★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 245.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島第1原発の作業員不足が深刻。事故直後にいた5000人⇒3000人に減少 (まっちゃんのブログ) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/245.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 10 月 16 日 08:19:00: igsppGRN/E9PQ
 

福島第1原発の作業員不足が深刻。事故直後にいた5000人⇒3000人に減少
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11636098844.html
2013-10-13 21:23:02  まっちゃんのブログ


福島第1原発の作業員不足という記事がありましたので

ご紹介いたします。以下のような事が原因だと思われます。

・原発作業員で最も安い人の賃金が除染作業員よりも低い。
(原発作業員 5000〜6000円 除染作業員 16000円)

・作業員が被ばく線量の上限を超えるとポイ捨てにされるため

・作業員が癌や心筋梗塞などの病気を発症しても、因果関係が

一切認められない。これは安倍首相がオリンピックのプレゼンで

基準値が厳しい事を根拠に「健康問題が現在も将来も全く問題ない」

と発言したことで今後強まると思われます。

2日に1回のペースで事故…福島原発は「作業員が足りない!」

作業員が誤って注水ポンプを停止させたり、配管をいじって汚染水を

流出させたり…… “単純ミス”が頻発しているのだ。

今月に入り、2日に1回のペースでトラブルが発生している。

事故多発の大きな原因は人手不足だ。事故直後、復旧作業は5000人態勢で

当たっていたが、今では3000人程度に減っている。

危険な福島原発から、作業員が逃げ出しているのだ。

「人が集まらない理由ははっきりしています。作業員の賃金単価が

下がってしまったからです。かつて2万〜3万円あった作業員の危険手当は

野田前首相の収束宣言以降、半分以下に減らされました。

だから作業員は除染にどんどん流れています。

国の事業である除染作業は危険度が低い割に、賃金単価は原発と同額か

それ以上もらえますからね」
(「ルポ イチエフ」の著書があるジャーナリスト・布施祐仁氏)

<大事故招きかねない人手不足>

人手不足だけでなく作業員の「質の低下」も深刻だという。

事故から2年以上経ち、線量が限界に達したベテラン作業員達が

続々と福島原発を去っている。代わりにやってくるのが

シロウトみたいな作業員。ボルトひとつきちんと締められない新人作業員も

いるという。それが貯水タンクの漏洩事故につながっているらしい。

「人件費が下がれば作業員のレベルが下がるのは当然です。しかも

安倍政権は早くしろ、急げ、と現場にプレッシャーをかけ続けている。

ただでさえ不慣れな作業員が、せかされたら、ミスもするでしょう。

私が話を聞いた作業員は“キャパシティーを超えてる”と悲鳴を

上げていました。今は比較的小さなミスで済んでいますが

いずれ深刻な大事故につながるのではないかと危惧しています」(布施祐仁氏)

これから五輪の建設ラッシュで腕のいい作業員はますます福島原発からいなくなる。

汚染水は増える一方だしミスで復旧作業が進まない。

こんな状況で五輪なんて開催できるのか。

ソース
http://gendai.net/articles/view/news/145220

1日の賃金最低5000円〜6000円で、除染作業員の方が賃金が高いのであれば

作業員流出も当然だと思います。

作業員が減り続ける福島原発の深刻

原発作業員の相談を受けている渡辺博之・いわき市議はこう言う。

「(作業員が減っている)理由はいくつかありますが、まずは手当が

減らされているのが問題です。東電が安い価格で入札を出すために

人件費にシワ寄せがくる。賃金が削られるだけでなく、弁当が出ない

自宅に帰る旅費も削られる、という具合です。

高線量の被曝(ひばく)の危険性が高い場所で作業しながら

賃金は最も安い人で1日5000〜6000円。

一方、環境省が主導している除染作業の日当は約1万6000円です。

それで『やってられない』と考え、原発から除染作業に変わる人が

出ています。原発では今、技術者ほど被曝線量が増えていく。

それなのに、将来の健康被害に対する補償どころか、健康診断も受けられない。

まさに使い捨てです。東電に任せるのではなく、政府が責任を

持って対応しないと作業員は確保できません」

ソース
http://gendai.net/articles/view/news/142680

モチベーション低下は以下が原因らしいですね。

作業員「線量パンクでポイ捨て」 福島第一、下がる士気

五輪に沸き返る東京の様子や、消費税増税がメディアをにぎわす一方で

第一原発の報道はトラブルばかりで、作業員の声はほとんど報じられない。

被災地に著名人が慰問に訪れても、作業員には会わずに帰る。

「今は社会全体で応援してくれる空気が感じられない。

モチベーションがどんどんなくなる」とぼやく。

ソース
http://www.asahi.com/national/update/1013/TKY201310130069.html?ref=com_top6_1st


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年10月16日 08:43:15 : 4hd3UM7xwc
オリィンピック決議に賛成の翼賛政治家はみんな纏めて福島原発現場に放り込めばいい。但し日当は万円ぐらいに圧縮して

02. 2013年10月16日 09:58:11 : 2JwLwe4vL6
小さな事故の多発は、大事故への予兆である。

戒めを感応しない者が、伊勢神宮にお参りしても、何も得るものがない。

いっそ、信心のまにまに、福島米を食べて、福島原発に「天皇陛下万歳」を唱えて特攻したらどうだろうか。(けがわらしい名前ゆえ、ここには書くことが憚れます)

お仲間が、その精神に感じて、ぞくぞく、後に続くことは請合いだ。


03. 2013年10月16日 11:55:16 : ZvV3yAdziQ
作業員不足は『公務員投入』で回避される。
原子力は国策であるので公務員が廃炉作業に従事することは問題なし。
高給を貪る公務員どもは国民に対して自分たちの有能ぶりを証明する義務がある。

公務員を投入することにより、廃炉作業費用の節約になり、補償や東電の財務状況
改善にもつながる。電気料金の値上げも最低限に抑えることが可能になる。

まさにイイことづくめのこの提案。受け入れない政府はアホである。


04. 2013年10月16日 14:18:53 : FfzzRIbxkp
経済産業省から出向させればいいだけのこと。

経済産業省に人員余ってるよ。あいつらそのままにしておくと、人間の命をポイ捨ての経済政策を作るから、使っていいよ。

経済産業省の職員が近所にいらっしゃる皆さんへ。
線量計をよーくチェックしてください。 線量が高くなれば、職員がフクイチ入りして労働している証拠かも。
線量がそのままならば、その職員は税金泥棒で、おまけにご近所さんの命も増税で削っていくお金と命の盗人です。

奪われた分は取り返しましょう。 なにせご近所さんですから簡単ですとも。


05. 2013年10月16日 14:50:47 : uHgycdVoH2

 東電の社員が いるじゃ〜〜ないか

 福島に行かせたら 直ぐに 辞めるんじゃ〜〜ないの??

 ===

 東電の社員は 全員 「踏み絵」を踏ませるべきだろう
 


06. 2013年10月16日 20:26:46 : esmsVHFkrM

多摩散人もいるぞ。

07. 2013年10月17日 00:45:53 : mZs2wZNx6s
どんな人を派遣しようとも、被爆限度量が一杯になれば、そこまで。
今の制限値でも、多分、敏感な人は数年後に発症するだろう。
放射能の減衰を待つ以外にはどうにもならないのではないか?

人を投入してもそれは消尽させるだけ
仕事は賽の河原に石を積むがごとし
そうは思いたくないが・・・・

それが原発の大事故。


08. PERO2 2013年11月11日 02:18:51 : rPQze6UyJ.bxk : dmrDVrYZ7c
日本に原発の技術がある、と思っているのは、バカマスコミとバカ国民だけだ。日本には、除染技術を始めとした原発関連の技術が全く無い。だから、福島原発の事故現場で働く作業者が来ている服は、単なる防塵服と防塵マスクであって、放射線防護服では無い。作業員は直接放射線を浴び、線量限度を超えると、使い捨て。

これまで、原発事故現場に来ていた作業員は、派遣労働者と失業者だ。専門技術を持っていたら、正社員としてちゃんと稼げるので、原発の事故現場には来ない。

その使い捨て労働総数が10万人に迫ろうとしている。募集可能な派遣労働者は、ほぼ底をついたと言える。派遣労働者が底をつくと、次は失業者である。実は、失業者も底をついている。派遣労働者の更なる実働部隊として働いていたのが、失業者だったからだ。

この事は、既に311直後から予測された事態であった。にもかかわらず、東電は根本的対策をサボり、バカの様に汚染水タンクを増やす事に腐心して来た。

その結果が労働者の枯渇である。放射能防御技術の無い日本ならではの事である。

つまり、福島原発事故は、既に”積んでいる”のである。現在、作業員の質は格段に落ち、失業者の割合が極端に増加している。”作業停止”の日は、刻々と迫っている。

”終わりの日”は、20万人を使い切った所、即ち、約4年後に訪れる。勿論、オリンピックどころではない。しかし、政府は原発事故処理を秘密にして、オリンピックを強行開催させるだろう。さて、IAEAの査察による暴露とオリンピックと、どちらが早いだろうか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧