★阿修羅♪ > 原発・フッ素31 > 424.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2013年3月現在、日本の子どもの1%以上に甲状腺ガンの疑い
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/424.html
投稿者 飯岡助五郎 日時 2013 年 4 月 29 日 17:48:08: VssSC.kx7zq3c
 

【1】「いかに早く小さな結節をみつけても、がんは周囲のリンパ節に既に転移していることが多く、早期に適切な診断が必要であると同時に、外科治療や術後のアイソトープ治療の必要性が痛感された」。これは、“チェルノブイリ笹川医療協力プロジェクト1991〜1996”の委員であった山下俊一氏、柴田義貞氏、星正治氏、藤村欣吾氏、他が、『放射線科学 第42巻第10号−12号』で発表した報告文である。
 *出典:『放射線科学 第42巻第10号−12号(1999年9月−11月)』掲載の「“チェルノブイリ笹川医療協力プロジェクト1991〜1996”チェルノブイリ原発事故被災児の検診成績」日本財団図書館
 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1999/00198/contents/012.htm
 *出典:「チェルノブイリ笹川協力委員会専門家日本財団図書館
 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/1999/00198/contents/002.htm

【2】そして、2013年3月現在、青森県、山梨県、長崎県の3歳から18歳の甲状腺の結節は5o以下が0.6%、5.1o以上が1%、のう胞は20o以下が56.9%であることが、日本乳腺甲状腺超音波医学会のウエブサイトに「甲状腺結節性疾患有所見率等調査」として公開されている。
 *出典:「甲状腺結節性疾患有所見率等調査−3県の結果」日本乳腺甲状腺超音波医学会
 http://www.jabts.net/koujyousen-jigyou/kakka_zentai/index.html
5.1o以上のサイズは新聞記事の文字よりも大きく、前述【1】の「いかに早く小さな結節」のサイズに含まれることが容易にわかることを留意しておきたい。

【3】ところが、日本乳腺甲状腺超音波医学会は、甲状腺結節性疾患について、「『結節』(しこり)とは甲状腺の一部にできる充実性の変化です。最近では、超音波検査機器の精度が上がったことで、見つかることが多くなっています。多くは精密検査の必要がない良性のもので、悪性であることは稀です。通常の診察で『精査が必要』と診断するのは、しこりがおおよそ10〜20mm以上の場合です。しかし、受診者が小児で、初めて指摘されたものであることから、今回の検査ではしこりの大きさが5.1mm以上か、それに満たなくても、しこりの状態によって、二次検査を受けた方が良いと判断される場合(※)には、B判定としています。」と同ウエブサイトで解説している。
 *出典:「甲状腺結節性疾患有所見率等調査−甲状腺検査の判定結果」日本乳腺甲状腺超音波医学会
 http://www.jabts.net/koujyousen-jigyou/kijun/index.html
この解説が十分であるか否か、実際にチェルノブイリ原発事故の健康影響を調査した前述【1】と比較すればわかることである。

【4】また、2000年、長崎県の7歳から14歳における調査対象者数250人中、甲状腺の結節は、0人で0%、のう胞は0.8%であった。このことは、山下俊一氏らによる「Urinary Iodine Levels and Thyroid Diseases in Children;Comparison between Nagasaki and Chernobyl(小児における尿中ヨウ素レベルと甲状腺疾患、長崎とチェルノブイリの比較)」として「Endocrine Journal 2001に発表されている。
 *出典:Endocrine Journal 2001
 https://www.jstage.jst.go.jp/article/endocrj1993/48/5/48_5_591/_pdf 
そして、このとき使用された超音波検査機は、米国のGEメディカルシステム社のLOGIQ α100であったと記されていることから、1oの形を識別できる解像度を有していたことがわかる。なお、同機種のメーカーは、正確にいうと、米国のGE社が横河電気との合弁で設立したGE横河メディカルシステム株式会社であり、現在は社名変更のためGEヘルスケア・ジャパン株式会社と称する。
 *出典:GEヘルスケア・ジャパン株式会社の歴史
 http://www3.gehealthcare.co.jp/ja-JP/Company#tabs/tabD30257E270C2458ABC6F79E382601ABF
また、LOGIQ α100が1oの形を識別できることは、GEヘルスケア・ジャパン株式会社のTechnical Assistance Centerで確認することができる。
 *GEヘルスケア・ジャパン株式会社‐Technical Assistance Center
 http://www3.gehealthcare.co.jp/ja-JP/Company#tabs/tab5F4B85E656F343609F735BEC4EEC2C9E

【5】一方、2013年3月現在、長崎県の3歳から18歳の甲状腺の結節は5o以下が0.1%、5.1o以上が0.6%、のう胞は20o以下が42.5%である。また、年齢別で5.1o以上の結節に注目してみると、3歳から5歳104人中1人、6歳から10歳452人中0人、11歳から15歳609人中4人、16歳から18歳204人中3人であったことが、日本乳腺甲状腺超音波医学会のウエブサイトに「甲状腺結節性疾患有所見率等調査」として公開されている。
 *出典:「甲状腺結節性疾患有所見率等調査−長崎地区の結果」日本乳腺甲状腺超音波医学会
 http://www.jabts.net/koujyousen-jigyou/kakka_ken/data/nagasaki.pdf 
したがって、福島第一原発からだいぶ離れた長崎県でも、2000年に1o以上の結節が7歳から14歳250人中0人であったのに対し、2013年には5.1o以上の結節が11歳から15歳609人中4人あり、0.7%以上増えた可能性がある。

【まとめ】
青森県、山梨県、長崎県の3歳から18歳の「甲状腺結節性疾患有所見率等調査」の結果は、おおよその日本の子どもの甲状腺の状態を示していると言えるのではないだろうか。
また、2013年3月現在、日本の子どもの1%以上に甲状腺ガンの疑いがあると言えるのではないだろうか。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2013年4月29日 18:23:30 : 9XFNe/BiX575U : 3aDwVHsLuZ
>日本の子どもの1%以上に甲状腺ガンの疑いがある

これは多分不正確か、または影響を小さく見積もりすぎです。

多分、上の記事の最初に引用されている「いかに早く小さな結節をみつけても、がんは周囲のリンパ節に既に転移していることが多く、早期に適切な診断が必要であると同時に、外科治療や術後のアイソトープ治療の必要性が痛感された」が正しいはずです。

長崎や甲府、弘前で見つかったB判定の方のみが特異的に被曝をされたわけではなく、ほぼ日本中が低線量の被曝にさらされ、その程度が福島県内とあまり実質的に変わらないほどであったという意味のはずです。

多分、多くの方が、福島県での状況が今後悪化していくと考えているはずですが、それは福島県内だけでなく、ほぼ日本全土も同様だと考えるべきなのです。

自分自身のことですが、以前は夜布団に横になりながら1時間程度はごく普通に本を読むことができました。今は10分程度で目がきつくなります。30分も読んでいるととても目がきつくなり、目を開けているのが苦痛になります。このことを低線量被曝の影響だと言うつもりはありませんが、一般的に低線量被曝は老化と同じ現象です。

つまり、非常に広範にわたって、老化現象がどんどんと観察できるようになるのが今後の日本であるはずです。



02. 2013年4月29日 21:17:27 : snXqss1M22
日本の児童数はかるく1000万以上
その1%に甲状腺癌か!?

好き放題に嘘を吹きまくり、煽りまくりやがる死にぞこないども


03. taked4700 2013年4月29日 21:54:54 : 9XFNe/BiX575U : GSc3cDB1IA
>>02

>日本の児童数はかるく1000万以上

だからなんなのですか。日本のほぼ全土が放射能汚染されれば当然の結果ですよ。

児童だけではなく、大人も影響を受けているはずで、その影響が隠されていると思います。


04. 2013年4月29日 22:13:10 : JjNtNbJEr2
甲状腺がんで甲状腺を摘出してしまったら、一生ホルモン剤(チラーヂンS錠)を毎日飲み続けなくてはならない。このチラーヂンS錠だが、常用している方々は一般に思われているより多い。特に1962年〜1963年に生まれた人たちは、空中核実験が頻繁に行なわれた時代なので胎児の時に母体を通じて内部被曝しており、今頃になって甲状腺がんを発症している例が多い。

チェルノブイリ事故の1986年生まれも将来、多発すると見られる。

2011年の福一事故は、今なお放射能を連日24時間365日吹き上げているため、1962年〜1963年生まれを上回ることは間違いなし。それも、早い時期に発症する。内部被曝が連日蓄積しているからだ。

福一の放射能はアメリカ西海岸でも観測されている。そりゃそうだ、あそこは太平洋戦争の時、風船爆弾を飛ばしていた基地だったからな。

風船爆弾の解説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E8%88%B9%E7%88%86%E5%BC%BE

甲状腺がんはアメリカでも多発するだろう。恐ろしいことになる。


05. 2013年4月29日 22:49:57 : Y3nPO9hCj2
子供が10万人甲状腺癌か。そんな感じね。それに白血病、一般のガンに其れに数倍する心筋症による死亡が襲い掛かるのだろう。宝くじよりも当る確率が高いなあ。一文も給付金がもらえないのだから酷い国だよ。それでも原発原爆は止めなければならないと思わないのか

06. 2013年4月30日 03:13:59 : Lu3EQrDLsk
子供のいる家庭はメガビタミンを検討するべきだな(図書館で借りるなりして読んで)
当然、安全な地域へ移住するなどの方が優先順位は上だが

07. 2013年4月30日 09:42:49 : 0IZKkTPjYs
核実験、チェルノブイリ原発事故が、世界の甲状腺がん増加に寄与しているのは確実だ。

>甲状腺がんでは、世界の年齢調整罹患率は2002年以前の2〜5年間は、10万人あたり、女で3.3、男で1.3だった。先進国では、罹患率はもっと高い。
米国では、2002〜2006年の間、女で14.2、男で4.9であった。
甲状腺がんは、悪性腫瘍全体の、女で2.0%、男で0.62%を成している。
(中略)
米国では、甲状腺罹患率は、1980〜1997年の間は、年2.4%づつ、1997〜2006年の間は、6.4%づつ増加した。


The worldwide age-standardized incidence of thyroid cancer during the 2–5 yr before 2002 was estimated to be 3.3 and 1.3 per 100,000 for women and men, respectively (International Agency for Research on Cancer, http://www-dep.iarc.fr). In more developed regions, the incidence is much higher; in the United States during 2002–2006, it was 14.2 and 4.9 per 100,000 for women and men, respectively (International Agency for Research on Cancer, http://www-dep.iarc.fr) (3). Thyroid cancer comprises about 2.0% of all malignancies in women and 0.62% in men, and it is one of a small number of cancers for which the incidence is increasing (International Agency for Research on Cancer, http://www-dep.iarc.fr). In the United States between 1980 and 1997, it increased by 2.4% per year, and between 1997 and 2006 it increased by 6.4% per year
http://edrv.endojournals.org/content/31/5/756.full

上述の論文には、日本の医療被曝について驚くべき引用がなされている。
諸外国に比較して、日本では、4〜6倍以上の発がんリスクに晒されている。

>医療被曝に起因するがんリスクは、英国06%、米国0.9%から、日本の3.8%までに渡っている。

It has been estimated that the cancer risk attributable to diagnostic radiation ranges from 0.6 and 0.9% in the United Kingdom and the United States, respectively, to 3.8% in Japan


08. 2013年4月30日 11:09:01 : 9FIR5NQffU
この投稿の結論を導くには、全国の子供のヨウ素131の被曝を中心とした被曝量を
確定しなくてはならないだろう。ところが肝心のそれが福島ですらあいまいなままだ。
しかも短半減期の核種の被曝量はいまとなっては、はかりなおすこともできない。

ただプルームが来たと思われる地域については、小児甲状腺ガンが多発することは
明らかだろう。


09. 2013年4月30日 13:52:37 : 0hsNIzQdZI
放射線障害の対策として、防衛大の医学部?のレポートでビタミンCと抗酸化サプリメントの摂取が効果があり、というのがあり、福島の事故後にネットで公開されたが、結果として殆どの医療機関が反応せず、それへの抗議が発せられていた。

どこかでポーリング博士の「メガビタミン療法」というのがあって、したがってとても昔の提案なのだが、同じ方法とおもえました。

小生はわかい時、よく十二指腸潰瘍になり、たまたま大量のビタミン剤の服用が治療効果があることを体験から見つけ、医者に言ったのだが馬鹿にされた。しかし、以降の人性で何回も同様の効果を体験したので、常軌のビタミン摂取療法の効果を間違いないものと受け取っている。

問題は、放射線障害に効果があるか、ということだが、やはり小生の経験ですが、学生時代に誤って多量のX線を浴び(学生実験)、一時、貧血症状になったことがある。普段から体力回復用にビタミン剤を摂取することが多く、無事に乗り切れたのはビタミンの大量服用の効果と思っている。

放射線障害の回復には多い目のビタミン剤の服用は効果があると信じます。


10. 2013年4月30日 17:07:06 : 9lzRq4PQXg
みんな早くガン保険に入ったほうがいいよ!白血病もガン保険の対象です!

11. 2013年4月30日 18:48:34 : eNIDGgsUwM
「放射線被害を隠す日本政府、座視できない」

福島の主婦、ソウルで原発事故の実情を説明

http://www.chosunonline.com/svc/view.html?catid=31&contid=2013042501274
「会津放射能情報センター」の片岡輝美代表が「福島の児童や未成年者が甲状腺がんを発症する危険性が高まった」という内容の毎日新聞の記事(今月22日付)を示し、放射能の危険性について説明している。/写真=キム・チュンリョン記者


 「日本政府は『経済復興』のため、福島県は『観光誘致』のために、放射線被害の危険性を隠蔽(いんぺい)している」


 23日午後、韓国YWCA連合会館(ソウル市中区)で、福島県で放射線被害の監視を行っている市民団体「会津放射能情報センター」の片岡輝美代表(52)は「日本政府も地方自治体も、子どもたちの将来のことを考えていない」と訴えた。片岡氏は福島第一原子力発電所事故の実情について説明するため来韓した。


 主婦の片岡氏が原発事故の究明やモニタリング活動に乗り出したのは、福島の子どもたちを守るためだった。東日本巨大地震が発生した2011年3月11日、片岡氏は福島第一原発から100キロ離れた会津若松市に住んでいた。息子とおいの2人を連れて親戚の家に避難した片岡氏は「安全だから心配する必要はない」という当局の説明を信じ、15日後に地元に戻った。だが、片岡氏は「近所の子どもたちが突然鼻血を出したり、卒倒したりするなど、おかしな症状を見せている。当局は放射性物質についての情報を持っていない住民たちを愚弄(ぐろう)している」と話した。


 被害をこのまま見過ごすわけにはいかないと考え、放射線被害を監視するための市民団体を立ち上げた。片岡氏と同じ主婦や、そのほかの多くの女性たちが賛同した。「2011年12月、野田佳彦首相(当時)は『福島原発事故は収束した』と宣言したが、18歳以下の児童や未成年者を対象に行った甲状腺検査では、嚢胞(のうほう=体内の組織に形成された球状の物質)や結節(発疹〈ほっしん〉の一種)が見つかった人の割合が、11年には35.3%だったが、昨年は43.1%にまで急増した。また、検査を受けた人のうち3人からはがんが見つかった」と主張した。その上で片岡氏は「安全性をアピールするため、児童や青少年のスポーツ大会をわざわざ福島に誘致している」と語った。


 片岡氏は「韓国も原発を増設しているが、原発は安全だと自信を持って言うことはできない。子どもたちが健康を害した後に後悔しても遅い。母親たちが立ち上がるべきだ」と主張した。


キム・チュンリョン記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
------------------------------------------------------------------------
"I cannot look on Japanese Government covering radiation damage unconcernedly"

I explain the fact of the nuclear plant accident in housewife of Fukushima, Seoul


Representative Terumi Kataoka of "the Aizu radioactivity clearing house" shows an article (dated this month 22) of the Mainichi Shimbun of the content "that the risk that thyroid cancer develops in a child and a minor of Fukushima was sublimed" into and explains the risk of the radioactivity. / photograph = Kim チュンリョン reporter


In "the Japanese Government, Fukushima performs concealment (concealment) of the risk of the radiation damage" for "a sightseeing invitation" for "economic revitalization"


On the afternoon of 23rd, representative Terumi Kataoka (52) of the citizen's group "Aizu radioactivity clearing house" which watched the radiation damage in Fukushima claimed, neither "the Japanese Government nor the local government thought about the future of children" in association of Korean YWCA Hall (Seoul Shizhong District). Kataoka visited Korea to explain the fact of the Fukushima first Nuclear Power Plant accident.


The reason why Kataoka of the housewife started investigation and the monitoring activity of the nuclear plant accident was that I protected children of Fukushima. On March 11, 2011 when East Japan giant earthquake occurred, Kataoka lived in Aizuwakamatsu-shi 100 kilos away from Fukushima first Nuclear Power Plant. Kataoka who evacuated to the house of the relative with two people of a son and the nephew believed the explanation of the authorities "not to have to worry because I was safe" and came back to the hometown 15 days later. But Kataoka "neighboring children take out a sudden nosebleed, and faint, and show a funny symptom". I told, the authorities performed mockery (mockery) of inhabitants who did not have information about the radioactive material.


I thought that I could not overlook damage as it is and I stood and put up a citizen's group to watch radiation damage. Housewife same as Kataoka and many other women approved of it. In "December, 2011, Prime Minister Yoshihiko Noda declared, "the Fukushima nuclear plant accident converged", but, by the thyroidal inspection that I went for for child and minors 18 years or younger, the ratio of person whom a cyst (spherical material formed at the organization of the のうほう = body) and a nodule (kind of rash 〈 ほっしん 〉) were found in was 35.3% for 11 years, but increased rapidly to 43.1% last year". In addition, I insisted, a cancer was found in three people among examined people. With that in mind, I told, Kataoka "invited a child and a young athletic meet expressly in Fukushima to appeal to you for safety".


"Korea builds more nuclear power plants, but, as for Kataoka, it cannot be said that the nuclear power plant is safe with confidence". It is late even if sorry after children injured health. I insisted, mother should stand up.


Kim チュンリョン reporter

Korea daily report / Korea daily report Japanese edition
------------------------------------------------------------------------
不"能座视掩盖射线受害的日本政府"

在福岛的主妇,首尔说明核电站事故的实际情况

"会津放射能信息中心"no片冈辉美代表表示"福岛的儿童以及未成年者引发甲状腺癌的危险大起来了"的内容的每日新闻的文章(于这个月22日的),正说明放射能的危险。/照片=金·chunryon记者


在"日本政府,福岛县正为"观光引诱"为"经济复兴"做隐蔽(inpei)射线受害的危险"


正在福岛县监视射线受害的市民团体"会津放射能信息中心"no片冈辉美代表(52)不是"日本政府地方自治体正考虑小孩们的今后的事情"的话,在23日下午,在韩国YWCA联合会馆(首尔街上区)控告了。片冈他为说明福岛第一原子能发电所事故的实际情况来韩国了。


主妇的片冈他查明核电站事故,着手了监视活动的是保持福岛的小孩们了。在日本东部巨大的地震发生了的2011年3月11日,片冈他在从福岛第一核电站离开100k了的会津若松市居住。领儿子远的两个人,在有亲戚关系的家避难了的片冈他相信"没有因为是安全所以担心的必要"的当局的说明,15日以后在本地回来了。但是片冈他"附近的小孩们突然地拿出鼻血,昏倒,正给我看奇怪的症状"。当局说正做愚弄(gurou)没有关于放射性物质的信息的居民们了。


打算不能就这样看漏受害,站着,放了用来监视射线受害的市民团体。与片冈他相同的主妇以及那个其他的许多的女性们赞同了。"福岛核电站事故"野田佳彦首相在2011年12月结束了"宣布了的话,但是发现了的人的比例在11年是35.3%,但是囊肿(被nouho=体内的组织形成了的球状的物质)以及结节(出疹子〈hosshin〉的一种)去年"对43.1%由于以不到18岁的儿童以及未成年者为对象进行了的甲状腺检查剧摎ケ。另外,主张说从3个人在接受检查了的人中发现癌了了。说片冈他"正招徕儿童以及青少年的运动会在福岛,在此之上,为宣传安全性安全度特地"了。


片冈她"韩国正设核电站,但是不能有信心"据说核电站安全。即使小孩们损害了健康之后感到后悔也晚。主张说母亲们站起来了。


金·chunryon记者

朝鲜日报/朝鲜日报日语版
------------------------------------------------------------------------

「방사선피해를 감추는 일본정부, 좌시할 수 없다」

후쿠시마(福島)의 주부, 서울에서 원전사고의 실정을 설명


「아이즈(會津) 방사능 정보센터」의 가타오카(片岡) 데루미(輝美) 대표가 「후쿠시마(福島)의 아동이나 미성년자가 갑상선 암을 발증하는 위험성이 높아졌다」라고 하는 내용의 마이니찌신문(每日新聞)의 기사(이번 달 22일자)을 내보이고, 방사능의 위험성에 대해서 설명하고 있다. /사진=김·【쥰룐】기자


「일본정부는 『경제부흥』 때문에, 후쿠시마현(福島縣)은 『관광 유치』를 위해서, 방사선피해의 위험성을 은폐 (있지 않다 ぺ 있어) 하고 있다」


23일 오후, 한국YWCA연합 회관(서울시 나카구(中區))에서, 후쿠시마현(福島縣)에서 방사선피해의 감시를 하고 있는 시민단체 「아이즈(會津) 방사능 정보센터」의 가타오카(片岡) 데루미(輝美) 대표(52)은 「일본정부도 지방자치체도, 어린이들의 장래를 생각하지 않고 있다」라고 호소했다. 가타오카(片岡)씨는 후쿠시마(福島) 제1 원자력 발전소 사고의 실정에 대해서 설명하기 위해서 다음한 했다.


주부의 가타오카(片岡)씨가 원전사고의 구명이나 모니터링 활동에 착수한 것은, 후쿠시마(福島)의 어린이들을 지키기 위해서이었다. 동일본거대지진이 발생한 2011년3월11일, 가타오카(片岡)씨는 후쿠시마(福島) 제1원전에서 100킬로 떨어진 아이즈와카마쓰시(會津若松市)에 살고 있었다. 아들과 조카의 2명을 데려서 친척의 집에 피난한 가타오카(片岡)씨는 「안전하기 때문에 걱정할 필요는 없다」라고 하는 당국의 설명을 믿고, 15일후에 그 고장에 되돌아왔다. 그러나, 가타오카(片岡)씨는 「근처의 어린이들이 돌연 코피를 내거나, 졸도하거나 하는등, 우스운 증상을 보여주고 있다. 당국은 방사성 물질에 관한 정보를 가지고 있지 않은 주민들을 우롱(ぐろう) 되게 하고 있다」라고 이야기했다.


피해를 이대로 간과하는 셈이게는 가지 않다고 생각하고, 방사선피해를 감시하기 위한 시민단체를 시작했다. 가타오카(片岡)씨와 같은 주부나, 그 밖에의 많은 여성들이 찬동했다. 「2011년12월, 노다(野田) 요시히코(佳彦) 수상(당시)은 『후쿠시마(福島) 원전사고는 결속했다』라고 선언했지만, 18세이하의 아동이나 미성년자를 대상으로 행한 갑상선검사에서는, 유즈루(囊)胞 (의 う붕새=체내의 조직에 형성된 원형의 물질)이나 서로 묶음(발진 의 일종)이 찾은 사람의 비율이, 11년에는 35.3%이었지만, 작년은 43.1%에까지 급증했다. 또, 검사를 받은 사람 가운데 3명에게서 이어 맞추지 않는다가 찾았다」라고 주장했다. 그리고 나서 가타오카(片岡)씨는 「안전성을 어필하기 위해서, 아동이나 청소년의 스포츠대회를 일부러 후쿠시마(福島)에게 유치하고 있다」라고 함께 이야기 했다.


가타오카(片岡)씨는 「한국도 원전을 증설하고 있지만, 원전은 안전하다고 자신 있게 할 말은 할 수 없다. 어린이들이 건강이 나빠진 후에 후회해도 늦다. 어머니들이 일어서야 한다」라고 주장했다.


김·【쥰룐】기자

조선 일보/조선 일보일본어판
------------------------------------------------------------------------
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/04/25/2013042501274.html


12. 函館の犬。 2013年5月01日 05:57:11 : bhbAK3m6MJQx2 : JX6jxxcmeU
原発のある市町村は、子供の甲状腺エコー検査、できたら血液検査も施行するべきだな。 まあこんなことは、政府は絶対しないだろうが。 きっと腰をぬかすような結果がでるんじゃないのか。 

13. 2013年7月22日 12:21:59 : Of7mkBYDzo
九州で異常が出るのは2010/12 の玄海のせいだろう。2011/3/16の東京を遥に上回るプルームが九州全土に垂れ流しだったのに、九州全土に避難勧告が出されるはずだったが全て隠蔽。福島のカモフラージュですらないよ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧