★阿修羅♪ > 議論31 > 192.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
思想戦の夢。そして日本の永遠の日常は続く
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/192.html
投稿者 暴論有理 日時 2014 年 7 月 10 日 01:00:28: Lhw6YrhSkkinE
 

思想戦ていうが、これは思想上の論争というわけじゃない。思想により戦線が分かつ、物理と論理が一致した戦いのことだ。
そして、それが独ソ戦のように国家や民族の境界にそって綺麗に相対する思想が、対峙するという戦争でもないのだ。

まあ、現代の日本人にはちょっとピンとこないだろうけど、学生闘争のロートル元左翼おんじ達には分かるだろう。
何しろ外部からは理解不能な思想的に微妙な差異で凄惨なゲバルトを行ったんだからな。
こりゃ、オタクでいえば、えばんげりおんが好きだ。ガンダムがすきかとか、AKBだ乃木坂何とかが好きだ嫌いだで、コロシアイを行ったようなもんなんだからな。それが酷く馬鹿らしいということじゃなくて、鬱屈した現代人からは夢想さえできない夢想と思想と行動の一致した時代の凶行ではあった。

しかしそれが他国のように左右のコロシアイがなかったということは重要だ。要するにその時代の思想的主流派内での内ゲバという形でしか日本では思想戦が現実化しないのだ。

たとえば戦前を思い返してみよう。前ナチ時代の突撃隊と赤色防衛隊の街頭での血で血を洗う闘争なんて日本には無かったが、統制派と皇道派のコロシアイは226事件までエスカレートした。

要するに日本では圧倒的弱者は調べ室で拷問死するぐらいのひ弱な立場にあるということだ。

それはまた、日本人がいかに思想に忠実ではない日和見的民族かということを物語っている。

戦中は天皇にために死のうとした軍人の多くが、中共やソ連の収容所で見事に転向したかを思えばぐうの音もでまい。

しかしだ、先進国の定義を経済的要件にしか考えられないジャパン人にいいたいが、先進国はすべからず思想戦を経て民主制に収斂して行った歴史があるのだ。

近代民主制の揺らんの地であるイギリスも市民革命で党派間の戦いで多くの血を流した。フランス革命しかり、19世紀の革命はすべからく自由主義者と保守派、王党派の戦いだ。

それが20世紀に入り社会主義と階級闘争の時代には入り内線と対外戦争は悲惨さと規模を極めた。

ロシア革命を見て見ろ。ボルシェビキやらメンシェビキ、社会革命党左派とかジャパンの70年代内ゲバを一億倍おおきくしたような思想軸にそった戦争が行われていた。今問題のウクライナでは赤軍白軍にくわえ、黒軍、緑軍までよつどもえいつどもえの激戦が、戦われていたのだ。ヨーロッパの果てのロシアにしてかくのごとし。ソルジェ二ーツィンの小説には政治的真実を見極められずどの党派でたたかうか苦悩するロシア青年が、描かれているがそれは昭和初期までのインテリ青年にとってはどこでも避けて通れない問題だった。

そして、ロシアでは敗者はすべからず収容所の露と消えて行った。

同じことはドイツやスペインでも起こった。保守派から民主主義者、社会民主主義者、急進社会主義者、共産主義者まで軍事組織、準軍事組織を作り思想戦を行ったが西欧では徐々に新種の左翼的保守あるいは保守革命派であるファシズムとナチスが、勝ち残って行った。

その後の国家と民族ごとに思想軸に沿って戦う戦争は正に絶滅戦争だった。

そして冷戦を経て経済システムである資本主義国家アメリカが勝利し、歴史の終わり?とともに思想戦の幕は降りた。

そこにあるのは物理的、形而下の経済競争だけだ。

もはや思想には一銭の価値もない。戦争を喚起するのはハリウッド然のワールドトレードセンターの倒壊を見て感涙するような妄衆への刺激と情動にもっぱら働きかけるのが戦争省や諜報局の常套手段だ。

そこにあるのはただ経済的格差だけだ。これを見て俺達先進国の住民はなんて不幸かなんて君達は思うだろう。しかしだ、欧米各国と日本じゃ上記のように経済競争だけに支配された社会へ至る経路が、違うのだ。

ジャパン人は純粋に個人の選択による思想戦を経て民主制へは至っていないのだ。敗戦の棚ぼたの農地解放同様にマッカーサーからフィリピン人民へやる予定だった民主制のお下がりをもらっただけなのだ。

だから人文達が住む社会もコントロールできないし、変えることができるなど、夢にも考えない。いや考えず、永遠の日常をニヒルに享受するのが世慣れた日本人の一番賢い生き方となっている。まあ、伝統主義に束縛された諦観以外に現実的思想がない日本人の悲劇といえよう。

そこでは物理的、論理的に対峙した思想戦はまさに夢の中の夢想にすぎない。「気分はもう戦争」なんて古い昭和のマンガより遠い妄想だ。この永遠の日常という平和が、徐々に苦痛にみちていくのも上記の理由による。
そして、経済格差が、実戦につながるというのもまた、夢想なのだ。

なぜなら人間はいかにでも可変であり、自己規定ができる存在であり、数千年前の原初の王国のように永遠の未明蒙昧な世紀を永遠に続けることも人類や民族には可能であることは歴史が証明している。震災後、デモ通い連中には無関心な日本の大衆こそが支配者の盤石であること、社会は不可変と盲信している国民こそ権力の基盤であることは焦心のうちに実感していることだろう。

そして、それがこの現代以後でも、ある民族が分解溶解までの数世紀、そのような精神的社会的状態を続けないとどこの学者が証明できるんだろう。

まさに今の日本人にとって思想戦は夢想だにしない夢なのである。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2014年7月11日 18:37:29 : 9XFNe/BiX575U : Wnug2b5lKc
>要するにその時代の思想的主流派内での内ゲバという形でしか日本では思想戦が現実化しないのだ

それは違うと思います。1970年代の内ゲバは権力側から仕掛けられたものであり、その究極の形があさま山荘事件であったはずです。あさま山荘事件が1972年にあり、その翌年にオイルショック、そして、電源3法ができ、原発立地自治体は補助金漬けになって行く。

>だから人文達が住む社会もコントロールできないし、変えることができるなど、夢にも考えない。いや考えず、永遠の日常をニヒルに享受するのが世慣れた日本人の一番賢い生き方となっている。まあ、伝統主義に束縛された諦観以外に現実的思想がない日本人の悲劇といえよう。

こちらも違うと思います。日本も古来から政変は幾度となく起こっています。古代卑弥呼の時代から、戦国時代、そして、明治維新と、日本人はいくどとなく革命を自分たちの力でやって来ているのです。

基本的に、日本人と言うよりも、人間は誰であれ、基本的には自分自身の運命は自分で決めたいと思うものであり、誰かに騙されるのは嫌がるものです。そういった中で、非常に大きな力関係がいろいろな偶然と共に歴史を作ってきているのだと思います。

ともかく、決めつけはよくないですよ。


02. 2014年7月11日 19:12:11 : OArKqwWbnk
1さん。そりゃ、傾向の解釈の視点の違い。だが、いかにも希望的観測というか、楽観的過ぎますな。その姿勢には尊敬しますが。残念ながら現実は投稿のとおりです。

暴論


03. 五月晴郎 2014年8月04日 17:29:39 : ulZUCBWYQe7Lk : U2TLwab3fg
これはいい投稿だ。
この人の投稿はいいのが多いね。

私も
>現実は投稿のとおりです。
と思います。


04. 2014年9月07日 08:43:38 : GYHWDpOZ6Y
「歴史の終わり?とともに思想戦の幕は降りた。

 そこにあるのは物理的、形而下の経済競争だけだ。」

 場違いかも知れませんが、思想というよりも、形而上の念力を利用して

 世間を良い方向に持っていくことは可能でないかと考えています。

 というのは、テレキナシス、サイコキナシス(ひっくるめて念力と称する)

 は有名なユリゲラ−のような一部の超能力者しかもたないものだとおもっていま

 しが、最近そこらの 普通の人でも持っている可能性がある能力みたいです。

 証明ビデオ

 https://www.youtube.com/watch?v=x9DjkWV6hpE

 まぎれもなく、トリックのない、念力、信じる力 でしょう。

 物理科学の常識外の力が存在します、思念(信じる力)を一定方向に向ける

 となんらかの不思議な作用を引き起こす可能性があります。

 思想というより念力ですね、一般人にもあるのでこれを平和利用などに活用

 する。

 米国、旧ソ連はテレパシ−の軍事利用を研究していたようですが。

 日本のおばちゃんたちの 平和念力パワ− で対抗する 夢の念力戦。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧