★阿修羅♪ > 原発・フッ素30 > 720.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「100ミリ・シーベルトまで安全」は本当ですか? (とある原発の溶融貫通(メルトスルー)) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/720.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 3 月 15 日 10:44:00: igsppGRN/E9PQ
 

                  環境省ホームページより


http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6979954.html
2013年03月15日10:29 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)


“100mSvまで許容”は「緊急事態」に適用 「ICRP2007年基準」の正しい読み方

ICRPは1960年に一般公衆の許容量を年間5mSv程度とした。この基準が長く続いたが、チェルノブイリ原発事故(1986年4月)を経て、1988−90年に一般公衆の年間被曝許容量を1mSvまで下げている。この基準が現在も続いているのである。

一般公衆とは、作業者と異なり、意図せざる被曝を受ける市民のことである。作業者の場合は、報酬を得て計測しながら被曝(計画被曝)するので、一般公衆の意図せざる被曝とは区別される。一般公衆の場合、医療放射線などの計画被曝を除き、原発事故や核戦争などによる意図せざる被曝の上限を年間1mSvとする、という意味である。

原発事故による内部被曝はカウントされていない。日本では現在、意図せざる内部被曝も年間1mSvを上限として食品のセシウム137含有量を規制している。

ICRPは2007年に大きく改定した。基準を変更したのではなく、原発の重大事故や核攻撃を受けた場合の緊急事態を想定した数値を発表したのである。

「ICRP2007年勧告」は邦訳が出版されており(★注@)、図書館で閲覧が可能だ。「1990年勧告」に比べ、被曝対象者の分類などが細かくなり、事故や核戦争を想定した緊急事態時の対応が記されていることなどから、非常に分かりにくくなっている。しかも翻訳の文章が難解だ。重要なポイントだけを中央放射線審議会の中間報告から抜き書きする。これも2年前に紹介したが、もう一度簡略に書いておこう。

★注@『国際放射線防護委員会の2007年勧告』(日本アイソトープ協会訳刊、2009)

「ICRP2007年勧告」のポイント

●放射線防護の生物学的側面

・確定的影響(有害な組織反応)の誘発――吸収線量が100ミリ・グレイ(グレイはシーベルトとほぼ同じ)の線量域までは臨床的に意味のある機能障害を示すとは判断されない

・確率的影響の誘発(がんのリスク)――LNT(直線しきい値なし)モデルを維持

100mSv以下だと特定の機能障害は見られないという。累積100mSv以上の短期集中被曝で確定的影響が出るという意味だ。確定的影響とは、脱毛、白血球の減少、白内障などの明らかな病変である。

長期にわたる低線量被曝でも累積100mSv以上で影響が出る。これを確率的影響という。年間20mSvだと5年で100mSvに達することになる。年間1mSvならば100年である。1mSvの根拠は、100歳まで生きたとして年間1mSvを上限にする、ということである。実際には内部被曝、医療被曝、自然放射線などもあることに注意されたい。

100mSv以下の確率的影響は、閾値(しきいち)はないとするLNTモデルを想定している。ガンが発現するリスクは、放射線被曝ゼロから線量率に比例して直線的に上昇する考え方だ。すなわち、可能な限り被曝を避けるべき、という発想である。

●線源関連の線量拘束値と参考レベルの選択に影響を与える因子

・1mSv以下――計画被曝状況に適用され、被曝した個人に直接的な利益はないが、社会にとって利益があるかもしれない状況(計画被曝状況の公衆被曝)

わかりにくい表現だが、事故などで公衆が意図せざる被曝状況にあり、被曝を避けなければならない、しかし、年間1mSvまでなら社会活動上の利益があるので許容する、と解釈する。

・1−20mSv以下――個人が直接、利益を受ける状況に適用(計画被曝状況の職業被曝、異常に高い自然バックグラウンド放射線及び事故後の復旧段階の被曝を含む)

・20−100mSv以下――被曝低減に係る対策が崩壊している状況に適用(緊急事態における被曝低減のための対策)

「計画被曝」とは作業者のことである。したがって、この項目を公衆レベルで読むときは、太字にした「事故後の復旧段階」と「緊急事態」が適用される。

つまり、事故直後の「緊急事態」では対策が崩壊しているので、短期的に20−100mSvまで許容、「復旧段階」では一般公衆の被曝量は1−20mSvまで認める。

1mSvなんて厳しすぎる、という議論がこれからたくさん出てくるだろうが、福島県の「除染特別地域」で「20mSv/yへ抑え、長期的には1mSv/yへ」と数値目標を定めているのは、環境省が「ICRP2007年勧告」を以上のように適用しているからである。

「年間100mSvまで安全」というのは誤解で、「累積100mSv」までは確定的影響は観察されず、100mSvで発がん率が0.5%上昇する、ということである。

事故で意図せざる被曝状況にある場合、累積100mSvから割り返して、緊急事態の超短期では100mSv以下へ、復旧段階では20mSv以下へ抑えようという意図である。

20mSvだと5年で100mSvに達するので、復旧段階の期間が重要になる。そして、事故収束後は1mSvを上限とする。ちなみに、「作業者」つまり放射線作業のプロの被曝限度は年間50mSvで上限は100mSvである。

環境省はホームページで非常にていねいに除染の進捗状況などを公表しているので、ときどきチェックすることを勧めたい。

(DIAMOND online)
http://diamond.jp/articles/-/33291?page=3

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年3月15日 12:24:12 : CZ2cRNBb2Z
>低線量被曝でも白血病 米追跡調査、チェルノブイリの作業員11万人対象
調査対象者の被曝(ひばく)線量は積算で100ミリシーベルト未満の人がほとんど。http://www.asyura2.com/12/genpatu28/msg/582.html

78%の被験者が、骨髄被曝量が100ミリシーベルト未満。

>Seventy-eight percent of study participants had bone marrow doses
below 100 mGy
http://ehp.niehs.nih.gov/wp-content/uploads/2012/11/ehp.1204996.pdf

ウクライナ緊急事態省2011年報告書に挙げられた除染作業者の年度別被曝線量。メジアン値(中央値)が、大部分除染作業者は受けた被曝線量に近い。
http://www.asyura2.com/12/genpatu28/msg/677.html#c2

被曝の危険性は、ガンのリスクが高まることだけに留まらない。
べラルースでは、死因の第1位は54%で、心臓血管系の病気。
ガンは13%で第3位にすぎない。
http://chernobyl-today.org/images/stories/prof_uibandazhevki.pdf#page=05


02. 2013年3月15日 14:41:29 : pvbRnSKIY2

東京に色が付いていないのは、おかしい。東京も汚染していますけどね。


03. 2013年3月15日 18:11:53 : rjpmaLs936
多摩地区と区部東岸周辺は確かに汚染されたけど、いわゆるホットスポットとごく一部の地域を除いて、
それでも1mSv/Y以下だから、載らないだけでしょ。

そういう地域入れたら、汚染されてる地域の実態は、この地図よりずっと広いことになるね。


04. 2013年3月15日 19:08:18 : eHckEPkq8Y
東京は隠蔽してるだけだよ。
首都高を線量計積んで走ってごらんよ。

05. 2013年3月15日 22:05:29 : S9LOGq3HBb
・・・「ICRP2007年勧告」・・・こんなもの、何の関係も無い。
被曝する我々が決める。
事故以前が、社会的許容量。
大体、核物性に安全など一切無い。
生命通常必須・又は通常環境被曝・治療核以外には安全などと言う核は無い。
治療用核でさえ、ダメージを与えての治療。
例えば、甲状腺亢進症でのアイソトープ治療は、甲状腺破壊。
甲状腺亢進症(肥大)は無くなるが、ホルモン剤の服用等々による外部調整、
甲状腺が無くなるという、又は、将来の未知疾病不安・ストレスの副作用付き。
出鱈目な言葉使いのこの投稿は、様ざまな意図上の出鱈目と言って良い。
この度に言う事は、
即時避難、永代補償、核非拡散・閉じ込め・即時廃絶、核関連者即時取り押さえ。

06. 2013年3月17日 20:47:09 : J5NHlt8RbY
「100ミリシーベルトを超えたら発がんのリスクが0,5%高まる」

これはおかしくないか。100ミリシーベルトを超えて被爆した人の大量のデータがどこにあるのか。どうやって比較したのか。原発作業員を何年にもわたって特定し追跡調査したデータなどどこにもないはず。原発作業員は使い捨てだった。

その答えが100,5と100,0だということになるわけだが、この場合の0,5%の数字が有効な根拠はどこか。コンマ以下のパーセントつまり200人に1人の数字について有効な差異があったということだ。こんなものは当然ながら誤差の範囲を出ない。はっきり言えば統計数値として何の意味もない。

この数字を読んだ人や聞いた人に大したことはないと思わせるためのウソ宣伝と断定してよいだろう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧