★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK142 > 690.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
オリーブの木ではなく、一本の巨木を目指せ (稗史(はいし)倭人伝) 
http://www.asyura2.com/12/senkyo142/msg/690.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 1 月 17 日 09:30:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://yamame30.blog103.fc2.com/blog-entry-391.html
2013/01/17 【稗史(はいし)倭人伝】


小沢一郎に対するマスコミの悪意に満ちた姿勢を考えると、『オリーブの木』と言う戦略は現実的な選択だったのかもしれない。
だが、主木として選んだ木は余りにもひ弱でか細く包容力に欠けるものだった。

しかし、もともと集めるほどのオリーブの実などなかったのだ。
ドングリを少しばかり拾い集めてもしょうがない。
自民・公明・民主・維新・みんな。
どれもすべて向こう側の陣営なのだ。
そして向こう側には”共産主義”を口にしなくなった共産党まである。
反・自民の票を分散させることだけが役割の党である。
もはや共産主義など信奉していないくせに、絶対にその名は捨てない。
自分たちの存続こそが自己目的化している政党である。

生活の党の周りは敵だらけなのだ。
生活の党というより、小沢一郎の周りと言ったほうがいい。
だがこの4年間で、小沢一郎の最大の敵はマスコミであることもはっきりした。
一人では弱いくせに、集団になると急に居丈高になる。
かれらが日本の政治的土壌を腐敗させてきたのだ。

今や、”政治と宗教”、”政教分離”という言葉などとんと聞くこともなくなった。
精々、靖国参拝に関連してまれに取り上げられる程度である。
近年、公明党と創価学会の問題を正面から取り上げたマスコミは皆無であろう。
この正月、テレビで繰り返し”聖教新聞”のコマーシャルが流れた。
もはやマスコミにとって、”政治と宗教”の問題はタブーを通り越して、無視していい問題になってしまったようだ。

NHKのドラマ志向も度がすぎている。
NHKの聴取料はほぼ強制的に取られる。
税金と同じである。
もはや国家が国民に税金を使って娯楽を提供する時代は終わっている。
たがマスコミはNHK批判は行わない。
NHKが民営化でもされると、テレビコマーシャルをごっそり持って行かれてしまうという恐怖心からだろう。

バラマキ4Kという言葉を行き渡らせたのもマスコミである。
いまではだれも”高速道路無料化”など口にしなくなってしまった。
言ったとたんに、『バラマキ』という言葉が返ってくる。

安倍がやると”アベノミクス”だとか。
マスコミはたまに「財源は?」と尋ねるが、アリバイ作りに過ぎない。
本気で追求する気がないのは余りにも明らかである。
世界で最も早くそして最も長く金融緩和を続けてきたのは日本である。
金融緩和が景気回復に効かないのははっきりしている。
多分、”景気”という段階を通り越して、経済基盤そのものに問題があるのだろう。

”政治評論家”という肩書きの”政界リポーター”が跋扈している。
彼らは、政策の解説や批判ではなく、政局話を飯のタネにしている。
彼らの財産は政界人脈にどれだけ通じているかということだけである。
芸能リポーターと同水準である。
テレビは一つのワイドショーの中で政治も芸能もスポーツも同じレベルで流している。
見る側も同じ人間が同じ関心度で見ている。

そしてマスコミは、相も変わらず電話調査というお金のかからぬ世論調査を繰り返している。
発表されるのは、消しゴムを片手に鉛筆を舐めながらいじくり回した数字である。

低級な政治家と低級なマスコミが二人三脚でこの国を壟断している。
こんな中で小沢一郎と歩調を合わせる政党など存在できない。
小沢側で歩調を合わせようとすると、自己の存在感を薄めることになる。

総選挙では深傷を負ったが、命まで取られたわけではない。
とことん高く理念を掲げ、政策を練り上げ、武装し、戦うことが復活への道である。
事実と論理をもってマスコミと戦え。
ときには法廷で戦うことも必要だろう。
もはや自分たちが巨木に成長するしかないのだ。
そのためには、「戦う小沢一郎」の姿が一番なのだ。


それにしても、とんでもないバカ女をオリーブの木に選んでしまったものだ。
敵に攻撃されると、言い訳のために味方を生け贄に差し出す。
敵には完全に舐められるばかりである。
敵はおもしろがって何度でも攻撃してくる。
その都度、オロオロして醜い言い訳を繰り返すバカ女。
名前は言うまい。


今年最初のブログだが、愚痴ばかりになってしまった。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 新自由主義クラブ 2013年1月17日 09:48:39 : 41xQYjMxutK66 : Od3zRGIrsM
「『小沢カルト教団』は純血主義を貫き、他のあらゆる政党・政治集団と決して交わるな」と、このブログは書いている。

この主張に賛同する。

『小沢カルト教団』である「生活の党」は、民主党・日本維新の会・みんなの党・自民党・社民党・国民新党・みどりの風・新党大地・共産党・公明党・新党改革には、決して近寄ってはならない。


02. 日高見連邦共和国 2013年1月17日 12:31:27 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A

>01 『新自由主義クラブ』

>「『小沢カルト教団』は純血主義を貫き、他のあらゆる政党・政治集団と決して交わるな」と、このブログは書いている。

どこをどう読めば、そのような“曲解”が可能なんだよ〜

まごうかたない不変の“政策”を一本の不動の旗印に掲げよう、って話しだ。

頭ダイジョウブ、デスカー!?


03. 日高見連邦共和国 2013年1月17日 14:45:38 : ZtjAE5Qu8buIw : mFuG9qQlTk

>01 『新自由主義クラブ』=『米犬』

他のスレでも書いたが、私にカウンター喰らって“その後だんまり”って、かなりカッコ悪いゾ!?


04. 米犬 2013年1月17日 18:17:05 : PUHl6PtDGaXFs : 4Q80R8Zler
>「『小沢カルト教団』は純血主義を貫き、他のあらゆる政党・政治集団と
>決して交わるな」と、このブログは書いている。

素晴らしい! 小沢真理教

>まごうかたない不変の“政策”を一本の不動の旗印(小沢氏の金精様)を掲げる

控えおろう! 小沢氏金精様じゃ またがっているのは森氏と三宅氏・・と思う
http://www.youtube.com/watch?v=-YPfNPhVnXw


05. 2013年1月17日 20:59:58 : c1Bz5Bn8FI
私は幼い頃、コロッケの森進一のまね顔を真似しながら、ド演歌風の節をつけてよく歌っていた。

     地獄への道〜〜〜 オ〜〜ム真理狂〜〜〜

今日はこう歌おう

     地獄への道〜〜〜 汚沢〜金精狂〜〜〜


06. Panbet 2013年1月18日 12:05:11 : 4eawpyhzNkpGg : pR4QO9B1mQ

”オリーブの木”構想はまだ脈はあるが、日本未来の党の惨敗、分裂などで、当面可能性は遠のいた。
 政治に不可欠なのは、古今東西を問わず”マキャベリ的知性”と呼ばれる冷徹な知性である。たとえば、大久保利通、リンカーンなどは典型的なマキャベリ的知性人だ。
 この観点からすると、釈迦に説法だが、今小沢さんたちは、海江田民主党との連携を真剣に模索してほしい。急いてはことを仕損ずるという言葉があるが、逆に証文の出し遅れというのもある。まさに戦略的マキャベリズムが求められるときは今だ。 

07. 「生活党応援団」 2013年1月18日 16:46:04 : gx0s7Tp1IhHJo : qlkXI8mPKQ
民主党に対して財源があるのかというくせに、安部に対してはアベノミックスで片付けてしまう。国民もマスコミを無批判に受け入れるのではなく、もっともっと批判的な態度でマスコミのいうことを聞こう。

08. 日高見連邦共和国 2013年1月23日 11:23:20 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A

>04 『米犬』=『新自由主義クラブ』

私にカウンター喰らって“その後だんまり”、あげくの果てに“ペンネを変えて”
ワザワザ再登場!!!

カッコ悪りい〜、の極致、ここに極まれり!!!


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK142掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK142掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧