★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 137.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島の災害は人類の歴史で核汚染の最悪ケースである−全ての人類の危機だ−何かはるかに悪い事に成りかかっている?(ENE N
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/137.html
投稿者 ナルト大橋 日時 2013 年 10 月 09 日 16:58:08: YeIY2bStqQR0.
 

http://enenews.com/professor-fukushima-the-worst-case-of-nuclear-contamination-in-history-a-crisis-for-all-humanity-building-up-to-something-much-worse-video

Professor: Fukushima disaster is the worst case of nuclear contamination in history — It’s a crisis for all humanity — Building up to something much worse? (VIDEO)
教授:福島の災害は(人類の)歴史において核汚染の最悪ケースである−これは、全ての人類にとっての危機だ−何かはるかに悪い事に成りかかっている? (映像)

Published: October 4th, 2013 at 7:28 pm ET By ENENews
公開: 2013年10月4日19:28 ET ENENewsによる

Asia in Focus 3: Fukushima: Emanuel Pastreich and Layne Hartsell, Oct. 4, 2013:
フォーカス3のアジア:福島:エマニュエル・パストライヒとレイン・ハーツェル 、 2013年10月4日:

Emanuel Pastreich, Professor at Kyung Hee University in South Korea and Director of The Asia Institute: The basic parameters of the ‘Fuksuhima Initiative’ — which is to say to create a truly global peer-to-peer collaborative effort to muster all the expertise in the world, all the goodwill in the world, and also a lot of man hours from creative and thoughtful people to come up with a real, long-term solution to this remarkable crisis.
エマニュエル・パストライヒ 、韓国の慶煕(キョンヒ)大学教授およびアジア研究所所長: '福島イニシアティブ' の基本的なパラメータ−それは、世界中の全ての専門知識、世界における全ての善意を集めるため、そしてこの驚くべき危機への本当の長期的な解決策を考え出すための創造的で思慮深い人々のなかから沢山の人々を集めるためにも、真のグローバルでピアツーピアな(共有できる)共同作業を創設すると言うことです。

And to do it with the seriousness equivalent to say, putting a man on the moon, or if you want to reinterpret it, to say something the equivalent of a reverse Manhattan Project to deal with the extremely serious and totally unprecedented challenges.
そして言わば月面に人間を至らせることに匹敵する真剣さをもって、それを実行することだ、あるいはもしそれを再解釈するなら、非常に深刻で全く前例のない課題に対処するための逆マンハッタン計画(原子爆弾計画の逆)に匹敵する何かである。

Layne Hartsell, Asia Institute Fellow: The disaster has continued. When things like this leave the news, they seem to go away in the public psyche and public thought — but actually this is a lot worse right now, or building up to something much worse. Your thoughts?
レイン・ハーツェル 、アジア研究所研究員:災害が続いている。このようなことがニュースで取り上げられないとき、彼らは公共の精神や公共の考えから(気持ちが)遠ざかっているように見える−しかし、実際は今まさにこれが非常に悪化している、あるいは非常に悪い何かに成りかかっている。あなたはそうお考えですか?

Pastreich: Well, the news has not been good, as you know, in terms of the release of radioactive water, contamination and the amount of cesium and then strontium more recently. As we talked about in our paper this is really going to be a serious challenge for us. It’s something which the Japanese and others have floated ideas, but we’re really in uncharted territory.
Pastreich :そうですね、あなたが知っているだけでなく、ニュースはより最近の放射能汚染水の放出、汚染、そしてセシウムとストロンチウム放出量の点について良くありません。私たちは論文で述べたように、これは本当に私たちにとって深刻な課題になりつつある。それは、日本人と他国人がアイデアを持ち出すべき何かです、しかし我々は現実には未知の領域にいます。

What we really want to do here at The Asia Institute is put together the most basic framework for how we would build such a global collaborative effort. [...] There are many grim things I could talk about; actually I’d rather not stress the grimness of this. I hope the people out there understand just how serious this issue is and that really need to come together quickly. This is not something we can put off for another 6 months or a year. We really need it to come together. [...]
私たちが本当にここアジア研究所でやりたい事ですが、我々は、如何にそのようなグローバルな共同作業を構築するかについて最も基本的な枠組みをまとめています。 [...]私が話すことができた多くの厳しい事がありますが;実際に私はむしろ、このことの残酷さを強調するつもりはありません。私は、向こうにいる人々(日本人)がこの問題がいかに深刻か、そして本当に速やかに一体となる必要あることを、まさに理解してほしい。これは、我々はさらに6ヶ月や1年の間延期できる事柄ではありません。私たちは本当にそれを一体化することを必要としています。 [...]

Foreign Policy in Focus, Pastreich and Hartsell, Sept. 3, 2013: The Century-Long Challenge to Respond to Fukushima [...] the worst case of nuclear contamination the world has ever seen. Radiation continues to leak from the crippled Fukushima Daiichi site into groundwater, threatening to contaminate the entire Pacific Ocean.
フォーカスでの外交政策、 パストライヒとハーツェル、 2013年9月3日:福島に対応するための長い一世紀の挑戦[...]世界が今まで見てきた核汚染の最悪ケース。放射性物質は、不具合になった福島第一原子力発電所から地下水に漏れ続けており、太平洋全体を汚染する脅威になりつつある。

The cleanup will require an unprecedented global effort. [...] Solving the Fukushima Daiichi crisis needs to be considered a challenge akin to putting a person on the moon in the 1960s. [...] the situation potentially puts the health of hundreds of millions at risk. [...] To solve the Fukushima Daiichi problem will require enlisting the best and the brightest to come up with a long-term plan to be implemented over the next century. [...] The Fukushima disaster is a crisis for all of humanity [...]
クリーンアップには、前例のない世界的な努力を必要とします。 [...]福島第一の危機を解決することは、1960年代に月面に人を至らせると同等の挑戦と考える必要があります。 [...]状況は潜在的には、数百万の健康が危険にさらされています。 [...]福島第一の問題を解決するために、次の世紀に渡って実行できる長期計画を提案する最高の最も優秀(な人間)の入隊が必要になります。 [...]福島の災害は、人類全てにとっての危機です[...]

Pastreich at The Asia Institute seminar, Sept. 7, 2013: The Fukushima crisis is a global crisis and it is just a matter of six months or less before it starts to get the attention it deserves. Yet we do not have a single proposal for a global response [...]
アジア研究所セミナーでのパストライヒ、 2013年9月7日 :福島危機は世界的な危機であり、それに値する注目をされるよう、6ヶ月以内に始めるべき問題です。まだ我々はグローバルな対応のための単一の提案を持っていません[...]

Watch Hartsell’s interview with Pastreich about the ‘Fukushima Initiative’ here
ここで'福島イニシアティブ'についてパストライヒとハーツェルのインタビューを見る

Published: October 4th, 2013 at 7:28 pm ET By ENENews
公開: 2013年10月4日19:28 ET ENENewsによる  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧