★阿修羅♪ > 原発・フッ素33 > 778.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
被曝と染色体検査
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/778.html
投稿者 taked4700 日時 2013 年 9 月 27 日 22:36:16: 9XFNe/BiX575U
 

被曝と染色体検査

 本日9月27日のニュースウォッチ9で、福島県のある町の住民の方の御嬢さんが染色体検査を受け、その結果が昨日郵送されて来て、「原発事故による影響はありません」と言うようなことが書かれていたということをやっていた。セシウムの体内量はかなりあるという検査結果が染色体検査の前に出ていて、このこと自体が染色体検査で異常なしと出ることと矛盾すると思うが、それよりも、染色体検査の結果を単に文字情報、それも単に「異常はありませんでした」というような判定結果として伝えることに疑問がある。染色体検査は、実際に染色体の形を顕微鏡で見て形に異常が出ていないかを判定するものだ。染色体分析による線量推定(http://www.remnet.jp/lecture/forum/sh07_06.html)にそのことが載っている。染色体に出る異常の種類としては例えば、端部欠失、中間欠失、環状染色体などがあり、それらの図(図4 染色体異常(染色体型)の種類)も示されている。だから、普通に考えて、染色体検査結果としては、あなたの染色体の写真はこれで、異常が出ている見本と比べて同じような異常が出ていませんから正常です、というようにするべきではないだろうか。

 僕がこのようなことを言わざるを得ないのは、大掛かりな世論工作、誤魔化しに常に接してきているからだ。医学的な検査結果が信頼できるとは限らないということを自分は自分の身近な例として何回か経験している。ともかく、今回の原発事故は色々なことが隠されている。だから、被曝影響についても大掛かりな隠ぺい工作がされているのは当然だと考えるべきだと思う。

 染色体検査については、本来なら、患者の方と医師の方が直接面談して、染色体の写真を見ながら結果の説明がされるべきだと思う。更に言うなら、甲状腺検査の結果のソナー映像でさえ、情報公開請求をしないと患者本人が所持できない、または見ることができない現状を考えたら、染色体検査の結果が単なる「異状なし」という文字情報では信頼性はほとんどないとみなすべきだと思う。

 そして、こうやって何となく「異常がない大丈夫だ」ということを続けていると、そのうちに完全に手遅れになると考えている。つまり、日本の一般市民の過半数がやがて被曝影響を受けて健康を保てなくなるという事態だ。そのぐらい大掛かりな世論工作が行われているのは確実ではないだろうか。なぜなら、それだけ巨額な金が除染事業にしろ、原発作業員の方の日当にしろ、振り込め詐欺にしろ、いろいろなところから工作資金としてかすめとられているからだ。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年9月27日 23:16:27 : HwtzawmtJo
投函者さんの言う通りです。
我が家でもワイフに放射能のことを話しますが、、、何それって、、、感じです!

4〜5年前に蓑はスキャンダルで失脚するよと言ってましたが、現実そうなっても、スルーです…トホホ


02. あっしら 2013年9月28日 02:07:21 : Mo7ApAlflbQ6s : 1PAzsyBp5s

taked4700さん、こんばんは。

 該当のNHKニュースを見ましたが、「染色体異常は自然放射線による影響レベル内である」という表記があったことにイヤな気分にさせられました。

 お嬢さんの染色体にどの程度の異常があるのかはわかりませんが、福島第一が事故でまき散らした放射能が発した膨大な放射線線量の影響であれば異常度の度合いがもっとひどいはずだから、お嬢さんの異常度合いは福島第一原発事故の影響ではないという論理です。

 親や本人の不安は痛いほどわかりますので、いたずらに不安を煽るのではなく安心感を与えることも手だとは思いますが、染色体検査で、福島第一原発事故でまき散らされた放射能の影響は受けていないように“判断”できる結論を示すのは誤りだと思っています。
 今後身体に何らかの疾病・障害が発生したとき、この「染色体検査」が、福島第一原発事故はそれらの疾患とは無関係として、東電や政府に“免罪符”を渡すことにもなりかねません。

 地元の方々の不安は理解できますが、線量の高い地域の方は東電・政府に手当をしてもらって避難すべきですし、それほどでもない線量だからと居住を続けることを決めたのなら、できるだけ身体を傷つけない方法での健康診断を定期的に行うにとどめ、発症が確認できるわけでなく将来の発症を押しとどめられるわけでないホールボディカウンターや染色体異常の検査は控えたほうがいいと思っています。

 そうしないと、将来発症したときに、それらの検査結果が、東電や政府が責任を放棄する材料になってしまいます。


※ 参考投稿

「「健康調査」に異議:“人体実験”にとどまらず、より悪用され健康被害の補償を回避する根拠に利用されかねない代物」
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/510.html



03. 2013年9月28日 06:06:22 : A4GQ7o9O02
染色体という(DNAの集合体である)遺伝の最も基本的な構造物に、形態的な異常が出ることは、
修復とかというのんきで、生易しいレベルではなく、とりかえしのつかないレベルであることを示している。

04. 戦争とはこういう物 2013年9月28日 10:43:19 : N0qgFY7SzZrIQ : KfFr6WUf6A
染色体検査の限界について、検索してみました。
「なお、染色体異常分析の検出限界については、γ線やX線による被ばくの場合で約200mGy、臨界事故等で生じる中性子線被ばくの場合で約10〜20mGyです。」
http://www.remnet.jp/lecture/forum/sh07_06.html
 セシウム内部被爆やガンマ線外部被爆の場合は、1Gy=1Svと考えてよいので、今問題となっている低線量被曝については「不検出」になります。
 より限界の低い(尿検査など)方法を東日本全体で即時実施するべきです。

05. 2013年9月28日 16:10:36 : 1laTubqZew

DNAに異常がなくても、エピゲノムの異常はあるかもしれない。でも顕微鏡で異常を見つけるのは無理だろう。

06. 2013年9月28日 17:45:55 : i62SpPkzR2
はっきり言うと

染色体に明確な異常が出るようではもうおしまいだ。人間の染色体は23対46個が全ての細胞の核のかなにありその中に遺伝情報が書き込まれている。

染色体の形を一瞥したくらいで安全だなどとは決して言えない。染色体の中の遺伝情報がどれだけ傷ついているかがわかる技術は現在の人類は持ち合わせていない。
全情報を解析することなど人類がスーパーコンピューターを何十年かかって計算しても解明できたいないしろもの。しかし放射線は人間の体を難なくすり抜ける。
キミもレントゲン写真をみたことがあるだろう。一瞬で体の中のすべての部分を通過する。


07. taked4700 2013年9月28日 19:14:12 : 9XFNe/BiX575U : 4sZhykoQe6
>>02

あっしらさん、コメントありがとうございます。

>該当のNHKニュースを見ましたが、「染色体異常は自然放射線による影響レベル内である」という表記があったことにイヤな気分にさせられました。

 弘前大学からの結果通知の文面の正確な文言を記憶していなかったので、「染色体異常は自然放射線による影響レベル内である」という表記であるということを示していただき、うれしく思います。

>お嬢さんの染色体にどの程度の異常があるのかはわかりませんが、福島第一が事故でまき散らした放射能が発した膨大な放射線線量の影響であれば異常度の度合いがもっとひどいはずだから、お嬢さんの異常度合いは福島第一原発事故の影響ではないという論理です。

 すいません。こういった論理が福島での検査一般の背後にあるという意味ですよね。今回の染色体検査結果の通知などにこういった論理が書かれているということではないと思うのですが、できれば確認をお願いしたいと思います。

>親や本人の不安は痛いほどわかりますので、いたずらに不安を煽るのではなく安心感を与えることも手だとは思いますが、染色体検査で、福島第一原発事故でまき散らされた放射能の影響は受けていないように“判断”できる結論を示すのは誤りだと思っています。

 自分もそう思います。そもそも、セシウム体内量がどのぐらいあるかについて、番組では具体的な数値を示していませんでした。

>今後身体に何らかの疾病・障害が発生したとき、この「染色体検査」が、福島第一原発事故はそれらの疾患とは無関係として、東電や政府に“免罪符”を渡すことにもなりかねません。
>地元の方々の不安は理解できますが、線量の高い地域の方は東電・政府に手当をしてもらって避難すべきですし、それほどでもない線量だからと居住を続けることを決めたのなら、できるだけ身体を傷つけない方法での健康診断を定期的に行うにとどめ、発症が確認できるわけでなく将来の発症を押しとどめられるわけでないホールボディカウンターや染色体異常の検査は控えたほうがいいと思っています。
>そうしないと、将来発症したときに、それらの検査結果が、東電や政府が責任を放棄する材料になってしまいます。
>※ 参考投稿
>「「健康調査」に異議:“人体実験”にとどまらず、より悪用され健康被害の補償を回避する根拠に利用されかねない代物」
http://www.asyura2.com/11/genpatu13/msg/510.html

 この部分について、あっしらさんのおっしゃることにどうも納得がいきません。特に

>それほどでもない線量だからと居住を続けることを決めたのなら、できるだけ身体を傷つけない方法での健康診断を定期的に行うにとどめ、発症が確認できるわけでなく将来の発症を押しとどめられるわけでないホールボディカウンターや染色体異常の検査は控えたほうがいいと思っています。
>そうしないと、将来発症したときに、それらの検査結果が、東電や政府が責任を放棄する材料になってしまいます。

の部分です。

 現状の検査が非常にでたらめであるから、受けることが却って現状が正常であるという証明のために使われるという意味だと思いますが、少なくとも、本来は、ホールボディカウンターの検査にしても染色体検査にしても尿検査にしても、きちんとやることによって、その時点でも被曝影響を確認できるものです。ですから、こういった検査自体を受けておくに越したことはなく、是正されるべきは検査方法や検査結果の説明の仕方ではないでしょうか。

 更に、将来、何らかの疾病が出てしまった場合、何ら検査を受けてこなかったことが東電や政府の責任を問う際に有利に働くのでしょうか。このことを考えても、検査をきちんとやらせるということが必要であり、それをしないまま現状のように「安心だ、考えるな」をやっていると、将来とても大変なことになるのではと感じるのです。それほど、福島第一原発事故は影響の大きなものであった、または、今後大きな影響を与えるものになり得るのではないでしょうか。

 つまり、今後、何らかの形で、追加の放射能漏れのようなことが行われ、政治家や官僚、地方自治体の公務員、そして、医療関係者やマスコミまでが非難の対象にされ、日本社会がイラクなどのテロ国家と同じようになっていくという危惧です。

 官僚のかたのあまりに避難民を蔑視した発言等が出てきていますが、自分はこれもある意味不自然だと感じています。何らかの下準備という可能性があると感じるのです。


08. taked4700 2013年9月28日 19:22:19 : 9XFNe/BiX575U : 4sZhykoQe6
>>02

 参考投稿を読みました。イギリスでの放射能排出量が何十兆ベクレルという規模だったということでそうだろうなと思いました。ただ、福島の場合はこの数十倍は最低でもあったはずで、現在でも増加しています。

 東電や政府の責任回避のためと言う口実で、ある意味、被曝の実態を隠し、その陰で、どんどんと日本の一般市民全体を被曝させるという工作が進みつつある可能性があると思います。

 例えば、イラクやアフガニスタンで使用された劣化ウラン弾はそういった意味を持っていました。または地雷とかそういったものも戦闘用と言うよりは戦地になった社会自体を痛めつけるためのものです。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素33掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧