★阿修羅♪ > 原発・フッ素30 > 867.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
安全性への慢心あった」=原子力学会が中間報告—原発事故 .
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/867.html
投稿者 taked4700 日時 2013 年 3 月 27 日 12:12:46: 9XFNe/BiX575U
 

http://jp.wsj.com/article/JJ10682273328150694183420141122501179640243.html
2013年 3月 27日 10:31 JST 更新.「安全性への慢心あった」=原子力学会が中間報告—原発事故 .

 東京電力福島第1原発事故を調査している日本原子力学会の事故調査委員会(委員長・田中知東京大教授)は27日、事故の主な要因を「想定を超える津波による冷却機能の喪失」とした上で、シビアアクシデント(過酷事故)への取り組みが不十分だったとする中間報告を公表した。中間報告には学会OBや役職経験者を対象にしたアンケート結果も収録。「安全性への慢心や謙虚さの欠如があった」など反省の声も寄せられた。

 中間報告は、近畿大(大阪府東大阪市)で開催中の同学会の年会で公表された。12月に取りまとめる最終報告に向け、多重防護の在り方や過酷事故対策、除染など環境修復に向けた課題などを論点として提示したが、事故の原因解析や進行状況の分析については、これまでの政府、国会事故調の内容を超えるものはなかった。

 アンケートは役職経験者ら289人を対象に実施。事故原因や、学会が事故前にすべきだったこと、できなかった理由などを質問。回収率は約35%だった。 

[時事通信社]
**********************************
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130327/k10013479991000.html
原子力学会が中間報告 新たな分析なく
3月27日 11時25分東京電力福島第一原子力発電所の事故について、日本原子力学会が専門家としてまとめた事故調査の中間報告を公表し、「過酷事故への取り組みが十分でなかった」などと総括しました。
しかし、専門家ならではの新たな分析などはほとんどなく、事故を防げなかった原子力の専門家としての姿勢と責任が問われます。

日本原子力学会の調査委員会は、福島第一原発の事故を専門的な立場から検証しようと、去年8月、大学や研究機関の40人余りで発足し、東大阪市で開かれている学会の春の大会で中間報告を公表しました。
この中で原発事故について、「過酷事故への取り組みが十分でなかった」としたうえで、「安全の備えを十分していれば、事故は起きても放射性物質の大量放出のような社会に迷惑をかける事態は回避できた」などと指摘しました。
しかし、原因などの分析については、すでに知られた事実や既存の文献の内容をまとめた形で、政府や国会の事故調の報告を超えるような原子力の専門家ならではの科学的な調査や分析はほとんどありませんでした。
一方、学会の幹部やOBに行ったアンケート結果では、「安全性に対する慢心や自信過剰があった」とか、「原子力村の一員として電力会社に遠慮があった」といった反省の回答が多く寄せられたということです。
原子力学会では、ことし12月までに最終報告をまとめる予定で、今回の事故を防げなかった原子力の専門家としての姿勢と責任が問われます。

*********************************

投稿者の感想:
上の二つの記事を比べると興味深い。今の日本の報道の自由がいかに劣化しているかが分かる。それだけいろいろな圧力が学者の方にもマスコミの方にもかかっているのでしょう。しかし、圧力に負けたら困る。何とか頑張っていただきたい。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2013年3月27日 12:19:33 : 9XFNe/BiX575U : I2CmgFrsUI
http://mainichi.jp/select/news/20130327k0000e040208000c.html
福島第1原発事故:原子力学会の事故調が中間報告

毎日新聞 2013年03月27日 12時01分


 東京電力福島第1原発事故を調べている日本原子力学会の事故調査委員会は27日、「想定以上の津波や過酷事故対策の不備などが事故の主要因」とする中間報告を公表した。年内に最終報告書をまとめる。

 ◇「想定外への対策不備」

 学会事故調は昨年6月に発足。約50人の専門家が、公表されたデータを基に事故の原因や進展、東電の現場対応や政府の避難指示などを検証してきた。

 中間報告では、原子炉の計測データなどから考えられる事故の主要因は(1)想定を超える津波で原子炉の冷却機能が失われた(2)想定を超えた津波の重大なリスクを関係者が知らなかった(3)過酷事故への取り組みが不十分だった−−の3点を挙げるにとどめ、詳細な分析は先送りした。

 地震の揺れによる被害については「安全機能に深刻な影響を与える損傷はないと推定される」との見解を示した。この点をめぐっては、国会の事故調査委員会が揺れによる重要機器損傷の可能性を指摘したのに対し、政府や東電の事故調査委員会はこれを否定、見解が分かれている。

 また、多段階で事故を防ぐ「深層防護」の考え方が徹底されず、政府の避難指示などが後手に回るなど、過酷事故への備えができていなかった点を「国際標準から遅れていた」と指摘。学会の歴代幹部へのアンケートに寄せられた「安全神話に対して伝統的に批判的感度が鈍かった」などの意見を紹介し、最終報告書に学会としての反省を盛り込むことを表明した。【西川拓】

*****************
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130327-00000534-san-soci

学会事故調「想定超えること起こりえるとの前提に立てば回避できた…」

産経新聞 3月27日(水)11時31分配信

 日本原子力学会(野村茂雄会長、約7千人)は27日、東京電力福島第1原発事故に関する調査委員会(学会事故調)の中間報告を公表した。事故の主な原因を「想定を超える津波により、原子炉の冷却機能が失われた」としたほか、学会として事故を防げなかった要因も検討。具体的な対策や提言を盛り込んだ最終報告を年末までにまとめる。

 近畿大(大阪府東大阪市)で開かれている同学会の中で公表した。

 中間報告では、東日本大震災の影響について「炉心冷却などの安全機能に深刻な影響を与える損傷はない」と推定。その上で「津波が全電源の喪失をもたらし、冷却系などの機能喪失から過酷事故に至った」と説明した。

 さらに「想定を超えることは起こりうるとの前提に立てば、社会に対して迷惑をかけるような事態は回避できた」と指摘した。

 中間報告では除染や防災など事故の分析評価が中心のため、事故の詳細な原因や背景の説明について、今後さらに調査していく必要があるという。

 事故の検証作業はすでに政府や国会など4つの調査委員会が報告書をまとめているが、学会は「科学的・専門的な視点」をもとに事故を分析した。関係者への聴取は行わず、すでに公表された資料などを中心に、研究者それぞれが独自に情報を収集。昨年12月と今年1月には原発での現地調査を行っている。

 【学会事故調の中間報告骨子】

 ・想定を超える津波により原子炉の冷却機能が失われた

 ・津波には想定を超えると重大なリスクがあることを知らなかった

 ・過酷事故についての取り組みが不十分であった

 ・リスクの低減はマネジメントが重要である

 ・想定外があることを想定していなかったために十分な対応ができなかった
.

【関連記事】
原発停電 小動物、巨大システム“食う” 東電側が初謝罪
5月に廃棄物最終処分場基準 再選定へ有識者会議が初会合
福島第1廃炉への道 最初のヤマ場、4号機燃料取り出しは秋から
東通原発「活断層の可能性高い」 規制委調査団が報告書案
東電に重い十字架 1年で500人離職、遅れる賠償・廃炉…
亡命ロシア人 また謎の死


02. taked4700 2013年3月27日 13:11:03 : 9XFNe/BiX575U : I2CmgFrsUI
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5291544.html
原発事故、原子力学会「想定外の津波が原因」

 原子力の専門家らでつくる日本原子力学会の調査委員会は、東京電力・福島第一原発の事故について、地震の揺れではなく、想定外の津波が原因とする中間報告を発表しました。

 福島第一原発事故をめぐっては、政府や国会などがつくった調査委員会の報告書では事故原因について、地震の揺れで重要な設備の配管が破損した可能性を指摘しています。

 日本原子力学会は去年8月から専門家の視点で事故原因を調査してきましたが、27日に発表した中間報告書で「地震による炉心の損傷はなく、想定外の津波により安全機能が失われた」という認識を示し、東京電力の調査結果を追認する形になっています。

 報告書には「原発の安全性に対する慢心があった」などの反省も盛り込まれていて、年末には最終報告をまとめる方針です。(27日11:36)

***************************
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/355126
学会事故調「痛恨の極み」と謝罪 福島第1原発事故で

2013年3月27日 10:08カテゴリー:科学・環境

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、日本原子力学会の事故調査委員会(委員長・田中知東大大学院教授)は27日、「事故を防ぐことができず、痛恨の極み」と謝罪するとともに「津波のリスクを十分考慮すべきだ」とする調査報告書の骨格を示した。具体的な対策や提言は年内にまとめる最終報告書に先送りした。

 この日、近畿大(大阪府東大阪市)で開催中の同学会で公表した。

 骨格では、これまでの学会について元幹部らを対象にしたアンケート結果を一部公表。「安全性研究の予算がわずかで、電力会社も研究を歓迎しない雰囲気だった」などと反省する声などもあった。


03. 恵也 2013年3月27日 17:13:16 : cdRlA.6W79UEw : IhxspvAvIg
>> 関係者への聴取は行わず、すでに公表された資料などを中心に、

バカとしか言えん。
関係者への聴取なしになら発表なんて無意味だよ。
日本原子力学会とは原発メーカーや電力会社、大学の原子力専門家を集めた
原子力ムラの中心組織。

関係者とは一番親しい連中なんだから、同じ穴のムジナとして直接説明を
求めることができ記録に残せるはず。
一番大切な仕事をしないで、一般論で片付けるとは本当に無駄な連中だ。

>>01 津波で原子炉の冷却機能が失われた

1号機は津波ではなく地震で破壊されたもの。
地震で冷却系配管が壊れて「生蒸気が建屋に充満」したのを作業員が確認してる。
津波だけでは、たった4時間で生蒸気は出ない。

ーーーーー引用開始ーーーーーー
(3月11日)19時以降だと思います。・・・・
次に内側の扉に近づき・・・・白いモヤモヤの蒸気が充満してるのを運転員が
見たというのです。
「あれは生蒸気です!」
(民間事故調P18 より)


04. 2013年3月27日 19:46:46 : S9LOGq3HBb
福一で、原発は終わった。
同時に、核神話学会も解体。
まだ存在するうんざりな出鱈目。
即時現行犯取り押さえ、閉じ込め。
現状を見れば分かる。
もはや、何の役にも立たない。
ただの、嘘の上塗り、詐欺、盗っ人、殺人集団。
物理や他の学会が解決する。

05. 2013年3月27日 20:01:55 : blIoDcPKuA
「慢心」だけではない。卑劣な手段で原発反対者を攻撃し口を封じた。

悪意の塊であり悪辣、陰険きわまりなかったのが原子力学会を含む原子力村。

再稼働を企む宣伝などもうやめておけ。


06. 2013年3月28日 06:07:24 : Eq3HjNpWOg
>>アンケートは役職経験者ら289人を対象に実施。事故原因や、学会が事故前にすべきだったこと、できなかった理由などを質問。回収率は約35%だった。

なんかさぁ〜〜〜 35%って
異常に少なくね?
自分達が推進してきたことがこの結果ってことわかってのんかね


07. 2013年3月28日 08:17:03 : 8Tc9GvUdYA
taked4700さん
だいぶ前に あっしらさんのスレで1号機のIC:イソコンの配管破損の可能性を書いたものです。
その時ネットゲリラの記事の記憶だけでコメントしました。
東電がICを動作させたとか、手動でオンオフさせた記録とかあるが
ICが動作したら、水蒸気と共に大音響があり、船舶の霧笛みたいに
広範囲に響き渡るから動作音に築かないはずが無い等々

船舶の霧笛という表現は私の記憶違いでしたが
大意はあっていました。
旧ネットゲリラはOCNに突然削除されてしまいましたが。
インターネットアーカイブで旧URLを入力すると再現されました。
福島第一の1号機のICに関する元エンジニアの方の書き込みです。

「2011/05/17 地震で福島第一の配管はズタズタだった」
http://web.archive.org/web/20110522002506/http://shadow-city.blogzine.jp/net/2011/05/post_b997.html

昔の記憶なので間違っていたらゴメン。
非常用復水器は古い1号だけに2系統あったはず。
2号機以降には無かったと思う。
あれが作動すると5階の山側の2ヵ所有る蒸気の出口から
ものすごい量の蒸気が大音響で噴き出す。
知らない人が見たら原発が大爆発したと思うだろう。
たぶん国道から見えるくらい出るはず。
作動したかどうかは一目瞭然。
さて、作動したのかな??
前にも書いたが運転記録は中操の紙が無ければ
わからないなんてはずは無い。
百聞の1秒単位で克明な記録が絶対有るはずだ。
それが出れば全て何が起こったかわかる。
出せない理由が有るんだろう。
間違っていたら現代のエンジニアの方、訂正してください。

投稿 元エンジニア | 2011/05/17 19:26

他の記事にも、このコメント以外で福一の建設当時の話など書かれています。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素30掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素30掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧