★阿修羅♪ > 原発・フッ素31 > 532.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島事故の壊滅的影響: 放射線による世界的な危険 (マスコミに載らない海外記事) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/532.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 5 月 12 日 00:33:00: igsppGRN/E9PQ
 

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-c634.html
2013年5月12日 マスコミに載らない海外記事


Stephen Lendman

Global Research
2013年4月28日

“ただちに危険ではない:放射まみれの地球を予測する”という題名の著書の中で、放射能/環境衛生専門家、ロザリー・バーテル(1929 - 2012)はこう言っている。

“万一大衆が核汚染の健康に対する本当のコストに気がつくようなことがあれば、世界中のあらゆる場所で批判がわきおこり、人々は自らの死の為に受動的に協力するのを拒否するだろう。”

“放射能: ただちには危険ではない”という題の彼女の記事で、彼女は新たな単語を生み出した。“オムニサイド=皆殺し”つまり生命の究極的な否定だ。“理解するのは困難だが”それは起きている、と彼女は言った。

産業放射能汚染は“累積すれば、チェルノブイリよりひどい。我々は、放射性物質については、癌による死亡や奇形児や流産が許容されてしまうという、勝ち目のない状況の中にいる。”と彼女は語っていた。

業界プロパガンダは、原子力はクリーンでグリーンだと偽りの主張している。核燃料サイクルは膨大な量の温室効果ガスを放出する。

毎年何十万キューリーもの致命的な放射性ガスや放射性元素も環境に放出している。

“核エネルギー生産が‘クリーン’だという主張は”バーテルは言う“ダイエットをしながら、食事の合間に食べ物を詰め込んでいるようなものだ。”

別のところで、彼女はこう言っている。


“損害を与えない放射線被曝などというのものは存在しない。細胞が損傷する可能性は100%ある。次の疑問は、どういう損傷が心配か?だ。”

あらゆる毒性危険物は由々しいと彼女は言う。放射線は全ての中で最悪だ。あらゆる人間の命を脅かす。“現在の我々の進路は、核戦争やら技術的大災害による迅速なものであれ、毒による緩慢なものであれ、種の絶滅へと向かっている。”

世界自殺は必至なのだ。核兵器拡散の継続と福島事故がそれを促進している。

3月11日は事故二周年。これは恐らく史上最悪の環境災害だ。信頼できる専門家達が日本の広範な部分が危険だと言う。そうした地域は生活するには余りに危険に満ちている。

小出裕章助教によれば、東京も福島同様に汚染されている。何千人もの都市住民が抗議している。彼等は原子力に反対している。彼等は原子力に代わる安全なエネルギーを求めている。

放射能汚染は広まっている。東アジア、北米、ヨーロッパや他の地域も汚染されている。

世界中の多くの地域での大気や水や土壌の有害物測定値は何倍も高すぎる。将来、癌が蔓延するのは確実だ。体細胞が分裂する時に、癌が発生し、無制限に広がる。治療しなければ、転移し、人は死ぬ。

ミシェル・チョスドフスキーは福島を“戦争の無い核戦争”と呼んでいる。これは“世界的な核汚染という暗黙の危機だ。”

何万人もの子供達の甲状腺異常が確認されている。彼等は氷山の一角の反映に過ぎない。子供は特に影響を受けやすい。安全な放射線量など無い。

カール・グロスマンは地球を“非核地帯”にすることを願っている。“本格的な核兵器の撃ち合い”無しで、かろうじて前世紀を乗り切ったのだと彼は言った。

あらゆる種類の核エネルギーは安全でない。安全で、清潔で、再生可能な太陽、風力、地熱や、他のエネルギー源は既に利用可能だ。

ハイマン・リッコーヴァー提督(1900 - 1986)はアメリカ原子力海軍生みの親だ。1982年1月、議会の委員会で、、数十億年前まで“地球上ではいかなる生命も生きられませんでした”と彼は語った。

“地球上の放射能が余りに高かった為、魚も何も、いかなる生命も生存できなかったのです。”次第に放射能の量は減少しました。“生命が存在できるようにするため、自然が破壊しようとしてきたものを、今我々は生み出しているのです。”

“放射能を生み出す度に、恐ろしい力”が解き放たれるのです。“場合によっては、放射能は何十億年も残り、人類は自ら滅びるのだと思います。”

“私は人類について語っているのです。我々ができる最も重要な事は、国際会議の開催から始め、まず核兵器の禁止です。そして、原子力発電も禁止するのです。”

“歴史の教訓は、戦争が始まれば、あらゆる国は、究極的に、何であれ使える兵器を使うだろうことです。それが我々が幾度となく学んだ教訓です。” ”

“それゆえ、もし、次の戦争、本格的な戦争が起きれば、我々は何らかの形の核エネルギーを使用すると考えざるをえません。我々は恐らく自らを破滅させるのです。”広範囲にわたる汚染は、ゆっくりと作用する。

不穏な報道が明らかにしてくれる。4月始め、福島第1原発の地下貯蔵タンクから、約120トンの汚染水が漏れた。汚染水は推計7100億ベクレルの放射能を含んでいた。

壊れたタンク周辺の水は非常に放射能が高い。タンクは、太平洋から約800m離れている。政府と東京電力は汚染水は海には到達しないだろうと主張している。多数のこれまでの報道がそうではないことを示唆している。

東京電力の小野正幸部長は言う“地下水タンクに対する我々の信頼が失われつつあるという事実は我々は否定できない。”

2012年11月、Nature.comは“福島原発からの放射性物質に、海はいまだにさいなまれている”という見出しで、こう書いている。

“破壊された福島第一原子力発電所に近い海水中の放射能は今も持続している。”

新たなデータは高い汚染レベルを示している。“福島事故は、これまでで最大の放射能の海への放出を引き起こした。”

放射能レベルは低下していない。“漁業に対する影響は深刻だ。”

12月26日、CleanEnergy.orgは“日本は福島原発事故の余波と闘い続けている”という見出しで、こう書いた。


“…推計で160,000人の(日本)国民が依然帰宅できずにいる。人間と家畜の病気の報告が、原発事故が引き起こす影響が広範囲に及び、予想するのが困難であることを浮き彫りにし続けている。”

2012年7月、検査を受けた日本の子供の36%に異常な甲状腺増殖があった。数カ月後、“福島症候群”という病気で、福島県中の家畜が死んでいる。

突然変異が蝶々や他の昆虫で発見された。昆虫のライフサイクルが短いので、遺伝子破壊が、人類や他の哺乳類よりも早く出現可能になる。

4月11日、Bloomberg.comは“東京電力、放射能汚染した水を太平洋に放出する決断に直面”という見出しでこう書いている。


“先週、7つのピットのうち、3つで漏洩が見つかった…。”汚染された水を移動する選択肢は限られている。

“日本では梅雨が近づいており、汚染水の水位は上昇する可能性が高い…”

“昨日、東京電力は、今回パイプから放射能汚染された水の、別の漏れを報じた。”

“2011年8月にサンディエゴ沖で捕獲された太平洋クロマグロが前年捕獲した魚の10倍、放射性セシウムに汚染されていることが判明した…。”恐らく今はもっと高いだろう。

4月15日、サイエンス・デイリーは“福島第一原発事故: 二年経っても、放射性物質の放出は続く”という見出しでこう書いている。

“…依然として、科学者達は損害の度合いを数値化しようとしている。”最も重要な事は“一体どれだけの有害物質が大気中に放出されたのかを測定することだ…。”

今、日本原子力研究開発機構の研究者達は、放出された“セシウム137とヨウ素131”の過去の推計は低すぎたと語っている。

2013年3月11日、原発専門家のアーニー・ガンダーセンは“福島第二原発には、確実に大きなヒビ、おそらく直径12センチのものがある”と述べた。

封じ込めは痛ましいほど欠如している。太平洋への漏出は続いている。

4月24日、Natural Newsは“封じ込められずにいる膨大な福島の漏出は、7100億ベクレル以上の放射性物質を大気に放出している”という見出しでこう書いている。

原発からの漏出としては最大だ。福島災害は決して終わらない。“放射能を放出し続ける。”


“新たな報道は膨大な新規の放射性物質が大気に排出されていることを示している。”

放射性物質は世界中に拡散している。放射能は永遠だ。放射能は消散したり、消滅したりしない。安全なレベルなど存在しない。あらゆる被曝が過剰被曝だ。バーテルは正しかった。“皆殺し”はあらゆる人々を脅かしている。

Stephen Lendmanはシカゴ在住。lendmanstephen@sbcglobal.netで連絡がとれる。

彼の新刊書名は“銀行家による占領: 人類に対してしかけられている戦争。”

http://www.claritypress.com/LendmanII.html

彼のブログは、sjlendman.blogspot.com。

プログレッシブ・ラジオ・ネットワークのプログレッシブ・ラジオ・ニューズ・アワーの著名ゲストとの最先端の議論をお聞きください。

金曜のアメリカ中部時間午前10時と、土曜と日曜の正午に放送している。いつでも聞けるよう、全ての番組がアーカイブされている。

http://www.progressiveradionetwork.com/the-progressive-news-hour

http://www.dailycensored.com/fukushimas-catastrophic-aftermath-continues/

記事原文のurl:www.globalresearch.ca/fukushimas-catastrophic-aftermath-the-dangers-of-worldwide-nuclear-radiation/5333138


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年5月12日 01:31:39 : FfzzRIbxkp
海外でフクイチ原発の状況や被ばく報道がどのように伝えられているのかは知っておく必要があると思います。

昭和39年度以降のデーターで、
平成24年度の出国日本人の人数は過去最高の184万人を記録しています。

海外で暮らしている日本人の方もご心配も多いと思います。


02. 2013年5月12日 22:13:50 : q2itgreRE2
言葉もありませんね。
本物の科学者だったら、同じ想いを持つでしょう。

>>01

海外で暮らしてる方はまだいいです。
沈没寸前の母国にいるよりは。

原子爆弾により広島、長崎で多くの同胞を失い、今も苦しみ続けるというほどの被害を受けているのに、いつの間にやら原発54キも作らされてしまい、さらに福島で、地球を汚染し、人類を危機に陥れる地球史上最悪の原発事故をその当事国が引き起こしてしまったことについて、多くの心ある人達は、悔しくて、恥ずかしくて、申し訳ないと腹の底から思っている事は間違いありません。


03. 函館の犬。 2013年5月13日 04:59:39 : bhbAK3m6MJQx2 : JX6jxxcmeU
DVD[100000年後の安全]を見ればいい。 全国の学校で上映すればいいんだ。

04. 不乱坊 2013年5月13日 05:29:19 : kbTBOGSw0930o : 95h6B3ZMbI
>“歴史の教訓は、戦争が始まれば、あらゆる国は、究極的に、何であれ使える
>兵器を使うだろうことです。それが我々が幾度となく学んだ教訓です。”
ピント外れなのですが、このくだりを読んだ時連想したエピソード。
731部隊で、ペスト菌かなんかを、風船爆弾に載せて敵陣営に落下させる計画をして、その実験中、
風向きが変わって実験部隊のいるところに落ちてきた、という話があった。
味方の利益(敵の不利益)と思ってすることが、自分を害する。そういうドタバタ劇を連想をしました。
CO2の排出を減らすはずの原発が事故を起こし、その結果CO2を吸収してくれる大事な森をなぎ倒し、
人も近づけぬ汚染水タンクのジャングルを出現させるという愚劣さ。
にもかかわらず、その愚かしい政策をまだ続けようという狂った為政者たち。

>“日本では梅雨が近づいており、汚染水の水位は上昇する可能性が高い…”
梅雨は、本来は日本に豊かさをもたらしてくれるもの。なのに、今はそれを恐れなくてはならない。
豊かなはずの雨が、豊かな海に、荒廃と破滅の汚染水を運ぶことになりそうだ。

>“皆殺し”はあらゆる人々を脅かしている。
そのことに気づかない人が圧倒的に多い。
スーパー狂言『ムツゴロウ』で、海の生き物たちの怨霊が、突然海水が来なくなり、生きられなく
なった、と述懐するシーンを見ながら、ある日急に理由もわからず呼吸できなく
なったりする末路が、人間にも待ち受けていそうな気がしたものだった。
その時、自分を殺すものが、いったい何者なのかを覚り、せめて憎しみの
怨念を残して死ぬか、ワケもわからず昇天するのか、と思うのだった。
まだ先のことか、すぐにも起こりうることか、それもわからん。


05. 2013年5月13日 07:57:09 : OZfE7oY4Rk
久々にいい記事だった。

06. 2013年5月13日 09:54:44 : UMz6OIgtFE
広島長崎で原爆投下以来70年、世界には戦後、大国の核保有、核実験を繰り返しをしてきて大気中に死の灰をばらまいてきた。

戦後これと同じくして死因のトップにがんや糖尿などの病気が蔓延するようになっていった。

世界中にばらまかれた核放射能物質の体内被曝、放射線による悪影響がじつはその主要原因であろう。

核を推進するものたちによって放射能汚染とは禁句にされてきただけの話であって世界中の市民はこれからはその話を主流にしていかなくてはならない。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧