★阿修羅♪ > 原発・フッ素33 > 569.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
この世から原発が消滅しないかぎり、僕たちは「東京五輪」に歓喜できない (秋場龍一)
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/569.html
投稿者 盗電マン 日時 2013 年 9 月 15 日 12:22:10: yhaeSuPnS16uo
 

「秋場龍一のねごと」ブログ
http://akiba1.blogspot.jp/

この世から原発が消滅しないかぎり、僕たちは「東京五輪」に歓喜できない


五輪開催をめぐって、政府・五輪関係者と市民、市民と市民のあいだで、これほど「温度差」の激しいケースもないだろう。

マスメディアで報じられた「五輪東京開催」に、日本の国民は総じて歓喜で迎えた。

だが、それはあくまでマスメディアの世界の物語である。

はたと、マスメディアを通さない日常の景色に眼を転じれば、そこには歓喜の「か」の字もない。

多くの人は、遠い世界の出来事、という程度しか関心を示さない。

その「関心」のさまは、巨費を投じて製作された一大スペクタクル映画に入り込めず、白けた気分で映画館のシートに身を沈める、というふうである。

それは、かの「3.11」以来のテレビのバラエティを観る気分と似ている。

あれ以来、お笑いタレントのギャグ、ツッコミへの「爆笑」は、その撮影スタジオの世界だけで収斂するようになった。

画面を通じてこちらの視界に入ると、「失笑」をとおりこえ、どこか違う世界の出来事のような、きわめて白けた気分になる。

「原発爆発」「放射性物質拡散」という、すぐれてリアルなスペクタクルと恐怖を体験してしまった僕たちは、全世界を巻き込んでの「歓喜の物語」にも、身近なお茶の間の「お笑いの世界」にも、感応することができなくなったのだ。

あれ以来、多くの市民は、あれ以前の物語の配役でも、世界の住人でもなくなった。

僕たちが心の底からスポーツの祭典に歓喜し、腹をよじって笑い転げるには、あれ以前の物語ではない、まったく新しい物語が必要となったのだ。

そして、その物語のプロローグは、旧い世界の象徴としての原子力発電所の廃絶を描くことから始まるだろう。

そう、僕たちはもう、原発をこの世から消滅させないかぎり、永遠にリアルな歓喜も笑いも得られないのだから……。

http://akiba1.blogspot.jp/  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月15日 12:29:03 : HDwovAiKsc
 当然すぎるほど当然の主張だと思います。
 でもその当然が当然とならない日本の現状が、この先の悲惨な日本の姿を彷彿とさせます。その犠牲者は当然庶民です。
 第二次大戦敗戦という経験よりも格段に悲惨な状況を・・・

02. 2013年9月15日 13:06:50 : ZNqFZDthEw
言いたいことは、とても分かりますが、原発が全て止まったところで、生物にはすでに未来は無いでしょう?全世界にある高濃度放射性廃棄物、福一から漏れ出した廃棄物等を全て集めて、安全に太陽にでも捨てない限り、現実的には無理ですよね?二度と心底笑える日など来ないと私は覚悟してます。

03. 2013年9月15日 13:10:27 : MVEswqjBG2
なにをいってるんですか!
× 「東京オリンピック」なんて開かれるわけないじゃありませんか!
それどころ じゃありませんよ
○ 「東京オ「セ」ンピック(汚染ピック)」に変更なんです!
世界中が歓迎していますよ!
世界中から選手団は1人も来ませんが・・・
http://onodekita.sblo.jp/article/75679696.html
小野ブログによる世界のメディアの意見まとめ2013年09月14日

04. 2013年9月15日 14:11:37 : 6e25Jzv6qK
みんなオリンピックに気を取られ過ぎ。歓喜できないどころか、開催できないさ。
あと3年もすれば関東・東北は修羅場だろう。原発板で五輪の字を見るのはうんざりだ。

05. 2013年9月15日 17:21:26 : PNl0Cw2SJ2
世界には数多くの原発が稼動し、さらにこれからも作りたいという国が数多くあり、福島はいうに及ばず広島・長崎を経験した日本でさえ再稼動に賛成の人がいるという現実を直視しなければいけないと思う。

安倍が五輪招致の場で発言すべきは、事故を小さく見せる嘘ではなく、日本が国家の総力を挙げて福島を押さえ込む覚悟ではなかったかと思う。

それに伴う技術革新は世界に大きく貢献でき、日本が世界にアピールできる誇りであったと思う。

その場しのぎの嘘で勝利したと思っている首相が日本の行く末を握っていると思うと不安しかない。


06. 2013年9月15日 21:44:34 : yMBMumgDRM
おっしゃることは、よくわかりますが、原発の廃炉には長い時間と技術が必要です
福島原発の状況を直視しつつ、原発の廃炉を願いつつ、いつどうなるかわからない現実を生きているからこそ、やはりいまのこの時の ささやかな幸せを十分に味わい、親しい人々とこころから笑いあい、悔いのない日常を送るといいと思います
原発があろうがなかろうが 揺らがない自分の かけがえのない人生を大切に生きましょう

07. 不乱坊 2013年9月16日 06:28:58 : kbTBOGSw0930o : Zm11HsS5ZE
悪気はないのでしょうが、「あろうがなかろうが揺らがない」って、福島の人たちは人生を確実に
揺るがされているでしょう。逃げないのが不思議なんて、よその人間は平然と言ってしまうけど、
避難先での生活のメドも立たないし、政府は帰還させようとするし、まともな補償もない。
避難先で餓死するよりは、と留まっている人も多いでしょう。
子どもに被曝させていることに、日々葛藤している人もいるでしょう。

原発をなくすには長い時間がかかる、というのはそうでしょう。技術的なことだけではなく、
原発を作り、動かすことでボロ儲けを企む支配者層が、これから先も
原発の延命を図り、「原発はいらない」の声を抑えこもうとし続けるだろうし。
でもせめて、「なくそうよ」という声が国民の総意だと、確信したい。
>多くの人は、遠い世界の出来事、という程度しか関心を示さない。
私が残念なのは、多くの人は、オリンピックばかりか、福島で汚染水が溢れていることも、
「遠い世界の出来事」くらいにしか思っていそうにないと見えることです。


08. 2013年9月16日 09:33:47 : pAmHv0AzRU
彼らは人間を操るのは恐怖だと分かっている。復興が可能だと言いさえすれば喜んで信じると知っている。逃げろと言う者を悪人、或いはばか者扱いすればいいし、むしろ支持してくれるのでそれを利用して大儲けさえできるのだ。オリンピックしかり。

09. 2013年9月16日 10:44:11 : cdQvCL3hHU
戦争がらみで辞退した1940年夏季大会と同様ではないですか。

今度は福島放射能自爆戦争


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧