★阿修羅♪ > 社会問題9 > 665.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
肉体関係なしの既婚者恋愛「セカンドパートナー」のリアル 性行為さえしなければOK!? 既婚者に広がるプラトニックラブ
http://www.asyura2.com/12/social9/msg/665.html
投稿者 軽毛 日時 2016 年 6 月 04 日 08:02:31: pa/Xvdnb8K3Zc jHmW0Q
 

JAPAN Another Face
2016年6月4日 秋山謙一郎 [フリージャーナリスト]
肉体関係なしの既婚者恋愛「セカンドパートナー」のリアル
性行為さえしなければOK!?
既婚者に広がるプラトニックラブ

「不貞行為にならないよう、気をつけています。既婚者同士なら当然のことです」。

 東京都世田谷区に住む主婦兼個人事業主のメグミさん(44)は、起業家志望者が集まるセミナーで知り合ったという、同じく既婚で7歳年上の上場企業勤務男性(51)と“大人の精神的恋愛”を楽しんでいる。関係を持って、かれこれもう5年になるそうだ。メグミさんはいう。


法で定められた不貞行為に当てはまらなければOKーーそんな価値観で繰り広げられるセカンドパートナーとの恋愛。性行為をしないだけで、かなり過激な行為に及ぶカップルも少なくない
「法で決められた“不貞行為”にさえならなければ、既婚者同士男女の恋愛は問題ないということです。いけませんか?」

 メグミさんと彼の関係は、既婚者同士、互いに恋愛感情を持ちつつも決して体の関係は持たず、双方の配偶者との別離も望まない――いわゆる、「セカンドパートナー」の関係だ。メグミさんが語る。

「わたしも彼も既婚者です。既婚恋愛ではお互いの配偶者への配慮が必要です。絶対に配偶者を傷つけるようなことはしない――だから決して体の関係は持たない。そう決めています」

 体の関係こそないというメグミさんと彼だが、交際してから現在までの5年間、週に1度ないし2度、短い時間でもかならずどこかで会い食事やお茶を共にしている。電話やLINEのやり取りは毎日欠かさないという。デートの際は、手を繋いで歩くこともあれば、別れの際はハグ、時には東京の繁華街、銀座や六本木の路上ででも熱いキスを交わす。

「判例でも手を繋ぐ、ハグ、キスは“不貞行為”と認められていません。なので法の制約の範囲内で互いに愛し合っています。さすがに体の関係があるとなれば、それは不倫関係であり“不法行為”でしょう。でもそうでなければ法的に非難されることはありません。だから誰からも何も言われることはありません」

 大学では法学部だったというメグミさんがこう話すように、実際、「手を繋ぐ、キス、ハグだけで不貞行為と裁判所が認めるにはハードルが高いところもある」(離婚問題に詳しい弁護士)ようだ。

「手を繋ぐは“介添え”、キスやハグは“挨拶”という考え方があるからでしょうか。不貞行為と認められるのは、極論すれば性行為を行っている真っ最中の写真です。実際に不貞行為があったかどうかはさておき、ラブホテルに20分以上滞在したことが立証できる証拠があって初めて、裁判所は不貞行為と推認できます。ラブホテルは性行為を行う場所という前提ですから」(前出・離婚問題に詳しい弁護士)

 ちなみにこの弁護士によると、「性行為」とは一般的に「男性器を女性器に挿入する行為」と理解されているという。手淫、口淫も拡大解釈すればこれに含まれるものの、離婚を巡る調停や裁判といった実務の場では決定的な離婚事由とするには、ややインパクトに欠けるという。

心と心が繋がった関係に充足
夫とは逆に仲良しに

 性行為さえしなければ、不貞にあらず――。不貞行為に関する判例は、なかなか強引で、俗にいう「浮気」の解釈よりもずっと範囲が狭いのだ。そして、そんな判例を知ってか知らずか、メグミさんは疑われるようなことは一切しないことを徹底的に心がけている。

「ラブホには行きません。代わりに利用するのが個室のあるレストラン、シティホテルや民泊、スーパー銭湯の貸切風呂(『家族風呂』などの呼び方もある個室風呂のこと)です。ここなら2人で静かに時間を過ごせますから」

 2人きりで過ごす個室では、「互いに体を洗ってあげたり」「彼からもらった洋服を着て見せてあげたり」「プレゼントしてくれたランジェリーを彼の手で身に着けてもらったり」して過ごす。ここまでの行為をしても肉体関係には至らないという。さらに続けてメグミさんが語る。

「互いの心と心が繋がっているので。セックスを飛び越えた深い絆です。でもこうした関係のほうが彼の奥様からするとお嫌かもしれませんね。もしかしたら不快に思っておられるかも……」

 この肉体関係を伴わない既婚者同士恋愛、「セカンドパートナー」関係を結ぶ人たちは、アラフォー、アラフィフで、比較的高学歴な男女が多いようだ。今、注目されつつある新しい男女関係の形態だ。その関係を持つメリットはどこにあるのか。メグミさんに聞いた。

「婚外にもパートナーがいれば精神的にも余裕が出るのでしょうか。夫婦間で揉めることがなくなりました。だから些細なことで子どもを叱ることもほとんどありません。夫と彼、ふたりの男性に愛されているので常に満ち足りた気持ちでいられます。彼とのお付き合いが深くなってからのほうが、夫婦の仲もよくなりました」

 限りなく性的関係に近い。でもギリギリのところで「(性的関係とは)違う」といえる。そんな危うさを2人して、どこか楽しんでいるようにさえみえる。

 さて、不倫の関係では、よく「特殊性癖」が介在するとその関係は長続きするという。肉体関係を伴わない既婚者同士の恋愛でもこうした傾向が見受けられる。

 大阪府大阪市に住む専業主婦のヒロコさん(43)は、SNSで知り合った既婚の企業経営者男性(46)の彼とSM関係になって3年目。多い時で週に1度、少ない時で月に1度程度、逢瀬を重ねているそうだ。その関係はどんなものかヒロコさんに聞いた。

「実際に行為におよぶのは月に1度程度です。お互い、憧れや恋心よりも、趣味…性癖を互いにさらけ出し語り合えるというところからスタートした関係です。いきなり性の関係から入っているので、お互い気楽になんでも言い合える心地良さがあります」

 だが“性”の関係から入っているといっても“体”の関係があるわけではないという。先に紹介したメグミさんたちのカップル同様、男性器の“挿入”を伴えば、それは性行為であり不貞行為だ。もしそんな不倫関係になれば互いに罪悪感に苛まれ、配偶者や子どもたちの顔がまともに見られない。そんな思いがそこにはある。

「セクシュアルな要素を含む“ごっこ遊び”。それがわたしと彼が考えるSMという非日常世界なのです。この世界では彼がS役(サディスト:虐める役、時に“飼い主”などと呼ばれる)で、わたしがM役(マゾヒスト:被虐される側)です。でも、これはあくまでもお遊び。プレイなんです。わたしと彼、お互いにSとMという役割を演じることで自分自身の心を解放する――そんな関係です。だから“挿入”はしません」(ヒロコさん)

配偶者からは得られない
心と体の渇きを癒す

 ヒロコさんと彼の関係は、SMというセクシュアルな部分を除けば、「メンターとクライアント」の関係を彷彿とさせるものがある。「なんでも話せる相談相手、それが彼です。日常ではわたしだけのカウンセラー。非日常ではSMというお遊びのプレイメイト、わたしたちの世界ではその行為のことを“調教”といいますが、これを通してわたしのいけないところや直すべきところを躾けなおしていただいています」(ヒロコさん)

 ヒロコさんがSMプレイを通して彼から躾けなおされるのは、驚くべきことに「夫への感謝の気持ち」など、夫婦関係に立ち入ったそれも含まれているという。続けてヒロコさんが語る。

「わたしが夫への愚痴を口にすると、彼からは、『君はご主人から何もかもを与えてもらってばかりで、君からはご主人に何も返していない』と叱られ、お仕置きをされました。そのお陰か、彼と関係を持ってから、夫婦関係は以前にも増してよくなりました」

 ヒロコさんは、性行為は配偶者とするもの、それ以外の心と体の渇きは彼、すなわち「セカンドパートナー」で満たすものと分けて考えている。「専業主婦であるわたしにとって、夫という存在はもっとも大事にすべき人です。だからこそどう接したらいいのか。それを導いてくださる方がSMの言葉では“ご主人様”、日常では“セカンドパートナー”というか、友人というか。そうした関係にある異性なのではないでしょうか」

 さらに驚くべきことにヒロコさんと彼、互いの配偶者がセカンドパートナーの存在を知っているという。「色々、教えてもらっているお友達――としてお互い配偶者にはその存在を明かしています。そのほうが学生時代のお友達にも紹介できたりもするので。何かと体裁と都合がいいですから」(ヒロコさん)

 このヒロコさんや、冒頭部で紹介したメグミさんがセカンドパートナーに「心と心の結びつき」を強く求めているのに対して、性のみに重きを置いた関係もある。

 兵庫県神戸市に住む主婦兼フラワー・アーティストのワカコさん(42)も、SNSで知り合った既婚の自営業男性(45)と体の関係はないが、時折、「大人のお遊び」(ワカコさん)に付き合う関係だという。その様子をワカコさんがこう明かす。

「最初は彼からのお誘いでした。でもあまり気乗りしなくて…。しかし、あくまでも“お遊び”と割り切って体験してみると大勢の男性からマッサージを受けているような気持ちよさ、すっかりハマってしまいました」

 今、ワカコさんがハマっているのは“複数人でするペッティング”だ。肉体関係を伴わない大人の精神的恋愛関係にあった彼だが、その関係が長くなるにつれ、やはり互いの肉体を求めたいという気持ちが芽生えてきた。

「ところが既婚者であるわたしと彼が体の関係を持つと、もうふたりの関係は崩れてしまう、そんな気がしたのです。そこで彼が提案してきたのが複数人とのセクシュアルな行為だったのです。あくまでも“プレイ”、お遊びに徹するというわけです」(ワカコさん)

1対1の真剣交際はリスクが高いから
複数人と“戯れる”

 もともと複数人との性行為という嗜好があった彼の手引きがあったものの、最初は、どこか不快な気持ちのほうが大きかったという。その時の気持ちをワカコさんがこう語った。

「そうした行為を人に見られたり、見たり…ということは考えたこともなかったので。ただ昔の日本にはお祭りの際、その真偽の程はさておき、そうした乱交的な行為が認められていたと聞きます。1対1の男女だとそこに強い思いが芽生えるけれど、複数となるとお祭り騒ぎのなかでの“戯れ”として許されるところもありますよね?」

 “プレイ(お遊び)”としてグループでのペッティング行為に初めて参加したワカコさんの相手をしたのは、彼と、彼がインターネット上で募って集めて来たという同好の士、3人の男性たちだった。「大阪市内にある高級ホテルのレストランで、皆さん、着飾って、早めのディナーをとりながら歓談しました。どうもこういう嗜好の方は、こうして美味しいお食事やお茶、お酒をいただきながら自己紹介しあうのが暗黙のルールなのだそうです」

 こうした歓談の場では、ワカコさんは男性たちから「お姫様扱い」される。そこがまた日常にはない優雅さもあり「日頃からの心の憂いや痛みをそっと和らげてくれる」(ワカコさん)心地良さがある。

「高学歴、高収入、社会的地位もある彼らとの知的な会話と食事の後にやって来るお部屋での痴態は、時代劇でよく出てくる言葉、“お戯れ”に過ぎません。もし彼と1対1で行為に及んだならそれはモラルとしてどうなのとお叱りを受けるでしょう?でも大勢多数なら、“お戯れ”で済むというものです。それにそもそもこのお戯れには体の関係はありませんから」(ワカコさん)

 ワカコさんもまた先に紹介したメグミさん、ヒロコさんと同じく、セカンドパートナー交際を始めてから家庭が円満になったという。「日頃から愛に満ち溢れているためか家庭にはギスギスした空気が入り込む余地がありません。夫との関係も良好です」

 性行為がないことで“体の関係はない”とするこの関係、不貞行為や不倫に社会の目が厳しくなった今だからこそ、静かに深く増えつつあるという声がある。

 一方で、40代、50代と、性的能力に衰えや不安を感じる年代になった男性にとって、肉体関係こそ持たないもののセクシュアルな行為をも伴うセカンドパートナー関係は実に心地良く都合がいい関係であり、既婚者同士という事情も相俟ってその関係は長く続く傾向にあるという。

「性行為はしない」という建前を頑なに死守する姿勢からは、逆に罪悪感が垣間見えるのだが、セカンドパートナーの存在がなければ、配偶者との結婚生活を維持するモチベーションが湧かないという事情もありそうだ。つまり、結婚生活を破綻リスクにさらしたくない、しかし空虚さはなんとかしたい、という人たちがハマると言えば、言い過ぎか。

 はたしてこの「セカンドパートナー」、これからさらに増えていくのか。読者の皆さんはどう思われるだろうか。

※ 本文中、カタカナ名は仮名です。
http://diamond.jp/articles/-/92488
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月24日 05:10:26 : 45qP55FaI2 : 6VuA8Te7WTo[75]
典型的な例が三枝成彰と林真理子だろうか。
後者は帰宅時間に厳しい配偶者が存在し、三枝氏も信頼関係抜群の奥方がある、
と言われる。突き詰めれば何のことはない、飲み友達だったと気がついて
解消と相成る事も有り得る。週三回会うが、肉体関係は全くない、と公言している。
 民主党のあの女性議員も、これで説明責任を乗り切れなかったのかね。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 社会問題9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
社会問題9掲示板  
次へ