★阿修羅♪ > 議論31 > 110.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ フィフィ テレビで韓流批判・在日朝鮮人批判をぶったところ即時に追放
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/110.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2013 年 9 月 14 日 23:53:48: KqrEdYmDwf7cM
 

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396614675/asyuracom-22

5つ星のうち 5.0 日本の友フィフィさんの問題提起から見えてくる日本人と日本の今
2013/9/14
By 中西良太 / Ryota Nakanishi

書評:本書で私が一番感銘を受けた驚きの知的発見は、イスラムと日本文化圏の男女交際にみる文化論的比較から導きだされた男女交際への社会的責任の価値観の差異と本来的な交際の在り方の再発見である。現代日本では、男女交際は親族には秘密で、了承理解などを男性側がまず得ようとせず下心ありげなコソコソした責任逃避型、密会型の交際先行になりがちだが、イスラムではまずはお互いが相手の家族に各自了承理解を得て、交際へ伴う一切の相方の家族へ伴う責任をも負う事を納得の上で初めて真剣な交際をするという大変当たり前であるべきものである。しかも、それは日本の封建的な差別や拘束ではない。これは、恋愛や交際への責任について多くの読者に見失っている、いや、教えられる事のこれまでなかった何かを強く訴えるのは間違いない。フィフィさんの指摘されるこの交際の在り方の差異、ここに、性教育の基本がまずあるのではないのだろうか。フィフィさんの素晴らしい洞察に心底感激し、これまで自身にいつのまにか惰性的に身に付いていた堕落した交際観に反省させられたのには本当に感謝したい。

フィフィさんは本書で大きく三つの問題を提起している。1)現在の日本が革命前の従米政権下のエジプトの社会状況に類似していること;2)日本人が自国の諸問題に対して声を上げて議論をしないこと;3)国際感覚に欠如した若者の量産である。

第一章「日本人のおかしなところ」では、日本が問題提起自体がそもそもはばかれる社会であり、単なる言論統制社会よりもたちが悪いことが指摘されている。日本では、フィフィさんの言うような状況はお上と民の上下構造、政治や宗教と言った話題への職業上のタブー、戦時下での盲従的で、政治問題言及を封殺した労働の賛美、学生運動参加者は、安保闘争の当時だけでなく今もTPP反対や反原発闘争でも多数参加したし、実は逮捕され前科者となった人達もいる。就職活動でも政治、宗教や社会問題への言及はタブーで危険視され、排斥される社会である。日本は党国社会ではないが、雇用の現場では信教の自由はなく、基本的に政治活動や宗教活動は禁止されている。官僚主義や、憲法が依拠する欧米型の労働法と実態が矛盾している雇用システムに言論抑制の機能が巧みに組み込まれ機能しているからである。また政教分離がないという指摘も正しく、公明党のように創価学会の私的な宗教政党のような偽平和主義政党が従米軍国主義と手を携えてその亡国政権運営を今も支えている。彼らの役目はその似非平和主義による反対勢力の催眠的な武装解除であり、従米軍国主義の補完勢力に過ぎない。フィフィさんは、さらにここで日本好きと親日の差異の指摘や、排外主義による愛国教育の批判、欧米が望まぬアジアの結束、共同体設立の日本にとっての重要性、待機児童問題(就職前提と入園前提との矛盾)に絡んだ日本型雇用システムに於ける男尊女卑(例えば一般職と総合職は名称を変えただけの男女の従来の働き方差別区分の温存である)が少子化を生んでいることも指摘されている。日本社会のあらゆる差別及び差別意識はその男尊女卑の顔をも持つ日本型雇用システムから生まれているし、全てそこに読み取れるのである。そこに内包した部落差別、在日差別、性別差別、年齢差別、言論/思想差別など枚挙に暇がない日本社会の問題製造装置である。フィフィさんが指摘されていることは、日本型雇用システムの問題性と常にそれ自体絡んでいることが発見される。これを何も変革せずに国民の生活第一はまずありえない。欧米型をとる日本の労働法規と日本型雇用システムが矛盾している実態も見落とせない。
また、性問題に関しても、簡単に体を許し自身に無関心で、自身を大切にしない女性は大切にされないという道徳観は正しい。そうでないならば、責任感が本当にあるならば我々にはイスラム型の交際の在り方を実践できない道理はない。

第二章「フィフィを形作るもの」では、在日外国人への雇用差別の被害が痛ましい。フィフィさんが指摘されるように、日本国内では、外国語は基本的に一部を除いて多くの企業で全く使われない飾りである。外国人は基本的に正社員ではなく、銀行でも実態は契約社員(非正規)扱いである。彼女のように、英語を使わないのに要求され、語学留学させられ、就職できたとおもったら契約社員で頭打ちの自動解雇という無意味な悲劇を自動的に創出する社会は個人の人権を保護しその努力を還元する民主社会などではない。これ自体他国では異常事態である。ところがこれも日本人の国際比較無き世の中様の当たり前の基準になってしまっているためにおかしいなどと誰も思わないのである。フィフィさんの観点がおかしいのではない。 この社会は、おかしいと誰も気づかなければいつまでも何も変わらないのだ。

第三章「なぜ私は日本の為に意見しているのか」では、フィフィさんはエジプトに於ける外国人優先採用のもたらしたテロの根源を指摘したり、欧米や日本メディアが喧伝する民主化ではなく、ムバラク従米政権打倒こそがエジプト革命の意義であり、21世紀型のフェイスブック革命とでも言うべきソーシャルネットワークを利用した匿名の大衆の自覚的で、特定の組織や特定の指導者依存型の20世紀の古い革命の形式との差異を見事に分析されている。情報革命は革命の闘争形式の革命をももたらした事が偉大なエジプト人民の従米政権打倒の救国革命によって立証されたのである。日本では、官邸前デモがこれに近い。実は、エジプトだけでなく、日本も大使館や其の代理機関では、雑用業務は現地人を多く採用している。彼らが現地語を話せず問題対処に無能なだけでなく、スパイも入りこんでいるのである。監視されているのだという声を外務省職員から何度も聞いた。フィフィさん、エジプトだけではなく日本も現地人の安価な調達を優先しています。弊害はフィフィさんの言われる通りです。

第四章「外国人を甘やかす日本というシステム」では、日本人学生への逆差別が、例えば国内生への有償奨学金という名のローンと無償の本来の意味での奨学金が留学生に優先的に与えられていることの矛盾が指摘される。実は、補助金という形でも日本は中国の一流大学を資金援助している。彼らは日本以上に今や裕福なのにだ。国内の大学の設備更新や教育機関同士の就職斡旋競争が熾烈を極め多大な資金援助を必要としているのにだ。しかも学費だけは国費留学生は無料、国内生は欧米以上に高いのも逆差別である。ところが欧米やその他の国では其の反対なのだ。国内生の方が3分の1ぐらい安く済む。とにかくひも付き補助金を引き出す為に日本の大学は外国人をかき集めて留学させているというのは極論ではない。フィフィさんが指摘されるように、日本の官僚は日本人を増やす気はない。また、生活保護費の外国人への支給に疑義を呈されているのも有意義である。制度的にそれは本来日本国民に限定されるからだ。国民への逆差別である。

第五章「日本にとって未知のままのイスラム社会」では、先に挙げた交際観のイスラムと日本の差異の指摘が見事。またイスラムに於ける一夫多妻が夫の不貞や暴行の防止の為である事も明らかにされ、一妻多夫、多夫多妻等の婚姻制度の比較も貴重である。またエジプトのみでなく、トイレットペーパーをトイレに流さないのは中華圏も同じ。ただ、ピラミッド建設が奴隷制によらず労働者に依ったという点には歴史の詳細な検証が必要なので、直ちに納得はできない。それから、豚が不浄の物とされるわけはここで初めてよく理解できた。明治期にイスラムに出会っても、日本人は従米プロパガンダにより、テロリズムや宗教独裁と同一視しているのが誤りであること、日本人にとってイスラム理解が逆に日本人理解に繋がることが本章から理解できる。この点を見落としてはもったいない。

第六章「グローバルな視野を持つ為に」では、日本人の内向き、国際観の欠如が指摘され、出稼ぎや国際交流が推奨される。日本人の学生の内向きは、日本型雇用システムの新卒採用制がもたらす就職活動の脅威がもたらしている。そこでは、皆内向きにならざるを得ないのである。意識をそれを制約している社会制度の変革無しには意識自体を変える事はできない。また、日本人の側からの海外出稼ぎは日本人としての身分を維持できる程の所得水準を維持できる国でなくては、格差が大きすぎ日本社会に戻れぬリスクが多大である。駐在員と現地採用が海外勤務の基本形だが、今はそれもブラック化しつつある。駐在員と称して、実質現地採用というかたちで採用搾取するパターンが出て来ている。フィフィさんが、日本をまず知れと言われるのは正しい。日本の問題を知らねば、海外でその役に立つ事はあり得ないし、外国は日本人がその国内について理解している事を望んでいるからだ。日本を知らぬ日本人では国際化は駄目である。

終わりにフィフィさんは、こう日本人に呼びかけている。「外国人に『頑張って』は必要ありません。日本人が声を上げてください。」(本書、P.240)日本人は、自分で声をあげず、自分たちの社会問題でも他人にやらせるのか?自分たちの政治運動も他人任せでいいのか?では原発反対で逮捕された無名の学生達はどうなるのか?自分たちの適切な手段、媒体を通じて批判を行い伝播し、政治運動に匿名的な大衆の一部として積極参加していくべきである。

本書は全日本国民必読の書です。

アマゾン次郎 (綾瀬)

レビュー対象商品: おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ (単行本)
フィフィさんが、テレビで韓流批判・在日朝鮮人批判をぶったところ、即時にテレビ界から事実上の追放。ここまでは知る人ぞ知るのレベル。

ネットでも特定の勢力に無茶苦茶にたたかれていたが、ついにこの本が出た。よっしゃあ〜,買って読むぞお〜。

★ タレントや宣伝会社などをやっている在日からの圧力があったのは当然。よく出したなと思える本。

この本のいいところは、在日韓国人朝鮮人の反日本的な恐るべき存在、それだけを攻撃するのではなく、メディアの日本人への洗脳、一方的な情報操作、
はっきりと発言する人間を排斥するメディア(テレビおよび新聞などすべて)をターゲットにして、持論を展開していること。

わかりやすく、ストレート。

★ フィフィさんの生まれ育ちについてのエピソードがあちこちに書かれており、それはそれでいいのだが、我々読者は彼女が日本で生まれ育ったからという理由でこの本を買うのではない。
  正論だから。

すぐ読めるのでいいと思う。がんばれ。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月16日 13:07:26 : EUuJRlo6vU
だから、そう言う当たり前の事がさぁ、この国に長く住んでると、慣らされちゃって分からなく成るんだよね?。生まれた時には、在日に囲まれてる状況じゃ、まさに無理も無い。TVもマスコミも全部在日傀儡じゃなぁ?。洗脳から解放されるまで、どれだけ、かかるか。今、日本の現状ってさ、あ、ヤバいな、って事に気付いた人は気づいてる、って状況なんだよね?。そこからどうして良いのかは、勿論、誰も知らないし、教科書にも載って無いと言う状況だ。そうだなぁ、調度、キャッチ・セールスに引っ掛かって、その商品の良さの説明を受けている様な状況かな?。

02. 2013年9月18日 10:51:59 : 7CacKTUh7k
イスラム及び印度ヒンズー社会で多発する名誉の殺人への言及なしにイスラム賛美など出来ない。
イスラム原理主義は男尊女卑なんて生ぬるいものじゃないだろう。女性が何か声を上げれば襲撃されるかも知れない。
アフガンほどでないにしても今のエジプトだってそうだ。
そのイスラム圏で女性が置かれた残忍な現実を無視して日本社会が男尊女卑などと言ってもお笑いだろう。
そもそもエジプトがムバラク打倒後に良くなったようには全く見えない。
益々世俗主義と原理主義の対立は激化しているし、教会襲撃は続発している。
エジプト政権崩壊の真の目的はエジプトの分裂にあったのではないのか?その為にムバラクを切ったのではないのか。
エジプト軍部はイスラエルに占領されたガザ地区奪還の気持ちはない。あの地区の住民はムバラク政権後でもエジプトの買弁支配層に見捨てられ続けている。

03. 2013年9月18日 23:24:46 : 3PJAqRzx3M
>イスラム原理主義は男尊女卑なんて生ぬるいものじゃないだろう。女性が何か声を上げれば襲撃されるかも知れない。

それは、都市部中産階級(の女性)vs.地方貧乏男性という階級闘争の側面もあるので男女差別のみを突出させるのはどうかな。リベサヨ的偏向ですよ。


04. 2013年9月19日 20:34:50 : W18zBTaIM6
イスラムの事を何も知らないんじゃ無い?

これが真実:


_イエメンで8歳の「花嫁」が初夜に死亡、子宮破裂で 2013年 09月 12日

_[サヌア(イエメン) 10日 ロイター] - 中東イエメンで、わずか8歳で結婚させられた少女が、新婚初夜に内出血で死亡するという惨事があった。人権活動家らが明らかにした。

_人権活動家のArwa Othman氏によると、同国北西部のハッジャ県で、ラワンという名の少女が、自分の年齢の5倍にあたる40歳の男性と結婚式を挙げた。

その夜、2人は性行為におよび、ラワンは子宮破裂による出血で死亡したという。

_Othman氏によれば、現地当局は、ラワンの「夫」や家族に対して事情聴取などは一切行わなかった。

また、地元の治安当局者はそのような事件があったことを否定している。しかし、ロイターの取材に応じた2人の住民によると、この悲劇が報道で伝えられると、部族長らは事件の隠ぺいを図ったという。

イエメンでは貧しい家族が生活費を浮かせるため、もしくは夫から支払われる金銭目当てに幼い女児を嫁がせることがある。人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチが国連などのデータをもとに明かしたところによると、同国の少女の約52%が18歳までに結婚するというhttp://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE98B06820130912



05. 2013年9月19日 20:36:20 : W18zBTaIM6

これが真実

_投獄されたアフガニスタン少女の90%は何の罪だったのか? 2013-09-05


_見たこともない男といきなり結婚させられる。好きでもない男に無理やり強制結婚で性行為を強要される。

_結婚という形態を取っていても、実際にはカネで買われた身になって、見知らぬ男の家庭に入って奴隷のようにこき使われる。逆らえば、男の家族全員から虐待される。

_日本人には今どきそんな世界があるとは想像もつかないのではないだろうか。

しかし、そのような国が存在しているのである。それは「アフガニスタン」という国だ。

_この国では女性に発言権はない。結婚は自分が好きになった男とするのではない。父親が勝手に決めた相手と結婚する。あるいは、カネを払った相手に買われていく。

_結婚が10代の前半で決まることも多い。そして、相手は老人だったり、障害者だったりすることも多い。女性は、自分の知らない間に結婚を決められ、逆らうことは許されない。


アフガニスタンでの女性抑圧は言語道断のレベル

タリバンは今でも、戦争で手足を失ったり、大怪我をした男を「戦いのために命を賭けた勇敢な男」として、10代前半の少女と結婚する権利を与える。

タリバンが、それを決めるのである。そして、女性や女性の家族はそれに従わなければならない。

アフガニスタンではもうタリバン政権ではないが、タリバンは今でも多くの地域を押さえている。

アメリカが泥沼の戦争に嫌気を指して撤兵をしている今、アメリカの傀儡政権であるカルザイ政権はもはや風前の灯火だ。

アメリカがアフガンから完全撤退すると、またもやタリバンが勢力を吹き返して行く可能性は非常に高い。しかし、もうタリバンを止める勢力はなく、アフガニスタン女性は世界から見捨てられることになる。

アフガニスタンは狂信的なイスラム原理主義に覆い尽くされた国であり、たとえタリバンの支配下でなくても女性は、強烈なイスラム主義によって人生を押さえ付けられる。


06. 2013年9月19日 20:37:20 : W18zBTaIM6
_アフガニスタンでの女性抑圧は言語道断のレベルにある。

_自由な職業、自由な教育、自由な恋愛、自由な結婚は、アフガニスタンではあり得ないのだ。地方に行けば行くほど、イスラム主義の締め付けは強くなり、貧困が深ければ深いほどイスラム主義は狂信的になっていく。

_もちろん、アフガニスタン女性にも感情がある。強制結婚に対して激しい嫌悪を抱く女性もいれば、逃げ出す女性もいる。

ビビ・アイシャは強制結婚させられて逃げたが、夫に捕まって鼻と耳を削がれた。

(ビビ・アイシャ。削ぎ落とされた鼻の修復)http://www.bllackz.com/2010/10/blog-post_1848.html


アフガニスタン女性にも感情がある。強制結婚に対して激しい嫌悪を抱く女性もいれば、逃げ出す女性もいる。


_アフガニスタン女性の悲劇は、知られることがない

_レイプされたら、その相手と結婚しなければならない。なぜなら、レイプされたら純潔を失ったことになり、純潔を失うのは重い罪だからだ。

_レイプされるというのは、女性の罪になるのである。だから、アフガニスタンでは、レイプされた女性は、死刑かレイプ相手との結婚かの二者択一を強制される。

_(レイプ相手と強制結婚、結婚拒絶で硫酸、ブラ着用でムチ打ち)http://www.bllackz.com/2011/12/blog-post_03.html


あるいは、最初から妻を売春ビジネスさせることを目的に結婚する男すらもいる。拒否するとどうなるのか。下手すれば死んでしまうような、激しい虐待を受ける。

(アフガンの15歳の花嫁。売春を強制されるが拒否して拷問に)http://www.bllackz.com/2012/01/15.html

浮気はもちろん死刑だ。いや、浮気をしたと疑われただけでも死刑になる。誰が妻を死刑にするのか。アフガニスタンでは夫が妻を銃殺することもある。

(暴力の地に取り残された。公開処刑されるアフガニスタン女性)
http://www.bllackz.com/2012/07/blog-post_09.html


07. 2013年9月19日 20:38:11 : W18zBTaIM6
_こういったアフガニスタン女性の悲劇はほとんど知られることがなく、闇から闇へと消されて行く。

_こういった状況に絶望して、自ら火を付けて自殺する女性も多い。焼死を選ぶのが、他の国の女性たちと違う部分だ。

_他の国では焼身自殺を選ぶ女性はあまりない。しかし、アフガニスタン女性の自殺は、自らを「燃やす」のである。

_彼女たちは「男」に苦しめられ、自分が女であることに苦しんできた。焼けただれて「女」としての容姿を失ったとき、彼女たちは初めて男から解放されると考えているのかもしれない。

女であることはアフガニスタンでは重い咎(とが)でしかない。女たちは死んだ方がマシだと考えている。

焼けただれて「女」としての容姿を失ったとき、彼女たちは初めて「男」から解放されると考えているのかもしれない。


地獄のような社会が国際社会から忘れられていく

アフガニスタンでは、女性や少女が数百人単位で投獄されている。彼女たちの犯した犯罪は「モラル・クライムズ」と呼ばれている。モラル(道徳)を破ったのだ。

どんな道徳を破ったのか。

その多くは、「虐待する夫から逃げた」とか、「強制結婚から逃げた」というものだった。つまり、アフガニスタンでは夫からの暴力は受け続けなければならないものであり、強制結婚は受け入れなければならないものなのである。

そこから逃げると、「道徳に反した」ことになって罪人として刑務所に放り込まれるのである。

2013年5月21日、イギリスのBBC放送は、アフガニスタンでここ数年来、「モラル・クライムズ」で投獄される女性が増えたと報じている。

女性が反抗的になったという見方もできるが、実際はアメリカがアフガニスタンに興味を失い、どんどんイスラム主義が深まっていると考える方が事実に近い。

アフガニスタンで投獄される少女の90%、成人女性の50%は、この「モラル・クライムズ」で投獄されている。虐待する男から逃げて投獄されるとは、信じがたいがこれがアフガニスタンの現実である。

_これほど女性にとって恐ろしい社会を見たことがない。社会全体が強制結婚や、虐待を容認しているのだ。

_その中で、女性ができる唯一の行動は、「逃げること」しかないが、逃げても地獄なのである。そもそも、どこに逃げる場所があるというのだろうか。

_アフガニスタン全体が女性にとっては強制収容所のようなものであり、どこに逃げても女性には常に危険がつきまとう。

_こんな地獄のような社会が国際社会から忘れられ、アフガニスタン女性は闇の中で消されて行くhttp://www.bllackz.net/blackasia/content/20130905T0218260900.html?a=l0ll


09. 2013年9月27日 16:42:24 : X8K3Jt2Lhg
>>04>>05>>06>>07
いつまでもそんな圧政が不自然に続くのは、欧米のどこかがなにかし続けているんじゃないかと思う

10. 2013年9月30日 23:21:51 : FInNliXcKs
>>04 >>05 >>06 >>07

ムハンマドが聞いたら怒るだろう。イスラムの理念からかけ離れている。こういうのをイスラムと呼んでほしくない。
いまのキリスト教国などの実態も、イエスが聞いたら泣くだろう。
勿論日本の寺の有り様も釈迦にとっては自分の教えとは思わないはず。


11. 2013年10月01日 18:50:47 : W18zBTaIM6
ムハンマドは有名なロリコン

ムハンマドの先例があるから みんな8才、9才の少女と結婚したがる。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧