★阿修羅♪ > 戦争b9 > 220.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
やはり日本の原発は核開発目的だった!米政府 日本の軍事プルトニウム備蓄を支援・容認!開発担当窓口は電力各社(米NSN) 
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/220.html
投稿者 びっくりカメラ 日時 2012 年 4 月 15 日 19:47:07: J0cB34o5BCnvo
 

やはり日本の原発は核開発目的だった!!米政府 日本の軍事プルトニウム備蓄を支援・容認!!開発担当窓口は電力各社(米NSNSスクープ)

April 9th, 2012
http://www.dcbureau.org/201204097128/national-security-news-service/united-states-circumvented-laws-to-help-japan-
accumulate-tons-of-plutonium.html

米国の国家安全保障問題専門通信社のNSNS( National Security News Service)は9日、米国のレーガン政権が核技術などの国外移転を禁ずる連邦法(カーター政権下、制定の原子力法)をなおざりにし、日本が原子力の平和利用の名の下に、核兵器の材料となる軍事級のプルトニウムを70トンも備蓄するのを手助けしていたことを明らかにする、1991年以来、20年がかりの 調査結果を報じた。

それによると、米側は日本が1960年代から核開発の秘密計画を保持しているのをCIAなどの諜報活動で確認していながら、米国内で頓挫したプルトニウム増殖炉の設備や技術の日本への移転を認めるとともに、国防総省の反対を抑え込んで、英仏からの再処理プルトニウム海上輸送を容認さえしていたという。

米国による「プルトニウム対日支援」は、1988年に米上院が批准した日米原子力協定によって承認されたものだが、NSNSによると、発端はカーター政権時代に遡る。

米海軍の原子力の技術者で、核問題に精通したカーター大統領は、サウスカロライナ州のサバンナ・バレーやワシントン州のハンフォードの核施設で、米国が続けていたプルトニウム生産の増殖炉研究を停止する決断を下すとともに、核技術・設備の国外移転を禁じる「1978年核非拡散法(原子力法)」を制定した。

これにショックを受けたのはサバンナ・バレーのクリンチ・リバー増殖炉を中心にプルトニウム増殖の研究開発をあたってきた米国の原子力推進派。

カーター政権に続くレーガン政権下、巻き返しを図り、核武装を狙って兵器級プルトニウムの備蓄を進めようとする日本側に、サバンナ・バレーのクリンチ・リバー増殖炉で蓄積した増殖技術や遠心分離器など設備を日本側に売り渡す日米原子力協定の締結に漕ぎつけた。

レーガン政権による、このプルトニウム対日支援の直接のキッカケは、1984年の米ウエスチンブハウス社の中国に売り渡し。これに抗議する日本側を宥めるために、レーガンの「原子力の右腕」と言われた、リチャード・ケネディが工作に動いた。

米国のCIA、NSAは盗聴など諜報活動により、日本政府は1969年、トップレベルで、「必要とあらば、外国からどんなに圧力をかけられようと、 核兵器開発の技術的・財源的な手段を維持する」秘密決定していたことを知っていたが、CIAはこの日米秘密合意から干されていたという。

合意された日米協定は、日米の科学者が5年間にわたって研究協力を行ない、米国から輸出された核燃料(の再処理)について、30年間にわたり、日本のフリーハンドを認める内容。日本が米英の再処理施設に委託して使用済み核燃料から抽出したプルトニウムを日本まで輸送することも同時に認められた。

このプルトニウム輸送については国防総省がハイジャクなどを恐れて洋上輸送に反対(一時、空輸も検討)したが、国防総省内の知日派などが動いて、容認されることになった。

NSNSのこの調査報道記事は、高速増殖炉「もんじゅ」の事故などに触れているが、米国が売り渡した増殖技術、遠心分離機など設備が、日本でどのようなかたちで生かされ(あるいは生かすのに失敗し)、使われたか(使うのに失敗したか)までは踏み込んでいない。

しかし、日本の権力者にの核開発(核武装)の明確な意志があり、そのためのプルトニウム生産のテクノロジー、及びハードウエアを、国民が知らないところで、ひそかに米側から受けとっていたことは、きわめて重大な問題である。

NSNSの報道はまた、日本の宇宙開発が核の運搬手段開発の隠れ蓑であり、また1991年には、日本の諜報機関が旧ソ連のSS20ミサイルの設計図とハードウエアに入手に成功している、とも報じている。

さらに、日米プルトニウム協定でも、日本側の窓口を電力各社が担うなど、核開発ではなく、あくまで「民生利用」のカモフラージュが施されていた、と指摘している。

福島原発事故の陰には、日本政府の裏と表の二重の原子力政策があったのだ!原発事故の責任追及は、当然ながら、日本の当局による核開発疑惑の解明へと向かわなければならない。

(以上転載終了)

(以下関連記事)

●核兵器に転用できるプルトニウムを保持したいとする国家的欲望がそこにある(小出裕章)

●隠して核武装する日本(槌田敦)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年4月16日 00:04:28 : 2D6ZRZy8i2
これは凄いニュースですね
結局アメリカからの命令には逆らえない日本ということですか・・・

02. 2012年4月16日 08:28:25 : lrzCL0DOFE
びっくりカメラ さま

これで納得しました。
福島の事故を、なんで収束させないか、てことです。

原発の事故は、99年5月の「周辺事態法」の所管です。
自然災害による原発事故が99年12月の「原子力災害特別措置法」です。
武力攻撃による原発災害は04年5月の「国民保護法」です。

「周辺事態」に認定をするのは米国です。
指揮するのも米国です。
今の状態とは、米国が収束にむけて指揮をしていない結果なのですね。

同時にがれきの件で、100ベクレルの基準を、原子炉規制法を改正しないで、
解釈だけで8000ベクレルに緩和をしたのかも、つながりました。
日米原子力協定で縛られていて、法改正ができないのですね。


03. Dr.masa 2012年4月16日 16:05:28 : .bgII3B0H5njE : BD1z75m63k
核爆弾は(消火器にたいに)定期的にプルトを交換しなきゃならないらしい。
だから「日本の核開発」というよりも、米国が保有する膨大な数の核弾頭に装着する為のプルトニウムを「日本で作らせる」と考えること出来る。

現実性の無い核燃料サイクル計画も「プルトの民間利用」の為の”見せ球”のようなもので、全く税金のムダ使い。


04. 2012年4月16日 17:03:43 : D4z0D8fOpI

アメリカが日本(とドイツの)の核武装を容認するわけが無い。


05. 2012年4月16日 17:52:54 : lrzCL0DOFE
04さん

お仕事ご苦労様です。
あなたは原子力村の主張です。

米国は日本の税金を使い核製造です。
日本は見栄張りなんですね。
核システムと云うのは世界規模なんですね。


06. 2012年4月16日 19:17:20 : aajwCXM26g
日本の今までの矛盾した事故後の対応はこうも考えられるに値する行為だ。

いつかはこんな話が出てくるんじゃないかと思ってたよ。

アメリカの核放棄宣言も日本に核を背負わせているから

手元に無くてもイザとなれば作れるって事だ・・・IAEAの存在意義も見えただろ。

日本が核を保持し続けるのもコレが理由だ。

実際は無くても電力需要は補えているんだから。

ザル勘定で国民から搾取するネタに利用していたんだ。

馬鹿らしい・・・呆れる。

戦争に負けたら戦争に加担しなければならなくなったって事か・・・。

平和そうに見せていた一番平和に遠い国が

国民性・気質を利用して平和を装っていたって事になるな。

戦後の植え付け教育が日本人を腑抜けにさせる結果になってしまった。

景気が悪くなれば全てが露呈するほど仕組まれていた日本社会って事だ。

最近でたニュースで自由線レーザー核融合システムも核を利用・保持し続ける為の

名目に相応しい機械なんだろよ。

平和なんだか最悪なんだか解らない三位一体だな・・・。

今改めて考えてみると「戦争が無い世界」なんて望む方が矛盾してるって事だろ?

こんな教育をし続ける事は人類を腑抜けにさせる為の洗脳教育だったのかもな。

争わない・競争しない・戦争をしない・・・。

コレって負け続けなきゃならないって事だろ?!

相手を敬って死になさいって結果にしかならないだろ?!

日本人の言葉の解釈が日本って国を狂わせる結果になるよ。


07. 2012年4月16日 23:51:12 : WKFdbO51hA
橋下氏は人気取りで原発反対を言っているようだが、核武装論者ですね。

08. 2012年4月17日 06:16:49 : ObnzX9gnP6
 04氏のおっしゃる、「アメリカが日本やドイツに核武装を容認する訳が無い」の主張は正しいと思います。原子力村は電力料金の利権構造体であり、核兵器と言う国の「防衛戦略」とは根本的に次元が違うからです。

 そして日本の「核武装」は、我が国が世界に誇る「平和憲法」の冒涜であり、「何時の時代でも戦争をしたがる馬鹿は居る」現実の前に、「憲法9条改正」と「核武装」の主張は、アメリカを最も恐れさせ警戒させる事態と言えましょう。

 05氏は何か誤解されている様ですが、もしもアメリカが日本に核武装させたければ、5Kt程度の小型核弾頭をそれこそ何百発も持ち込めば事が足りるのです。
 それを日本に売りつければ、核兵器開発に伴う危険(事故・情報漏えい・核物質の盗難や流出)も防げるばかりか、日本の属国化も「核兵器管理」の名の下に可能とすらなるです。

 それはドイツも全く同様で、だから「大国の紐付きではない独自開発」に、インドやパキスタンが拘り走った事は明白ではありませんか?。

 中曽根元首相や石原慎太郎が「核装備」を主張するのも、「アメリカ属国化」から逃れる事が最大の目的です。しかし現在の無責任極まりない腐敗官僚が、核兵器の様な危険で扱い切れない代物を、安全に管理出来ない無能さなどは今回の原発事故を観るまでも無く、誰の目にも明白な現実でしょう。

 私はとてもじゃないが、「日本の核武装」など容認出来ませんし、第一この狭い我が国でいったい何処で実験をするのでしょうか?。原発すらまともな安全管理も出来ない官僚共や、管理企業(東電など電力会社)に「核兵器」を任せるなど、神経を疑う話では有りませんか。狂人にマシンガンを預ける様なものです。

 ダイナマイト数キロで破壊出来る目標を、その百万倍もの水爆で狙っていた時代は既に過ぎ去りました。その正確な技術を持つ日本に、「アメリカの核兵器を作る金を出させる」など有り得ません。ミサイルの軽量化(射程の延長)やステルス性能の向上、高度なAI機能の装備などに開発経費を負担させる方が、アメリカにとって遥かに有効だからです。

 この「アメリカ政府の報告書」は、明らかに「日本の核武装信者(中曽根の様な)」を宥める為に、過去そう言った政策を執った事実の公表に過ぎません。
 むしろこの公表が持つ本当の価値は、国民に誤った情報を流し続けた自民党政権の危険極まりない核政策と、腐敗官僚と財界の癒着を暴露した点でしょう。

 私はむしろアメリカが、自民党と腐敗官僚を見限った証拠と読みますがね。正しい報道をする正常なマスコミが、我が国に未だ居てこそでしょうけど・・。


09. 2012年4月17日 08:42:49 : bFD5TIakg
08さん

 正論ですね。

 事実を並べましょう。
 ・日本中に原子力発電所が設置されている。
 ・東海村や六ヶ所村に再処理工場が設置されている。
 ・ウランとプルトニウムなどの核燃料を米国から供給されている。
 ・英仏が日本のプルトニウムの再処理をおこなっている。
 
 さて、このような現象には先立つ動きがありますから、それを並べましょう。
  ・1953年のアイゼンハワー大統領国連演説
  ・1958年日米原子力協定(米国からのウランの供給)
  ・1968年日米原子力協定(包括的な最初の協定)
  ・1970年NPT発効
  ・1974年5月インド地下核実験(米国がカナダにウランを供給し、カナダがイ        ンドに供給)
  ・1974年6月米国はウランの供給をストップ
  ・1974年8月米国はウランの代用品としてプルトニウムの使用を義務付ける
  ・1976年6月日本がNPTを批准
  ・1976年10月フォード大統領声明(プルトニウム再処理の停止と技術の輸出禁        止)
  ・1977年4月カーター大統領新原子力政策を発表(プルトニウム再処理の停止       と技術の輸出禁止、国内用のウランの増産)
  ・1977年4月〜8月日米で東海村再処理の交渉
  ・1981年6月イスラエルによるイラク原子力施設爆撃
  ・1981年7月レーガン大統領新核不拡散政策
  ・1981年10月新日米共同決定調印及び共同声明発表(東海村再処理工場)
  ・1987年11月新日米原子力協定

 この動きから観えるのは、日本の動きが、
   ・日本それ自体と、
   ・日米の枠と、
   ・国際的な枠とが
あることです。

 その動きを掴んでみましょう。
 まず日本には、核所持の要求があります。
それが、発電なのか、核兵器なのかを、ここでは一旦置きます。
 日本の再処理工場の設置と稼働が、米国の再処理の停止と関係しています。
 さらに、米国が日本に核を供給し、日本が原子炉で燃やし、そのプルトニウムを取り出す再処理を英仏でおこなっています。
ここの時点では、米国から供給されている核燃料の形状、数、保管、貯蔵、輸送などが国際的な枠になっています。

 核をめぐる日本の動きを観て、掴みました。
結局、米国からの核燃料の供給がないと、日本が核を持ちたい要求は、満たされないのですね。
 それと、日本の再処理工場が米国内の再処理中止を受けて、米国の設備や技術の移転に基づき、下請け化しているのですね。
ですから、日本は日本、米国を貫く関係で、核武装をしていることになるのではないでしょうか。
 これを実現したのは、中曽根‐レーガンのときですよ。

 どうやら、あなたは「主権国家」は自立をしていると云う、パラダイムが、その根底にあるのではないでしょうか。
「主権国家」は国際的なシステムです。
戦争を前提としたお互いが依存し、制約をするシステムです。

 そうなるのは、あなたこそ、刷りこまれた支配者のイデオロギーで、現象を見ているのではありませんか。

01さん、02さん、03さん、06さん、07さんの主張が、現象を的確に観ていると、思いますよ。


10. 2012年4月17日 16:18:42 : FaIlqEKvZo
>米国のCIA、NSAは盗聴など諜報活動により、日本政府は1969年、トップレベルで、「必要とあらば、外国からどんなに圧力をかけられようと、 核兵器開発の技術的・財源的な手段を維持する」秘密決定していたことを知っていたが、CIAはこの日米秘密合意から干されていたという。

>NSNSの報道はまた、日本の宇宙開発が核の運搬手段開発の隠れ蓑であり、また1991年には、日本の諜報機関が旧ソ連のSS20ミサイルの設計図とハードウエアに入手に成功している、とも報じている。

ひそかに核開発ならびに「人工衛星と称するミサイル」開発を進めていたのは、実は日本もでした、ということでしょうか。


11. 2012年4月17日 16:51:04 : ObnzX9gnP6
09氏、「アラシ」にしては随分と巧妙な詭弁をお使いですね。(感心!)
 核開発と核武装は本質が違いますし、「国家主権」は決して国際的なシステムなどでは有りません。一般国民にこれを言ったらどう思われますかね。
 貿易や為替(通貨)、資本移動に人的交流など、決して戦争を前提とした相互依存や、軍事的な制約システムで縛られる物では無い事は一般常識です。

 貴殿の発言スタンスこそ、日米安保に伴う防衛・外交官僚などの「アメリカ依存型腐敗官僚の物」以外の何物でも有りませんよ。お気付きでは無いですか?。
 その証拠にこの板でテーマとなっている、「日本の核武装」について09氏は「それが発電なのか、核兵器なのかをここでは一旦置きます」とさりげなくスルーして居る。こここそがこの板のテーマなのに!。

 しかもアメリカと日本を貫く「核開発」と、防衛相や電力会社及び政府の「核兵器開発」を、様々な協定やインドなどの条約でさりげなく正当化されている。
 インドの核開発は明らかに、核実験が成功した中国に対するインドの防衛意志だし、核技術でインドが旧ソ連と結び付く事をアメリカが恐れたからです。日本の核武装とは次元と本質が違いますよ。「印中戦争」をご存じないのですか?。

 しかも01氏・02氏・03氏・06氏・07氏の論理とは全く違うくせに、私の主張だけは「刷り込まれたイデオロギー」と指摘するこの狡猾さ!。実に情報操作に長けた人のようですね。全く感心しました。
 どうやら「自民党と腐敗官僚を見限った証し」と言った事が、09氏の気に障ったみたいですね。だから他の人は誤解で済ませても、私の見解だけは歪めて置く必要が有る、と感じられたのかな・・?。

 「正論ですね。」から始める論理展開の巧妙さ!。今までに出会った「アラシ」の中で一番だと思いますよ。いやぁ・・感心・・感心・・。
 故にせっかくですから教えて下さい。私に刷り込まれた「支配者のイデオロギー」とは何でしょうか?。出来るだけ具体的にお答え下さいませ(笑)。


12. 2012年4月17日 17:13:55 : cqRnZH2CUM

>日本の権力者にの核開発(核武装)の明確な意志があり、そのためのプルトニウム生産のテクノロジー、及びハードウエアを、国民が知らないところで、ひそかに米側から受けとっていたことは、きわめて重大な問題

まあ、いつ共産圏からの侵略があるかわからないあの状況で、統治者が核武装の意志を持たない方が、おかしい

しかも、それをバカみたいに言いふらすのは、国家戦略として、あり得ないだろう

>米側は日本が1960年代から核開発の秘密計画を保持しているのをCIAなどの諜報活動で確認していながら、米国内で頓挫したプルトニウム増殖炉の設備や技術の日本への移転を認めるとともに、国防総省の反対を抑え込んで、英仏からの再処理プルトニウム海上輸送を容認さえしていた

宇宙開発(ICBM保有)も容認していたし、プルトニウム原爆開発を黙認していても全然不思議ではないが

日本の場合、世論をいじれば、すぐに核開発は潰せると見ていたはずだから、国防総省以外では危機感が無かったのかもしれないな


13. 2012年4月17日 17:50:46 : mfq2saMXyw

 小出裕章氏は「日本が高速増殖炉を開発しているのは原爆の材料をつくるためだ」という。これはプルトニウムを原爆に使うことが可能だということと、それが目的だということを混同している。日本は核不拡散条約(NPT)に加入しているので、核兵器をつくることはできない。もしNPTから脱退したら、アメリカの核兵器による保護が得られなくなって、かえって危険になる。

 核兵器は憲法で禁じられているわけではないが、日本が核兵器を開発するメリットはない。中国の軍事的リスクが高まっていることは事実だが、もし核兵器を互いに発射した場合、中国を全滅させることは困難だが、日本は東京に1発、着弾しただけで崩壊する。つまり核兵器は中国に対する威嚇にはならないのだ。北朝鮮に対してはもちろんである。

 ただ 核兵器に転用できるプルトニウムが大量に生成されることが、原発のリスクである。特にNPTに入っていないインドやパキスタンなどの新興国が原子力の開発を進めているのは、兵器に転用するためだろう。テロリストがそれを使う可能性もある。

 しかし日本が「脱原発」してもこうした脅威を除去することはできない。北朝鮮もパキスタンも、原発なしで核兵器を開発した。むしろ核技術を温存して、世界の核技術を監視するシステムを強化した方がいい。特に途上国は独力で核兵器を作れないので、開発援助の一環として原発を輸出すると同時に、その軍事転用を監視することが必要だ。ベトナムなどは、その実例になりうる。


14. 2012年4月17日 17:59:19 : Y60uFQXy5g
日本に核兵器をつくる度胸と根性があるなら、アメリカなんかにヘイコラしてないと思うけど。

15. 2012年4月17日 18:26:11 : SXkSLXjHnw
08さん、11さん、同意です。鋭い内容です。

90年のバブル崩壊と、その後、米国の一時期の「ニューエコノミー」時代を経て状況が変わりましたが、戦後、それまで、米国は双子の赤字を続け、対して日本は高度成長の中にありました。朝鮮特需やベトナム特需、アジア諸国との関係などにかかわる日本の高度経済成長に対して、米国では「安保ただ乗り」への批判が繰り返し浮上しています。これに対して、安保を破棄すれば日本が核武装する、という主張が、安保を継続する有力な主張の一つとなってきています。
日米関係を、(もっぱら軍事面を基に?)従属一色でとらえるのは、あまりに表面的です。

「 貿易や為替(通貨)、資本移動に人的交流など、決して戦争を前提とした相互依存や、軍事的な制約システムで縛られる物では無い事は一般常識です」―――本当にその通りですが、この常識を踏まえない論議をとても多く目にします。

日米関係を調べたのはずいぶん前のことなので、08,11さんの、現在状況を踏まえたまとめに感謝しています。


16. 2012年4月17日 20:12:29 : uCIf9eLHqM
>>14
韓国がPu軍事転用も考慮した核燃料サイクルをやりたくて我慢汁駄々流ししてる
それはじめるとキタも刺激することになる品〜
日本の場合は軍事研究が表向き認められてない時代、
今でこそ宇宙航空開発がまともに出来るようになってきた中で
準・軍事技術が開発できるっていうのは野望持ちにはのどから手が出るほど欲しかったのよ

17. 2012年4月17日 20:21:20 : cUqQ10tEi6
記事を読む限り単に日本叩きじゃない?
本当にそうだったら、北朝鮮、イランと同様、NPTを脱退し、国連安保理は日本に対し、制裁決議案する。
以前アメリカのメディアで、日本は2ヶ月程度で原爆の開発が可能と報道された。
今回もそれと同じなのでは?
まあ、これが本当ならば、日本はいつから弱腰外交から強気外交へと変わったのだろうか?

参考までにイギリス、フランスが核戦力の運用に投じている費用は(購買力平価換算で)年間4000〜6000億円。
ただしこれには初期の研究開発費は含まれていない。
核兵器の費用はあまりにも膨大である。ただでさえ日本は借金大国なので、普通は大騒ぎになるはずだが・・・。


18. 2012年4月17日 21:11:18 : aajwCXM26g
でも何と言っても非常識な事をやっていたのが日本政府ですから・・・。

常識の枠に囚われていたら真実も見えませよ。

国民は政府見解を鵜呑みにしていて今の状況なんですから。


19. 2012年4月17日 21:36:13 : cpmGTIRPSo

心配しなくても 核兵器を発射する決断をする前に 核攻撃されて終わるわ

20. 2012年4月18日 06:10:06 : y7DVbtI7vI
核兵器は他国を攻撃するもの

原発は自国を攻撃するもの

どんな詭弁を弄しようとも、アメリカが日本に原発を押し付け日本人の被曝を画策し、日本人から医薬品代をもぎ取ろうとしているのが真実(原発マフィアと製薬マフィアのつながり)

これは、アメリカが逃げ道を用意するための記事だろう


21. 2012年4月18日 09:13:00 : xxF3hwExJo
>09さん
> どうやら、あなたは「主権国家」は自立をしていると云う、パラダイムが、その根底にあるのではないでしょうか。
>。ヨ主権国家」は国際的なシステムです。
>戦争を前提としたお互いが依存し、制約をするシステムです。

う〜む。おもしろい。

印、中、(パ)、朝、韓、日。

いいように操縦されているようですね。

とすると、イラン核問題とは仕掛人による中東石油(+価格)の支配問題だとなりますね。

>>13さんの言う
>開発援助の一環として原発を輸出すると同時に、
>その軍事転用を監視することが必要だ。
>ベトナムなどは、その実例になりうる。

ベトナムより何より戦後日本がそうやって釣り上げられた。
いまや放射能人体実験場と化し、(プルトニウム製造=)核の最終処分場と為れつつあるだろう。


22. 2012年4月18日 09:51:05 : T8AMaraDlU
核開発が目的なら
尚更、原発は廃止にするべきやん

こういう問題を面白がってるやつって
自分の異常さにも気づいてないんやろな

どっちにしろ09のやつの、やらしさが目立つよな。


23. 2012年4月18日 09:52:00 : c3MGH08xSU
ダメリカさん、11.3.11で日本穀倉地帯を壊滅させTPPゴリ押し、原発事故を捏造し放射能パニックを演出、日本の信用を失墜させ、ドル延命、ダメリカ破綻遅延日本資産強奪「ともだち作戦」を画策したが、思った効果が見込めず、今度は、「核開発が目的」?何でもありだね!?(笑)自然地震に見せかけた原爆テロ、そして、第二弾を虚子坦々と狙う。今度はこれできたのかな?笑止千万だ。
 ダメリカさん!日本国民を侮るでないぞよ!でした。(拝)

24. 2012年4月18日 09:56:52 : SPAj6y654E
「核兵器」なんて、実際には報復攻撃による自滅を覚悟の上でなければ使用できない、武器としては役立たずのもの。
アメリカはそれを凌駕する「プラズマ兵器」を開発したから、各国の核兵器開発を腹の中で笑って見ている。

25. 2012年4月18日 12:17:04 : 1a1ujUQSo2
記事を読む限り、明らかに日本叩きか書いた記者が日本嫌いとしか思えません。
17さんの言う通り、核開発疑惑どころか、日本、NPTを脱退。国連安保理は日本に対し、制裁決議案。になるはずです。
北朝鮮、イランと同様、同じ道をたどるはずです。
仮に日本が核武装したとしても、国際社会からの孤立化は避けられません。
まあ、核兵器は持っているだけで、抑止効果や外交に有利ですので、日本が核武装したら、在日米軍撤退、韓国は竹島を放棄(北方領土はわかりません)、中国は尖閣諸島の領有権を放棄、になる可能性があるので、メリットはあるかも・・・。


26. 2012年4月18日 15:34:15 : Ejc5Yj4gjo
核武装、国民が決めることです。

自主独立で協調主義です、日本外交は。
これが本来の姿です。

国民が決めることです。


27. 2012年4月18日 21:58:43 : VK8mZpF0P6
日本のどこの組織が核兵器を作ろうとしていたのかわからん。
どこかに書いてある?日本の権力者って?

28. 2012年4月18日 23:23:55 : zvL6kLo0eo
>>25
>日本が核武装したら、在日米軍撤退、韓国は竹島を放棄(北方領土はわかりません)、中国は尖閣諸島の領有権を放棄、になる可能性があるので、メリットはあるかも

甘い甘い。在日米軍撤退はともかく、竹島や尖閣で相手が譲歩するわけないでしょう。
むしろ「日本の軍国主義復活」をいよいよ喧伝して態度を硬化させるでしょう。
韓国も核武装に踏み切る可能性があるし、中国はさらなる核軍拡の大義名分を得るだけ。
で、その他諸外国でも、久しく成りを潜めてた「日本脅威論」を復活させかねない。
その期に及んでアメリカが日本のバックアップをしてくれる保証があるとでも?

デメリットだらけですよ。


29. 2012年4月19日 07:50:53 : y7DVbtI7vI
世界を何百回も滅ぼせるプルトニウムを持ってるのに
【核兵器のためです】、というのはあまりに苦しい言い訳
原発を押し付けてきたアメリカが、日本をトカゲの尻尾切りする意図が見える

そもそも
アメリカが逃げ帰ったイランアメリカ戦争で見ても分かるように
軍事力を増強するなら通常兵器を中心として固めていくしかない
それが本当の軍事力

しかし核兵器を持たねば世界の一流国として並べないのも事実ではある
アメリカのジャイアニズム

「おれのもつ核兵器は正義。おまえらのもつ核兵器は平和を乱す」

こんな戯言は無視しなければならない


30. 2012年4月19日 08:44:37 : jFK6f0jq0E
>11さん

(わたしは09さんではありませんが・・・)

今、日本は「独立」しているのでしょうか、それとも原爆投下戦勝国に「従属」しているのでしょうか。
かつて敗戦直後の論争があったそうですが、60年以上をノタウチまわって来て委細を了知したこんにち、結論を打つことが出来るでしょう。

サ条約で独立したということは、原爆覇権国家に従属することだった。その後もずっとそうだった。いまも無残を晒している。天皇も被曝病に罹らせて顧みない。(循環器疾患だけですでに一万人以上がころされたそうだ。
http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/627.html  )

戦後天皇制とは戦後民主主義とは、そういうものであった。そうであることを、とうとう自ら解脱することが出来なかった。日本と韓国とは、原爆国家にとって「海の満洲国」であった(©「影の闇」氏所説)そうだ。しかり。

だから「国家主権」とは原爆戦勝国群によって与えられたものであると断定せざるをえない。
見よ、津波被害者や放射能被害者、放射能対策に国費は使わないが、それらを上回る額を、IMFには差出しまチュとボクちゃん大臣は聞き分けがよいではないか!
日本とはそういうクニにである、そういうクニにさせられつづけている。政治学用語の「理念型」に当て嵌めて、現実世界を切り縮めては、いったい何を否定しようというのでしょう?



31. 2012年4月19日 09:42:31 : NEGmgFN9BY
>>30
戦後、天皇が責任を取らずに居座ることを認めて、日本の旧体制の根本的な変革を押しつぶし、日本を対ソ、対共産圏の前線基地にしていったのが米国の意図ですよ。天皇の戦争責任回避、居座りは、日本の権力者の要求でもあったので、これをもって従属かどうか、などと機械的に言えないにしても、日本の国民の自立的な成長を抑える米国、日本の権力者に利用された(自らその一翼となった)のが天皇と天皇制です。

「天皇も被曝病に罹らせて顧みない」を、従属の筆頭に挙げているようでは、30さんの「従属」概念は、「理念型」かどうか、という以前に、支離滅裂に見えます。
30さんが、政府による津波や被曝被害の放置を断罪していることは正当ですが、まず問題なのは、こうした被害を最も受け、それを克服する力を奪われている経済的・社会的弱者です。
税金で食べている天皇はじめ、富裕者は、被曝などいくらでも回避できることで、どうでもいいことです。


32. 2012年4月19日 13:01:09 : ObnzX9gnP6
30番jFK6様、私へのお訊ねですか?。非常に理解し難い質問なので、ご満足なされるか判りませんが、拙い私見を申し述べたいと思います。

 先ず「国家の独立」は大前提に「内政への干渉」が、国外から受けて居るかが最大の要因でしょう。しかし現実は・・?。多くの方々が現在の、アメリカ・中国から受ける影響を憂慮し疑わざるを得ないのが実情ですが、では「一般国民はそれを望んでいるか?。」は全く逆と思います。

 そのギャップは何故でしょうか。私は腐敗官僚の「売国行為」がその総てと感じて居ります。
 政府情報を平気でアメリカに流す外務官僚、防衛機密を漏えいさせても不思議には思わない防衛幹部、アメリカからの要請を受ければ最新技術や自動車産業までも韓国や中国に移管させる経産官僚、これ以上の国家の独立性を阻害し、且つ損なわせる存在が私たち一般国民の中に居るでしょうか?。ダメゴミですら取り上げるほど、各省庁には常に今でもたっぷりと居るのに?。

 「核武装」が我が国の独立性と結びつかないのは、国家の一権である行政が前述の様に腐り切っているからです。国家の独立性と現実のギャップを憂う前に、その実態と従属している原因の本質を先ずはお考えになられて下さい。
 「狂人にマシンガン」の例えは「腐敗官僚=狂人」の意味ですから。

 また31番氏のご指摘通り「従属」の概念が支離滅裂で、「非独立」の原因とその本質を棚に上げられたご質問を受けても、私には答えようが有りません。
 挙句に「天皇陛下の被爆」までアメリカに責任を押し付けたら「東電・経産省・天下り役人・利権政治家・政党」は罪がないのか?、と言う質問に貴殿はどうお答えになられますか?。

 いずれにせよ貴殿からの質問の論旨が、「推測記事」と怪しげな「諸説」で組み立てられては、私が何を申し上げても無理と言うもの・・。
 どうかこの辺でご勘弁を・・。悪しからず・・。

 


33. 2012年4月19日 16:57:52 : 3qYgRQtslk
福島原発の事故を見て分かるように、福井の原発と美浜の原発の使用済み核燃料プールにロケット弾を打ち込めば日本は終わり。関西、中京、京浜地区は人が住めなくなります、使用済み核燃料プールは、全く無防備です。プールの底が抜ければ一巻の終わり。(4号機のプールなど特に狙い目ですね)。たいした武器を使わなくても日本は破滅します。日本が核兵器を持っても持たなくても、肩掛けロケット弾数発で終わりではないでしょうか。

34. taked4700 2012年4月19日 20:40:28 : 9XFNe/BiX575U : nE6pPp3TlE
日本はIAEAの監視カメラが世界で最も多く設置されている国。しかも、そのカメラはすべて専用電源でニューヨークの本部とつながっている。だから、昨年311の福島原発事故でもIAEA経由でアメリカ政府は事故の詳細を日本政府よりもリアルタイムで把握していた。

そういうことを考えると、アメリカが日本に核保有を許していたとはとても思えませんね。単なる情報かく乱のためのでっち上げでしょう。


35. 2012年4月19日 22:02:57 : eNgjRDN9uo
>日本の軍事プルトニウム備蓄を支援・容認

日本独自で核兵器が持てるという妄想をエサに、核物質の製造工場としてまんまと利用したという構図が浮かんでしまう話ではあります。そもそも元投稿をみると、核物質の製造を支援したという話はあっても、核兵器そのものには触れてないのだ


36. 2012年4月20日 17:17:27 : ltbJuKbVGw
「日本の原発再稼動は日本の核保有のために必要だ」と言うのは、タカ派「石原都知事などの」らの意見として著書などで承知していたが、実は日本の原発プルトニューム保有などをアメリカが支援し、容認しているとは知らなかつた。アメリカは日本を尖兵として核武装させて核戦争の戦場にでもする思惑でも有つたのだろうか?。核巡航ミサイル発射機能付き原潜50隻保有などして米。ロ。中と互角の軍事的対峙をと言う日本のタカ派の著書まで現在本屋に出ているところを見ると、すでにひそかに日本が準備してきた核保有が、決断すれば、何ヶ月以内に実現することを前提に、日本は戦略を練つて居る段階かも知れない。と思う。石原都知事などタカ派は最近、超強気で他国とケンカ前提で物言いをしているが、仮想敵国が「張子の虎」かどうかを試しているのだろう。日本は国土が狭く、人口密度が高く、無資源国だ。核戦争では、不利な条件ではないだろうか?。人類には制御不能で出口なしの「核の火」原発は放射能地獄のみならず、高レベル廃棄物の処理も不可能で日本と日本人に不幸をもたらす悪魔の凶器と思う。原発の甘い汁で麻薬中毒患者のようになつている、原発推進派の国賊たちは、神聖な日本の国土と日本人をホロコーストするつもりなのか?。ヒロシマ。ナガサキ。フクシマ。の教訓から何を学んだのだ。沈思三省せよ。

37. 2012年4月20日 20:47:09 : cUqQ10tEi6
>すでにひそかに日本が準備してきた核保有が、決断すれば、何ヶ月以内に実現することを前提に、日本は戦略を練つて居る段階かも知れない。

(36さんに限らない事ですが)みなさん、お言葉ですが、核兵器をこっそり持ってどうするのですか?何もメリットはありません。
最初にIAEAの査察を受けつつも密かに核開発、なんてことは不可能です。査察を受けつつも密かに核開発したければ、予算自体を国から出さないで国有地とか使用せず、核物質は正規ルートを通さずに密輸する必要がある。
次に核兵器というのは、堂々と保有するのが常識です。また、核兵器は持っているだけで効果があります。つまり、使わないで相手を屈服させる兵器なのです(広島、長崎の原爆投下は除く。当時、アメリカはどうやら使いたかったらしい。)ただし、憲法9条や領土を盗られてなにもしない、外交も軍事も弱腰な今の日本が持っても、意味がない。例え持ってたとしても、なぜこっそり持つのだろうか?
例外はイスラエルで米露中などの核保有国と違い、密かに核を保有した。だからと言って外交も軍事も弱腰ではない。
例え日本が核兵器を保有したとして、その後どうするのだろうか?核爆弾搭載のミサイルは?核兵器の管理や施設は?自衛隊に核兵器を保持する部隊は?右翼、左翼、タカ派、軍国主義以前に核兵器を保有する事は技術だけでも大変です。日本の場合、なぜか陰謀論の方向に向かっていますね。

>たいした武器を使わなくても日本は破滅します。日本が核兵器を持っても持たなくても、肩掛けロケット弾数発で終わりではないでしょうか。
日本の原発の警備は他国と違い随分甘いです。肩掛けロケット弾どころか拳銃で人質をとり、原発を占拠できます。


38. 2012年4月21日 00:29:07 : E873EatfiA
>36さん
御意!
>アメリカは日本を尖兵として核武装させて核戦争の戦場にでもする思惑でも有つたのだろうか

ホントウに!危ないモンは遠くの“不沈空母”にでも造らせればいいとかれらは戦略に位置付けていたのかも。

>原発の甘い汁で麻薬中毒患者のようになつている、原発推進派の国賊たちは、神聖な日本の国土と日本人をホロコーストするつもりなのか

「原発の甘い汁で麻薬中毒患者のようになつている」
まさにそのとおりと思います。アメリカ発の“毒鉱石”殺人ビジネスセットの儲け話の甘い汁サークルに狂ってしまった。


39. 2012年4月22日 08:41:53 : I4wSfPRzv6
09です。
コメントありがとうございます。

私の立場は原子力発電所に反対をしています。
コメントを拝読しますと、原子力村の方もおられるようです。
村だけの情報があるからです。

さて、私は「主権国家」を国民、領土、領海、領空に限定をして見ておりません。
みなさまも、お解りだと思います。

日本は云わゆる「15年戦争」に負け、米国の政治的・軍事的・経済的秩序に自らを位置付けました。
いま、その人たちは安保マフィアと呼ばれております。

そして原子力村です。
この原子力村は、国際的な原子力村です。

さらに92年以降の「対日要望書」と「TPP」のマフィアです。

日本の「独立」のコメントもありました。
しかし、日本は、このように安保マフィア、国際的な原子力村、TPPマフィアに社会を切り取られているのではないでしょうか。
「主権国家」を国民、領土、領海、領空に限定すると、現在の状況に立ち遅れるのではないのでしょうか。

「資本」の特性は「世界性」です。
膚の色、国境、文化を飛び越えて移動します。

放射能のがれき問題も、あそこのがれきが、なぜ、うちの市が受け入れるのか、が説明できなくなるからです。

あそこの市長と、うちの市長の「資本」の人脈があるからです。
小泉構造改革で「経済特区」が設定されましたね。
これは、日本の空間が切り取られたのです。
この切り取りには、「資本」の存在があるのです。
あそこの市長と、うちの市長の「新自由主義」つながりです。
これをつなげているのが、コンサルタント会社です。

31様の、天皇の問題を批判するコメントがありましたね。
教科書で主権国家を、国民、領土、領海、領空の範囲と刷り込まれます。
天皇はその象徴です。
その主権国家の象徴を、資本はゴミ雑巾のごとく使っています。
ですから、国民が主権国家の「独立」幻想があるかぎり、資本の使い方を批判すべきと思います。
 あまりにもひどい、とか。
 心臓と、肺に水が溜まる症状は内部被ばくそのもの、とか
などです。

08様
日本が安保マフィアに、国際的な原子力村に、TPPマフィアに、それぞれの社会空間を切り取られるのは、「15年戦争」に負けたからではありません。
それは、明治からの国の作り方に問題があると思います。
ですから、私たちが、国は独立するものだとか、国の範囲は、国民・領土・領海・領空だとか、思うのは、明治からの国の作り方に刷り込まれています。


40. 2012年4月22日 11:55:39 : I4wSfPRzv6
09です。

補足をします。

日本国憲法第9条のコメントがあります。
第9条は「15年戦争」の反省です。
その限りで、改正派、なし崩し派と護憲派は、同じ土台です。
国民、領土、領海、領空の主権国家を前提としているからです。

第9条を生かすには、明治以来の国づくりを問題とするべきです。
「独立」と従属の問題は、なぜ、日本が西洋列強と米国の秩序に参加するのか、の問題です。
明治以来、なぜ日本が領土を拡大しようとしているのか。

それを解く鍵は、明治の建国を問うことです。
秀吉が、なぜ朝鮮と明を侵略したのか。
武士の登場と、日本の武士の武力統一ではないのでしょうか。

同様に明治での何かの登場、それによる税金と軍事の統一が、その後の日本の方向を決めているのではないでしょうか。


41. 2012年4月22日 17:53:03 : cUqQ10tEi6
私は37です。
私は原発に反対しています。しかし、地方はなかなかそうはいきません。
地元では原発再稼働に賛成が多いです。それは、現地で働く所はないからです。
日本の工場は、海外に行ってしまい、働き口はありません。
農業は儲けになりません。海外のように大規模農業はせず、収入もよくありません。成功している所もありますが、失敗している方が多いです。おまけに今の農家は60、70代の人が多く、10年後、村は狸か狐しかいなくなってしまいます。
TPPの議論がありましたが、はっきりいって、日本の農業はTPP参加賛否問わず崩壊します。競争に負けたといっても仕方がありません。日本の農業はひどいです。しかも、誰も改革しようとしない。政治家もマスコミも口だけ言ったっきり。やろうともしない。
以上の事より、若い人はどんどん都会はでる。地元はますます過疎化が進む。
だから、地元は原発再稼働に賛成します。例え危険があったとしても。

>日本国憲法第9条のコメントがあります。
第9条は「15年戦争」の反省です。

どの国でも憲法の平和条項は国民の生命財産を守るために存在する。
これは憲法学の基本原則。
ただし、日本の場合は異常。
日本の現状は、武力を放棄し、国防はほぼアメリカ任せ。領空、領海侵犯されても、何もしない。馬鹿みたいに「平和」としか唱えない。農業と同様、政治家もマスコミもその事には触れない。他の国ではそういうのを見たことがありません。「15年戦争」の反省にしては情けないです。アメリカ属国以前に独立する資格あるのかと思いたくなります。
09さんは、「15年戦争」の反省と言いましたが、日本国憲法を作ったのはアメリカです。当時、マッカーサー草案を作ったメンバーは憲法学者が1人もいなく、マッカーサーは、日本人の案を踏襲したという経緯ではない。
第二次世界大戦で、対日戦による米兵の戦死者は、対独戦よりも多かった事から日本に再び軍隊を作らせないという考えがあった。単に平和のためという考えは一切なかった。だから、第9条のようなものができてしまった。もっともその後、朝鮮戦争が起き、アメリカは予備警察隊(後の自衛隊)を作ったが。

みなさんは単に日本が核兵器保有する、日米の陰謀と言いますが、そう簡単にうまくいきません。第一みなさんは日本に核兵器があるのを見た事がありましたか?以前にも書きましたが、核兵器を保有する事は技術だけでも大変です。その事は米露中は知っているはずです。あったとしても、まずばれるでしょう。アメリカは日本の核保有に対しては暗黙の了解ですか?
それだと、日米双方、交際社会から叩かれます。

陰謀なんて、映画や小説のようにうまくいきません。というより、見すぎではありません?みなさんがコメントしている事は、イラク戦争前のアメリカがイラクに核兵器があると思い込んでいるような言い方です。CIAはイラクに核兵器はないと米政府に報告したにも関わらず、無視した。結果、みなさんにも御存じ通り、イラクに核兵器はなかった。

みなさんは冷静になって考えてみたはいかがです?


42. 2012年4月24日 00:01:55 : oDZLjorBrU
>>13さん
>日本は核不拡散条約(NPT)に加入しているので、核兵器をつくることはできない。
それは表向きだったんですね。
非核三原則と同じですね。
持ち込んでいたんでしょ、核。
みんなが言ってるのはもしかして作ってもいたって事?

すると、もしかして「核兵器をもたず、つくらず、もちこませず」は三つとも全滅かい?


>もしNPTから脱退したら、アメリカの核兵器による保護が得られなくなって、
>かえって危険になる。

アホなことを言って〜・・・・
表向きそんな事世界に宣言するわけ無いでしょ、「NPTから日本は脱退します〜」なんてそんな事。
アメリカが作らせているのなら、だいじょうV護ってくれるって事だったの?

そうですか〜・・・何か分ってきたような・・・・・
皆さんの言う通りだとすると。

六ヶ所村で使用済み燃料を再処理
それでプルサーマル計画か?
使用後又再処理工場へ
そして最後にもんじゅでもう一度使って更に強力なプルトニュームを生産。
それを又再処理工場へ運んで出来上がりか?

高速増殖炉は世界で日本にしかない施設。
世界のどこもあまりの危険さに恐れおののいて手を引いた施設。
と言う事はだよ・・・・・これほど強力にプルトニュームを凝縮出来る原発施設は
世界で日本だけ。
日本の核をアメリカが欲しいわけだ。
それじゃぁアメリカが日本の原発を絶対止めさせないわけだ。

って事は、野田が原発を絶対止められない本当のわけかい?

だからアメリカは野田総理は近代稀に見る名総理って言ったんだね。

なるほど〜それで何だか全部分った気がする。

そう言う事か・・・・怖いノダ



43. 2012年4月24日 01:47:51 : z2Y0UVqNjw
>>27
僕は311以前に誰が何処に核を隠しているのかという話をネットで知りました。その後に東北地震が来て巨大な津波が東北を襲ったことに驚いたのです。
http://www.youtube.com/watch?v=dnUVpq9vA_k

44. 2012年4月24日 13:42:25 : z2Y0UVqNjw
追記

311地震
http://www.youtube.com/watch?v=ndEBCMUqcAk&feature=player_embedded


45. 2012年4月24日 14:22:27 : oDZLjorBrU
>>44さん

いやー!凄いですね〜。

世界一地震の多い国日本
世界一デッカイ地震の来る国日本
世界一原発が多い国日本
世界一恐ろしい「もんじゅ」なんて原発がある国日本

日本はなんでも世界一だー!


46. 明日の風 2012年4月24日 19:15:17 : UfwLfTczocdg6 : 3lYBvD08uM
誰かさんが書き込んでいたように、プラズマ兵器がすでに開発されている。
原水爆は既に過去の危険な代物。
プラズマを平和利用すれば、あらゆるエネルギーや資源問題は一挙に解決する。

47. 2012年4月24日 19:24:26 : cUqQ10tEi6
>>43さん
あなたは副島隆彦さんを鵜呑みしすぎです。この人は、ある特定の事柄に対して「思い込み」が激しく、ひとたび思い込むと他人の意見は一切聞き入れず、どんなものでもその「思い込み」を裏付ける証拠にしてしまうタイプの人です。
まず第一に、自分を論破した人物に脅迫状を送りつける人間です。
脅迫状以前に知性に問題がある人物と判ると思われます。

次に過去何度も出鱈目な本を書き、名誉毀損で訴えられたり、裁判になって負けたものもあります。

さらに噴飯モノなのは
「人類の月面着陸は無かったろう論」という海外のエイプリルフールのジョーク番組を真に受けて書いてしまった本があり、 第14回日本トンデモ本大賞を受賞してしまいました。
彼の発言には裏づけや論理的思考力が全くない事が見て取れます。

そもそも、副島氏自身に学があればエイプリルフールのジョーク番組に騙されるはずがありません。

また、人工地震について、震源に核爆発および核融合の震源波形が存在しないために、核爆発説は論外です。

理系なら、普通でたらめだと気づきます。


48. 2012年4月24日 20:01:45 : cUqQ10tEi6
47です。
明日の風さん
プラズマ兵器なんて現実には存在しません。
SF映画、漫画の見すぎです。
理系の人なら、プラズマ兵器は現在の技術では作れないゆえ、あまりにも、物理学に反しています。実際、SF映画のようにできるわけありません。

>プラズマを平和利用すれば、あらゆるエネルギーや資源問題は一挙に解決する。

プラズマを利用した溶接・溶断を行う工業・産業用の機械なら存在しています(アーク溶接)。後、プラズマデスプレイや蛍光灯、ネオンサインなどプラズマを使った技術なら結構ありますよ。プラズマは大学の理系専攻で普通習います。プラズマでエネルギーや資源問題なんて無理。そもそもプラズマというのを知っています?
プラズマの関して勉強する事をお薦めします。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%BA%E3%83%9E


49. 2012年4月25日 00:16:05 : ObnzX9gnP6
47・48様、明日の風氏が言いたい「プラズマ兵器」とは「中性子爆弾」の事ではありませんか?。超小型5kt程度の核爆弾で核融合させる百kt程度の小型水爆の事です。

 これが炸裂すると、半径十数キロに高密度の中性子線が放射され、空気が電荷を帯びてプラズマ化し、生体ばかりか電子製品までも機能しなくなる代物です。
 冷戦末期にアメリカが、東ヨーロッパから侵攻する大規模な機甲部隊対策に配備した、と言う噂が立ちましたが、現在も置かれているかは定かでは有りません。

 また核融合が原子炉の様に実用化すれば(先ず不可能ですが)、確かに人類のエネルギー問題は解決します。何しろ水素はこの地球に無限に存在するのですから。
 もしも明日の風氏がこれを言いたいのなら、この爆弾(兵器)は既に実用化されて居りますし威力の割に残留放射能も少ない事から、かなり多く作られた物と記憶してます。

 今日の兵器はほとんどが電子制御に依存している為、核弾頭の多くがこのタイプである事は間違い有りませんし、またICBMに搭載される大都市用の5Mt以上とされる熱核水爆と違い、残留核分裂物質が起爆分しか残らないのも特徴です。
 いずれにせよ、碌でも無い代物で有る事は間違いありませんが・・。

 次に9番氏、貴殿はご自分で何をおっしゃっているのかお解りなのですか?。私は明確に「国家主権が満たされる状態こそ主権国家」と申し上げています。無論、今の腐敗官僚の手でその独立性は著しく損なわれてますが、国土・国民・言語・歴史・政策の自治制、総てに外国からの内政干渉を受けない状態を目指す事が、国家の独立性を保つ原点と考え主張して居ります。

 これが「明治以来の国の作り方の刷り込み」と貴殿から決めつけられても、その意図する目的や、39・40で何が言いたいのかも解りません。ただ確実に解る事はこの板のテーマからかけ離れていて、貴殿自身の主張が借り物だと言う点です。
 特に論点がバラバラで、安保マフィア・TPPマフィア、「憲法九条の護憲派、改憲派、なし崩し派は同じ土台です。」などと主張があっちこっちへ飛び回り、主張とその根拠が結び付いて居ないばかりか、具体性も皆無に感じられます。

 私の主張を批判されたいのなら、書きたい事をダラダラと書かれるより、「私はあなたに何を言いたい」の一点を具体的に述べて欲しく思います。
 そうで無ければ板のテーマを歪める「アラシ」と同じと思われますよ。故に貴殿の思い描く「国家の独立性」を、この板のテーマに沿って具体的にお述べ下さい。


50. 2012年4月25日 02:59:24 : 3EpEtGjcJs
 敵味方構わず武器を売りつける国際的な武器商人達の最も宝の山とみるのが、原発から出るプルトニウム。日本の強欲支配者がどこぞの国に、秘密ルートで横流しして大儲けするくらいはしていたろう。アメリカが嫌うどこぞの国に。
 1986年の日航123便はこうした裏の仕事に、そうとはしらずに使われていていたのではないか?思い切り現行犯で、アメリカに、プルトニウム横流しの尻尾を捕まれて、横面を引っぱたかれて、脅迫された事件ではなかろうかと思うんだ。
 中国の反日教育がはっきりし始めたのはそのころからだろう。

51. 2012年4月25日 12:31:41 : ibzkZ5ZLcw
レーガン政権は日本のプルトニウムで
1985年8月12日の自衛隊JAL123便撃墜、米軍敗退、横田空域御巣鷹汚染
という手痛い敗北を喫してしまった。

日本の核は基本的に中露が取引相手である。
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/34cba5c6a4999046b6cb01eb8acab95d


52. 2012年4月25日 17:00:37 : yjzbXah9CI
50 訂正

×1986年→○1985年

51氏がただしい。


53. 2012年4月25日 19:04:42 : cUqQ10tEi6
47です。
49さん。プラズマ兵器=中性子爆弾ではありません。中性子爆弾は核兵器の一種です。普通、プラズマ兵器とは呼びませし、アメリカのみならず、ロシア、中国も持っています。49さんも明日の風さんと同様、核兵器や理系の知識が乏しすぎます。
核兵器についてここに記します。

核兵器の特徴
1,熱線・・・人、物を熱で攻撃する。
2,爆風・・・建物等を風で破壊する。
3,電磁パルス(EMP)・・・電子機器を破壊する。
4,放射線・・・放射能をだす。

核兵器の種類
1,原子爆弾・・・ウランやプルトニウムなどの原子核が起こす核分裂反応を使用し        た核爆弾
2,水素爆弾・・・水素及びその放射性同位体の核融合反応を利用した核爆弾
3,中性子爆弾・・・核爆発の際のエネルギー放出において中性子線の割合を高め、         生物の殺傷能力を高めたもの。
 なお、中性子爆弾は、放射線強化型核爆弾とも呼ばれる。
4,コバルト爆弾・・・原子爆弾又は水素爆弾のまわりをコバルトで包んだものであ          る。中性子爆弾と同様、放射線強化兵器。

>中性子爆弾 (中略) 半径十数キロに高密度の中性子線が放射され、空気が電荷を帯びてプラズマ化し、生体ばかりか電子製品までも機能しなくなる代物です。

違います。中性子線は放射線の一種でプラズマ化などしません。プラズマの関して勉強する事をお薦めします。中性子線は放射線なので、生体に影響を与えるのは当たり前です。電子機器にダメージを与えるのは、核兵器に知識のある人は常識の範囲です。

>この爆弾(兵器)は既に実用化されて居りますし威力の割に残留放射能も少ない事から、かなり多く作られた物と記憶してます。

核兵器自体は軍事機密ではありません。機密なのはどこに配備されているかです。核保有しているしていないに関わらず、原子力の研究はOKです。原子力発電所建設に支障が出る事もありますが、万が一、核攻撃されたらどう対処するかという目的もあります。冷戦が終わっても、核兵器はこの世から姿を消した訳ではありません。だから、核兵器なんて調べれば、普通分かります。残留放射能については、核兵器通じて少ない事はないです。49さんは中性子爆弾を一体どういう兵器だと思ったんですか?

>核融合が原子炉の様に実用化すれば(先ず不可能ですが)、確かに人類のエネルギー問題は解決します。何しろ水素はこの地球に無限に存在するのですから。

あなたは、核融合を完全に誤解しています。確かに実現できれば、原子力発電で問題となる高レベル放射性廃棄物が継続的にはあまり生じない。ただ、原料の水素はただの水素ではありません。水素の同位体の1つである三重水素です。また、三重水素は放射性物質です。つまり、放射能の危険性は無視できません。人類のエネルギー問題は解決なんてなりません。せいぜい原発に比べればマシ程度です。
また、核融合炉は超高温で超高真空という物理的な条件により、実験段階から実用段階に至るすべてが巨大施設を必要とするため、莫大な予算がかかるため、あまり期待しない方がいいでしょう。>>1985年8月12日の自衛隊JAL123便撃墜

この噂のネタは、2年前に起きた1983年9月1日、大韓航空機がソ連領空内で領空侵犯し、ソ連防空軍の戦闘機により撃墜された事件、大韓航空機撃墜事件を元にしています。JAL123便墜落の原因は、整備ミスです。航空力学をとっていれば、分かる事です。航空機とは、わずかなミスで墜落します。

記事もそうですが、コメントしている人の大半は、科学を無視して投稿しています。意味不明な陰謀論はやめましょう。


54. 2012年4月26日 17:00:19 : Pj5FGKowrk
高浜機長、、佐々木副操縦士は、日本の空の英雄と言えますね。
最初の相模湾上空でのアタックで、墜落をなんとか防ぎ、横田まで機体を運んだ。
横田はあろうことか、着陸拒否!
その時の高浜機長と、佐々木副操縦士の絶望の顔が思い浮かぶようです。

操縦機能の殆どを失いながらの、ぐるぐる蛇行とダッチロールの奇跡のような高度な飛行技術。

おそらく、123便が過ぎてきた駿河湾をめざしたものでしょう。

御巣鷹山手前で、ベトナム戦の低空飛行のトップガンのファントムに追尾される。相模湾では仕留め損なったために、急遽強力な爆発力のミサイルを装備。
123便の目撃者をつくることを避けるために、後方の死角から、ミサイル発射!
空中爆発、墜落。
ミサイルの爆発力が強すぎて、おそらく両機も巻き添えにしてしまったのでしょう。

そんな野獣に襲われなければきっと、駿河湾にたどり着き、見事着水に成功したに違い有りません。

「どうして、落ちないんだ!」

敵は40年前の昔、日本国土の上空で、日本軍の放った高射砲弾を受けても、日本軍の戦闘機の体当たりを受けても墜落せずに飛び続けたボーイングに対して、言い放った言葉を、参謀本部のレーダーを見ながら、同じボーイングに対して叫んだことでしょう。
飛行機は同じボーイングでも、パイロットは入れ替わっていますが…。
運んでいたものは、爆弾・焼夷弾ではなく、罪無き日本国民の乗客達と原爆の材料となるあるものか、そのサンプル(そんなに重量があるものではないらしいですね)≠ニか噂されています。
そういうことならば、誰もが、無理矢理こじつけの多い気がする整備不良≠ネどという原因よりも、はるかに納得が行くのです。

俺の他に男を作るな!とプルトニウム浮気の現場を押さえて、乱暴者の横暴なプルトニウム情夫が怒り狂った謀りごとを企てたものではないかとも、多くの人々は言っています。好きで一緒にいる訳ではありませんね。一方的な征服ですね。他人の家に居座ってもう67年間も出て行きません。協議離婚は全く成立しません。
情夫の自業自得の極度の貧困と、なおるどころか酷くなる一方の強欲と狡猾さと凶暴さがはっきりと分かってきたので、同盟国ドメスティック・バイオレンス≠ナ叩かれ、生き血を吸われ、殺される前に、生きるために、日本は、自由な世界へと、逃亡するからです。
すでに、食い物にされた国の悲惨を知り尽くしているので、とうとう日本の国民にも手を掛けた時点≠ナ既に何を言っても通らないのです。

日本国民に手をかけて二万人も殺したら、もう永久に一緒になどやっていけるものではありません。だめですね。
国内の狂信的協力者の売国奴だけは、全員与えても構いませんので、好きにしてください。私達は、無関係です。あと、工作員も全部差し上げます。


55. 2012年4月26日 18:16:50 : VgyIta8OQY
>>。ハ投稿本文中)「日本政府は1969年、トップレベルで、「必要とあらば、外国からどんなに圧力をかけられようと、 核兵器開発の技術的・財源的な手段を維持する」秘密決定していたことを知っていたが、CIAはこの日米秘密合意から干されていたという。」

このトップレベルとは、ニクソン・佐藤で、沖縄返還交渉の際、有事の際の沖縄への核持ち込みを認める密約文書を
交わしてたとして最近岡田元外相が調査して発見した外の3密約(以下)

▽1960年の日米安保条約改訂時に交わされた、核兵器を搭載した米軍艦艇の日本寄港を認める密約
▽1960年の日米安保条約改訂時に交わされた朝鮮半島有事の際に駐日米軍による朝鮮半島への自由な出兵を認める密約
▽米軍撤退関連費用の日本側負担を定めた密約----(西山事件の対象)

以外に両者間で取り決められたとして調査当時判明したが、 核兵器開発にかかる密約はこれらとは違うそれ以外の密約中の密約であったということ。

こののちご承知のとおり、佐藤首相はノーベル平和賞を受賞。実は核の平和的利用に邁進せよとの励ましだったのか、、

ま、平和的利用といってもいろいろあるが、、北朝鮮あたりにはよく研究してほしいものだ。

この密約当時のCIA長官はリチャード・ヘルムズ氏で、3年後の1972年に起きたウオーターゲート事件で窮地にあったニクソンを擁護せざるを得ない副長官時代の弱みを握られていたらしい。詳しくは同事件の邦文サイトを研究のほどを http://www.maedafamily.com/kanren/watergate.htm

阿修羅サイト;http://www.asyura2.com/09/warb2/msg/408.html


56. 2012年4月26日 18:59:29 : m60wDTCuv2
55さん
09です。

>>>。ハ投稿本文中)「日本政府は1969年、トップレベルで、「必要とあらば、外国からどんなに圧力をかけられようと、 核兵器開発の技術的・財源的な手段を維持する」秘密決定していたことを知っていたが、CIAはこの日米秘密合意から干されていたという。」

これだろ。

『”核”を求めた日本 被爆国の知られざる真実 』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/4334976751/ref=dp_toc?ie=UTF8&n=465392

目次

第1章 明らかになった日独極秘協議
第2章 日本は“核保有”を考えていた!
第3章 佐藤栄作とノーベル平和賞の知られざる真実
第4章 「核の傘」にしがみつく日本
第5章 核廃絶 問われる日本の役割
第6章 被爆者は核密約をどう考えるか

動画

http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65759343.html

私の世代は、了解済みであった。
その闇を取材をして、陽に照らしたのには、頭がさがる。


57. 2012年4月26日 21:21:03 : VgyIta8OQY
09・56さん


この動画はコンテンツ削除です。かわりに同内容のNHKスペシャル「核を求めた日本ー被爆国の知られざる真実ー」のリンクは;http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-691.html  内容はすべて著者により書き出されています。

佐藤首相時の内閣調査室でどこまで核兵器を実現できるか、調査されて、報告書まで出来上がっているが、その後の日米安保の目玉としての核の傘政策で公式にもどこでも非核を貫いてきている、、ただ作るといえばすぐにでも作れる状態にはいつでも置かれているという状態らしいが、、、


村田良平(元外務事務次官)の
「具体的にね、どうすれば核があっても意味がない世界というものを作れるかと、そういう核論の勉強は進まないままに来てしまいましたよ。はっきり言って。要するにタブーだという現状が今日まで続いてるんだと思います」という発言は高層大気圏において核爆発を起こして強力な電磁パルス(EMP)を攻撃手段として利用する高高度核爆発の出現でまったく別の意味で「核があっても意味がない世界が実現されている」という現実からは、時代の変化と皮肉さを感じざるを得ない。



58. 2012年4月26日 21:38:14 : m60wDTCuv2
57さん

9です。
ありがとうございます。


59. 2012年4月26日 22:49:25 : cUqQ10tEi6
47です。
54さん。日航機123便墜落事故は事故です。あなたの言っている事は全くわかりません。

自衛隊撃墜説は都市伝説です。兵器音痴の人達が騒いでいるだけです。自衛隊撃墜説明が本当なら、何故JAL・ボーイング・東京航空官制等民間企業が自衛隊をかばうのか解りません。しかも騒いでいる人達は当日の自衛隊装備や自衛隊の立場を無視して騒いでいます。当日は自衛隊の災害出動するとなぜかマスコミは、直ぐに批判していました。

>最初の相模湾上空でのアタックで、墜落をなんとか防ぎ、横田まで機体を運んだ。

民間機は軍用機ではありません。防弾対策はしていないので、対空ミサイルどころか機銃で容易に撃墜できます。

>御巣鷹山手前で、ベトナム戦の低空飛行のトップガンのファントムに追尾される。相模湾では仕留め損なったために、急遽強力な爆発力のミサイルを装備。
123便の目撃者をつくることを避けるために、後方の死角から、ミサイル発射!
空中爆発、墜落。
ミサイルの爆発力が強すぎて、おそらく両機も巻き添えにしてしまったのでしょう。

F-4EJ戦闘機の武装は空対空ミサイルは赤外線誘導ミサイルとレーダー誘導ミサイルと20mmバルカン砲です。どの武器を使っても、民間機を簡単に撃墜できます。むしろどうやったら、仕留め損なったか理解できません。それ以前になぜ狙うのかが不明です。また、「ミサイルの爆発力が強すぎて、おそらく両機も巻き添えにしてしまったのでしょう。」とか意味不明です。こんな前例はありませんし、ありえません。また、「急遽強力な爆発力のミサイル」ってなんですか?ミサイルの名称、威力、使用している爆薬は?
例として、大韓航空機撃墜事件では、大韓航空機はソ連の戦闘機にあっけなく撃墜されています。

>そんな野獣に襲われなければきっと、駿河湾にたどり着き、見事着水に成功したに違い有りません。

管制塔との交信やボイスレコーダーからして、機長、副機長は操縦不能といっています。操縦できるはずなら、墜落などせずに海や砂原などに不時着していたはずです。「操縦不能」の結果が、あのような結果なのです。

>敵は40年前の昔、日本国土の上空で、日本軍の放った高射砲弾を受けても、日本軍の戦闘機の体当たりを受けても墜落せずに飛び続けたボーイングに対して、言い放った言葉を、参謀本部のレーダーを見ながら、同じボーイングに対して叫んだことでしょう。

B29は軍用機です。軍用機と民間機を一緒にしないでください!余談ですが、B29は朝鮮戦争で中国義勇軍及びソ連軍のジェット戦闘機MiG-15に次々に撃墜されました。

>、誰もが、無理矢理こじつけの多い気がする整備不良≠ネどという原因よりも、はるかに納得が行くのです。

あなたの理論がこじつけです。また、本事故の犠牲者の遺族に対して、あまりにも失礼です。
議論するのはかまいませんが、裏づけや科学的根拠が全くない事を言っても意味がありません。

>。ヨ核があっても意味がない世界が実現されている」

なぜ、インド、パキスタン、イスラエルは核兵器を保有しているのですか?なぜ、イランは必至に核開発をしているのですか?


60. 2012年4月27日 07:39:41 : y7DVbtI7vI
アメリカのマスゴミもカスゴミなんだな

61. 2012年4月27日 08:02:13 : VgyIta8OQY
59さん
「核があっても意味がない世界が実現されている」

ちょとした知識と金があればビール管サイズのEMP(電磁パルス)兵器をつくれる時代になっているらしい。

参考:EMP ( 電磁パルス ) 発生装置  http://www.youtube.com/watch?v=tIlGJD2s2g0


62. 2012年4月27日 08:05:33 : VgyIta8OQY
失礼
ビール管>ビール缶

63. 2012年4月27日 09:46:02 : hWMtyB2Zuw
「政府の公式発表」や「教科書的科学知識」を絶対正しいと信じている人がいるようです。
その枠から一歩も出れない「優等生」ですね。
それとも、「確信犯」かな?

64. 2012年4月27日 17:45:15 : cUqQ10tEi6
59です。
EMP(電磁パルス)兵器をみました。これは、アメリカのディスカバリー・チャンネルの「Future Weapons Future Combat 」という未来兵器紹介番組ですね。
61さんが挙げた動画は一部分なので、英語に自信があるようでしたら、全部見る事をお勧めします。

http://www.youtube.com/watch?v=Fvu08Y9XJ0U
http://www.youtube.com/watch?v=0odJKYTzXg8&feature=relmfu

正確には、電磁パルス兵器は、High-Power Microwave (HPM)兵器と呼び、特に米英露が開発に力を入れています。
この兵器は、電子回路に高圧パルスを発生させて電子回路を破壊するものです。
57さんの意見は、電磁パルス兵器が登場し、コンピュータが動作せず、ハイテク兵器は使えなくなる。
合っていますが、ちょっと待って下さい。
実は電磁パルスは、防ぐ事ができます。 「ファラデーケージ」という遮断物質で囲まれたものであれば、電子機器、コンピュータは無事です。
「ファラデーケージ」といってもわからないかもしれませんが、「遮断箱」です。

太陽フレアが起こると電機・電子系統に影響が及ぶという事を御存じですか?
太陽フレアとは、太陽で発生している爆発現象のことである。この時に発生するのが、電磁パルスです。過去、大規模フレアが起こると、停電や人工衛星に影響がでたそうです。いい事としては、日本でオーロラが見れる事ぐらいか・・・。話がそれましたが、電磁パルス兵器はこれとほぼ同じです。

前にも書きましたが核爆発させると、電磁パルスが生じる事は分かっています。
以前は、高高度で核爆発させ、EMPを起こすという事をやっていました。
最近では、動画にも挙げられている通り、小型化されたそうです。
勿論、ただ何もしていない訳ではありません。
当然、電磁パルス対策も進行しています。

以下が電磁波を遮断する素材です。
・静電気を遮断→ アルミ箔
・電磁パルスを遮断→ 鉄
・放射線(核戦争やガンマ線バーストなど)を遮断→鉛(一部の放射線は水)

電磁パルスを遮断する技術は難しくありませんし、レーダーや無線など電波を出すものを除いて、EMP兵器を使用されても限定的な軍事能力は残ることになっている。また少なくても米露の軍事施設は、対EMP対策はされていると見るのが自然でしょう。 ちなみに自衛隊は、電磁パルスについて対策をとっていたそうです。
また村田良平さんも、軍事に関しては素人です。例え、電子機器が破壊され、ハイテク兵器が駄目になっても、銃、大砲は使えます。電磁パルス兵器の登場で戦争がなくなるとは思えませんが・・・。

次に63さん
>。ヨ政府の公式発表」や「教科書的科学知識」を絶対正しいと信じている人がいるようです。

政府の公式発表はともかく科学知識は、正しいと言わざるを得ません。
これは文系と理系の差です。
文系は記事もそうですが、コメントも好きに書けばいいでしょう。
しかし理系は、結論を出すために明確な証明を出さなければなりません。
核兵器、航空機、電磁パルス兵器も人間の科学技術によって生み出された物です。
人類はどうやってこれらを作り、どうやって活用しており、これらを分析するかが理系の仕事です。
だから、わたしは核兵器の詳細データや航空機撃墜の原因を理解し投稿できます。
63さんは、「政府の公式発表」や「教科書的科学知識」以外の事が絶対正しいと言いたいのですか?
もしそうであれば、明確な証拠を出して頂きたい。分析しますので。


65. 2012年4月28日 07:58:42 : ObnzX9gnP6
 63様、59・64氏は明らかな防衛省系・技術畑の「アラシ」です。その証拠にこの板のテーマから話題を逸脱させ、「正確な知識・情報無くば憶測で物を言うな」の論理で批判を繰り返しています。私が「小沢裁判」の板に行っている間に、どうやら今までに無いタイプの変な「アラシ」が潜り込んでいた様ですね。

 私も古い知識で「中性子爆弾」を論じた為に、この「アラシ」から何か書かれている様ですが、自分の「理系知識」を強調する余り腐敗官僚側からの「アラシ」である馬脚を出している事に全く気付いて居ません。その証しに「結論を出す為には明確な証明を出さねばなりません」」と、自らはっきりと明言しています。

 一般社会人なら「憶測」「仮定」「想像」で物を語るのは当然ですし、結論が無ければ動かないなど有り得ないからです。要するに実態社会生活を知らない役人・科学系公務員の特徴である、「視界が狭い」「想像力が欠如している」自分の姿に気付いていないのです。

 私は自分が文系である事をはっきり申し上げますが、「武田信玄公の鞍掛けの松」と言う最高裁判例をこの「アラシ」氏はご存じ無い様ですね。これは戦争中に起きた実話ですが、簡単に言えば実験などを行う前に、結果が出る前でも「憶測」と同じ結論が推察される場合は「一般人の発言が必要」と言う事です。

 まあ、JAL123便事故の撃墜説は空想過ぎましょうが、航空自衛隊の訓練機に拠る「全日空機B−727型旅客機を撃墜した雫石事故」は紛れもない事実です。
 自らは脱出装置で無事で有りながら、乗客130名以上を殺した航空自衛隊の責任は逃れられません。「理系の人間」が持つ恐ろしさは、自らの「想像力の欠如」に気付かず、現実社会での当事者責任を自覚出来ない事です。

 現在の「原発事故」も、「理系官僚」に言わせれば平気で「想定外」とか「専門外」などと、一般人には「詭弁」としか思えない発言を堂々と行います。この59・64の「アラシ」氏も123便の犠牲者に配慮する振りをして、この板のテーマである「日本の核開発疑惑」には何も言及していないでは有りませんか。
 これを普通は詭弁と言うのです。巧妙な論点のすり替えですよ。だから発言者に「明確な証拠を出して頂きたい。」などと要求出来るのです。この板のテーマとは全く関係無い事にしつこく・・。

 他人の言葉に介入し、いちいち「理系の知識」をひけらかして誤りを強調する前に、国民を核の危険から守る本来の任務を論じればマトモなのですがね。
 まあ、少なくとも科学知識は確かそうですから、いちいち構わない方が宜しいか、と思いますよ。ただの真面目な「専門○○」でしょうから・・。(笑)


66. 2012年4月28日 15:54:22 : cUqQ10tEi6
64です。
>一般社会人なら「憶測」「仮定」「想像」で物を語るのは当然ですし、結論が無ければ動かないなど有り得ないからです。要するに実態社会生活を知らない役人・科学系公務員の特徴である、「視界が狭い」「想像力が欠如している」自分の姿に気付いていないのです。

その記事とコメントそのものが「憶測」「仮定」「想像」がとんでもないもの。

>明らかな防衛省系・技術畑の「アラシ」です。その証拠にこの板のテーマから話題を逸脱させ、「正確な知識・情報無くば憶測で物を言うな」の論理で批判を繰り返しています。

まあ何言われてもかまいませんが、日本は民主主義で、言論の自由じゃないんですか?
私よりもコメントの方がこの板のテーマから話題を逸脱しています。

> 私は自分が文系である事をはっきり申し上げますが、「武田信玄公の鞍掛けの松」と言う最高裁判例をこの「アラシ」氏はご存じ無い様ですね。これは戦争中に起きた実話ですが、簡単に言えば実験などを行う前に、結果が出る前でも「憶測」と同じ結論が推察される場合は「一般人の発言が必要」と言う事です。

日本の裁判は証拠がなくても、警察・検察が強引に自白させ裁判で有罪にしたり、証拠を偽造したりしていますが・・・。

>航空自衛隊の訓練機に拠る「全日空機B−727型旅客機を撃墜した雫石事故」は紛れもない事実です。
 自らは脱出装置で無事で有りながら、乗客130名以上を殺した航空自衛隊の責任は逃れられません。「理系の人間」が持つ恐ろしさは、自らの「想像力の欠如」に気付かず、現実社会での当事者責任を自覚出来ない事です。

全日空機雫石衝突事故は全日本空輸の旅客機と航空自衛隊の戦闘機が飛行中に接触し、双方とも墜落したという航空事故(空中衝突)。撃墜ではない。

>現在の「原発事故」も、「理系官僚」に言わせれば平気で「想定外」とか「専門外」などと、一般人には「詭弁」としか思えない発言を堂々と行います。

日本には危機管理能力が乏しいから。今の法律・憲法は平時しか機能しない。「もし戦争が起こったら?」とか「原発が事故を起こしたら?」などいうと返ってくる返事は、「そんな事言うな!」で終わり。日本の現状はこんなもの。

>この59・64の「アラシ」氏も123便の犠牲者に配慮する振りをして、この板のテーマである「日本の核開発疑惑」には何も言及していないでは有りませんか。

17、37、41で言及しました。「日本の核開発疑惑」が本当に起こると、NPTを脱退し、国連安保理は日本に対し、制裁決議案する。つまり、北朝鮮、イランと同じ道を歩みます。それだけです。
以前にも書きましたが、記事やコメントの大半のみなさんが「日本の核開発疑惑」を唱える事は、イラク戦争前のアメリカがイラクに大量破壊兵器があると思い込んでいるような言い方です。CIAはイラクに大量破壊兵器はないと米政府に報告したにも関わらず、無視した。結果、みなさんにも御存じ通り、イラクに大量破壊兵器はなかった。しかも、米政府は何も責任をとらない。
発言するのは自由ですが、その発言の憶測が外れた時、責任はとれますか?発言した人はみなさんに謝罪するか、米政府のように責任をとらないか。65さんはどちらです?


67. 2012年4月29日 08:42:21 : ObnzX9gnP6
いやぁ〜・・、64・66番氏は実に面白い「アラシ」殿だ。無理繰りに語れば語るほど、ご自分の立場や愚かしさの馬脚が出ている事に全くお気づきでないらしい。
 一般社会の常識や意識を無視し、腐敗官僚の視点で語れば語るほどご自分の所属する組織を、貶めてしまう事に成る事も判らないとは正直に言って驚きです。
 勤勉で頭の悪い組織人の典型ですね。「人を馬鹿と言っても良いがそれを証明してはならない」は私のモットーですが、貴殿にはそのルールを破りましょう。

 先ず一点目、「この板(記事)とコメントがとんでもないもの」と書かれていますが、それを貴殿が「邪魔」して良いと考えている事がそもそもの間違いです。
 ご自分自身が書かれているではありませんか?。民主主義で言論の自由、だと。根拠の無い妄言、推測でのタワ言、根も葉もない噂、この板のテーマと目的こそ、まさにこのスクープと書かれた板の記事に、各人が好きに感想や見解を述べる事なのです。
 それこそ「言論の自由」でしょう。何人(なんぴと)もこれを邪魔したり、ましてや(根拠が無ければ言うべきではない、発言の責任がとれるのか)などと言う姿勢の方こそが、実は本当の「言論弾圧」では有りませんか?。
 
 それを行政側が貴殿が言うからこそ、第二点目の「日本の裁判は証拠が無くても警察・検察が強引に自白させ、裁判で有罪にしたり、証拠を偽造したりしていますが・・。」などと答えるのです。
 私の書いた「鞍掛けの松」とは、行政側の行為に対し事前に推測した被害が出た場合、その責任は総て行政側にある、とした最高裁判例です。要するに日本で核武装計画が密かに進行していた場合、誰が当事者で如何に責任を負うのか、と、この板にコメントを寄せた人々が語っている内容なのですよ。

 中には本筋から外れた物も有りますが、誰も決して「根拠が無ければ言うな、責任は負えるのか?」等とは語って居ません。全体を良くお読み下さい。貴殿だけですから・・。だから言論弾圧側の「アラシ」と私は断定するのです。
 全く「鞍掛けの松」に「国家権力の横暴・弾圧」で応えるとは、「いやはやなんともはや・・」な痛い次元のズレ(低次元な理解力)ですね。(笑)

 それと全日空機は明らかな「撃墜」です。自由度の高い自衛隊機が民間航空機の飛行ルートで訓練を行った結果ですよ、あの事故は。法的整備が未熟だった為に、自衛隊には責任が無いとお考えなら、やはり貴殿は民間の常識が欠如してます。
 そして日航は「国策企業」です。民営化はあの事故後です。国家が国民を守るのか、国民が国家権力に服従すべきと考えるのか、貴殿はこれにも「日本には危機管理能力が乏しいから、今の法律・憲法は平時にしか機能しない。」と明言しています。

 この見解を一般国民が聞いたらどう受け止めるか、貴殿はお考えになって書かれたのですか?。今が「戦時」なら多少は首肯もしましょうが、今の日本は明らかな「平時」です。貴殿のお書きになったこの発言は、防衛省にとって「戦時」の方が「都合が良い」と言う本音のサンプルですよ。(笑)

 故に第三点目として、私は貴殿がここにお書きになったご自分の見解を、公の場で、身分・立場も明らかにした状態で語れるか、をお訊ねしたいですね。
 私も含めて多くの国民が、この板で紹介された「日本の核疑惑」の真相究明を求めているのです。「持って無い」と言うのは簡単です。私も持っていないと確信してますが、「研究もしていない」と断言されたら私ははっきり「ノー」と思っています。
 だって「目黒」の防衛省に、約数十グラムの「プルトニューム」が保管されている事を、彼の地で住民運動が起きた事(議会に陳情された)を聞いていますから。

 以上の様に貴殿の見解は、都合の悪い話を棚に上げた「ご都合主義」でしか有りません。「責任論」「知識論」「言論の自由」、こんな詭弁を語る前に、もっと多様な価値観を身に付けてから「阿修羅」にいらっしゃったら如何ですか?。
 貴殿が語られれば語られるほど、逆に「防衛省」全体の見識を疑われてしまいますよ。(笑)

 それともそれが狙いで、わざと「アラシ」を演じてられるのかな?。さてどっちでしょうか・・。


68. 2012年4月29日 17:05:30 : cUqQ10tEi6
67さん、いいえ、 ObnzX9gnP6さん。
何人もこれを邪魔したり、ましてや(根拠が無ければ言うべきではない、発言の責任がとれるのか)などと言う姿勢の方こそが、実は本当の「言論弾圧」では有りませんか?とかいってますが、過去のコメントを見ている限り随分荒れていますね。
悪口雑言としか見えませんが・・・。>>1JOhC・・またこの板でも書いてやがる・・。どこの犬だ?。本当に性根が腐ってるなっ!。国家の行く末を案じる憂国の会話に、汚い腐臭だらけの加齢臭じみた首を突っ込むなっ!。見苦しいっ!。

>この悲惨な話を良くも平気で「小沢叩き」に摩り替え、カラカイのネタに出来た物だなっ!。貴様っ、それでも人間かっ?!。

 小沢問題以前の話だっ、これはっ!。ケダモノの貴様に何を言っても無駄だろうが、誰よりも原発推進した「自民党」と、それに同調した「公明党」が動くのが先だろうっ!。自民党議員の誰が原発事故現場へ行ったよっ?、首相経験者の誰が行った?!。ええっ?。答えてみろっ!。

 小沢裁判を政争の具にし、原発推進の最大責任者は逃げっ放しじゃないかっ!。何が消費税だっ!。何が総理との密会だっ!。最大の国難に「自民・公明」は不況に苦しむ国民の邪魔ばかりしているじゃないかっ!。

 飼い主共々腐ってやがるっ!。もう二度と阿修羅に顔を出すなっ!。

あなたは、知性どころか裏づけや論理的思考力が全くない人物だと言う事です。
まして、小沢さんを批判した人には激昂する。自分の主張は否定した人は、徹底的に叩きだしたいみたいですね。

>根拠の無い妄言、推測でのタワ言、根も葉もない噂、この板のテーマと目的こそ、まさにこのスクープと書かれた板の記事に、各人が好きに感想や見解を述べる事なのです。

阿修羅に限った事ではありませんが、情報が、全部正しいとは限らないでしょう。間違っているのを訂正しては、いけませんか?

>日航は「国策企業」です。民営化はあの事故後です。

全日本空輸株式会社(ANA)は1952年12月27日に設立。その日からずっと民間企業です。「国策企業」ではないです。ちなみに事故の日にちは1971年7月30日。民営化は全日空機雫石衝突事故後ではありません。

>この見解を一般国民が聞いたらどう受け止めるか、貴殿はお考えになって書かれたのですか?。今が「戦時」なら多少は首肯もしましょうが、今の日本は明らかな「平時」です。貴殿のお書きになったこの発言は、防衛省にとって「戦時」の方が「都合が良い」と言う本音のサンプルですよ。

誰もそんな事は言っていません。とんでもない事が起きた時、なにも対策を取らず、法律内でしか動けない、予想外としか言えない人がいるからです。
例えば、テレビ討論で福島原発事故の時、ある専門家は、「原発の半径50〜80キロを強制避難すべきだ。海外の国どころかIAEAですら、このような対策をとるぞ。なんで、半径20〜30キロ圏内の住民は自主避難なんだ。」
というと枝野官房長官は、「日本と海外では基準が違うし、法律ではそんな処置できない。」と言っただけ。
政府・東電どころかマスコミも放射能をなめているとしか思えません。
こんな人が実際いるのです。

>私も含めて多くの国民が、この板で紹介された「日本の核疑惑」の真相究明を求めているのです。「持って無い」と言うのは簡単です。私も持っていないと確信してますが、「研究もしていない」と断言されたら私ははっきり「ノー」と思っています。

>だって「目黒」の防衛省に、約数十グラムの「プルトニューム」が保管されている事を、彼の地で住民運動が起きた事(議会に陳情された)を聞いていますから。

イラクは結局、大量破壊兵器は持っていませんでしたよ。その二の舞になるのは、目に見えてますが・・・。
核開発には膨大な予算と関連設備、資材、専用機器が必要であり、核燃料精製だけでも専用原子炉を必要とします。一貫した核兵器製造ラインを一国が完備しようとすれば万単位の人員と兆単位の予算が必要ですし、通常兵器の機密すら守れない自衛隊に核兵器ノウハウを秘守したり、ましてアメリカから実用データの提供があるとは思えません。
これが、私の見解。
後、もうひとつ。「〇〇の核疑惑」は普通、住民運動で済むような話ではありません。某国で核疑惑が生じると、国際社会は白い目で見、安全保障理事会は経済制裁を加えます。イスラエルなんかは、イランの核武装を止めるため、イランの原子炉を空爆しました。最もイスラエルは核保有していますが・・・。
日本だと、日本が核疑惑が生じるとデモどまりです。それの対して海外は、某国が核武装するとデモどころか、軍事的緊張が走ります。核兵器は、軍事どころか政治にも影響する代物です。日本が核疑惑が起こると、国際社会から反感を買うどころか、経済制裁をくらったり、イスラエルのように日本の核開発を阻止するために攻撃をくらったりする。
それが起きないという事は、日本に核疑惑が無いと言う事です。
例え、日本が核武装したらどうなるかをObnzX9gnP6は考えた事はありませんか?
日本が軍国主義になる・・・だけではすみません。
まず大半の国から批判される。
現在中国は軍備拡張の真っ只中なので、もし日本が核武装した場合は中国・ロシアに軍備強化のきっかけを与えてしまいます。
軍備拡張に伴ってロシアも再び核武装を強化してくる可能性が極めて高く、ロシア周辺諸国への核武装にもつながります。
今までやってきた軍縮が水の泡になりかねませんので、アメリカとしては「口だけにしておけ」といわれるでしょうね。
また、日本の核武装はほぼ無意味と言っていいほどで、核武装したとしても立場が対等になるわけでもなく中国がおとなしくなるわけでもないです。
韓国を黙っている訳にはいきませんよ。結局、世界は、冷戦状態になる。
まあ、こんな所。

> 貴殿が語られれば語られるほど、逆に「防衛省」全体の見識を疑われてしまいますよ。(笑)

あ〜。別に自衛隊や防衛省がどうなろうが知った事はない。無関係者です。


69. 2012年4月30日 02:23:05 : ObnzX9gnP6
68さん、爆笑・・、としか言えない・・。また随分と極端な過去レスを引っ張って来ましたね(笑)。あのバカな「犬」のお仲間でしたか。
 それなら私の文脈を曲解されるのも無理からぬ事・・。もう貴殿とは語り合う必要も無いでしょう。「真面目な専門○○」と思ったからこそお相手を致しましたが、私の過去レスを取り上げて「知性どころか論理的思考力も無い」と攻撃された以上、この問題で語り合う必要も有りませんね。
 私もそう言われた以上、この板から離れますが、先ずは多少の弁明は許されると思いますので述べさせて下さい。

 第一は先ず、あの板で私が激高した「ケダモノ」の書いた文章をお読みになって下さい。その非常識な「小沢問題」を絡めた見解に怒った物であり、当然ながら知性や論理的思考など論外な事態だった事です。
 まあ、私を批判したい貴殿には関係無いから無駄でしょうが、そんな私の異常な発言を部分的に捉えてトリミングされるとは、貴殿も大した情報操作を為さいますな・・。いやはや感心、感心・・。

 第二に、私は日航が国営と申し上げたのであり、全日空が国策・民営など一言も言及して居りません。共に「自衛隊・国策企業」と国が関与している意味で申し上げただけで、123便事故に絡めた見解です。私の書いた言葉を良く読み返し、文脈の流れをお読み取りください。貴殿の誤解が解りますから(笑)。尤も「誤解でも良い、理解したくない、」とおっしゃるならご自由に・・。

 第三に私は「国家権力に拠る国民を搾取・弾圧する情況が許せない」者であり、原発に対する自民党の嘘を厳しく糾弾する立場を持って居ります。従ってその原発誘致に伴う経済利権を貪り、周辺地域への影響も考えない自治体のエゴを強く軽蔑する者です。先に紹介された「犬」への怒りも、放射能被害に苦しむ人を紹介した板で、「小沢は何をした」とからかって来た「犬」への怒りであり、恥ずかしながら論理的思考などかなぐり捨てたのが真相です。
 これについては、私も反論の余地は有りません。被害者の事を想い、我を忘れた事実は認めますから、どの様なご見解も甘んじて受ける所存で居ります。
 しかしこの板で書いた今までの私の見解でもなお、「論理的思考が無い」と申される以上、もう貴殿とはまともな会話は出来ません。止むを得ませんね。

 私は貴殿と違い、アメリカの「イラク戦争」には言及しません。イラクは現実に「毒ガス」をクルド人集落へ使用しましたし、クェートへの一方的侵攻とイスラエルへのミサイル攻撃もイラク戦争の原因だからです。大量破壊兵器容疑はその口実と考えていますから、どっちもどっちの状態で責任論など不可能だと考察する者です。私はむしろ、それでもイラク戦争に言及する貴殿に「?」を感じますが。

 貴殿の見解が、他の間違いを訂正だけなら私も言及しません。「科学知識の勉強」を勧めたり、「理系」の解釈を強調するあまり、貴殿の「言い過ぎ」に他の発言を抑える意図を感じるから反論した迄です。
 「そんな意図など無かった」とは、まさか貴殿も言い訳なさいますまい?。まさに「蛇足」。何を言おうと人の意見は人の意見、ご自分の見解だけに留められれば「アラシ」になどならないのです。私もそれならば、貴殿を「アラシ」とは申しません。他の見解が持つ誤りを糺したければ「正確な情報を書き込むだけ」で良いのです。別に人の見解に言及する必要など有りません。貴殿の姿勢と方法論が間違っているのです。

 その上でもう一度、8・11番に書いた私のコメントを読み返して下さい。貴殿の見解と共通する部分を発見する筈ですから。その中に、私の「日本が核武装したらどうなるか」の答えも見つかるでしょう。貴殿が防衛省と無関係なら幸いです。
 しかし貴殿の語られる論理の展開が、他の否定から始まれば「防衛省・自民党」の核開発擁護派と看做されるのは当然です。枝野の戯言ならそうと書けば良い。
 貴殿自身が誤解を招く歪んだ表現しか書かれて居ない事で、更なる誤解と私の文脈を読み違える自家中毒を、自他ともに引き起こすのです。

 9番氏も、私に「刷り込まれた支配者のイデオロギー」などと中傷なさらねば別に何の反論も無かったのです。私の見解を一方的に「他からの借り物」的決めつけを主張されては、私が「場アラシ」と思うのは当然では有りませんか?。

 最後に「小沢問題」の見解を申し上げますが、私はこの大震災・原発事故の国難に際して「期日漏れ」程度の問題を重大視し、国政や増税問題を蔑ろにする現在のマスコミや、政府及び自民・公明野党の姿勢が許せない者です。
 そして司法の壊死を意味する「推認有罪」。どっちを向いて判決を下すのか。頭が悪過ぎますよ。刑事訴訟法336条「疑わしきは罰せず」。国会議員やマスコミは他にすることが有る、と思うのは当然でしょう。

 いやぁ〜・・、実に面白い誤解をし合ったものです。68氏の見解は私が8番で書いた事と同じなのですから・・(笑)。その私が貴殿を防衛省側の「アラシ」と勘違いするほど、貴殿の「訂正姿勢」は「アラシ」その物でした。
 貴殿の熱意は買いますが、方法論と姿勢は私と全く別物でしたね・・。 敬具

 


70. 2012年4月30日 14:11:28 : cUqQ10tEi6
ObnzX9gnP6の戯言はほっといて。
残念ですが、私の見解は違います。

>日本の「核武装」は、我が国が世界に誇る「平和憲法」の冒涜であり、「何時の時代でも戦争をしたがる馬鹿は居る」現実の前に、「憲法9条改正」と「核武装」の主張は、アメリカを最も恐れさせ警戒させる事態と言えましょう。

核武装はともかく、憲法9条はいらないと思います。最低限、防衛のための戦力(軍隊)は必要と考えています。しかも、日本国憲法を作ったのは、アメリカ。アメリカは警戒させるどころか、改正を要求しています。内心では「マッカーサーはとんでもない事してくれたな」と思っています。吉田茂の戦略もミスを犯した。
軍備は後回しでアメリカに守ってもらい、経済復興を優先するという判断があった。 それでも経済復興後には変えるつもりだったらしく 晩年は憲法を聖域にしてしまった自分の判断は誤りだったと後悔の証言を残している。さすがに、日本はもう軍国主義にはならないでしょう。

>中曽根元首相や石原慎太郎が「核装備」を主張するのも、「アメリカ属国化」から逃れる事が最大の目的です。

二人に限らず、誰だってアメリカ属国化は嫌だからね。

>ダイナマイト数キロで破壊出来る目標を、その百万倍もの水爆で狙っていた時代は既に過ぎ去りました。

核実験を国際条文で禁止しただけ。ただ、地下の核実験は含まれていないので、さりげなくやっている国はいる。

>インドの核開発は明らかに、核実験が成功した中国に対するインドの防衛意志だし、核技術でインドが旧ソ連と結び付く事をアメリカが恐れたからです。日本の核武装とは次元と本質が違いますよ。「印中戦争」をご存じないのですか?

違います。まず「中印戦争」。そして、領土、国境問題で勃発した戦争。
なお、1950年代後半より表面化した中ソ対立の影響で、インドをソビエト連邦が支援していた。中ソ対立とは、文字通りソ連と中国が対立。(1969年3月に国境問題をめぐってウスリー江のダマンスキー島(中国側の呼称は珍宝島)で大規模な軍事衝突が発生し(珍宝島事件)、中ソ国境紛争が勃発する。8月にも新疆ウイグル自治区で衝突した。)軍事衝突まで発展した。
中印戦争は1959年9月に勃発した頃は、両国ともまだ核兵器は製造中だった。

>日航は「国策企業」です。民営化はあの事故後です。
1953年10月1日設立以降、民営化。国策企業は存在しない。

>自由度の高い自衛隊機が民間航空機の飛行ルートで訓練を行った結果ですよ、あの事故は。法的整備が未熟だった為に、自衛隊には責任が無いとお考えなら、やはり貴殿は民間の常識が欠如してます。

お言葉ですが、軍用機に自由度は高くありません。また、自衛隊に限らず、全日空ですら、航空事故の考えは一致し、和解しています。単にマスコミが偏見すぎただけ。

>共に「自衛隊・国策企業」と国が関与している意味で申し上げただけで、123便事故に絡めた見解

どうでもいいが、日航機墜落事件を利用して、自衛隊を単に非難しているだけじゃない?この事件のネタは、大韓航空機撃墜事件(大韓航空機がソ連領空内に領空侵犯し、ソ連空軍の戦闘機に撃墜した事件)を元にして作られた、反自衛隊の考えです。

>他の否定から始まれば「防衛省・自民党」の核開発擁護派と看做されるのは当然です。

いや、普通思わないでしょう。私は、一言も核開発擁護していません。

>。ヨ科学知識の勉強」を勧めたり、「理系」の解釈を強調するあまり、貴殿の「言い過ぎ」に他の発言を抑える意図を感じるから反論した迄です。

中性子爆弾を知らなかったり、核融合も誤解している時点でどうかと思う。普通、調べれば本・ネットに載っている。

>。ヨ国家権力に拠る国民を搾取・弾圧する情況が許せない」者であり、原発に対する自民党の嘘を厳しく糾弾する立場を持って居ります。

どこの国だろうと同じ事。また国家だろうと、民間だろうと正義の組織なんて存在しない。ナチスやソ連時代のように、反発しただけで、秘密警察に捕まり、粛清されるというよりかはマシと思えば。

ObnzX9gnP6さんは核兵器の知識を語っただけで、防衛省側(?)になるのかがわからない。防衛省・自衛隊嫌いかも知れませんが、自衛隊を作ったのはアメリカ。
しかも、だれも廃止しないし、社会党の村上さんですら、自衛隊は合憲といったぐらい。結局、日本は自衛隊の存在を認めたんでしょう。また、日本の平和は自衛隊のおかげでしょう。


71. 2012年5月01日 15:50:35 : 0CRchCj8vU
3、4さんに同意ですね。

御託を並べてみても、結局単純な話

当然、原発も米国の意向、恫喝に従うのみの

奴米国、日本のなんと情けないことよ!


72. 2012年5月02日 19:19:37 : kVRjv6w4OQ
核爆弾?どうでもいいのだ、この記事も金目当てか?
日本は有る意味一度頂上にたどり着いた時点で終わってる
下降線をすごい勢いで転げ落ちてる、その中で地獄の餓鬼の如く
なりふり構わず銭をあさる連中たちのおぞましさイヤダ、イヤダ

政治、経済、福祉もぜ〜んぶ終わってる、権力、権益者は自己中だらけ
放射能は垂れ流し、汚染瓦礫は全国拡散、福一被害者は詐欺同然に帰村の勧め
もういっそ国が滅んでも別にかまわんよ、長生きしても後2〜30年

只、孫子たちがなぁ、、不憫ですたい。


73. 2012年5月04日 04:48:51 : VgyIta8OQY
憶測にしか過ぎないが、日航機墜落事件の背景は、やはりここで取り上げられているとおり、123号が日本が開発した兵器級プルトニウムの輸送していたところを1969年のニクソン・佐藤間の核開発の密約を知らずにいたCIAあがりのパパブッシュ副大統領の知るところとなって緊急撃ち落としの命令が下されたが、核ミサイルを尾翼に受けたが致命傷にならなかったところ、非核3原則を金看板としている以上核運搬の事実を国民に絶対知られたくない行政トップの思惑もあって最終的には中曽根首相のお膝元の奥深い群馬県山中に米空軍の核ミサイルを使って撃ち落とし、積載貨物のプルトニウムを秘密裡に回収したということ。政商小佐野賢治はその当時日本航空の大株主であり代表取締役会長の花村仁八郎とは彼が経団連で財界政治部長の異名を取っていたころからの旧知の間柄で、当該便の積荷や当日搭乗予約客を知り得る立場にあって乗客の背景事情によって利益対象になるか、日米経済摩擦の障害となる人物であるかを前もって十分検討できた。自分の上司のロックフェローの意向も十分聞けた。

パパブッシュ副大統領のネライは、42日後に設定していたプラザ合意を米有利に推し進めることで、第2次大戦末期に8月6日、9日と広島、長崎に原爆をおとして約20日後に日本が無条件降伏の調印にこぎ着けたように上首尾に同合意に持ち込む準備工作をすることであった。小佐野賢治とはそのボスが米財閥ロックフェローであったことから当然気脈は通じていたものと推察される。

グリコ・森永事件とは、身代金よりも株価急落を狙った経済事犯であり、犯人達はやはり株価急落で大株主となった小佐野氏と裏でつながっていたが、最終的には用済みとなって123号の乗客とされて消されたと推測する。

パパブッシュは4年後、論功行賞として晴れて第41代大統領の地位を得ている。


74. 2012年5月04日 04:56:55 : Q7LPv5Iolg
ご参考

福島原発はイスラエルの核テロ−外国人ジャーナリストのスクープ
http://sekaitabi.com/israelfukushima.html


75. 2012年5月04日 13:47:38 : VgyIta8OQY
(73に続く)
非核3原則については、「1968年に佐藤栄作首相が国会で答弁をして以来,国是として歴代政府によって受け継がれている」(世界大百科事典)とあり、69年の秘密の核開発密約後、東海村原発で軍用プルトニウムが多くとれるように
なって以降、政治の舞台で諸施策と3原則との整合性、核兵器生産への体制整備等が頻繁に取り沙汰されるようになった。

特にアメリカではインドの核実験の成功後核不拡散の立場から76年、77年とフォード大統領、カーター大統領時代にプルトニウム再処理の停止と技術の輸出禁止政策を打ち出したところ、1979年スリーマイル原発事故以後アメリカでは原発建設を停止されてしまい、軍用プルトニウムの供給体制に問題がおきてしまった。日本としては、これを奇貨として非核3原則は守りながら、またアメリカも国際的な非難をうけることのないよう諸協定をむすびながら徐々に技術移転を進めてききたものと思われる。

「非核三原則?」「核武装に向かう日本の歴史」については、「晴耕雨読」さんが非常に詳しい。
http://sun.ap.teacup.com/souun/89.html
http://sun.ap.teacup.com/souun/90.html


76. 2012年5月05日 00:05:13 : KRBenMp8BY
123便事件当時、「今報道されていることは、実際とはまったく違う」と、政府のかなりの地位にある人の口から、直接聞きました。
詳しいことは言えないが、とにかく違うと。

数々の疑問点や矛盾に目をつぶり、真相解明を封じることこそ、犠牲者への冒涜ではないだろうか。


77. 2012年5月05日 14:41:22 : oDZLjorBrU
>>04
バカですね。
これだけ原発に囲まれた日本が核爆弾を作ってアメリカに逆らえる筈なんかないじゃ有〜りませんか!
超強力濃縮プルトー君を雨理科へ売るんでしょうよっ!
一握りの人は、大金持ちよ。
それで外国で安全な蝶よ花よの極楽生活。
国民は被曝で苦しみ財産を全て無くし、子供も無くして仮設住宅で北みたいな一生生き地獄暮らし。
時々頭から土砂が降ってきたりして。
何てったって
オトモダチ作戦ですから。

78. 2012年5月05日 16:25:54 : p9B89YgNYw
やはりじゃないだろう、当たり前のこと
国防上必要だから導入した

後の市場原理主義馬鹿が原発を危険なものにしてしまった

国防を真面目に考える精神があれば原発の安全性にも気を配っていたはず。
悪いのは最近の政権、
先人を貶めるんじゃない


79. 2012年5月05日 18:56:12 : pm0IrqYu76
78氏

先人とは、CIA岸?CIA正力?CIA笹川?CIA児玉?それとも沈没空母中曽根?統一教会自民党清和会?

これを不思議とスルーできる(一応の賢さがあり阿修羅見ていたら分からないわけがない)人達がいる。なんで?

悪いのは最近の政権?先人もシロアリ売国奴巣窟造りに貢献した人間なら、相応に扱うべきじゃないか?国民の裏切りは、最近の出来事か?戦後の独立国の大嘘からだろう?

最近は国民を騙しずらくなったので、横領も効率が悪い。騙すのは正直な素朴な人間に限る、だろ。けれど、それ一番悪質だわな。本当に素朴に信じた人間を騙すのは、一番許せないわ。

日本の国土で、日本の公金で、日本の政治家達が、間抜けた汚い仕事に手を染めて
きたおかげで現在のユダ金の日本乗っ取りの危機が生まれてきたのであって、その
正体がばれる以前の建前をいまさらながらとうとうと語りつつユダ金弁護ユダ金擁
護ユダ金悪事隠蔽をシロアリが続けているが既に、シロアリ語法、シロアリ文法と
して括られている。

シロアリ語法テレビ新聞も日本乗っ取り計画は、短期で終わる考えでいたことをうかがわせる超無理筋強行論調に徹した。まともな一線をはっきり越えたので、もうもとの状態には戻れないだろう。

☆☆311は、直後に東京を含む東日本が終了するはずだった。吉田所長とフクシマ50が頑張らなかったら。スタンドプレー患直人はただただ邪魔しに行った。シロアリとして、なんとか311テロをすぐに終わらせたかったが、終わらない。その語の患直人の真の苦悩は誰もしらない。同じシロアリ閣僚が後ろの席にひとりもいなくなる。それはただただ311の計画が失敗して、その語の調整が全くうまくいかなかったために、痴呆老人の芝居に徹して、時間稼ぎを命じられたためだ。議事録は存在していなかったろう。常に平田オリザが唖然とするような、やりとりが行われていたからだ。そんなことを、すべて国民に知られたら、自分たちのユダ金ボーナスたっぷりの幸福な老後が消えて無くなる。


311当初の計画
かねてからの計画通りに、深海掘削船ちきゅう建造
かねてからの計画通りに、石井紘基刺殺共犯シロアリロボット患直人選出
かねてからの計画通りに、311人工地震
かねてからの計画通りに、福島第一原発爆破
かねてからの計画通りに、SPEEDI情報地元住民国民に隠蔽
かねてからの計画通りに、トモダチ作戦中に、空母に遺体収容
かねてからの計画通りに、国民内部被曝政策の推進・人口削減
かねてからの計画通りに、大阪遷都
かねてからの計画通りに、小沢一郎有罪判決
かねてからの計画通りに、TPP加盟。日本完全奴隷化
かねてからの計画通りに、朝鮮戦争勃発
かねてからの計画通りに、対中国宣戦布告
かねてからの計画通りに、アフガンイラクから米軍リビアからNATO。韓国日本駐留
かねてからの計画通りに、死者膨大。軍産複合体、大儲け
かねてからの計画通りに、日本シロアリも巨大地下シェルターで高みの見物の筈


311テロの試みは、おおかた失敗した。だから、あちこちてんでばらばら収拾がつかない。巨大地下シェルターが米軍有志に数発の核攻撃をうける。腹立ち紛れに小沢裁判にも無茶をごり押しして失敗。イラン攻撃になんとアメリカ軍がオバマを拒否。立場が極端に悪くなった軽薄弱気な日本シロアリは買収者の転向がこれから加速する。現在、売国奴達は全員311共犯シロアリとして括られている。


素朴で正直な人間はまだ騙され中。中途半端に素朴でも、中途半端に正直でもない、阿修羅住民は、気付いているぞ。


80. 2012年5月05日 19:51:49 : cUqQ10tEi6
>>73
>>76

どうでもいいけど、日航機墜落事件と核兵器とどう関係あるんですか?
そして、日航機墜落事件が陰謀に巻き込まれたなら、なぜこそこそせずに堂々と公表して政府に抗議しないんですか?

自衛隊関与説が事実なら、わざわざ御巣鷹山に誘導せずに海上で迎撃して空中分解させてしまったほうが、証拠隠滅としては完全と思います。
・ミサイル迎撃説
・無人標的機衝突説
・米軍関与説 等
いずれも明白な物的証拠もなく、目撃者もおらず、オカルトマ二アが展開している荒唐無稽な自説にすぎません。これらの自説をネットで発表している者の中には、自ら証拠を捏造している場合も少なくありませんから注意が必要です。
自衛隊撃墜説を唱えてる人達や本は『共産党や自衛隊反対派』が特徴です。

また、自衛隊は「国内では」ミサイルを発射することはありません。
すべて米国に研修にいって発射訓練をしています。国内ではシュミレーターでの訓練のみですよ。

>>72
>核爆弾?どうでもいいのだ、この記事も金目当てか?

私もそう思っています。例え日本にあろうが、無かろうが、国内だけで済む問題ではないので(核疑惑は国際問題になる)傍観しておきます。


81. 2012年5月05日 20:13:28 : VgyIta8OQY
本テーマと関係すると思われるので、引き続き73、75に続けて行きます。

76さんも真相解明が、犠牲者への供養になると励ましておられますので頑張ります。といっても、この事故が起きた時現場近くにいた方とメールで知り合う事が出来て交流を持たれていらっしゃる「日本人は知ってはいけない。」というブログの持ち主が、その相手の方が言っておられるという内容を紹介するだけですが、、

引用開始;

0.背景
@防衛費GNP1%突破
Aプラザ合意
B自動車輸出自主規制枠
アメリカの***が上記を日本に迫り日米で激突していました。
アメリカの圧力
・自動車会社(トヨタ・日産・本田)の輸出自主規制枠
日本政府に伝わる前にホワイトハウスが知りアメリカが要求する枠
へ日本政府を誘導し自主規制枠をアメリカ主導で決める
・プラザ合意で円切り上げを20%(当初?)になるまで為替介入を
する。

結果79円まで円高が進んだと記憶しています。
アメリカ企業が日本に輸出し易く、日本がアメリカに輸出し難くする約束をさせられた!(だまし打ちに近いものでした)
・防衛費GNP1%枠の撤廃
米軍経費の思いやり予算を名目に日本の防衛費を、自主的に制定したGN1%制限枠を外した。
⇒日航の事故の時正にこれが国会で審議されていた。
・米軍と自衛隊合同による執拗な合同演習
⇒事故の日は下田沖で演習をやっていました。
(日本政府への圧力として)

2.伊豆半島沖での出来事の前
防衛費GNP1%枠の撤廃を国会で審議している最中、**に下田沖の演習の情報が入ります。

【このへんはあまり詳しく話したくありません。】

機長も困惑したはずです。

2.伊豆半島沖での出来事の後

機長は羽田に引き返したかったらしいのですが、結局機長は無事に着陸できる確立の高い選択をします。
(大変賢明な判断だと思います)
・ほとんど操縦不能なため管制誘導に一縷の望みを繋いだ
・管制誘導がだめでも着陸或いは墜落場所が確保される場所

この段階で横田基地方面を目指します。

横田基地管制は天使か悪魔かは知りませんが、執拗に着陸を誘導します。

日本****は横田基地着陸を拒否します。

行き場を無くしたJALは大月で急旋回後機長は腹をくくったのでしょう
山間部を目指します。
ダッチロール状態で横田を目指し旋回し方向を変える操縦は殆ど神業です。
(この拒否がなければ横田基地にもしかしたら無事着陸できたか
もしれません。)

引用終わり(引用元;http://cosmo-world.seesaa.net/article/219971763.html
思うに、結局、大事なことはこの事件の起きた背景事情がどうであったかということです。
この事件当時、40歳前後で公式の事故原因である後部隔壁損傷説を鵜呑みにしておりましたが、9.11同時テロ事件の背景を考えるうちに自作自演説が当てはまるのではないかと、疑問に思えるようになっております。


82. 2012年5月05日 20:56:22 : VgyIta8OQY
80さんへ
「日航機墜落と日本製核爆弾?」という題名でブログ記事をトラさんて方が2010/1/16(土) 午前 3:24にお出しになっておられますので、、

このブログの趣旨にかなったテーマだと思いますが、、

>また、自衛隊は「国内では」ミサイルを発射することはありません。
すべて米国に研修にいって発射訓練をしています。国内ではシュミレーターでの訓練のみですよ。

私の意見ではないが、
「現在、ネットでは、自衛隊の護衛艦・まつゆきが、
日航機墜落時、相模湾にて、納入前、公試(海上公試運転)中だったので、
試射された模擬ミサイルが誤って123便の垂直尾翼に命中したという説が主流です。」
とのこと、、(引用元;日航123便墜落:罪をかぶったボーイング社のなぜ? - 新ベンチャー革命;
http://mkt5126.seesaa.net/article/159565168.html

ちなみに、GM,BOINGはロスチャイルド系 FORDはロックフェラー系


83. 2012年5月05日 22:46:24 : VgyIta8OQY
82の訂正と追加
日航機墜落と日本製核爆弾?」という題名のブログは

http://blogs.yahoo.co.jp/snow_torajima/30862688.html


84. 2012年5月06日 17:05:34 : cUqQ10tEi6
VgyIta8OQYさん。URLがでているブログを読みましたが、答えになっていません。
私の質問は、日航機墜落事件が陰謀に巻き込まれたなら、なぜその主張者はこそこそせずに堂々と公表して政府に抗議しないんですか?
討論になったObnzX9gnP6さんもそうですけど、陰謀が事実なら日本全国だけでなく、世界にこの事実を伝えて、陰謀に対して遺族とともに戦うのが妥当じゃないんですか?私ならそうしますが。

陰謀なんて長く持ちません。いずればれますから。
また、今ではインターネットという情報システムがあります。
情報を厳しく管理している中国や独裁国家ですら、インターネットという情報システムに勝つ事はできません。尖閣諸島中国漁船衝突事件のビデオだって、インターネットで公開されましたから。

例をあげると、湾岸戦争前の1990年10月10日、アメリカ議会人権執行委員会に、「ナイラ」という少女が出席し、証言を行いました。
15歳の彼女は、イラク軍が侵攻したクウェートで見たことを涙ながらに証言したのです。
「イラク兵がクウェート市内のアルアダン病院にやってきて、未熟児保育器から15人の赤ん坊を取り出し、冷たい床に放置して死なせた・・・」
少女の涙ながらの訴えはアメリカじゅうに衝撃を与えました。
そしてたちまち「今すぐイラクを攻撃すべきだ」
という世論がアッという間にできあがってしまい湾岸戦争が起きたのです。
ところがその約1年後に「ニューヨークタイムス」に驚くべき記事が掲載されました。以下引用。
「議会で証言した少女ナイラはじつはクウェート支配階級の家族で、クウェート駐アメリカ大使サウド・ナジール・アルサバの一人娘だった。湾岸戦争の終了後に、アムネスティ・インターナショナルなどの人権団体がナイラの話を立証するために調査をしたが、結局、彼女が証言したような事件が起ったという証拠は見つからなかった。この証言を仕組んだのは、大手の広告代理店ヒル&ノールトンで、同社はクウェート政府から資金の95%を受けて活動する自由クウェート市民≠ニいう団体から、アメリカ世論を軍事介入へ動かすように依頼され、ナイラ証言を演出した。
同社は、《自由クウェート市民》から600万ドル(約7億2000万円)以上を受け取り、クウェート人のための演説草案をつくったり、メディアや大衆の前での振る舞い方をコーチしていた。
証言内容は、アメリカ大衆がもっとも共鳴するようなものにするために、調査会社から資料を取り寄せて検討した(ニューヨークタイムス)」
このニュースにはアメリカじゅうが驚愕してしまいました。

この例だけではありませんが、陰謀はまず一発でばれますし、陰謀を暴いてやろうという人も数多くいます。日本の核疑惑や自衛隊撃墜説は本当だったという事も聞きませんし、まして自衛隊撃墜説が本当なら、その主張者は20年以上何やっていたんだ?と言う事になります。また、ミサイル攻撃説は大事件・大事故が起こると大抵出てくる「陰謀説」や「自衛隊が〜」とか言い出す変な団体の噂や都市伝説ですので信頼性は極めて低いかと思います。多分内容的に、自衛隊陰謀説・米軍陰謀説などのよく有る「自衛隊・米軍反対派」のような内容ですので、世間を信用するのは厳しいかと思います。

>私の意見ではないが、
「現在、ネットでは、自衛隊の護衛艦・まつゆきが、
日航機墜落時、相模湾にて、納入前、公試(海上公試運転)中だったので、
試射された模擬ミサイルが誤って123便の垂直尾翼に命中したという説が主流です。」

ちゃんと私の文を読みました?「自衛隊は「国内では」ミサイルを発射することはありません。」模擬ミサイルも同様、発射する事はない。

>事故の日は下田沖で演習をやっていました。

当時ここでの海域での演習は、自衛隊どころか米軍ですら行われておりません。
また、演習は秘匿なんでできません。

もし自衛隊や米軍がミサイルで攻撃して撃墜したとします。
その場合の疑問点が浮上します。

・自衛隊や米軍が何故123便を撃墜したか?
(陰謀説言う方々に撃墜の理由を具体的に聞きたいです)

・123便を撃墜した機種や兵器は何ですか?
(標的機・対艦ミサイル等説が有りますが、旅客機を撃墜出来る武器では有りません)

・自衛隊や米軍の陰謀なのに何故?JALやボーイングが責任被るの?
(ボーイングは123便が尻餅事故後の圧力隔壁補修ミスを認めています:圧力隔壁補修時に規格外のリボット使用)

・自衛隊や米軍機による撃墜なら何故、東京交通管制局のレーダーに機影映らないのか?
(当時は米軍にステレス機は有りません。また、東京交通管制局の管制官は民間人です)
もし自衛隊や米軍の陰謀説で有っても多くの民間人(管制官)の口封じる事は不可能です。

撃墜や陰謀説の方が断然疑問だらけですよ。

123便事故の時代背景をご存知ですか?
今は東日本大震災や災害時は自衛隊の災害出動は当たり前です。
しかし当時は野党陣営(社会党や共産党)勢力が強く『自衛隊災害出動=治安出動の前例になる』と何時も反対を主張する時代でした。
ましてや在日米国へ災害出動要請するなぞ有り得ない時代でした。
本来自衛隊災害出動は、都道府県の災害出動要請で出動します。
しかし当時の都道府県知事は『社会党や共産党』の出身知事が多く自衛隊災害出動要請しない知事がいました。
自衛隊災害出動を敏速に出来る様に法整備をしたのは阪神淡路大震災以降です。

当時の自衛隊ヘリコプターには全天候(夜間飛行可能)型ヘリコプターを装備してはいません。
当時は、自衛隊災害出動車両より高速料金徴収するおかしな時代でした。
しかも事件当時、在日米軍は墜落場所を特定していました。米軍が救援を申し出たのに、なんと断ったバカがいたのです。
それだけではなく、赤旗では『真っ先に到着した米軍ヘリに、なぜ救助活動を依頼しなかったのか。』という見出しがあった。
在日米軍に日本共産党は反対していたはず・・・。

全ては現在と当時の政治体制や自衛隊装備の違いを理解すれば VgyIta8OQYの疑問は解けるはずです。


85. 2012年5月07日 07:53:15 : VgyIta8OQY
cUqQ10tEi6 さん ご返事ありがとう。

123便事故の時代背景についてのご指摘はごもっともなことと同意します。そのうえで、それらを計算に入れた陰謀プロットというものを考えてしまいます。たとえば、もう少し昼に近い時間であれば、救助も十分間に合い警察関係をキチンとすれば秘密も保持して事故を終息させることができたでしょう。しかし、それでは、なんら国際的な影響や反響も生じなかったはずです。ある観点から国際的に重大な結果を望めば、それなりの条件設定が必要になってきて当然だと思います。この意味ではそのショックが大きければ大きいほど効果が高まることから、意図的にそういう状態を作り出して改革なり政策なりを推進していこうという考え方があっても不思議ではないと思います。
「ショックドクトリン」という概念は、これを言っているわけで、カナダのジャーナリスト、ナオミ・クラインが用いだしたようで、要は恐怖を利用した「経済改革」というふうに解釈されているようです。

日本外交の歴史をみれば、江戸末期の列強諸国との開国交渉に始まり、先の大戦も原爆ショック療法で日本の継戦意欲をくじいて終息させえたわけですし、例はあります。

>ちゃんと私の文を読みました?「自衛隊は「国内では」ミサイルを発射することはありません。」模擬ミサイルも同様、発射する事はない。
もし誤って誤射すれば、どうなのか、、

>>事故の日は下田沖で演習をやっていました。

>当時ここでの海域での演習は、自衛隊どころか米軍ですら行われておりません。
また、演習は秘匿なんでできません。
そのように言い切れる根拠は、、

とりあえず以上のことを踏まえた反論を期待しております。


86. 2012年5月07日 09:45:23 : VgyIta8OQY
ついでで結構ですから、「ショックドクトリン」についての紹介がありますので参考にしてください。

http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=59


87. 2012年5月07日 12:49:38 : kVRjv6w4OQ
84cUqQ10tEi6 さん VgyIta8OQYのカルトにはもう関わらないほうがいいよ

昔のオウムと同じで妄想を真実と思い込んでるからね、有る意味危ない奴だから
スルーが一番♪


88. 2012年5月08日 08:28:16 : K8XpSlioxk
今の原発は核兵器開発を想定した設計にはなってはいません。
核兵器の開発を原発で行うと4号機のようなザマになってしまうのです。
原発の隅っこで兵器級プルトニウムをJCOのようにいいかげんに作られては困るのです。
発送電分離より、核兵器開発を電力から分離すべきです。

89. 2012年5月08日 16:50:45 : VgyIta8OQY
「レーザー核融合、連続反応に成功 光産業創成大学院大など」
暗い核ビジネスから早く卒業して次世代核融合発電にまい進してもらいたいものだ、、 

90. 2012年5月09日 10:33:44 : cUqQ10tEi6
kVRjv6w4OQさん有難うございます。
VgyIta8OQYだけではありませんが、妄想を真実と思い込んでる人がいますね。

VgyIta8OQYさんとはこれっきりですが、一応質問に答えます。

>>ちゃんと私の文を読みました?「自衛隊は「国内では」ミサイルを発射することはありません。」模擬ミサイルも同様、発射する事はない。
もし誤って誤射すれば、どうなのか、、

>>事故の日は下田沖で演習をやっていました。

>>当時ここでの海域での演習は、自衛隊どころか米軍ですら行われておりません。
また、演習は秘匿なんでできません。
そのように言い切れる根拠は、、

単刀直入でいうと、ミサイルの誤射はまず起きない。これは、自衛隊でけでなく、各国軍隊の常識。またVgyIta8OQYさんは、自衛隊をどう思っているかは知りませんが、自衛隊は日本の国防を任された政府公認の「軍事組織」。何処かの秘密組織ではない。当然、演習を秘匿するのは不可能。

>たとえば、もう少し昼に近い時間であれば、救助も十分間に合い警察関係をキチンとすれば秘密も保持して事故を終息させることができたでしょう。

事件当時、私から言わせてみれば、米軍の救援を申し出を断り、自衛隊災害出動要請しない知事がおり(救助が遅れた一因)、後になってから議論する政治体制が気に入りません。

>なんら国際的な影響や反響も生じなかったはずです。ある観点から国際的に重大な結果を望めば、それなりの条件設定が必要になってきて当然だと思います。この意味ではそのショックが大きければ大きいほど効果が高まることから、意図的にそういう状態を作り出して改革なり政策なりを推進していこうという考え方があっても不思議ではないと思います。

それは映画、小説、漫画の見すぎ。実際にうまくいくはずがなく、ばれたら一貫の終わり。

>暗い核ビジネスから早く卒業して次世代核融合発電

あまり期待しない方がいい。どちらにせよ、放射能の危険性は無視できない。


91. 2012年5月09日 17:48:39 : 2mkG0MCGMc
情報ソース→ http://www.jimstonefreelance.com/fukushima.html

ロジェクトキャメロットのブログにてケリーが紹介していたフリーランスの人が書いた記事です。

記事リンク

--- 翻訳 ---

この3号機の写真は3月24日に撮影されました。3号機が爆発の危機にあるというメディアの嘘をやめさせてください。3号機はとっくの昔になくなっています。3号機はすでにありません。メディアの話は最初から全て嘘です。本当の真実はJimstonefreelance.comをごらんください。

3号機は疑いも無く全て消えています。これは事故では起こりえません。完全に3号機が消えた唯一の理由は、核兵器です。核以外に有り得ません。マグマBSPという核兵器がこの中の巨大カメラの中に隠されていたと思います。(追記参照) 3号機の中に設置されていたのでしょう。

2つの塔はスリーマイル島の事故の後に設置されました。スリーマイルでは水素漏れによりメルトダウンし、その後に水素爆発を起こしました。これらの塔は多くの核施設で水素を漏らしメルトダウンのあとの爆発を防ぐために設置されています。福島で起こった水素の話がとても信じがたくなります。


スリーマイルで水素が発火したとき、建物や備品には全くの影響がありませんでした。福島では、きのこ雲が見られました。3号機がすでに完全にメルトダウンしており、メルトダウンの後に発火しているときにも他の施設には何の問題もおきていないのであれば、なぜきのこ雲ができたのでしょうか?


私達は騙され日本人は騙されていると思います。全ての国もまた騙されています。唯一意味が通るのは;うそをついているのはメディアを所有しているのと同じ人々であり、メディアは嘘の製造所となっているのです。

戦争に行くとわかると思いますが、情報のコントロールが全てです。ここでおきていることもそうです。2011年にオサマが死んだと人は信じています。私達はまた福島についても騙されています。継続して騙され続けるでしょう。スリーマイル島には証拠となるプールがあります。歴史は重要です。

この図のような銃タイプの核兵器マグマBPSが福島にもたらされたのでしょう。(ウラン銃タイプの核兵器)


「私は、三号機の隔壁内に設置された彼らの非現実的に巨大なカメラの一つの中に、 Magna BSPが核兵器を隠したと思っている。」

Magna BSPとは、イスラエルの安全管理会社の名前です。その会社が今回の事件に加担しているということでしょうね。参考までに、さてはてメモ帳さんの記事を貼っておきます。
http://satehate.exblog.jp/16081021/

---
下記画像にある赤丸で囲んだ部分が、電気を使わなくても緊急時に水素を取り除く塔です。スリーマイル島の事故後に開発され設置されているそうです。このため水素漏れによる爆発は有り得ないというのが、著者の主張です。


http://www.jimstonefreelance.com/reference.jpg

それから下記リンク先の福島に関するサイトは、サーバーの攻撃にあっているそうです。モデムがアタックされ、書いた本人がサイトにつながりにくくなったそうです。いずれサイトが閉鎖される可能性があるので、できるだけ情報拡散にご協力くださいということです。リンク元を入れれば転載大歓迎とかかれています。

http://www.jimstonefreelance.com/fukushima.html

このサイトの後半部分の主な主張は、地震の規模が9.0とは有り得ないという説です。
地震当時のNHK岩手の揺れの映像がたいしたものでないこと、そして津波に襲われる際に町の建物がほとんど被害を受けていないのに、過去最大の地震の規模というのは有り得ないと沢山の写真をのせて説明しています。

そんなにたいした地震でもないのに津波が来るというは、人工地震と人工津波である証拠だと話しています。
震源が9.0なのに、すぐ近くの地震の震度は5.63となっています。


上記のデータは改ざんされる前のものだそうで、改ざん後は7.9、そして8.4→8.8→9.0へと上っていったそうです。

それから以下の文章はジムストーン氏が気が重いといいながらも書いている主張です。日本は核を人質いとられていたと思っています。そうすれば意味が通じます。

1. 日本はイスラエルの偉大なる悪魔のイランに向けてウランを豊富に提供した。

2.すぐにイスラエルはセキュリティ会社としてフロント会社を設置した。日本の核施設のセキュリティを獲得した。4ヵ月後にDimona Dozenが現れた。水面下で福島のハートにアクセスするセキュリティ契約を結んだ。彼らはウィルスを設置した。本物のカメラを施設の外に設置し、中にある核カメラを隠した。これに加えて、彼らは承認されていないデータコネクションをインストールし、ウィルスを通して全ての施設のコントロールを行った。(彼らはこのコネクションについて認めた。このページの後で説明する)

3. その後でStuxnetと核をインストールし、緊急停止を行った。

4. イスラエルは津波爆弾を隠すため自然の地震が日本に来るのを待った。すでに日本の地底に設置していた。VLFコミュニケーションが設定され、水を刺激する爆弾が設置された。DimonaのDavidが日本から6.67の地震のデータを読み取った。バーン! (新証拠により地震はほとんど自然でないことがわかります)津波が到達し、発電所のstuxnetを浸水させた。合成カメラからの直接の撮影し、セキュリティ会社は承認されていないチャンネルを通してDavidをインストールした。Davidはいつジェネレーターを切断するかを知っていた。他のチームは福島の職員がとってくる測定を妨害した。作業員らは全てがおかしくなっていく理由を何も理解していなかった。

5. イスラエルの首相は日本に電話をし、イランに提供したお礼だと言った。あと5つの核が日本の海岸にある。私達は全部設置しており、あなたの海岸の都市を破壊する。もし6.67を9といわなければ。津波の効果を偽装しろ。そして私達は全ての原子力を取り去ることを要求する。そうすれば二度と私達に攻撃されないだろう。私達は福島第一を爆破する。あなたは言うとおりに何でもしろ!

6. デービッドと彼の仲間はリモートデータリンクを通じて施設の全てのバルブを閉じた。彼らはそれらをインストールしてフルスロットルにしたことを認めている。メルトダウンをするために。その間、ウィルスが部屋をコントロールし続け、誤った情報を表示し続けた。何も起こっていないかのようになっていた。充分に混乱をさせたあとで、彼らは核をオフにして、空の高くまで吹き飛ばした。

たとえ地震が本当だとしても、核が8.4に充分に近いところにあった。私は最期の詳細はまだやっていない。たぶん十分に彼らをつるしたと思う。その理由は;

1. 私は本当のseismicデータを得ている。地震が彼らが言うとおりのものではなく、実際に6.8だったという証拠を。それは日本にとっては脅威ではないものだ。

2.多くのソースがStuxnetは本当にイスラエルで書かれていると証明している。

3.日本は本当にウランをイランに提供している。イスラエルはイランの施設を破壊しようと試みていることを文書化している。たぶんそうした。日本はイランの核に貢献している。日本はイランと同様に将来イスラエルの敵となりうる。イスラエルはそれを取り除きたいと思っている。

4. イスラエルのチームの文書には、歴史を通して継続してイスラエル人の防衛のために働いていることと、日本の核施設に制限なくアクセスすることができるとある。それは増加している。

5.4号機は燃料が抜かれていることが証明されている。そのため説明は不可能だ。4号機では一体に何が起こったのか? 燃料プールがメルトダウンし、火災が起きて、水が沸騰し、最悪にも循環できなくなった。ひどく汚染されている。何もない。爆発はなかった。4号機は建物7だ。終了。外の放射能壁がふきとばされ(4フィートの厚さ)内側の放射能壁画もっと厚かった? 4号機は今にも終わろうとしている。どうやって?

6. 日本の政府は科学的な9.0の証明の話につきあっている。それには理由がある。私の推測は、イスラエルは日本の海岸の都市を津波で吹っ飛ばすと脅しをかけた。日本には他の継続した脅しにつきあう理由はないはずだ。

イスラエルのセキュリティ会社は事実であるし、彼らが福島原発を制御できる立場にあるのは事実です。
イスラエルがイランの核施設を攻撃するという情勢は数年前からあったようで、それがなぜ日本に及んだかというのが謎ですが、やったのはイスラエルであるとすれば、イスラエル-英国の深いつながりからニューワールドオーダーの計画の一部なのかもしれません。

イスラエルの怒りを買った?イランへの濃縮ウラン提供か? → http://classical.mo-blog.jp/blog/2012/04/post_5a8c.html


92. 2012年5月10日 16:14:51 : VgyIta8OQY
国会では先生がたは結構格好よくいかにも我こそは正義の味方然として長広舌をふるっていらっしゃるが、内実はみなさん、上のようにあらぬところから脅迫なりおどしをかけられているのが実態ではなかろうか。

しかし、より心配なことは、先生方は一年間出席してどれだけ質問に立っておられるのか、コストパーフォーマンスをしっかり調べてみる必要がありそうだ。
ましてや、質問内容が国政の進展にどれだけ役にたったかという観点からのチェックは、国会の目的からいって、なおさらのことだ。

よもや脅迫に屈して舌鋒が緩くなるとか、知らぬふりをする、全然関係のないことを言ったりするとかいうふうなことがあってはならないことだろう。また、あんまり見え透いたウソはいくら上手になってもらっても、見てるほうがどうしようもなく困るのだ。

高給とりの議員先生が生活保証をこれ以上ない位に享受しながら、保身に走るのを見るのは耐えがたいことだ。


93. 2012年5月14日 01:11:44 : SnmvpOZPBg
>84

横レス失礼します。

>また、東京交通管制局の管制官は民間人です)
もし自衛隊や米軍の陰謀説で有っても多くの民間人(管制官)の口封じる事は不可能です

いつから国交省の管制官は民営化されたのでしょうか?
彼らは国家公務員です。
CAB=民間=民間人と思ってらっしゃるようですがれっきとした公人です。
彼らは国交大臣の権限で航空機に対し指示や許可等を行うことができるのです。
誤解を生むコメントには注意した方がよろしいかと存じます。
ちなみに自衛隊員にも管制職はありますが基本的には防衛大臣への移管事項に
よってCABの管制官と同等の権限で業務を遂行しておる訳です。


94. 2012年5月14日 11:10:02 : 1a1ujUQSo2
84さんではありませんが・・・。

>いつから国交省の管制官は民営化されたのでしょうか?
彼らは国家公務員です。
CAB=民間=民間人と思ってらっしゃるようですがれっきとした公人です。

確かに一般職の国家公務員です。ですが、自衛官とは違い民間人です。
84さんは海外と同じように自衛官は軍人、それ以外の人は民間人と区別したのでしょう。
また、東京交通管制局の管制官は国家公務員ですが、人間です。
123便の撃墜説が本当なら管制官は、黙っていない訳にもいきません。
黙って見過ごしたのなら、管制官は感情の無いロボットとほぼ同じです。日本政府がナチスや社会主義国家が行っていた徹底的に情報管理、逆らえば秘密警察に捕まり死刑でもしない限り、管制官の口を封じる事は不可能でしょうね。


95. 2012年5月15日 01:44:24 : SnmvpOZPBg
94さん
93です。

>84さんは海外と同じように自衛官は軍人、それ以外の人は民間人と区別したのでしょう。

そうですね、軍人と非軍人というスタンスならばわかります。はい。
早とちりというか、官と民という考えがありました。
ご指摘ありがとうございます。


96. 2012年5月15日 20:17:15 : cUqQ10tEi6
84です。SnmvpOZPBgの指摘を読みました。94さんが先に返答していますが・・・。
管制官は一般職の国家公務員である事は知っています。
94さんの書き込み通り、自衛官=軍人 それ以外=非軍人=民間人という扱いにしていました。わかりにくくてすみません。
SnmvpOZPBgさん、94さんご指摘ありがとうございます。

>管制官は感情の無いロボットとほぼ同じです。日本政府がナチスや社会主義国家が行っていた徹底的に情報管理、逆らえば秘密警察に捕まり死刑でもしない限り、管制官の口を封じる事は不可能でしょうね。

確かにそうですね。撃墜説が本当なら、自衛官・管制官・JAL・ボーイングの人達は、「感情のない人造人間」でしょうね。


97. 2012年5月15日 23:46:14 : jmhfLmNMPq
こちらに記事全文の日本語訳があります。
http://peacephilosophy.blogspot.jp/2012/05/nsns-us-circumvented-laws-to-help-japan.html
法の抜け道を使って日本のプルトニウムを蓄積を助けたアメリカ:NSNS ジョセフ・トレント論説

98. 2012年5月16日 21:27:47 : FC5OBmnz9g
1984年の米ウエスチンブハウス社の中国に売り渡し。

1985年のJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事 になります。

すると、JAL123便撃墜の裏に、どうも中共及び中国公安部が見え隠れしているのも納得できます。

また、JAL123便残骸は、調布の日本の宇宙施設にも運ばれました。(運輸省JAL123便JA8119号機報告書にも「調布行き」と書かれた残骸の写真があり、1985年年末のNHK特集でも、厳重に御巣鷹から調布に輸送される残骸の映像が放映されています。米国等に秘密裏に日本側で隠蔽したことになります。)

昭和60年当時は、不沈空母、ジャパンアズナンバーワン、の時代で、対して米国は経済困窮でしたから、日本の企業、官僚等が総じてソ連中国台湾といった方面に流れてしまい、JAL123便への武装蜂起につながってしまいました。

現在も昭和60年当時と類似した経済構造となっておりまして、米国が弱体化しておりますから、1985年当時と同様の中ソによる日本攻撃が懸念されます。
特に、西日本の日本海側、内陸の長野県軽井沢あたりまでと、群馬北西部、新潟県の標高1300m未満の地域、富山県全域、石川県全域、福井県全域、京都府全域、兵庫県の日本海側、鳥取県の日本海側、島根県の日本海側、山口県の日本海側、九州北部、
以上の地域は、それ以外の地域に避難した方が良い情勢となっております。


99. 2012年5月17日 11:36:51 : VgyIta8OQY
1984年の米ウエスチンブハウス社の中国に売り渡し。これに対して日本の反発があって、リチャード・ケネディの工作で日本でプルトニウム生産が可能となった。今では、軍用プルトニウムの再処理工場RETFが現在東海村の再処理工場の隣に建設中。このRETFが完成すれば、日本はいつでも核兵器を生産できるというところにまできた。

これに対して中国、ロシアが敏感になっているのは、安全保障の問題だから、それはよく分かる。が、JAL123便が
軍用核を載せて運んでいたとういう情報は、なぜ当時のソ連、中国が知るところとなっったか、そこが分からないんだが、、、

CIAあがりのシニア・ブッシュが副大統領であったというのが、カギを握っていたという気はすることはするんだが、、、


100. 2012年5月17日 17:38:44 : VgyIta8OQY
97さんご指摘の「法の抜け道を使って日本のプルトニウムを蓄積を助けたアメリカ」ジョセフ・トレント(国家安全保障通信社(National Security News Service: NSNS)によれば、1984年当時、「ウェスティングハウス社は100億ドルにのぼる原子炉を中国に供給する契約を結んだ」とあります。これは日本円に換算して1兆円近くにのぼる大変な額になります。それだけの契約をしておきながら、日本との間でプルトニウム生産技術を移転する交渉(1987年新日米原子力協定に結実)を進めていたという。この両面作戦は、アメリカにとっては、非常に合理的だったのでしょうが、1兆円近くの商談を進めていた中国にしたらとんでもない背信行為ととられてたとしても不思議ではないだろう、、、

と同時に旧ソ連にしてみても、旧敵国であった日本にそんな技術が移転されたらたまったものではなかったのではないか、、、推測に過ぎないが、、、アメリカにとっては防衛の肩代わりになるわけだから、これも分かるが、、

98さんのご指摘によれば「日本の企業、官僚等が総じてソ連中国台湾といった方面に流れてしまい」という現実があったみたいで、情報のリークも当然あったと考えていいのではないか、、以上憶測します。


101. 2012年5月19日 22:01:08 : YiWlUeTj2U
日本のエネルギー政策とからめて冷戦時代の核政策に組み込んだのは事実として既にありますが、アメリカが利害を望む以上に土人の仲間意識がこの歪なエネルギ行政を形成させる諸因にあるのではないでしょうか。結局第三者が止めに入らない限りやめられないそういう民度のレベルからの問題のようで根の深いややこしいものが根底にはあるのかもしれないですねぇ〜

102. 2012年5月20日 06:32:32 : dckNqbOMy2
核燃サイクルを何とか「留保」にしたい事情
http://www.youtube.com/watch?v=DROewuv2GCo

「原発ゼロで電気料金が2倍に」は本当か
http://www.youtube.com/watch?v=gWiMCIHAubo


103. 2012年5月20日 19:49:37 : K0kvx0RxBk
「現憲法の即時廃棄宣言」や「日本の核武装」を石原都知事が産経新聞などで提唱している。それ以外に別のタカ派は「核武装だけでなく、核戦争で、即時報復を加えるために核ミサイル発射機能つき原潜を50隻保有などを常時相手国の近海で待機させよと著書で提唱している。自民党は国防軍創設を提唱して戦争に備えるよう提唱し、別のタカ派派は沖縄南端へ3自衛隊を全面的に展開させよと言つている。これはアメリカの世界戦略なのだろうか?日本を再び戦場にするつもりか?。日本の世論も大手メデイアの世論工作と世論操作で、台風のように日本内の反戦平和派も一夜にして参戦派へなびく危うさを民族性として持つているので、気が付けば日本が戦場になつていたという可能性もあると見ている。ヒロシマ。ナガサキ。フクシマ。の放射能地獄の教訓が「日本の核武装」であり「日本の核武装のためには原発が必要だ」とタカ派は言つている。旧体制「ナチズムとフアシズム」への里帰りが日本ではもう後半に入つたようだ。「国民の生活が第一」だとか「真の民主化への改革」だとかの志を枉げぬ自由と民主主義者政治家への迫害もデツチあげた「政治とカネ疑惑」なるもので今もつて、リンチ的に続けられている。

104. 2012年5月22日 03:55:53 : h3fLucufAA
84さん

思い出しました。当時は旧社会党等滅茶苦茶でしたからね。災害派遣の自衛隊が被災者に提供した缶詰めを、
「憲法違反の自衛隊が配った物を食べるな」と宣伝して回った勢力も居たらしい。
 沖縄復帰の際も自衛隊員は勿論、その家族の転入届を受理しない運動もやっていました。

原水爆は勿論恐ろしいですが、
 この旧社会党系の偏狭で冷酷な人達も同じくらい恐ろしい。

事実は確認しようがありませんが
 人民解放軍の退役軍人が軍学校の講演で
  将来的に原爆で日本を消し去るのが一番良い
と発言した
という記事を読みました。

本気かどうかわかりませんが
原水爆より偏狭な人間の心の方が余程恐ろしい
とつくずく思いました。

作るのも爆発させるのも人ですからね。

人間は何するかわからない。
 「田舎で洋服を売っていた男が(トールマン大統領)日本に原爆落としたじゃないか」
アメリカ映画のセリフです。


 
 


105. 2012年5月22日 06:59:02 : T1asFloJL6
「情報拡散」


5月22日関東にて、核テロが起きる模様

十分に警戒を怠らないでいただきたい。

http://www.news-us.jp/article/270974481.html

情報拡散!

闇組織の陰謀を阻止しましょう。


106. 2012年6月07日 21:37:15 : p5gBi5bkO2
日本は「核」持って、どうするつもりなのかな。
去年11月中旬に買ったプレジデント誌に、
国内でこれを予告するような記事がすでに出てました。
記事には沖縄ミサイル基地と創価学会の件も・・・
サイトに転載されてます。


戦後の極秘文書が語る「原発推進のウラ事情」
ジャーナリスト 藤野光太郎=文 PANA=写真

http://president.jp/articles/-/5210
http://president.jp/articles/-/5211



107. 2012年6月21日 17:35:34 : TXrU5jH77Y
脱原発のことを中心に、政治記事をブログにしています。
アメーバのブログで、<進ちゃんのぶろぐ>です。

この記事を転写して、掲載したいと思うのですが、よろしいでしょうか。

目的は、原発の裏事情は、日本が米国の核の軍事産業のなかに組み込まれているのではないかと推敲するに至ったからです。

自公の代議士の発言からも間違いないと思います。


108. 2012年6月25日 10:49:04 : FHSrOKTp3c
日本の原発で生成されるプルトニウムは分離できても兵器用にはプルトニウムの純度が低くそのままでは不向きである。兵器には日本で初めて作られた原発の東海第一や北朝鮮の黒鉛炉が向いている。しかし、奥の手がある。「もんじゅ」を使うと文殊の知恵で純度の高い兵器用のプルトニウム239が得られる。ここに高速増殖炉をもつ意味がある。高速増殖炉は減速材にナトリウムを使うので、すぐキャビテーションを起こしてしまい炉がうまく動かせない問題を抱えているが、日本で爆発しようと関係ないと思っている人やマッドサイエンティストはどうしてもこれを完成させたいと熱を上げる。もんじゅの配管のパイプは薄、地震でもあればすぐ壊れそうなので、「生きていてこそなんぼ」の小市民派とオウムのような「ハルマゲドン」待望派の戦いはこれからも続く。

109. 2012年9月12日 11:44:23 : 93oerKoWCQ
だったら、日米原子力協定の継続を拒否する議員を増やせばいいわけだ。
安保破棄の方が手続きは簡単そうだけど。

110. 2012年12月11日 17:31:52 : rfcCuFHQZE
戦争と聞けば元気のでる日本軍国主義、国家主義者が報復のために核武装すれば当然、「原潜核ミサイル」での先制攻撃もあり得る[そういう戦略本」がもう出ている。

111. 2012年12月11日 20:01:40 : p9B89YgNYw
当たり前じゃないか
民間用だと勘違いしてコストカットなんかするから事故になってしまった
すべての元凶は竹下、ダイゴのじいさん

112. 2012年12月11日 20:37:21 : 9MKVoJj2ak
明治維新からずーっと、ある意味日本は欧米支配者層の属国だったということ。

シロアリ役人や寄生虫政治家など利権ムラの連中は、ユダリカ支配者層の下で既得権益というオコボレにあずかっている、二重支配構造はずーっと変わらずに続いてる。

日本国内の核武装志向連中も、ユダリカの下僕達でしかない。

真の日本独立を望む者達は、今はただ耐えてユダリカ帝国がローマ帝国のように衰退して消えるのを我慢して待つのみ。


113. 2012年12月13日 15:16:45 : bnSnskpQwk
まあ、当たり前といえば、当たり前だけど、
日本の核開発について、
国際的な合意はえられなかったと思う。

戦勝国側がそろって合意するとは思えないからね。

合衆国内でも、意見は割れたと思う。

そのけっか、日本の原発は、変に、中途半端なところが生まれて
しまったのだと思う。

やっぱり、やめときゃよかったのかね。


115. 2013年1月20日 05:22:39 : pDQAic94KO
核兵器はもちろん、最新兵器開発機関と諜報機関は極秘裏に進めておくべきだ。

116. 2013年3月06日 21:59:40 : L3gmCSdp2A
侵略されたら その国は地球から消滅して大人も子供も形は人間でも人権から何もかも奪われて生きた屍これが現実隣にそんな危険な国が有る限り日本は核武装でもなんんでもやるべきだと思う子供たちに辛い思いさせない為にも

117. 2013年3月07日 23:38:00 : os2e5O8YnQ
1972年2月、当時のニクソン米大統領とキッシンジャー補佐官が北京を訪問し、
周恩来首相と会談した時に、日本に対して三つの密約が交わされた。

米中密約の内容

1.日本に核武装そして単独防衛させない
2.これを防ぐために米軍は日本に駐留する(ビンの蓋論)
3.朝鮮半島および台湾問題で日本に発言権を与えない

この密約は、2002年10月、当時の江沢民中国国家主席が、
テキサスの牧場に当時のブッシュ大統領を訪ねたときにも再確認された。


118. 117 2013年3月08日 00:07:45 : cMW/m1reRN5Os : os2e5O8YnQ
http://www.gwu.edu/~nsarchiv/NSAEBB/NSAEBB70/doc13.pdf
19ページから28ページに掛けて、日本に関する当時の米中の見解が示されている。

119. 2013年8月07日 23:56:53 : 2JzhWjAG7r
核兵器みたいなやつらが不正選挙で
政権乗っ取っちゃったからなあ…

120. 2014年6月04日 02:09:13 : ZxsA9MOqI2
既出の情報ですが
写真が多用されていてわかりやすいブログです。

Japan of hope and safety 原子力緊急事態宣言
http://phnetwork.blogspot.jp/2011_09_01_archive.html


原発で核兵器を作っていた!

日本は核兵器を開発していた!

日本が核兵器を開発していたというのは冗談ではなく事実のようだ。自民党の石破茂氏は核兵器を作るために原発が必要だと告白する。また、石原慎太郎都知事は日本が核兵器開発のため米国に支援を求めたことや、一年以内に核兵器を開発できることを英紙に暴露していた。


福島第一原発事故が起きる3日前の3月8日、


東京都の石原慎太郎知事は

「日本は核兵器を開発すべきだ」と語っていた。

Japan must develop nuclear weapons, warns Tokyo governor

By David McNeill in Tokyo Tuesday, 8 March 2011


石原氏はThe INDEPENDENTのインタビューで「日本は1年以内に核兵器を開発し、世界に力強いメッセージを送れる」と語った。

In an interview with The Independent, Shintaro Ishihara said Japan could develop nuclear weapons within a year and send a strong message to the world.


石原氏は、「佐藤栄作元首相が核兵器開発の支援を得るため米国と秘密裏に接触していた」と暴露した。

Mr Ishihara claimed that Mr Sato, who won the 1974 Nobel Peace Prize for his opposition to plans for a nuclear weapons programme, was at the same time secretly approaching the US for help in developing an atomic bomb.

作られた安全神話


「原発安全神話を作らざるを得なかった」と語る石破茂氏


自民党政調会長 石破茂 原発
http://www.youtube.com/watch?v=dDCZY9Q9d9U   (←削除)

原発があれば核兵器を作れる


福島第一原発でプルトニウムを製造していた


(などなど)


121. 2015年11月09日 21:11:50 : 4J7TGHi5xw
日本が核武装をしたら、アメリカにとっても脅威となるだろう。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧