤ることは残念でなりません。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK140掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK140掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧