★阿修羅♪ > 番外地6 > 389.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シャーマンと右脳・左脳の働き
http://www.asyura2.com/13/ban6/msg/389.html
投稿者 中川隆 日時 2014 年 1 月 22 日 00:22:23: 3bF/xW6Ehzs4I
 

トランス状態では右脳・左脳 双方が活性化する〜
 

シャーマニズムにおける右脳・左脳の働きを分析した資料として、NHKサイエンススペシャルにおいて取り上げられた、沖縄のユタと東北恐山のイタコの脳派を分析したデータがある。

まずはこのデータを元に、シャーマンにおける右脳・左脳の働きについて考えてみる。

以下、NHKサイエンススペシャル「驚異の小宇宙・人体U 脳と心」より引用

>東京電気大学の町好雄教授は、かつて、東北地方のシャーマンであるイタコの脳波を測定したことがある。脳波といっても頭全体ではなく、前頭葉の脳波である。町教授は、ヘアバンド形式で脳波を測定する民生品に改良を加えて、左右二つずつの電極を埋め込み、右と左の前頭葉の活動を別々に記録できるようにした。

この脳波測定装置でイタコの女性の脳波を測定してみると、驚くべき事実が判明した。イタコが依頼者の話を聞いているときは、左側の前頭葉が活発に活動して、右半球の活動は目立たない。しかし、口寄せ(死者がのり移って語り出す)が始まると、右半球の前頭葉の活動のほうが優勢になるのだ。

私たちの脳は、ふつう左半球に言語野があり、左と右の間に機能的な違いがある。人類になって初めて複雑に発達した「言語」という新しい能力の活用に左半球が適応していったとすると、右半球はそれ以前の、古くからの能力を温存しているのではないだろうか。
イタコが死者の声に耳を傾け、それを告げているとき、右半球の前頭葉が活発に働いているという現象は非常に示唆的である。集合的無意識(引用者注:個人の体験を超えて、民族に共通した、あるいは全人類に共通した心の働きの原型を言う)が語り出すことと、右半球の前頭葉が活発に働くということとは、何か深いつながりがあるのだろうか。

>いよいよ宮古島の根間ツル子さん(引用者注:沖縄〜八重山諸島に存在する民間的シャーマン=ユタの方)の前頭葉の脳波を測定させていただくことにした。・・・(中略)・・・

まず歌が始まる前の脳波を記録する。(相談に来た)主婦の方の話を聞いている。続いて歌がはじまる・・・。

現場に持参したのが簡易装置なので、データを東京に持ち帰って分析してみないと詳しいことはわからないが、表示装置を見ていると、歌が始まると左の前頭葉の活動が低下するように思われた。主婦の方の感情の高まりに呼応するかのように、根間さんの歌の調子も次第に高まってゆき、目から涙が流れ落ちた。

この日、主婦の方のほか、夫婦で神事の相談に来た二人、横浜から全国を渡り歩いて宮古島に辿り着いた青年、他の離島からわざわざやってきた二人のおばあさんのために「拝み」をしたときの、前頭葉の脳波を併せて測定した。そのデータを東京に持ち帰り、町教授に詳しく分析してもらったのである。その結果、歌を唄う前はふつうの脳波だが、歌が始まるとやはり、左半球の前頭葉の活動が抑えられる傾向がはっきり確認された。

イタコの場合ほど急激な変化ではないが、歌が始まって30秒の間に左半球前頭葉の活動がかなり抑えられ、右半球の前頭葉では大脳皮質の活動を示すベータ波の活動が目立ってきた。歌の調子が上がるとともに、その活動は高まっていった。そして、ベータ波の領域に強いピークが現れたのだ。

とにかく、根間さんが歌を唄って神さまと話しているとき、右半球の前頭葉がはっきり優位であることが確認された。音楽で右半球が優位になるのは当然(引用者注:一般的に音楽に対する反応を行うのは右半球であると言われている)だ、と言う考え方もあるが、驚いたことに、根間さんの歌が終わったとき、右半球の活動がさらに劇的に高まったのだ。神の言葉を告げる何分かの間、右半球の高まりは続いた。この結果だけで、大脳皮質全体の活動がわかるわけではないが、精神活動に特に関わりの深いと言われる前頭葉で右半球が優位であるということは非常に大きな意味を持つ。根間さんが神さまや先祖の霊の言葉として集合的無意識からのメッセージを語り出しているのだとすると、やはり集合的無意識の浮上と右半球の活性化が深く関係していることは確かなようだ。

以上のように、シャーマンが神の言葉を語る時(=トランス状態に入る時)には右脳が活性化することが解っている。

この右脳の活性化が、引用文で言うところの「集合的無意識=人類共有意識(?)」を引き出すと言うことについては、次回以降に分析を行う予定である。今回投稿では、このシャーマンにおける右脳の活性化と左右脳の連携に注目して分析する。

上記引用文では、「右脳(前頭葉)が活性化した」と書かれているが、この分析が行われた基になっている脳波分布のデータを見てみると、実態はやや異なっている。

正確には以下のような分析になると思われる。


@相手の話を聞いている時は、通常の脳波状態にあり、左脳前頭葉が活性状態にある。右脳前頭葉の活動は低い。

A歌を唄い始めると、左脳前頭葉の活動が低下し、右脳前頭葉の活動が活発になり始める。

B歌の調子が上がると、右脳前頭葉の活動が更に高まるが、実はこの時、左脳前頭葉の活動も上がり始めている。

C唄い終わり、神の言葉を告げるときは、右脳の活動は最も活発になる。この際、右脳に比較すると若干弱い活動状況ではあるが、左脳の活動状況も通常時(@時)の活動状況より活発化している。


以上から解るのは、「トランス状態の入り始めは、左脳が活動低下し右脳が活性化する」→「トランス状態が進むにつれ、(右脳の方が優位ではあるが)右脳も左脳も活性化する」と言うことである。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=286447  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 番外地6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧