★阿修羅♪ > 原発・フッ素31 > 874.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島県の県民健康管理調査結果 震災後に悪化した症状が「いらいらしやすい」と答えた人が多い (まっちゃんのブログ) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/874.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 6 月 07 日 21:58:01: igsppGRN/E9PQ
 

http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11547028790.html
2013-06-07 20:31:00NEW !  まっちゃんのブログ


福島県が6月5日に県民健康管理調査「健康診査」の実施状況

を発表しました。

その資料によると、福島県に住んでいる大人と子供の

震災後に悪化した症状で大人と子供と共に一番多かったのが

「いらいらしやすい」でした。

子供は、3411人がアンケートに回答した結果

97人が「いらいらしやすい」、57人が「腰痛、胃痛」

47人が「頭痛」の順に多いです。

http://ameblo.jp/misininiminisi/image-11547028790-12567567723.html


大人は、73433人がアンケートに回答した結果

3524人が「いらいらしやすい」、2283人が「腰通」が多いです。

1741人が「頭痛」の順に多いです。

http://ameblo.jp/misininiminisi/image-11547028790-12567567722.html

ソース
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=24809

「こころの健康度・生活習慣に関する調査」について
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/250605siryou4.pdf


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年6月08日 02:15:12 : XUd48KYCio
福島県の発表は、一切信用できない。

02. 2013年6月08日 13:09:53 : lOUPKZ36aw

視床下部-下垂体-副腎系とは

>ストレス応答や免疫、摂食、睡眠、情動、繁殖性行動、エネルギー代謝などを含む多くの体内活動に関して、視床下部、下垂体、副腎の間でフィードバックのある相互作用を行い制御している神経内分泌系。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%96%E5%BA%8A%E4%B8%8B%E9%83%A8-%E4%B8%8B%E5%9E%82%E4%BD%93-%E5%89%AF%E8%85%8E%E7%B3%BB

英語版によると、上述の他に、ムード、感情にも関係がある。
http://en.wikipedia.org/wiki/Hypothalamic%E2%80%93pituitary%E2%80%93adrenal_axis

特に視床下部( Hypothalamus)は、

>視床下部は・・・及び怒りや不安などの情動行動の中枢でもある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%96%E5%BA%8A%E4%B8%8B%E9%83%A8

>下垂体ー副腎系の重要な障害は、事故後1年目の調査をした除染作業員500人の大部分に見られた。6年後に、(下垂体ー副腎系に)関連した測定値は平常に戻って、そのまま落ち着いたが、他方、機能のレベルでは障害が残っていた。

A significant impairment of the
pituitary–adrenal system was seen in a majority
of 500 surveyed liquidators in the first years
after the catastrophe; 6 years later there was
normalization of the relevant measurements in
the others at rest, but not in the functional levels
(Mytryaeva, 1996).

Mytryaeva, N. A. (1996). Hypothalamus–hypophyseal–
adrenal system in liquidators (7 years of observation
data). Med. Radiol. Radiat. Safety 41(3): 19–23 (in
Russian).

ヤブロコフ著、チェルノブイリ 101、170ページより引用。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素31掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧