★阿修羅♪ > 原発・フッ素31 > 868.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
イラン・ブシェール原発、地震で損傷か
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/868.html
投稿者 手紙 日時 2013 年 6 月 07 日 12:28:35: ycTIENrc3gkSo
 

件名:イラン・ブシェール原発、地震で損傷か
日時:2013/06/06 読売新聞
引用:http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130606-OYT1T01070.htm?from=main4
--------------------------------------------------------------------------------------------

【テヘラン=酒井圭吾】AP通信は5日、外交筋の話として、イラン南部のブシェール原発の施設の一部が、同国で4月以降に起きた地震の影響で損傷していたと報じた。

 
損傷部分などの詳細は不明。国際原子力機関(IAEA)やイラン政府から周辺の放射線量の変化は報告されていない。

 
同通信によると、施設の少なくとも1か所で「長い亀裂」が確認された。ブシェール州では4月、マグニチュード(M)6・3の地震が発生したほか、5月6日にも同州付近でM5の地震があった。

 
イラン原子力庁は昨年、ブシェール原発の本格稼働を発表したが、現在は稼働を停止中とみられている。

--------------------------------------------------------------------------------------------
//Memo
//Hitokoto
全世界即時原発停止!  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月08日 07:37:06 : JjNtNbJEr2
このイラン・ブシェール原発ですが、ウィキペディアの日本語版の説明をリンクします。

ブーシェフル原子力発電所
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%95%E3%83%AB%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80

説明が短いので、英語版の方もリンクします。
Bushehr Nuclear Power Plant
http://en.wikipedia.org/wiki/Bushehr_Nuclear_Power_Plant

当方の乏しい語学力で説明することをお断りします。
この原発は、かつてのイランを支配していたパーレビ国王が1974年8月に建設を決定し、1975年に当時の西ドイツの企業連合が受注したようですね。同国の重電・社会インフラ大手のシーメンス・AEGテレフンケン連合が主契約者で、製鉄会社のティッセン・クルップも加わっています。蒸気機関車や兵器でも有名なメーカーです。

これら西ドイツの企業連合はドイツ統一を経て、現在は統一ドイツの原発廃止方針により原発事業から撤退していますが、1970年代の当時でもアメリカの原発メーカーに価格競争力で劣ることから将来性が危惧されていました。そこに西ドイツの技術力にほれ込んだパーレビ国王から話を持ちかけられ、やる気満々でプロジェクトが開始されたのです。

パーレビ王政を倒したイラン革命により1979年1月、建設作業は中断されます。イラン新政府は1979年7月、正式に西ドイツとの建設契約を打ち切りました。この時点で進捗率は85%だったそうです。ちなみに建設費25億ドルはイランから西ドイツ側に支払われたそうです。

1980年にイラン革命の海外への波及を恐れるサウジアラビア等、湾岸王政諸国がアメリカと共に隣接するイラクのフセイン政権に強力な軍事援助を行ない、イラン・イラク戦争を勃発させました。これにより原発プロジェクトは再開の目途が立たない状態でしたが、1992年8月25日にソ連崩壊後のロシアと、建設と運営のアウトラインが調印されました。

このペルシャ湾に面したイラン・ブシェール原発ですが、多くの技術的困難が待ち構えていました。砂漠に囲まれたペルシャ湾は、世界の海洋の平均レベルより塩分濃度が高く、ステンレス鋼でも錆びるそうです。これは日本版ウィキペディアには記載されていません。多分、原子力ムラに取って都合の悪い情報なので、無理やり編集して破棄したかも。

イランの核武装を危惧する欧米諸国はロシアに圧力を掛けましたが、原発技術はソ連全体で分担していたため、蒸気タービンはウクライナが製作していました。ウクライナはあっさりと手を引き、原発の建設は更に遅れます。この地域は夏の気温が50℃に達し、建設は事実上止まるも同然です。

核燃料はロシアから輸送され、原発そのものは2009年3月に完成したそうです。原発の運営、使用済み核燃料の引取りをロシアが責任を持って行なう契約になっているそうです。ここまでしなくては原発建設など不可能です。

この原発は深刻な技術的問題を抱えているのですが、パーレビ国王時代に設置された西ドイツ製のウォーターポンプが30年を経過しており、経年変化による金属破壊が循環系統で発生。金属片が循環系統に混入しています。これは、直ちに原発を停止して廃炉にしなければならない深刻な状況だといえます。

クウェートの地質学者によりますと、イラン・ブシェール原発は3つのプレートの境界に位置しているため、相当に危険な状況です。このような情報も全く伝えられませんね。ウィキペディアも日本の原子力ムラやマスゴミ等の編集工作が行なわれていますから、他国語のものを見比べて真実の情報を探さねばならないようです。


02. 手紙 2013年6月08日 21:16:15 : ycTIENrc3gkSo : GXQfxDM0DI
>>01 JjNtNbJEr2さま、英語版wikipediaの引用をありがとうございます。

おっしゃるとおり、日本語版と英語版では情報量が圧倒的に違いました。
今後、注意して英語版と比較しながら読む努力をしたいと思います。

以下、この原発をめぐる情報を少々。

wikileaksによってサウジアラビアや他のアラブ諸国がイランの核開発を止めさせる為に、アメリカに対して繰り返し空爆を要請していたことが暴露されています。

また、強力なコンピュータウィルスであるStuxnet(2010年)やFlame(2012年)を世界中にばら撒いてイランの原子力発電所を狙ったのは、アメリカとイスラエルであるとイラン当局が断定しています。

そして国連の負託を受けて、このFlameという現在最凶のウィルスを解析したのがロシアのITセキュリティ企業であるカスペルスキーです。

これはやはり中東における欧米諸国とロシアの冷い争いの一端でしょうか。

*イランを狙うコンピューターウイルス「フレーム」、イスラエルが関与?
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2881128/9021276

*原発狙うウイルスの背後に「イスラエルと米国」、イラン当局者が断定
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2796161/7104028


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧