★阿修羅♪ > 社会問題9 > 331.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
共同体を破壊する内部の「なりすまし」〜その存在とは・・菅直人であった? 政党不信の深層!
http://www.asyura2.com/12/social9/msg/331.html
投稿者 墨染 日時 2013 年 4 月 03 日 17:03:25: EVQc6rJP..8E.
 

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=274232

共同体経営こそ、日本に根付いた集団統合の原点でもあり、集団結束力の強さでもある。
しかし、本源的な受入れ体質故に、マイナスをも受け入れてしまう脆さを持ち合わせている。
そのマイナスは、時として仲間になりすまし集団や社会を破壊に導く存在となる。

「なりすまし」をして内部侵食するワナに、日本の社会は弱い
リンク より

日本人にはひとつの大きな美点がある。とても大きな美点だ。

それは「身内」「仲間」「会社」「社会」「国」という共同体と密接に協調し、引き立て、信じるという点である。

一見すれば、そんなものは当たり前で、どこでもそうだと日本人は思うかも知れない。しかし、海外ではそうでないことが多い。
国も、社会も、会社も、仲間も、まったく信じていない国民も多い。一部の国では国民が国を信じていないし、指導者が国民のことをまるで考えないで私利私欲に走る。

あなたも思い当たる国がいくつかあるだろう。

日本人は、時には自己犠牲すらも伴う信じ方をする。自分の利益よりも組織の利益を優先するような希有な行動を自然にできる資質を持っている。
個人プレーよりも、組織を優先するのである。だから、「日本人ひとりひとりは弱いけれども、組織は強い」と評される。
それが日本の特質である。

■危険な意図を持った「なりすまし」
しかし、その特質は逆に言えば、大きな弱点を抱えることにもなっていく。

どういうことか。

それは、「内部の裏切り」に非常に脆いということである。
あるいは、「トップの裏切り」にも危険なまでに脆い。
日本人は、身内・同僚・仲間・年長者を非常によく信じてそれが長所になるのだが、この部分で裏切りが出ると、組織全体が総崩れになってしまう。
誰かが最初から裏切る意図で仲間に「なりすまし」て身内になってしまうと、容易に攪乱され、組織が変質し、乗っ取られたり、崩壊させられたりする。
組織と協調する、仲間と協調するというのは、仲間を庇う、仲間の問題を隠蔽するということだ。

「なりすまし」の人間がそこに入ると、組織を守るという意思が働いて、危険な「なりすまし」の人間を取り込んでしまうのである。
その「なりすまし」が実は最初から裏切り者だという点は意図的に考えないようにする。あるいは気がついたときには、もう遅かったりする。
日本人は無意識に「内」と「外」を分けて、「内」の結束を強めて世間に立ち向かうが、逆に言えば「内」に敵が潜り込んでしまうと立ち向かえなくなる。
だから、日本人の精神性や社会基盤にとって、最も危険なのは、危険な意図を持った「なりすまし」が潜り込んで来ることである。

■なりすまして組織に潜り込み、破壊工作
共同体に対して、自然に犠牲を伴うような行動をする日本人の特質は、「組織になれば強い」「団結すれば強い」ということである。
ならば、その日本を瓦解させるためには、どうすればいいのか。
答えは非常に簡単だ。

・組織をバラバラに崩せばいい。
・不協和音で団結させなければいい。
・組織のトップを乗っ取ればいい。

どのように、そうすればいいのか。
それが「なりすまし」の手法である。
あたかも「味方である」「身内である」「仲間である」と言う顔をしてなりすまして組織に潜り込み、身内になってから破壊工作をしていく。

「なりすまし」の人間は、最初から裏切りが念頭にある。いったん内側に入り込めれば、まわりが全員信じてくれるから、非常に楽に破壊工作ができてしまう。
仮にその組織のトップになってしまえば、組織を丸ごと自分の都合の良いように導くことができる。

もともと組織をそれほど信じていない他国でも「なりすまし」は非常に危険視されており、いったん間違った人間がそこにいるとなると、非常にドライに切り捨てる。
しかし、日本は「身内を守る」という心理が優先して、「なりすまし」が入ってきても排除できないことが多い。
身内を信じるという無意識も手伝って、最後まで「なりすまし」が裏切り者だと気がつかないこともある。

つまり、日本の社会や特性を破壊するためには、「なりすまし」をして組織を攪乱・破壊・乗っ取り工作をするというのが、最も効果的なのである。

(中略)

■セキュリティー・クリアランスの審査
国家にとっても、企業にとっても、あるいは各種の共同体、団体、組織にとって、組織として存続するために多くの機密や重要情報を持ち合わせている。
何気ないメール文書ひとつでさえも、人間関係が分かるという意味では機密に属するものでもある。

「なりすまし」で、もともと裏切るために入ってくる人間は、こういった情報をすべて漏洩し、自分たちの都合良く、破壊工作のために使っていく。
そうやって組織が破壊され、日本が破壊されていく。

今、日本の組織の多くが「なりすまし」で汚染されている。それが日本の弱点なのだから、一番弱いところを突かれるのは当然のことだ。
この事実に危機感を覚えるのであれば、日本人がやるべきことはひとつしかない。「なりすまし」を徹底排除するか、もしくは「なりすまし」のない組織を作るか、である。

アメリカでも、イギリスでも、フランスでも、欧米先進国は、当たり前のように、機密情報を扱う人間に対しては、セキュリティー・クリアランスの審査がある。
要するに、任務を遂行するに当たって、セキュリティーを守れるかどうかの適性を見るのである。

・国に対して忠実か。
・外国に妙な影響は受けていないか。
・人格に問題はないか。
・法律は守れるか。
・不正はないか。

これは、要するに「なりすまし」を排除するためのものである。当たり前にしなければならないのだ。
重要な情報を扱う組織になればなるほど、セキュリティー・クリアランスの適性審査は厳しくなり、その裏切りには法的な罰則も強くなる。

日本は、その当たり前ができていない。
だから、組織に「なりすまし」がどんどん入り込み、日本の政府も、企業も、組織も、すべて弱体化した。

「なりすまし」は徹底排除すべきである。

(引用終わり)

この「なりすまし」存在こそ、国家統合や集団統合を阻む元凶であると言える。外から攻められるより、内部の共認秩序崩壊の方が遥かにそのダメージは大きい。
これから共認原理で統合される企業集団においても国家においても、集団破壊の要因でもあるこの「なりすまし」存在を、今後どう整除するかがこれからの課題と言えよう。中村英起 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年4月03日 20:06:04 : sIFkxh0qhc
あんたはなりすましでないのか。祈るのみだ。

02. 2013年4月04日 22:46:07 : jthrzTgzHs
昭和30年代の統一・創価の暗躍が現在の元凶であったような気もするな。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 社会問題9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧