★阿修羅♪ > カルト11 > 214.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島の子どもの内部被曝ほとんど無し「大報道」 早野・坪倉・宮崎先生ありがとう!(福島 信夫山ネコの憂うつ)
http://www.asyura2.com/13/cult11/msg/214.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 5 月 09 日 06:07:19: 8rnauVNerwl2s
 

「「反原発」による「福島壊滅、逃げてください!」デマを除染するにゃ」

福島 信夫山ネコの憂うつから
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-136.html


福島の子どもの内部被曝ほとんど無し「大報道」 早野・坪倉・宮崎先生ありがとう!

4月は「先生ありがとう」シリーズとでも言うか、4/11今度は大きな朗報の登場で「大報道」だったにゃ。新聞・TVニュースでも散々出たからもう有名だよね〜。早野龍五先生のツイートだよ。

福島県の食品由来の内部被ばくが,チェルノブイリ事故で知られている土壌汚染と内部被ばくの相関から予想されるよりも大幅に低いことを示す論文を坪倉先生,宮崎先生とともに書きました.本日日本学士院の英文査読付き論文として公開されました
hayano2013-04-11 05:15:50.
....
↓ 福島県の食品由来の内部被ばくが低いことを30000人規模のホールボディーカウンター検査結果から明確に示した早野坪倉宮崎論文です http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳をこちらにて公開 → http://t.co/7OCOXt1rOj.
hayano2013-04-11 05:18:28.
....
早野坪倉宮崎論文,本日公開(英文) http://t.co/qCmBoNod10 日本語抄訳もどうぞ http://t.co/7OCOXt1rOj @nhk_news: 福島の内部被ばく 食品からはほぼなし http://t.co/YRn2wnXGdN #nhk_news.
hayano2013-04-11 05:22:54

上記日本語抄訳は
https://docs.google.com/file/d/0Byf-QYeE0N7pTWFyRnVhMnhZNmM/edit?usp=sharing&pli=1

そして報道。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130411/t10013833051000.html
福島の内部被ばく 食品からはほぼなし NHKニュース4月11日 0時22分

福島県三春町の小学生と中学生の内部被ばくについて調べたところ、去年秋の時点では、児童・生徒全員が検出限界を下回り、東京大学などのグループは、食品から体内への放射性物質の取り込みはほぼ防ぐことができている、としています。

東京大学などのグループは、福島第一原発の周辺市町村の住民などを対象に、体内に取り込んだ放射性セシウムを測定する内部被ばくの調査を行っています。
このうち、福島第一原発からおよそ50キロにある三春町の小学生と中学生で、おととし11月から去年2月にかけて行った測定では、54人から最大で1300ベクレルのセシウム137を検出しました。
しかし、去年9月から11月にかけて行った測定では、およそ1400人の児童・生徒全員が、検出限界の300ベクレルを下回りました。
これまで発表されている住民の内部被ばくの調査は、主に測定を希望した人を対象にしているため、データに偏りがあるのではないかという指摘がありましたが、今回の調査は、児童・生徒全員を対象にしたのが特徴です。
調査をまとめたグループでは、食品の検査の適切な実施で、体内への放射性物質の取り込みはほぼ防ぐことができていると考えられる、としています。
東京大学の早野龍五教授は、「こうしたデータを積み上げ、福島で安心して暮らしてもらうことにつなげたい」と話しています
「福島で安心して暮らしてもらう」って言葉に、もう涙目だよ〜。先生本当にありがとう。

週刊ダイヤモンドは詳しくていいね〜。
http://diamond.jp/articles/-/34646
福島県内の子どもの内部被ばく検出人数はゼロ  国内から初、食事による内部被ばく影響論文

 福島県内在住者の内部被ばくが、チェルノブイリなどの世界的な事例と比べても遙かに低いことを裏付ける論文が発表された。東京大学大学院理学系研究科の早野龍五教授が県内で住民の内部被ばく検査の支援をしている医師らとまとめ、日本学士院の英文論文誌、Proceedings of Japan Academy Series B89でオンライン発表した。福島第一原発事故後に、福島県内で生活している住民が、毎日の食事からどの程度内部被ばくしているかの実情をまとめた英文査読論文としては、世界でも初めてのものとなる。

 明らかになったのは、「福島県内の土壌の汚染から危惧されていた内部被ばくのレベルよりも、住民の実際の内部被ばくの水準はかけ離れて低く、健康に影響がでる値では到底ない」(早野教授)ということだ。

 福島県外ではあまり知られていないが、原発事故後に福島県内ではありとあらゆる団体により放射線影響による県民の健康影響に対して様々な検査が行われてきた。最大のものは福島県が2011年6月から行っているホールボディ・カウンター(WBC:人体の内部被ばく状況を検査する装置)による測定だ。これまでに延べ11万8904人の検査が行われてきたが、受診者の99.9%が国が定めた内部被ばくの抑制基準である1ミリシーベルトを下回るという結果がでている。だが、この検査結果数値では、測定された住人が1日どの程度の放射性セシウムを摂取しているかなどの詳細はわからなかった。

 論文では、希望者に対してWBC検査を提供している福島県平田村のひらた中央病院で2011年10月17日から12年11月30日の間に、福島県全域および茨城県の住民3万2811人を計った結果が示された。うち1万人以上が、土壌1平方メートルに放射性セシウム137が10万ベクレル以上ある地域に居住している。実際の計測でWBCの検出限界値300ベクレル(全身当たり)を超え、セシウム137が検出されたのは全部で4.7%のみ。さらに、その数値もほとんどがキログラム当たり50ベクレル以下に収まっている。12年3月以降の検査ではこれが1%に下がり、特に12年5月以降に計測した子どもで検出限界値を超えてセシウムが検出された例はゼロだった。

 論文では「自主的に検診に来る住民が、特別に内部被ばくについての意識が高い集団であるために値が低いのではないか」という指摘に応えるため、原発から約50キロに位置する三春町の小中学生ほぼ全員を対象にした検査結果も示された。11年冬の検査では、検出限界値を超えたのは1494人中54人だったが、12年秋の検査では検出限界値超えはやはりゼロだった。三春町は住民の2割が農家で、作った野菜を自家消費する家庭も多い地域であるにもかかわらずである。

 これらの結果から何がわかるのか。放射性物質に汚染されている食品を定常的に摂取し続けていないと内部被ばくの数値が上がることはない。原発事故後、土壌の放射性物質汚染の高い地域で流通している食物は、ほとんど汚染が無かったということが、改めて実証されたということだ。さらに「ごくわずかに出た例外的に内部被ばくの値が高い人でも、その後の問診や実際に食べたものの測定などの相談を行うことで、何が原因で高くなったかの特定と改善ができている」(早野教授)。事故後数年経っても住民の内部被ばくの数値が上がり続けたチェルノブイリ事故と異なり、福島では食品の検査や出荷制限などの措置が実際に県内に居住している住民の内部被ばくを食い止めることに効果があったということだ。

 この結果は、国際的にも大きなインパクトを持つ。というのも、チェルノブイリ事故後、放射性物質による土壌汚染と、その地域に居住する住民の内部被ばくには相関関係があると考えられてきたからだ。チェルノブイリ事故後のデータをそのまま福島に当てはめて、土壌汚染の濃度から住民の年間の内部被ばく量を推定すると、郡山市居住者でセシウム134、137計で5ミリシーベルトに達することも事前には予測されていた。だが、実際の測定値はこの仮定値をはるかに下回った。

 実は、原発事故後2年が経過したにもかかわらず、事故の放射性物質拡散の影響が住民の被ばくにどの程度影響を与えているかについて国際的に認められる研究論文は日本からほとんど出ていない。WHO(世界保健機構)がこれまで2回同様の論文を発表しているものの、実測のデータに基づいたものではなく、被害を過剰に仮定した前提のものでしかなかった。この論文はこの夏に取りまとめられるUNSCEAR(原子放射線の影響に関する国連科学委員会)のレポートで参照されることが決まっており、福島の実態に基づいた新たな常識として国際的に認知されることが期待される。

 牛肉の全頭検査、コメの全袋検査など、福島県内で震災後これまでに検査された食品の検査件数は国の管轄で行われ厚生労働省に報告されているもののみでも40万件以上に上るが、そのうちそもそも装置の検出限界値を超えて放射性物質が検出されるものはおよそ10%。さらに出荷制限のキログラム当たり100ベクレルにひっかかるものは2%しかない。さらに、県やJA、漁協などで自主的に行われている検査を加えると、膨大な数の検査がなされ、そのほとんどが検出限界値以下という結果が出ている。だが、福島県内や関東での内部被ばくについての不安はいまだに根強く残るのが現状である。

今回の論文で示された実際の内部被ばくの状況が非常に低いという事実が国際的に認知されることになれば、福島県産食品に対する風評や福島県内に居住することについての住民の不安をいくばくかでも払拭することにつながるのではないか。
(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木洋子)

というわけで本当に「朗報」だった。他にも全国規模で読売、毎日、日経新聞、日テレ、TBS,テレ朝等TVニュースにも大々的に出たので、記録しておくにゃ。

http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130411ddm012040052000c.html
東日本大震災:福島第1原発事故 福島の小中生1383人、セシウム検出されず−−内部被ばく調査
毎日新聞 2013年04月11日 東京朝刊

 福島第1原発から西約50キロの福島県三春町の小中学生1383人を対象にしたホールボディーカウンター(WBC)による内部被ばく調査で、放射性セシウムが検出されなかったと、早野龍五・東京大教授(物理学)らの研究チームが10日発表した。調査対象は、この地域の全小中学生の95%にあたる。

 WBCによる任意の調査は、被ばくに関心が高く、食事にも気をつけている人らに対象者が偏る可能性が指摘されている。今回は12年9〜11月に登校した子ども全員を対象にしており、被験者の食生活や行動パターンに偏りがない状態で内部被ばくが低いことを示した初の結果という。

 また、チームは4〜93歳の福島県民など約3万人についても、WBCで内部被ばくを測定。12年3〜11月の調査で体内からセシウム137が検出されたのは1%にとどまった。

 国連原子放射線影響科学委員会の88年の報告では、チェルノブイリ原発事故後、土壌汚染の程度に比例して内部被ばくも高まるとされていたが、今回は、その関連性が確認されなかった。

 早野教授は「市場流通している食品は検査を受けており汚染度が低く、内部被ばくのリスクはかなり低い。研究者が積極的に海外へ発信することで、誤解や偏見をなくし、国内の不安解消にもつなげたい」と話した。【斎藤有香】

「誤解や偏見をなくし」にまた涙だにゃ〜。

読売
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130410-OYT1T01645.htm
NTV
http://www.news24.jp/articles/2013/04/11/07226520.html
テレ朝
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000003475.html

プレス・リリースはこちら。
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=334940&lindID=5

こちらはパセリさんの「まとめ」
論文抄訳の要約(早野坪倉宮崎論文)
http://togetter.com/li/486718

「内部被曝」の実測値がかなり低いことは、去年7月の「GCM」なんかで、早野先生たちからは断片的には伝わってきていたが、遂に完成品がドカンと世界に向けて出て、大きな「朗報」になった。

TV各社が全国ニュースで取り上げたのは大きい。こんなの初めてだ。儲かれば何でもいい「マスゴミ」が、「こっち側」につき始めたの?原発廃止のために福島潰しにかかった「反原発正義軍」は、ますます後退だにゃ。ようやくこっちに「モメンタム」がついてきたかな。


とりあえず「反原発最後の砦」である「内部被曝攻撃」をおさらいしておくと、

空気中にはまだ放射性物質が沢山あって、呼吸から内部被曝する。(バカ言え。http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/6000/5619/24/115_0412.pdf 見ろよ)
地面の上の土ぼこりが舞い上がって、同じく呼吸から内部被曝する。(今やセシウムは粘土質に付着しているから、舞い上がっても粒子が大きくなっているので、体内からは「異物」として排出)
食品、水等は基準値以下でも危ない。食べて飲んで内部被曝する。(バナナも食わないでくれ)
体内に入ったセシウムは心臓だの筋肉だの何だのに溜まるから、ひどく内部被曝する。(たった一人解剖してこれを確認したと称するバンダジェフスキーは、怪しさいっぱい。学会では認められてない。 
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/139.html
http://d.hatena.ne.jp/buvery/20110701
http://togetter.com/li/250310

他にも何かあったかにゃ〜、もうどうでもいいにゃ。とにかく上記記事にあるように、「被験者の食生活や行動パターンに偏りがない状態で内部被ばくが低いことを示した初の結果」が出たのだ、これが現実だ。ざまみ〜。

残る心配事は事故後8日間で半減期を迎えたヨウ素131による事故直後の「初期被曝」だが、これは最大推定値でも甲状腺等価線量42mSVだし、この値に近い人数は少ないとわかっている。
GCMふくしまリンク集&我々はいくら「内部被曝」したのか?(続編 50mSVで甲状腺ガンが増える?チェルノブイリ内部被曝研究のまとめ)
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-99.html

事故後強制避難地域に留まって、地場産品を食べ続けたという仮定をしたWHOの推定でも発ガン率上昇は見えず、現実にはそんな人間はいないから、限りなくゼロに近い。
WHO報告書「観察可能なガン率の増加は予想されない」 しかしアサヒ新聞は「甲状腺がんリスク増加」と捏造
http://shinobuyamaneko.blog81.fc2.com/blog-entry-130.html

「外部被曝」実測値も、空間線量そのものよりかなり低いことがわかってきた。ほとんどが年間推計で2mSVに到達しない。
バッジ式個人線量計測定結果 「健康に影響ない」 郡山市発表
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2013/02/post_6785.html

福島は生き延びたのだ。


例によって「反原発」はケチつけて煽っているんだろな〜と思ったが、あまり見当たらないね〜。

せっかくの論文が記者に曲解される経緯 早野龍五氏の論文
http://togetter.com/li/486899
洋白猫のコレは報じた記者が偏向と言いたいらしいが、メチャ歯切れ悪くて、何が言いたいのかワカラン。「反原発」こそ、いつも「偏向記者」が活動家、プロ市民、過激派等のことを「市民」だの「主婦」だのと書いているではないか。

早野龍五「内部被曝はなかった」大報道について
http://ni0615.iza.ne.jp/blog/entry/3047455/
コチラは自ら「◎twitterでは以下のような皮肉も飛び交いましたが、残念ながら少数派のようです。」と書いている程。タイトルでまで「大報道」という書き方に、連中のショックの深さが表れている。

アサヒはどうした?
http://apital.asahi.com/article/story/2013041100002.html
セシウム内部被曝99%出ず 福島・茨城県民を調査 東大チーム 朝日新聞 (本紙記事より)
【編集委員・浅井文和】 東京電力福島第一原発事故後、福島県内の病院で福島、茨城両県民ら約3万人の内部被曝(ひばく)を調べた結果を東京大の早野龍五教授らのチームがまとめた。昨年3月以降、99%の受診者の体内から放射性セシウムが検出されなくなっていたことがわかった。
 11日付の日本学士院の英文誌(電子版)掲載の論文によると、チームは2011年10月〜12年11月、平田村の病院に設置されたホールボディーカウンターと呼ばれる装置で検査した。
 衣服に付いた土による誤検出を防ぐため全員着替えをしてもらった12年3月以降の約2万人のうち、セシウム137が検出されたのは1%、15歳以下の子どもに限ると0・09%だった。12年5月以降は子どもからの検出はなくなった。食品による内部被曝が大きいとすると、体内に放射性セシウムが蓄積し、成人では事故後1年ほどで検査値は上昇するが、その兆候はなかった。

ま、遂にアサヒもウソはつけなかったってわけだ。しかし頭狂じゃなかった東京新聞の体たらくもおもしろい。

ryugo hayano‏@hayano4月10日
あれ?東京新聞は科学部の方が記者会見に来ておられたのに,記事は共同のを使っているんですね. @hideoharada: 東京新聞web4/11:子どもの内部被ばく「ゼロ」 研究チーム、住民ら3万人調査→http://bit.ly/Z9ACIo

クズ新聞はショックの余り自分で書けなくなったらしい。このまま潰れていいよ。

さあ、「反原発」もマスゴミもその他も、「内部被曝」で福島を脅し、煽った連中を忘れないようにして、反撃の時に備えよう。

ところでこの「朗報」、4/8に東大、4/9に福島県庁で、早野先生から発表(記者会見)があったようです。論文の公開は4/10、報道「解禁日」は4/11かな。異例の記者会見2回と、この種のネタでは珍しい「解禁日」。この裏にやぁどさんの活躍があったことは記録しておかなくてはならない。

大森真‏@yard_19574月10日
@kikumaco @hayano 実をいうと私がお願いしたのです>解禁日設定.東大会見の翌朝刊に載ってしまうと、2日後の福島会見に参加しない社が出てしまうことを危惧したので.福島の記者にも直接聞いてもらいたかったのです。。。
開く

斗ヶ沢秀俊‏@hidetoga4月10日
大森さん、正しい作戦だと思います。おつかれさま。RT @yard_1957 実をいうと私がお願いしたのです>解禁日設定.東大会見の翌朝刊に載ってしまうと、2日後の福島会見に参加しない社が出てしまうことを危惧したので.福島の記者にも直接聞いてもらいたかった

やぁどさんは、福島のメディアが自らこの朗報を伝えるべき、と思ったのだにゃ〜。福島メディアは福島を守る、という姿勢で頼みますよ、全国メディアのいじめっ子とは一線を画してにゃ。

そして三春町がほぼ全員を測定したという、データ揃えの上での行政のリーダーシップにも目を「ミハル」ものがあった。

ryugo hayano‏@hayano4月12日
(承前:三春町)三春町だけにこのデータが存在するのはなぜか?それは町長さん,教育長さんを始めとするトップの方のリーダーシップがあったからです.(三春町のWBCについて,以上)

ryugo hayano‏@hayano4月12日
(承前:三春町)「1年近い時間を空けて、ほぼすべて同一の児童生徒が2回のWBC検査を受けた、という状況は、この震災後における取り組みとしては非常にまれで重要なことです。」

ryugo hayano‏@hayano4月12日
(承前:三春町)早野坪倉宮崎論文が三春町「だけ」を対象にしたと誤解された方もあったようですが,受診者約30,000人は福島県及び周辺県の多くの地域の方々です.郡山,福島市,伊達,いわき,川内村,… 三春… 浜通りの方も含まれる.あと,茨城,栃木…

ryugo hayano‏@hayano4月12日
(承前:三春町)しかし,早野坪倉宮崎論文で特に「三春町」に一章を割いた理由は,1.事実上全員を測定して「サンプリングバイアス」が無い.2.二度測定し,体内セシウムが増えていない(=食べていない)ことが分かるから.こういうデータは他には存在しない.貴重なデータです.

この論文、英語でオープンのPubmedにも出たから世界中から見ることができる。そのインパクトは計り知れない。次回WHO報告書や国連なんかにも影響するだろう。デマリンやら何とかあやだの、フェルネックスだの、みんなのカルテだの、コリンだの、何だか忘れたがとにかく英語だのフランス語だので福島についてデタラメを発信しまくった連中に、強烈な一撃となる。そう言えばドイツでデタラメを日本語でしゃべりまくった、上杉もいたな。信夫山ネコは良き学問の力を信じるよ、根拠なし感情と思想の「文系」じゃなくね。

(それから国連人権委員会のインド人はどうした?この低被曝の現状で、まだ「避難させない事は世界最大の人権問題」とか言うのか?)

早野先生たちはこの研究を、みなさんからの寄付金でやったのだにゃ。そしてご自分の専門分野でもないのに、ボランティアでやってくださった。本当にありがとうございます。

この春、信夫山はちょっと寒いけど、綺麗な花がたくさん咲いているよ。
・・・

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年5月09日 07:50:21 : 7LCkwarFzg
今時、売国嘘吐き御用学者官僚養成所の
ペーパーテスト100点のバカアホ東大の
インチキ発表など信じるのはデマゴミと
似非右翼と創価統一降服の蚊学経団連
官僚電通、選管ムサシ自公民みんな
維新連合朝鮮総連民団凶惨社民・・くらいでしょ。

02. 2013年5月09日 10:53:28 : iuumgQAB6c
低被曝・・・
うそばっかし
このごにおよんであきれるばかりなりけり

03. 2013年5月09日 11:02:22 : gDASU66yoo
あの世に行ってから初めてほんとの事が解るかな?
おっと その前に脳みそやられて何もわからなくなる。
なにも知らないほど幸せなことはない。
ただ、人数は少なくなるかもね!

04. 2013年5月09日 12:57:15 : RhObaNecBo
 低いからってないわけじゃない。そういう低い値だけを取り出すのにまたコストが使われているわけで、結局、米国が原爆を作ったことに起因し、米国という悪魔が、原爆を投下したことが大きな問題!
 原爆投下の補償もなしに、原発推進するから、放射線障害の後遺症に対して、日本の住民は、神経を尖らせるんだよ。福島の原子炉だって米国製なんだから、米国に損害賠償を請求すべき!

05. 2013年5月09日 16:31:23 : n3Q0YEEKdg
ついでにプルトニウムも測ってやれよ。

福島はもう大丈夫で〜すと詐偽ってトルコに原発売る奴の神経がワカラン。


06. 2013年5月09日 19:32:17 : GJRMDhjdZc
ホールボディカウンタ、ヒューマンカウンタ、全身カウンタとも呼ばれる。全身測定器。

検出、測定の対象とされる放射性核種は、マンガン54、コバルト60、セシウム137などのガンマ線放出核種である。体内の放射性核種から放出される透過力の強いガンマ線の多くは吸収されず漏出するが、ホールボディカウンターは身体から漏出するガンマ線全てを計測する。体内に存在する微量の放射能の定量分析あるいは人体内の放射能分布の測定に利用されている。[1][2][3]

以上 ウィキペディアより。

とゆーことで、ガンマ線しか測定していないではないか!

α線とβ線は無視か!

 t


07. 2013年5月09日 19:37:10 : GJRMDhjdZc
失礼、α、β、もそこそこ拾うらしい。

でも、ホールボディカウンターが正しいわけではない。


08. 2013年5月10日 00:11:18 : AJAfaDPAvc
 良い記事です。
 それだからこそ、認知的不協和の放射脳が、必至に反論しているが、科学的資料は何ももちあわせていない。

 ただただ、記事の資料が捏造だ、デマだと、脳内妄想の悪口を書くだけ。

 これじゃ、「お前の母ちゃんデベソ」と悪態をつくクソ餓鬼と何ら分かりはない。「認知的不協和」の典型である。わかりやすく表現すると、「負け惜しみ」である。

 で、投稿者のIDを、クリックしみると、全て動的アドレスであり(笑)、たった一人の放射脳カルトによる、姑息で卑怯で、カルトな成りすまし多数派工作なのである(笑)
(コンピュータを複数所持しており、PCを再起動するだけで、IPアドレスが変わるそうです。便利ですね。
 https://www.evernote.com/shard/s105/sh/8f19d823-c35a-4e69-8bcb-1bf862b73e21/2e55abb63513e37bdc5f7960b96f4cb9 )

>>01 2013年5月09日 07:50:21 : 7LCkwarFzg のべ40回程度=動的アドレス
>>02 2013年5月09日 10:53:28 : iuumgQAB6c のべ3回(笑)=動的アドレス
>>03 2013年5月09日 11:02:22 : gDASU66yoo のべ30回弱=動的アドレス
>>04 2013年5月09日 12:57:15 : RhObaNecBo のべ50回程度=動的アドレス
>>05 2013年5月09日 16:31:23 : n3Q0YEEKdg のべ2回(笑)=動的アドレス 
>>06 >>07 06. 2013年5月09日 19:32:17 : GJRMDhjdZc のべ4回(笑)=動的アドレス


Q どうしてお前は、そんなにカルトなの?
  次のア〜エから、正しい答えを選べ。

ア ニートでひまだから  イ キチガイだから  ウ 粘着だから
エ 茶魔だから  オ 自民党サポーターズクラブの反小沢一郎担当だから

 
正解=全て


09. 2013年5月10日 01:24:58 : DGKxTggSHc
 放射性セシウムが出てれば必ず殆ど原子数だけストロンチウムが出ている。
ストロンチウム90は肺、胃に入ると30分も経つと血液に取りこまれる。
やがて骨に沈着する。そしてα線をだす。

10. 2013年5月10日 15:19:17 : vgQVMWdybs
>福島の子どもの内部被曝ほとんど無し「大報道」

「大本営発表」だよ!
第二次大戦中、西太平洋の米軍との戦いで、勝ってもいないのに「勝った、勝った」と報道して、国民を騙していたのと同じ。我慢せずに、正直に逃げなさい。


11. 2013年5月10日 23:43:06 : AJAfaDPAvc
 アホ過ぎ。

 これも動的アドレスの、たった一人のカルト放射脳の悪あがきである(笑)

 これが、阿修羅原子スレの実態。

09. 2013年5月10日 01:24:58 : DGKxTggSHc


 一方、こちらは、固定アドレスのようだ

10. 2013年5月10日 15:19:17 : vgQVMWdybs

 別人なのかな?同一人物なのかな?

 まあ、どちらも馬鹿であることにはかわりはない。


 ストロンチウムのwikiより

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A6%E3%83%A0

>このため大変危険であるが、揮発性化合物を作りにくく[3]原発事故で放出される量はセシウム137と比較すると少ない。

 とあるように、少ないのである。何がセシウムと同じ数だ????
 私はばっかで〜す、と自慢したいのか?

【チェルノブイリ原発事故と福島原発事故との放射性物質の放出量比較】 http://t.co/ylI3lJf5i7 より。日本の土壌調査では、セシウムとストロンチウムとの比率は1/1000以下、プルトニウムは1/1000000以下。 http://t.co/FaPkVzaN8M

 ストロンチウムの放出量もちゃんとわかっている。
 あまりに微量なので、どうでもいい話だ。

 半減期が28.90年と比較的長めだが、それだけ放射線を発射する頻度は少ないということである。

 半減期の意味を、放射脳はわかってないだろ?半減期の長い核種ほど安全なのだよ。

 http://www.slideshare.net/jyunichi0934/1-10907972

 のP6、7 参照。

 F1事故で放出されたストロンチウムは、おそらく大気圏核実験の頃と大差はないし、その頃生きていた人間の骨には、カルシウムの替わりにストロンチウムが吸収されている。が、いたってみんな元気である。

 ストロンチウムも、量の問題に過ぎないのである。

  何度も放射線防護学研究者談氏が解説する投稿をしてきたのに、何も吸収しないのだな?馬鹿過ぎである。


<プルトニウムもストロンチウムも、騒ぐ必要などないという専門家のブログ記事>

2011-11-06 私が、『福島のプルトニウムは無視して良い』と考えるわけ
 http://p.tl/fe2j

一部ジャーナリストを自称する人たちが、『福島でプルトニウムが飛散している』と喧伝していますが、それは『プルトニウム』という単語を聞くと興奮する人が意味なくこだわっているだけです。なぜそう私が考えるのか理由を説明します。
 http://p.tl/xYsr


長期的に問題になる核種は、セシウム137、ストロンチウム90、プルトニウム239、240です。私には、チェルノブイリの例から、飛散の規模は、セシウム>ストロンチウム>>プルトニウムであることは分かっていました(後述)。事故直後に福島第一原発敷地内で測定されたプルトニウムが数Bq程度であったことを考え合わせると、今回の事故で飛散したプルトニウムは無視できるだろうという予測はたっていました。もう、すでにプルトニウム、ストロンチウムの土壌での実測がされていますから、それをチェルノブイリと比較します。
 http://p.tl/CgTb

今回の事故での飛散の量は少ない。
 http://p.tl/hWeL

3番目の点、ストロンチウムとセシウムとの比較をします。
 http://p.tl/UFO7


12. 2013年5月11日 14:32:54 : FZyhjqUqQk
>11.
相変わらず馬鹿だ、オマエは。砂に首を突っ込むだけのダチョウ!

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧