★阿修羅♪ > 議論31 > 228.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
グローバリゼーションを「ヒト、モノ、カネが国境を自由に越えるプロセス」と考えること自体、資本の反革命の片棒を担いで…
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/228.html
投稿者 仁王像 日時 2015 年 1 月 08 日 20:11:53: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: 水野和夫氏は、資本主義の終焉を謳っている〜その先はどこえゆくのか 投稿者 仁王像 日時 2015 年 1 月 07 日 20:28:38)

グローバリゼーションを「ヒト、モノ、カネが国境を自由に越えるプロセス」と考えること自体、資本の反革命の片棒を担いでいることになる〜グローバリゼーションはイデオロギーである/水野和夫

「終わりなき危機 君はグローバリゼーションの真実を見たか 」水野和夫/日経新聞’11年

(まえがきから抜粋)
 本書では前二作※を受けて、なぜ先進国のデフレ(現時点では日本だけであるが)と新興国のインフレが同時進行し、なぜ次々と危機が、しかも前回を上回る規模で襲うのか、ということに対して、一つの軸で説明しようと試みた。それは、シュミットの「世界史」の終わりに一刻一刻と近づいているにもかかわらず、その認識がなく、グローバリゼーションを与件としか考えていないからである。グローバリゼーションを「ヒト、モト、カネが国境を自由に越えるプロセス」と考えること自体、資本の反革命の片棒を担いでいることになる。
 グローバリゼーションの「事実」とは「ヒト、モト、カネの国境を越える自由な移動」であり、グローバリゼーションの「真実」とは、帝国システムをなす中心と周辺を結びつけるイデオロギーである。「事実」しかみていないと、あとでグローバリゼーションの帰結は「想定外」だったといっても、すでに時遅しである。

 ※)「人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか」&「100年デフレ」  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ