★阿修羅♪ > 議論31 > 659.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
続・ ヒクソン・グレイシー「無敗の法則」 拾い読み
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/659.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 3 月 26 日 20:00:09: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

(回答先: H・グレイシー「無敗の法則」拾い読み 投稿者 仁王像 日時 2019 年 3 月 25 日 20:07:18)

続・ヒクソン・グレイシー「無敗の法則」拾い読み

第四章 成長し続けるために本気になる
≪「直観」を育てる“無”の心≫
 直観は、心の中の何もないところから生まれる。一方、意識は目で見たときの評価から生まれる。もっと自分の内面を見つめれば人生は変わるだろう。たとえば、瞑想や呼吸法などのエクササイズをする。森を散歩する。音楽を聴いて頭を空っぽにする。最高に悟りを開いた状態とは、空っぽの心だ。毎日5分間、自分が空っぽになることが出来るひとは、あまりいないのではないだろうか。
 不思議なことに、私は12歳のとき、母に連れられて超越瞑想の集会に通ったにもかかわらず、そういうことをあまり考えてこなかった。それから何年もたって、私はある人に出会った。ヨガと拳法の先生だ。

 それは、私が習ったことのある伝統的なヨガとは違っていた。この拳法の先生から教わったのは、動き方と呼吸法だ。いろんな動物の動きを真似しながら、呼吸をする。私はそこで身につけた動き、柔軟性、強さ、そしてバランス感覚の素晴らしさにすっかり満足してしまった。時間があれば先生はいろいろな説明をしてくれて、それが本当に楽しかった。
 こうして20回以上のレッスンを重ねたある日、いつものように先生が指示を出した。…私はそれを続けた。やり遂げたと感じた時、私は窓枠に乗っている自分に気づいた。「何だって窓枠にいるんだ」と思い、部屋を見渡すと、先生が泣いていた。私は1時間15分もそんな状態だったのだという。まったく意識がないままで。
 「ここまでやった人は初めてだ。完璧に本質をつかんだな」。このとき私は気が付いた。その独特な動きをきっかけにして、心を完全に無にする力を手に入れた、と。言葉では説明できないが、その体験は私にとって何か大きな効果があった。それからというもの、どこでも無を感じることができるようになった。

 どんな方法を使った場合でも、無の心が分れば、感覚が研ぎ澄まされる。人間の脳は能力の8%程度しか使われていないが、瞑想をしているとその割合は上がるという。それは、自分の周りのエネルギーに敏感になるからだ。見たり聞いたりする必要はなく、まったく別のやり方で感じられる。精神に直接伝わってくる。そして、これまでにない直観力が生まれるのだ。

≪ありのままを受け入れ、感じるままに感じる≫
 無の感覚をつかむと、説明できないエネルギー、目に見えないものに対する感覚がさらに高まり、それが大きく私を変えた。
 私は試合に出るときは必ず、恐れを捨て、期待を捨て、心配を捨てて、感じようとした。ひるむことなく進み、瞬間だけを見ていた。一瞬のチャンスを見逃すことはなかった。相手をノックアウトしようとは考えない。敵に気持ちを合わせて、防御するべきなら防御する。隙があれば攻める。自然にそれができた。…試合全体を見ることができる。だから敵より有利だった。
 このような無の状態は、私にとってリラックスしているのとは違って、むしろ感覚が鋭くなる。すべてをありのままに認める。できることをやるしかない。できなければ、受け入れるしかない。自分がやったことについては、見返りを期待したり落ち込んだりはしない。

 対戦相手が私に恐れを感じている試合は多かった。私が強い意志を込め、感情を無にして相手を見つめるからだ。すると敵は私を見て、どう攻撃していいのか、何をするべきなのか分らず、たいていはためらう。そのためらいが私に有利に働く。それは作戦ではない。ただ自然にそうなるのだ。フェイントや小技を繰り出されても、何の効果もなく、私の注意は全体に向けられていて、それ以外のことは関係ない。…そうなれば、相手はミスをするしかなく、私はそれを利用するだけだ。

第五章 今、私は何をするべきか
≪柔術を学ぶすべての人を変えるために≫
≪世界中に広がる「ヒクソン杯」構想≫
≪舟木との試合で確信した「イメージ」の効果≫
 (最後の試合となった舟木との対戦について本人の興味深い証言があるが、割愛)
第六章 そして人生は続いていく
≪「愛」と「呼吸」―その偉大なる力≫
 (以下、略)

(仁王像)
 後半も、非常に興味深い。特に「無」になる感覚。この状態に入ると、全体の見通しが良くなるらしい。こちとら凡人は、何かにつけ細部に目が行ってしまい気が散ること夥しい。こんな心境になれれば多くの場合、試合の(そして人生も)大きな流れが見え、即座に的確な決断ができるだろう。達人による「人生哲学の書」とも言いたい。

(補)
 グレイシーが海岸と思われる所で、両手にバットのような物を持ち、それをクルクル特殊な回し方で体造りをしている風景をテレビで見たことがある。筋骨隆々としていた。

・[動画] 船木誠勝VSヒクソン・グレイシー
 https://www.youtube.com/watch?v=n-6UzaYtdE0
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 仁王像[2633] kG2JpJGc 2019年3月27日 19:54:06 : cqwIOVmkfw : eTJ4UWx0ODdIYi4=[1] 報告

 天風語録に「儕輩(さいはい)の群を凌ぐ」という言葉があるが、グレイシーにピッタリの言葉だろう。

 (注)儕輩=同輩

 また、「的確な判断ができる無の境地」とは、天風翁の言う「自覚正念(霊感)」と同内容ではないかと思われる。
 もちろん。グレイシーは、日本独特のこんな表現は知らないし、使いこなすわけにはいかないだろうが。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ