★阿修羅♪ > 議論31 > 237.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
Re: もはや覇権国家の交替はあり得ない〜中国も次の覇権国にはなりえない/水野和夫
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/237.html
投稿者 仁王像 日時 2015 年 1 月 24 日 15:41:09: jdZgmZ21Prm8E
 

(回答先: 経済成長という信仰〜成長が止まる時期が「目前」に迫っている/水野和夫 投稿者 仁王像 日時 2015 年 1 月 24 日 13:51:53)

「資本主義の終焉と歴史の危機」水野和夫/集英社新書‘14年(第二〜三章から抜粋)

第二章 新興国の近代化がもたらすパラドックス
≪現代の「価格革命」が引き起こした実質賃金の低下≫
 「価格革命」とは、供給に制約のある資源や食糧の価格が、従来の枠組みで説明できないような非連続的に高騰することで、通常のインフレとは異質なものです。
 イギリスでは、1999年以降、企業の利益と雇用者報酬とが分離し、2006年に至っては企業の利益はあがっているのに、雇用者報酬が減少するという現象が起きた。日本でも同じことで、1997年をピークに、好不況にかかわらず実質賃金は激しく低下している。
 雇用者報酬の伸び率がマイナスになったことは、1990年以前には決してなかった。ところが、20世紀末にグローバリゼーションの時代(国境に捉われることなく資本と生産拠点の移動が可能)になって、資本側が、労働と資本の分配比率を変えようとした。資本と労働の分配構造を破壊した。資本側の完勝と行っていいでしょう。

第三章 日本の未来をつくる脱成長モデル
≪先の見えない転換期≫
 近代資本主義の枠組みのなかで、もはや覇権国家の交替はありません。中国が次の覇権国になるとの見方もあるが、近代化のプロセスを忠実に辿っている限り、覇権国にはなりえないのです。
≪バブルは資本主義の限界を覆い隠すためのもの≫
 金融バブルの発生には、二つの条件を満たすことが必要。第一に貯蓄が豊かであること+陶酔(ユーフォリア)があること。第二に、「地理的・物的空間」拡大が限界を迎えてしまうこと。1980年代の日本は、七割の中間層の消費が飽和点に達し、成長が問題解決の決め手にならない領域に真っ先に突入した。
 こうして金融バブル生成の二つの条件を満たし、実物経済とはかけ離れた資産価格の高騰、土地バブルが日本で起きたのです。

≪資本の絶対的優位を目指すグローバリズム≫
 資本主義の最終局面では、経済成長と賃金との分離は必然的な現象なのです。このままグローバル資本主義を維持しようとすれば、「雇用なき経済成長」という悪夢を見続けなければならないということです。
 そのことを雄弁に物語るのが、1999年の労働者派遣法の改正である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 仁王像 2015年1月24日 16:23:06 : jdZgmZ21Prm8E : sqHobsYxso
「覇権国家の交替はあり得ない」という経済学分野からの指摘は新鮮であり、「ありゃ」っと思う。
 筆者は次の覇権は中国辺りかと漠然と考えていたが、資本主義が終焉となればそういうことはないことになる。
 田中氏は最近、「覇権ころがし」などと言っているが、これもうまく行かないことになる。すると多極化した世界が現出するのか。

 中国・ロシアが核となって、世界に「天下三分の計」でも施して力の均衡が保てれば、世界平和のためには好ましいかもしれない。次の経済システムがどうなるかは不透明だが、政治の分野が多極化するのは面白いのではないか。

(天下三分の計)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/124.html#c1

・覇権転換とパレスチナ〜米国の覇権を衰退させる…過剰な好戦策を続けている目的も「覇権ころがし」の策だと考えられる/田中宇 
 http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/765.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 1 月 10 日 09:18:56: jdZgmZ21Prm8E


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ