★阿修羅♪ > カルト11 > 448.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シオン議定書(6)
http://www.asyura2.com/13/cult11/msg/448.html
投稿者 仙芳丸 日時 2013 年 6 月 27 日 10:39:10: tfZsKI4/C.rBA
 

偽ユダヤ思想を持つバビロン一味の考え方を理解するための基礎資料として投稿します
http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/shion/shion06.htm
から転載
全部で24まであります。


シオン議定書(6)
 我々(ユダヤ人たち)は、近く巨大な独占を確立し始めるであろう。それは、畜生(非ユダヤ人)共の巨万の富がすっぽり入るような、並外れた富の貯水池なのである。政治的破滅に続く時期には、政府の債権ともども畜生(非ユダヤ人)共の財産も枯渇するであろう。

 御列席の経済人諸君は、この連携作用の趣旨を評価されるのにやぶさかではなかろう。

 あらゆる手だてをつくして、我々(ユダヤ人たち)に進んで従う者すべての保護者、恩人を代表するものとして、我々(ユダヤ人たち)が超政府の重要性を強調せねばならない。

 畜生(非ユダヤ人)共の貴族は、政治的勢力としては死んだ・・我々(ユダヤ人たち)は、やつら(非ユダヤ人=畜生たち)に考慮を払う必要はないのである。であるが、土地の所有者としては、やつら(非ユダヤ人=畜生たち)が生活しておる土地の資源を使って自給自足しておるという事実をもってする限り、無害な存在ではあるであろう。従って、本質的な問題は、原価がいくらかかろうとも、やつら(非ユダヤ人たち=畜生たち)から土地を奪うということに有るのである。この目的達成の最も良い方法は、土地を所有しておることが、だんだん重荷になるようにすること・・負債で土地を圧迫することなのである。この為には、土地所有の状態を監視し、高慢にさせずに無条件に服従させ続けるであろう。

 畜生(非ユダヤ人)共の貴族は、生れつき足りることを知らぬので、急速に燃えつきたり、初めは、うまく行っても失敗に帰するであろう。

 そうなったらすかさず、我々は、無条件に商業と工業の保護者にならねばならぬが、真先になさねばならぬのは、投機なのである。それは、産業に平衡力をつける役割が有るのである。投機産業が無いと個人の手中にある資本がふくれて、土地銀行からの負債をなくさせ農業の復活を助けることになるであろう。我々が欲するのは、産業に土地から労働と資本を吐き出させることであり、投機という手段で世界の金すべてを我々(ユダヤ人たち)の手に移すことなのである。そうしてこそ、畜生(非ユダヤ人)共は、ほかに生きる理由がなくて生存する権利を得ようというなら、我々(ユダヤ人たち)の前にひざまづくほかはなくなるであろう。

 畜生(非ユダヤ人)共の産業を完全に滅亡させるには、投機の助けを借りて、我々(ユダヤ人たち)が畜生(非ユダヤ人)共の間で盛んにしてきた奢侈、何もかもを呑み込んでしまう奢侈に対するあくなき欲望をつのらせるであろう。しかしながら、我々(ユダヤ人たち)は、労働者には好都合にならぬ程度に賃金の上昇をはかるであろう。同時に、農業や家畜飼育が駄目になったから上がるのだという理由を付けて、生活必需品の価格をあげるであろう。我々(ユダヤ人たち)は、さらに進んで、労働者を混乱に浸し、酒漬けにし、それに加えるに、畜生(非ユダヤ人)共の頭の良い者たちを、すべてこの世から根絶すべくあらゆる処置を講じ、生産の根源力を巧みに深く蝕むであるろう。

 時期尚早のうちに畜生(非ユダヤ人)共に真相をさとられぬようにする為に、我々(ユダヤ人たち)は、仮面をつけて、我々(ユダヤ人たち)の経済学説が精力的に宣伝する偉大な政治経済原理のもと、いかにも労働者階級に役立つかのように情熱を傾けて説き伏せるであろう。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月27日 12:03:22 : YPKV7IRpQA
ユダヤ人⇒偽

02. 仙芳丸 2013年6月27日 12:21:38 : tfZsKI4/C.rBA : bQNPdDA01w
そうですね。
そう読み替えてください。
引用元のものをそのまま転載しています。

03. 2013年6月27日 16:33:03 : 0UXNPR6wyo
これを元にナチスのユダヤ駆逐が始まったとする見方もあるが
さらにナチスを利用して現バビが成立し 現在猛威をふるっている
投稿者はどのようにこの議定書を位置付けていますか?

04. 仙芳丸 2013年6月27日 16:44:53 : tfZsKI4/C.rBA : bQNPdDA01w
ナチスについては、輿水氏の言うように、
ヒトラー自体がナリスマシだと思っています。
うそ・おおげさ・紛らわしい、のオンパレードで、
議定書の第一で、「我々の合い言葉は、力と偽善なのである。」
と謳っているように、力と偽善に寄って、支配する方式を徹底して、本来のドイツ国を潰したのだと考えています。
第一次大戦第二次大戦では、ドイツと日本が主な標的であり、それ以前には、ロシアが(日本も加担して)陥落しており、偽ユダヤのタルムード思想を基本理念とする彼らバビロン一味は、海賊行為を偽善に寄って、さももっともらしくしているだけで、大バカ野郎です。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧