★阿修羅♪ > 原発・フッ素32 > 627.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<海洋汚染>「一応気になるので確認しますが、 選挙が終わった翌日に出てきたのはどういうことでしょうか?」テレビ朝日松井 
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/627.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 7 月 24 日 16:10:00: igsppGRN/E9PQ
 

<海洋汚染>「一応気になるので確認しますが、 選挙が終わった翌日に出てきたのはどういうことでしょうか?」テレビ朝日松井記者7/22東京電力記者会見(動画&文字起こし)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3137.html
2013-07-24(10:35) みんな楽しくHappy♡がいい♪


2013年7月22日月曜日
東京電力記者会見


テレビ朝日松井記者の質問


松井:
テレビ朝日の松井です。資料を沢山ありがとうございます。
いま尾野さんが沢山読んでいただいた最後の
「海側地下水および海水中放射性物質濃度上昇問題の現状と対策」の4枚綴りの紙なんですが、
この2枚めの(5)そこの2ポツめなんですが、
「・港湾内の海水は」というところなんですが、
尾野さん今読み飛ばされたんですが、ちょっとここから3行ほどもう一度読んでいただけますか。


尾野:え、2ポツ目の上3行ですか?


松井:はい。


尾野:
港湾内の海水は、1‑4 号機取水路北側でトリチウム濃度が 2,300Bq/Lまで上昇していると。
護岸からの降雨などによるフォールアウトの流出や地下水の流出の可能性があります。


松井:
はい、ありがとうございます。
先ほどその地下水の流出というところを読まれなかったので、


尾野:あ、失礼しました。


松井:
それでこれ大量に付けて、結論としては今後も検討するという事なんですが、
以前から東京電力は「海側には漏れているかどうか分からない、検討する」という事だったんですけど、
今大変恐縮なんで、読んでもらったところに限ってのみは、
ここはもともと規制庁が厳しく指定しているパートなんですが、この部分は。
2300のところは。
これは認めるという事ですね?


尾野:
えっと、そうです。
それから資料で言いますと(4)というところで、えー、書いてございますけれども、
一通り読ませていただきますと、


当該エリアの地下水水位の変動を見ると、
潮位変動や降雨等の影響を受けて変動している様子が見られることから、
開渠内の海水と行き来していると考えられる


と書いてございまして、2ページめの一番上ですが、


これらのことから、
本年5月以降にNo.1 観測孔で確認された汚染を含む地下水の開渠内との行き来が考えられる


ということでこのように、
いわゆるNo.1 エリアに付きましてもそうした可能性について考えた上で対処していくという事を
明確に述べてございます。


松井:
今日福島県の漁連に説明に行かれたようなんですが、どういった内容の説明をなさったんでしょうか?
漁業組合長は「ショックを受けた」というコメントを残していらっしゃるようなんですが。


尾野:
えー、個別のご説明の要請に付きまして、私はまだ聞き及んでおらないところがありますが、
えー、こうした内容でございますので、
関係する所につきましては本日並行してご説明をさせていただいておるところでございます。
で、まず大事なところとして、3つほどあろうかと思っております。


一つはNo.1 エリアというふうに呼ばせて頂きますが、
ここの地下水が汚染しているというふうな状況につきましては、
私ども、これまでのデータからは明確にあるというふうにご説明もしてきましたし、
そこにあるという事でございます。


しからば、ここにある汚れというのが何をしなければいけないかというと、
ま、海の方に、前面の開渠(かいきょ)ですね、開渠の側に、えーー、移動しているかどうか。
という事について状況を踏まえて慎重に判断する必要があったと言う事で確認をしていくと、
まずそれが一つです。


そのうえで、しからば今そこにある地下水の汚染というのは、要は上限があって、
過去に漏れて、一定量の上限があるようなものが拡散しているというふうにみてとるのか、
未だにそこに沢山追加されて汚染が増えているような状況にあるのか。
という事の見極めをすることも非常に大事だというふうに考えております。


で、今ほど説明させていただいている通り、
現状取られているデータからはそこのNo.1エリアに関しては、
過去に汚染したものの影響を強く受けているような要素というものがデータ的には見て取れると
いうふうに思ってございます。


ただし、それで安心しきって枝トレンチであったり、本館トレンチの方の対処を行っていきますと、
万一そちらの側から、えーー……
レベルとしては今見えてない程度のものであったけれどもなにか継続するというような事がありますと、
非常に大きなリスクを残すことになりますので、
そこに追加されるものを、リスクを防いで行くというような対策を取っていく必要があるという事で、
まずその点を明らかにしたうえで対処を取っていくという事を明確にいたしました。


で、そうした事の上でもうひとつは、開渠という所の場所というのは、1〜4号機の前面にあります。
ある意味港の奥で、袋小路になっているような、少し大きいですが場所でございます。
入口のところはシルトフェンスで閉じてございますので、
これは、全くシルトフェンスというものが水を通さない、
あるいは潮流を全く阻害するというものではありませんが、
ある程度制限しているという事も、これもまた事実でございますので、
開渠の状況と港の中の状況に違いがあるのだろうか?ということをみていく。
それから港と港の外をつなぐ境界領域、
こういったところで影響が見て取れるのであろうかという事を見ていく、
さらにその外側に影響が及んでいくかどうかという事を見ていくという事で、
実際に定量的な評価をしていくという事は非常に難しいわけですが、
これまで積み上げてきたモニタリングのデータを踏まえてみた時に、
港湾外に影響が及んでいるのかいないのかというところについて、
現状取れているデータからどのような事が言えるかという事を明確にしていくという事が
大事なことと考えてございます。


そのような観点で縷々(るる)申し上げさせていただきましたが、
1号機4号機前面、特にNO1エリアという所の地下水は汚れているというふうにございましたが、
その関係で開渠の部分については影響を受けているというふうにわたくしどもはみてございますが、
港湾内それから港口付近、それから沖合というデータを見ていきますと、
現実に影響が見て取れる部分というのは、この開渠のところというのが明確でございまして、
外に行くに従って、ほとんど影響がみられていないというような状況もあるという事でございますので、
そういうことも併せてお伝えさせていただきました。


いずれにしましても大変ご心配をかける内容でございまして、
「申し訳ない」というふうに思ってございます。


わたくしども…あのー、
汚染物質を外に出さないという事のために努力するという事を目標としておりましたが、
こう言った状況でございますのでその点については、えー、申し訳なく思っております。


で、その上で、えー、だからこそ、
対策の方、こちらに付きましてしっかりと取っていきたいという事で進めてございます。


松井:
すみません、質問には手短に答えていただきたいんですが、
資料Gに始めて地下水位を。
私が先週3回聞いて全く出していただけなかったものがようやく出てきたんですが、
その他にもいろいろグラフを見ると大量にデータを管理なさっている事が分かったんですけれど、
これたとえば先週の段階ではこの数字というのは、全く発表なくかけらも教えていただけなかったんですが、
これどうして今日になってこれだけ大量に一気に出てくるんですか?


尾野:
まずあの、十分意を尽くした説明が出来てなかった事に関しては申し訳なく思っています。
で、その上で本日につきましては、これまでの状況というのを整理したうえで、
しっかりとご説明していく必要があるというふうに思いまして、
取りまとまったところでお話をさせていただきました。


松井:
先週は少なくても記者会見では全く教えていただけなかったんですが、
たとえば担当官庁の規制庁などにはこの水位は連絡していた、報告していたんですか?


尾野:
えー、まず規制庁との関係から申し上げますと、
たとえば資料のFのようなトレンドですね、こういったデータというのは、私どもとしては、えー、
木曜日に規制庁殿にご紹介させていただいているところでございます。


松井:F、あ・・これですか


尾野:ええ、FやGですね。FやGの情報につきましてご紹介させていただいている状況です。


松井:木曜日、これは昼間ですよね?規制庁に行かれたのは。


尾野:そうかとおもいます。


松井:
そうすると木曜日の夕方の段階で私は質問をしていますが、
小野さん自身が全くお答えにならなかったんですけど、
その日規制庁にはこういうデータを報告しているにもかかわらず、
記者会見では「データがあることも分からない」とか
そういう事をおっしゃったように私は記憶しているんですが、
これはどういうことなんでしょうか?


尾野:
まず、あの〜、
ご説明という所でいをつくせていなかったところは申し訳ないと思います。
それで、えーー、松井さんから何度もご説明いただいていたと、あ、
ご質問いただいたということは承知してございます。
えー…、水曜日だったかと思いますが、
「データが存在するかしないのかという事についてこの場で答えて下さい」という事でご質問いただきまして、
えーー、会見の終了間際に確認されたところとして、
「存在しておるようである」というところで回答させていただいたかと思います。
えー、わたくし自身がこのデータを承知したのは木曜日ということでございます。
木曜の夕方につきましては、
「データはございますが精査したうえでご説明させていただきたい」と申し上げておりましたが、
いずれにしましても
こうしたデータは全体の状況なども含めてよく確認したうえで、えー、ご説明する必要がある
というふうに思いまして、このような対応をとらせていただきました。


松井:
金曜日にも聞いているんですけれど、尾野さんではないんですが。
それでも答えていただけなかったのは、今の話から行くと辻褄が合わないんですが。


尾野:
金曜日の時点においても、これらのデータについての確認作業を行っておりましたので、
えー、そういう意味から行きますと本日、えー、ご説明させていただいたという流れになってございます。


松井:
あの、何故今日になったんですか?
要は、私はたまたま先週聞いただけであって、他の記者の方は前の週、その前の週からも聞いています。
何度聞いても答えていただけなくて、
そして、開けて今日になって、こんなに大量に出てきたんですが、
この週末なにかあったんですか?


尾野:
特にそういう事ではございませんが、
ひと月分のデータという事をしっかり整理してご説明しなければいけないという事
そうしないと、なかなか断片的なデータを、えー、これまで出しているという状況は、
十分なご説明になっておらないというふうに私も感じておりました。
いずれにしましてもひと月という所も踏まえた上で、全体として我々が今考えているところ、
それを踏まえて何をしなければならないと思っているのかという事をご説明するという事で
準備をしまして本日出させていただいたという事です。


松井:
一応気になるので確認しますが、
選挙が終わった翌日に出てきたのはどういうことでしょうか?


尾野:これは全く関係はございません。


松井:
あれだけ先週、水木金と聞いても、ビックリするようなお答えの仕方で
「答えられない」とおっしゃっていたんですが、
あけて月曜日になると一気にこんなに大量に出てくるのは違和感を感じるんですが


尾野:
今回出させていただいているデータというのは、かなりデータとして沢山ございますけれども、
えー、そうは申しましても、これまで、えーー、
ある意味断片的に出させていただいているデータというのも多ございます。
そういうことも含めた上で、全体を統一的に説明させていただいたということでございます。


松井:
今のは詭弁でして、水位に関しては1回も発表がなかったというふうに、
今泉さんも認めていらっしゃいますので、
水位に関してはこれまで全く出ていませんでした。


尾野:あ、それはいいです


松井:
それで今、ようやく出てきた水位が、1.1〜1.3で
だいたいOPで1.8から2.25mという数字が出てきました。
そうするとすぐそばの港湾面よりも約2m高いということですよね?


尾野:そうですね。


松井:港はOPゼロと考えてよろしいですよね?


尾野:ほぼそのように考えていただいて、


松井:
そうすると一番直近の1.1に関しては、
僅か距離5mのところで、水位差が2mもあるという事になりますよね。
そうしますと何が言いたいかというと、
これは地層の専門家の方にも聞いているんですが、
これだけで2mの差があると、これは間違いなく海へ流れてしまうと。
水圧の関係で。


しかも、「すぐに海へ流れるんではなくて、地底を通って流れていく」というふうに、
これは非常に基本的な事だというふうに聞いているんですが、
このあたりについての見解を教えて下さい。


尾野:
えー、まずあの、おっしゃっていつところについてはその通りかと思っております。
で、その上で、わたくしどもとしては、
え、港湾側に見えているデータというのはNO1エリアで地下水の汚染というのが、
12月の時点ではなかったものが、今年の5月のデータが急激に上がっているという事でございますので、
港湾側、開渠内のデータを見てみた時に、そこの前後で大きな変動や変わりがあるかどうかということも、
えーー、気にしながら見ていたのですけれども、
そうしたところが明確にみておられなかったということもございまして、
その時点に於いて、
こうしたことを明確に判断していくというところまでには至っていなかったというところでございます。
それから、地底の部分を通っていくという事に関しては、
専門家の方々の中でそういうご意見という事かと思いますので、
そうしたこともあろうかと思うんですけれども、
ちょっと資料のDを見ていただきたいんですが、


これは、1の2の部分でございますけれども、汚染が見えている、
コアで汚染の分布というところを見ていきますと、
えーー、これは地下の深い所というよりは地表に近い部分。
これはあの、いってみれば、
地下水の水位の上面に近い所に分布しているというような様子が見て取れています。


ですのでこうした事なども含めて、
よく挙動などの評価をしていく必要があるのではないかというふうに思っております。


松井:
いま目の前の港湾で測って、有意な挙動・変異は無いとおっしゃっているんですけれど、
これは断面図を考えていただければわかるんですが、
その港湾の縁はコンクリートで固められていますよね、港の壁は。


尾野:はい


松井:
ですからここからは基本的には「行きにくい」と考えます。
あとは、地面から湧き上がるかというところなんですが、
港湾内はベントナイト層で25cmの2層をかけていらっしゃいますよね?


尾野:港湾・・


松井:港湾内で。なんていうんですか、出たところですね。


尾野:NO1エリアの護岸付近のガラス処理の話ですか


水圧により、ガードしてある港湾内には入らず、地底を通って海洋へ出ていく。


松井:
そうですね、
ですからそこは25cmのベントナイト層を2層かけていらっしゃいますので、
地底から上がってこないと思うんですよ。
つまり、この湾の中では、
地層から上がってくるもの自体がもともとないように封鎖してあるところでデータを測ってらっしゃって、
そこで「変異が無い、変異が無い」とおっしゃっているのであって、
そもそも論の、普通の海底になっている部分。
ま、確かに港湾のハの字型の何カ所では測っていらっしゃるようですが、
ポイント数とかそういうところは違うんじゃないでしょうかという話です。


尾野:
そういうところも含めて、本日は説明させていただいているわけですが、
え・・・、専門的なご知見も含めて我々の対応の厚みを増していきたいと思っております。


松井:
わかりました。
最後に一つだけ。
根本的な遮水壁の完成なんですが、
いま頂いた最新の資料では26年9月完成というふうにいただきました。
私の記憶では来年の4月というふうに思っていたんですが、
変更がどこかであったんでしょうか?
これ私の考えちがいだったらすみません。


尾野:
確認はしてみますが、特に変更があったという認識は私は持っておりませんでした。
ちょっと後ほど確認させて下さい。


松井:もともと26年9月に遮水壁は完成すると発表されていたという事ですね。


尾野:ちょっと確認をさせていただきたいと思います。


松井:
これもちょっと私も記憶違いの可能性があるので今こういうふうに聞いていますので。
分かりました、ありがとうございます。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年7月25日 09:58:52 : urKiPCkocY
福島県連だ、漁業組合だ、そんなレベルの海洋汚染か?加害者は地球規模で海洋汚染を拡散しているんだぜ。一組合に報告したって済む問題ではなかろう。またまた、マスゴミと加害者の後出しジャンケンかい。一企業で処理できる問題も、ホモ・ノウダが冷温停止で安定宣言なんかしたもんだから、一企業には税金注ぎ込むは、復興税金は使い放題、アヘとクロはお札ジャブジャブで、太平洋の向こう側のアメに貢は、この国の政府は一体なにしとるん?。いくら注ぎ込んで、こんなていたらくに、国民は怒ってるし、マスゴミはきちんと報道すべきでしょう。

02. 2013年7月25日 11:13:11 : MWk9Nly8ZU
>わたくしども…あのー、 汚染物質を外に出さないという事のために努力するという事を目標としておりましたが、こう言った状況でございますのでその点については、えー、申し訳なく思っております。

東電様、おまえら福島のゴルフ場の損害賠償請求の時は「外に出たものは無主物」って言ってただろうが。
この話では、外に出た汚染物質って明言してるだろうよ。
頭おかしいんじゃねーの。
馬鹿どもが。


03. 2013年7月25日 14:24:00 : YWm5yCUNMQ
規制庁は選挙日前にに情報を受け取っていて公表はいつなのか?

東電が選挙日直前にババを規制庁に渡してたわけで
その規制庁の公表はいつでしょうか?
東電に連日取材したように規制庁にもできてるのかどうか気になります。
知らんフリの政府のをせっついて家宅捜索させるのが事態を動かすカギではないでしょうか。


04. 2013年7月25日 17:35:51 : kXX0mVDAHo
 
世界的な観光業界のニュースサイトが
福島原発による放射能汚染を問題視している。

日本の詐欺師政府がいくら世界を相手にウソをついても
日本国内のバカ庶民のように騙すことはできませんw

-----------------------------------------------
eTN Global Travel Industry News
http://www.eturbonews.com/36423/nuclear-contaminated-pacific-ocean-may-become-global-threat

Alarming rate of Thyroid cancer in Fukushima while tourism continues
Nuclear-contaminated Pacific Ocean may become a global threat


Jul 24, 2013

It has been officially confirmed. The crippled Fukushima Nuclear Plant in Japan is leaking highly contaminated water into the Pacific Ocean. This is continuing by the minute causing great concern not only for Japan, but for all nations bordering on the Pacific Ocean, including the United States, Canada, Russia and most Pacific Island nations. Officials finally admitted this alarming news for the first timeEarlier this month the tourism industry in this Japanese regions seemed to be doing fine. A new scheduled Asiana Airlines Charter Flight arrived with Korean tourists at Fukushima Airport on July 13Tourists are supposed to enjoy playing golf and participants in the Oze trekking tourIn the meantime there are more serious worries reported for this region and beyondThe Tokyo Electric Power Company (TEPCO), the operator of the Fukushima Daiichi nuclear plant, admitted the leakage to the ocean for the first time since a catastrophic earthquake and tsunami damaged the plant’s reactors in 2011The operator made the acknowledgement after steam was seen at one of the plant's reactors on TuesdayTEPCO has come under criticism for its delay in the announcement, since experts had harbored strong suspicions about a possible leak for a long timePreviously, the company had denied reports suggesting that contaminated water was leaking into the oceanTEPCO spokesman Masayuki Ono said that radioactive water leaking from the wrecked reactors is likely to have run into the underground water system, before joining the ocean, and might therefore be the result of initial leaks to the underground system spotted in 2011Ono added that officials believe a leak is possible as underground water levels fluctuate in accordance with tide movements and rainfallMeanwhile, the operator said the number of plant workers with thyroid radiation exposures exceeding threshold levels for increased cancer risks was noticeably higher than earlier reports East Asia

-----------------------------------------------------


05. 2013年7月25日 18:05:54 : qm2fmM1KDQ
まあ、嫌な言い方をすれば、テレ朝は「ネオリベ側」だから、脱原発支持派。
でも、24日の報道ステーション

「危険か否か、ダダ漏れか否か、国民への情報開示、その全ては『自分達のサジ加減1つ』ですが何か?」
という東電や規制庁の態度を公に晒したのは悪くは無い。

願わくば、「東電に任せておいていいんですか?」と古舘個人に感想を言わせる事で「東電批判は個人の感想」、
元漁民から「風評被害を受けている」というコメントを言わせる事で、
安倍総理のフェイスブック攻撃からTV局が逃げ切れる形態を取るのは良くないよ。


06. taked4700 2013年7月25日 19:46:05 : 9XFNe/BiX575U : 5Rwwr9WS4k
>ですからそこは25cmのベントナイト層を2層かけていらっしゃいますので、
地底から上がってこないと思うんですよ。
>つまり、この湾の中では、地層から上がってくるもの自体がもともとないように封鎖してあるところでデータを測ってらっしゃって、そこで「変異が無い、変異が無い」とおっしゃっているのであって、そもそも論の、普通の海底になっている部分。
ま、確かに港湾のハの字型の何カ所では測っていらっしゃるようですが、ポイント数とかそういうところは違うんじゃないでしょうかという話です。

これが多分重要。

汚染水が、福島原発の地下から護岸付近の地下を通って、防波堤で囲った港の海底の相当遠くの方へ湧き出ていて、その付近の検出はやっていないのではないかということ。


07. 2013年7月25日 20:41:34 : lvZNciTC22
 山形でここ数日続いている水道の断水だが、ダムの水が濁ったのが原因というがこれほど広範囲で長期間の話は今まで聞いたことがない。福島県境近くの山間部に蓄積されていた放射性物質が一気に雨で流され一時的に濃度が上がった可能性がある。前にも利根川と江戸川で化学物質が検出されたとの理由で取水制限があったが、結局は原因はうやむやだった。事実利根川の上流および河口付近は高濃度のセシウムで汚染されている。役人もカスゴミもとぼけているから本当のことがわからず余計疑ってしまう。

08. 2013年7月26日 04:52:10 : PGyCVlEfYk
テレビ朝日松井記者

かっこいい

この人、ミヤネみたいに完全にあっちに食われちゃってる人かと思ったら、そうじゃなかったんだね。

さりげなさがいいね。
この頭の切れだと、奴らも簡単には排除できまい。
応援する


09. 2013年7月27日 13:13:04 : QPTOZ1BeXg
地震で第一原発が壊れた!ってわかっているのに
いまだに津波に責任転嫁。

そんな危ない原発を鎮静化も封じ込めも出来ないのに
再稼働と輸出!

なんともあり得ない話を真顔で出来る安倍!
鬼畜としか言いようがないねぇ

福一の事故をなんとも思っていないって証拠
さすがは「息するように嘘をつく安倍」


10. 2013年7月28日 16:17:02 : DjRSHqZcvQ
日本はこれほどまでの情報隠しが横行する状況であるにもかかわらず、以下の発言をすらっと言える神経とは。


  科学・文化 山本太郎氏当選に思う--噛みしめるべき格言「教育のない民主主義は無意味」

石井 孝明

7月21日の参議院選挙は自民党圧勝という結果になった。私は特定政党を支持しないが自民党の影響力が強まり、政治が混迷して何も決められない状況が終わることは一国民としてうれしい。

ところが残念なことがあった。東京選挙区で反原発を過激に主張する俳優の山本太郎氏が当選したことだ。おかしな議員が一人増えたという簡単な問題ではない。かなり根の深い問題をはらむ。私は原則として選挙での民意を尊重する。しかし山本氏は当選するべきではないと考えていた。
これまで問題政治家は多かったが、山本氏は特異な異様さを持っている。彼は福島原発事故をめぐってデマの発信を繰り返し、テロリストや極左暴力集団との関係を公言。さらに科学、理性、そして選挙関連の法律の無視を公然と行った。もっと恐ろしいことは、この人に東京都民で60万人以上の多数の投票があったことだ。

偉そうに聞こえたら恐縮だが、私はこの結果に「日本社会の敗北」という感想さえ抱いた。そして「悪霊」(意味は後述)が社会を覆った恐怖を感じた。科学的な判断力を養わない教育、有名人に面白がって投票する幼稚な政治文化、理性的な判断をしない情報弱者の多さ、民主主義を壊しかねないセンセーショナリズムに陥るメディアなど、日本で観察される問題の悪しき集大成が、山本氏の当選につながっているように思えてしまう。総じて日本人の大半の人の見識の高さを私は信頼しているが、一部に危うい行動をする人がいることを確認できた。....
この石井孝明とは環境ジャーナリストという事だが、一体どんな仕事をする者なのか。要注意である。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素32掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧