★阿修羅♪ > 原発・フッ素31 > 850.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島の「小児甲状腺ガン」発生率が何と70倍に成っていますが、関東も同等です! (高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/850.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 6 月 06 日 10:55:00: igsppGRN/E9PQ
 

福島の「小児甲状腺ガン」発生率が何と70倍に成っていますが、関東も同等です!
http://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/d4cd8387ec187563fbd3c978d5108758
2013-06-06 00:24:09  高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟


福島の「小児甲状腺ガン」発生率が何と70倍に成っています!

遂に隠しきれなくなりましたので、発表しましたか!

http://blog-imgs-58.fc2.com/j/y/o/jyouhouwosagasu/o0485034412396905017.png

福島第一原発事故による放射線の影響を調査している福島県の福島県民健康管理調査で、18歳以下で甲状腺ガンの診断で確定が12人、疑いが3人だった。



調査主体の福島県立医大は、「放射線の影響は考えられない」などと相変わらず隠蔽していますが、チェルノブイリの例を引用するまでもなく放射能の影響であることは明白である!

しかし、医師の倫理なんてなものはいい加減なものなのですね!

詐欺師と変わりはしない!



たいして悪くない患者を悪い悪いと脅して、高い薬を売りつけてみたり、挙句の果てには、患者を間違えて手術したり、手術ミスで死亡させたり医療現場は乱れきっています!

http://t0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcRXZOSEbxhOPl5ibM-tSyDbbMAyl6tEQO0YQKzAW7pAm8HqtS30Aw

小児の甲状腺ガン発生率は、100万人あたり1〜3人ですから、検査対象17万4000人ですから発生率は通常の70倍です。



2011年度は、二次検査205人・確定7人・疑い4人。

2012年度は、二次検査935人・確定5人・疑い11人。



来年は、いよいよ放射能被害が隠しきれなくなるほどの被害が出ますから、政府や、東電ゃ、マスゴミが真実を発表するようになります!

http://pbs.twimg.com/media/BE6Nb1OCIAM49j4.jpg:small

こりゃなんじゃ!

原子力規制員会は6日、東京電力福島第一原子力発電所事故による住民の健康管理のあり方についての提言を決めた。提言では、福島県の県民健康管理調査について「国が責任を持って継続的な支援を行う必要がある。国の責任の下で取り組むべき」としている。しかし、福島県医師会の木田光一委員らが要望していた「国による健康調査の一元化」は抜け落ちた。
 
住民の健康管理のあり方については、福島県の県民健康調査や、子ども被災者支援法第 13 条によって、放射線による健康への影響に関する調査等を講ずるとされていることなどを受けて、去年11月に設置された検討チームで、放射線による障害の防止の観点から、健康管理調査の意義や実施体制、健康管理調査データの取扱いなどについて、ヒヤリングなどが重ねられてきた。
 
この日規制委員会で決めた提言では、住民の外部被ばく線量の把握が不十分であると指摘はしているものの、ほとんど県民健康調査の現状を追認しており、福島県の甲状腺検査で、甲状腺がんと診断された子どもが3人、このほか7人に甲状腺がんの疑いがあり、追加の検査中であることなどは、話に上がらなかった。
 
甲状腺ガン以外の健康被害については、「放射線が原因となる健康影響の発生の可能性は極めて小さく、影響を検出することはできない。生活習慣病対策が重要である」と示した。
過去にチェルノブイリの現地調査を行った経験のある大島賢三委員が、「必ずしもWHOやIAEAといった国際機関に上がっている以外の情報も現地にはある。甲状腺ガンだけではないという報告もある」と指摘したが、原子力規制庁監視情報課の室石泰弘課長は、「いま行われている甲状腺検査の中で把握していこうとしている」と説明した。
 
今回の提言は環境省宛に出されることが決まり、田中委員長は「環境省にしっかり受け止めていただくようお願いしたい」と話した。



狂っちょる!



いまだにこんなことを言っている連中は、売国奴ばかりですから何等かの刑事処分が必要でしょう!

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月06日 12:53:48 : RtA0Gubgv2
我が国の第一線で活躍する日本人の大多数に共通することは、先ず責任感という意識が欠落していること。第二に、中長期的な展望に立ったヴィジョンを創造しうるだけの器量がないこと。そして、第三には、21世紀の我が国・日本を牛耳っている連中は精神的に未熟であり、成熟しきっていない輩の集合体であること。要するに、大人になり切れない幼児性を温存しながら、国政だの、司法だの、財政だの、学会だの、あらゆる分野に関与し続けている。
 つまり、本物の人材がアウトサイダーに追いやられ、三流どころが前面に出てくる社会構造になっているのだ。此処にこそ、我が国の悲劇と狂気の温床があると思っている。

02. 2013年6月06日 16:17:22 : 1ioo7h1uY6
■国は何時の日も

 国民の命と企業の存続を 問われた時には

 企業過失を認めず 

 企業存続に 加担するが

 今回の 東電放射能バラマキ事件では

 何人死ねば 東電が裁かれるのだろう

 遅れれば 遅れるほど 国の責任が増大し

 国民負担も 大きくなる

 一日も早く 加害者東電を断罪し 

 責任を取らさねばならない

 


03. 2013年6月06日 22:09:13 : FfzzRIbxkp
甲状腺がんを発病した子供たちの初期被ばくをどのくらい防いできたのか、
事故から2年間、子供たちの被ばくを防ぐ為にどれほど尽力してきたのか、
そちらも検討しないといけませんよ。

今までの対応では、子供たちの被ばくを防ぐのに十分な効果が得られないのならば、被ばく防護の方法を改めないといけない時期にきているのではありませんか。


04. 2013年6月07日 22:16:22 : MzD9Rq9O9I
気になるのは、三春町の子どもたちです。町長の気骨ある判断で県の指示を受けずにヨウ素剤を配布したあの三春町。後日効果は薄かったと検証結果をだされていた記憶がありますが、今なぜ調査しないのか不思議です。

05. 2013年6月08日 01:19:14 : XUd48KYCio
チェルノブイリの1/10と御用学者が事故後から発言して、一人歩きしている。
放出された放射性核種の重さから、政府発表のごまかしは明らか。

その上、それなりり人口密集地の原発事故だから、その健康被害はチェルノブイリの10倍程度にまで膨れ上がると思う。

数人から数十人はまだ、さきがけ、
チェルノブイリ事故後4〜5年になれば数百人の子供の甲状腺ガンは確実だろう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧