★阿修羅♪ > カルト11 > 498.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シオン議定書(23)
http://www.asyura2.com/13/cult11/msg/498.html
投稿者 仙芳丸 日時 2013 年 7 月 02 日 16:26:32: tfZsKI4/C.rBA
 

偽ユダヤのタルムード思想を持つバビロン海賊団の考え方を理解するための基礎資料として投稿します
http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/shion/shion23.htm
から転載
全部で24まであります。


シオン議定書(23)
 
 (非ユダヤ人=畜生たち)人民を服従に慣らす為には、謙遜ということを教え込む必要があり、従って奢侈品の生産を縮小すべきなのである。 これによって、贅沢を張り合う卑しい根性を改めるのである。我々(ユダヤ人たち)は、小さな親方製造業を再編成して、個人資本の工業家を倒すという狙いを持っておるのである。 大規模の製造業は、必ずしも意識的ではないにせよ、政府に反対する考え方を群集に植えつけるので、この処置は欠かせない。小さな親方たちは、罷業を知らず、既存の秩序にしっかり結び付いておるのである。罷業は、政府にとっては破滅的な一大問題なのである。我々(ユダヤ人たち)は、時の権力(その時期がきたとき)を我々(ユダヤ人たち)の手に移す時に、この手を使うのである。 酩酊も法律によって禁止し、酒の力で野獣に変わる非人間性に対する罪として処罰するのである。

 重ねて述べるが、非ユダヤ人=畜生たち)人民は、自分たちとは絶対的にかけ離れた力強い手に対しては、盲目的に服従するのである。やつら(非ユダヤ人=畜生たち)は、そこに自分たちを襲う社会的な鞭から守ってくれる防御の剣を感じて支持するのである。やつら(非ユダヤ人=畜生たち)は、王者に天使の心を期待するのか?

 やつら(非ユダヤ人=畜生たち)が王者に見たいのは、力、力、力の権化なのである。

 現存する支配者たちに代わる我々(ユダヤ人たち)が至高の君主は 何をせねばならぬかのである。我々(ユダヤ人生たち)が意気阻喪させた社会、神の権威すら失墜させた社会、四方八方から無秩序混乱の火の手に包まれておる真中で、支配者たちはその存在を引きずって歩いておるが、我々(ユダヤ人たち)が王(ユダヤ王国の王)は、何よりもこの燃え上がる炎を消し止める事に身を投じねばならない。それゆえに、王は、やつら(非ユダヤ人=畜生たち)を王の血の海で溺死させるが、これら現存する社会を根絶せざるをえず、改めてやつら(非ユダヤ人=畜生たち)をよく組織された軍隊に復活再編成し、ただれた国家を覆うあらゆる種類の伝染病に対して意織的に闘わせねばならない。

 「神より選れし者」は 理性ならぬ本能によって、また、人間性ならぬ獣性によって動くばかげた力を粉砕すべく、天から下されるのである。 この力は、今は(アメリカ+イギリスたちは)自由の原理という仮面をつけて略奪とあらゆる種類の暴力をはたらき凱歌を挙げておるが、この力が秩序破壊(最終戦争)の跡にイスラエル王を王座に据えるのである。 であるが、やつら(非ユダヤ人=畜生たち)の役割は、イスラエル王が王国に入ったその瞬間に終るのである。王国の路からは、その(非ユダヤ人=畜生たち)の残骸の一片すらも残さぬように一掃される必要が有るのである。

 その時、我々(ユダヤ人たち)は、世界の(非ユダヤ人=畜生たち)人民に次のように言うことができるであるろう。「神に感謝せよ。額に人類宿命の験(しるし)を付けた方の前にひれ伏せ。その験は、神御自らが星を導いてその方に付けられたのだ。その方を措いては、生来の罪と悪から解き放って下さる方はおらぬのだ。」  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧