★阿修羅♪ > 戦争b9 > 439.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
田中宇: シリア虐殺の嘘
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/439.html
投稿者 中田英寿 日時 2012 年 6 月 13 日 20:36:44: McoerUaxt7HLY
 

田中宇の国際ニュース解説 無料版 2012年6月13日
http://tanakanews.com/mail/


━━━━━━━━━
★シリア虐殺の嘘
━━━━━━━━━

 5月25日、シリア中部の町ホムスの近郊にあるホウラ地区で、村人ら108人
が殺される虐殺事件が起きた。シリア政府は、反政府武装勢力の仕業と発表し
たが、対照的に欧米日アラブの政府とマスコミの多くは、虐殺の犯人がシリア
政府軍であると断定し、日本や米英独豪などが、自国に駐在するシリア大使を
追放した。国連安保理は、シリア政府軍と反政府勢力が交戦をしている間に
108人が殺されたとして、戦車や迫撃砲を使ったシリア政府を非難した。

http://www.rt.com/news/damascus-refutes-accusations-houla-massacre-339/
Syrian government denies involvement in Houla massacre

 ホウラ地区は、以前から反政府勢力が占拠していた。そこの村人が虐殺され
たとなれば、犯人は政府軍だと考えたくなる。欧米では、この虐殺事件を機に
「反政府勢力が占拠する地域を政府軍が攻撃して虐殺を起こす事態が繰り返さ
れぬよう、政府軍と反政府勢力の地域の間に緩衝地帯を設けるべきで、緩衝地
帯の設定のため、国連軍もしくはNATO軍が、シリアに侵攻する必要がある」
という「人道上の軍事介入」を主張する声が強まった。

http://en.wikipedia.org/wiki/Houla_massacre
Houla massacre From Wikipedia

 国連のシリア問題特使のアナン元事務総長は、ホウラ虐殺を「(シリア問題
の緊急性を一気に高める)転換点」と呼んだ。米国のライス国連大使は「国連
が動かないなら(米軍が)国連外で動かざるを得なくなる」と警告した。もは
や、欧米やアラブの軍勢が国連軍もしくは国際軍としてシリアに軍事介入する
のは時間の問題であるようにも見える。シリアのアサド大統領も、リビアのカ
ダフィのように政権転覆され、葬り去られるかに見える。

▼虐殺の犯人は政府軍でなく反政府勢力

 とはいえ、事態をよく見ると、実はホウラで村人らを虐殺したのはシリア政
府軍でなく、反政府勢力の方である可能性が高い。虐殺で殺された村人の多く
は、アサド政権と同じアラウィ派イスラム教徒だった。シリア軍の幹部の多く
はアラウィ派であり、政府傘下の民兵組織のシャビーハも上層部はアラウィ派
である。欧米日マスコミは、シャビーハやシリア軍がホウラの村人を殺したの
だろうと書き立てたが、内部の団結が強いアラウィ派が、同じアラウィ派を殺
すはずがない。

http://globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=31184
THE HOULA MASSACRE: Opposition Terrorists "Killed Families Loyal to the Government"

 半面、反政府勢力は、サウジアラビアに支援されたスンニ派のイスラム主義
勢力(いわゆるアルカイダ)で、アラウィ派やシーア派を敵視し、宗教上異端
なので殺しても良いと考える傾向が強い。殺された村人の中にはシーア派もい
た。政府軍が殺したなら、戦車砲や迫撃砲で家ごと破壊される形になっている
はずだが、殺された村人は至近距離から撃たれたり、のどをナイフで掻き切ら
れたりしている。これは、アルカイダなどサウジ系イスラム過激派が異端者を
殺すときの典型的なやり方だ。虐殺の動機は、政府軍より反政府勢力の方に強い。

http://www.moonofalabama.org/2012/05/syria-massacre-likely-by-al-qaeda.html
Syria: Massacre Likely By Al Qaeda

 アラウィ派はシリアの人口の約1割しかいない少数派で、シリア人の7割を
占めるスンニ派イスラム教徒から宗教的に異端視されてきた。20世紀初頭に
シリアを植民地支配したフランスは、アラウィとスンニの対立を利用し、アラ
ウィを警察官など治安担当の職務に優先的に就かせ、アラウィがスンニを監視
し、その上にフランスの統治が乗る構造を作った。独立後も、シリアの軍や治
安担当部門はアラウィ派が握り、アサド家はこの構図を利用して独裁政治を敷
いた。こうした歴史があるので、シリア軍やシャビーハの指導部はアラウィ派
で占められている。

 ホウラ地区の人口の9割はスンニ派で、地区内の一部の地域にアラウィ派や
シーア派がかたまって住んでいる。反政府勢力は、ホウラ地区の中でもスンニ
派の地域を占拠していた。反政府勢力の地域と、アラウィやシーアの居住地域
をつなぐ道路には、反政府勢力が入ってこないよう検問所とバリケードが設け
られ、政府軍が検問所を守っていた。

 ドイツの主力新聞フランクフルト・アルゲマイネ・ツァイトンク紙によると、
5月25日、ホウラのスンニ派地域を占領していた反政府勢力が検問所を襲撃
し、政府軍と銃撃戦になった。反政府勢力は、一時的に検問所を制圧し、アラ
ウィ派が住む地域に流入した。その後、政府軍の戦車部隊がやってきて加勢し、
90分後に反政府勢力は退散したが、この間に反政府勢力がアラウィ派の家を
一つずつ襲撃し、中にいた家族を、女性や子供にいたるまで、至近距離から
銃殺したり、のどをナイフで掻き切って殺した。

http://www.infowars.com/implosion-of-the-houla-massacre-story-is-anyone-paying-attention/
Implosion of The Houla Massacre Story - Is Anyone Paying Attention?

 この地域には、スンニ派からシーア派に宗旨替えした人々が一家族住んでい
たが、彼らも異端者とみなされて皆殺しにされた。スンニ派でも一家族が皆殺
しにされたが、彼らはシリアの国会議員の親戚の一族で、政府に協力する人々
とみなされたようだ。反政府勢力は、殺された人々を携帯電話などで動画撮影
し「政府軍に殺された人々の画像」としてインターネットにアップロードした。
彼らが犯人であるなら、非常に周到で巧妙な自作自演の犯行ということになる。

http://www.nationalreview.com/corner/302261/report-rebels-responsible-houla-massacre-john-rosenthal#
Report: Rebels Responsible for Houla Massacre

 事件から何日か経って、反アサド的なアラブ諸国の出身者が多い国連の視察
団がホウラ地区にやってきて現場検証した。国連視察団は、虐殺現場の近くで
政府軍の砲弾の残骸を発見し、政府軍が発砲したのだから、虐殺の犯人は政府
軍である可能性が高いと結論づけた。実際は、戦車砲や迫撃砲で殺されたのは、
今回死んだ108人のうち、反政府勢力の兵士など20人だけで、残りは銃殺
やナイフで殺されている。すでに書いたように、実際には、政府軍が反政府勢
力と戦闘している間に、反政府勢力がアラウィ派やシーア派の家を回って虐殺
をしていたという証言があるのだから、政府軍の砲弾の残骸があっても、それ
で政府軍が犯人ということにならない。国連査察団は、アサド政権を転覆した
い米国やサウジなどの影響を強く受けている。

http://www.outsidethebeltway.com/syrian-rebels-responsible-for-houla-massacre/
Syrian Rebels Responsible For Houla Massacre?

▼イラク戦争並みの巨大な国際犯罪

 ホウラの事件より前にも、反政府勢力は、アラウィ派やキリスト教徒といっ
た、スンニ派のイスラム主義者から見ると敵視すべき異端者である人々を虐殺
した上で、犯人はシリア政府軍だと主張しつつ、殺された人々の映像をネット
で世界に流すことをやっていたという証言がある。シリアのキリスト教会の修
道女(Mother Agnes-Mariam de la Croix)が、ホムス近郊のハリディア地区
(Khalidiya)で今年2月に行われた虐殺について、反政府勢力が地区に住む
アラウィ派とキリスト教徒を一つの建物の中に集めて閉じこめた上で、建物に
ダイナマイトを仕掛けて爆発して殺したものであり、報じられているようなシ
リア政府軍やその傘下の勢力の犯行ではないと証言している。

http://www.nationalreview.com/corner/302261/report-rebels-responsible-houla-massacre-john-rosenthal#
Report: Rebels Responsible for Houla Massacre

 シリアのキリスト教徒は人口の13%で、アラウィ派やシーア派と同様、サ
ウジ系のスンニ派イスラム原理主義者から敵視される傾向が強い。

 ホウラの虐殺後、6月6日に、シリア中部の町ハマの近郊にあるクベイル地
区(Mazraat al-Qubair)で再び虐殺が起こり、78人の村人が殺された。欧
米日などのマスコミは、この事件もシリア政府軍の仕業に違いないと書いてい
る。だが、クベイルにはホウラと同様、地区の中にアラウィ派が集まって住ん
でいる地域があり、そこを守っていた政府系勢力(ホウラは政府軍、クベイル
は民兵)と、反政府勢力との間で戦闘が起こり、その間に村人が殺されている。

http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/second-syrian-massacre-qubairs-killing-fields-7827900.html
Second Syrian massacre: Qubair's killing fields

 クベイルでの殺害方法もホウラと同様、多くはナイフで刺殺され、いくつか
の家族が皆殺しにされている。また、犠牲者の遺体の映像が即座にネットに流
され、政府軍の仕業であると事件直後から反政府勢力が主張し、それを米欧日
のマスコミが鵜呑みにして報じている。クベイルで殺されたのがアラウィ派な
のかスンニ派なのか現時点で不明だが、全体的な状況から見て、ホウラと同様
の手口で、反政府勢力が殺害して政府に濡れ衣をかけた疑いがある。

http://www.huffingtonpost.com/2012/06/06/hama-massacre-qubair-syria_n_1575600.html
Hama Massacre: Qubair, Syria, Site Of Fresh Violence, According To Unconfirmed Reports

 6月12日には、米政府の国務省が、シリア沿岸部のラタキア州のハファ地
区(al-Haffa)や首都ダマスカスの近郊など、いくつもの地域で「ホウラ型の
虐殺」が行われそうだと発表した。以前に政府軍と反政府勢力の熾烈な戦闘が
行われ、いったん反政府勢力が撤退していたホムスの中心街でも、再び戦闘が
起きている。

http://www.presstv.ir/detail/2012/06/12/245732/us-predicts-another-massacre-in-syria/
US predicts another Houla-style massacre in Syria

 国連の平和維持軍の司令官は6月12日、シリアの状況について、国連とし
て初めて「内戦」という言葉で表現した。反政府勢力は、早く国際軍がシリア
に軍事介入して政府軍と反政府勢力の勢力圏の間に緩衝地域を設けて兵力引き
離しをしないと虐殺が広がるばかりだと主張している。米国やEU諸国は、ア
サド大統領に退陣を求めている。

http://www.dailystar.com.lb/News/Middle-East/2012/Jun-12/176587-un-says-syria-now-in-civil-war.ashx
Syria now in full-scale civil war: UN

 もし、度重なる虐殺を挙行しているのがシリア政府軍や政府系民兵であると
したら、国際軍の早期介入やアサドの退陣を求める米欧やシリア反政府勢力の
主張は妥当だ。だが逆に、虐殺を挙行しているのがシリア反政府勢力であると
したら、反政府勢力が自分で殺した村人たちの映像を撮ってネットで世界に流
して「政府軍の犯行だ」と騒ぎ、それに呼応して米欧政府がアサドに退陣を求
め、国際軍をシリアに侵攻してアサド政権の転覆を狙うという、巨大な国際犯
罪になる。

 シリアの反政府勢力は、米欧やサウジに支援されている。米欧やサウジが、
アサド政権を転覆するため、反政府勢力を使って虐殺し、アサドに濡れ衣をか
けている構図になる。米国は、イラクに大量破壊兵器の濡れ衣をかけて侵攻し
た。その後はイランに核兵器開発の濡れ衣をかけて経済制裁している。そして
今、シリアに虐殺の濡れ衣をかけて政権転覆しようとしている。

▼ロシアが戦争をくい止めている

 しかし、米欧やサウジが国際軍によるシリア介入を望んでも、それは簡単に
実現しない。国連軍を編成して介入するには、国連安保理の決議が必要だが、
安保理ではロシアと中国という2つの常任理事国が、シリアへの軍事介入に強
く反対している。拒否権を持つ露中が反対する限り、国連軍を出せない。ホウ
ラやその他の虐殺が、シリア政府軍でなく反政府勢力の仕業である疑いが残る
限り、露中は軍事介入に反対するだろう。

 虐殺が反政府勢力の仕業であったとしても、虐殺が各地で頻発すると、シリ
アは内戦状態がひどくなり、誰が虐殺の犯人かを問わず、外部からの何らかの
軍事介入が必要だという話になる。昨年春、リビアが内戦状態になった時、米
英仏がリビア東部の反カダフィ勢力を支援して反乱させ、内戦を拡大したのだ
が、米英仏が「内戦だから国際的な軍事介入が必要だ」と、自作自演的に主張
したとき、露中は国連軍のリビア派兵に反対したものの、NATOがリビアに
侵攻することに反対しなかった。

 その結果、NATOがリビアに侵攻してカダフィ政権を倒したが、その後の
リビアは分裂したまま、いずれ内戦が再発しそうな不安定な状態で、リビア介
入は国際的な失敗となった。ロシアや中国は、このリビアの教訓があるので、
シリアで事態が内戦に近づいても、あらゆる軍事介入に反対し続け、外交で事
態を打開することを主張している。

 リビアの反カダフィ勢力は、スンニ派イスラム主義の過激派、いわゆるアル
カイダに主導されていた。彼らはカダフィを倒した後、シリアに来て反政府勢
力をテコ入れしている。米国は、仇敵であるはずのアルカイダを傭兵として使
い、リビアやシリアの政権転覆をやっている。アルカイダは、70年代のアフ
ガン時代からCIAの傭兵と言われてきた。

http://tanakanews.com/110402libya.htm
リビアで反米イスラム主義を支援する欧米

 英国外務省は「シリアにはアルカイダがいるので(テロ戦争の一環として)
軍事介入が必要だ」と主張している。米欧が、アルカイダを含むシリア反政府
勢力を支援して虐殺をやらせ、シリアを内戦に陥らせていることを踏まえると、
この自作自演的な発言は、英国のこの200年あまりの世界戦略を象徴して
いると感じられる。

http://news.antiwar.com/2012/06/11/syria-deploys-helicopters-as-clashes-rage-north-of-homs/
US Fears 'Massacre' While Britain Talks Up War

 これらの現状を見る限り、今の中東の国際政治においては、米欧よりも露中
の方がまともであり、正義である。「露中のせいでシリアの問題が解決しない」
と米政府は言うが、これは放火魔が「消防士がいるので家がよく燃えない」と
言っているのと同じだ。米欧は、マスコミを使って濡れ衣を「事実」として
人々に信じ込ませ、善悪を歪曲している。日本や米国では、米欧より露中の方
が正しいと言うと、それだけで袋叩きにされるが、袋叩きにする側は、プロパ
ガンダを軽信するうかつな人々である。

 ロシアは、シリア問題に関連する諸国の代表を集めて和平会議を開くことを
提唱しており、来週メキシコで開かれるG20サミットで正式提案し、会議の
開催につなげようとしてきた。会議は、1995年にボスニア紛争を米露主導
で解決した「デイトン合意」と似た構図を持たせ、アサド政権を転覆したい米
欧やサウジ、トルコなどが反政府勢力を引っぱり出し、アサド政権を擁護する
露中やイランなどがアサド政権を引っぱり出して、両者が対等な立場で話し合
う構想だ。

http://www.ft.com/cms/s/0/bde43340-b24a-11e1-8a6e-00144feabdc0.html
Russia insists on Iranian role in Syria peace plan

 ロシア主導の和平への動きが強まる中で、それを阻止するかのようにシリア
国内で虐殺が連続して起こり、和平会議に持ち込むのが難しい状況になった。
また米国は、イランが和平会議に参加することに強く反対している。露中の反
対を無視して、米欧軍(NATO)がシリアに軍事介入する可能性もある。

 しかし、NATOがシリアに侵攻したら、リビアの時のように中途半端に撤
退するのでない限り、長期にわたる占領の泥沼に陥る。アフガニスタン占領に
失敗して窮地の中で撤退し始めたNATOは、占領の泥沼を繰り返したくない
はずだ。米国もオバマ政権が軍事費の削減に迫られ、今後は大規模な地上軍の
戦争をしないと宣言している。米欧はシリアに侵攻しないだろう。結局のとこ
ろ、シリア問題の解決は、ロシアが提唱するデイトン合意型の和平交渉に頼る
しかない。そこに至るまでに、あと何回シリアで虐殺が行われるのかという問
題になっている。


この記事はウェブサイトにも載せました。
http://tanakanews.com/120613syria.htm


●最近の田中宇プラス(購読料は半年3000円)


◆「エアシーバトル」の対中包囲網
http://tanakanews.com/120611airsea.php
【2012年6月11日】エアシーバトルは、米軍が従来型の攻撃で中国に勝
てなくなった新状況を踏まえた、新たな戦争の概念だ。それは、沖縄の基地に
アジアの駐留米軍を結集してきた従来の展開を改め、テニアン島や東南アジア
に米軍の拠点を復活・新設して分散展開するとともに、従来より中国を遠巻き
にする中国包囲網に転換し、中国からのミサイルが届きにくい領域に米軍を置
く戦略だ。だが、経済面、財政面から見ると、この戦略は具現化できない。米
国が中国と戦争することはない。日本の権力層である官僚機構にとっても、エ
アシーバトルは対米従属を難しくする迷惑な話だ。


◆米中のアジア覇権シーソーゲーム
http://tanakanews.com/120606china.php
【2012年6月6日】米国は、東アジア(東南アジア)で南沙問題に介入し、
中国包囲網を構築している。だが西アジア(アフガン、パキスタン)では、中
国や上海機構によって影響力を駆逐されていく方向だ。中国は、東方で米国か
らの圧力を受けているが、西方では米国の覇権に風穴を開けている。米国と中
国は、アジアの覇権をめぐってシーソーゲームをしている。米国は、中国を覇
権争いのゲームに引っ張り込み、東で中国の覇権を圧しているつもりが、西で
中国に覇権を奪われつつある。


◆中国包囲網の虚実
http://tanakanews.com/120605china.php
【2012年6月5日】米国は、海洋法条約を批准しない一方で、海洋法条約
を前提とする紛争である南沙問題に介入し、中国沖の200海里内の海域に米
軍艦を航行させ、他国どうしの対立に介入する大国としての公正な態度を欠い
ている。ASEANの諸政府は、危うい姿勢の米国が、味方をしてやると言っ
て南沙問題に介入して中国との敵対を煽動するのを見て、ありがた迷惑と思っ
ている。米国や日韓、ASEANの動きを全体として見ると、中国包囲網を強
化する方向でない。むしろ中国が、世界の運営に参加する大国の一つになるこ
とを容認している。半面、パネッタ国防長官の言動など、中国敵視策を強化す
るためと報じられる米政府の動きは、芝居がかった動きに見える。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2012年6月14日 09:20:41 : iyeSdVDP4I
私は思う。

虐殺 っていうのはそもそもその言葉をつかう時点でプロパガンダである。
 
昔日本が統治していたパラオでアメリカが入ってきてありもしない虐殺を説いた
のはアメリカだった。「日本人がそんなことをしたわけがない」とパラオの住民
が取り合わなかったという歴史証言がすべてを物語っている。

虐殺をすることができる民族はただ二つ。
アメリカ=偽ユダ と 中国 ならやれることである。

偽ユダ側とロシア側でいうことがまっぷたのこのシリア事件。

どちらかが嘘をついているので日本はこの事件には介入してどちらかの側に支援
するべきではなく、どちらにもくみせず、世界に深い入させないよう叫ぶことが
重要である。


02. 2012年6月14日 10:07:00 : iyeSdVDP4I
良心的なマスコミ書士がまだ健在ならば申しておきたい。

君たちが安易にこうした事件を証拠もなく報道すべきではない。
誤った報道が世界の政治家に道を誤らせるのであり、時によって君たちの
ペンが世界の人の命でさえ奪うことになるのである。
そのようなことになるような仕事をしていてはそもそもあなたがたの仕事は
役に立つどころか存在そのものが邪悪でさあるのだ。

プロパガンダのために 安易にペンを走らせる者は脳みそがたりないバカ者で
あるが、そもそもこういった彼らを糾弾することのほうが報道者諸君のそもそも
の与えられた使命である。


03. 2012年6月14日 10:48:01 : iyeSdVDP4I
先日もNHKさんでは 悪党プーチンがどうたらこうたらいっていたが
悪党なのはNHKさんではないのか

偽ユダと戦っている彼やアメリカイギリス以外の諸国のリーダーが今の
ロシアの姿であり それがNHKさんが ほんとに見えない ようであれば
マスコミやめたらどうなの?って思う私である。 


04. 2012年6月14日 13:06:26 : Er8mp7rmnc
>>03
プーチンはどう見たって悪党w

目くそ鼻くそ

あんたみたいなのがいるからダイナモがつけあがる


05. 2012年6月14日 17:03:30 : iyeSdVDP4I
>>04. 2012年6月14日 13:06:26 : Er8mp7rmnc
>>03
>>プーチンはどう見たって悪党w
>>目くそ鼻くそ

あんたみたいなのがいるからダイナモがつけあがる


君は下記のyoutubeをみたほうがいい。
アメリカはどうしようもない国になってしまったのだ。

20120602 モンサントの不自然な食べもの 監督 マリー=モニク・ロバン氏 iwj

現代版植民地政策をとろうとする 偽ユダ 米英イスラエル の三国に今世界の
国すべてが対抗する図式になっているのだ。
上記の告発の映画は 2008年フランス・カナダ・ドイツ合作の映画である。
つまり 対峙する側の行動 世界への呼び掛けなのです。


06. 2012年6月14日 17:42:04 : BVq1tjn6E2
>>05
そんなことは分かってるよ
シオニストが世界の害虫なのも分かってる
今ロシアで起こってるデモもアメリカの差し金だ
それは分かってる

しかしプーチンの、あのやり方は駄目だ
親衛隊作ったり、あんなのは

陰謀というのはあるし、ダイナモ馬鹿だ
しかし我々がそのレベルに堕ちるのは、もっと駄目
自分はそう思う


07. 2012年6月14日 18:11:12 : GoHkt2PBHY
テロ国家アメリカに対抗できるのは
プーチンしかいない!

イラクを侵略し
次々とテロリストを支援し軍事教育し、軍事物資を提供し
国家転覆を図る、テロ国家アメリカ

インディアン5000万人の99.9%を皆殺しにしたアメリカ
日本に降伏を許さず、原爆を2発落として人体実験したアメリカ

プーチン頑張れ!


08. 2012年6月14日 19:24:36 : ONdMLcRl3c
確かにプーチンのやり方はうまくないかもしれないが英米イスラエルがやっている偽善行為よりは、よっぽどマシな部類に入る。
日本のマスゴミも政治と一緒で完全に米国追随一辺倒だからロシアがやっていることを歪曲して伝えている。
どう贔屓目に見ても日本のマスゴミの罪は非常に重い。

09. 2012年6月15日 03:51:43 : dtC6MN3W2g
虐殺?又始まったね。虐殺のルールは強い側が必ずやる。政府軍と民兵がやったんだろう。弱いほうは逃げるに忙しくそんな暇はない。いずれ国民が2分した場合やったりやられたりだろう。一方だけが悪いと思うのはハリウッド映画の見すぎ。
やったらやり返される。これが普遍のルール。相手の拠点を占拠するとまづ怪しい人、家族、が一箇所に集められる。普通は管理下に置くが短絡的な場合、恨みの深い場合などで見せしめが始まる。反政府軍が盛り返すと家族が虐殺された人たちが中心に逆が起こりだす。サラエボは双方、グルジアではロシア軍がやってたが同じで起きる。
シリア政府は最初の処置を誤ったね。デモを武力で抑えようとした。一昔前の政治手法で恐怖政治を敷くわけだがその延長上に容易に理解できる。政府に反抗するとこんな目にあうぞ〜おそらく今でも日本で起きたら言論は簡単に沈黙すだろうがシリアはそうは行かないだろう。

10. 2012年6月15日 05:00:43 : iyeSdVDP4I
09. 2012年6月15日 03:51:43 : dtC6MN3W2g
虐殺?又始まったね。やったらやり返される。これが普遍のルール。
相手の拠点を占拠するとまづ怪しい人、家族、が一箇所に集められる。普通は管理下に置くが短絡的な場合、恨みの深い場合などで見せしめが始まる。
政府に反抗するとこんな目にあうぞ〜

///あなたはアメリカの犬ころだろう?
  俺かい?そうジャップだよ。猿で結構だ。
 
でも自分ではヤマト魂復活の日本男子だ。  
  日本人はそんな虐殺の手順なんて・・・しない から知らないのだ。
  政府が怖くて人間やっていられますか?そんな脅しには日本男子はびくとも
 しないのだ。侍の民族なのだよ。よく知っておくように。

まあ、今から数年前の小泉内閣頃までは日本人も騙されて気付かなかったけども
世界でどの国が 性根が腐っているか 日本人は覚醒してしまった・・・・・
知っておくことだ。

世界中でわるいことはもうやめてもっとまっとうに働きなさい。
  


11. 2012年6月15日 06:00:15 : dtC6MN3W2g
>10
せっかく引用してくれたのにそれについてのコメントがないね。
侍?それ恐怖政治そのものだよ。年貢を納めないと村ごと皆殺しだぞ。
日本は少数の侍と大多数の百姓で出来てる。あまりに庶民を無視した見方はね?
侍と堂々といえるのは歴史的系統では官僚位か?一応天皇から任命されてるからね。日本国民を天皇の呪縛から解放したのはアメリカ、天皇制支持でなければ恩をあだで返すことになるね。
第2次世界大戦でアメリカに一番貢献した部隊は日本人編成部隊と評価されてる。ヨーロッパ戦線でテキサス州軍が独軍に包囲されそのとき窮地を救ったのが日本人部隊。今でもテキサスでは親日の人が多い。99式アサルトライフル(旧日本軍)は日本人への敬意でもあるのだろうか?未だに高値で売買されてる。
アラブの春で民主化の動きが起きた国はその時点でアウト。いい国では起きない。
また現状の日本で満足してるあなたが多数ならこれ以上日本は良くならないし阿修羅の存在も今ひとつになるね。

12. 2012年6月15日 09:23:25 : GoHkt2PBHY
大量破壊兵器があると
世界一の大量破壊兵器を保有し、最も世界中に売っているアメリカが
国連の合意を得ずに不法にイラクを侵略

イラク市民を100万人規模で殺しておいて、イラクに大量破壊兵器は
ありませんでした。

世界一核を保有しているアメリカが、イランに核開発の濡れ衣を着せている

シリア政府に、虐殺のレッテルを張り、またもやシリアを侵略しようとしている
アメリカとイギリス

多くの日本人も、薄々、アメリカの残虐性を理解しながら、甘い汁を吸えると
思って、見てみぬふり、アメリカに従っていれば恩恵にあずかれると
思考停止状態。 アメリカの侵略戦争を資金面で支える日本は、アメリカと
同等にひどい国だ


13. 2012年6月15日 09:49:31 : qrCW8Avz9U
>>11. 2012年6月15日 06:00:15 : dtC6MN3W2g

>アラブの春で民主化の動きが起きた国はその時点でアウト。いい国では起きない。

投稿された記事を読んでますか?なぜ アラブやアフリカ諸国で強権的な政権が
発生するを少し調べてみてください


14. 2012年6月15日 10:07:09 : Ecvd9PvV56
シリア情報   人権団体「アムネスティ」の偏向

NHKニュース
「イギリスに本部を置く人権団体「アムネスティー・インターナショナル」は、内戦状態に陥ったとされるシリアの最新情勢についての報告書をまとめ、政府軍が、反政府勢力が拠点とする地域に住む市民を無差別に攻撃するなど、著しく人道に反する行為が繰り返されていると指摘しました。」

しかし、ウキパディアによると、アムネスティに対する批判が多々あり、そのひとつは
「欧米中心主義・エリート中心主義」
アムネスティが発展途上国を中心とした国々の政権による民衆弾圧に対する批判がステレオタイプ的であるとの見解がなされることがある。発展途上国が社会情勢が不安定であるために、民主主義や人権よりも、まず社会が安定すること、経済成長を行い、民意を安定させることを優先せざるを得ない状況だという事に対して鈍感であり、ヨーロッパの物差しでヨーロッパ以外の国に対して民主主義や人権を主張する態度は形を変えた帝国主義でしかないという立場からこの主張がなされることがある。

その他、次のような批判あり。
「政治的に偏向しているのではないか」
「重大な人権侵害を見逃している」
「犯罪被害者や遺族に無関心」
「データを恣意的に操作している」
「個別具体的な人権侵害への取り組みをしない」

また、北朝鮮による日本人拉致問題については、
「拉致問題をことさらに避け、拉致被害者救出に向けた動きに対してネガティブな対応をしている」と批判する意見がある。2006年にはアムネスティ日本の総会において北朝鮮の人権・拉致問題への積極的な取り組みを求める決議案が提出されたが否決された。

==>NHKも(いまさらながら)、アムネスティも信用ならない。


15. 2012年6月16日 03:41:54 : 1r5oSeJe8w
アムネスティのような世界的な悪の組織が
親日組織でなく反日組織であることは日本にとって名誉ですね

16. 2012年6月16日 10:38:07 : OTOSIyOeKE
>03. 2012年6月14日 10:48:01 : iyeSdVDP4I
先日もNHKさんでは 悪党プーチンがどうたらこうたらいっていたが
悪党なのはNHKさんではないのか

 同意です。


17. 2012年6月17日 04:58:52 : iyeSdVDP4I
その2 私はこうも思う。
虐殺 だけでなく 自由云々 っていうのもそもそもその言葉をつかう時点で
プロパガンダである。
 
昔日本が統治していたパラオでアメリカが入ってきて 自由 を説いたのはアメリカだった。しかし「日本人とせっかくつくった畑や道路を破壊しつくし、日本兵の遺体にみむきもせずぞんさいな扱いをみせたアメリカ」にパラオの住民がアメリカの性根の悪さをみたという歴史証言がすべてを物語っている。


いまでいえばやはり悪党なのはNHKさんであろう


18. 2012年6月17日 12:42:58 : p9B89YgNYw
虐殺の背後にアメリカ有り
もう考えなくたってだいたいそうなっている、歴史を見れば

19. 2012年6月18日 04:52:46 : dtC6MN3W2g
東電事件で変に逮捕されて懲役刑で服役してたネパール人が日本の刑務所は酷いとこ(管兵による暴力)だと言ってた。この日本でもこんなもんだ。この状況さえも解らず変に曲解してもね。民主主義国では絶対あってはいけないがやっぱり日本は君主国だなと痛感する。
シリア国民の税を徴収し絶大なる権力を持ってる現政権に刃向かうことは大変勇気がいる。また国連とか大使館とかのシステムを持ってることは発信力もあるわけである。それなのにこんな事態が起きるとは?電話も通じダマスカスは西洋でもつながりのある企業が多い。仮に欧米の陰謀なら必ず異論が沸いてくる。
日本も治安維持法で引っ張られた人々はかなりの数獄中死してるが侍文化で身内はお上にもんくは言えなかった。それと同じことがシリアで現在起きてることは間違いない。デモ等で逮捕されてこんなことになれば日本は問題ない家畜国民だがシリアでは内戦になるだろう。下記は獄中死(拷問死)の動画張る。
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=Rb3CqyGMg60
こんなことヤルと日本では警察官として高額な恩給が一生もらえるがシリアとか西洋では加害警察官はタダで済まない。大統領も国外に逃げないと命はないだろう。
内戦になって当たり前。シリア情勢の見方を間違えてるか判らないが発端はこの辺で間違いないだろう。昔の恐怖統治はお上に逆らう事=死だよね。シリアも同じことやってるが時代錯誤が問題。ロシアも2000万人虐殺、中国もそれくらいあったみたいだね。最近は天安門か。王政もそうだけど共産主義はやることがでかい。
日本では金科玉条のごとく法律を大切にするが国民不在で官僚と政治家の馴れ合いで作ってるだけだったらアウトロー的視点がないと永久に悪法、東電の処置などは出来ないだろう。責任を取る公人は永久にでない日本。

20. 2012年6月20日 11:21:03 : YFEqn9BeU7
>09. 2012年6月15日 03:51:43 : dtC6MN3W2g
>虐殺?又始まったね。虐殺のルールは強い側が必ずやる。政府軍と民兵がやったんだろう。弱いほうは逃げるに忙しくそんな暇はない。

あんたのコメントは論理矛盾。アサド政権がやれば、国民の反感を買って、自らを傷つけることになるので、当然するはずが無い。

弱いやつが、写真を撮ったり、ビデオを映したりしてプロパガンダに利用するのであって、NHKの映像を見ればウソ丸出しじゃないか。

国民を虐殺せざるを得ない政権が、なぜ、一年以上も持ちこたえられるの?


21. 2012年6月20日 11:25:12 : YFEqn9BeU7
日本は「鬼畜米英」と戦った。

いま思うに、あの考え方は、ある面、正しかったようだ。

だが、プーチンのやりかたが正しいか否かは歴史が証明するしかない。


22. 2012年6月20日 11:35:02 : YFEqn9BeU7
>19. 2012年6月18日 04:52:46 : dtC6MN3W2gさん。

20だが、今現在、アサドがやった、という君の論理能力を疑うよ。
アサドがやったなら、反アサドの人間が写ってる訳、ないだろ???

エジプト、リビアの時も、同じ方法で世界を騙したんだろが?


23. 2012年6月20日 21:43:53 : QmyrjoZuIs
これからの世界はプーチンのよって動かされる。
ここにコメントする方々はロシアがアメリカと海軍合同演習をやったのは知らないか。
プーチンは何を考えているか。
アメリカの金融は世界を破壊した。時刻もEUも。
アメリカはもう終わり、暴力しか残っていない。
次の台頭するのは中国だ。
これをこのまま勢いを附けては行けない。
これを牽制するのはロシアだ。
プーチンはその先ををんで居るだろう。
日本の外交はアメリカ次第。落第点。

24. 2012年6月21日 10:30:10 : nfpxTJVVQ6
アメリカの戦術展開
親米独裁チュニジアを「民主主義化」の名目で政権転覆、独裁者追放
これに続くアラブの政権転覆劇を「アラブの春」とごまかすための布石。

続いて、かねてよりの敵、リビアを抹殺
実態はなりふり構わぬ反米・反イスラエル政権打倒が目的。
現状、「新政権」は不安定だが、不安定なほうが米・イスラエルには好都合。
エネルギーが国内闘争に向かい、イスラエルは、安泰。

エジプトは親米だったが民衆の不満が「発酵」すると手の付けられない
反米、反イスラエルになるので、早めに「芽」を摘む事とした。
熱狂的民衆蜂起はアメリカが裏で画策し、金食い虫のムバラク追放に成功。
今は、アメリカの支援で政権を簒奪した軍事政権の援護に躍起。エジプト軍上層部は、アメリカの子飼い。

シリアは、イスラエルの目の上のたんこぶ。
あらゆる理由をつけて潰す。
 
これで、中東地域の親米、親イスラエル政権網確立。
しばし安泰。


25. 2012年6月21日 11:50:34 : dtC6MN3W2g
20
論理矛盾してるな。シリア王国だよね。王政それも古い形だよね。第一次世界大戦の世界、戦前の日本など考えてもらいたい。国土は国王の個人の持ち物だよ。その
土地に住んでる人々の人権は家畜同然。売買も可能。ヨーロッパでは絶対主義の時代からよく売買してた。この家畜が文句をいい暴動したとしたらどうする?屠殺処分かな。政府軍=王立国軍はその認識で動いてる。民主主義の概念はヨーロッパではフランス革命以降動きがあり第一次大戦後ようやくある程度完成した。シリアは現在でも旧体制で行こうとしてると見る。国民に向けて警察ではなく軍隊投入はシリア革命が起きてる。普通はこんなふうに概念的に捉えるがね。ついでに王政の進化版、サウジは国民1人あたり年2000万円の給付がある。税金公共料金なんかないよ。先進国で目指してる富の再分配が完璧に行われてるユートピアだね。ここではアラブの春は起こりえない。支配者は金より名誉と国民の幸せなんだろう。ついでに
>>23
近代史をソ連が動かしてたという話を知ってていってるのかどうか判らないが
@1930年?付近でモスクワで第一回世界コミンテル大会で党員の仮想敵国を日本とドイツと決める。スパイ活動が始まる。
A毛沢東が蒋介石を捕虜にするがスターリンの指示で密約を結び開放。
B日中戦争が始まる。
C突然ドイツがソ連侵攻、ドイツ共産党からナチスに入った人等自白剤などでソ連の陰謀が解ったのか?
D太平洋戦争が始まる。
これらすべてコミンテルンの影の力が働いた。
うまくまとめてる動画@
http://www.youtube.com/watch?v=lS0u6as6KAM
日本近代史の対外状況をざっくりとの説明A
http://www.youtube.com/watch?v=9254tkUe8Hw
日本で放送されたハルノートあたりを検索すると同じ内容が出てくる。
アメリカで放送されてたのはこれが1941年に放送されてたらルーズベルトが失脚し逮捕されて戦争が違った形になってたかもしれない。ただし天皇制は残っただろう。
参考
http://www.youtube.com/watch?v=HxoKYA3aeVs&feature=related
フライングタイガーは国際法も違反してるね。ルーズベルトは正義の観点、スパイの高官任命等評価は低いだろう。戦後レットパージで手を打ったがソ連(スターリン)に手玉に取られたアメリカと言うことだね。プーチンはスターリンの再来か?
いづれにせよ日本はアメリカによって形だけは民主化はできたがシリアは現在国民によって勝ち取ろうとしてる。世界は民衆を応援しているが仕方なく民主化した日本は王政に戻りたいレベルの低い国民か。依頼心、属国根性、の強い国民だww次の選挙は自民かww 人にとって一番大切なのは”自由”だよ。
          と教科書に載らない資料が溢れてるネット社会の一私見より

26. 2012年6月21日 21:11:45 : QBrYpzDGwo
戦争(一対一ではなく多数あ対多数の武器による争い)は、一度火が着いたら容易には消せないことの証左がシリアの現状だ。少しでも誤って非戦闘員である者、ましてや女子供を殺してしまったら、その家族による恨みや報復は避けられない。
 そこに現代のようなネットによる手段が加われば、取り返しのつかない事態になるのは火を見るより明らかだ。
 だから、武力、暴力による問題解決は絶対に選んではならない。一人ひとりが慎重に、話し合い解決の道を探ることが大切だ。それには偏向やステレオタイプの考えをするものがいたら諭さなければならない。少しでも火種が付きそうだと感じたら個々の力で諫め、軌道修正する努力が求められる。
 そうでないと、兵器や武器を生業としている者たちはただちに臭いを嗅ぎつけ、売り込みに来る。一度でも武器を手にしたら使いたくなるものだ。
 戦争が起こるのを虎視眈々と待つようなことになれば、シリアの現状は人ごとではなくなるだろう。シリアは恐らく行くところまで行くしかないと思うが、その犠牲は人、物、自然と、あらゆる生物に及ぶだろう。

27. ももん爺 2012年6月21日 22:48:28 : QnfuyB5RKZq9U : YFEqn9BeU7
>25. 2012年6月21日 11:50:34 : dtC6MN3W2g

>シリアは現在でも旧体制で行こうとしてると見る。国民に向けて警察ではなく軍隊投入はシリア革命が起きてる.
普通はこんなふうに概念的に捉えるがね。

若しかして、   シリアの現状をご存知ない?

宗派的にも敵対するバーレーンなどが派遣してる外国の軍隊がアサド政権へ戦争をしかけてるのですが。
それは、エジプトでも、リビアでも同じだったのですが。イスラム同胞団とは別の役割を担って、「国民を虐殺する怪しからん政府」 を政府側に演じさせたのですよ。


28. 2012年6月22日 07:57:11 : 8kzaubgKcA
これは、おもしろい、説得力のある分析だと思う。田中宇は、「多元主義」とかなんとか、妙な、陰謀論的分析を始めなければ、いいライターなんだけどな。アメリカ政治の分析に関しては、彼は袋小路に入っていると思う。

29. ももん爺 2012年6月22日 12:54:16 : QnfuyB5RKZq9U : YFEqn9BeU7
.>28さん。
>陰謀論的分析を始めなければ、いいライターなんだけどな。アメリカ政治の分析に関しては、彼は袋小路に入っていると思う。

それは単なる読者としてのあなたの受け取り方だと思いますよ。田中氏の論理は世界中の新聞などの公表資料の裏づけがあり、解釈の面では、人間が経験している対局する二つの両極の間で揺れ動いている現実の人間の姿を反映させたものであり、理解は難しいでしょうが、一方に偏らない視点を維持し続けていることは、政治の動きを観察しながら論評する姿勢として、勇気もあり、真剣さを感じています。

田中宇さんのメルマガは価値ある読み物だと思っています。


30. 2012年6月22日 13:39:49 : 8kzaubgKcA
いや、私も、彼は、英文メディアの記事をよく読みこんでいると思いますよ。ロシアの英字新聞なんか普通はフォローしないからね。関連記事の検索の手間が省けるという点でも、彼のメルマガは便利だし、無料(だった?)だからね。読む価値はあると思います。ただ、「ブッシュは隠れ多元主義者で、アメリカを弱体させるためにイラク戦争を仕掛けたのかもしれない」みたいなことを言われると、ちょっと待てよと言いたくなる。多分、この人は、人間は時には非合理的な行動をし、失敗することもあるという、基本的な事実が分かっていないんだと思うね。陰謀論者にありがちなタイプですが。

31. 2012年6月22日 21:45:57 : YFEqn9BeU7
>30さん。

ご意見、よく分かります。田中宇さんが考えているのは、軍産複合体の背景にいるユダヤ金融資本家の力の評価を高めに見積もると、アメリカ内部の政治への影響が大き過ぎるのを削ぐ手段を考える政治家がいてもよいかも知れないので、余りにも狂気染みたブッシュの行動を、ある程度に理解しようとする田中さんの試みだと解釈しています。

政治には思いがけない裏があるのは、相手の手の内を知った上で、その力を削ぐ手段として、小沢さんのように、相手である野田さんが待ちきれずに引き戻れないところまで待った上で、明確な反対意思を示すという時間的を見方にする余裕があればいいのでしょうが、それが無い場合、国際的には違法行為であっても戦争を仕掛けて、国内の敵を倒す、ということはあるのでしょうね。


32. 2012年6月22日 22:27:37 : C3ExWDHMP6
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%9F%8F%E5%B8%82%E6%88%B8%E7%B1%8D%E6%94%B9%E3%81%96%E3%82%93&search.x=1&fr=top_ga1&tid=top_ga1&ei=UTF-8
20歳の、僕は殺された・・・。

33. 2012年6月23日 01:06:53 : 8kzaubgKcA
>>31さん

わかっておられるでしょうが、田中氏を全否定しているわけではなくて、例えば、シリアの記事でも、常々疑問に思っていることに、ちゃんと切り込んでくれて、私は非常に府に落ちたわけです。RTというロシアの英字紙に着目して、欧米メディアの報道と対置させるなんてことは、主流メディアはやりませんよね。そういう点で、一読者として田中さんを評価しています。陰謀論云々と書いちゃったけど、このサイトで「UN93機を米政府によって撃墜されたことをチェイニーが認めた」などど、間違った認識に基づいて妄想を展開している類の人たちとは、全くレベルが違うと思ってますよ。ただ、オスプレイの記事でも、いろいろ面白い情報を提供して、それなりに説得力のある論旨を展開して、最期に、かなり唐突に「これはあるいは米側がわざと日本国民を怒らせて」云々みたいなことを書くでしょう。これは、読者を混乱させますね。無理やり、裏読みしているような印象を与えるわけです。そこまでやらなくても、彼の書いていることは十分面白いしゃないですか。それでは。


34. ももん爺 2012年6月23日 15:57:16 : QnfuyB5RKZq9U : YFEqn9BeU7
>33. 2012年6月23日 01:06:53 : 8kzaubgKcAさん。

了解。起こってることの真実をついきゅうされる貴君に賛辞を送ります。
確かに。誤解を覚悟の発言だと。読者へのサービスと受け取ってます。


35. 2012年6月23日 22:15:00 : fdVj8ajFVs
https://www.youtube.com/watch?v=PSfT6jSzWLA&feature=player_embedded

36. 2012年6月23日 23:44:14 : 4v4fEBot8g
田中宇氏の記事はNHKや主要マスコミ、西側マスコミよりも真実に近いです。

アメリカ他西側諸国は、イラク、アフガン、ユーゴスラビア、リビア等の各国についての捏造情報を流して介入/侵略を繰り返し、爆撃や劣化ウラン弾攻撃等で多数の死傷者、癌発生や奇形児を生み出し民族や宗派間の抗争を生み出し破綻国家にしてしまったのではないでしょうか。

それらの国でアメリカに感謝している国が一つでもあるでしょうか。

カナダの独立系情報サイトglobalresearchに西側マスコミ捏造報道に反対の数多くの現状分析レポート等が上げられていますので是非参照下さい。

http://globalresearch.ca/index.php
http://tv.globalresearch.ca/
http://globalresearch.ca/index.php?context=newsHighlights&newsId=55
SYRIA: NATO'S NEXT WAR?

これらの記事の内幾つかは次のサイトで日本語に訳されています。
http://doujibar.ganriki.net/00mokuji.html
http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/Today%27s_World_of_Fraud_&_Myth-initial.html

http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/The_Houla_Massacre_detailed_investigation.html
●《全訳》シリアを巡るマスコミ報道と事実の真逆(Global Research誌より)
ホウラで集団虐殺されたのは親政府派の住民だった!

http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/US-NATO_seek_to_trigger_instability_in_Syria.html
●トニー・カルタルッチ著(Global Research誌)
シリア軍事介入を熱望する者たちによる 最も残虐な大嘘


37. 2012年6月24日 17:18:42 : dtC6MN3W2g
中東の北朝鮮か。シリア勉強しちゃったよ。
イラン発ロシア経由情報か
http://www.asyura2.com/12/warb9/msg/439.html
又起きるのか、、

38. 2012年6月24日 17:21:51 : dtC6MN3W2g
37
ですが貼り付け間違いです。
http://japanese.ruvr.ru/2012_06_10/shiria-kagakuheiki/
4年前にも8万人やってんだね。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b9掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 戦争b9掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧