★阿修羅♪ > 議論31 > 118.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
世界の未来に貢献するニッポン(1)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/118.html
投稿者 stix 日時 2013 年 10 月 13 日 15:10:54: CWDPek5e8lCZQ
 

放射性セシウムの病理学など、極一部は知られていても、放射能の内部被曝の全容を知る者は、未だ誰もいない。

これは、世界を支配している、安全保障常任理事国を中心とした核兵器体制(ICRP、IAEAとWHOも含まれる)の下、放射性物質に関する情報は、軍事機密として徹底的に管理・隠蔽されてきたからだ。

言うまでもなく、世界に散在する原子力発電も、その核兵器体制を支える下部構造として機能してきた。
当然、それは今も続いている。そして実に不幸なことに、これまで、この厚い壁を打破できる存在はなかった。

ところが、近い将来、その不可能を可能にする展望が開かれようとしている。

それが、福島、東京、日本なのだ。

それは、決して英雄的な行為でなされるのではない。そんなことは、長い物に巻かれることで上手く漁夫の利を得ることを得意にし(安保体制とか)、「クウキ読み」という世界の諸民族の中でも稀有な芸当を習得した集団のできることではない。

それは、逆の行為、具体的に示せば、

・何よりも目先のカネ!という利権優先の隠蔽体質。
・イザとなったら制定法も無視する都合主義の出鱈目さ。(原子力災害対策関連法・原子力防災指針・原子力防災マニュアルなどの無視。)
・官僚組織・学界・マスコミ・企業群という全国規模での官民一体の徹底した放射能拡散。
・それらの結果としての大衆の無知、腐敗した医療、汚染された大気・水・食。

これら四位一体の内部被曝推進エンジンこそが、長きに渡る放射能機密の封印を解く鍵となるのだ。

それが世界の核兵器体制下でこれまで抑圧されてきた放射能被曝研究の遅れを取り戻す画期を人類に提供してくれる。

日本は、世界の未来に貢献する。それも自らを犠牲にして! みんな、胸熱だな。

IAEAによると、これから十数年間に稼動が予定されている原発は、新興国を中心に60器近くに及ぶという。
世界中に拡散する放射性物質によって子供らの未来に降り掛かる災厄を考えると、とんでもないことであるのは明らかだ。
どうやら無責任な輩だけは、世界に事欠かないらしい。

だが、どうやら我等が福島、東京、日本は、これらの阻止に間に合いそうなのだ。人口密度の高さも貢献してくれるに違いない。
注意深く見聞きする状況の推移は、それを十分に予感させている。

日本国民の諸君よ、これから、決して隠蔽することのできない巨大な現実の出現に大いに期待しようではないか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. stix 2013年10月13日 15:26:53 : CWDPek5e8lCZQ : FyodjO52js
したがって、東京オリンピックの開催に賛成する。
これは、世界に放射能災厄の恐ろしさを知らしめる上で効果的なだけでなく、長年に渡って腐敗してきたIOCの改革にも繋がることだろう。

02. 2013年10月16日 13:20:03 : YxpFguEt7k
山脇直司氏
「原発問題は、電力の約80パーセントを原発に依存し、六ヶ所村の再処理工場でも技術提供しているフランスのエネルギー政策の行方なしには語りえない。
 今晩はこの問題にコミットしているフランスの友人Rieu教授らと有意義な話ができた。今後は日本ードイツーフランスの学者間の対話を強めたい。」
https://twitter.com/naoshiy/status/390109651783516161

学者どうしの連携も、学問の領域も、(細かくフィットさせる必要はないけど)大きな時代の流れとともに変化させていくのがよいのかも。
世界はG2(米中)だけじゃない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧