★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 344.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
この絶海の孤島にはアベノミクスも原発もないけど、ぼくたちが持たない本当の自由と幸福があった。(秋場龍一)
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/344.html
投稿者 盗電マン 日時 2013 年 10 月 22 日 13:56:17: yhaeSuPnS16uo
 

「秋場龍一のねごと」ブログ
http://akiba1.blogspot.jp/2013/10/blog-post_22.html

この絶海の孤島にはアベノミクスも原発もないけど、ぼくたちが持たない本当の自由と幸福があった。


『英国セント・キルダ島で知った何も持たない生き方』
井形慶子、ちくま文庫、2013


題名のとおり、「何も持たない生き方」で暮らす人びとを描いたものである。

「この世の果て」の人びとの暮らしぶり、生き方は、ぼくたちの生活のすべてを根底から問わずにはおられないだろう。

イギリス北部に浮かぶ絶海の孤島の小さなコミュニティ。

セント・キルダ島。

この島は「大西洋に浮かぶ最果てのイギリス」とよばれるが、その形容にふさわしく、荒くうねる波と絶壁の断崖に阻まれ、イギリス本土とこの島を結ぶ定期航路はなく、交通手段もごく限られている。

イギリス本土という文明と隔絶された場所であることによって、文明の恩恵ではなく、文明の害悪から逃れられた、世界でも稀な聖域となった。

この島の住人たちは、朝めざめるとみんなが集まって、きょう何をするのかを決める。

島は食糧資源にとぼしく、カツオドリとフルマカモメが貴重な食糧源であり、それが島民の主食だった。そして、その捕獲された海鳥は、すべての島民に分け隔てられることなく平等に支給された。

もし、カール・マルクスがこのコミュニティを見たら、こここそが「原始共産制」と喝采しただろう。「彼らには賃金を得るために働くという意味がはっきり分かっていなかった」というのだから。

この島民たちの在り方は、アベノミクスに代表される、この国の時流とは対極だ。

ぼくたち人間は、別に「成長戦略」で無理やり経済をかさ上げしなくても、人びとと過剰な競争をしなくても、そして何も持たない生き方であっても、少なくても現在の日本人より「幸福」に生きられるコミュニティの在り方がある、ということを本書は教えてくれる。

この島を訪れた作家は島民の暮らしぶりについて、こう記している。

「軍隊、金、法律、医学、政治、税を持たない社会が今やこの世のどこにあるか。この島で政府とは島民たちのことで、彼らは自分たちの頭で考え、行動して、小さな社会を作っている。これは驚異だ」

また、学者の感想はこうだ。

「セント・キルダの住民たちは、世界の大部分の人たちよりかなり幸せである。いや、本当の自由な暮らしを送れる世界でも唯一の人々ではないか」

そして、この島は「全ての魂がもどっていく」とよばれる。

そういえば、ぼくたちには「ニライカナイ」というものがあったことを思い出した。

沖縄や奄美群島には、魂はニライカナイより来て、死者の魂はニライカナイに還る、というあの伝承だ……。

http://akiba1.blogspot.jp/2013/10/blog-post_22.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
02. 2013年10月23日 13:27:44 : fOCdhAYdeE
アメリカ、カナダには文明を拒絶して暮らそうとするアーミッシュと呼ばれる人がいる。ただ現在の人口や社会情勢では対案にはならない。

それでも「金の価値」が全てに優先する現在の風潮は間違いだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧