★阿修羅♪ > 原発・フッ素33 > 717.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島大学が短時間でストロンチウムの分析に成功。2週間〜1カ月かかる物を15分で分析可能 (まっちゃんのブログ) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/717.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 9 月 24 日 00:00:02: igsppGRN/E9PQ
 

福島大学が短時間でストロンチウムの分析に成功。2週間〜1カ月かかる物を15分で分析可能
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11620155909.html
2013-09-23 21:05:53NEW !  まっちゃんのブログ



20130918 ストロンチウムを短時間で分析 投稿者 Yurusan


東京電力福島第一原発の事故に起因する放射性物質のうち、これまで分析に


時間がかかっていたストロンチウムについて、短時間で分析できる


新しい手法を、福島大学などの研究グループが開発し、グループでは


深刻化する汚染水問題への対応にも役立つとしています。


放射性ストロンチウムの新しい分析手法を開発したのは


福島大学の高貝慶隆准教授や、日本原子力研究開発機構などの


研究者でつくるグループです。


福島大学の高貝慶隆准教授
「セシウムというのは、例えばセシウムを不幸にも


食べてしまった場合、全身に蓄積するんですけれども


ストロンチウムとは違くて、ある特定の骨に蓄積します。」


ストロンチウムは、食品や水、牛乳などを通じて体内に入り


がんを引き起こすおそれがあると指摘されていますが


その分析には、これまで2週間から1か月程度の時間が


かかっていました。


研究グループが開発した新たな手法は、ストロンチウムを


特殊な樹脂に吸着させたうえで、酸素を使ってほかの物質と


振り分けるもので、早ければ15分程度で測定が終わる


ということです。


また、これまでの手法は、特殊な薬液を用い、許可を受けた場所


でしか作業ができませんでしたが


新たな手法では、一般の研究室などでも作業ができるということです。


分析の精度は、従来の手法よりも多少、低くなるということですが


研究グループでは、福島第一原発で汚染水問題が深刻化するなか


分析を迅速化することで、素早い対応につなげることができる


としています。


福島大学の高貝慶隆准教授
「あの〜 従来法は従来法で感度がいいとかですね。


いろんないいメリットがあります。ただやはり危険か危険ではないか


すばやく判断しなければならない時に、測るまでは分析結果が


分かりませんので、そのある一つの選択肢として活用できればなと


思っております。」


なぜ従来の検査が2週間〜1カ月かかるのかというと


ストロンチウムを分析する方法は、ストロンチウム90が


壊変して生まれるイットリウム90のβ線を測定することで


ストロンチウムを分析します。


イットリウム90の方がエネルギーが大きくて測定が


しやすいそうです。イットリウム90の生成の時間を


含めると2〜3週間が必要になります。


これがストロンチウム90の測定が迅速に対応できない


大きな理由です。
ソース
同位体研究所
http://www.radio-isotope.jp/Analysis/analyse_Sr90.html


日本分析センター
http://www.jcac.or.jp/method_sea_6.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月24日 05:05:12 : 5c2V30WqNI
新しい方法を開発しても数値が改ざんされるような機関で使われたら、意味がないです。
国内の検査機関に検査を依頼しても、正しい数値が返ってこないことは、福島で放射線計測をしている人たちによって確認されています。

02. 2013年9月24日 09:46:47 : oSWQ9WfFbY
β線だけならちょっとしたRI室のある生物系の研究施設ならどこにでもある液体シンチレーションカウンターで簡単に測れるような気がする。仕事がらみでトリチウムチミジンや他の放射性物質を扱っていたことはあるが流れ作業的に多数の検体を自動で測定できた。今は関わっていないのでわからないが、放射線管理区域内では飲食禁止でうたた寝もダメであった。それが今では放射線管理区域の基準より放射線量の高いところでひとが住んでいる。信じられねぇ。

03. 2013年9月24日 10:11:39 : DYwSUjAvbs
>研究グループが開発した新たな手法は、ストロンチウムを特殊な樹脂に吸着させたうえで、酸素を使ってほかの物質と振り分けるもの

3M社が開発したEmpore™ Sr discとの比較

@ 信頼性

>The presented results were evaluated as correct for all experimental datahttp://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10967-012-1785-z

>分析の精度は、従来の手法よりも多少、低くなる

A 経済性

Empore™ Sr disc、1枚あたり、6000円弱。
http://www.shop3m.com/empore-anion-exchange-sr-90-mm-disk.html

記載なし。

B その他
>早ければ15分程度で測定

これは、前処理をも含めた時間なのか?

記事には、肝心な情報がない。


04. 2013年9月24日 20:31:25 : BjDecMHy1M
福島大学に日本原子力研究開発機構。

名前を聞いただけで『怪しい』


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧