★阿修羅♪ > 社会問題9 > 877.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
渋谷の軽トラ転倒「祭」に見る終わりの始まり いまや発展途上国レベルに堕ちた日本 「ただ騒ぎたいだけのバカ」のお祭り?狡猾
http://www.asyura2.com/12/social9/msg/877.html
投稿者 うまき 日時 2018 年 10 月 31 日 13:33:31: ufjzQf6660gRM gqSC3IKr
 

渋谷の軽トラ転倒「祭」に見る終わりの始まり いまや発展途上国レベルに堕ちた日本の品位
2018.10.30(火) 伊東 乾
川崎の「百鬼夜行」は観衆12万人と一体型 ハロウィーンパレード最高潮
川崎市で開催されたハロウィンパレードで、ポーズを取る参加者たち(2018年10月28日撮影、資料写真)。(c)AFP/Toshifumi KITAMURA 〔AFPBB News〕

 10月28日の早朝、東京・渋谷のセンター街にハロウィンの馬鹿騒ぎで繰り出した群衆が進入してきた軽トラックを取り囲み暴徒化、車体の上に乗るなどの乱暴狼藉の末、警官を呼ぶために運転者が席を離れた隙に、トラックをひっくり返すという事件がありました。

 友人からこの情報を送ってもらい、最初に私が確認したいと思ったのは、この暴徒が「何者か?」「どこの国の人間か?」ということでした。

「3.11の秩序」から7年
 誤解のないように最初に釘を刺しておきますが、「こんな暴動を起こすのは日本人であるはずがない。不良外国人がやってきて日本を悪くしているのだ」などという、“ドナルド・ダック”やドイツのネオナチ政党のようなことを言いたいわけではありません。

 流通している動画を見る限り、定かに確認はできませんでしたが、トラックの上に乗ったり横転させたりしたと思しい中に、見るからに日本人ではない外国人は見当たりませんでした。

 また、トラックを取り囲んではやし立てている群衆の中には、様々な肌や髪の色の人物が写り込んでいたようにも思われました。

 日本は2011年、3.11東日本大震災の後、一件の暴動事件も起きず、派手な略奪などもなく(火事場泥棒的な犯罪はあったようですが)、被災地で避難者が整然と協力して復興に当たるという、地球上でも稀有な「超高モラル社会」として全世界を驚かせた国でした。

 まだほんの、7年前の出来事に過ぎません。

 それが2018年の秋になると、夜の渋谷に繰り出した、多くは若者と思われますが、群衆が何の罪もない一般車両を取り囲み、それを転倒させて喜ぶという、普通によくある発展途上国の愚民の群れと同じ行動を取ったと報道されている。

 この間の「日本の劣化」をこそ、考えねばならないと思ったのです。「トラックを倒すなんて犯罪だ。こんな奴らは日本の恥だ」といったネットの書き込みを目にしました。

 ですが、こうした行動は、全人類に共通して見られる、ある意味では普遍的な「祝祭的反応」でもあります。

 このコラムで時折、生前たいへん多くご指導を頂いた文化人類学者の山口昌男さんの「中心周縁論」を引用してお祭りを議論することがあります。

日常的な価値の「転倒」
 普段隅っこにいるものが中心にやって来て、中央にいるものが隅に追いやられる。

 上は下、右は左、偉そうな奴は引きずり下ろし、男は女、女は男、たいくつな社会のあらゆる秩序や順序をひっくり返して、社会全体が活性化する・・・。

 これが祝祭の本質的な特徴ですので、象徴的な価値転倒の供犠は全世界のあらゆる地域で確認することができます。

 リオのカーニバルのような謝肉祭、韓国のタル・ノリで演じられる業病に罹患した貴族を嘲笑する仮面劇・・・。

 日本で考えるなら、日頃威張り散らしている「大名」が「太郎冠者」にやり込められる狂言など、極めて典型的な「祝祭的価値転倒」の技芸と言うことができるでしょう。

 渋谷で軽トラックを取り囲み、それを生贄に選んではやし立て、車体の上に乗って踊り、さらには車をひっくり返して大喜びする・・・。

 太古の人類が日常価値の転倒に共同体刷新活性化の力を見出したのと同じように、2018年10月28日の東京でも、半ば原始人、半ば猿の如き若者たちが、普段偉そうにして自分たちを押さえつけている体制や支配層、年配者や社会のルールをひっくり返して祝うという心理は、器物破損の犯罪行為であるのはもちろんですが、非常に普遍的な「人間社会によくあるパターン」であるのも間違いありません。

 要するに「未開な状態」で起こりやすい、衆愚状況です。

 そこまで、日本人を含むであろう、この加害者集団の精神年齢が「低下」していたことに、まず注目しておく必要があります。

 3.11の苦境を整然と乗り切ったはずの日本で、どうしてこんなみっともない「低EQ(Emotional Intelligence Quotient=心の知能指数)状態」に、若者が退行してしまったのか・・・。

 それを解くカギは、この非日常の「祭り」以上に、「日常」の側にあるように思うのです。

転倒の陰画としての日常
 要するに、日頃鬱積しているから、その憤懣が爆発する。そう考えるのが合理的です。トラックをひっくり返した者は、画像から身元を特定され、一部は逮捕されるなどして、刑事・民事の責任を問われるでしょう。

 この人たちには何ら同情の余地もなく、問われる社会的責任をきちんと果たすべきと思います。司直は再発防止を念頭に、もしかすると実刑を含む厳しい判決を下すかもしれません。

 しかし、中には、かなり確信犯で焚きつけながら、自身は手を下さず、責任をはぐらかして逃げおおせる奴がいるかもしれません。たぶん、いるでしょう。

 また、その場にいたほぼすべての人間が「お、何これ。トラックが取り囲まれてるじゃん。どーなんのかな。あれあれ乗っちゃったよ。踊ってる。面白れーなー」などと、この「非日常」の騒ぎを面白がっていたわけです。

 しかし、これら全員が逮捕、訴追などされることは絶対にないわけです。そこが一番の問題でしょう。

 またしても繰り返される古典的な「責任を取らない日本人」のパターンです。しかも、槍玉に挙げられるのは、日頃威張り散らす権力者ではなく、土曜の深夜日曜の早朝に業務でセンター街に乗りつけたのであろう軽トラックです。

 社会構造の上部でふんぞり返る悪代官が「この紋所が目に入らぬか!?」と格さん助さんに三葉葵の印籠を見せつけられ、「ここにおわせらるるは、畏れ多くも先の副将軍、水戸光圀公にあらせられるぞ! 頭が高〜い」と一喝され、

 「ハハ〜・・・」とひれ伏す価値転倒を、戦後70年を過ぎても日本人は一貫して愛好してきたわけですが、ここでは深夜に就労している営業車両を迫害する「弱い者いじめ」による「祭り」で喜んでいたわけです。

 残念ながらそういうケースも、人類には山のように例があります。

 欧州におけるユダヤ人排撃、近くはルワンダ・ジェノサイドでもミャンマーの少数派ムスリム・ロヒンギャへの迫害でもいいでしょう。

 要するに「ヘイト」と呼ばれるものは、すべてこの種の下層で圧迫され余裕のない大衆が、さらに弱いものを見つけて血祭りにあげて憂さを晴らす、最低最悪の経世済民のなせる技として客観的な分析が完了した社会病理にほかなりません。

 暴徒化した群衆の多くが、ひっくり返ったトラックの周りで万歳しながら飛び跳ねたりしているのを、私も動画で確認しました。その事実、この末期性にこそ注目する必要があります。

 1994年のルワンダ・ジェノサイドでは、暴徒化した民衆が面白がって少数派を追い詰め、教会や小学校にすし詰めにして手榴弾で爆殺したり、家族でバーベキューをしている食卓のま横で、なたで切りつけてなぶり殺しにしたりという、日常では考えられない事態が現実に発生しました。

 なぜ・・・?

 日頃抑圧されている、という社会不満があったからです。こいつらは悪い奴だ。私たちが日頃苦しんでいるのに、甘い汁を吸ってやがった。因果応報で懲らしめてやる・・・という心理。

 1933年にナチス・ドイツが政権を取ると、ただちにユダヤ人排撃が公共事業として推進されますが、多くのドイツ国民はそれを黙認、ないし支援しました。

 なぜ?

 第1次世界大戦に負け、多額の賠償金で経済を圧迫されていたドイツでは、戦争を仕かけたのがユダヤ人、国際ユダヤ財閥で、いくさで暴利を得てドイツ国民の日々の生活を圧迫している、というプロパガンダにさらされていました。

 ヘイト・スピーチによる洗脳です。

 2018年10月28日の暴徒は、「ヘイトスピーチ」で焚きつけられた群衆ではありませんでした。

 しかし、日常の中で高いストレスにさらされ、日頃の抑圧状況を転倒する、象徴交換儀式として「軽トラック」という生贄を欲していたことは間違いありません。

 直接の加害者の責任は言うまでもありませんが、そんな社会状況に日本を捻じ曲げて来たのはどこの誰か?

 遠因の責任をどこに問うべきかを考えるのも重要なことだと思います。くさい臭いにおいは元から断たなきゃダメ、ということです。

 レームダック政権の安売り人事、閣僚不祥事の類が毎日紙面を賑わせる末期的なご時世、起こるべくして起こった暴徒事件と考えられ、今後この傾向はさらに加速することが懸念されます。

「ええじゃないか」は終わりの始まり
 1867年8月から12月にかけて、日本は不思議な熱気に包まれていました。天からお札が降って来る、というのです。

 これは素晴らしい出来事の前触れだということになり、民衆は仮装して町に繰り出し、踊ったり騒いだり、大八車がひっくり返されたり、富裕な商家からモノが持ち去られたりもしたようです。

 これが世に名高い「ええじゃないか」の民衆暴動で、この間は都市も農村も社会機能が麻痺して、通常の市民生活を送ることが不可能になったと伝えられます。

 この「ええじゃないか」ですが、1867年12月9日にピタリとやみます。

 この日「王政復古の大号令」が出され、日本のレジームは近代のそれへと転換しました。「討幕派による陽動作戦だったのでは?」という説も検討されています。

 今回のような暴動は、ある政治的支配体制の末期の末期、もうどうしようもない状況であることを示すバロメータである可能性が考えられるでしょう。

 ハロウィン暴動は「終わりの始まり」と言うことができるかと思います。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/54522

 

2018年10月31日 宮崎智之 :フリーライター
ハロウィンは「ただ騒ぎたいだけのバカ」のお祭りなのか?

ハロウィンを前に渋谷センター街に集まった人たち(写真と本文は関係ありません) Photo:DOL
理由なく暴れまわる無軌道な仮装集団
 今年もハロウィンがやってきた。「Trick or Treat?」と子どもがお菓子をねだる姿はとても可愛い。しかし、最近では仮装した大人たちがどんちゃん騒ぎする祭りになっている。

 以前、ダイヤモンド・オンラインの記事でも書いたが、筆者はハロウィンパーティーに参加したことがない。なぜなら、「仮装する」という行為が、どうしても自意識的にできないからだ。そういう人にとってハロウィンは、ただの舶来の祭りである。我々には関係ないことだ、と。だが、近頃のハロウィンは看過できないほどの勢いがある。

 今年、ハロウィン前の週末には、渋谷にたくさんの仮装集団が現れ、立ち往生した軽トラックを横転させたり、痴漢や盗撮の疑いで逮捕者が出たりする大混乱に陥ったそうだ。

 そんなハロウィンに対する批判としてよくあるのが「ただ騒ぎたいだけのバカ」というものである。民衆が暴徒化する例は昔からあるものの、米騒動や一揆などとは違って暴れる理由がわからないのがハロウィンの特徴だ。しかも、これといった大義もなければ、正義もない。もしかしたら、背景には不況や世界情勢への不安があるのかもしれないが、だとしたらなぜアニメキャラやゾンビに変装する理由があるのか。

 まるで尾崎豊の歌詞に表現されているような無軌道性。いや、そう言ったら尾崎や尾崎のファンに失礼だろう。たしかに、夜の校舎の窓ガラスを壊してまわるのはどうかと思うが、それには青春の葛藤や実存への不安が背後にあった。しかし、渋谷のハロウィンを見る限り、筆者のようないい歳をしたおっさんも交じっている。今さら実存に悩む歳でもない。しかも、尾崎は「ウェーイwww」などと叫びはしない。これは絶対に。

 インスタ映えする写真を見知らぬ人と気軽に撮ることが目的の人もいるようだ。ところが、なかにはナンパ目的という輩もいるから厄介である。今年、渋谷のハロウィン騒動に遭遇した女性によると、「今は性欲の塊だから!」「去年、ハロウィンの後にラブホ行ったぜ」と自慢げに話している男たちがいて、ドン引きしたという(イベントに乗じて女性を口説く“ジョージ男子”については、前回記事を参照していただきたい)。

なぜ、人々は「渋谷」で狂乱するのか
 そんな彼、彼女らに対して、社会的な警戒心が高まっている。時事ドットコムの報道(2018年10月23日)によると、東京都渋谷区の長谷部健区長は記者会見し、渋谷駅周辺に集まる若者たちに対して、モラルを守ってハロウィンを楽しむよう異例の声明を出した。駅周辺のコンビニエンスストアに、瓶入り酒の販売自粛も申し入れたという。

 記事によると、一昨年は7万人以上が渋谷駅周辺に集まったそうだ。機動隊員を多数動員したが、混乱が抑えきれないほどの荒れっぷりだった。それにしても、そもそもなぜ渋谷駅なのか、という素朴な疑問もある(そう言えば、サッカーW杯の時も渋谷駅周辺が混乱する)。

 中沢新一氏の著書『アースダイバー』(講談社)によると、渋谷駅前の交差点はかつて水の底にあり、宮益坂、道玄坂といった斜面に古代人が横穴を掘って、死者を埋葬していたそうだ。古代、生きている人間の共同体は厳しいおきてで支配されていたが、死霊の支配下では世俗のモラルが効力を失う、と中沢氏は指摘している。そういった歴史が渋谷という歓楽街の形成に影響を与えたという。現代のハロウィンの狂騒も、それと関係しているのだろうか。だとしたら、古代からの人間の歴史の積み重なりを感じさせる。

 しかし、果たしてそんな大層なものなのだろうか。だいたいハロウィンは日本の古代とまったく関係がないのである。一緒にしないでくれと、古代人たちも迷惑がっているはずだ。

 もともとはキリスト教の万聖節の前夜祭だったというハロウィンが、なぜか日本では「意味もないのに仮装して騒ぐ」という危険思想に染まった祭になってしまった。思想調査をしている公安警察も真っ青である。思想がないぶん、取り締まりようがない。

彼らは「バカ」なのではなく、むしろずる賢い
 さて、筆者が一番気になるのは、彼、彼女らは本当に「ただ騒ぎたいだけのバカ」なのかどうか、ということである。なぜなら、「ただ騒ぎたいだけのバカ」ならば、いつでも、どこでも騒いでいるはずだからである。しかし、彼、彼女らは「特別な日」にしか騒がない。

 ハロウィンという海外からもたらされた祝祭の日の前後には、歓楽街に多くの騒ぎたい人たちが集結する。それに乗じることで、「騒ぎたいのは自分だけではない」という免罪符が与えられたような気がするのだろう。さらに酒が入り、その乗じたい気持ちに勢いがついてくると、軽トラックまでひっくり返す暴挙に出るのだから人間は恐ろしい。

 しかも、仮装という匿名性と非日常性が、彼らにさらなる無軌道性を与える。つまり、集団性、匿名性を隠れみのにして暴れる彼、彼女らは「バカ」などではなく、むしろ狡猾でずる賢い確信犯だ。「ただ騒ぎたいだけのバカ」と呼ぶには彼、彼女らは臆病で気が小さい。彼、彼女たちは、騒ぐ場所もタイミングもシチュエーションも、すべて計算ずくで選んでいる。


本連載の著者・宮崎智之さんの最新作『モヤモヤするあの人―常識と非常識のあいだ―』(幻冬舎文庫)が好評発売中です
 もちろん、マナーを守ってハロウィンを楽しんでいる人のほうが多数であることも、付け加えておかなければならない。ほかにも、クリスマスやバレンタインデーなど、本来の文化に関係ないイベントが日本には根付いている。異文化を柔軟に取り入れる姿勢は日本人のよいところだ。ハロウィン自体が、否定すべきものだとは思わない。

 思想なき集団が無軌道に暴れる現象。その裏には、実は臆病で気が小さい、一部の日本人の性質が隠れているのかもしれない。「ただ騒ぎたいだけのバカ」にもなれない彼、彼女たちにとって、「仮装する祭り」は海外からもたらされた、もってこいの口実なのだろうか。いずれにしても、節度を守って楽しまなければ、文化として衰退していくだろう。

 当連載についてご意見がある方は、筆者のTwitterアカウントにご連絡いただきたい。すべてには返信できないが、必ず目を通したいと思う。

(フリーライター 宮崎智之)
https://diamond.jp/articles/-/183820
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年10月31日 18:56:39 : ZzavsvoOaU : Pa801KbHuOM[94] 報告
2018年10月31日 戸田一法 :事件ジャーナリスト
渋谷のハロウィン「暴徒化」で区長が怒髪天、31日は厳戒態勢
渋谷をコスプレして歩く若者たち
渋谷をコスプレして歩く若者たち。純粋に楽しみたい人にとって、一部の暴徒化で批判されるのは、いいとばっちりだろう Photo:Michael Steinebach/AFLO
軽トラックを横転させたり、暴力行為や痴漢、盗撮で逮捕者が出たりなど、10月27〜28日ににぎわいに乗じて若者が“暴徒化”した東京都渋谷区のスクランブル交差点周辺。とうとう、渋谷区長がキレた。もともとは楽しんでもらおうとのスタンスで、渋谷ハロウィンを推進する立場だったが、29日に「到底許せるものでありません」とする声明を発表。犯罪や迷惑行為が相次いでいることもあり、31日のハロウィン当日前に「警察との連携を改めて強く進めてまいります」と強硬姿勢を打ち出した。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

相次ぐ逮捕者、迷惑行為
 ハロウィン本番前の週末となった土曜の27日から日付が変わった28日午前1時ごろ、それは起こった。テレビで繰り返し流された映像をご覧になった方も多いだろう。軽トラに上がって若い男性2人が勝ち誇っているかのようなあのシーンだ。

 スクランブル交差点に進入してきた軽トラックの荷台に、周囲の若い男性数人が乗り込み、踊ったり、騒いだりし始める。危険を感じた運転手は軽トラから避難。その後、ほかの男性らも加わり「せーの、せーの」の掛け声で軽トラを持ち上げ始め、ついには横転させてしまった。

 さらに、横転した軽トラのドア部分に乗った上半身裸に黒いズボンの男性が、両腕をかかげて二の腕の力こぶを誇示。荷台の側あおり(荷物が落ちないようにするカバー部分)に乗った半袖のド派手なシャツに半ズボンの男性は、ウイスキーとみられる酒瓶をラッパ飲みしていた。

 もちろん軽トラはあちこちへこみ、傷だらけ。運転手は被害届を提出し、渋谷署は器物損壊容疑で捜査している。

 一方、この事件以外にも3人が暴行容疑で、2人が痴漢や盗撮による東京都迷惑防止条例違反容疑で逮捕された。ほかにもラーメン店が自動券売機にペットボトルの水を流し込まれ壊されるなどの被害も出た。

 28日朝には、渋谷駅向かいのセンター街の路上にビールや酎ハイの空き缶、ペットボトル、コンビニのレジ袋、紙くず、コスプレの残骸などが散乱。ウイスキーの酒瓶が割れた破片や、道路の側溝にはたばこの吸い殻も落ちていたほか、おう吐したような痕跡もあちこちにみられた。

 渋谷とハロウィンを巡っては、当日が金曜日だった2014年にコスプレした大勢の人で盛り上がって話題になり、それ以降は各地から集まるようになった。渋谷区が主体となったイベントは開催していないが、渋谷駅からスクランブル交差点、センター街などを中心に人が押し寄せるようになったため、2016年からは道玄坂や文化村通りまでを交通規制して混雑緩和するようになった。

 渋谷区の長谷部健区長は大手広告代理店「博報堂」出身で、イベントとして楽しんでもらおうと「モラルとマナーを持ってほしい」と呼び掛けながら、これまで渋谷ハロウィンを推進してきた。

 しかし29日、あまりのひどさに「ハロウィンに向けたお願い」とのタイトルで声明を発表する事態に。

「お願い」とへりくだった言い回しだが、声明は「複数の逮捕者が出たり被害届が出されるなど犯罪行為も明らかになっており、大変憤りを感じております。(中略)警察との連携を改めて強く進めてまいります」「日頃から真に渋谷の街を愛し、(中略)そういった方たちの努力や思いを踏みにじる一連の行為は、到底許せるものではありません」と強い怒りをにじませている。

 結びでは「10月31日のハロウィーンにおきましては、決して周囲に迷惑をかけることなく、モラルやマナー、法令を守り、健全にお楽しみいただくよう、よろしくお願いいたします」と文面は丁寧だが、全文を読むと「あまりに目に余るようだと、来年以降はどうなるか知らないよ」という「最後通牒」のようにも受け取れる。

コスプレの由来は魔物の仮装
 そもそもハロウィンとはなにか。

 諸説あるが、もともとは毎年10月31日に行われていた古代ケルト人(現在はアイルランドなどに多く居住)にとっての秋の収穫祭と、悪霊を追い払う宗教的な意味合いの行事だったとされる。

 この日は秋の終わりでかつ冬の始まりという季節の境目に当たり、古代ケルト歴では1年の終わりで、現在の日本で言う大みそかだった。そして、その日は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたから、日本のお盆をイメージしてもらえればいいだろう。

 そう、現在の日本の大みそかであり、お盆だったのだ。

 日本のお盆と違うのは、霊と一緒に悪霊もついてきて、災いを起こすと信じられていたことだ。悪霊は子どもをさらい、作物や家畜に害を与え、人々に疫病などをもたらすと恐れられた。そこで悪霊を追い払うため魔除けのたき火をたき、魔物の面をかぶって仲間と信じさせることで被害を免れようとしたとされる。

 このため魔物の仮装で悪霊から身を守る習慣が、現在のコスプレのもとだと言われている。日本がまねているのは宗教儀礼的な意味合いが失われたアメリカの民間行事だが、子どもが仮装して練り歩くのは、ちゃんとした起源・由来があるのだ。

 ご存じの通り、アメリカのハロウィンは子どもが「トリック・オア・トリート」と唱えて各家庭を回ってお菓子をもらい、そのお菓子を持ち寄ってパーティーを開く1年に1度の楽しい行事だ。

 日本では1997年に東京ディズニーランドでハロウィンのイベントが行われるようになったが、当時はハロウィンというイベントそのものがあまり認知されていなかった。その後、お菓子メーカーやコンビニなどが目を付け、クリスマスやバレンタインデーと同様にキャンペーンを開始して一般に広まるようになった。

 最近ではイベントとして周知されるようになったのに加え、SNSの普及などによって、コスプレなどアメリカとは全く違う楽しみ方をする人たちが増えた。

渋谷以外はトラブル皆無
 実は渋谷で若者が暴徒化し、犯罪や迷惑行為が相次いだ27〜28日、首都圏各地でもハロウィンイベントは開催されていた。

 東京都豊島区では27〜28日、池袋駅付近で「池袋ハロウィンコスプレフェス2018」が開催された。有料イベントで、ステージや更衣室なども用意。禁止事項として「盗撮や被写体の承諾のない撮影」「公序良俗に反する行為や物品の所持」「会場等を汚損、破損、物を投げる、振り回すなど他人の迷惑となる行為」などを表示。ルールを守れない場合は「退場、公的機関への通報」と厳しい姿勢で臨んでいる。

 神奈川県川崎市では川崎駅を中心に、27日に「キッズ・パレード」、28日に「ハロウィン・パレード」などが開催された。主催者からのお願いとして「周囲の皆様が不快に感じたり、不安を抱かせる可能性がある仮装は(中略)ご遠慮ください」と断った上で、「本物の武器、武器になりえるもの、本物ではないがリアルすぎるもの」の所持を禁じている。

 ほかにも期間はまちまちだが、大きな駅の周辺では何かしらのイベントが企画・開催されている。しかし、厳しいルールは設定されていないにもかかわらず、特に大きなトラブルがあったとの情報は聞こえてこない。

 では、なぜ渋谷だけ暴徒化するのだろうか。

 かつて渋谷区に住んでいたという男性は「暴徒化する連中は、別にハロウィンは関係ないのではないか。酒を飲んで暴れられればそれでいいのだと思う。各地の成人式で暴れる連中がいるけど、見た目は年齢的に近いからあれと一緒だろう」と話していた。

 そうであれば、純粋にハロウィンとコスプレを楽しみたい人たちにとっては、来年以降に中止される事態などになれば、いいとばっちりだ。

 おなじみになったDJポリスだが、31日当日は優しく、楽しく呼び掛けてくれる警察官ばかりではなく、私服の警察官も大量動員されるとの情報もある。厳戒態勢で27〜28日のようなヤンチャをすれば、今度は即逮捕もあり得るだろう。

 本来の宗教儀礼のようにストイックに、とは言わないが、せめて他人の迷惑にならないように、節度と常識を持って楽しんでほしいものだ。
https://diamond.jp/articles/-/183849

2. 2018年10月31日 23:30:52 : GrffndtPHg : uFOduYr5sbs[1] 報告

今の時期、渋谷に行ったら日本の本物のバカを大量に見れるので海外からも

日本のバカを見にきているようだね。日本のバカと言えば政治家が有名だが

一般底辺の出自も分からん老若男女のバカが一同に集まるので動画や写真に

撮ってUPするのも汚もろいかも? 渋谷はバカの集まる街で一躍ユーメぇに

なってもうたな。

3. 東北列藩同盟志士[10] k4yWa5fxlMuTr5a_jnWObQ 2018年11月01日 13:27:59 : Z3pNM59es6 : oqmvvd_iUw4[4] 報告
日頃から阿修羅で日本マンセーとほざくエセ右翼
木卯正一、罵愚、糞蝿よこれが日本の若者の現実だ!!
どこか日本人は立派だ!?在日よりマシだ!?
言ってみろ!!
4. 東北列藩同盟志士[11] k4yWa5fxlMuTr5a_jnWObQ 2018年11月01日 13:34:53 : Z3pNM59es6 : oqmvvd_iUw4[5] 報告
渋谷より在日が多い川崎の方が民度が高いな。日頃から在日ガーと騒いでいる
「バカ騒ぎする加害者側の日本人」に付きそうな
木卯正一はこれをどう見るのだ?比較的近い青山では福祉施設をめぐってブランドイメージが傷つくとおそらく土人薩長の末裔の成り上がりどもの住人と土建屋がレイシストな誹謗中傷を撒き散らしているようだが。
5. 2018年11月02日 19:46:41 : Dy5r13ETiM : piL93TWXI8M[1] 報告
ちんぴらと一般人を一緒にすんなよ。
6. 2018年11月24日 21:33:50 : J8T0xLC8hY : gBc446S4d4Q[4] 報告
昔から祭りってこんなものでしょ?
無礼講とか言われてたし。

でも最近はそういう若者が騒げる場所がなくなったんだろうねえ。
どこも規制規制で。

7. 2018年11月24日 21:35:22 : J8T0xLC8hY : gBc446S4d4Q[5] 報告
おとなしい=民度が高い、という等式は怪しいと思う。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 社会問題9掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 社会問題9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
社会問題9掲示板  
次へ