★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 235.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『福島原発事故 県民健康管理調査の闇』(マガジン9)…県民の不安をどうやってごまかすか、ということが「秘密会」で話し…
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/235.html
投稿者 福助 日時 2013 年 10 月 15 日 22:41:52: Bec2vmwBuKH7M
 

http://www.magazine9.jp/article/osanpo/8712/

『福島原発事故 県民健康管理調査の闇』
の恐ろしさ

 先日(9月27日)、僕も協力している市民ネットテレビ「デモクラTV」の中の「内田誠の デモくらジオ」という番組に、なぜか呼ばれてゲスト出演してしまった。ま、枯れ木も山の賑わい…といったところ。
 この日は特別公開生放送ということで、千葉県浦安市のとあるスタジオでの収録。
 ジャズバンド「サード・コースト・ジャズ・オーケストラ」(千葉県船橋市を活動拠点とするフルバンド)のうちの精鋭7人による生演奏つき。これがとても素晴らしくて心地よい。しかも「謎の美女・戸丸彰子さん」も出演、さらにはマエキタミヤコさんまで乱入するという、豪華で楽しい放送となった。20人ほどの観客の方たちも、それなりに満足してお帰りになったようだった。

 その際、内田誠さんと僕の掛け合いの中で、やっぱり話題は原発事故のことになった。
 興味深いことに、内田さんと僕が同時に読んでいた本があった。『福島原発事故 県民健康管理調査の闇』(日野行介、岩波新書、760円+税)という本だ。これはタイトルどおり、福島県における県民の健康調査問題を扱った内容で、著者は毎日新聞記者。
 僕のささやかな趣味のひとつが、ミステリ小説を読むことで、最近はすっかり「北欧ミステリ」に凝っている。でも、ここでそれについて語ろうというのではない。そんなミステリ小説よりも、この『県民健康管理調査の闇』のほうがずーっと怖いと言いたいのだ。しかもこれは小説ではない。現在も進行中の「恐ろしい闇」を追いかけたノンフィクション、事実の報告である。
 とにかく、隠す、捏造する、偽造する、ウソをつく、責任者は逃げる、秘密会を行う、県の役人たちが秘密会の設定をする、県民には事実を知らせないように委員たちが口裏を合わせる、…という事例が、この本では、いやというほど明らかにされる。

 放送中に内田さんと僕は、この本が明かした「闇」について、ほんの少しだけ話をした。すると、放送が終わった後、ひとりの女性が僕に話しかけてこられた。
 「あの、私、福島からの疎開者なんです。先ほどのお話、ほんとうに身にしみてお聞きしました。私も同じ経験をしたんです」と、彼女は語り始めた。
 「私たち家族は、南相馬市○○(かなり放射線量の高いといわれる地区)に住んでいたんです。そこで、知らないうちに被曝をしたと思うんです。だから、県民健康調査には積極的に応じました。特に子どものことが心配で仕方なかったからです。
 ところが、その結果を聞きにいっても、県は絶対に教えてくれない。『大丈夫です』というだけで、何も開示してくれない。『自分の家族を調査しておきながら、なんで結果を知ることができないんですか?』と私は2時間も食い下がったんですよ。
 でも、『とにかく心配は要らないから』の一点張りで、どんな結果が出ているのかについては教えてくれません。教えてもらえなければ、よけい心配になるじゃないですか。
 『じゃあ、なんのために健康調査をしたんですか』と訊いても、『みなさんに安心していただくためです』と答える。そんな答えで安心できる人なんています? ひどい話です」
 この方は、本気で怒っていた。当たり前だと、僕も思う。

 福島県当局は、「この調査は県民の方たちに安心していただくため」と繰り返す。だが、調査結果の詳細は県民には知らせない。安心したいために我が子の調査に応じた親御さんたちは、詳しい結果を知らされないことで、よけいに不安に陥れられる。僕に話しかけてこられた女性の不安は、福島県民すべての不安だと思う。
 ところが、その県民の不安をどうやってごまかすか、ということが「秘密会」で話し合われていたのだ。調査結果の検討会の前に、「検討会で、委員たちが各々どういう発言をするか」というシナリオが綿密に作られていた。それをすり合わせるのが「秘密会」だった。
 この検討会を主導したのが、あの「ニコニコ笑っていれば…」発言ですっかり有名になってしまった山下俊一福島県立医大副学長と、同じ県立医大の鈴木眞一教授だった。
 そして、前述の疎開女性の訴えとそっくり同じことが、彼らによって行われたというのだ。少し長くなるが、『県民健康管理調査…』から引用させてもらおう。

 福島県川俣町から山形県に自主避難している母親は二〇一一年一一月、町の施設で当時一七歳の長女が一次検査を受けた。心配になり付き添ったが、県立医大の職員からはあらかじめ「付き添っても良いが、何も話はしません」との説明を受けた。
 検査は二分ほどで終わり、「何も異常がなかったのだろう」と思っていたが、三ヵ月後に届いた判定結果は「A2」だった。事故から半年近く経ってから山形に避難したこともあり、母親は「影響があったのではないか」と心配し、すぐに県立医大に電話したが、対応した職員は「A2判定ですから異常がなかったということです」と繰り返すだけで、長女の状態に関する具体的な説明はなかった。
 結局、福島県内で甲状腺を検査してくれる医療機関を探し出し、長女に再び検査を受けさせたという。そこでは「しこりがある。四ヵ月後見せに来てほしい」と診断された。母親は「外で部活をしていたので心配で仕方なかった」と振り返る。
 さらに、周囲の母親たちに相談したところ、検査結果を記録したレポートと超音波検査の画像が残っているはずだと知った。しかし県立医大から届いた通知や説明資料には入手の方法が一切書かれておらず、個人情報保護条例に基づき本人情報の開示を請求する方法に行き着いた。(略)
 その後、親子確認のために戸籍抄本や運転免許証のコピーを提出するよう求められ、七月中旬に県立医大から開示された。渡されたのはコピー用紙に印刷されて不鮮明な六枚の画像とレポートだった。「改竄の恐れがある」として画像のデジタルデータは提供してもらえなかった。
 母親は「煩雑な手続きを取らせたうえにこの有様はひどい」と憤った。「この馬鹿げた話を知ってほしいと思った」と怒りが収まらない。(P131〜133)

 僕が聞いた女性からの話とそっくりではないか。自分の娘の情報を入手するだけで、これほどの努力をしなければならない。しかもその努力の結果が、不鮮明なコピーとレポートだけ。
 これが「県民の安心のために」を謳った「健康“管理”調査」の実態だった。行政に都合のいいように県民を「管理」するための検査・調査でしかなかったといわれても仕方ない。
 さらにひどい話は続く。
 この福島県立医大の山下俊一副学長(当時)と鈴木眞一教授が連名で、2012年1月に、日本甲状腺学界など7学会に1通の要望書を出した。これが、まるで「隠蔽」を指示したような内容だったのだ。前掲書によれば、こういうことだ。

 要望書は、子どもが「A2」と判定された保護者からの相談を念頭に、「次回の検査までに自覚症状等が出ない限り追加検査は必要ないことを、十分にご説明いただきたい」と求める内容だ。その文面を素直に受け取れば、エコー検査を改めて受けたいと求めてきた場合は、検査は必要ないと断ってほしいということだろう。七学会の中には山下副学長が当時理事長を務めていた日本甲状腺学会も入っており、その影響力が十分に大きいことが容易に想像できる。
 この要望書が明らかになると、「セカンドオピニオンを封じる気か」「診察拒否を求めるのか」などの強い批判が起きた。県立医大は一二年一〇月中旬になって、「他の医療機関での検査を否定するものではない」と釈明する文書を出すとともに、今度はホームページ上で公表した。
 火消しを図るとともに、実質的に要望書を撤回する形になった。(P133〜134)

 ここで、「A2」などについて補足しておく。
 1次検査は首に超音波を当てて嚢胞(のうほう=液体が溜まった袋状のもの)や結節(しこり)を調べ、その大きさによって、A1、A2、B、Cの4段階に分類する。A1は何もない、A2は20ミリ以下の嚢胞や5.1ミリ以下のしこり、Bは20.1ミリ以上の嚢胞、5.1ミリ以上のしこり、Cは甲状腺の状態等から判断して直ちに2次検査を要するもの、とされている。B、C判定は2次検査を行い、超音波検査や血液検査、必要な場合は細胞診などのより詳細な検査で悪性がんの有無を確かめる(前掲書より)。
 親が子どもの健康を願い、たとえ「A2」判定でも、その詳しい状態を知りたいと思うのは当然だろう。
 だが、なぜか検討委員会も県当局も、その親の願いを聞こうとはしない。著者・日野記者の言うように、まさに「闇」なのである。その「闇」を知るために、ぜひこの本を読んでほしい。
 なぜそこまでして、県民健康管理調査検討会が結果を隠したがるのだろう。行政が、住民の健康より上位に置いているものとは、いったい何なのだろう。
 僕にはそれが分からない…。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. taked4700 2013年10月15日 23:00:18 : 9XFNe/BiX575U : pWxvqlRsDs
福島第一原発事故の影響を隠そうとしても、あと数年の内には隠しきれなくなります。多分、そのことははっきり分かっているのに、隠しているという点が大きな問題です。

これがなぜかということを考えると、数年の内には次の大きな工作が予定されているということでしょう。

次の大きな工作はその影響が十分に大きくて、福島第一原発事故の影響をかなり上回るようなものになり、福島第一原発事故の影響が隠されてしまうほどのものだということのはずです。

次の工作が実際にどんなものになるか、はっきりとは言い切れませんが、多分、いくつかのオプションを用意しているのでしょう。


02. 2013年10月16日 00:42:58 : uHup6MqP6c
闇もくそもねぇ、白昼堂々公然の、大嘘、ゴマカシ、詐欺、無差別大量殺傷。
皆、被曝し、流血中。
この期におよび、核物性、放射能を知らねぇなら、そりゃ、悪いけど、馬鹿。
可能な限り、低被曝、西へ、又は、外国の低線量、低汚染地へ。
人の声・魂、精神を、音としか聞こえねぇ核犯罪組織のアジトは、国会界隈。
マフィアを始末し、全部奪い返し、避難するのが本当、合法。
なにが悲しくてか嬉しくてか、黙って、継続被曝、流血し続けなきゃならねぇ。
あちこちが痛み出し、動けなくなる前に移動、行動、発信。
虫歯一本の痛みや、突然の立っていられないほどの腰痛でも、何もできねぇ。
甲状腺亢進方向におかしくなれば、手も足も完全伸縮出来なくなる痛み、
少し歩けば、足は鉛のように重くなり、なんだかろれつも回らなくなり、
なんだかすぐからだもうごかなくなり、震え、ほてり、汗、
就寝中も脈拍100越え、目は飛び出し、一日何度もの軟便、反対方向なら、
分かりにくい間に、悪いことが進行。
自信過剰な元気な人ほど、急に逝くこともよくあることで。
核からは逃げ切れなくても、マフィアと道連れ集団自滅は、情けなし。

03. 2013年10月16日 10:30:17 : 2JwLwe4vL6
情報を隠蔽すれば、ますます疑心暗鬼を駆り立てるだけ。

原発作業員は集まらなくなり、いったん事が起きたときのパニックの下地をつくるだけ。


04. 2013年10月16日 12:36:35 : d0FNn9S7Ms
▼ヤマシタはとんでもない野郎だ <福島県の子供の「甲状腺エコー」写真を米国で大量に公開していた>
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/255.html
▼日本甲状腺学会(会長山下俊一)から会員に送られた文書。画像では見にくいと思うので文字にしました。(ずっとウソだった)
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/416.html
▼奴は知っている 山下俊一発言>小児甲状腺癌『数mmの結節』でみつけても、すでに局所のリンパ節に転移ある
小児甲状腺がんの約4割は、この小さい段階(超音波で甲状腺結節を見つけて、1センチ以下、数ミリの結節の事)でみつけてもすでに局所のリンパ節に転移があります。(2009年3月)
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/5c5c99e54b3b23eb3182e397ff3e1491
http://www.asyura2.com/12/genpatu27/msg/799.html

05. 2013年10月16日 21:16:40 : qXSod70BBQ
アメリカの原子力産業/軍需産業/ネオコンの圧力もあるのでしょうが、
広島、長崎以来の放射線障害の隠蔽を是とする自民党や官僚のベクトルが、
アメリカとは関係なく過去から未来につながり続けた結果の棄民政策の証左なのでしょう。

子供の未来を真剣に案じる日本全国の『他の医療機関』のリストがあるのでしょうか?


06. 2013年10月17日 01:13:13 : mZs2wZNx6s
だから「特定秘密保護法」なんでしょ。
ににもかもがマル秘になり、
情報を要求しただけで引っ張られることもあるのでは?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧