★阿修羅♪ > 議論31 > 662.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ヒクソン・グレイシー「心との戦い方」 拾い読み
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/662.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 3 月 29 日 20:09:15: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

「心との戦い方」ヒクソン・グレイシー/新潮社‘13年から

第四章 目標達成までの心の道筋〜ヒクソン流の柔術を完成させるまで
≪私が神から与えられた才能≫
 現在行われている格闘技の試合の多くは、私にとって、美しいとは思えない。体が多きく、パワーのある者が多いが、身体能力に頼るばかりで、テクニックが低い。流れるように自然に出てくる技がない。
 メンタルの強さも、あまり感じない。ほとばしる感情に任せて、まるで獣のように相手を痛めつけるだけのように見える。宝石の原石のように磨かれておらず、輝きがない。
 これは、練習量の問題ではなく、練習における意識の問題だろう。パワーで相手を圧倒することだけを考えている。

 私と同じような哲学を持ち、同じようなスタイルをもつ格闘家を、私はこれまで一人も見たことがない(グレイシー一族の中にも)。
 おこがましい言い方になるが、私はおそらくペレや宮本武蔵と同様、神様から特別な才能を与えられた人間の一人なのだろうと思う。
 私自身、自分の最大の強みはメンタルにあったと考えている。…この本を書こうと考えた最大の動機も、そこにある。

第五章 心の準備の整え方〜自然から力を得て、流れる水のように戦う
≪流水のように、野生動物のように≫
 試合前、私は対戦相手の研究をしなかった。…実際に試合が始まると、まず相手の動きを良く見る。何をするか、頭で考えるのではなく、相手の動きに感覚的に対応するのである。
 私がイメージするのは“流水”だ。…そこには意志はまったくなく、自然な動きがあるだけだ。これは、侍の果し合いとも似ている。相手の剣の動きに反射的に対応し、素早く切り捨てる。野生動物のように、臨機応変に戦うことが、私が理想とする戦い方だ。
 試合前、○○といった戦略は一切立てず、あくまでも、自然体で試合に臨むのである。

第九章 人生をリセットするとき〜引退の真相と全財産を渡した離婚
≪全財産を妻に渡して、離婚≫
 (きっかけは、やはり女性問題だった)。
第十章 敬愛する日本に思うこと〜中井祐樹と舟木誠勝のスピリット
≪舟木誠勝のサムライ心≫
 舟木は、日本刀を携えて入場してきた。その姿を見て、私と同様、彼がアスロートとしてではなく、戦士として戦いに臨んもうとしているのだと思った。
 実際に、私のチョーク・スリーパーに対し、舟木はギブアップする素振りをまったく見せなかった。舟木は、意識を失いつつあった。彼の生命は、私の掌中にあったのである。実際に、試合後、舟木が「自分が死につつあるような気がした」という意味のことを語ったと聞いた。

 それでも、舟木はギブアップしなかった。彼の自尊心が許さなかったのだろう。…それでようやく、試合は終わった。
 舟木は、真の戦士であり、サムライだった。…死の淵まで行ったのだから。
 そして、試合後、引退を発表したと聞いた。
 私は彼に対して強い共感を覚え、敬意を抱いた。
 彼と比べると、高田延彦は戦士ではなく、アスリートだった。腕を極められると、いとも簡単にギブアップした。それは、スポーツマンとしての態度だった。

・〔動画〕中井祐樹vsヒクソングレイシー
 http://10-jutsu.doorblog.jp/archives/38655819.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ