★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK142 > 331.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「決戦は参院選挙」という大ウソ (天木直人のブログ) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/331.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 1 月 05 日 12:01:25: EaaOcpw/cGfrA
 

http://www.amakiblog.com/archives/2013/01/05/
2013年01月05日 天木直人のブログ

 衆院選挙が終ったとたんに参院選に向けての動きが始まった。

 そして年が明けの政治記事は7月の参院選のことばかりだ。

 「決戦は参院選挙だ」という言葉がまるで合言葉のようだ。

 それを安倍自民党が言うのはそのとおりだ。

 参院選で過半数を取り、文字通り政権を安定させる。これは現実的な
目標であり、安倍自民党にとっては目指すべき現実的な目標だ。

 ひるがえって野党はどうか。

 維新の党やみんなの党がいくら協力関係を強化すると言ったところで
安倍自民党との対立軸にはなりえない。

 いま票を伸ばせなければ伸ばす時がないというような先の衆院選挙で
見事に完敗した共産党や社民党が今度は勝つと叫んでも国民は相手にし
ない。

 醜態をさらした未来の党が国民の支持を得るのはほとんど不可能だ。

 ましてやそんな野党が安倍自民党に対抗すると言って結束など出来は
しない。結束しても国民はついて来ない。

 そうなのだ。

 参院選の結果は明らかだ。たとえ大勝は出来なくとも安倍自民党が勝
ち、ねじれを解消する事はもはや自明である。

 メディアはそれを知っているからこそ、民主党の再生とか参院選が決
戦の場だなどという大ウソを繰り返して、政治番組を持たせているので
ある。

 そんな今年の政局を象徴するかのような社説をきょう1月5日の朝日
と東京が奇しくも一致して掲げていた。

 すなわち朝日新聞は「『私たち』を政治の主語に」と題し、期待に応
えない政治を嘆き、救世主を待つのは不毛だ、みずから政治に働きか
け、政治に情報公開を求め、市民の知恵を取り入れる仕組みを考えるほ
かはない、と言い出している。

 東京新聞は「『環視』という政治参加」と題し、政治が国民の望まぬ
方向に進まぬようにしっかり「環視」しなければならない、と書いてい
る。

 いずれも私が繰り返し主唱しているインターネット政党の目指す政治
である。

 おそらくこれから7月までの間にこのような論調は増えていくだろ
う。

 私が実現できるかどうかを問わず、みながインターネット政党なるも
のに向かって様々な動きを見せるようになるだろう。

 既存の政治の枠組みの中で、どの党がどの党と組んで参院選の得票を
伸ばすのか、どの選挙区で誰が勝つのか、などという事を語ること自体
がピントはずれの時代になって行くのである。

 安倍自民党政権が古い政治の最後の政権となる。

 そうさせなければならない(了)。


民主主義を考える―「私たち」を政治の主語に
http://www.asahi.com/paper/editorial.html
2013年1月5日(土)付 朝日新聞社説

 民主主義を考えたい。

 政治の病は、民主主義じたいが風邪をひいている表れのように思えるからだ。

 政治不信は深まり、政党の支持者は細った。人々は「支持」よりも「不支持」で投票行動を決めているようにみえる。根の枯れた政党は漂い、浮き沈みを繰り返す。

 不支持という負の感情を燃料に、民主主義はうまく動くのだろうか。政党が「共感を寄せてくれた大衆を失ってしまった」あの時代を体験した、政治哲学者の著作をひもとこう。

 ――共同体が壊れて人とのつながりを失い、見捨てられた思いを抱く大衆は、政党や利益団体の代表を始めとする「体制」に敵意を示す。敗戦や失業で不安が広がると、現実から目を背けさせてくれる物語を求める。

 だから、大衆は「ユダヤ人の陰謀」と戦うというナチスの虚構を信じた。ドイツ生まれのユダヤ人、ハンナ・アーレントは「全体主義の起原(きげん)」(1951年)で、そう読み解いた。

■「素人の知恵」集める

 どうすれば、人々と政治は、正の感情でつながれるのか。

 政治はサービス産業で、私たちは顧客。不満なら業者(政党)を代えればいい――。

 そんな感覚なら、幻滅を繰り返すだけだ。少子高齢化が進むいまの日本。だれが政権を担っても、満足なサービスを提供し続けるのは難しいのだから。

 だいいち、市民は客なのか。

 市民は陳情し、政治家は予算を引き出す。そんな関係を、ともに課題解決にとりくむ仲間に変えよう。東京都港区議の横尾俊成さん(31)はそう試みる。

 選挙公約には、市民との対話で出た提案を列挙した。

 けがをさせまいと遊び方を制限したりせず、やんちゃし放題の公園。駐輪場で自転車を借り、別の駐輪場で乗り捨てられる仕組み。実現に動き出すと、提案者から「できるんだ!」と喜びの声が上がる。

 インターネットでも、「若者の投票率を上げる施策」や「まちの掲示板の新しい使い方」を一緒に考えようと呼びかけ、議会につなぐ。

 「これまでは自治会や利益団体の代表の声が『民意』で、若い人の声は届かなかった。でも若者の課題を知っているのは若者自身。1人の偏った代表者より、100人の『考える素人』の知恵を集めることです」

 知恵を引き出すのが、政治家の役割だと横尾さんは考える。

 自分たちですてきな未来を創るには、暗いニュースより優れたアイデアを伝えるメディアが必要だ。NPO法人「グリーンズ」の鈴木菜央代表理事(36)はそう考えて、ウェブマガジン「greenz.jp」を発刊した。

 たとえば、こんな事例を紹介している。

■つながり直しで解決

 フランスのデザイナーのウェブサイトでは、帽子やマフラーを編んでくれるおばあちゃんを指名できる。ロックが好き、といった情報や写真で選ぶ。客が感謝を伝え、おばあちゃんとの交流が始まる。

 「人のつながりが希薄な社会になり、『つながり直し』で課題を解決する動きが広がっている。シェアハウスも、洋服を交換するネットワークもそうだ。ただ、そんな動きを後押しする政策を提言しようにも、市民と政治の距離はあまりに遠い」

 距離を埋めるため、「せんきょCAMP」運動を始めた。衆院選前後の1カ月間は東京・渋谷のビルのフロアを借り、だれもが参加できる対話の場に仕立てた。

 「他人ごと」な政治を「自分ごと」にするため、「ほしい未来は」「あなたは何ができる」を話し合い、政治家を含むゲストと意見を交わす。呼応する動きは全国15カ所に。参院選に向け、さらに広げたい考えだ。

 いまの政治について尋ねると、こんな答えが返ってきた。

 「永田町という狭い農場で、痩せた土にニンジンを植え、枯れたら赤カブに換える、なんてことを繰り返しても仕方ない。市民の対話を広げ、参加の場を無数に用意し、各地に豊かな生態系を育むことです」

■有権者から主権者へ

 期待に応えぬ政治を嘆き、救世主を待つのは不毛だし、危うい。簡単な解決策を語る者は、むしろ疑うべきだ。

 市民みずから課題に向きあい、政治に働きかける。政治は情報公開を進め、市民の知恵を採り入れる仕組みを整える。

 投票するだけの有権者から、主権者へ。「民」が主語となる本来の民主主義へと一歩、踏み出すしかない。

 横尾さんは、街を掃除する若者たちのNPO法人「グリーンバード」代表でもある。全国や海外で43チームが活動する。

 「みんなで汗をかき、周りから『いいね!』と言ってもらえるのは楽しい。政治もみんなで楽しく、かっこよくやりたい」

 賛成だ。私たち自身が主語ならきっと、民主主義は楽しい。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 乃依 2013年1月05日 12:16:20 : YTmYN2QYOSlOI : 9bzCdKdI5o
気持ちも分かるが、即席では議員は生まれない。
衆院選での「ムサシ」問題をまず追求して、
現状での野党勢力を支援してもらいたい。

参院選次第では、安倍政権を自爆解散に追い込むこと
もできるだろう。


02. 2013年1月05日 13:07:01 : OALqrK6kf6
小沢たちはそうでも言わないと士気の問題があるだろう
当然のことだ

参院選で何かが変わる訳じゃない
衆院選ですらそうだった。候補者数から見れば

しかし、もうそろそろ形を見せないといけない
政治家だけじゃなく、国民も暗中模索
その中で、何かを残さなければ

小沢たちは惨敗した。それでも容赦なく攻撃してくるのは
それすら困るからだ。芽を摘んでおきたい

メディアだけじゃない、ハシシタやみんなの党、共産党も、命を帯びて動いている
闘うことだよ


03. 2013年1月05日 13:10:11 : GLvJufe95E
民主党が野党として自民党を追及することはできない。民主党が自民党と同じ考えだと分かった以上民主党自体が自己矛盾に陥る事を意味するからです。みんなの党、維新もまがい物を含んでおり選択できません。「生活の党」が前面に出て独自の選挙戦をして勝利しない限りこの国は間違いなく翼賛政治で目も当てられなくなりそうで不安があります。

04. 2013年1月05日 13:42:53 : I0MzRjctZc
選挙結果がおかしい
原発反対党だけが激減して
原発推進派議席がどこも倍増してる

小選挙区マジックがあるにしても、操作されてる可能性がある

このまま 参議院選挙に突入する前に 検証が必要だろう 


05. 2013年1月05日 13:53:46 : v1ygxWNbzs
今回の異常な選挙結果を忘れないように、常にこの掲示板から消してはならない。

開票速報の途中経過から、最後になるほど異常な結果出した地区の解析は絶対に
調べるべきだ。


06. 2013年1月05日 16:02:25 : E1FgOAFVNj
不正選挙とマスゴミ報道をなんとか
しないと暗黒時代に逆戻りだ

07. 2013年1月05日 16:15:42 : puEJE4J2hY
あほらし,
支那は日本から尖閣を奪って台湾や沖縄の併合を狙っている.目的は日本の属国化と,支那原潜の太平洋進出により核ミサイル対抗能力で米国と互角に持ち込むことだ.日本人というのはまことに脳天気.特にサヨク脳とそれが溢れるマスコミには手が付けられない.韓国が中国の属国化するのは既に時間の問題だ.参院選では保守勢力が勝って,支那に対する防衛力強化を急がねば,亡国まじかである.

08. 2013年1月05日 16:39:24 : VbWAbFllIA
天木氏はさすがだ。
その通りで今年の参院選はよほどの失態が無いかぎり自民の勝利となる。
コメントには不正の字が躍っているがこれはまずない。
むしろ小選挙区マジックが最大限出てくるだろう。
結局7月の選挙は国民にとって余り関心の無いものになるはず。

マスコミは今回の選挙と同じで公示後に選挙予測を大きく報じて
自民の勝利を国民に毎日知らせるはず。
そうなれば国民はもういいなと言うことで選挙に行かない。
7月の参院選は投票率は60%を切ると予想する。


09. 2013年1月05日 17:12:03 : 42anFdXZjs
この先、アベが主張している事はほとんど実現していくんじゃないかな。
原発は再稼働され、国防軍、徴兵制も進められるだろう。
世の中が変わるとしたら大地震などの天災、戦争などによってこの国が滅茶苦茶
になる事くらいしか考えられない。
なんとも嘆かわしい事だけど、この国に明るい未来があるとはとても思えないです。

10. 2013年1月05日 17:30:14 : 3PJAqRzx3M
>>07
>支那は日本から尖閣を奪って台湾や沖縄の併合を狙っている.

日本も明治時代に併合してたんだけど。



11. 2013年1月05日 17:36:21 : qLIEaGICMw
希望はある。

ウソの宣伝に支えられた政権などそのウソがばれれば瓦解するはず。民主党は衆院300議席から60議席未満になった。

マスコミのウソを晒せば自民党にもそして維新の会にも同じことが起こる。この正月休み小沢が悪いと教えられてきた何人かの人に合った。そしていつまでテレビ、新聞を信じているのかと一喝しておいた。キミ達は原発を再稼働させたいのか、消費税を上げてほしいのかと、実態を知っているのかと。

別の見方があるのかとびっくりしていた。もちろん有効な反論などない。出来ない。


12. 2013年1月05日 17:48:54 : hWDtSK5qAc
ま、参議院選も自公有利でおそらく過半数に持ち込むと思うけど、それを「決戦」と報じるのが「大嘘」とは!(笑)政界は一寸先は闇という言葉もあるだろうに。この人、本当に、感情と主張の振幅が大きいな。やはり、大使にしとかなくて良かった。外務省を辞めたのは正解。ネットという検証されることの少ないメディアに活路を求めていることも正しい選択だろう。

13. 2013年1月05日 18:22:26 : Td6DRCXaPE
11さん、例えば下記の事が周知されれば、確かに変わるかもしれませんね。前回の安倍政権発足当時を思えば、その後わずか一年で辞任する事になるとは誰も思わなかったでしょうし。

「原発狂の自民党が、福島の人らに約束したこと!ど〜ん!」
 http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/368.html
投稿者 mainau 日時 2012 年 12 月 19 日 19:35:26: GgaPs4QXWLwO2


14. 2013年1月05日 18:59:58 : 3CA33bB8tU
インターネット政党
天木さんは言うけれどどの位の人がネットから情報を拾っていると思っているのだろうか、私の周りでは息子以外は皆無なんだけどね
自分がネットしているからといって周りの人もやっていると思ったら大間違いだよ

15. アカラサマなゲスバカども 2013年1月05日 20:12:23 : f3aPSwYN4eyKI : EDqRUp5neg

天木さん、何を言いたいのかさっぱり分からなんな。
大体、朝日と東京新聞の社説を並べて、なんだと言うのか?
両者の主張していることは相当に違うと思うが。

東京新聞の社説には明らかに自民党に対する警戒が含まれている。
「圧倒的多数を得たからと言って何でもやっていいわけではない。
だから国民は監視しなければならない」という主張が読み取れる。
最後の小見出しに「主権者は国民自身」とあるのはそういう意味合いだ。

それに比べてゲスの朝日の社説はどうか。

タイトルの“民主主義を考える―「私たち」を政治の主語に”
この「私たち」とは国民のことじゃない。
自分たちのことだ。

「国民の皆さんが主役ですよ」と朝日が認めていると読者に錯覚させるための
いかにも朝日らしい品性下劣な社説だ。

> 賛成だ。私たち自身が主語ならきっと、民主主義は楽しい。

そりゃ楽しいだろうよ。
お前たち自身、すでに「主語」になってるものな。
お前たちが主語になり、国民をだまし洗脳する歪曲報道や中傷報道を繰り返し
その結果、自分たちが望む政治と国の仕組みをしっかりと守り、手にしているんだからな。

そりゃ楽しいだろうよ。
自分たちを主語にして、何もかも思うままに動かし、
それを「民主主義」だと国民に思わせてるんだからな。
お前らが主役の、楽しい「民主主義ごっこ」だろうよ。

だが国民も気づき始めている。
お前らのやってることが、戦争を煽った戦前と全くおんなじだってことにな。

いつまでも国民がだまされたままだと思うなよ。
クビを洗って待ってろ。


16. 2013年1月05日 22:47:42 : hojCToi8e2
  朝日新聞が「期待に応えない政治を嘆き、救世主を待つのは不毛だ、みずから政治に働きかけ、政治に情報公開を求め、市民の知恵を取り入れる仕組みを考えるほかはない」などとヌケヌケと書いていたとは笑止千万である。
まるで後家さんを手籠めにして仏の途を説いているエロ坊主そのものである。これまでの小沢氏に対する報道は何だったのか!憤りを覚える。
朝日新聞よ、せめて頭ぐらい丸めてから言え!

17. 2013年1月06日 00:52:10 : yoeFA9cg8Q
天木さん

なんで不正選挙について言明できない?ここで声を出せなかったらあんたの値打ちはないよ。そんなに臆病なのか?間抜けなのか?見てるがいいとか言うが殆ど先見の明というのがないじゃないか?

昨年の春も小沢無罪とか言っていたがあんた甘すぎる。メルマガを有料で出せる人じゃないぜ・・・。応援したいがちょっと無理だな。


18. 2013年1月06日 01:04:56 : QBrYpzDGwo
 朝日はリベラルな振りして、いざとなったら何も言わず、事が解決してから確かにそうだった、とか言う卑怯な新聞ですよ。どこもそうだけど。でも、リベラルな風を装って実は腰が引けているほど性質の悪いメディアはないからね。最初から右の方がまだ分かりやすくて正直だ。
 私たち、というのもどうとも取れる言い方だ、読んだ人は皆自分たちのことだと思うが、実は庶民から経団連まで、皆「私たち」だから、受け取る側の立場によってどうとも取れる、人をバカにした、いい加減な文章だ。
 たしか、君が代の君も天皇のことだから時代に合わないという声に対し、いや、君というのは「あなたの世」という意味だから、という声もあったな。
 全くいい加減な国だな。
 
 

19. 2013年1月06日 01:57:57 : KG6ZlffDXo
朝日のゴミ新聞め、上から目線で、えっらそうに。
クズのブンヤの分際で、ほざいとるわ。
まさに、16番さんのおっしゃる通りだ。

20. 2013年1月06日 14:53:28 : mob25tFWno
☆決戦は参院選挙という大嘘 もっともである。暗黒の恐怖に甘味料たっぷりの大嘘コーティング!国民の必死の抵抗力をスポイルするいつもの手口。

☆不正選挙追及には勝ち目はある。この勝利の希望の共有が若い精神の間に急速に拡大中だ!展開をおおいに協力促進しよう!

@まず、目標は不正選出ナチス新政権が再選挙決定により消滅すること。
A悪くとも、原発利権の筋から、国民に重大損害を負わせる敵対ナチス勢力の反原発弾圧目論みという本質理解の拡散から大打撃を与えること。

 どちらにしろ、勝ち誇り、のし歩き始めた日本対米従属既得権益モンスターは、不正選挙露見で、実に多くの隙∞弱点≠たった今″走ッの前に晒しているのだ!ここで戦わなくてどうするか?

 デフォルト大国コントロールの日本支配怪獣はくっきりと姿を現している。

○遠い所から傍観して対米従属怪獣を素通りさせ日本完全支配の目論みを達成させるか、○自ら接近して戦い、矢を放ち、槍で突き致命傷≠負わせるか、これが日本の分かれ道だ。○数多くの不正選挙追及の勇者の放った矢が怪獣に、数多くの深手を負わせている。

○うつむき目をそらし傍観のみのプライドだけは高い不甲斐ない役立たず抵抗力喪失洗脳被害臆病者集団以外、女子供にもこの言葉の武器≠取らせ、日本破壊の怪獣と戦わせよう。目前にあるのは、本当に明日日本が無くなるかどうかの戦いだ。


21. 2013年1月06日 15:45:43 : 2Fk0yTp3eA
決戦は選挙違反追求以外にあるか!

22. 2013年1月06日 17:47:15 : CAV9FZQWZc
この気持ちの悪い朝日の社説を天木さんは感心しているのでしょうか
選挙前のでたらめ報道がまんまとうまくいった余裕で少しまともらしいことを書いてごまかしている戦中戦後の一時期と全く同じパターンです
あれほどたたいた小沢裁判の判決に何の検証記事もないですし、選挙前の小沢無視報道がなんだったか思えば今更何の社説かきもちが悪いったらないですよ
こうしてメディアに取り込まれてゆくのがよくわかります


23. crites 2013年1月06日 17:48:24 : Lb4g7GWIhFnZM : BlM88rLvnA
この御仁、熱しやすく冷めやすいタイプか。ついこの間まで、やけに小沢を持ち上げていたような気がするが。

朝日や東京が言っていることは「主権在民」を言い換えただけである。国民が特定の政治家を支持し、その政治家が代理人として政治を行なうという現在の制度とどう違うのか?「支持」の仕方の目先を変えただけではないか?

小沢が民意の受け皿を作るために与党を割ったことを、この連中はきちんと評価していたのか?国民の生活が第一は政策に対するパブリックコメントを募集していたが、朝日が言っているのはこういったこととは違う、なにか想像もつかない素晴らしいことなのか?

いずれにしても、こういうことは有権者に嘘をついて消費増税を言いだした時に言ってほしいものだ。あの時点で日本の政治は危機に陥った。安倍右翼内閣になって初めて危機に陥ったのではない。

>既存の政治の枠組みの中で、どの党がどの党と組んで参院選の得票を伸ばすのか、どの選挙区で誰が勝つのか、などという事を語ること自体がピントはずれの時代になって行くのである。

「どの選挙区で誰が勝つのか」が問題にならない?どうも雲を掴むような話で、何を言っているのか分からない。そういう制度があと半年ほどで出来上がるのか?それとも今度の参院選は諦めて負けましょうということか?こんな敗北主義で政治がやれるのか?

政治家の離合集散ばかり見るから間違えるのである。順序が逆なのだ。

まず「原発」をはじめとした重大な問題があり、その重大性は選挙の前後で全く変わりがない。

次に与党自民党はそれらの重大問題に対して旗幟鮮明にしているので、明確な対立軸がある。

そして相当数の批判票が存在する。

だから政治家は、そこに捨ててある批判票を拾い上げるだけでいいのだ。国民は投票しようと待ち構えているのである。実に単純な話だ。小沢には当然それが分かっている。いまの小沢の元気は空元気ではないだろう。

このことを政治家に理解させる方法はいろいろある。それこそ小沢一郎が一人一人説得して回るという旧式なやり方でも構わないのだ。

そして国民がそれを援護射撃する。投書、献金、デモ参加など、援護射撃の仕方はいろいろある。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK142掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK142掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧