★阿修羅♪ > カルト11 > 786.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
オバカが兆円単位の賄賂をムスリムカイダに渡していた事がばれその上裏切りを食らったようで米英仏イバビロンは終わりである。
http://www.asyura2.com/13/cult11/msg/786.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2013 年 8 月 17 日 11:26:49: /puxjEq49qRk6
 

エジプトで国民の1400万人デモで不正選挙政権が倒され下野したムスリムカイダに内戦詐欺を指示していたくそじじいだが
イラクの傀儡もそうだったがムスリムカイダは名ばかり大統領のオバカの指示通りに動かずオバカ失脚に動き始めたようで混乱
はあるがくそじじいと鉄の結束が乱れ始めたようである。
この動きは従順なパシリ国家サウジにも飛び火して同国はエジプト内戦詐欺に加担せずに国民が作ったエジプト政権支持を鮮明に
したようである。
シリアでアサドバッシングをしたように新政権バッシングでエジプトを泥沼にしようとしたくそじじいの目論見は大きく崩れて
きた訳である。
今や世界中が偽ユダヤのカラクリを知り日本でも偽キムチのカラクリがばれて連中の少数派支配の手法が根底から崩れてきてもう
どうにも止まらない山本リンダ状態のようである。
私も宇宙人詐欺と救世主詐欺がばれたくそじじいがどのような作戦に出てくるか考えた時にやはり昔ながらの戦争詐欺や金融詐欺
や不平等条約詐欺を丁寧に進めてくるという原点回帰しかないと思っていたがそれをやられると腐っても偽ユダヤで手強いと思って
いたが買いかぶり過ぎだったようでくそじじいは想像を絶する馬鹿というか初代や先代に比べて悪巧みの劣化は幼稚園レベルでそれ
に連中が手にするハイテクの武器がハイテクが故に連中の馬鹿さを一段と際立たせて掃除機のホースが踊って収拾がつかなくなって
いる馬鹿主婦みたいな状態のようである。
中露の軍事演習がルーティン化し中印の離間工作も失敗し中露印軍事同盟的な骨格も見えてきてくそじじいは巨大な領土と巨大な
国民と二桁の暗算ができる国民を敵に回した訳で勝負有りである。
世界はキリストのように十字架に磔にされている日本をポスト米英に考えてきたが復活するが死んだ子の年を数えても仕方がないと
それに準ずる中露印を世界のリーダーに選んだのであり賢明な選択である。
シダックスでくすぶっていたノムさんのように日本もくそじじいが失脚すれば若い彼らの指導係として復活するのは見えているが
日本がまな板の鯉状態にいる間に大関国家が横綱国家に育っていたという事である。
中東も一人横綱で頑張っていたイランに続き古豪のエジプトが永い眠りから覚めてくそじじいから自立し始めており軍事も金融も
ハイテクもエネルギーもくそじじいは劣勢に立たされた訳である。
連中の最後の権威である名門詐欺もばれてもはや連中の手元には賄賂が通用しなくなった札束と自分ではボタン一つ操作できない
ハイテク兵器という紙屑と鉄屑があるだけでありパシリのゼネストに面食らっている所である。
パシリがいないと何もできない札束で頬をひっぱたく事しかできないくそじじいの時代は終わりである。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年8月17日 12:31:03 : dieLmElcFQ
お盆も明けてようやくポスト氏も本調子になってきたようだ。

ポスト氏の刺激になれたせいか

政治板を読んでもぬるま湯状態に


02. 2013年8月17日 13:22:03 : NtT3vzw6zo
01様  同感

03. 2013年8月17日 13:36:52 : 4XSpB7eyK6
ポストさんへ

以下のコメント欄に貴重な情報有り
次のじしんは 9・16敬老の日注意との事
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/08/blog-post_11.html


04. 2013年8月17日 14:33:10 : 4XSpB7eyK6
スイス銀行からの 重要なお知らせ、、、
://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/blog-post_4676.html


05. 2013年8月17日 14:36:52 : 4XSpB7eyK6
プーチンは 全てご存知、、、表も裏も、、真ん中も、、、
://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/blog-post_3497.html

06. 2013年8月17日 14:50:29 : 4XSpB7eyK6
せっかくの土日、、、これもお調べくださいませ、、、
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/blog-post_3.html



07. 2013年8月17日 14:54:44 : 4XSpB7eyK6
04. 05は.
URLが加工されてしまいました 見せたくない内容?の 証拠?
アドレスをコピーして貼り付て見てみましょう!!



08. 2013年8月17日 15:42:39 : 4XSpB7eyK6
エジプトもこれと同じでシナリオでは、、、、、、(⌒-⌒; )
フイフィさんのツイッターも見てね (^_^)
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/blog-post_3762.html

09. 2013年8月17日 15:55:57 : 4XSpB7eyK6
もしかしたら これが 真実かも フーン、、、、すべて アナログ、、、
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/05/blog-post_9756.html



10. 2013年8月17日 16:00:19 : 4XSpB7eyK6
暑さを吹き飛ばす 面白さ フーーン なーる程、、
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/05/cia_17.html

11. 2013年8月17日 16:43:59 : dMwUsajwfc
オリバーくんの米国批判はオバマ糾弾とセットでシナリオどおり?
オバマの後はNWO側のバイデンが大統領?
NWO側にとって都合の悪いものを全部オバマにおっかぶせる算段では?
わざわざ駐日大使にケネディ一族を選んだのは誰?

12. 2013年8月17日 21:07:13 : Tc4AvpYS6Y
ポストさん、あまり皆を混乱させないでくれ。
危うく私も騙される所だった。
オバマ大統領がムルシ元大統領に資金援助していたと
情報をながしたのは、あの竹中が理事長をしてた
「東京財団」それを犯罪行為と断じている。
つまり、ムルシ大統領ーオバマ大統領が繋がればまずいのだ。ユダヤにとっては。
フィフィさんは、ムルシ大統領がデモにより失脚した時
反米で米国と戦うムルシ大統領を何故止めさすのか!
ツィッターで叫んでいました。
また、ムルシ大統領は、イランのアフマディメジャド大統領
に諜報活動などいろんな面で相談もする間柄だった。
つまり、ムルシこそイスラエル、アメリカのユダヤ勢力にとって
敵であり、ムルシに資金援助をしていたオバマ大統領こそ
敵なのだ。
エジプトにおける構図を整理すると、
偽ユダヤ勢力ーイスラエル、アメリカの金融偽ユダヤ、エジプト暫定軍事政権
VS
モルシ元大統領、ムスリム同胞団、今回のデモ参加国民、パレスチナ国家
そして、オバマ大統領に代表されるアメリカ国内反ユダヤ勢力

以上をわかるとエジプト情勢の本質が見えてきます。

中東和平をようやく話し合いのテーブルにのせる事に成功したオバマ大統領にとって
ムスリム同胞団をバックに持つムルシ元大統領は不可欠の存在です。

今後、オバマは、毎年援助していた、軍事援助130憶ドルを取り止めるだろう。
そうなるとエジプト暫定軍事政権は、自然に消滅する。


13. 2013年8月17日 22:12:16 : dRQMRm83JA
>世界はキリストのように十字架に磔にされている日本をポスト米英に考えてきたが復活するが死んだ子の年を数えても仕方がないとそれに準ずる中露印を世界のリーダーに選んだのであり賢明な選択である。
   ↓
ポストさん。

もうひとつEUの試みも棄てがたいのではないでしょうか。

人材育成を含めてEUもやることはやっているので仲間に入れて行くべきでしょう。


14. 2013年8月17日 22:46:19 : Td0N6QHNrk
>わざわざ駐日大使にケネディ一族を選んだのは誰?

ヒラリー・クリントン前国務長官。


15. 2013年8月17日 23:16:06 : Tc4AvpYS6Y
このエジプト内戦の行方は、中東和平交渉に直結している。
ムスリム同胞団はパレスチナのハマスと連携し ていて、ムルシ政権が
イスラエルとパレス チナの和平交渉を進展させる可能性があるためだ。
だから、イスラエル極右勢力としては、イスラエル国内の和平交渉を推進
する勢力にストップさせ、エジプトの和平交渉を推進さす勢力であるムルシを
引きずりおろし、金の力で飼っていた軍部に暫定軍事政権をつくらせたのだ。

オバマ大統領は、ムルシに資金援助をしていた事は、逆に反ユダヤの証明でもある。
オバマ大統領は、おバカではないのですよ。ポストさん!
プーチンが一般教書演説で世界は、権力構造が変わり、これからの五年間
大きな変化の時代になる。
そうのたまった。
どうやら世界は、反ユダヤ包囲網がプーチン、オバマにより動きはじめたようである。
くそジジイは、でもマダマダ手強い。


16. 2013年8月18日 00:26:58 : Tc4AvpYS6Y
オバマ大統領にとってキャロラインケネデイは、特別な存在です。
最初の大統領選挙中、民主党の候補をヒラリークリントンと争っていた時、
キャロラインケネデイは、「やっと父の意思を受け継げる
人物に出会った」とオバマ支持を表明した。
アメリカ人にとってケネデイというのは特別な存在です。
これでオバマは、ケネデイの意思を引き継ぐ大統領と
印象ずけ、民主党の候補になったのです。
そして、駐日大使の候補として、ヒラリークリントンが
名前があがりましたが、オバマ大統領は断固ケネデイを
選んだのです。
父と兄を暗殺され、弟を飛行機事故で亡くし、母も
死にました。ケネデイ家直系の最後の一人です。
オバマ大統領は、恩を忘れない男です。
必ずや日本にとってケネデイは良い結果を残すでしょう。
そして、彼女は、オバマの後、民主党の大統領候補として、
既に期待されています。

17. 2013年8月18日 01:14:53 : cKftockbJN
世界経済大戦、偽ユダヤ勢力対反偽ユダヤ勢力の様相ということでしょうか?

さて 日本はどう立ち回ればいいのやら。
それにしても911事件〜激突映画映像世界中継事件の発覚はアメリカにとっては命取りになったようだ。


18. 2013年8月18日 01:50:51 : 4tPjOLjrfA
それにしても、イスラエル極右勢力と傀儡軍事政権に
はやり過ぎました。600人、いや当局の発表がそれだから、
3000人位虐殺されたと言うことでしょう。
日本で言えば、自衛隊に一般民衆が神社や寺で虐殺されて、
自衛隊が寺や神社ごと燃やしたと言うことですからね。
国際社会が許さない。
オバマ大統領は、こんな事をした暫定軍事政権に
130憶ドルもの軍事援助は絶対できない。
先ず、国連の場で非難決議がなされ、援助資金も絶たれたら
イスラエル傀儡軍事政権は、早くて来月には瓦解するしかない。
イスラエル極右勢力は最早追いつめられた。
アメリカ国内の偽ユダヤ勢力は、オバマ大統領に
追いつめられるだろう。
オバマの勝負は、10月のFRB議長人事か?
ここでオバマ大統領が偽ユダヤ勢力の人間を排除できれば、
偽ユダヤは、チェックメイト、王手である。


19. 2013年8月18日 07:15:57 : jZFIFjd4nE
大統領にはFRB議長を決める権限はないだろう、議会にも政府にもない。
世界の命運を握る通貨発行組織がまったくの私企業、これが国際金融のすごいところだw

20. 2013年8月18日 07:48:40 : SBztI6XWSY
オバマって敵なの味方なの?

誰かエロい人?

オバマがロスチャイルドで小沢氏もロスチャと友好関係。
オバマの敵がネオコンと偽ユダと共和党

今日日世界権力がロックフェラーからロスチャヘ移行

ロックフェラーとロスチャはつながっており
マッチポンプの夫婦漫才?
ロックフェラー=偽ユダ

プーチン=反偽ユダ ロシア人は皆ユダヤ人が大嫌い

ドイツは偽ユダではない。 実質ヨーロッパの盟主
            名目盟主はイギリスフランスで偽ユダの一味?

ということは確定
ポスト氏と仙芳丸さん15〜18さんちょっと整理してみて。 


21. 2013年8月18日 07:56:59 : gEuM7wtDqg
なかなか慧眼の持ち主がいるようですね。

自分も、オバマはジミー・カーターがそうだったように、彼の周りにあまりにもイルミナティに組する者が多いために、身動きが取れない状態だったのだと思います。
ただカーターの時と違うのは、今はインターネットで真実が暴露される時代であり、正しきことを後押しする勢力が多くいるということです。

まさに時機到来、時代が味方したということでしょう。いままでのオバマの行動は、彼が小沢氏みたいに引き摺り下ろされないように、最小限の犠牲をもって嫌々やっていたか、もしくはイルミナティの手先が勝手に事を進めて、オバマに罪を擦り付けていたものと考えています。

これから段々とイルミナティの力が弱まれば、オバマの政策は、逆に輝きを増し始めるはずです。
 


22. 2013年8月18日 09:34:02 : 9t6fgaZzRs
ポストさん、この世のなかどうなってるの?
シリアでは、原爆。
エジプトでは、内戦状態。どうして意見が違うだけで殺しあうの?

劣化ウラン弾が、全世界(沖縄にも)ばら撒かれた事実をしってしまった。

九州の見たことない飛行機雲、それにつづくはれているのに曇っている状態、
 かすみ状態(煙霧)をみて、ケムトレイルが陰謀説でなく事実だったと
確信出来てしまった。

もう何年も前から戦闘機の性能を良くするのに燃料に混ぜられていると言って、
アメリカの団体が問題にしてた。。
金属の粉とは酷過ぎる。。アレルギーで殺す気?
 それとも放射性物質を吸着させる目的なの??

なんだかおかしな世界に迷い込んだ気分です。でも、それが現実だからもっと嫌。


23. 2013年8月18日 10:00:17 : BmlRwCfNDk
>02,01 同感の同感。

24. 2013年8月18日 11:24:44 : fn1DvwVDGo
宇宙人の先生曰く2011.2.9
宇宙人 「泥沼」「困難」「苦しい」
http://extrasensoryreading.blogspot.jp/2011/02/blog-post_09.html

25. 2013年8月18日 12:49:57 : 4tPjOLjrfA
19
仲間のサンケイでも読んで勉強するように
FRB議長人事はオバマに決定権がある。
http://sankei.jp.msn.com/smp/world/news/130810/amr13081010470004-s.htm

26. 2013年8月18日 16:59:51 : 0UXNPR6wyo
今批判が集まっているのは軍であり犠牲者に対する同情である
だがタルムードは味方やパシリを生贄にする
最初の発砲はなりすましだったとバレたはずだ

モルシが引きづり落とされたのは1400万人デモで軍はそれを支持
現在のデモと圧倒的に数の差があるように見れる。
今モルシ支持以外の民間と軍には犠牲者は出ていないように報道されているのもおかしい
モルシ支持派のデモ数万人規模のなかにはチョロチョロと武装したものが混じっており
映像からもアレヘンダかなと思ってしまう。

軍の中にパシリがいる可能性も否定できないが
モルシ派数百人がモスクに立てこもりに対し取り囲むように反モルシ派の住民も結構出ている

1400万人以上に対しモルシ派が創作できた人数はタルムードと思うのだが。


27. 2013年8月18日 17:29:41 : s8OJOah48Y
17さん、ありがとう。
それにしても不思議でならないのが、
あのリチャードコシミズさんは、プーチン再選と
オバマ再選の後、世界情勢は急激に変化しているにも
関わらず、ボストンテロで早々に背後関係なしと発表しイスラム勢力
のせいにしたかった国内ユダヤ勢力を黙らせた事や、安倍が
総理大臣として正式訪問した際のこれでもか、と言うくらいの
無礼な態度、軍事費の大幅な削減、オバマ政権仲介による
パレスチナ和平交渉の9年ぶりの再開、などなど
反ユダヤ的なオバマのこの半年の行動について、
リチャードさんは一切口に出さないし、論評もしない。
言うことは、オバマは実はユダヤ人と言うことだけ。

彼は本物なのか?
彼こそ寸土めジャーナリストなのではないか?
東日本大震災の二日前、独立党の人なら覚えていよう。
突然、入院しましたね。
そして、1週間blogを休み何事もなかったかの様に復活。
おかしな事がありました。


28. 2013年8月18日 18:09:04 : Xjsvn70PfI
マスコミに載らない海外記事

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-12ca.html

2013年8月17日 (土)

アメリカの“暗殺部隊大使”エジプトに到着、そして大量殺戮開始

2013年8月14日、水曜日

Kevin Barrett

彼がこれまでで初めて民主的に選出されたエジプト指導者となって以来、ユダヤ主義者は"9/11陰謀論に与するムルシーは何とかしなければならない"と不平を言い続けてきた。

月曜日に公開した、私のPress TVの新記事は、予言的、あるいは我々イスラム教徒好みの表現では“予知”的に思える。

アメリカが“暗殺部隊大使”をエジプトに派遣した時点で、大虐殺が始まろうとしていることは分かる。今日の時点で、それは始まっている。まさに私が予想した通り、ムルシー/民主主義支持者の大量虐殺が、偽装テロによって引き起こされた。

ヤフー・ニューズは報じている。“生放送の(エジプト)幾つかの局のテレビ映像では、覆面をした同胞団(原文通り) 武装集団が、小型動小銃らしきものを振り回し、兵士達の方向に向けて射撃している様子を映している様に見える。”

実際は、“覆面をした武装集団”は、イラクやシリアで、スンナ派-シーア派の暴力抗争を引き起こした連中同様に、帝国と、帝国の現在のエジプト傀儡、アッ=シーシーの為に働く殺し屋だ。狙いは、イスラム教を悪魔化し、民主主義を破壊し、エジプトで民族皆殺しを行うことだ。

アメリカ政府は、エジプトを不安定化、そして最終的な破壊を狙っているのだろうか?

暗殺部隊のまとめ役ロバート・フォードが、駐エジプト・アメリカ大使に最近任命されたことは、それを示唆している。

フォード任命が明らかなメッセージを送っている。アメリカの為政者達は、イラクやシリアを破壊したのと同じ方法で、暗殺部隊と偽装テロを活用して、内戦を引き起こして、エジプトを破壊したがっているのだ。

グローバル・スタディーズ教授のミシェル・チョスドフスキーによれば、ロバート・フォードは、2004年、イラクで“サルバドール・オプション”を適用する為、悪名高い戦争犯罪者ジョン・ネグロポンテと協力した。チョスドフスキー教授はこう書いている。“‘サルバドール・オプション’は、アメリカが支援する暗殺部隊による‘テロ形式’の大量殺戮だ。これは、エルサルバドルで(ネグロポンテによって)、反軍事独裁抵抗運動の最盛期に初めて適用され、推計75,000人の死者を生み出した。”

現在エジプトは、1980年代のエルサルバドル同様、反軍事独裁抵抗運動の最盛期を体験している。エジプト軍事独裁(1980年代のエルサルバドル軍事独裁同様)は、既に、反政府活動家の大量虐殺という手段を用いている。政治的大量虐殺を組織する専門家、ロバート・フォードは、何万人もの穏やかな抗議行動参加者のエジプト政権による大量殺りくを手助けするのだろうか?

そうではない。事態はそれより遥かに深刻だ!

過去、アメリカ政府は、独裁者達が自国民を大量虐殺するのを、単刀直入に支援したものだ。例えば、1965年、インドネシアで、CIAが支配する暗殺部隊が、スハルト政権に反対する人々を約百万人殺害した。CIAは、攻撃対象者の氏名を集め、暗殺部隊を訓練し、暗殺部隊を解き放った。このCIA暗殺部隊によって殺害された百万人の人々の大半は、死ぬ前に残虐な拷問を受けていた。(私が博士号研究をしていて、CIAで訓練された拷問者と出会ったモロッコを含む、世界中の何十もの国々でそうして来た様に、もちろんCIAは、拷問者に残忍なテクニックの訓練をした。)

現在、アメリカは、アジアや中南米の独裁者をてこ入れすることよりも、中東諸国の破壊に熱心だ。それで、アメリカは暗殺部隊の活用法を精緻化させている。アメリカお抱えの傀儡独裁者をてこ入れする為、単純に反政府活動家を殺害する代りに、アメリカは今は、政治的-宗教的分裂の双方の暗殺部隊を資金援助している。狙いは、標的とした国を弱体化させる為、内戦を引き起こすことだ。

それこそがロバート・フォードの“サルバドール・オプション”がイラクでなし遂げたことだ。そしてまた、フォードの“サルバドール・オプション II”が2011年に、シリアでなし遂げたことだ。

2004年、イラク人反抗勢力がアメリカの侵略者達を打ち負かしつつあった。そこで、フォードとネグロポンテは暗殺部隊と偽装テロを活用して、反抗勢力の様々な派閥をお互いに戦わせた。残虐かつ無差別に、シーア派の犠牲者を攻撃する為に、アメリカが支援する“アルカイダ暗殺部隊”を連中は生み出した。そして、それによって、多数派のスンナ派コミュニティーを孤立させ、宗派的内戦を引き起こすことを狙って、アメリカはシーア派による報復を奨励し(そして時には、でっちあげ)た。

そうした時代のイラク民間人を標的にした“自爆攻撃”のうち、大半ではないにせよ、多くのものは、アメリカの“サルバドール・オプション”チームが原因だ。彼等はイラク人を金で雇い、トラックをマーケットなり、モスクなりまで運転し、駐車し、次の指示を待つようにさせる。トラックはリモコンで爆破され、イラク人は死後、“自爆攻撃者”とレッテルを貼られるのだ。

フォードとネグロポンテは、一部の謀略には、アメリカの偽装テロ部隊同様に、イギリスも活用した。こうした部隊の一つ、イラク人を装った二人のイギリス特殊部隊将校が、2005年9月19日、バスラで、イラク警察に逮捕された。イギリスは “イラク人の宗派信者”のせいとされる攻撃で、モスクやマーケットを爆撃していた。二人の変装したイギリス兵士が逮捕された時、二人の自動車は兵器と爆弾を満載していた。二人が逮捕された翌日、二人の偽装テロリストを取り戻し、フォード、ネグロポンテや、連中の在バスラ・イギリスのテロ・チームの犯罪を暴露する可能性がある裁判から二人を守るため、イギリス軍は、壁を破壊するのに戦車を使ってバスラ刑務所を破壊した。

イラクにおいて、多分フォードとネグロポンテが計画した、おそらく最も悪名高い、アメリカ支援による偽装攻撃は、2006年2月22日、サマラのアル-アスカリ“黄金ドーム”モスク爆破だ。近隣の目撃者達は、爆破の前に、アメリカ軍がモスクを封鎖し、モスク掌握したと報告している。爆弾が爆発した時点で、封鎖されたモスクを完全に掌握していたアメリカ軍によって爆破が行われたことに、全く誰も疑いを持っていない。もちろん、アメリカによるこの攻撃は“アルカイダ”のせいにされた。

イラクにおけるフォードとネグロポンテの偽装テロ作戦による結果が、今日に至るまで依然猛威を振るっている内戦だ。

暗殺部隊と偽装テロによるイラクが余りにうまく行ったので、フォードは同じことをすべく、シリアに派遣された。2011年に、フォードはシリア大使となると、突然、暴力行為が高まり、イラクで依然猛威を振るっているのと同じ類の内戦を生み出した。

シリアのバシャール・アル-アサド大統領は遅ればせながらも、シリアでの紛争が偽装テロリスト連中によって生み出されていることに気がついた。そこで起きていたのはこういうことだ。良く訓練された殺し屋達で編成されたフォードの暗殺部隊が、アメリカが煽り立てた反アサド・デモの間、屋上に陣取る。所定の頃合いに、狙撃兵達が射撃を開始する。狙撃兵の一部はデモ抗議参加者を銃撃しているシリア軍兵士のふりをする。別の建物の屋上の別の連中は、兵士達に向かって発砲しているデモ行動参加者のようなふりをするのだ。

やがて、親アサド派、反アサド派勢力が実際お互いに撃ち合うようになった。

フォードは、エジプトでも、同じ類のわるさをしかけるだろうか?

イラクとシリアにおける彼の実績から見れば、予想されるのはこういうことだ。フォードと、そのアメリカ暗殺部隊まとめ役や偽装テロ専門家(おそらくは、ワールド・トレード・センターを爆破した連中の一部も含む)“過激派イスラム主義者”のせいだとされる銃撃と爆撃を引き起こすだろう。彼等は次に、エジプト軍事政権に、これまでそういう対処をしてきた連中より、ずっと穏やかなデモ行動参加者達すら、逮捕、拷問、殺害するよう奨励するのだ。エジプト軍事政権は、基本的に、アメリカからの何十億ドルもの支援によって生み出され、維持されているアメリカの民兵なのだから、傀儡独裁者アッ=シーシーは、アメリカの命令に従わざるを得ず… エジプトを内戦に突入させる。

アメリカは本当に、イラクやシリアを破壊した様に、エジプトを破壊したいと思っているのだろうか?

どうやら、そのようだ。ナイル川をダムでせき止め、エジプトの水資源の大半を盗み、多数のエジプト国民に緩慢な死をもたらすという、エチオピアの計画に対し、ムルシーが声高に強く反対したのも一因で、アメリカが、民主的に選出されたムルシー大統領の打倒を密かに企んだことは注目に値する。

結論: アメリカは、エチオピアの傀儡を使って、何千万人ものエジプト人が死ぬ民族皆殺しを計画しているのだ。そして、もし誰かエジプト指導者が、ムルシーがそうしようとしていた様に、それを止めようすれば、その人物は抹殺される。

一体なぜアメリカは中東諸国を壊滅させる必要性を感じているのだろう? 皮肉にも、そうした行為はアメリカの利益ですらない。それは、大イスラエルの為に、イスラエルの隣国を絶滅させ、ナイル川とユーフラテス川の間の全ての土地を奪取するイスラエルの“オデッド・イノン計画”なのだ。それこそが、ウェスリー・クラーク元陸軍大将が暴露した通り、イスラエルが、9/11クーデターで、アメリカを乗っ取った理由だ。イスラエルの為に、中東を破壊するオデッド・イノン計画の最新版である、ネタニヤフの“決別(Clean Break)”文書の“五年間で七ヶ国”を破壊する計画を抱いて。

この切迫している民族皆殺しを阻止する方法はただ一つ。全ての中東の人々は宗教や国籍と無関係に、団結し、ユダヤ主義者が支援する、自分達の国土破壊に抵抗すべきだ。

記事原文のurl:www.veteranstoday.com/2013/08/14/rford/

----------

宗主国大本営広報部のテレビ報道や新聞記事解説、おそらく死傷者数も含め、参考になるまい。虐殺をしている支配者側の視点しか報じないだろう。

宗主国の価値観と、属国傀儡の価値観は当然一致している。一致するものが傀儡に選ばれ、一致しない傀儡は排除されるからにすぎない。大本営広報部は、その価値観のインチキさを指摘しない。

フィフィさんが激怒するのはよく分かる。

今回のエジプト・クーデター・無差別虐殺報道で、大本営広報部報道なるもの、国内の出来事のみならず、海外の出来事も、全て支配層に好都合な様に歪曲していることが、より明らかになるだろうか?

大本営広報部の報道しか読んでいなければ、騙されていることに気がつくのは困難だろう。トゥルーマン・ショーの世界。

エジプト大虐殺、文中にあるインドネシアの大虐殺を連想した。インドネシア共産党狩りの実体、当時十分報道されたのだろうか?詳細を読んだ記憶がないのだが。子供だったせいもあるだろう。敗戦後、インドネシアに抑留された親からも具体的な話を聞いた記憶がない。ともあれ現代日本の大本営広報部、あの時の政変で追い落とされた大統領のご婦人のタレントぶりしか報道しない。

尖閣周辺の中国船舶の報道はするが、墜落したのと同型ヘリコプターの復帰やら、オスプレイの飛行ぶりや、高江ヘリパッド建設強行は決して報じない。今、日本が中国によっていじめられ、貢がされ、搾取されているわけではないだろうに。いじめっこの本営広報部は決して、いじめっこの真実を報道することはない。

大本営広報の日本語記事を読む時間をお持ちであればムスリム同胞団の英語ページ、をお勧めする。

話題のイスラエルの世論広報工作担当の高官ダニエル・シーマン氏の書き込み、画面コピーから書き写してみた。これまでも色々舌禍事件を起こしている強者のようだ。日本政府は、本当に抗議したのだろうか?事実上の宗主国のようなお国の高官が何をおっしゃっても、ひたすら忍従ではないのだろうか?

I am sick of the Japanese, "Human Rights" and "Peace" groups the world over holding their annual self righteous commemorations for the Hiroshima and Nagasaki victims. Hiroshima and Nagasaki were the consequence of Japanese aggression. You reap what you sowInstead, they should be commemorating the estimated Chinese, Korean, Filipino, Malay, Vietnamese, Cambodian, Indonesian, Burmese and other victims of Japanese imperial aggression and genocide. Not to mention nearly 120,000 Allied military casualties who fought to defeat the genocidal Japanese. There are who deserve to be and should be remembered this weekShare August 8

画面コピーと詳しい記事は、http://electronicintifada.net/blogs/abraham-greenhouse/head-israels-covert-social-media-program-suspended-over-anti-japanese

2013年8月17日 (土) アメリカ, チュニジア・エジプト・リビア・シリア・アルジェリア, ユダヤ・イスラム・キリスト教 | 固定リンク

« 福島の放射能汚染水が太平洋に流出するのを止める方法はない | トップページ

「アメリカ」カテゴリの記事

アメリカの“暗殺部隊大使”エジプトに到着、そして大量殺戮開始(2013.08.17)
放射能の危険性:原子力専門家連中を解体する(2011.04.01)
戦没者追悼記念日:軍国主義と兵器を慶賀する日(2010.06.02)
人々が目にしてはいけないことになっている戦争写真-Chris Hedgesのコラム(2010.01.22)
人類はワシントンの犯罪行為に溺れつつある(2013.08.15)
「チュニジア・エジプト・リビア・シリア・アルジェリア」カテゴリの記事

アメリカの“暗殺部隊大使”エジプトに到着、そして大量殺戮開始(2013.08.17)
エジプトの抗議運動: "独裁者"は命令せず、命令に従っている(冒頭以外は再掲)(2013.07.09)
エジプトの抗議運動: "独裁者"は命令せず、命令に従っている(2011.01.31)
アメリカ政府は正気ではない(2013.06.18)
欧米の王様連中は裸だ(2013.06.14)
「ユダヤ・イスラム・キリスト教」カテゴリの記事

アメリカの“暗殺部隊大使”エジプトに到着、そして大量殺戮開始(2013.08.17)
二つのエセ民主主義が地球上の生命を脅かしている(2013.08.01)
再度辱しめを受けたアメリカ:植民地国民(2013.03.03)
アメリカにおいて、真実に未来はあるのか?(2013.01.05)
傀儡国家アメリカ(2012.11.21)
コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

名前:(任意)


メールアドレス:(任意)
(ウェブ上には掲載しません)


アドレス(URL):(任意)


この情報を登録する
内容:



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335849/52896674
(トラックバックは記事投稿者が公開するまで表示されません。)


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカの“暗殺部隊大使”エジプトに到着、そして大量殺戮開始:

» 日米同盟 [木霊の宿る町]
★日本生まれの華僑(五十歳♂)が書いた「終戦記念日に日中を思う」という題の記事をFBでみつけた。同感するところがあったので自分のFBでシェアしたところコメントを頂いた。コメントをやりとりしている内に「日米同盟」なることばへの疑問が湧いた。以下に記事の全文ならびにFBでのやりとりを転載する。★終戦記念日に日中を思う 金鋭 1年半前に尖閣諸島での衝突を機に日中の関係が悪くなりいろいろ考え心が苦しくなり「日中友好を切に願う」を投稿しました。あれから随分時間が過ぎましたが日中の関係は当時よりより悪くなり一触... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 02時43分
» イスラエル高官の暴言に思う [Dendrodium]
広島・長崎の原爆記念行事に対するのイスラエル高官の暴言の事は、京都新聞にも載っていた。 イスラエル高官は日本人が原爆投下で酷い目にあったのは、アジア諸国に対して侵略をしたからで、自業自得だと言い...... [続きを読む]

受信: 2013年8月18日 (日) 06時47分
« 福島の放射能汚染水が太平洋に流出するのを止める方法はない | トップページ

最近の記事

アメリカの“暗殺部隊大使”エジプトに到着、そして大量殺戮開始
福島の放射能汚染水が太平洋に流出するのを止める方法はない
抑えきれない福島原発事故
人類はワシントンの犯罪行為に溺れつつある
"私は倉庫の賃金奴隷だった": マック・マクリーランド記者に、オンライン受注商品出荷工場での暮しについて聞く
アメリカ大使館は対ベネズエラ破壊工作の中心
ワシントン・ポスト新オーナー、いかにCIAを支援し、WikiLeaksを妨害し、書籍業界を壊滅させたか
アメリカ政府の覇権への意欲は、戦争への意欲
1945年8月9日長崎爆撃: 無検閲版
ニュー・エコノミー”は無雇用経済
カテゴリー

911関連
GMO・遺伝子組み換え生物
NATO
NGO
TPP・ACTA
WikiLeaks
アフガニスタン・パキスタン
アメリカ
アメリカ軍・基地
イラク
イラン
インターネット
インド
インフルエンザという便利な話題
ウォール街占拠運動
オバマ大統領
カナダ
カラー革命・アラブの春
ギリシャ
シェール・ガス
ソマリア
チベット
チュニジア・エジプト・リビア・シリア・アルジェリア
テロと報道されているものごと
トヨタ問題
ニュース
ノーベル平和賞
パソコン関係
ホンジュラス・クーデター
マスコミ
ユダヤ・イスラム・キリスト教
ロシア
中南米
中国
中央アジア
二大政党という虚構・選挙制度
北朝鮮
国防権限法
地球温暖化詐欺
地震・津波・原発・核
宗教
憲法・安保・地位協定
新冷戦
新自由主義
旧ユーゴスラビア
映画
書籍・雑誌
東ヨーロッパ・バルト諸国
無人殺戮機
読書
通貨
選挙投票用装置
麻薬とされるマリファナについて
記事リスト・ウェブ

TPP関連主要記事リスト
マスコミに載らない海外記事リスト(2013.1〜)
マスコミに載らない海外記事リスト(2007-10/2/10迄)
マスコミに載らない海外記事リスト(2010/2/17-)
ブックマーク

賀茂川耕助のブログ
Acts for Democracy
CLOSE THE BASE | Network for Okinawa
Seetell.jp
STOP TPP!! TV
STO
チェルノブイリ被害実態レポート翻訳プロジェクトのどこどこ日記
僕の平和への思い
反戦な家づくり
報道写真家から(2)
大津留公彦のブログ2
小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ
平和憲法のメッセージ
広原盛明のつれづれ日記
志村建世のブログ
文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ 『毒蛇山荘日記』
春 夏 秋 冬
晴 天 と ら 日 和
暗いニュースリンク
村岡到の探理夢到
村野瀬玲奈の秘書課広報室
桜井ジャーナル:「情報鎖国」に挑戦する非公式情報
植草一秀の『知られざる真実』
永田浩三の極私的ブログ「隙だらけ 好きだらけ日記」
沖縄・辺野古海上基地の問題を中心に maxi's_page
海鳴りの島から
澤藤統一郎の憲法日記
独りファシズム
田中龍作ジャーナル
私にも話させて
私の闇の奥
英語日本語ニュース
草の実アカデミー(第二言論サミット)
衆議院議員 山田正彦 - 公式ウェブサイト
辺野古浜通信
逝きし世の面影
連絡船
醍醐聰のブログ
金子勝ブログ
長周新聞
首都圏労働組合 特設ブログ
黄泉の国から
Afternoon Cafe
最近のコメント

脱ゴイム on 人類はワシントンの犯罪行為に溺れつつある
カミングアウト on 広島の神話 責任を負わない戦争犯罪とアメリカ軍の歴史の嘘
辻将曹 on 広島の神話 責任を負わない戦争犯罪とアメリカ軍の歴史の嘘
脱ゴイム on ワシントン・ポスト新オーナー、いかにCIAを支援し、WikiLeaksを妨害し、書籍業界を壊滅させたか
on ワシントン・ポスト新オーナー、いかにCIAを支援し、WikiLeaksを妨害し、書籍業界を壊滅させたか
絵里 on パキスタンとイエメンでの新たなアメリカ無人機攻撃
on 広島の神話 責任を負わない戦争犯罪とアメリカ軍の歴史の嘘


29. 2013年8月18日 18:20:36 : s8OJOah48Y
以下にムルシ大統領の事が簡単にまとまってる。
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%BC

これを読むと今エジプトで行われているムルシ大統領派に
対する虐殺の意味がよくわかる。
今オバマが始めた歴史的な中東和平交渉の基礎的な
部分をつくり、国連からも賛辞、喝采されました。
その後、オバマ大統領は中東和平交渉を再開させたのです。
ムルシ大統領は、イスラエル極右にとっては、和平交渉を押し進める
中心人物であり、排除しなきゃならない存在です。
また、エジプト軍部にとっては自らの権限を縮小され、
何よりもアメリカのユダヤ勢力の影響下にある軍部は
モルシ大統領は排除の対象なのですね。

このエジプトでのモルシ大統領追放から人民大虐殺は、イスラエル極右勢力と
実行部隊のモサドが起こした事と見て間違いないです。


30. 2013年8月18日 20:41:18 : 5FccQSAWcQ


http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/31b8776d983469bad82ffec40288122b

浮世風呂
日本の中のCIAエージェント
2012/10/02 11:20資料
 日本の政界、財界、マスコミ、学者、評論家、右翼・暴力団などあらゆる分野に張り巡らされたCIAのスパイ・エージェントの数は一体どのくらいになるのであろうか

日本で活動する実行部隊(オペレーション担当)は工作員指揮官として、まず3人の現地工作員の指揮に当たる。そして、工作員はそれぞれ3人の配下(協力者)を抱え、3人の配下もさらに3人の部下を抱える。つまり、1人の指揮官が3×3×3=27人の工作要員を指揮して情報収集などに当たっている。CIAエージェントとされる中には、本人が意識せずにCIAに対して情報提供をする者も含まれる。

外交官や軍人に偽装するOCS(Official Covers)と民間人に偽装するNOCS(Non Official Covers)とに分かれ、それぞれ活動しているというが、最近はNOCSを増やしつつあると分析されている。その理由は、2001年9月11日、米国で起きた同時多発テロが関係する。

 要するに、通常総勢、数百人もの工作要員が活動しているというのである。それが東日本大災害による福島原発の破壊に伴うデーター収集や、混乱に乗じたる各国のスパイの増員により、CIAも当然増員されているものと思われる。ようするに、スパイ防止法すらない日本はまさにスパイ天国というわけである。

★吉田茂

幼児に横浜の富裕な貿易商、吉田健三の養子となり、東京帝国大学政治科を卒業後、外務省に入省した。大久保利通の次男、牧野伸顕伯爵の長女、雪子と結婚。

 天津総領事、奉天総領事、イタリア大使、イギリス大使を歴任した。

 吉田茂は取り巻く人間を通して、ロスチャイルドの影響を受けていた。

太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941年9月6日の「帝国国策遂行要領」に関する所謂「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」とは吉田茂。

元自民党総裁=麻生太郎の祖父。

★辰巳栄一 (1895年1月19日ー1988年2月17日)

コードネーム「POLESTAR―5」

元陸軍中将
戦後の連合軍占領中は旧軍の反共主義工作機関「河辺機関」を率いた。警察予備隊の幹部人選に駐英武官当時からの上司であった吉田茂の腹心として関与。
内閣調査室や後の自衛隊の設置に関わる資料をアメリカ政府に流していた事が2009年10月、有馬哲夫・早稲田大学教授のアメリカ国立公文書記録管理局における機密解除資料調査で確認された。1975年1月から1978年12月まで偕行社会長を務めた。

★緒方竹虎 (1888年1月30日 - 1956年1月28日)

コードネーム「POCAPON(ポカポン)」

ジャーナリスト、政治家。朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。栄典は正三位勲一等旭日大綬章。三男の緒方四十郎は元日本銀行理事。

緒方は12月にA級戦犯容疑者指名、1946年8月に公職追放、1947年9月戦犯容疑解除、1951年8月に追放解除となっている。A級戦犯容疑者指名がなければ、敗戦で社内の緒方派と反緒方派の対立が再燃して自らも調停に乗り出し、村山長挙社長が辞任していた朝日新聞社の社長に就任するはずであった。

追放解除の翌年にあたる1952年10月、第25回衆議院議員総選挙で福岡1区(当時)から出馬し、中野正剛の地盤を引き継いだうえに地元財界の支持を得て当選する。

第4次吉田内閣で当選1回ながら、国務大臣兼内閣官房長官、さらに副総理に任命され、翌1953年5月成立の第5次吉田内閣でも副総理に就任した。この政界での急速な階梯昇段の要因には、吉田茂の政治指南役だった古島一雄の紹介や、吉田が重光葵の後任として東久邇宮内閣外務大臣に就任したのが、近衛文麿と緒方の推薦によるものだったことなどが挙げられる。

なお、緒方は政界復帰前の1952年4月、吉田茂、村井順とともに、アメリカのCIA、イギリスのMI5、MI6などを参考にして、内閣総理大臣官房に「調査室」という小さな情報機関を設立した。これが現在の内閣情報調査室の源流である。

緒方は、これとは別に強力な情報機関、いわゆる日本版CIAを新設する構想を持っており、吉田内閣入閣でこの構想は一挙に表舞台に登場したが、国会や外務省、世論の激しい批判を浴び、第5次吉田内閣の下で内調の拡充・強化を図るにとどまった。しかし、このときの緒方の動きを、アメリカCIAは高く評価した。

★岸信介 (1896年11月13日 - 1987年8月7日)

言わずもがなスパイ。岸の『系譜』の政治家は、CIAのスパイである。
政治的に岸は日本の歴代首相のだれよりも右寄りだった。岸は、APACL(アジア人民反共連盟)、MRA(道徳再武装
運動)、統一教会など、右翼組織やCIAのフロント組織に深く関わっていた。

 首相をしりぞいた二年後の1962年9月には、東京で5日間にわたって開催されたAPACLの会合で基調演説を行なっている。また、日本郷友連盟や祖国防衛同士会など、民主主義の粉砕と天皇の政権復帰を擁護する極右団体の顧問もつとめた。
 岸は首相在任中に、日本を訪れたMRAの代表達に次のように挨拶している。「諸君は全世界に対して道徳的バックボーンを与えるようにしておられる。私はMRAが6週間にわたって(1960年5月から6月までの期間)我が国に与えた圧倒的な影響力に対して感謝の気持ちを表明したい」時あたかも、岸打倒を叫ぶ運動がピークに達しており、MRA代表団の訪日のタイミングのよさには目を見張るものがあった。

 岸は日本でもっとも反動的な首相だった。1957年から60年までの短い首相在任中に、岸内閣は史上まれに見る反進歩的な法案を提出した。一つは1958年、警察官の権限を拡大強化する警職法(警察官職務執行法)改正案であり、もう一つは1948年に廃止された紀元節の復活であった。統一教会といえば、CIAの命によりKCIA(韓国中央情報局)が組織し、操る宗教団体であることが後に明らかになった。岸と教会との密接な関係を示す一例として1974年5月、東京の帝国ホテルで開かれた『希望の日』実行委員会主宰の大晩餐会がある。『希望の日』とは、教会の世界的宣伝キャンペーンの一環の集会名だが、同実行委員長が岸信介だった。(『週刊新潮』1974年5月23日号より)>

★ハリー・カーン

ニューズウィークの元編集長。岸信介の英語の教師。ハリー・カーンはGHQの「アメリカ対日協議会」(ACJ)のエージェントだった。ACJはA級戦犯の釈放、公職追放された旧官僚の復職、解体された財閥の復興を仕切ったことで、戦後の日本に「ジャパン・ロビー」ともいうべき組織を作り上げていた。その中心メンバーなのに、その実態は本当に闇に包まれ日本国民には知られていない。日本のニューズウィーク編集部は今でもCIAのたまり場。

★児玉誉士夫 (1911年(2月18日 - 1984年1月17日)

日本の右翼運動家、黒幕、CIAエージェント。
暴力団・錦政会(後の稲川会)や東声会の顧問で、これら反社会勢力はCIAの行動隊。

朝鮮戦争(50年―53年)当時、CIAの前身である米戦略サービス局(OSS)の旧幹部グループは、右翼の児玉誉士夫氏らと組んで、日本の貯蔵庫から数トンのタングステンを米国に密輸、ミサイル強化のためタングステンを必要としていた米国防総省に1000万ドルで売却。これを調べている米メーン大学教授の資料によると、CIAは280万ドルを児玉にその見返りとして提供したという。

アメリカの国立公文書館が公開したCIA・中央情報局の機密文書に記されていたものによると、東西冷戦の初期、CIAは「右翼の大物」と言われ、戦犯の疑いで逮捕されたあと釈放された児玉誉士夫氏や、元陸軍参謀の辻政信氏らと接触し、中国など、共産圏の情報収集活動に当たらせたということだ。 しかし、文書の中でCIAは、こうした試みは、工作資金を持ち逃げされたり、情報をねつ造されるなどしてほとんど役に立たなかったと分析している。特に、児玉氏については「自身の富や権力を得ることが目的で、母国の将来には関心がなかった。諜報員としての価値はないに等しい」と酷評している。

★笹川良一 (1899年5月4日 - 1995年7月18日)

日本の政治運動家、右翼活動家、社会奉仕活動家。CIAエージェント。

★正力松太郎 (1885年4月11日 - 1969年10月9日)

コードネーム「PODAM」
読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍の、コードネーム・スパイ組織暗号名は、「ポハイク POHIKE」 

ペンタゴンの資金提供で、日本テレビは創立される。
読売新聞と日本テレビはフル稼働で原子力のイメージアップに努め、CIAは原子力に対する日本の世論を転換させたのは正力の功績だと認めている。

日本の警察官僚、実業家、政治家。元読売新聞社社主。従二位勲一等。富山県高岡市名誉市民。京成電鉄OB。長期わたって、CIAエージェント。 正力松太郎や、読売ジャイアンツとの関係で、野球は警察利権。CIAの管轄下にある。

マスコミ操作を通じアメリカが常に「善」であると日本の市民を洗脳し、アメリカを批判する言論をマスコミに「登場」させない。アメリカ映画、音楽を大量に流し、アメリカが「すばらしい」国だと連日宣伝することが目的だとアメリカ国立公文書館 米国政府の心理戦争局の内部文書に書かれている。 

★渡辺恒雄

読売新聞経営者。敗戦当時、日本にはテレビ局はNHKしか存在しなかった。米軍は3S作戦実行のため、戦前からのCIAスパイである読売新聞の創立者、正力松太郎とその部下渡辺恒雄(現在の読売新聞・経営者)に「命令」し、CIA直営のテレビ局として日本テレビの創立を命令する。CIAスパイエージェント正力松太郎は、CIAの資金で読売新聞を日本最大の新聞に育て上げるが、戦争中読売新聞は、日本の中国侵略と日米戦争を大々的に「アオッタ」新聞である。日本に中国侵略と日米戦争を行わせる事は、CIA新聞である読売新聞を使った米国の戦略であった。

正力松太郎と渡辺恒雄がCIA工作員として、読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍を創立し、その経営資金がCIAから出ている事実は、米国政府の心理戦争局の内部文書Records Relating to the Psychological Strategy Board Working Files 1951-53に明記されている。

米軍が武器を持ち日本に駐留し、日本を支配下に置いているように、読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍は、米軍の「兵器」として「作られた」。

 政治部の渡辺記者は大野番として出発したが、大野伴睦や児玉誉士夫に密着して子分役を務め、暴力団の東声会のクラブの運営委員に連なったり、ロッキード事件の前にワシントン特派員として、児玉の対米窓口を果たしたとも噂された。また、児玉が乗っ取った出版社の「弘文堂」では、若き日の中曽根と共同経営者に名を連ね、その時の株主仲間には児玉や中曽根の他に、大橋富重、萩原吉太郎、永田雅一、久保満沙雄のような、戦後の疑獄史の裏面に出没した政商たちが、読売の現役記者だった渡辺と共に名を連ねている。

★船橋洋一

朝日新聞が親中、新ロ論陣と左右に別れていた時代には、世論調査の信頼度も一定の範囲で存在したが、朝日新聞が小泉純一郎政権以降、船橋洋一主筆を筆頭に急速に親米化一色になった時点で、マスメディアが持ち続けるべきジャーナリズム精神は失われた。
人民日報提携紙、同じ住所に東亜日報を置く朝日新聞は、CIA資料からCIAエージェントと明らかにされてから、記事内容も支離滅裂である。過去の高飛車な断定報道を無かったかの様にスルーし、追いつめられると言い訳ばかりで決して謝罪もしない低レベルのゴシップ新聞社である。

★東久邇稔彦 (1887年12月3日 - 1990年1月20日)

旧皇族、陸軍軍人、陸軍大将。位階は従二位。勲等は大勲位。功級は功一級。皇籍離脱後は東久邇 稔彦(ひがしくに なるひこ)を名乗った。

第二次世界大戦後、敗戦処理内閣として憲政史上最初で最後の皇族内閣を組閣した。連合国に対する降伏文書の調印、陸海軍の解体、復員の処理を行い、一億総懺悔を唱え国内の混乱を収めようとしたが、歴代内閣在任最短期間の54日で総辞職した。

★辻政信 (1902年10月11日 - 1961年に行方不明)

元陸軍大佐。政治家。衆議院議員(4期)、参議院議員(1期)。

旧軍人グループとの繋がりで反共陣営に参画。著書を次々出版しベストセラー作家としての知名度を確立した。旧軍の参謀だったという要素がプラスに働き、追放解除後の1952年に旧石川1区から衆議院議員に初当選。自由党を経て自由民主党・鳩山一郎派、石橋派に所属。石橋内閣時代に外遊をし、エジプトのガマール・アブドゥン=ナーセル、ユーゴスラビアのヨシップ・ブロズ・チトー、中国の周恩来、インドのジャワハルラール・ネルーと会談している。衆議院議員4期目の途中だった1959年に岸信介攻撃で自民党を除名されて衆議院を辞職し、参議院議員(全国区)に鞍替えして第3位で当選した。

2005年(平成17年)に公開された、米中央情報局(CIA)極秘文書には『辻政信ファイル』が存在する。しかし、経験不足で諜報活動は失敗に終わった」としているほか、日本の再軍備をもくろんでいたとしてアメリカ側が警戒していたことが記されている。

★五島慶太 (1882年4月18日 - 1959年8月14日)

1944年(昭和19年)、東條英機内閣の運輸通信大臣に就任し、名古屋駅の交通緩和や船員の待遇改善などに貢献する。終戦後の1947年(昭和22年)、東條内閣の閣僚だったという事で連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって公職追放者指定を受けた。公職追放後も影のご意見番として事実上企業活動に参加。大東急分割騒動の際も、むしろ自ら企業分割を推奨し大東急再編成の推進役を果たした。東急電鉄創業者。

★秋山浩
(旧731部隊情報提供者)

★有末精三 (1895年5月22日 - 1992年2月14日)

元陸軍中将 駐留米軍顧問 日本郷友連盟会長
CIAの記録によると有末とその部下は在日中国共産党員に情報を売っていたとされている。戦時中から、アメリカと中国共産党の二重スパイか。

★麻生達男 詳細不明

★福見秀雄 (1914年4月20日 - 1998年12月19日)

昭和時代後期の微生物学者。(旧731部隊関係者)
昭和22年創設の国立予防衛生研究所入所、細菌部長をへて、53年所長。55年長崎大学長。
藤野恒三郎と腸炎ビブリオを発見。インフルエンザワクチンの開発、集団接種などに力をそそいだ。死去。84歳。愛媛県出身。東京帝大卒。

★服部卓四郎 (1901年1月2日 - 1960年4月30日)

戦時中からアメリカのスパイであることが疑われる。
元陸軍大佐。
1942年(昭和17年)8月に始まったガダルカナル島の戦いにおいては、現地を視察した際、「補給路が確立されつつあり、この点について問題なし」と実情とかけ離れた報告をした。結果、陸軍は3万人以上の部隊を投入したが、撤退できたのは僅かに1万人足らずだった。

終戦後は、チャールズ・ウィロビーの元で日本の再軍備にかかわる。当初は、創設される警察予備隊の幕僚長に任じられる予定であったが、公職追放された人物を入隊させることはできないと民政局及び吉田茂首相(吉田に進言したのは辰巳栄一元中将を中心としたグループ)が反対したため、服部の幕僚長就任は実現しなかった。

1952年(昭和27年)10月31日付のCIA文書によると、服部らは、自由党の吉田茂首相が公職から追放された者や国粋主義者らに敵対的な姿勢を取っているとして、 同首相を暗殺し、民主党の鳩山一郎を首相に据える計画を立てた。辻政信が「今はクーデターを起こす時ではない」と服部らを説得し、服部らはクーデターは思いとどまったものの、政府高官の暗殺を検討したという。

★今村均

元陸軍大将。戦場で将兵の守るべき教訓を列挙した訓示、いわゆる「戦陣訓」を作成 した。「生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪禍の汚名を残すことなかれ」。
インドネシアでは、民族独立を目指すスカルノとの友情を貫き、ラバウルでは陸軍7万人の兵を統率して、米軍の攻撃をもの
ともせずに、玉砕も飢えもさせずに敗戦まで持ちこたえ、無事に帰国させた。

オーストラリア軍の禁錮10年の判決により、1949年(昭和24年)に巣鴨拘置所(巣鴨プリズン)に送られた。だが今村は「(未だに環境の悪い南方で服役をしている元部下たちの事を考えると)自分だけ東京にいることはできない」として、1950年(昭和25年)には自ら多数の日本軍将兵が収容されているマヌス島刑務所への入所を希望した。

積極的にスパイ活動に関与したとは思えない。

 戦犯として捕まった部下を救うために、自ら最高責任者として収容所に乗り込み、一人でも多くの部下を救うべく奮闘した。帰国後は、部下や、遺族の生活のために奔走した。その姿はマッカーサーをも感動させたのである。政治家や官僚、企業経営者の責任が問われる今、責任をとるとはどういうことか、今村将軍の生涯を振り返えれば答えが出るであろう。

★石井四郎 (1892年6月25日 - 1959年10月9日)

(旧731部隊長)
元陸軍軍人、軍医。関東軍防疫給水部長、第1軍軍医部長を歴任する。階級は陸軍軍医中将功三級医学博士。731部隊の創設者として防疫活動に従事した。多くの人体実験を行い細菌兵器を開発したとされる。

★賀屋興宣 (1889年1月30日 - 1977年4月28日)

コードネーム「POSONNET-1」

広島県広島市出身の大蔵官僚〜政治家。
大蔵(現財務省)官僚は、アメリカCIAのスパイである。

戦後A級戦犯として極東国際軍事裁判で終身刑となり、約10年間巣鴨プリズンに服役。

1955年(昭和30年)9月17日に鈴木貞一、橋本欣五郎らと共に仮釈放。1958年(昭和33年)赦免。同年第28回衆議院議員総選挙に旧東京3区から立候補し当選(以後5回連続当選)。岸信介首相の経済顧問や外交調査会長として安保改定に取り組んだほか、池田内閣の法務大臣、自民党政調会長などを歴任し、自由民主党右派・タカ派の政治家として有名だった。

1972年(昭和47年)、政界引退。「自由日本を守る会」を組織、中華民国擁護など独自の政治活動を続けた。

アメリカ共和党、中央情報局(CIA)や中華民国の蒋介石政権と強固な人脈を持ち、日本遺族会初代会長となる等、国際反共勢力、自民党、右翼のトライアングルを結ぶフィクサーとして国内外の右翼人脈を築いた。2007年(平成19年)に開示されたアメリカ国立公文書記録管理局所蔵の文書に、CIAの協力者(日本反共化のためのスパイ)だったことが記されている。

★小宮義孝 (1900年 2月18日埼玉県にて出生。

元東京大学医学部助教授国崎定洞(ドイツ共産党日本人部創設者で、旧ソ連に亡命後スターリン粛清の犠牲になったコミュニスト)の親友であり、東大医学部助手時代に治安維持法違反で検挙され、上海に渡った経歴を持つ。七三一部隊の石井四郎・秋山浩・福見秀雄と同様に細菌戦関与を疑われたが、もともと治安維持法で検挙され東大医学部助手から上海へ左遷された左翼。この小宮義孝を唯一の例外として、今回機密解除されたCIA個人ファイルには、左翼関係者は公開されていない。

★久原房之助 (1869年6月4日 - 1965年)

明らかにスパイ。
衆議院議員当選5回(16、17、18、19、25回総選挙)。逓信大臣、内閣参議、大政翼賛会総務、立憲政友会(久原派)総裁を歴任。日立製作所創立の基盤となった久原鉱業所(日立銅山)や久原財閥の総帥として「鉱山王」の異名を取った。義兄の鮎川義介と共に「政界の黒幕・フィクサー」と呼ばれ、右翼に資金を提供して二・二六事件に深く関与した。戦後はA級戦犯容疑者となり、公職追放となった。

明治の政商として活躍、藤田組を創業した藤田伝三郎は父・庄三郎の実弟にあたる。なお、庄三郎は伝三郎が「藤田伝三郎商会」(後の藤田組、現在のDOWAホールディングス)設立の際には共同経営者として名前を連ねている。

2回結婚しており(最初の妻が鮎川義介の妹・キヨ)、妾腹の子を含めると3男10女計13人の子に恵まれた。長女は元衆議院議長・石井光次郎に、三女は大隈重信の孫・信幸に、四女は元東京急行電鉄社長・五島昇に、八女は元スタンレー電気社長・北野隆興に嫁ぎ、九女と十女は米国人と結婚している。孫にシャンソン歌手の石井好子と元東急建設社長の五島哲、スタンレー電気社長の北野隆典がおり、曾孫に詩人・フランス文学者の朝吹亮二が、玄孫に小説家で第144回芥川龍之介賞を受賞した朝吹真理子がいる。

★前田稔 (1945年3月1日 - 1945年10月1日)

元海軍中将。航空艦隊司令長官。
「親ソ」でコミュニストの可能性。海軍内で暗躍したさほどの形跡はない。

★野村吉三郎 (1877年12月16日 - 1964年5月8日)

日米開戦時の駐米大使。
昭和初期に活躍した日本の海軍軍人、外交官、政治家。和歌山県和歌山市出身。位階勲功等は海軍大将従二位勲一等功二級。

終戦後の1946年(昭和21年)8月に、野村は公職追放となるが、ACJ(アメリカ対日協議会)の面々は積極的に野村に近づき、定期的に(違法ではあるが)食料や煙草を送り、経済的に苦しい野村の便宜を図った。メンバーの一人であるウィリアム・リチャーズ・キャッスルは、野村を「日本を正しい道筋で、再び重要な国家となるように再建するのに役立つ人物の一人だ」と評した。

1953年(昭和28年)3月24日、同郷の松下幸之助に請われ、松下電器産業の資本傘下となった日本ビクターの社長に就任。空襲による会社や工場施設の焼失、戦後の労働争議などでの危機的経営を創生期の親会社で疎遠となっていたアメリカRCAと技術支援契約を結び再建の道筋をつける。

追放解除に伴い、吉田茂の要請で再軍備問題の調査にあたり、海上自衛隊の創設に深く関わる。これが縁で1954年(昭和29年)の第3回参議院議員補欠選挙(和歌山選挙区)に出馬・当選し、参議院議員となり、続く第5回参議院議員通常選挙(和歌山選挙区)にも当選した。
自由民主党に参加して、防衛政策を担当した他は、外交調査会会長を務め、松野鶴平の参議院議長就任に伴い党参議院議員会長に就任した。鳩山内閣・岸内閣で防衛庁長官への起用が取り沙汰されたが、日本国憲法における文民統制の観点から見送りになった。その後の人事では旧軍・自衛隊の士官経験者の防衛庁長官も誕生しているが、当時としてはまだ時期尚早で、なによりも野村が旧海軍軍人として大物過ぎたこと、そして日米開戦時の駐米大使としてあまりにも有名でありすぎたことが逆にたたる結果となった。

★大川周明 (1886年12月6日 - 1957年12月24日)

積極的にスパイ活動に関与したとは思えないが、CIAは、満鉄の情報を収集していたのではないだろうか。

日本の思想家。 1918年、東亜経済調査局・満鉄調査部に勤務し、1920年、拓殖大学教授を兼任する。1926年、「特許植民会社制度研究」で法学博士の学位を受け、1938年、法政大学教授大陸部(専門部)部長となる。その思想は、近代日本の西洋化に対決し、精神面では日本主義、内政面では社会主義もしくは統制経済、外交面ではアジア主義を唱道した。晩年、コーラン全文を翻訳するなどイスラーム研究でも知られる。

★小野寺信 (1897年9月19日 - 1987年8月17日)

元陸軍少将。
スウェーデン公使館付武官に発令され、翌年1月、ストックホルムに着任し太平洋戦争を迎えた。1943年(昭和18年)8月、陸軍少将に進む。
この頃からSD国外諜報局長であるヴァルター・シェレンベルクと共に和平工作に従事する。敗戦後の1946年(昭和21年)3月に日本に帰国復員したが、同年7月まで4ヶ月間戦争犯罪人として巣鴨プリズンに拘留された。

★重光葵 (1887年7月29日 - 1957年1月26日)

第二次世界大戦期の、日本の外交官・政治家。
1943年(昭和18年)11月の大東亜会議を開くために奔走。人種差別をなくし亜細亜の国々が互いに自主独立を尊重し対等な立場での協力を宣言した。

公職追放解除後、改進党総裁・日本民主党副総裁を務めた。鳩山一郎派と合同して日本民主党を結党させる。1955年(昭和30年)の保守合同で自由民主党結党に参加。

★下村定 (1887年9月23日 - 1968年3月25日)

元陸軍大将。政治家。
終戦時下村は満州におり、下村の帰国まで東久邇陸軍大将宮が陸軍大臣を兼務している。第5回参議院議員通常選挙で全国区から出馬、当選し参議院議員を1期務めた。

★和知鷹二 (1893年2月1日 - 1978年10月30日)

元陸軍中将。1946年(昭和21年)1月、戦犯容疑(橘丸事件)で逮捕され巣鴨拘置所に拘留。1948年(昭和23年)4月13日、重労働6年の判決を受け、1950年(昭和25年)8月に仮釈放された。

★和智恒蔵 (旧姓・大野、1900年7月24日 - 1990年2月2日)

元海軍大佐で、硫黄島では海軍警備隊司令を務めた。
1946年4月25日から9月まで巣鴨プリズンに拘禁された。戦争から生還したことに責任を感じて出家し、天台宗の僧侶になる。硫黄島協会を設立して、慰霊と遺骨収集に生涯を捧げた。

★土肥原賢二

★中曽根康弘

ロッキード事件の発覚直後の1976年2月、中曽根康弘・自民党幹事長(当時)から米政府に「この問題をもみ消すことを希望する」との要請があったと報告する公文書が米国で見つかった。裏金を受け取った政府高官の名が表に出ると「自民党が選挙で完敗し、日米安全保障の枠組みが壊される恐れがある」という理由。三木武夫首相(当時)は事件の真相解明を言明していたが、裏では早期の幕引きを図る動きがあったことになる。中曽根事務所は「ノーコメント」としている。

 この文書は76年2月20日にジェームズ・ホジソン駐日米大使(当時)から国務省に届いた公電の写し。米国立公文書館の分館であるフォード大統領図書館に保管され、2008年8月に秘密指定が解除された。

 ロッキード事件は76年2月4日に米議会で暴露されたが、ロ社の裏金が渡った日本政府高官の名前は伏せられた。

 与野党いずれも政府に真相解明を要求。三木首相は2月18日、「高官名を含むあらゆる資料の提供」を米政府に要請すると決めた。

 文書によると、中曽根氏はその日の晩、米国大使館の関係者に接触し、自民党幹事長としてのメッセージを米政府に伝えるよう依頼した。中曽根氏は三木首相の方針を「苦しい政策」と評し、「もし高官名リストが現時点で公表されると、日本の政治は大変な混乱に投げ込まれる」「できるだけ公表を遅らせるのが最良」と言ったとされる。
さらに中曽根氏は翌19日の朝、要請内容を「もみ消すことを希望する」に変更したとされる。文書には、中曽根氏の言葉としてローマ字で「MOMIKESU」と書いてある。中曽根氏はその際、「田中」と現職閣僚の2人が事件に関与しているとの情報を得たと明かした上で、「三木首相の判断によれば、もしこれが公表されると、三木内閣の崩壊、選挙での自民党の完全な敗北、場合によっては日米安保の枠組みの破壊につながる恐れがある」と指摘したとされる。

 文書中、依然として秘密扱いの部分が2カ所あり、大使館関係者の名前は不明だ。

 結果的に、事件の資料は、原則として公表しないことを条件に日本の検察に提供された。

★池田勇人

★佐藤栄作

2007年に公開された日本占領中のマッカーサーの諜報活動を詳述しているCIA文書など5万点に上る機密解除文書には、岸信介の弟である佐藤栄作元総理大臣が米国に対し「共産主義と戦うためにアメリカからの財政援助を願い出ていた」ことが書かれている。
また、佐藤栄作大臣(岸政権下の大蔵大臣)が当時の米国駐日大使館S.S.カーペンター大使館一等書記官と東京グランドホテルで秘密裏に会談し、資金援助を要請したことがS.S.カーペンター大使館一等書記官作成の覚書の中に書かれている。

米国のエージェントであった岸信介総理大臣が日本国民の反対運動を弾圧して調印した1960年の「日米安保条約」および米国のエージェントの佐藤栄作総理大臣が国民の反対運動を弾圧して調印した1970年「日米安保条約」は、調印した二人の日本国総理大臣が米国に買収されていたエージェントであった事実が暴露された時点で法的根拠を失い無効となるのは当然である。

なぜなら外国に買収された一国の総理大臣が買収した外国との間で調印した条約は無効となるからである。

★小泉純一郎

★竹中平蔵

★飯島勲

小泉元首相の秘書官だった。

★麻生太郎

第二次世界大戦後、中国とロシアが共産主義国になったため、日本を共産主義への防波堤に使おうと米国政府は考えた。日本が共産主義にならないよう米国は日本を豊かな国に育て、また巨大な米軍とCIAを日本に置き、日本を暗黙の「監視下」 に置いた。

その任務を担ったのが、初代CIA日本支局長ポール・ブルームであった。

ブルームは東京の渋谷区神山町22番地に住居を持ち、その近所には2008年現在の麻生太郎元首相の生家があった。当時の総理大臣吉田茂は麻生の祖父であり、麻生の家で、CIA日本支局長ブルームと吉田首相は、日本の経済成長や米軍駐留の政策について深夜まで話し合った。

やがてブルームは麻生太郎を自宅に引き取り、自分の「後継者」として、CIA日本エージェント=工作員として育てる。

★佐野忠克

鳩山由起夫政権時の政務担当首相秘書官。
首相秘書官の内訳は、慣例的に政務担当1名、事務担当4名の計5名で構成され、それぞれ外務省、財務省、警察庁、経済産業省の各省庁から1名ずつ出向する形で就任する。財務省出身者が事務秘書官の中で筆頭格とされ、他の事務秘書官よりも年次が上の者が就けられる。

佐野忠克氏は、1969年(昭和44年)4月 通商産業省入省、 1993年(平成5年)8月 総理府 細川護熙内閣総理大臣秘書官(事務担当)につき、鳩山総理と接点ができている。

当初、鳩山総理は、小泉元首相の秘書官だった飯島勲氏のように、芳賀大輔氏を首相秘書官に起用する予定だったようだが、偽装献金事件で潰されてしまった。だから、旧知の佐野氏に白羽の矢が立った、ということだ。

平野博文官房長官は14日午後の記者会見で、鳩山由紀夫首相とともに訪米して米国に残っている佐野忠克首相秘書官が、スタインバーグ国務副長官と会談することを明らかにした。米国務省「ナンバー2」が日本の首相秘書官と会談するのは極めて異例。米軍普天間飛行場移設問題について、佐野氏は日本側の検討状況などについて説明するとみられる。(時事トッドコム  2010/04/14-17:23)≫

また、記事の主旨には賛成できないが、「現代ビジネス」に「徳田虎雄との会談を仕掛けた佐野忠克首相秘書官」と題し、田崎史郎が書いている。(参照)

≪ 鳩山が動きだしたのは4月28日、徳之島出身の元衆院議員・徳田虎雄との会談からだった。そもそも徳田と会談したことがまず疑問だ。 徳田虎雄が1980年代に衆院奄美群島選挙区(定数1)で保岡興治と「保徳戦争」と呼ばれるほど激しい選挙を戦い、選挙違反で逮捕者が続出したこと、徳洲会の病院経営、彼の政治活動などを多少知っていれば、接触することにもっと注意を払っただろう。

案の定、会談内容は、同席した衆院議員の二男・毅からマスコミに公表された。毅は自民党に所属している。毅がマスコミに、あるいは自民党にすべて話してしまうことは容易に想像できたはずだ。
徳田が会談を受けた時、「これはトラップ(罠)かもしれない」という懸念を抱かなかったのだろうか。
 
この会談の設定は政務担当の首相秘書官・佐野忠克を中心に進められた。・・・佐野は鳩山と徳田との会談を他の秘書官はもちろん官房副長官・松井孝治らともほとんど相談しなかった。時期もまずく、住民の反対集会が4月18日に徳之島で開かれた後では、地元を説得しようとしてもできるはずがない。≫

★勝栄二郎 (元財務省事務次官)

★松元 崇(財務省)
★清水 治(財務省)
★竹歳 誠(財務省)勝栄二郎と東大時代からの盟友
★太田 充(財務省) 
★宇波弘貴(財務省) 
★小宮義之(財務省) 
★吉井浩氏(財務省) 
★井藤英樹(財務省)
★宇波弘貴(財務省)
★大串博士 衆議院議員(財務省出身)

★東京地検特捜部

東京地検特捜部の歴代トップは、全員CIAに留学し、CIAの対日工作員としての徹底的教育を受け、日本に帰国する。この教育を受けた者でなければ、東京地検特捜部、そして日本の警察機構の中で、上層部に出世する事は出来ない。

時には、防衛省の守屋事務次官の事件のように、米国CIAから東京地検への直通ファックスによる「摘発指令」が来ることもある。

★マイケル・グリーン CSISの日本部長

★ジェラルド・カーチス(コロンビア大学教授)=CIA工作員。

その妻・深井翠の父は深井武夫

日本を経済植民地にするためにマスコミに暗躍。要注意人物。大学教授、自民民主議員はCIA工作員多い。小泉純一郎と同じく、日本属国化の手先である。郵政民営化、消費税=法人税減税、外資による日本企業買収法、TPPは、米国の命令によってなされた。

 


 CIAエージェントリスト
★深井武夫 米国による日本情報統治の父。時事通信社

昭和24年(1949年)に当時アメリカ占領軍のC I E の調査担当のハ−バ−ト・パッシング博士等の推薦で、アメリカ、ミシガン大学のサ−ベイ・リサ−チ・センタ−に招かれた。そこで知ったことは、世論調査とともに科学的な市場調査の重要性であった。帰国後そのことはいち早く時事通信社にもたらされた。すぐにこの事が話題になり、市場調査研究会が結成され、日本で初めて世論調査を導入する。(時事通信社と共同通信はCIAによって設立された。)

★稲盛和夫

「アブシャイア・イナモリ・リーダーシップアカデミー」をCSIS内に作った。稲森は、生前から松下幸之助と昵懇で政経塾の世話人となってきた。その稲森が典型的な「ジャパン・ハンドラー」であるCSISに、政経塾メンバーを送り込むという構図。

★江口克彦

江口は松下幸之助の側近中の側近。松下の意向を受けで、松下政経塾の司令塔であるPHP研究所の社長になっでコントロールしていた。その人物が最高位に就任している以上、「みんなの党」は松下政経塾政権の別働隊と分析できる。

★加藤紘一娘、加藤亜由子
★中曽根康弘の孫、中曽根康隆
★小泉進次郎


 右の女性は、カーチス教授の娘・ジェニー
小泉進次郎 だけでない。3人とも、ジェラルド・カーティス教授とのコネで国際関係(SIPA)に入学。

★浜田和幸

CSISで研究員をしていた、国民新党所属の参議院議員。

★渡辺恒三

CIA指令「小沢抹殺」実行の主役の一人である。原発利権とCIA工作によって寝返った。国のレベルでも地方のレベルでも、渡辺恒三一族は従米ネオコンエージェント活動を主導している。

★渡辺恒三の息子、渡辺恒雄

グリーンの教え子で、肩書きもCSIS(シー・エス・アイ・エス)の研究員である。
鳩山・小澤の政権時、息子の恒雄が、前原誠司や枝野幸男ら民主党内の反小沢グループを何かあるとすぐにそそのかして民主党分裂策動を開始する。「七奉行の会」とかを作って定期的に会っている。ここに、岡田克也までがすぐにひきづられて連れて行かれる。そうして「アメリカとしては、鳩山、小沢のあとはお前たちに日本の政治を任せようと考えている」とマイケル・グリーンが、渡部恒雄と出てきて盛んに扇動していた。

★渡辺恒三の甥っ子、佐藤雄平

福島県知事

★松下政経塾

★前原誠司

★長島昭久

SAIS(ジョンズホプキンズ大学高等国際問題研究大学院)ではプレジンスキー教授のゼミで仕込まれ、防衛省の政務官を経て野田の首相補佐官。マイケル・グリーンの使い走り。

★玄葉光一郎

★長浜博行

★樽床伸二

★創価学会

自民党にCIAの政治資金を流すと同時に、会館に名を借りてCIAの事務所・拠点を建設。

★池田大作

★統一教会

CIAが文鮮明(ムン・ソンミョン)に作らせた教団。公明党が出来てからは創価学会に代わって自民党に政治資金を流すと同時に、統一教会の資金で各国会議員に秘書を提供している。秘書と言ってもCIAの情報網であり議員の監視役である。

★文鮮明(ムン・ソンミョン)

★電通

★NTT

もともとCIAが作った通信網。

★時事通信社

CIAが作った通信社。

★共同通信社

CIAが作った通信社。

★三宝会

竹下登元首相の指示で96年に設立された。新開、テレビ、週刊誌、政治家、官僚、評論家が集まって、自民党にとっで最大の脅威だった小沢一郎をメディアの力で抹殺する作戦が展開された。最高顧問は竹下登、世話人が高橋利行(読売新聞世論調査部長)、後藤謙次(共同通信 編集委員)、芹川洋一(日本経済新開政治部次長)、佐田正樹(朝日新開電子電波メディア局局長付)、湯浅正巳(選択出版)(肩書きはすべて当時)。いま現在は、共同通信、ホリプロ、朝日、毎日、読売、日経、TBS、日テレ、フジ、テレ朝、講談社、文春、プレジデント、選択、朝日出版社が会員だというから、狙われたら抹殺される。中曽根内閣によるバブル経済時代にCIAと結んで日本の核装備のために、原発の建設を財界とともに推進して、現在の破局の基盤作りをしていた。それに協力したのがマスコミという構図。

 ★田中健五

 「諸君!」初代編集長で文春タカ派路線の生みの親。文藝春秋の取材記者を経て、「諸君−!」から「文藝春秋」の編集長を経て、その後は社長にと出世していく。

大量の政府広報が記事のスタイルで、政府の機密費として文藝春秋に流れたことは、誌面を占めた政府提供記事で明白。
右翼の日本文化会議の機関誌が、内閣調査室の資金で文藝春秋から出て、保守的な言論活動を展開したわけである。


記事に戻る
コメント (0)
トラックバック (0)
コメントを投稿
独立アジアの光
スパイ天国日本(CIA)
「浮世風呂」のトップへ


31. 2013年8月19日 00:33:53 : jZFIFjd4nE
人類の富と英知の大半を握るじじいたちが自己中で他人を省みず責任感がないのは残念な事だ。興味があるのは自分たちの地位を維持する事だけなのか。まぁ栄枯盛衰は世の常だからじじいたちが未来永劫繁栄を続けなけれならない理由はないが。太古から帝国が誕生しては消えて逝った。今度の第四帝国はどれくらい続くのだろうか。第一や第二みたいに1千年も持つとはとても思えないけどね。

32. 2013年8月19日 01:11:04 : 6OzR626LxQ
オバマが敵か味方か今少し判らないが、エジプト情勢はNHKやフジが厳しく批判的に報道する勢力が我々の味方と思っていいのではないかと思います。引っ掻き回して判りにくくするのはいつもの手口なのでダマスコミが味方する方が海賊盗賊連中とリトマス紙的判断すればシンプルではありませんか。

33. 2013年8月19日 11:29:47 : PATHA3zMIc
32さん、まさにそうです。
そして、オバマ大統領が味方か否か?
これは、暫定軍事政権に対し、オバマ大統領は130憶ドル
の軍事援助資金を凍結するかどうか?
これが凍結されれば、偽ユダヤ勢力であるイスラエル極右
アメリカ国内偽ユダヤ勢力、彼らの飼い犬である暫定軍事政権
にとって大打撃でしょう。
一挙に情勢はムルシ派に有利になる。
話しは違うが今エジプトで起こっている事は
ユダヤを糾弾するジャーナリストなら最重要な事件です。
しかし、独立党は、一切口にしません。
私は、非情に怪しい存在だと最近思うようになりました。

34. 2013年8月19日 12:29:19 : PATHA3zMIc
フィフィさんが叫びをあげている。しかし、オバマ大統領に私は期待したい。
オバマ大統領は、エジプト政府を強く非難、合同軍事演習の中止、今後の追加措置に
ついて検討を指示した。
130憶ドルの軍事援助なんてもう出来ないだろう。金で雇われてる軍部は
もう偽ユダヤの言うことは聞かないのではないか。明日オバマ大統領の休暇あけに
何かしら事態は動く。
http://news.goo.ne.jp/topstories/world/163/5d946f94ef7387a3a700b3b7163a3527.html

35. 2013年8月19日 19:17:24 : ywlUh2tU2c
30氏の引用より

>日本で活動する実行部隊(オペレーション担当)は工作員指揮官として、まず3人の現地工作員の指揮に当たる。そして、工作員はそれぞれ3人の配下(協力者)を抱え、3人の配下もさらに3人の部下を抱える。つまり、1人の指揮官が3×3×3=27人の工作要員を指揮して情報収集などに当たっている。

枝葉だが、1人の指揮官が擁しているのは39人、指揮官を入れてちょうど40人の部隊になる。

 工作員3人の配下は1人につき3人なので、3×3=9人。
 配下9人の部下も1人につき3人なので、9×3=27人。
 工作員+配下+部下の数は、3+9+27=39人

指揮官を入れて40人の部隊となる。
 


36. 2013年8月20日 20:35:36 : LUY7210Iq6
>>25

マスゴミが一行何か書いただけで信じる
これだから日本人ってヤツはダメダメなんだよな


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト11掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧