★阿修羅♪ > 議論31 > 144.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マインドコントロールに対抗するために(2)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/144.html
投稿者 taked4700 日時 2014 年 1 月 04 日 05:42:46: 9XFNe/BiX575U
 

マインドコントロールに対抗するために(2)

 マインドコントロールと言っても、例えば広告、コマーシャルは合法的な普通のマインドコントロールの一種と言っていいはずです。なぜなら、メッセージを受け取る側も、そのメッセージの意図するところを知っているからです。

 サブリミナル効果によるマインドコントロールは、それを受ける側がマインドコントロールの意図を知らないわけで、これが全ての問題の根源です。以下、何がサブリミナル効果の破壊的な点なのかを述べます。

1.サブリミナル効果は送り手と受け手の間に力関係の大きな格差があります。送り手はある意味、受け手を自由に操れるわけで、これが対等な人間関係を破壊し、送り手の傲りを招きます。いわゆるモラルハザードが発生し、相当に身勝手な判断がされたり、受け手を一方的に搾取したりする事態になるわけです。

2.サブリミナル効果を受ける側は、本来自分自身の意思で物事を判断し、それなりに最善を尽くしているわけです。ところが、サブリミナル効果はそういった本来の判断を狂わしてしまいます。サブリミナル効果は普通一定の行動を起こさせたり、起こさせないというように、その時その時だけの目的に限って使われます。そのため、受け手の長期的なものごとの判断能力には影響を及ぼさないと思われている様子です。しかし、現実には違います。意識下でも、個人は環境からいろいろな刺激、つまりメッセージを受け取ってそれらに対して様々な形で反応をしています。無意識と言うものは、ポップコーンの映像を気が付かないうちに見せられて、その後数時間だけポップコーンを食べたくなるというようなもやもやしたその時その時にだけ機能してその後は全く何の影響も与えないものではなく、幼少時からずっと長い時間をかけて形成される、ある意味硬い核を持ったものであり、全ての行動の基礎となるものなのです。そのため、サブリミナル効果を受け取ると、無意識はサブリミナル効果によるメッセージも環境からの刺激、メッセージの一つとして受け取り、それに反応して、自分自身の体系を作り直しをしてしまいます。ほんのちょっとしたサブリミナル効果であれば、無意識の変化も少しであるため、あまり影響がないのかもしれません。しかし、一定程度以上に慢性的にサブリミナル効果が使われると、当然、そういったサブリミナル効果を受けて、無意識も変容し、本来の機能が損なわれてしまうはずなのです。また、より厳しい立場を取れば、ほんのちょっとしたサブリミナル効果であっても、無意識の機能にじわじわと決定的な影響を与えてしまう可能性があります。

3.つまり、無意識というものは、意識の基礎として、人間の意識的な判断や行動を支えているわけです。時代の気分とか、モラルとか、勇気とか、臆病さ、習慣や信仰と言ったものまでもある意味無意識が意識を支配する形態の種類だと言っていいのです。そして、これらは、それぞれ、その時々に国民一般や個人が環境に対して反応した結果形成されるものです。サブリミナル効果は、こういった無意識下での気分やモラル、習慣、信仰などの形成に影響を与えてしまうのです。これ自体が良い悪いという判断を必要とするものではないかもしれませんが、少なくとも、当事者が知らないうちに他者が故意に相手の気分やモラル、習慣、信仰と言ったものを変化させることが出来るということはかなり重要なことであり、勝手にそういったことが行われたら大変に困ることであるのは明らかです。

4.「虫の知らせ」とか第六感という表現があるように、一般的な感覚を超えた知覚が働くときがあります。自分は、何年間も連絡を取っていなかった中学校の同級生が結婚するときに、「虫の知らせ」でその人に電話をかけようとしたことがあります。また、自分の母が相当な怪我をしたとき、そのことを全く知らないはずの彼女から電話を貰ったことがあります。人間、または生命体全てと言っていいかもしれませんが、通常の知覚だけではなくて、何らかの日常を超えたものに対する感覚と言ったものを持っていて、それが全ての判断に対して高次のコントロールをしているのではないでしょうか。地球上の生命体は数十億年の時間をかけて進化をしてきましたが、そういった進化の過程で身につけた環境に対する対処能力の最も基本的なものが無意識にはあると思えます。そして、サブリミナル効果によるマインドコントロールは、こういった無意識へ本来は不必要な、有り得ない刺激を与え、無意識を変容させてしまう可能性があるのです。

5.生命と言うものは基本的に不可能への挑戦です。未知への挑戦、新しい創造と言ってもいいでしょうし、自分は、「自然の一投」という表現がとても的確であると思っています。その意味で、サブリミナル効果による無意識の変容も、生命の長い進化の過程で現れたある一つの出来事と捉えることもできるのかもしれません。しかし、少なくとも、今までとは異なって、一部の人間たちが他者を隠れてコントロールするわけであり、これは今までとは全く異なった支配の形態であるはずです。

 次回は、サブリミナル効果と合理性の関係について述べます。 

2014年1月4日05時25分 武田信弘 ジオログのカウンターの値:40940  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧