★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 208.html  
作業員「線量パンクでポイ捨て」 福島第一、下がる士気 (朝日新聞) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/208.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 10 月 13 日 21:50:00: igsppGRN/E9PQ

福島第一原発1号機のタービン建屋に隣接するCST(復水貯蔵タンク)の配管工事にあたる作業員=6月、福島県大熊町


作業員「線量パンクでポイ捨て」 福島第一、下がる士気
http://www.asahi.com/national/update/1013/TKY201310130069.html?ref=com_top6_2nd
2013年10月13日19時15分 朝日新聞


 【根岸拓朗、笠井哲也、岡本進、木村俊介】東京電力福島第一原発で9月以降、単純な作業ミスによるトラブルが続いている。放射線量の高い現場で働き、汚染水まで浴びた作業員もいる。ミスの背景に何があるのか。

 「浴びちゃったな」「きょうも高かったな」

 第一原発の出入り口「入退域管理棟」。その日の仕事を終えた作業員たちが、渡されたレシートのような紙を見てつぶやく。無言で数字を見つめる人もいる。

 記された数字は、被曝(ひばく)量。1日で2ミリシーベルト近く被曝する作業員もいるという。一般の年間追加被曝限度の2倍近い。

 建屋周辺は今も毎時100ミリシーベルト超の場所がざら。作業ごとに浴びる線量を想定して計画を立てて現場に向かうが、1年間の被曝限度50ミリシーベルトを超えると、その年は現場では働けなくなる。

 「被曝線量がパンクすれば、ポイ捨てされるだけ」。10年以上、第一原発などの原発で働いてきた30代の男性は、そう自嘲する。

 事故前は原子炉建屋内などの作業でチームの責任者も務めた。事故直後、避難先から志願して戻り、原子炉に水を入れるために建屋にホースを運んだ。被曝量が1時間で10ミリシーベルトを超え、「死ぬかと思った」こともある。

 五輪に沸き返る東京の様子や、消費税増税がメディアをにぎわす一方で、第一原発の報道はトラブルばかりで、作業員の声はほとんど報じられない。被災地に著名人が慰問に訪れても、作業員には会わずに帰る。

 「今は社会全体で応援してくれる空気が感じられない。モチベーションがどんどんなくなる」とぼやく。

 入退域管理棟で働くベテランの男性は、汚染水絡みのトラブルが相次いだ夏ごろから、作業員の肌や下着の汚染が増えたと感じる。

 防護服に全面マスクを身につけてはいるが、マスクを外す際に汚れた手袋で首筋に触れる人もいるという。「事故後にゼネコンが集めた作業員は経験も知識も浅く、防護服も上手に脱げない」

 しかも、第一原発は通常の発電所と違い、がれき撤去やタンクの据え付けなどで少しずつ様子が変わっていく。事故前の作業経験が通用しない現場もあるという。

 20代の男性作業員は、周りで除染の仕事に移る人が増えたと感じている。

 国が進める除染では、日当とは別に1万円の「危険手当」が支払われる。この男性の日当は、事故の年は3万円近かったが、今は2万円を下回る。除染の賃金との差はほぼなくなった。「第一原発で浴びる線量は除染作業の数百倍になることもある。割に合わないと思う人が増えているんだろう」

 休憩所には、仕切りもなく、床にマットを敷き雑魚寝するだけの場所もある。

 高線量の被曝にポイ捨て。疎外感と士気の低下。割に合わない待遇……。厳しい労働環境の中、作業員の確保も容易ではない。

 それでも第一原発に戻る人がいる。

 30代男性は、母親から「何であんたが、あんなところで働き続けるのか」と言われた。覚悟の上だ。

 1999年に茨城県で起きたJCOの臨界事故で大量の放射線を浴び、亡くなった人の画像をタブレット端末に入れて持ち歩いている。「こうなるかもしれないと考えながら働いてる」

 地元で暮らし、第一原発で働いてきた。「この業界には『マイプラント意識』という言葉がある。お金の問題じゃない。俺らがやり続けなくちゃ」

 経済産業省によると、10月は1日平均2400人の作業員が働く予定。約半数が地元雇用という。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月14日 02:53:37 : ZRdJxdCUk6
放射線防御の専門家や医師を常駐させて管理を徹底すべきだ。東京電力も病院を持っていたはずだそこで雇用されていた60歳以上の医師を福一に派遣し作業員の放射線防御に当たって頂いてはいかがだろうか。東電の海外に移動されていると聞く元役員たち経産省の元安全保安たちも福一の現場を体験し常駐ていただいてはいかがだろうか。そのような責任の取り方もある。

02. 2013年10月14日 12:02:39 : Kt7mo8xRdc
チェルノブイリのリクビダートルの被曝は100ミリシーベルトを限度としたそうだ。

だからこれを超えた人もいたかもしれないが、平均も100以下となっている。

その被曝で、リクビダートルは大被害をこうむった。でも、彼らは勲章をもらい。生活
補償、医療保障は当然として家とかももらったそうだ。

日本の作業員も人がもつ一定の被曝限度を提供しているのだから、類似の待遇は
必要だとおもう。


03. 2013年10月14日 16:28:28 : 8gqfwXIVOI
東電を解体して国が処理せないかんやろ

04. 不乱坊 2013年10月15日 06:18:00 : kbTBOGSw0930o : lZL0thDq1A
>「被曝線量がパンクすれば、ポイ捨てされるだけ」
>「今は社会全体で応援してくれる空気が感じられない。モチベーションがどんどんなくなる」
国が前面に、というなら、作業員の募集から、被曝の補償まで、考えなきゃウソだ。
ヤスクニを作った連中の下心は、
「死んだ後は神に祀って優遇してやるから死ぬ気で働いてくれ」というもの。
ところが福島で働く作業員には、「生き地獄」が待っているのが目に浮かぶ。
ヤスクニ作りをまねろというのではないが、なんの配慮も感じられない政府の無策に苛立つ。

05. 2013年10月16日 02:41:43 : Fbrymlivsk
靖国で祀られる英霊、戦没者には戦没者家族には遺族者年金まで出てるよ。
限度の100ミリに達したら日当とは別に東電社員と同等の退職金と国からは死亡までの医療費免除特権くらいはつけるべき。
福島第一の事故は国家存亡の大事件。作業員は日本を救う現代の特攻隊、死んだら英霊として靖国神社で祀り、戦没者と同等の保証をつけるべき。国の伝統文化を守る保守的発想ではそう考えるのが自然。

被曝作業員ポイ捨ては、非人道的な敬金主義者の発想だ。ゆえに今の自民党安倍政権は保守ではない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★だれでもOKコメント場所。コメントするとすぐに反映されます。投稿メルマガで即時配信

ペンネーム:
パスワード: 初めての方へ:ペンネームとパスワードは記録され、次回コメント時に組み合わせがチェックされます。 ペンネームとパスワードはメモしておきましょう。
スパム対策画像認証: ←左の画像に表示されている
文字を↓に入力してください。 これはいつも・みんな同じです。

コメントルールを確認する?
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用もとを表示することを強制いたしません。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板