★阿修羅♪ > カルト11 > 771.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
睾丸が放射線に晒されたら、指が肩から生えるような奇形が生じうるような遺伝子の欠陥が生じうる。(松井英介)
http://www.asyura2.com/13/cult11/msg/771.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2013 年 8 月 13 日 19:38:25: 8rnauVNerwl2s
 

「松井英介医師の問題は放射線を専門的に扱う仲間内では話題の一人です。

なぜなら、彼が反原発運動向けに監修した読本が虚偽の情報満載だからです。

反原発運動全体への信用性信頼性を著しく棄損する、と申しても差し支えないでしょう。
・・・
場労働者として「ストップ・ザ・もんじゅ」に決別の告発をする予定でしたが、会場にて松井英介医師を同席させ、更には彼にデタラメな知識の内部被曝講演をさせ、という屈辱の時間と空間を強いられます。
更には松井英介医師の講演があるので発言時間は20分(!?)とのこと。

もう、彼らには話す必要も無い、と感じています。」(北島教行(福島第一原子力発電所事故収束作業員・福島県いわき市在住))
 
 
 
一体何シーベルト浴びたら「指が肩から生えるような奇形が生じ」るのかって話だろう。

大阪おかんの会やNAZENが好きな松井医師は、熊本の民衆法廷で、仲間内からも信頼できないと後ろ指さされる怪しい人らしいが、(参考リンク)原発板でしきりに持ち上げられてたね。

得意の内ゲバでしょうか?
部落系、北朝鮮系、共産党系、四トロ系、中共系と所属組織で内紛を起こすようです。

海外の妖しい Blog 記事から
http://news21c.blog.fc2.com/blog-entry-466.html


放射線医学の専門家:今後、放射能で指が肩から生えるような奇形が生じうる
・放射線医学の専門家である松井英介博士(医学博士、岐阜環境医学研究所所長)は次のように述べた。

・低レベルの放射線量でも重大な健康被害がおきうる。次の世代に起きることもある。

・睾丸が放射線に晒されたら、指が肩から生えるような奇形が生じうるような遺伝子の欠陥が生じうる。

・日本語字幕付き。(ソースの動画は英字字幕だから日本語字幕のものと差し替え)


ソース: http://enenews.com/japan-radiologist-radiation-exposure-mutations-like-fingers-growing-shoulder-other-deformities-future-humans-video

コメント:
・動画はドイツの報道番組。日本のマスコミは東京電力や原発業界からの広告費に未練があるから、こういう番組は「絶対に」作れないし、作らない。

<参考リンク>

■およそ100ミリシーベルトまでの線量では、放射線とがんについての研究結果に一貫性はなく、放射線によりがん死亡が増えることを示す明確な証拠はありません(放射線医学総合研究所)
 http://www.nirs.go.jp/information/info.php?i13

がんは放射線だけでなく、食事、喫煙、ウィルス、大気汚染など様々な要因によって発症すると考えられます。起こった個々のがんが放射線によるものであると特定することはできません。従って、放射線でがんが起きているかどうかを検証するには、多くの集団において、受けた線量とともにがんが起こる確率も上昇することを調べる必要があります。原爆被爆者の調査ではおよそ100ミリシーベルト以上の線量(この線量は臓器ごとに放射線感受性の重みづけをして足し合わせた実効線量と呼ばれる線量で、外部被ばくと内部被ばくを受けた場合はそれらを合計した線量)では、線量とともにがん死亡が増加することが確認されていますが、およそ100ミリシーベルトまでの線量では、放射線とがんについての研究結果に一貫性はなく、放射線によりがん死亡が増えることを示す明確な証拠はありません。しかしながら国際放射線防護委員会(ICRP)は、放射線防護の目的のための慎重な考え方として、100ミリシーベルト未満でも線量に応じてがん死亡が高まると仮定することを勧告しています。ただし、この仮定は放射線防護の観点から用いるべき考え方であり、ごく低い線量を受けた集団で出るがんなどの症例数を計算するのに用いるのは適切でないと、述べています。


■松井英介著「見えない恐怖 放射線内部被曝」を読んでみた
 http://memorandum.yamasnet.com/archives/Post-1276.html

「見えない恐怖」の著者の議論は、内部被曝の議論がいつの間にかアルファ線の電離密度の高さにすりかえられてしまっている。こうしたすり替えが多いのが本書の特徴だと思ってしまうのは、私だけか?

「仮に身体の中にアルファ線がとどまっていれば、その間ずっと周囲の遺伝子は傷を受け続けます。それが間違った遺伝子結合を引き起こすのです。」のくだりなどは、全く意味不明だ。ここで著者は、なにを主張しようとしているのか?わたしには理解不能だ。

もう少し緻密な議論をすべきではないだろうか?

ICRPとECRR: ICRPとECRRのモデルについても、「見えない恐怖」で議論している。しかし、著者の説明は、上でも述べたように論理的なすり替えが多く、その違いが明確にはなっていない。少なくとも私には、著者が何を主張しているのか理解できない。

このICRPとECRRのモデルの相違点については、この「見えない恐怖」から離れて、あらためて検討・理解したほうがよさそうだ。

ただ、著者のICRPとECRRの相違点についての主張は巻末の解説部分にまとめられているようである。以下、抜粋しておいた。

吸収線量(rad, Gy) は、ICRP1990年勧告の吸収線量に関する定義。
「吸収線量はある一点で規定できる言い方で定義されているが、しかし、この報告書では、とくに断らない限り、ひとつの組織・臓器内の平均線量を意味するものとして用いる」。
要するに、放射線の被害を、電離の数で計る。電離とは、電子を原子から吹き飛ばして、分子を切断すること。電離の数は、エネルギーで計る。エネルギーは、被曝の規模を表す物差しのひとつで、被曝を定量的に評価する方法というわけだ。そこで問題点は、次のように要約されよう。

ICRPは、被曝形態(外部、内部)、被曝の局所性、被曝の持続性など、個々の特殊性を考慮対象から除外している。
先天障害や発がんに至るプロセスには、継続的な被曝が関与している。エネルギーの量だけでは評価できない。
遺伝子の何段階もの質的な変化が重要だ。
(pp.151-152)

ここでの議論、これまでの放射線被曝に対する考え方、少なくとも私が学んだ放射線被曝の概念とは相容れないもの、と考えざるをえない。そもそも放射線の単位からみなおしを要するようなものだ。

以前、このブログの「福島第一事故による放射線被曝をどう考えればよいか(その1)」で、放射線被曝とは何かということについて、中島篤之助、安斎郁郎共著の「原子力を考える」(新日本新書)の記述を引用しておいた。それと比較してみると、このICRPとECRRのモデルの考え方の相違は、ある種の驚きを持つ。

このあたり、実際のところ何が問題になっているのか、ECRRのオリジナルな報告を読むなどしてみようと思った次第だ。

それにしても、松井英介著「みえない恐怖」は科学的議論抜きの一種の「トンデモ本」だな、というのが私の読後感だ。

■熊本法廷に続き信頼度の低い証人 Re: [CML 024381] 原発民衆法廷・第9回公判・福島法廷
 http://list.jca.apc.org/public/cml/2013-May/024305.html


■8月広島長崎反戦反核闘争へ 劣化ウラン弾の使用を許すな
 http://www2.odn.ne.jp/hibakusha-sd/040806.htm

 ヒロシマ反核のつどい
  とき; 午後5時開場
  ところ;アステールプラザ中ホール(広島市中区加古町4-17)
 ◇講演   「『劣化ウラン弾』の人体への影響」
        松井英介医師(放射線医学)
 ◇特別報告 「世界のヒバクシャ」
        鎌仲ひとみさん(映画『ヒバクシャ』監督)
 ◇被爆者からのアピール
        大槻泰生さん(反戦被爆者の会・会長)


■原発を問う民衆法廷(熊本)・小野俊一参考人の忌避申立関連「華青闘告発」ほか(追記あり)
 http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/285e91e155388bcf109711e72e742e9f

松井英介参考人にかんして/北島教行さんから

松井英介医師の問題は放射線を専門的に扱う仲間内では話題の一人です。

なぜなら、彼が反原発運動向けに監修した読本が虚偽の情報満載だからです。

反原発運動全体への信用性信頼性を著しく棄損する、と申しても差し支えないでしょう。
・・・
場労働者として「ストップ・ザ・もんじゅ」に決別の告発をする予定でしたが、会場にて松井英介医師を同席させ、更には彼にデタラメな知識の内部被曝講演をさせ、という屈辱の時間と空間を強いられます。
更には松井英介医師の講演があるので発言時間は20分(!?)とのこと。

もう、彼らには話す必要も無い、と感じています。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
02. 2013年8月13日 20:18:57 : DY5UF9p3s2

訂正します。会員番号4153番、早く病院に行って脳ミソを診てもらえって言ってるだろう、ボケカス、ノータリン・・・・ワロタ



[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方のコメント
03. 気まぐれな風 2013年8月13日 22:29:51 : Yql9N1LbacSfs : QpqaH5FcjQ
嘘がバレると


 手足バタつかせて

 大騒ぎする、アレだ。

 発狂状態だ。


  いくら発狂しても、

   業は消えない。
  
   かさむ一方だ。


 なぜか?解るか?

 過ちを、間違えを、

  認めないからだ。

  1000年叫んでも
  過ちは、過ちだ。

  
  過ち、と、認めた瞬間、

 怒涛のごとく、流れ込む。

  積み重ねた、過ちが、な。


04. 2013年8月15日 22:19:52 : Un6heX4IUI
>>01

知的障碍者しばき隊の関係者ですか?

無駄コメントで容量をとらないでください



[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方のコメント

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧