★阿修羅♪ > 原発・フッ素33 > 499.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第一原子力発電所事故以降の対策をフツーの一営利企業の視点から思考する。
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/499.html
投稿者 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 日時 2013 年 9 月 10 日 22:52:09: 4hA5hGpynEyZM
 


人類に対する背信行為を、日本人は、結局事後責任を東電という一営利企業に押し付けてしまっていることで、はたらいている。 そして、営利企業に対して、万全な安全策を求めるという、究極的矛盾を求めていることに、今、誰も気づかない。

なぜなら、営利企業として利益を求めるのは、至極あたりまえで、そんな企業に、安全を求めること自体、矛盾しているのである。 もう、“国民の健康“、という点では、手遅れかもしれないが、本当に安全を求めるなら、事後処理の指揮権を一国も速く、東電から、国の、例えば、フクイチ事故緊急省とか、何とかに、移さなければ、

この愚かな、東電にとっては、あたりまえ、国家にとっては、重大な実質財産の損失につながりかねない、行為は、決しておさまることはないでしょう。

というか、もう、なってしまった、のだろうか。


参考

小出裕章ジャーナル 汚染水 東電は信用できない トリチウム
http://www.youtube.com/watch?v=8ykoVbZQcnY

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月10日 23:34:33 : hNpSIt9SQI
泉田知事「原発はアメリカの世界戦略。結果として原子力の平和利用が始まったが、核兵器転用の副産物だった。処理も日本が負わされている。日本が主権国家として意思決定をできているか、疑わしい」

主権は敗戦後から有ったためしはありませんので、事故処理権を国に移管しても変わりません。原発は核兵器の双子の悪魔です。
日本では、米軍の管理下において、全てはクローズドです。原発は兵器の一部ですから。


02. 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 2013年9月10日 23:44:10 : 4hA5hGpynEyZM : wgkF71md2A

そうですね。 おっしゃるとおりでしょう。

米軍基地が点在して、日本を脅し続けている以上、対米隷属を捨てるのは、

至難の業というか、不可能に近いでしょう。


でも、あえて私たちは、国家に対して矛盾をアピールした上で、表面上の指揮権を

移動させることは、意味のあることではないでしょうか。


03. 2013年9月11日 00:43:58 : OOpGE9uiwI
>なぜなら、営利企業として利益を求めるのは、至極あたりまえで、そんな企業に、安全を求めること自体、矛盾しているのである。

馬鹿やろう!
インフラ屋を「フツーの一営利企業」とこじつけるな!
ドアホが!

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方のコメント
04. 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 2013年9月11日 01:09:10 : 4hA5hGpynEyZM : wgkF71md2A

インフラ産業もれっきとした、株主を持つ利潤追求型企業であることは、
織り込み済みですが、

いくら社訓や、法で絵空事が謳われていようが、そのような、安全は

残念ながら、一インフラ企業であっても、利害は矛盾したままです。


残念ですが、それがエネルギー業界の実態です。


05. 2013年9月11日 02:39:27 : 7PYlDMB3jU
いまの段階で指揮権が移動したところで、なにも変わらないのではないかというのが、正直な感想です。

収束計画を決定づける事故初期段階で、現場のエンジニアによる自由裁量が認められなかったのは不幸なことでした。優秀な技術者や熟練工を無駄に使ってしまいました。
以降、スポンテニアスな作業が続き、それはこれからも変わることはないでしょう。
なし崩し的に仮置き場、処理施設、処分場が増えていきます。よほどの大惨事が起こらない限り、汚染は拡がりつつも、作業は一応ある程度の効果をあげつつ進んでいくものと思っています。
計画性がなくても大事業が進むというのは、日本の不思議のひとつです。

指揮権がどうあれ、犯罪をおかした寡占企業が、税金で焼け太りするという構図になっています。
国民は、財産の損失につながり貧困と病苦にあえぐことになりますが、ゆくゆくは原子力複合企業体は、廃炉ビジネスまでも手掛け、肥大化していくでしょう。
福一・福一周辺は、廃炉技術の実験・研究そして金儲けの場です。海外企業を締め出すのも、将来的に有利な立場に立とうとする魂胆がみえみえです。
日本という国の存亡は、企業には関係ありません。 社会資本は、実質アメリカに収奪されるかたちになるのかという気がします。核汚染によって資産価値は劣化していますので、日本列島が、核の最終処分場になるというのは、非現実的ではないと思います。
ぶっちゃけた話、特に若い人は、こんな自爆テロ国家に関わらず、逃げるのもよいと思っています。


06. 2013年9月11日 04:22:46 : 7OpGsifAXA
それなら営利企業に原発など持たせられないよな。
国家管理の前に東電の100%減資をはじめ破綻処理が必要だよな。
利益は株主に、損失は国民には通用しない。

07. 初心に帰るお天道様に恥じない生き方 2013年9月11日 06:13:27 : 4hA5hGpynEyZM : wgkF71md2A

>作業は一応ある程度の効果をあげつつ進んでいくものと思っています。

最近の一連の東電の汚染水に関する作業は、地下水がメルトアウトした燃料に

接触して高濃度の汚染水が時間単位で増え続けていると考えるのが妥当で、

東電はまだ、その辺の因果関係を言及することなく、”汚染水”はなぜできるを

隠蔽している乖離を考慮すれば、、今後も一定の効果など、なんら期待できないで

しょう。


事態は悪化の一途をたどるでしょう。


08. 2013年9月11日 07:49:59 : HDwovAiKsc
>>03

 「ドアホ」はあなた自身です。

 独占電力が総括原価方式という悪魔(政官財癒着)の悪知恵で作ったインチキ構造で、いかに利益を増やすかに邁進してきたことは今では隠すことができない。ある意味、他の一般の企業よりもアクドイあこぎなインフラ屋である。


09. 2013年9月11日 11:03:29 : RB1SC9O2tA
>>地下水がメルトアウトした燃料に接触して高濃度の汚染水が時間単位で増え続けていると考えるのが妥当

それはその通りでしょう。

お漏らしタンクが、漏らしながらも、「一応」貯めているというように、例えば、凍土というヤクザなやり方にも、「一応」ある程度の効果はあるといった程度のニュアンスです。
物理的にも経済的にも完全破綻したら、福一という大きな金儲けの場を失い、マフィアとしても困るわけで、彼らは抜け目なく、税金をむしり取りながら、廃炉ビジネスへ向けた技術やノウハウの蓄積に励んでいます。
官民一体で、EDEN計画などというキチガイじみたこともやっていますね。
汚染を拡大しながらも、事が進んでいくということは、多くの国民は核との共生を強いられながらも、将来的には日本の基幹産業となる廃炉産業の末端として、こき使われるということです。
事態は悪化の一途をたどるということに異存はありません。
社会変革をもたらそうという志を持ち闘う方は立派だと思います。
私は立派でもないし力も無いので逃げる派です。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧