★阿修羅♪ > 戦争b9 > 148.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
北朝鮮ミサイル“日本落下”の可能性!街消失と猛毒「ヒドラジン」(zakzak) 
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/148.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 3 月 27 日 18:32:42: igsppGRN/E9PQ
 

北朝鮮ミサイル“日本落下”の可能性!街消失と猛毒「ヒドラジン」
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20120327/frn1203271810002-n1.htm
2012.03.27 夕刊フジ


 金正恩氏(29)による新体制が発足したばかりの北朝鮮が凶暴性をむき出しにしている。「4月12〜16日に人工衛星ロケットを打ち上げる」と宣言。その実態は長距離弾道ミサイル「テポドン」の発射実験とみられる。怖いのは北の実験が失敗に終わった場合だ。専門家は「軌道から外れたロケットやその破片が日本の地上に落下する危険がある」と警告。政府は、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を首都・東京にも配備し、異例の態勢を整える。発射のXデーに何が起きるか。列島を不気味な緊張感が覆っている。

 北朝鮮がミサイル発射の暴挙に出ようとしている。3月16日、地球観測衛星「光明星3号」を運搬ロケット「銀河3号」に搭載し、26日には準備作業が「最終段階」にあることを明らかにした。着々とテポドン発射の準備を整えつつある。

 米韓のほか中露までが発射阻止のため包囲網を狭め、日本政府は27日に関係閣僚会議を開き、自衛隊に部隊展開を命じる「準備命令」を出すことを決定した。

 発射のXデーは天候にも左右されるため、4月12〜16日のうちの早い時期が濃厚とされている。

 「人工衛星打ち上げについて北は、『平和的宇宙利用技術を引き上げるため』としていますが、2009年にも同じ名目で弾道ミサイルを発射した。今回も同じミサイルの発射実験であることは間違いない」(公安調査庁関係者)

 北は、4月15日に金日成国家主席の生誕100周年を迎える。ミサイル発射は、この式典に合わせた最重要イベント。昨年12月に父・金正日総書記の急死に伴い、体制を受け継いだ正恩氏にとっては“王位継承”後の初の大事業だ。困窮にあえぐ北の国民に自らの権威を示す意味合いもある。

 気になるのは日本列島への被弾の可能性だ。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「今回は、東シナ海を通過して南西諸島に至る飛行コースをたどる。日本列島を横断しないため、被弾の可能性は低い。ただ、北はこれまでのミサイル実験で失敗を繰り返しており、予定通り行くとも限らず、危険はゼロとはいえない」と指摘する。

 北はこれまで3回にわたってミサイル実験を行ってきた。1998年にテポドン1号の発射実験を行った際には、太平洋三陸沖に落下。2006年にはノドンなど計7発を打ち、09年のテポドン2号発射の時は、日本上空を通過して太平洋上に着弾した。

 「打ち上げに失敗したミサイルの残骸などが落下する可能性は否定できない。石垣島や宮古島は今回のコースに入っており、ロケットの不具合が起きる可能性もある。その際は、九州地方にも被害が及ぶ」(世良氏)

 不測の事態が起きた場合、どれほどの被害になるのか。

 「1996年に中国の長征ロケットが打ち上げ直後に落下した事故では、街がひとつ消失した。燃料には、発がん性のある『ヒドラジン』という有毒物質が用いられているため、火災と中毒被害が懸念される」(同)

 こうした事態を避けるため、政府は2009年のミサイル発射時と同様、「緊急対処要領」に基づいて「破壊措置命令」を発令するもようだ。

 複数の防衛筋によると、北の計画では、ロケット1弾目が韓国西方沖の黄海上で、2弾目がフィリピン・ルソン島東方沖の太平洋上でそれぞれ落下する見込みという。

 このため、東京の陸上自衛隊市ケ谷駐屯地をはじめ、沖縄県内の3カ所にPAC3を配備。沖縄周辺の東シナ海にも海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を装備したイージス艦を展開し、二段構えでテポドンを迎撃するシナリオでいる。

 だが、万全の防衛体制とはいえない。軍事評論家の神浦元彰氏は「SM3の射程は約500〜600キロ、パトリオット(PAC3)は約20キロ。ところが、ミサイルは高度1000キロ以上で飛ぶ。落下段階で撃墜するしかないが、これは飛んでくる鉄砲の弾を自分の銃で撃ち落とすぐらいの難度がある。ミサイルの破片ともなると被害を防ぐのはもっと難しい」。万が一の事態が起こらないことを祈るしかないのが現状だ。

 解せないのは米朝協議再開を控えたこの時期にミサイル発射に突き進む北の思惑。狙いは何なのか。

 北の政情に詳しい「コリア・レポート」編集長の辺真一氏は「北はテポドンの飛行距離を実験のたびに伸ばしている。09年では3200キロだったが、今回は3300キロに延伸されるはずで、射程に入る日米には脅威となる。北は、報道陣向けに実験を公開するとも発表しており、相当な自信があるのだろう。さらに今回の飛行コースは韓国が(以前に)失敗した衛星打ち上げと同じ。もし成功すれば、宇宙開発で韓国に対して優位に立てるため一石二鳥といえる」と説明する。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年3月27日 23:16:51 : aQq0UGoaxY
夕刊フジの記者は、日本のH2ロケットがどこにも落下しないロケットだと思っているのか。
日本が、一度も失敗したことのないロケットを実現していると考えているのか。

02. 2012年3月28日 08:40:11 : FGnOQRqLW9
日本や欧米のロケットの燃料は液体水素と液体酸素なので、超低温でないと保存
できないが、落下してもほとんど蒸発して地上に被害は及ぼさない。
北朝鮮のロケットの燃料は非対称ジメチルヒドラジンだがこれは常温で保存できる
かわりに劇薬で、常温ですぐ蒸発しないからトラブル時には地上にまき散らされる
危険性がある。
つまりH2ロケットと北朝鮮のロケットは全く別物。

03. 2012年3月28日 08:42:02 : qgSDHk4k7A
夕刊フジの記者も、日本が一度も失敗したことのないロケットを実現している、とは言っていない。
北のロケットの失敗の可能性が大きい、と言っているのだよ。
失敗したときに被害補償等の話が出来る相手でない、というのが問題なんだ。

04. 2012年3月28日 10:52:20 : 2QfP9hDUJU
フジの低脳記事。話にならん。迎撃の仕組みも理解できないのだろう。

05. 2012年3月28日 11:55:04 : QuFqVkSrPU
本当に人工衛星だった場合、迎撃したらどうなるのでしょうか?

アメリカに載せられて、北朝鮮に敵対するのはもうやめた方が良いです

そう思いませんか?

もちろん、ミサイルだとしたら大変なことになりますが、本当に敵国を脅かすようなものは極秘に進めるだろうし、いちいち北朝鮮のやることに関心を持つことも避難する事も、アメリカのいう事聞かずに仲良くなってしまえば良いのではないか?

同じアジアどうしで仲良くなってアジア圏を正解で最も発展していくために手をとりあう時期に来ているのではないでしょうか?

本当の敵国とはそれをさせないように動いている国ではないでしょうか?

今まで仲良くしようとしてもチャンスを壊し続けている国があるはずですよね・・・

国が近いという事は、今回の原発事故でも分かるように、何かあったら運命共同体となりますよね

特に海や大気の流れを考えたら近場の国はもっと連携をとって地域での発展をしていかなくてはなりません

危機も同様です!

だめだ、ダメだという国は核持っているじゃないですか?

ほかの国に持たせずに自国だけ保有していいなんておかしいですし

自国の核で敵国を脅かすような国など真の世界平和など作れるはずがない!

情報は正しい事が流されるのではなく、力のある国などが自分の都合のよいような報道だけにして、自国の都合のよいように操作できる事を考えても、阿修羅の掲示板を利用している方々には新聞報道や週間誌の記事には裏があるとみて頂きたいと思います!

もっと長期的にもっと平和的に物事が進むためには?

を、皆で考えていきたいですよね!!!


06. 2012年3月28日 13:11:32 : EszHBBNJY2

南に向かって打ち上げるのに、なぜ日本に落ちると煽るのか?
消費税から目をそらせたい官僚機構の指示でマスコミが煽っているのだろう。


07. 2012年3月28日 15:42:04 : G57tcHTNI2
北朝鮮は恐いよ〜、何するかわからないよ〜、でも大丈夫、俺達が居てやるからさ。

おい、デブ。何が何でもミサイルを打てよ。日本人をもっと脅すんだ。わかってるな。燃料代ぐらい出してやるからさ。


08. 2012年3月28日 17:21:29 : AkpVty0AJs
>05

同じ考えです。
北朝鮮−韓国−中国−日本は本来手を取り合わなければいけません。
アジアの国同士がいがみあうように仕向まれています。


09. 2012年3月28日 20:09:02 : lBHT6axm76
人工衛星のロケットを迎撃?なんてあるわけがない。ばかも休み休み言えっての。

ま、迎撃なんて技術的にも無理なんで、相手にする必要もない。


10. 2012年3月29日 08:46:00 : nymhWQceQ6
遊撃用のパトリオットミサイルは、「高いおもちゃ」です。
それを知りつつ、アメリカの押し売りを断れない日本。
まあ、初めから断る気もないか。
日本の自衛「軍隊」の存在意義のアピールには、うってつけのブツだからね。
北朝鮮よ、シナリオ通りしっかり役割果たしてくれよ。
後でごほうびあげるから。

11. 2012年3月29日 11:27:15 : 2QfP9hDUJU
↑そうそう
役割分担としてはいい演技を続けてくれる、から食料ぐらいくれたやろう。

12. 2012年3月29日 14:03:46 : OWpKl6jyAU
対空できない不良品ミサイルを日本に売るためのニュースだね

除去すらできないフランスとアメリカの汚染水浄化装置を思い出すね
結局、日本製・・・

中東が核を持とうとすると攻撃するのに
朝鮮が核を持とうとすると食糧支援
日本との距離が近いからと言い訳する者たちがいるが
核なんて本国から撃ちだす必要はないわけで・・・


13. 2012年3月29日 16:26:56 : 2QfP9hDUJU
もうみんなお見通し。

14. 2012年3月29日 20:48:46 : SOo0L36j5Q
ミサイルも怖いですが、私は田中防衛大臣がめっちゃ怖いです。

田中防衛大臣、いろいろ勉強されているらしいのですが
頭に入らないのだそうです・・。
更に、恐怖・・。

何か事件が起きたら、絶対に正しい対処ができない大臣でしょう。

コメントに凍りつくのは、私だけ??


http://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/67876242f0e1331864e6a87c4f1a1810
国会中継が見られます。


15. 2012年3月29日 21:01:19 : 3Ue8VwEiQA
ノブタに頼んでもらって アメリカに空中でなく今発射しようとしている北の発射台にパトリオットを撃ってもらった方が手っ取り早いと思います。
 アフガンやイラクでやった「誤射」を金サンとこに打ち込めば終わりだと思うがしかし、それだと日本、韓国にミサイル販売の意味が薄れてしまうのでできるだけ北サンに大暴れして欲しいが、、、いかんせん「金なし」「食い物」なし、「働き口なし」じゃあねえ、、、、

16. 2012年3月29日 21:05:46 : iMyAhfoOg0
アメリカから発射指示を待っているところだろ?
上手い具合にアメリカの倉庫が一杯になると、
金さんがぶっ放す。

数えてみれば良い。


17. 2012年3月29日 21:55:23 : umwhNL5v8E
B29を竹やりで落とすような馬鹿な真似を何時まで続けるのか?

政治家・官僚の平和ボケや原発ボケのお粗末な対策では、国家の体をなしていな

い。

北朝鮮の衛星かミサイルか知らないが、発射と同時にPAC−3を撃ちまくって

みたらどうか?

下らない対応で右往左往するより実力の程が分かろうというもの。

それよりもこの国家の緊急・非常事態にもっと遣ることがあるだろう。

現時点でも日本は最早国家とは呼べない、強欲な政治家・官僚の私利私欲の行いを

指を咥えて座しているような馬鹿な国民が多数を占める今日、この国家に何を望ん

でも無駄である。


18. 2012年3月30日 00:26:40 : iFJdqhvxAU
消費税増税でもめる国家大事の時に北が騒ぎを起こす。
こんなことが何度もあったっけ。

北のミサイルの発射ボタンはNYの爺さんが握っているという
噂通りですね。


19. 2012年3月30日 12:35:12 : gFpOokIWao
どうも北朝鮮ミサイルの質感が中国っぽい
http://www.google.co.jp/imgres?q=%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%80%80%E5%8C%97%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%80%80%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB&um=1&hl=ja&sa=N&rls=com.microsoft:ja:IE-SearchBox&rlz=1I7RNWE_jaJP310&biw=853&bih=544&tbm=isch&tbnid=9X0svvAuMqcaSM:&imgrefurl=http://toua2chdqn.blog.fc2.com/blog-category-21.html&docid=K4hcj8g3DhewJM&imgurl=http://blog-imgs-46-origin.fc2.com/t/o/u/toua2chdqn/entry_img_1221.jpg&w=450&h=349&ei=ZCh1T5LtLoKhiAfy5NWBDw&zoom=1&iact=rc&dur=140&sig=108684607911248680198&page=6&tbnh=152&tbnw=225&start=50&ndsp=10&ved=1t:429,r:3,s:50&tx=147&ty=128

以下記事でも、北朝鮮ミサイルは中国製だということが示談されています。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE1E2E2E0958DE1E2E2E1E0E2E3E09790E0E2E2E2
北朝鮮、黄海で短距離ミサイル2発発射か
 【ソウル=尾島島雄】30日付の韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮が29日午前に朝鮮半島西側の平安北道沿岸から黄海に向けて短距離ミサイル2発の発射実験を実施したと報じた。中国製「シルクワーム」を改良した「KN―01」と呼ばれる射程約120キロの地対艦ミサイルとみられる。韓国政府筋の話として伝えた。

また、
JAL123便にミサイルが打ち込まれた1985年8月12日当時、日本の文部省で開発されていたSSミサイルは、型番がソ連製ですから、
ソ連からの技術を改良したものであった可能性が大です。筑波科学万博のマスコットコスモ星丸もソ連コスモス衛星から名付けられたものです。
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C9381959FE1E2E2E0958DE1E2E2E1E0E2E3E09790E0E2E2E2


20. 2012年3月30日 17:27:22 : HH0BG0NF6g
アホくさ。
日本まで飛んで来ればヒドラジンなんぞほぼ使っているわな。
ランチサイト近辺に落ちればヤバイけど、そこは北朝鮮の国内だし。
危険度で言えば墜落したシャトルと変わらないか小さい分危険は少ない筈。

>>18
軍需産業が金をせびっているのでしょう。
ま、どっちが先かは判らないが、日本人は煽ればどんどん軍事費を出すってのは、
ここ10年で良く分かった事だし。


21. 2012年3月30日 17:46:03 : kVRjv6w4OQ
ダメだコリャ
悪の枢軸アメリカで盛り上がるなんて本末転倒だぁ

よっぽどアメリカが憎いんだな、意味判らん???どんな洗脳なんだ。


22. 2012年3月30日 18:37:42 : EszHBBNJY2

最近新聞の「し・・」マスコミの「マ・・」という言葉も聞きたくない。気持ち悪すぎで反吐がでる。


23. 2012年3月30日 18:50:53 : oaMYAplrq6
また困ったときの北朝鮮・・・・相変わらずですな

ご自慢のミサイル迎撃システムが大宣伝の通りの性能なら
何ら心配する必要はないでしょw

マッハ8で大気圏にデコイを含めて複数個に分割して再突入してくる鉛筆の芯のようなものを同じく鉛筆の芯のようなもので狙い落とすというあの夢の装置ですよw


24. 2012年3月30日 19:18:47 : RQpv2rjbfs
SFやアニメじゃあるまいし、迎撃なんかできると本気で思っているとしたら。
政府のめでたさは、ここに極まったと言える。

野田のまじめそうにふるまってる顔を見るたびに吹き出しそうになるぞ。
愚民教育が効き過ぎて、自分等までお馬鹿になっちゃったんだね。
これじゃあ予算がいくらあっても足りないよね、お気の毒様。


25. 2012年3月30日 21:00:17 : wmzhq6omcQ
まじめな疑問ですが、推進力の無くなった(ジェット噴射の無い)物体をどのようにして狙って打ち落とせるのでしょうか??????
 はっはーー!!!アメリカがやたら撃ちまくれって言うのかなあ。
足りなきゃ「まだ在庫ありまっせ」と言うのでしょう。「いくら使うの田中さん?」、えええええー覚えていないってか。

26. 2012年3月31日 00:54:08 : 7YTBqLhI2V

 第4の軍事革命を起こした画期的な兵器。

 プレデターは、軍事専門家からそう呼ばれている。

 巨大なラジコン飛行機を飛ばし、モニターを見ながら操作をして敵にミサイルを発射する、そんなシーンをニュースで見た人も多いだろう。

 多くの人が勘違いしているが、プレデターとは無人飛行機本体(MQ-1)ではなく、運用システム全体を示した名前なのだ。無人飛行機本体、操縦者、それをつなぐ軍事ネットワーク回線、現場に配備した特殊部隊、作戦立案する情報本部、それらを統合したシステム全体をプレデターという。ゲリラたちを狩り出して殺す、捕食者と呼んでいるのだ。

 プレデターが「軍事革命兵器」なのは、従来の戦い方を一変させたからである。

 塹壕戦を無意味にした戦車(第一次世界大戦)、大艦巨砲主義を駆逐した戦闘機(第二次世界大戦)、その戦闘機による近接戦闘を無効化したミサイル(戦後)。これらの兵器は戦争のあり方を大きく変えた。プレデターもまた、戦争のあり方を変えつつある。

 ゲリラ戦を無力化しようとしているのだ。

 世界最強の軍事力を持つアメリカは正規軍同士の戦いで、まず負けることはない。問題は、常に「戦後」となる。アフガニスタン、イラクでは、アメリカ軍は散々、ゲリラ戦に悩まされてきた。実際、アメリカ軍の被害は、戦争後のほうが圧倒的に多いぐらいなのだ。

 アフガンやイラクは地下資源や石油利権の収奪が目的だった。莫大な戦費を戦後の占領支配で回収する。アメリカやその他の欧米諸国の支配者にとって戦争はビジネスなのである。

 ところが強すぎるアメリカ軍に対してアフガンやイラクでは戦争が終わった後、残存兵力を糾合。ゲリラ戦を仕掛けるようになった。アメリカ兵の被害が増えれば国内世論が反戦に振れて「撤退せよ」の声が高まる。それを狙っての戦術変更である。いずれにせよ、アメリカ軍、それを裏で操ってきた支配者にすれば利益を回収する前に撤退するわけにはいかない。それでは商売が上がったりとなる。

 その危機を救うべく開発したのが「プレデター」なのである。

 イラク戦争では、フセイン政権打倒後、武装グループが乱立、内戦状態へと突入した。日本人のジャーナリストも犠牲者になったように、イラク情勢は悪化の一途を辿った。イラク軍を倒した後、自爆テロ、路肩爆弾、ゲリラによる市街戦でアメリカは苦しめられることになった。支配地域もどんどん減っていった。一時期、イラクは「第2のベトナム戦争になる」と懸念され、先行きの見えない泥沼の戦争になりかねない状況に陥っていた。

 ところが、である。2008年頃以降、突如、イラク情勢は一変する。武装グループは一掃され、イラクの治安はみるみる回復していった。

 理由は説明するまでもあるまい。この時期、プレデターが投入されたのである。

 プレデターは、いかにしてイラクの武装グループを一掃したのか。

 どこかの市街地でゲリラ戦が発生したとしよう。現地のアメリカ軍基地からプレデターが発進する。しかし、プレデターは、ここで戦闘に参加しない。上空に待機し、ゲリラを監視するのだ。ゲリラ、特に指揮官をターゲットに何機も交代しながら監視を続け、彼らのアジトを突き止めるのだ。アジトを発見したといってもすぐに攻撃することはない。そのアジトに誰が来たか、その人物を追尾するためだ。これを繰り返しながら「司令官」を探し出す。それなりの大規模な戦闘の前には、現地司令官と現場指揮官が集まる。これはアメリカが誇る盗聴システム「エシュロン」の盗聴を避けるためだ。その時、満を持してプレデターは、アジトごとミサイルで吹き飛ばすのだ。その直後、地上部隊はゲリラの支配地区へと侵攻を開始する。指揮系統を破壊された武装グループは、烏合の衆も同然、アメリカ軍に呆気なく蹴散らされる。指揮官を失えばゲリラ兵は散り散りになって無力化する。アメリカ軍を苦しめるぐらい組織化された途端、プレデターによって叩かれるのだ。武装グループの抵抗が弱まったのも当然だろう。アジトを突き止めておけば、自爆テロや路肩爆弾といったテロ攻撃も事前に察知できる。現地部隊に阻止させてもいいし、直接ミサイルで攻撃することもできる。

 武装グループに背後から忍び寄る「捕食者」の真価は「コマンダーキラー」、ゲリラたちの指揮系統の破壊にある。無人飛行機で敵を攻撃するといった単純なものではないのだ。

 ゲリラの最大の武器は、一般市民に紛れ込み、どこにいるか、何をするか、誰が指揮しているのか、わからないことにある。プレデターが対テロに有効なのは、それを丸裸にしてしまうからなのである。

 プレデターは、無人飛行機を使って武装グループ幹部の監視を行い、特殊部隊を現地に放って情報を集め、地上部隊の攻撃とリンクさせる。そのため、どのタイミングで攻撃するのがベストなのか、運用には高度な情報分析と作戦立案能力が不可欠となる。無人飛行機の飛ばし方やミサイルの発射が上手かどうかは関係ない。むしろ、集めた情報を各方面ですり合わせることのほうが重要なのだ。

 事実、プレデターは、アメリカ空軍に所属するが、実際に運用に当たっているのはCIA、正確に言えばCIA内にあるCTC(カウンター・テロ・センター)であり、CTCと連動したアメリカ特殊作戦軍(SOCOM)なのである。特殊作戦軍のオペレーションは、陸軍、海軍、空軍、海兵隊の全ての特殊部隊を指揮できる。というより特殊作戦軍とCIAが参加しなければ「プレデター」は機能しないのだ。

 プレデターの投入とは、CIAの指示による現地スパイと特殊作戦軍の特殊部隊を現場に配置し、CIA本部のあるラングレーで情報分析と作戦立案を行うことを意味する。繰り返すが、それを「プレデター」システムというのだ。

 イエメンでアメリカ市民殺害を実行したのが、SOCOM傘下の統合特殊作戦軍とCIAだったことは、「産経新聞」が報じている通りである。

 「無人機、遠隔操作でテロリスト殺害 米軍と情報当局」
  AP通信などによると、アウラキ容疑者の動向を最初に探知したのはイエメン当局。情報はすぐさま米軍特殊部隊を管轄する統合特殊作戦軍と中央情報局(CIA)に伝達された。

 両組織は約3週間にわたってスパイ衛星や偵察機を駆使してアウラキ容疑者を追跡。本人と確認した上でホワイトハウスの許可を得て攻撃を実行した。(「産経新聞」2011年10月1日)

 ここでようやくテロリスト殺害の実行がアメリカ軍とCIAであることが判明する。イエメン軍ではなっかたのだ。それでも重要な情報を隠しているのは、2011年9月30日付のアメリカ「ワシントンポスト紙」を読めば、即座に判明する。

 「米国籍を持つアンワル・アウラキ師の殺害が、米司法省の秘密メモで承認された」(「ワシントンポスト」2011年9月30日)

 なんと、アウラキ師はアメリカの市民権をもったアメリカ人であったのだ。

 それを知っていながらイエメンに駐留するアメリカ軍は、ホワイトハウスに確認したうえで、つまりオバマの了承を得て、テロリストとして暗殺を実行した。オバマは、ひとりのアメリカ人を裁判なしで殺害したのである。アウラキ師は「テロに関与したとされる」に過ぎない。容疑者ではあっても、被告でもましてや「死刑囚」でもなかった。にもかかわらず、「疑わしきは殺せ」と問答無用に暗殺したのだ。

 リビアにプレデターを投入するというのは、単に無人飛行機をリビア上空に飛ばし、何かあればミサイルをぶっ放すようなことではない。CIAのみならず特殊作戦軍、つまりアメリカの誇る精鋭中の精鋭である各軍の特殊部隊の投入を意味している。

 だが、アメリカ市民は、この現実をほとんど理解していない。

 プレデター(無人飛行機の意味)を操作する直接の部隊は、アメリカ/ネバダの空軍基地にある。そこから軍事用衛星回線を通じて現地で飛ばした飛行機を操作する。エアコンの効いた快適な操作ルームで、まるでテレビゲームを楽しむかのように飛行機を飛ばしているのだ。これもすごい話だが。アメリカ人の多くは、プレデター投入と聞いてもアメリカ兵が直接、リビアに派遣されるわけでなく、アメリカ兵犠牲が出ないと考えている。プレデター投入に反対の声が上がらないのは、そんなカラクリがあるのだ。


27. 2012年3月31日 08:42:51 : gFpOokIWao
3月30日、朝日新聞が「自衛隊に潜む危うい体質」を社説で指摘した。
http://img.asyura2.com/us/bigdata/up1/source/8047.jpg
要は、JAL123便の再来があるということを社説でリークしたのだ。

そして、事態は発生した。

<引用ここから>
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120330-OYT1T00938.htm
JAL機、エンジントラブルで羽田に緊急着陸
.
 エンジントラブルで羽田空港に引き返した日本航空機=増田教三撮影 30日午後5時35分頃、羽田発鹿児島行きの日本航空1873便(ボーイング777―300型機、乗員乗客150人)が、静岡県沼津市近くの高度9200メートルを飛行中、右エンジンに異常が発生した。
 同便は右エンジンを停止して羽田空港に引き返し、午後6時14分に同空港に緊急着陸した。
 国土交通省によると、エンジン内部の高圧タービンの羽根(ブレード)が複数欠けていたという。エンジンは米プラット・アンド・ホイットニー社製で、同型エンジンは2005年に高圧タービンブレードの製造上の欠陥で部品交換の改修対象となっており、日航で関連を調べている。
(2012年3月31日00時54分 読売新聞
<引用ここまで>


択捉島産のレニウムということであれば、またもや、ロシア+自衛隊が発生していることになります。
自衛隊富士あたりが、またやらかしているようです。
ブレードが欠けるのは典型的な被弾です。

具体的には硬い元素
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0
等を吸わせれば、今回のような損傷が発生します。
いかにも自衛隊あたりが考えそうな作戦立案です。

<引用ここから>
◆〔特別情報■〕
 イスラエルの情報機関「モサド」と日本警察庁・警視庁警備公安筋の情報によれば、オウム真理教の残党集団が、北方領土の国後、択捉の2島を拠点に活動、武装闘争を含めて不穏な動きを続けているという。
http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/200209
<引用ここまで>
の情報を加味しますと、
またもや、JAL123便と同様
ロシア+自衛隊
が発生していることになります。


28. 2012年3月31日 08:54:49 : YuwUOcEhDo

 どうやらバラク・オバマはベイビー・ブッシュ以上の「悪魔」の役を与えられそうだ。

 それを証明する事件が、2011年9月末に起こった。

 第一報をNHKニュースが伝える。

 「アルカーイダ系指導者を殺害 公表」
 中東イエメンの国防省は国際テロ組織アルカーイダ系の武装組織の指導者でアメリカを狙った複数のテロ事件に関与したとされるアンワル・アウラキ容疑者を殺害したと発表しました。(NHKニュース、2011年9月30日)

 これを読んでも、特に感想はないだろう。NHKはある意図をもって、一番、大切な情報を隠しているからだ。それを理解してほしいので、あえて紹介した。次は翌朝2011年10月1日付の「産経新聞」である。

 「無人機、遠隔操作でテロリスト殺害 米軍と情報当局」
  AP通信などによると、アウラキ容疑者の動向を最初に探知したのはイエメン当局。情報はすぐさま米軍特殊部隊を管轄する統合特殊作戦軍と中央情報局(CIA)に伝達された。

 両組織は約3週間にわたってスパイ衛星や偵察機を駆使してアウラキ容疑者を追跡。本人と確認した上でホワイトハウスの許可を得て攻撃を実行した。(「産経新聞」2011年10月1日)

 ここでようやくテロリスト殺害の実行がアメリカ軍とCIAであることが判明する。イエメン軍ではなっかたのだ。それでも重要な情報を隠しているのは、2011年9月30日付のアメリカ「ワシントンポスト紙」を読めば、即座に判明する。

 「米国籍を持つアンワル・アウラキ師の殺害が、米司法省の秘密メモで承認された」(「ワシントンポスト」2011年9月30日)

 なんと、アウラキ師はアメリカの市民権をもったアメリカ人であったのだ。

 それを知っていながらイエメンに駐留するアメリカ軍は、ホワイトハウスに確認したうえで、つまりオバマの了承を得て、テロリストとして暗殺を実行した。オバマは、ひとりのアメリカ人を裁判なしで殺害したのである。奇しくもNHKが報じているようにアウラキ師は「テロに関与したとされる」に過ぎない。容疑者ではあっても、被告でもましてや「死刑囚」でもなかった。にもかかわらず、「疑わしきは殺せ」と問答無用に暗殺したのだ。

 つまりオバマが「大統領令」にサインすれば、いつでも、どこでも、誰でも、アメリカ軍、あるいはCIAに命じて、殺害できる。それをアメリカ政府、オバマ政権は「合法」としているのである。

それだけではない。オバマは、この「大統領暗殺指令」を法制化することまで企んでいるのだ。この法律が、実にとんでもない代物で、ぜひ、じっくり読んでほしい。

@対象となるのは、原則としてアメリカ市民を含めた世界中の人々。
Aテロリストの容疑があれば、暗殺を含めて国際条約で禁止されている違法な盗聴、監禁、拷問、薬物を使った自白なども許可される。
B法の行使は、原則としてはアメリカ国内に限らず、世界のあらゆる地域。
C法の行使に関しては、誰がターゲットになっているか、どのように運用されているのか、一切の公表義務はない。
D「テロ」に定義はない。

 とんでもない法案だろう。

 実は、法制化する前から、この大統領令によって、前述のアウラキ師を含め、2人のアメリカ市民が暗殺されている。ある意味、特別処置的な極秘運用のため、その程度で済んでいると言えよう。もし、法制化すれば、その運用は歯止めなく拡大的に運用されることだろう。オバマの気に入らない人間は、サイン一つで、いつでも、どこでも、誰でも、CIAが殺害してくれるのだ。文字通り、オバマ大統領は、史上最悪の「独裁者」と化し、自由と正義の国だったアメリカは、史上最悪の独裁国家となるだろう。

 もちろんアメリカ市民はバカではない。当然、激しい反対運動が予想されるし、気骨あるジャーナリストたちも黙っていないだろう。国際世論も反発するはずだ。

 だからこそ・・・・・。

 アメリカ、正確には欧米の支配者はネットワークを悪用して、世界中に戦火を広げ、暴動を起こし、治安を悪化させてきた。オバマはウサマ・ビンラディンを「殺人ショー」という茶番劇によって自称アルカーイダ(その正体は、CIAが組織したAL-CIADA/アルシーアイエーダである)というテロリストを野に解き放ち、さらに国際犯罪組織を経済テロリストと認定し、それを撲滅するという名目で構成員たちが世界中の都市で暴れまわる口実を与えてきた。

 すでに中東地域では「アラブの春」が、先進国では「格差反対デモ」が、暴動となって社会不安を増長している。ギリシャ危機に始まるEUの金融経済崩壊、リーマン・ショック後のアメリカ経済の低迷は、大国アメリカでも悲惨な状況を生み出している。

 「米国で貧困地区が急拡大 白人 高学歴者にも広がる」
【ワシントン共同】貧困人口の拡大が続く米国で、低所得層が集中する「貧困地区」の人口が過去10年間に32・9%増加し、大都市から郊外に拡散。白人や高学歴の貧困地区住民も増加したことが3日、米ブルッキングズ研究所の調査で明らかになった。

 同研究所は、犯罪発生率の増加や教育の質低下などで、貧富の差の固定化が進む恐れがあると警告している。

 調査は「貧困地区」を、4人家族で年収2万2314ドル(約174万円)など一定の基準を下回る住民が40%以上を占める地域と定義。2000〜09年の国勢調査などの分析では、貧困地区の人口は00年の約657万人から09年には約874万人に増えた。2011/11/04 05:44 【共同通信】

 不況、失業、貧困、暴動、犯罪。先行きの見えない不安な生活が続く中、「全てはテロリストが悪い」「治安悪化を防ぐためには政府の強権が必要なのだ」という主張が繰り返されたとき、果たして、人はいつまで正気を保てるだろうか。

 ましてや、戦争が始まれば・・・・・。

 オバマ、いや、欧米の支配者たちは、戦争までもネットワークを悪用して、ファストフード店のように気軽なものへと作り替えようとしている。手軽になれば、当然、戦争は簡単に起きてしまう。だが、一端、起こった戦争は、ちょっとしたきっかけでエスカレートし、憎しみの連鎖を生み出してしまう。

 ファストフード化された戦争は、こうして世界中を戦火に巻き込んでいく。そして気が付けば「独裁者オバマ」に支配される独裁国家アメリカが誕生している、かもしれない。

 2012年、今、私たちは、その岐路に立っている。

 それを防ぐために・・・・・。


29. 2012年3月31日 14:33:27 : 6kuobrWeYc
予告コースを見る限り、日本をあからさまに避けてるよな。

30. 2012年3月31日 23:36:58 : SOo0L36j5Q
マスコミが変な動きをしているみたいです。

http://blog-imgs-35-origin.fc2.com/k/i/n/kinokokumi/20120329kamiura.jpg


31. 2012年3月31日 23:53:08 : SOo0L36j5Q
鹿児島県が沖縄県のように軍事基地化する予定だとか・・。

http://grnba.com/iiyama/html/02newsDJST.html#MBK


原発に気をとられていたので、ビックリしました。
北朝鮮のミサイルと関係しているのではと思い、出してみました。


32. 2012年4月01日 00:58:01 : 4sSsS9jSZ6
とにかく、戦争に突入すれば、なんでも良い。
核を使い、消耗した北を最小限の力で叩き、
資源の略奪でうま~。
アフォなイエローモンキー等、煽ればまた木に昇るさ、
日本等、それぐらいの利用価値しか無い。

33. 2012年4月01日 06:29:12 : gFpOokIWao
「官僚」は、1%の強者の言いなりになり、特権階級化し、99%の弱者に対しては有害無益な代物となった。

もはや
「民営化」してしまった方がよいのではないか。
例えば、
「財務省株式会社」
である。

意思決定において、株主の意向が加味されるわけであるから想定される一般市民の意向も取り入れなければならず、官僚の思考回路、の改革につながるだろう。

「自衛隊株式会社」は、全て、アメリカで持つことにすれば、現在、日本国内で国民を弾圧している中露自衛隊(反主流派部隊)も、解消できる。


34. 2012年4月01日 06:55:59 : gFpOokIWao
ところで、
F-1の福島県浜通り地方には、古代ヒヒイロカネの鉱山がある。汚染されて立ち入り禁止区域辺りである。

立ち入り禁止にしている理由は、中国が、除染として略奪しようとしているのである。

ヒヒイロカネUUPを、散布して放射能を沈静化するのが、本当は最も好ましい対処である。
なぜなら、基本的に、ウランプルトニウムの放射能汚染であれば、それよりも大きい元素による対処が望ましいからである。

ウランプルトニウムは人体に有害な場合が多いが、ヒヒイロカネUUPは生物に有益な元素である。昔、屋根材等にヒヒイロカネUUPが使われていたのは、健康によいからであった。

中国に騙されることなく、日本の有用な資源は、日本人のために使っていただきたいものである。


35. 2012年4月02日 02:58:46 : Q3qbpnbECo
北朝鮮は日本を射程に収める中・長距離ミサイルは既に開発済
とすれば、今回の飛翔体撃墜問題は
米国を射程に収める大陸間弾道弾開発に対するものではないのかと
勘ぐるのはおいらだけ?
であっても日本の安全保障に多大な影響を与えることは否定しないが
日本が先頭に立つのはなんか釈然としない

36. 2012年4月03日 07:02:50 : Ier5Crlrk6
日本人はアメリカ様を守るための道具

37. 2012年4月04日 01:53:17 : SOo0L36j5Q
かなりのビックリ情報です。
何にビックリ??

私はマスコミに・・でした。

https://twitter.com/#!/kamiura_jp/status/185339465580027905


38. 2012年4月06日 01:43:36 : XS4E6NVkIY
誰が絵を書いてるんだ。
でかい絵を書くアホに気付けよ・
>>32
戦争に突入するのかw
今更誰が戦争に突入するんだよ。

それで、誰がとく出来る?
戦争屋の面々もそろそろそろばんクルって来てるだろwww


39. 2012年4月06日 13:00:29 : HH0BG0NF6g
>>35
もちろんICBMクラスに見せるってブラフも有るだろうけど、
準備に一か月かかるロケットが兵器たり得るかって点でノー。

普通に考えれば外貨獲得の為のロケット・キットでしょう。

ペイロード的にコレに載せられる核弾頭なんて、
米ロ以外じゃ未だ作れない筈だし。
北朝鮮製の核弾頭だとH2Aでも載せられるかどうか。
かと言ってダーティボムだと湾岸戦争の劣化ウラン汚染程にも出来ない。


40. 2012年4月07日 00:50:22 : N8S8tM8fLU
沖縄米軍もPAC3持ってるのに、それを使わないで
日本は本土から高〜〜〜い輸送費使って運んでる。
防衛省はお金余ってしょうがないんだろうね。

そして「PAC3が沖縄に到着、配備されました」と
ドヤ顔で情報垂れ流す糞マスゴミ。
それに踊らされて、街頭インタビューにて「北朝鮮のミサイル怖い!」
と言っている市民を見てると何故か涙が出てくる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧