★阿修羅♪ > 議論31 > 242.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イ国は、かつてのイ帝国の領土をシーア派の暴君から解放しヨルダンとイスラエルをも併合してカリフ制国家の再興を目論/ナポリオ
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/242.html
投稿者 仁王像 日時 2015 年 2 月 27 日 20:12:24: jdZgmZ21Prm8E
 

「イスラム国」は、かつてのイスラム帝国の領土をシーア派の「暴君」から解放し、ヨルダンとイスラエルをも併合してカリフ制国家を再興しようと目論んでいる/R・ナポリオーニ

「イスラム国 テロリストが国家をつくる時」ロレッタ・ナポリオーニ/文芸春秋‘15年の(はじめに)から抜粋

≪世界の多極化を熟知しその間隙をつく≫
 この組織が、冷戦期も含めて先行するどの武装集団とも決定的につがう点は、その近代性と現実主義にある。この二点はまた、少なくとも彼らの立場からしてこれまでのところ大成功を収めてきた理由でもある。「イスラム国」の指導者は、リビアやイラクで行われたような国際的協調介入がシリアでは不可能であることを、他の組織に先駆けて鋭く嗅ぎつけていた。そこで「イスラム国」の指導者は、ほとんど誰にも気づかれないうちに、シリア内戦を自分たちの有利になるように巧みに利用した。
 シリア内戦は、武装集団に多数の国や組織が金を出す。おなじみの代理戦争の現代版と言える騒乱である。シリアの体制転覆を狙うクウェート、カタール、サウジアラビアは、多数の武装集団に気前よく資金援助を行っており、「イスラム国」もそうした組織の一つにすぎなかった。ところがイスラム国はスポンサーのために戦うことwあっさり放棄し、その資金を使って、シリア東部の油田地帯など収入源とありうる戦略的な地域に本拠地を築いたのである。これまで中東の武装組織の中で、金持ちの産油国から資金提供を受けた挙げ句に自ら新しい地域支配者を名乗るにいたった集団は、一つもなかった。

≪多くのスンニ派の人々にとっては頼もしい政治運動と映っている≫
 多くのスンニ派の人々は、新たな武装集団の出現とは受け止めていない。数十年に及ぶ戦争と破壊の末にとうとう頼もしい政治主体が誕生したのだと感じている。「イスラム国」の広報官は「すべての首長国、国家、集団、組織は、カリフの権威と軍隊が彼らの領土に達するとき、正当性を失う」と述べている。
しかもこれは、近代的な軍隊を統率する現代の「国家」からの挑戦状なのだ。「イスラム国」自身はその正当性を、7〜8世紀にアラビア半島に存在したイスラム帝国の最初の領土に求めている。
 このきわめて現実的な脅威をとりわけ強く感じたのは、シリアとイラクに国境を接する地域に住んでいる人々だった。7月初めには、サウジが3万の軍隊をイラクとの国境に展開した。この地域からイラクの軍隊が撤退してしまったためである。

≪彼らは道路を補修し、食糧配給所をつくり、電力を供給した≫
 これらの事実からすると、21世紀の新しい国家は恐怖と暴力だけでは維持できないことを「イスラム国」は理解しているのだろう。建国には住民のコンセンサスが必要だ、と。
 「イスラム国」の領土に関する基本計画は、イスラム帝国の領土を復活させることである。「イスラム国」の第一義的な目的は、かつての自分たちの土地の権利を現代に取り戻すことだ。自分がどこにいても必ず守ってくれる強力な宗教国家…。混乱と紛争による無政府状態の中で暮らし、公民権さえ持たないムスリムの若者には、きわめて力強いメッセージとして響く。なにしろ現代のイスラム国家では、不正や不平等や腐敗が日常茶飯事だ(アサド、マリク)。
 「イスラム国」が発するメッセージは、ヨーロッパやアメリカで暮らすムスリムの若者にとっても、魅力的で訴求力がある。

≪彼らが犯罪者でなくなる時≫
 「イスラム国」は、かつてのイスラム帝国の領土をシーア派の「暴君」から解放し、ヨルダンとイスラエルをも併合してカリフ制国家を再興しようと目論んでいる。ところが彼らは目的の達成に犯罪行為も辞さない。だが「イスラム国」が近代的な国家建設をやり遂げ…たらどうだろうか。彼らは犯罪者ではない。腐敗した不当な独裁体制を転覆させるべく、非対称の戦争に挑んだ「敵」だということである。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年3月07日 14:18:41 : Ma5RZiiuic
>シリア内戦は、武装集団に多数の国や組織が金を出す。おなじみの代理戦争の現代版と言える騒乱である。
>シリアの体制転覆を狙うクウェート、カタール、サウジアラビアは、多数の武装集団に気前よく資金援助を行っており、
>「イスラム国」もそうした組織の一つにすぎなかった。

このポイントは重要だと思います。イスラム国の分析は湾岸戦争直前のクウェートのイラク挑発から始めるべきだと思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ